安倍首相「まだ戻らないの?」橋下氏「まだです」 (安倍・橋下会談詳報)

よろしければシェア頂けると嬉しいです

橋下氏「トランプさんはどんな人ですか」「プーチン大統領って笑うんですか」

昨日の昼食会について
日経の記事が、一番詳しく書かれています。本当かどうか分かりませんが…(^_^;)

安倍・橋下ラインに存在感 国政課題巡り定期会談  :日本経済新聞

(引用)
 安倍晋三首相は24日、日本維新の会の法律政策顧問を務める橋下徹前大阪市長、維新代表の松井一郎大阪府知事と都内のホテルで会談した。カジノを中心とする統合型リゾート(IR)や憲法改正など国政課題をめぐって意見交換した。次期衆院選もにらみ、首相側が橋下氏らに政権への協力を要請したとみられる。首相と橋下氏の深まる連携が今後の政権運営を左右する可能性もある。

 会談は首相側から呼びかけたという。菅義偉官房長官も同席し、ホテル内のレストランで2時間半にわたり昼食を共にした。首相はステーキ、橋下氏は魚料理を選んだ。

 「IR推進法はよく国会を通すことができましたね」。橋下氏は先の臨時国会で維新が審議入りを強く働きかけたカジノ法成立へのお礼を述べた。政府・与党は今後、カジノの制度設計を定める実施法案づくりに入る。維新側は「これからもしっかりコミットさせていただきたい」と要請し、首相も「ご協力をぜひお願いしたい」と応じた。

 首相が意欲を示す憲法改正も話題に上った。橋下氏が「改憲は安定した政権の状態でないと難しいですね」と水を向けると、首相は「環境整備もしっかりしないといけない」と語った。出席者によると、会談では橋下氏が「トランプさんはどんな人ですか」「プーチン大統領って笑うんですか」などと質問を投げかけ外交話にも花が咲いた。

 首相と橋下氏の会談は参院選直後の今年7月以来で、第2次安倍政権発足後では7回目。2015年以降はほぼ半年おきに3時間近くにわたる会談を重ねている。

 首相が期待するのは、世論の流れを引き寄せる橋下氏の巧みな弁舌だ。衆参両院でいわゆる改憲勢力が議席の3分の2を占めるにもかかわらず、憲法論議が進まないのは国民の間で機運が高まっていないためだ。国会で憲法改正を発議しても国民投票で過半数を取れなければ改憲はできない。

 一方、菅氏の狙いは政権運営の幅を広げるカードとしての維新の存在にある。たとえば菅氏は公明党とのパイプ役を担うが、維新カードは特に公明党へのけん制に効力を発揮するようだ。

 来夏の東京都議選に向けても菅氏の思惑がちらつく。菅氏は12年の自民党総裁選で首相を支持しなかった小池百合子都知事との折り合いはよくないとされる。維新は都議選で2桁の議席獲得をめざしている。都内での足場は乏しいが「小池新党」とは支持層が重なるとみられ、けん制になる。この日の会談でも小池氏が話題に上り、橋下氏が自らの体験談も交えて都政を論評したという。

 維新に期待する首相や菅氏にとって、橋下氏の「国政進出」は大きな関心事。「まだ戻らないの?」。首相が政界復帰を促すと、橋下氏は「まだです」とかわしたという。

 首相は会談後、記者団に「『今年いろいろあったな』『来年もともに頑張りましょう』と(話した)」と笑顔で語り、維新との絆を強調した。

随分と詳しいですね。
盗聴器でも仕掛けてあったんでしょうか?(笑)

橋下氏「代表就任後、僕は蓮舫さんともご飯食べましたよね?首相はダメな基準を教えてよ」12/21,24のツイート

「安倍・橋下会談を語る」維新・石井苗子、自民・青山繁晴、民進・杉尾秀哉(維新ニュースinfo)

コメント

  1. 仲井 より:

    橋下さん抜きで、この現在の【日本維新の会」が、衆議院で40人以上の議員を獲得で取れれば、
    そうなれば、橋下さんは動くのでは?

    そうなった時初めて橋下さんは動くのではと私は思っている。

    衆参合わせて55~60人、
    【日本維新の会】が、これだけの議員を国会で獲得できれば、
    橋下さんは本気モードに出てくるのでは?

    これは票になると途中から思い出して突然に叫びだして来て、表での国民に見せかけだけは、自民党も民進党も丸っきり日本維新の会の出しているその意図を完全パクリ状態でいま推移している。

    日本維新の会が公約で【憲法改正にまで踏み込んだ法案】で出している子供さんへの教育機関に於いての授業料への国家が完全補償する教育予算に関する主張、この件での主導権は譲らずに、これだけは他の党と中身の内容がここが違うと、明確に違う部分を区分けして日本維新の会がやろうとしていることをくどいほど国民にも日本維新の会の議員は、テレビや新聞を通じてことあるごとにこれを前面に出すべきである。
    説明で伝えていくべきである。
    週に一度のNHKでの日曜討論というチャンスがある。
    ここでは必ず一度と言わず二度三度とこの件を口に出してこれを絶対にやりたいと伝えておくことだ。

    NHKという全国放送の、しかも日曜日という日の、朝の生番組、編集できない生放映状況をこれを最大限有効拡大して使うべきだ。

    日曜討論に出るたびに、維新の議員は、必ず授業料のこの無償化、これを実現したいと、其れも幼いうちから大学までの無償化という過去の日本にはなかった壮大な子供たちの将来に夢を与えてやれる機会を与えてやれる、この内容を必ず出るたびにこれを口に出して国民に何度でも伝えるべきだ。

    【日本維新の会がまずやりたいのはこれだ】ということを強くハンコを押すように国民の耳に焼き付かせるべきである。

    衆参で合わせて60人でも取れれば、そこからその次の選挙には、橋下さんは必ず国会に出てくると思える。
    まあ出てきてほしいという願望だが、でも国会でこれだけの議員を日本維新の会が議員数を獲得できれば、当然こうなれば橋下さんはその時点で我慢できなくなりそこから次に行われる国政選挙で出てくることだろう。

    その時の顔が浮かぶようで、また演説が聞けることになり、また楽しみが増えた。

トップへ戻る