なぜ有識者は橋下市長に議論で負けるのか 田原総一朗

よろしければ拡げて頂けると嬉しいです

1月前のコラムですが、載せました。
これは、核心をついてると思います!
橋下氏がなぜ批判されるのか・・・

一部引用

反対するだけで、対案を出せない弱さ

 橋下さんに批判的な多くの文化人や学者は議論すると負けてしまう。なぜだろうか。私は番組を通じてこのことを考えてみた。

 日本のインテリは基本的にまだ「左派」の影響が強い。インテリほど選挙では野党に投票する。昔なら社会党、共産党に票を入れるか、あるいは選挙に行かない。要するに体制が嫌いなのだ。そしてメディアも、体制をウオッチして批判することがジャーナリズムだと思い込んでいる。ここまではよい。

 しかし討論の際、相手の批判を受けて橋下さんが「では、あなたならどうしますか」と問うと、対案が出てこないのである。日本の与党を批判する野党が、与党から「では、あなたならどうするか」と問われると対案が出てこないのと同じ構造だ。

 いま民主党が消費税増税をしようとしているが、社民党や共産党は反対する。国の借金が1000兆円にもなり、「これ以上増やしてよいのか」と問うと、社民党や共産党は「予算を削ればよい」と答える。「福祉や医療などの予算を削ることにつながるが、それでもよいのか」と問うと、それにも反対する。なんと野党になった自民党までが反対している。

 こうしたことが日本のインテリに共通する弱さである。「では、どうするのか」に対する答えを用意していないのである・・・

全文読まれたい方はこちらから
なぜ有識者は橋下市長に議論で負けるのか 日経BP

トップへ戻る