テロ等準備罪ではテロは防げない!?橋下✕羽鳥の番組「日本のテロ問題SP」2017.6.12

今回はテロだけがテーマの1時間
非常に中身の濃い議論になりました!

(出演者)
佐藤正久(自民党)、逢坂誠二(民進党)、西村博之、西村金一、堀潤、谷まりあ

この法律があっても、1995年:地下鉄サリン事件は防げなかった!?

見逃した方は是非!

動画視聴はこちらから:http://dai.ly/x5q5n8v [dailymotion]
(※動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…iPhoneでは再生にdailymotionアプリが必要な場合があります)


橋下さんが、徹底してテロ準備を特定する通信傍受にこだわったので
論点がハッキリし、議論が分かりやすくなりました

今回は、編集も良かったですね

いかに、
国会やメディアの的外れな議論、ヒステリックな論調が、本来するべき議論をゆがめてるのが良く分かりました

「一億総監視社会になる
何も自由に表現できなくなる
居酒屋で上司の悪口を言うだけで捕まる」・・・など

そのせいで

与党は、必要不可欠な捜査権限拡大(通信傍受)を、言えないし
民進だって、捜査権限拡大が「必要だ」と分かっていながら、政権攻撃の為「監視社会になる」と騒ぐ
・・・

因みに今回維新は、与党に5項目の法案修正を求めました
[日本維新]松井代表・馬場幹事長「テロ等準備罪:取り調べの可視化など5項目の修正迫る」戦略本部会議終了後の囲み取材 2017.4.22

(その5項目:〇は与党が取り入れた項目)
・取り調べの可視化(〇)
・弁護人の立ち会い権付与
・付則に衛星利用測位システム(GPS)捜査のあり方を検討する必要性を記載(〇)
・親告罪の規定追加(〇)
テロの実行に関する犯罪を通信傍受法の対象に追加

橋下さんが番組内で「反対」としたのは、全項目が入らなかったからでしょうね・・・

番組内ナレーション

なぜ、テロ等準備罪と言ったり、共謀罪と言ったり、と変えたのか?

そもそも、共謀罪という名前はおかしい
「共謀罪の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案」を、いくらなんでも共謀罪とは略せないでしょう

親会社の朝日新聞が紙面上で、恣意的に「共謀罪」と記しているから、
おかしな表現でも配慮して、混ぜて使ったの??(-_-;)

P.S.
橋下さん
しきりに「国家が信用できない」って言っていた

確か、以前は通信傍受に難色を示していた

しかし、今回は受け入れざるえないと・・・

推測だが
「国家が信用できない」は、政権だけに言ってるのでは無いと思う・・・

恐らく「役人・官僚」も含まれるのではないかと・・・

今騒いでる加計学園もそうだが

組織を守る為か?
気に食わない政権・大臣を追い落とすためか?

以前からずっと

官僚から、マスコミや野党への情報リークがひどい

官僚には、共産党関係の内通者が、多く存在するとも言われている

(今回は警察だけかもしれないが)
もし、こんな人達に、国民の秘密情報を知る手段を与えたら・・・

とんでもない事ですね・・・


橋下さんの有料メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonでバックナンバーを販売するようになりました!

販売商品一覧
http://amzn.to/2owgAMu

コメント

  1. TED より:

    >今回は、編集も良かったですね
    そうですかね。
    余りに通信傍受の必要性を主張するために、佐藤氏を責め立てて、逢坂氏もそれにのっかって発言。民進党への批判もありましたが、かなりカットされていたのではと感じました。街の声も批判的な声だけ。
    そして、
    >国会やメディアの的外れな議論、ヒステリックな論調が、本来するべき議論をゆがめてる>のが良く分かりました
    この部分に番組内で全く触れなかった。
    法案自体が通るかどうか分からない状態なのに、もし通信傍受まで含めて議論していたら果たしてどうなっていたか。前進しただけマシと思いましたが。
    国家が信用できないは、政府与党が信用できないと捉えた人が多いのではないでしょうか。結果として、政府のテロ準へマイナスイメージを残し、まともな議論をしようとしてこなかった野党を利する内容だったかと思いましたね。
    何より、番組中にツッコんだのは、「羽鳥よ、お前はしゃべるな」でした(笑

  2. 仲井 より:

    今の日本のテレビ局で、
    テレビ局側の意向に一番忖度するアナウンサーが実は羽鳥。

    彼はまあ言えばそれで生きてきているアナウンサー、
    テレビ局に限らず彼は自分の存在に威力を発揮できる相手にひたすら従う気性の男。
    テレビ局にすれば一番小間使いのように使いやすい男。

    でも内心は、彼の中では、そこが一番気持ちの中で自分と葛藤していることだろう。

    だから、平凡な毎日が家庭で続くと、人間は、【これでいい】と、普通はいいとそう思うんだが、彼のような忖度が気になって気になって生きている性格の男は、こういう性格は多分おそらく彼は自宅では、常に何か目新しい事、何か昨日とは違った変化がないとついつい無表情で過ごしだし、いつの間にか家庭でのものを言う形がうっとうしくなり出し、無口になって、家で一人黙っているということの生活になって居るように思える。

    家の中においてさえも、何か変化が起きてそのうちそれが終わったら、家ではもう何かが解き放たれたように急にぼーっとして無口になってしまうような気がする。
    ことさら無口の状況になってるのではと思えるが。

    人に気を遣うことがもう日々毎日のように詰まってきていつかそれが爆発しかねない状況がそれが起きる性格のように見える。
    人のよさそうなふるまいw常に心がけているその本人の心の中での疲れというかここまで気を使わないといけないというこの想いが何時か本人を苦しめていくかも。

    アナウンサーという職業はタイミングタイミングで何か軽い暴発もそういう発言も自分のストレスをため込まないためにも必要だが、羽鳥はここまでまだ一切のその暴発の軽い状況すら見せていない。

    かなり彼は気持ちの中では、自分へのコンプレックスを持っているように見える。
    そこを
    【俺はまだまだ何もわからんし、なんも知らん人間だと、自分をそこまで晒せられれば、自分を使っている人間に対しての忖度など要らんのだと、それぐらいふっきれれば、自分は思うことを喋るんだと、それができる普通の人間だと開き直れたら、そうすれば彼はその忖度などしなくていいんだという今まで何でここまで気を使ってきていたんだと、そのことが馬鹿らしくなってきたら、それに気づいてくれば、怖いものはなくなる。
    そこを飛び越えられるか、越えられるかだろう。
    その時に彼の本当の気持が表で出せる、そうなれば報道の一番重要位置のMCに、、ニュースの司会も出来るかも。

    徳光が、あれだけ司会業が長いベテランの口のうまい男でも、何故報道のMCに抜擢されbないのか、何故適用されないのかを見れば、そこが羽鳥に並べてよくわかることだろう。羽鳥も徳光路線で終わるのか、
    底が今は鳥は気持ちの中でおそらく葛藤しているだろう。
    彼ほど【忖度】という文言を良く身に染みて知っている男も珍しい。

    羽鳥よ!
    芸能界などハチャメチャでやれ!
    忖度など吹っ切れ!って。
    今君の中で相当の重みでのしかかる忖度という気苦労していることから、ここから解放されるぜよ!

    それをやれれば、行ければ君らも報道のMCとして目覚められる。
    まずはそこをすっ飛ばしてやらないと報道は無理だ。

    政治的、行政的、法律的に、この分析、洞察力には、この総合的能力には、ここの部分で、まだまだ、あの【長野智子】にはまだほど遠いレベル。
    届けない、まだまだ相当引き離されているが。

トップへ戻る