本当に100%ミサイルを迎撃できるのか?橋下✕羽鳥の番組「意外と知らない日本の防衛力を検証SP」2017.9.4

(番組紹介より)
北朝鮮のミサイルに日本列島が緊迫…意外と知らない日本の防衛力を検証SP!!

PAC-3やイージス艦、本当に100%ミサイルを迎撃できるのか?
過去に防衛大臣を務めた中谷元氏や元海将の伊藤俊幸氏に、日本の防衛力を問う!!
◎もしミサイルが落下した時、1発で受ける被害は?
◎どこに避難すれば良い?
◎Jアラートが鳴った後はどう行動すれば良い?
◎日本の上空で迎撃した時にミサイルの破片が落ちてくる?

(出演者)
伊藤俊幸、中谷元、細野豪志、西村金一、吉村崇、谷まりあ

見逃した方は是非!
(1:50から)

(※動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…iPhoneでは再生にdailymotionアプリが必要な場合があります)

元防衛大臣、中谷氏

立場上、ああしか言えないんでしょうね・・・

同日の「ニュース女子」にも出演

こちらでは、原稿読んで答えてましたからね・・・

もし何か、これまでと違った事言えば

野党4党
揚げ足取って、国会で質問に使うでしょうから

「元防衛大臣は、・・・と言っている」と、今の小野寺大臣を責める・・・

それに左派メディアも乗っかり、国会で無駄な時間とお金が遣われる・・・(-_-;)

台本があったのだろうけど、化学兵器を載せたミサイルを撃ち落とした時の事を執拗に聞いていた

橋下さんも分かっているはず

サリンが10キロ上空で飛散しても、なにも心配が無い事を・・・

これまでのサリン事件を思い出せば、想像できる

1キロも離れていれば、毒性は薄まり何の影響も受けていない

よって(破片以外で)被害が出る可能性は無いと思っていい


でも、その他は

国民がどういう認識で、何に対してどう動けばいいのか?

を明らかにしようと努めていたと思います

ちなみに私は基本、核爆弾が落ちる可能性があると考えて、

自分が普段いる可能性がある場所毎に、2~3分で確実にできる、一番助かる可能性の高い行動は何か?を考えています

あとラスト3回!?


橋下さんの有料メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonでバックナンバーを販売するようになりました!

販売商品一覧
http://amzn.to/2owgAMu

コメント

  1. 椿 より:

    まあ、バカバカしいね。
    っていうか、世界で一番『平和ボケでボケナス』なのは、
    日本国民ではなく、このボケナス政治家どもですね!!!

    そしてアメリカにいつも騙されて、
    「超高額の迎撃ミサイル」を買わされている。

    そんなお金があるなら、核の1っ発でも持てば、
    はるかに安上がりで、今の懸案事項をほぼ解決でき、
    さらに、核保有をすることで、『外交交渉力が格段に上がる』のに、
    このボケナス政治家どもは、
    いつもいつも日本国民の血税を【死に金】にしか使わない!

    その上、何の力も無い”国連”を狂信的に信奉し、
    「制裁制裁」と【百害あって一利なしの無駄な努力】をしてるが、
    実際、いくら日本の自衛隊が世界最強だと
    言われても、核の前では何の威力もないでしょう。

    まさに1×100=0です!

    「言霊信仰」とかなんとか言って、
    「悪い事を考えると悪い事が起こる」から、
    出来るだけ「悪い事は考えない、言わない」なんて屁タレの言い訳ですが、

    実際問題なのは、最悪の事態が生じた時に、【最悪の事態を想定して】、
    それへの備えをしていないために、オロオロしてしまう事です。

    結果的には最悪の事態に陥らなくても、
    形勢が怪しくなってくると、そういう人に限って慌て始めます。

    少なくとも確かな事が一つあります。それは、
    真の指導者(リーダー)と言えるような人は、
    常に、最悪の事態を想定し、それへの万全な備えを行っているということだそうです。

    そうでなければ、その人はリーダーとしての資格はありません。

    数日前の産経新聞を読んでいたのですが、
    この件に関しては、韓国の方まだ、
    「常識を持ったコメント」をしているなと思いました。

    日本の総理大臣も官房長官も
    「非核三原則は堅持します!」みたいな・・・、

    「この期に及んでまだ言うか?!」って感じで、
    失望を通り越して”絶望”です。

    アメリカを怖がって、己らの保身ばかり…、
    『国民の生命』を守る気があるのか? 

    ★実際今の政府に、最悪の事態を想定して、その備えをしている人っている????
    いませんよ!悲しいけれど、日本は【真のリーダー】がいない国です。

    まあ、日本派の政治家自体、いないのだから、
    真のリーダーなんて望むべくもないかもね。苦笑。

    間違いなく、北朝鮮は【核大国】の一員になり、
    間違いなく、堂々と外交交渉力が出来る国になりました。日本とは”雲泥の差”です。

    ★そして何より、【日本だけは絶対に核保有国にさせない!】という
    米中の思惑は、完全に成功してます。

  2. 仲井 より:

    こんな国になってしまう初めの段階の入り口は昭和50年代に入ってから。

    北朝鮮のここまでに来るその初めのころは、そのあたりから一貫して上納金が日本から毎年のように朝鮮労働党金庫に送り込まれ、何の規制も歯止めもなく日本の日本人に化けた朝鮮民族国会議員からも内通で工作に許容され、日本の中で日本国籍にすでに終戦時から入れ替わって不正に国籍戸籍まで日本人というものを不法に取得したうえで、誰からも具体的にも法的にも違法移民だとは疑われることなく普通に日本人として世間からは見られていた姿で、だが実はひそかに祖国北朝鮮へと忠誠を誓わされ、うごめいている無数の国内の朝鮮民族調達員から通じて送り届けられ、潤沢な日本からの資金調達の、その原資は、現ナマ、技術、知能、これらほぼすべてが、日本の中から資金がほとんどだったであろう。

    北朝鮮という組織は(あれは国という内容ではないただの愚連隊の山賊)、まああきれるんだが、とにかく資金の調達においてあそこはすべてが正常な法的正当性な生産で集め挙げた資金のものはほとんどないと言える。

    偽札、偽たばこ、色がついていたためにその筋からは「赤だし」と通称呼ばれた北朝鮮製造の覚せい剤(オーム真理教があの事件を起こす手前ごろの全盛時代のころ)、日本のソニーや松下が製造したパチンコによる遠隔がコントロール可能なホルコンのコントローラーによるいつでも搾取が可能なシステムの構造になっている産業からの資金、この後者については警察庁から国会議員に至るまでもうビック組織に固まった産業からの集約された資金、破たん金融機関からの資金、日本の税金が投入されたのちに決まったように破たんしていった消えた莫大な金融機関からの資金、振り込め詐欺集団による資金、可能性で行けばあの東日本大震災で集められた国民や多くの世界も巻き込んであつけられた資金、善意の資金の義援金の、子の莫大な資金も消えて今見つからずだし、後妻業のあのおばはんの集めた億単位の莫大なお金も、今の裁判の状況を見ていると、被告のおばはん担当の弁護士は、あの資金が、いかにも日本の国内でその金が消えたかに、そういう組み立てを作ってやってるように見えてしまう。
    あれも実は日本で消えたのではなくて北朝鮮に渡ったのではという発想で行けば消えたお金の位置が少しわかるようにも思えるがいかが?

    ひたすら日本の国内で消えているとしたいようにやってるようだが私はあれはもう北朝鮮に渡ったのではと。
    青酸カリなど金属メッキの工場ならどこにでもある。そのメッキ工場が北朝鮮の息が入っていたらそんなもん普通にこんな事件は起こせるだろう。
    とにかくもう金はない借金で支払ってもうないだのと言ってるが、無茶苦茶不自然である。あれだけの大金をあのおばさんが借金?それを返してもう無い?
    ふざけるな!って私が検察官や裁判官なら普通にそう言うが!

    どういう兼ね合いで知り合った弁護士か知らないが、弁護士はそれで通そうとやっていることが、ここが非常にいかがわしく思えて仕方がない。
    日本民族の弁護士なの?って思ってしまうが。
    北朝鮮に祖国を持つ弁護士さんではないの?って疑ってしまうほどの無理越しでの、異常な組み立ての主張である。
    普通ではおかしいと感じるがいかが?
    おかしすぎると思えてしまう。

    筧 知佐子がだまし取ったとされる10億ともいわれる膨大な資金が、まるで日本の国内で使って消えたと、それで通したいことがまず前面に出ていてそこもこの事件を扱う弁護士としては薄すぎる中身で通そうとしているし、異常すぎるし、(普通はその資金がどこに行って消えてるのかを、被告がそんな形でもう無いと言われても担当する弁護士なら普通はそんなはずはないだろうがと疑ってかかるはずだが)金は国内で被告本人が使い果たしたということに徹してやっていて、この弁護士の趣旨目的は被告のことなど全く考えておらずに金の行方を見えなくして終わらせることがそもそもの狙いの裁判のように思える。
    そこが実はこの裁判の主題で存在しているような主張だ。

    日本の資金はことごとく北へ流れ、それをまだ協力までしてそこから小遣いをもらうというとんでもない日本にいてる朝鮮民族上がりの政治家、警察庁が存在した、これが今の北朝鮮をこんな泥船でありながら核兵器を積んでいて、いつ沈むのかわからんいつでも船底に穴が開きかねず、いったいこの誰が鈴をつけられるのかわからんところまで仕上げてしまった。
    とんでもない状況にまでさせてしまった。

    日本は本当にできることはあるのか、
    アメリカにできることはあるのか、

    この今の段階で、日本にいて日本人に化けている違法移民の北朝鮮を祖国とする国会議員は、祖国から一体どういう命令を受けて今それをどう受け止めているのだろう。

    日本が核兵器を持てば、使う使わないにかかわらず、中国ロシアは日本に対してそれ以降は、現状のような高飛車にものをいってこないだろうし、少しは腰が引けることだろう。
    小笠原の横にできた西ノ新島にでも核兵器の専用の基地を作って、核兵器搭載可能な弾道ミサイルを、これを構築して、狙いの先は西北に向けて、その地点からコンパスで標的角度は100度ぐらいの、命中の角度で、発射できる基地でも作れば?

    日本をなめたら、何でもやるぞ!って見せれば。

    さすがのトランプも、
    【まあまあ落ち着いて】というかも。
    前大統領のオバマが緊急来日するかも。

    ★オバマも、今の状況でなんか言えよ!って。
    この時期に、こんな時に、違法移民のことしか口出ししていない。
    アメリカが、臆病者の、死んだ8年間だったことがよくわかる。

  3. 仲井 より:

    ここまで永年、私は、一つ勘違いをしていたようだ。
    そのことに今日の一つの番組の中で気づかされた。
    【、、、、、韓半島は、、、、、、】と、一人の男が発言した。
    この男のことを、私はもうずっと朝鮮半島の北側の辺り、つまり、朝鮮半島人でも、現在の北朝鮮側に祖先をもつ者だとばかり思いこんでいた。でもこの文言を聞いてびっくりした。
    【あれっ??こいつは南側、つまり朝鮮半島の南朝鮮側の地域に祖先をもつ者だったんだ】と。気づけなかった私も恥ずかしい。
    朝鮮民族家系には違いないが、この人物は、実は北側の地域のものではなくて南側の韓国側の方での祖先をもつ者だったんだと。

    この男と一緒にいてた日本の当時の最重要人物、つまり、この要人の人物が、或る時代大きく日本中を沸かせ驚かせ、日本国中からこの世界では異常とも思えるほどに当人のポスターまでバカ受けの引き合いが来るほどの人気であった。
    国民から絶対的支持を当時受けて、或る頂点にまで登りつめた。

    北朝鮮に対して要求した当時の功績の一大内容があるが、それに常に同行し、常に北側のことをよく熟知する人物だと、内情をよく知る人物としておそらく私と同様に日本人にすればこの男は元々はまるで北朝鮮系人物だろうと思い込んでいた人は多かっただろう。
    この男が忠誠をつくした親方が、現役を引退してからも、この男は日本の政界でも或る意味特殊内容部門での希少的有識者として、重要位置を占め、今でも何かあるごとに単独でも北朝鮮とじかにパイプを持つ人物として思われていて、北朝鮮とのパイプがある人物だということで日本の国家の中で今でもそれなりの力を持って存在しているようだ。
    そういう状況を見てきて、また、本人もしゃべる文言がまるで北朝鮮側からの発言にも聞こえがちであったので、私にすればてっきりこの男は北朝鮮系民族の人物だと思い込んでいたが、今日それが全く違うということが分かった。
    この男は、もう100%実は南朝鮮つまり現在の韓国側に祖先をもつ者だと確信が持てた。

    ★【、、、韓半島では、、、」
    彼がしゃべったこれは、彼が北朝鮮側の人物ではないことが確定である。
    北朝鮮側の祖先をもつ朝鮮人は、間違えても【韓半島】などという言葉で朝鮮半島を絶対に表現しないしましてや名称としても絶対にそうは呼ばない。

    彼ら独特のまあ言えば、民族としての、国家としての、【誇り?】のようなもので、朝鮮半島は一つであって、北側の祖先をもつ者らにすれば、朝鮮半島はあくまでもどうなってもやっぱり【朝鮮半島】なのだ。
    どう間違っても、
    【韓半島】などとは絶対に呼ばないし、そもそもそういう半島など北朝鮮にすれば存在すらしない、存在しているのはあくまでも一つの【朝鮮半島】という半島のみなのだ。

    この人物の発言は、気を付けて見ないとそこここでのいい加減が多いとはよく思ってはいたが、それがどこからなのかと思っていたが、それでよくわかった。
    つまり彼が北朝鮮とは内部の者とは特別にルートがあって懇意で内部事情に詳しいだのとよく言われているが、彼がテレビや国家の政権側に伝える内容って、実は北朝鮮の内部から見た目ではなくて、北朝鮮の当事者感覚での内容ではなかったということだ。

    今後も気を付けないと、つまり北朝鮮内部に詳しいのではなくて、外から北朝鮮を見て自分の感想に尾びれをつけてるだけの可能性がある。
    結果こんな奴がうろついて、日朝の間を動き回り、事情通のように間を動き、日本政府に勘違いさせた情報を受渡ししているように思える。
    物事をおかしくしてしまう可能性がある。

    まさかと思ったがこの男が南側の祖先の者だったとは。
    てっきり金丸と同じ地域での、その祖先の民族家系が、朝鮮半島の北側地域なのかと思ってたが。
    そういえば、道理でこの男の親方もこの御仁も、当時目の敵にして野中広務や辻元や野田聖子らとは敵同士だったもんなあ。

    ★国会本会議場の壇上での施政方針演説で、
    【私のやることに反対する連中は、抵抗勢力だ!】とか叫んでいたもんなあ。

    思っていたことが、時には違ってることってあるんだと、私は今日気づかされた。
    生きてきてこの方こんな勘違いはあまりしたことがないんだが、今日はガツンとやられた。
    この男から【、、韓半島、、、】という言葉が出て。

    あんな半島など南も北も、私や日本人にすれば、必要もないただの邪魔なだけなんだが、あそこがどうなってもあまり興味もわかないが、日本にかかわってくると掃いたくなり目障りになってくる。
    たかがどうでもいいんだが、でもこいつらどうしで、、、、。
    こいつらどこまで上り詰めても、どこまで行っても、日本人から見たらこれだけ或る意味物乞い同士だとは、恐れ入る。
    ★トランプが正面から正直に言ってるよな!
    【物乞い国家だ!】と名指しした。

  4. 椿 より:

    トランプはまだ朝鮮人の何たるかが分かってません!
    「物乞い」なら、まだ可愛いもんですって…。

    ハッキリ言って【寄生虫】という言葉の方があってます。

    だいたい、韓国を「物乞い」と揶揄したアメリカ大統領に確認せず、
    報道した日本のメディアを批判するって、、、

    朝鮮人って骨の髄まで事大主義が染みついているんだね

  5. 仲井 より:

    ほんとの意味での朝鮮民族のことをわからないだろうというのは確かに私でもあいつらのことはまだ少ししかわかっていないのではと思うぐらいとんでもない連中ですから。

    全てを知ったらもう日本がこれから先どうなるのか怖いほど。

    自国や自分の能力からは何も生み出せない。
    何も作り出せない。
    当時の日本には要ってきた朝鮮民族はほぼ身分制度での奴隷がほとんどで、朝鮮では当時は道具として売り買いされていた者ら。

    人身売買で売り買いされる商品になっていた連中で、学校など行ったこともない連中がほとんどで、自分自身のできる仕事らしきものの能力知識というものを、そもそも持ってもいない者らが日本に入ってきた。女は体を売るしか能はないし男はドロボー化強奪で機会さえあれば人の者を盗むしか生きるすべを知らない連中ばかりであった。

    だから日本が朝鮮を併合して、あの国はようやく国に近い体制ができだし、朝鮮人に規律らしきことを日本人が教え覚えさし出したぐらい。
    それまでは朝鮮では奴隷の身分の者は、人間ではない犬や豚以下の、ただの売り買いの道具の生き物というだけの連中であった。

    これらが大量に日本になだれ込んで違法に入ってきていたのだ。
    戦中は日本も治安を何とか持たそうとやってはいたが、この違法朝鮮人にはもう悪すぎて日本の警察も手が付けられずに、手を焼いていた。
    そこに終戦のあの敗戦という状況で空襲で焼かれしまった。

    ここからは朝鮮人の好き放題の強奪と略奪が横行して、日本人はとんでもない被害にあった。

    どこかにへばりついてだけで生き延びてきたまあほんとに寄生虫そのものというのはほんとにそのまま。
    自国があまりにも地獄のように当時貧しくて、生産する工業製品など皆無で、朝鮮に日本から入ってきた日本人の話で、日本はこんな状態ではないちゃんとした生活ができる国だと、伝わるところでは日本という国は、朝鮮とは雲泥の差があることを耳にし、これは日本に行けばいい生活ができるかもと思って奴らはこぞって日本に行こうと。

    でも一応は日本への渡航許可が当時必要であったが、でも奴隷にすればそんな法律など意味もわからん連中で、とにかくだましてでも日本に行こうと。

    法的入国の手続きなどは無視での密航で、法での決まり、それを逃れて不法入国で日本にどさくさで海を渡って入ってきて、日本に入ってきて、でも奴らはやっぱり貧しかったのだろうがとにかく日本に来たらまじめに働いて生活をというようなそういう人間本来の基本がまず元から能力さえも持ってもいなくて、自分らが欲しいものは相手が弱ければ強奪で奪えばいいと、欲しいものはただドロボーで奪えばいいという具合の連中らばかりであった。

    民族の資質が日本人とはもう違いすぎてとんでもないほどの違いようであった。
    奴らはもうとにかく悪すぎた。

    普通は日本で身分制度などないんだから、朝鮮でたとえ奴隷であっても日本に来たらそんな扱いなどないし、ましてや奴隷になることもないんだから普通であればまじめに働いて日本の中で頑張れば、いずれそれで蓄えもできて、自分らが働いて日本の土地財産を自分で築き上げればいいものをそこは民族の質自体が違いすぎた。

    もう手当たり次第に機会があるごとに強奪強盗手当たり次第に奪いに来た。
    日本にそこにあるものをただ強奪で生き延びようとしか考えずに、(多分朝鮮でも当時こいつらはそういう生活が普通だったのだろう)きちんと働いてその内という考えなど毛頭持ってもいない連中であった。
    日本政府はこの連中にもう本当に手を焼いてどうすることもできず毎日毎日日本のどこかの都心の一等地の周辺が日々今お無法者の愚連隊状態の違法移民の朝鮮人奴隷によって、この連中に暴力で強奪され、奪い取られていく日々が続いた。

    一般の日本人の所有していた土地財産は都心などはことごとく奪われだしてさすがに警察もこのままでは無法朝鮮人に日本が奪われてしまうという危機感まで持ち始め、何とかしようと、神戸などは山口組の博徒にまで神戸を守ってくれと、助けてくれ、朝鮮人をやっつけてくれと、警察までがやくざに助けを求めたぐらいである。

    奪うことで資金を作り、ただ日本人のものを盗む、奪い取って、それでしか何にも生み出せない、まじめに働く(第一日本で働くというそのための必要な知識とか、その仕事の能力すらこいつらはそもそも自分の国の朝鮮では学校も行っていないので(仕事もまともにはできない状態で、できるとすればせいぜいが屋台のような食べ物商売ぐらいで有った)自分らで事業を、ちょっとした製造工場をやるなどというような、そういう能力すらほとんどいない朝鮮民族は、何をやるにもとにかく日本にあるものを奪い取ってそれを引き継いで、つまりは日本にあるものを奪い取って当時を生き延びたのだ。
    もう犯罪者そのものでここまで奴らはやってきた。

    それがいつの間にか、日本でこの商売は自分が創業者だとか、戦後10年20年経過するごとに、いつの間にか朝鮮民族特別居住区から、日本人住宅地域に入り込みだしてきた。
    それは、不法に日本に入ってきている朝鮮民族身元素性から、いつの間にか、どういう手段なのか違法にまんまと日本国籍に入れ替わったために、元居た朝鮮人居住区にはもう日本人に入れ替わってるので住めなくなるので、朝鮮人居住区から一斉に朝鮮人が日本人になって出てきだして、日本人の町内に入ってきだしたのだ。

    このことで昔から存在していた日本の集落の懲戒のみんなで協力していた当時の日本の与謝野町というものがここで消えてしまったのだ。

    まさに隣鼻にする人ぞという地域社会に一斉に入れ替わったのだ。

    昔の良き日本の地域の住民同士の人情という部分が、良さと言われた町内での人々の人情というものが、この日本人に入れ替わった違法移民の朝鮮民族が日本人に化けて一斉に日本人住居地域にとてつもない数で一斉に入って来たために、一瞬で日本の地域社会の人情はズタズタに切り刻まれて、隣近所という関係が、ここで途切れて付き合いができなくなりだしたのだ。

    日本人国籍に入れ替わりだして入り込みだし、日本人の住んでいた町内は、そこら中に日本人に化けた朝鮮人が日本の財産を奪い取った後にすました顔で日本人に化けて日本人街に次々と住み着きだしたのだ。
    日本の国籍もいつの間にかだまし取っていたというわけ。

    椿さんが言う朝鮮民族のことを、寄生虫というのも当たってるし、普通に略奪でモノを強奪しただけでのし上がった連中で、強盗の犯罪者というのが実は実態である。

    日本の不動産王だとか、いつの間にか多くの土地を、日本全国そこらじゅうでの都心の一等地を昭和40ん年代頃、50年代頃に所有している連中って、こういう連中っていったいいつにどうやって所有できたの?って、聞きたいような内容。
    もともとは一体誰の所有していた土地だったの?って。
    いつも思うんだが所有主の名前を見ると、こいつらって、そもそもまあ一体どこの誰よ?というのが私の率直な気持ち。

トップへ戻る