橋下氏「(慰安婦合意頓挫)本質的な解決を避けて表面的な政治合意をしたから」1/7のツイート

よろしければシェアお願いします

橋下さん
ようやく、ツイートぞめです(^^)

(橋下徹氏twilogより引用)
新年早々、不完全である民主主義の不完全さに延々ぶつぶつ言っていた朝日新聞。どうなることかと思いきや、本日、平和を祈るという意識から平和を築くという意識に切り替えようとの記事。毎日新聞も意識を切り替えよう。

メディア、特に読売新聞はヒステリックなまでに「ポピュリズム」という言葉で政治を語る。こんなの幼稚園児でもできること。ポピュリズムという言葉を使わずに政治を語ることで実力が高まる。

民主政治の本質はポピュリズムだ。ポピュリズムがダメなら専制エリート政治にするしかない。こちらの方がはるかに弊害が大きいことは歴史が証明済み。昨年の紅白歌合戦の紅組の勝利はまさに専制エリート政治の典型。多くの視聴者は違和感を覚えたはず。専制エリートよりポピュリズムの方がずっとまし。

慰安婦問題をめぐる日韓合意が時の政治状況で左右されてしまうのは、本質的な解決を避けて表面的な政治合意をしたから。慰安婦問題は正当化することなく他国比較をするしかない。戦時において韓国を含め他国も女性にどんなことをやっていたかを明らかにした上で日本の責任の範囲を定めるしかない。

「紅白」を例に取るとは…
流石ですね

(追記:関連ニュース)
「第67回NHK紅白歌合戦」は紅組が優勝、視聴者からは不満の声も – ライブドアニュース

やっぱりNHKも、専制エリート政治がベースなんでしょうね。
その上で、弱い者を語りたがる。

なので、色々と突っ込まれるんっでしょうね…

とは言いながら、「紅白」私は観ていませんでした…(汗)

韓国では、北と中国が、全てにおいてガンガン押してきてる感じです。
今しか無いタイミングですもんね!

ここは日本としても、押し返さざるえないでしょう。

パク大統領失脚も、THAADミサイル配備阻止のため仕掛けられた気もしますし…

新年の朝日については…
クラクラと軽く目まいを覚える元旦の朝日新聞トンデモ社説の恐ろしさ(BLOGOS)

朝日新聞「ゼロ成長はそれほど悪なのか」が紛糾 「貧困対策どうする」「ブルジョアがなに言ってんの?」(BLOGOS)

コメント

  1. アンパンマン より:

    > 「紅白」私は観ていませんでした…(汗)

    観ていないにしても、橋下氏のコメントのベースは把握されているのでしょうかね?
    老婆心かもですが、紅白で何があったかコメントしときます

    ポピュリズムに例えられた視聴者の投票が紅組が約250万票、白組が約420万票、会場参加者の投票が紅組が約900票、白組が約1300票と圧倒的に白組が優勢だったのにたいして、先制エリートに例えられたゲスト審査員の投票(ゲスト審査員の比重が圧倒的に高い)でひっくり返って紅組が勝利したということを指しています

    • 先優市民 より:

      アンパンマンさん

      詳しい説明ありがとうございますm(_ _)m

      ネットニュースで概要を知っただけでしたので、おかげで状況が良く分かりました。

      知らない人のために、一応、ニュース記事を貼ることにしました(^_^;)

  2. 京都の住人 より:

    ハービスでカウントダウンしてましたもので私も見ていませんが、紅白を例にとるのはちょっと違うんじゃないんでしょうかね(笑)あんなもん勝ち負けなんてどうでも良いは
    ずで、最初から時間に追われてそれどころじゃなかったはず(笑)言わば出来レース。それより、関口氏の番組でかの元か現かの毎日髭親爺殿が、「ポピュリズムは独裁者を造りあげるので(ヒトラー?とか)危険であることを意識しておかなけばならない」なんて言ってましたよ(笑)

  3. 椿 より:

    日本家の政府も駐韓大使らを召喚して、初めて韓国相手に、
    「給与に見合うマトモな普通の外交」をしたかなと思っていたら、
    2〜3日で大使らを韓国に帰国させるらしい…。

    まったく、「座ってかく恥、立ってかいてますけど…。」

    多分、アメリカ政府からの恫喝があると思う。
    韓国企業の大株主は、欧米の投資家らが多い。
    実際、韓国企業が潰れると、アメリカ人投資家らの痛手となるから、
    だから今までずっと、日本に無理難題どころか
    「無茶苦茶言う韓国」を「助けろ❗️」「援助しろ❗️」って、
    軍事力を背景に日本政府を恫喝してきたんだと思う。

    本当に、「他国の軍事力で守ってもらっている」って情けないね〜。
    それも最貧国家なら分からんでもないけど、曲がりなりにも経済大国であり、
    先進国の一員であり、さらに技術大国である日本が
    「他国に守ってもらってる?」

    本当にいい加減に、「自分で自分の国を守れよ❗️」って言いたい。
    『核保有国』に成ったら、外交力は格段に上がるでしょうけどね。

  4. 京都の住人 より:

    朝生で三浦女史が言い放った日本人に対する戦争責任すら、靖国参拝で哀悼の誠を捧げるふりで済ませている現状の日本では、ディフェンス力を持つのが精一杯で、そこからさらにオフェンスの軍事力を持つには70年ではまだまだ短か過ぎますね。堅実な保険制度や、毎年神聖な正月を迎えられる今を続けながら核保有まで突き進もうと思えば、解り易く言えば身を切る改革じゃないですけど、生活レベルを数段落とし辛抱する国民意識が必要になって来るんじゃないでしょうか。今の若者が我慢出来ますかね(笑)

  5. 椿 より:

    日本の国内総生産(GDP)に対する防衛予算の割合は、
    僅かに1%であり、世界136位なんて笑っちゃいませんか?

    そして、米国務省が22日(現地時間)に発行した
    『2016世界軍備支出報告書』によると、
    各国の通貨に換算した国内総生産(GDP)に対する国防費の割合で、
    北朝鮮は23.3%と世界第1位です。

    これは、11.4%で第2位となったオマーンより2倍以上も高い値です。
    米国は15位(4.3%)、ロシアは20位(3.8%)、
    韓国は47位(2.6%)、中国は68位(2.0%)←これは嘘ですけどね。
    そして、日本は136位(1.0%)です。

    先進国の中で、「防衛費」がこれほど低い国は
    日本以外にないのではないでしょうか?

    GDPに対する防衛費の割合が1%で世界第136位であるという事は、
    「日本政府は日本国民の生命、
    財産、自由を蔑ろにしている無責任政府だ」という事では?

    もし支那に侵略されてしまえば、
    現在の日本にある「社会保障制度」も「社会保障費」も
    「年金制度」も「年金」も全てがパーです!

    仮に日本と支那が通常兵器で戦争をした際に
    自衛隊が有利に戦ったとしても、支那が日本に対して
    「これ以上歯向かうと、東京に核ミサイルを撃ち込むぞ!」
    と核恫喝してきたら、日本は無条件降伏しかないでしょう。

    支那に核恫喝をさせないためには、
    日本自身が『核武装』する以外に方法は無いと思います。

    日本がこのまま支那の嫌がらせに対して
    有効な対策を取らなければ、
    支那の日本への嫌がらせやエスカレートし、
    そのうち日本は、チベットやウィグルのように、
    支那に攻撃(侵略)される可能性は大です。

    有効な対策としては、『核武装』した上で、
    支那に経済制裁や国交断絶などの制裁をして行けば良いのです。

    日本と支那の間に有る圧倒的な軍事予算格差を埋めるためには、
    『日本の核武装』が必要不可欠なのでは?と思わずにはいられません。

  6. 京都の住人 より:

    まだ敗戦後70年です。常任理事国の上から斜め目線で見られている限り日本は、イデオロギー路線で民主国家と連合を組み続け対峙し続けるしか方法はないのでしょう。私も、目には目的な思いもありますが、保有など非現実的。北朝と変わらぬ国家になり下がる必要はありません。前にも話しましたが、亡き父親は南満州鉄道在任時、関東軍主導の陸軍に召集され参戦し、3年のソ連抑留を経て帰国しましたが、大陸思想を体験したからか常々、「あんたらの時代に支那が日本をとりにくるから頑張りや!」と言っていました。「どうすればいい?」って聞けなかったことを後悔しています(笑)

  7. 仲井 より:

    【これが最後だぞ!と。日本がお前の国に譲歩するのは!】
    日本政府、特に安倍さんにすれば、
    【もうこれが限界だぞ!、ここから中には日本もいくらなんでも韓国に対して、国としては譲歩はしないぞ、これ以上は日本の感情の中に君たちの思惑までは入らせないぞ!】
    安倍さんにすれば、
    【もうこれで最後にしよう。】
    日本とすれば踏み込むぐらいにぎりぎりまで譲ってというつもりがあっただろう。
    これで最後にしたいという所で。

    だが相手はやっぱり人間ではなかったという所か。
    ただの生き物だったという所。

    人間の裁量でのまあ言えば日本国民も譲れるだけ譲って結んだ後の無い約束での解決させる条約。

    一番の安倍さんの誤算は、
    日本国内に今現実あらゆるところで日本人に国籍ごと化けて存在する朝鮮族の、彼らの存在、どういう内容の朝鮮族が日本に今現状存在しているのかを、少しだけ安倍さんは甘く見ていたと思える。
    思惑だけが目の前に持つ気持ちから来ている奴らの日本国内での思惑の塊の発言がどれほどのものかを見誤っていたことだろう。

    テレビ局、新聞社、週刊誌、芸能界、スポーツ業界、学校の教師の現場、公務員の職場、これらだけでもほぼ朝鮮族で固められている現実がある。
    これを安倍さんは、仮にも日本で日本国内で現状これだけ民主主義国家の中で国家の恩恵を受けている現実なので、かれらも日本に存在している日本の国籍に替ってるんだから彼らももう日本の国民のごとくに感情が動いてくれるだろうとのそういう思いがあったのだろう。

    そこに実は落とし穴があったということだろう。
    人間の心を信じようともう譲れる限界を超えるほどの譲歩まで見せてそこは日本民族らしき、「相手の心を信じ」て賭けてみた。
    それに懸けた安倍さんだったが、相手は実は人間でもなければ心などというものなど元から存在しないただ目の前に在るものにただ余裕なく食いつく生き物だったということだろう。
    安倍さんは人間と交わした約束のはずが、実は相手は生き物で、人間などではなかったということに尽きる。

    椿さんがこの件で総統怒っておられたが私は朝鮮民族にもいちk末の一端の心という者は彼らにも存在しているだろうと、それにかけてああいう内容を椿さんに向けて書きました。
    私も彼ら朝鮮民族に、
    【このままではお前ら生き物で終わってしまうぞ!、そろそろ人間になれ!】というつもりでのメッセージでした。私も甘くなっていたのでしょう。
    椿さんの言っていた通りになり先はもっと悪い状況になって言っている。

    ここで結論として朝鮮半島人というのはいったい毎日を何を信じて生きているのかを本当に考えてしまう。

    恐らく彼らはこの地球上で、
    【自分以外で信じられるものなど一切ない】のでしょう。

    今年もこんな生き物相手に、日本のトップがこの件で聞かれてまたまた邪魔臭い、またこの件でトップまでが言葉を発しないといけないとは、もう本当に邪魔臭いですねえ。

    私は思う。
    もう日本は国家としてこの朝鮮半島国家とは一切の関係を気って彼ら朝鮮民族には北朝鮮と合体してもらい中国と一体になればいいのではとまで思う。
    そうすれば日本はロシアを招き入れられる氏姓制度ぷ王とロシアと手を結べる可能性がある。北海道北部の開場の防衛は日ロで、南支那、東シナ海は日米で防衛。
    日本は台湾と早急に防衛協力の条約を結びここで一気に日米炉体中国北朝鮮という構図にもうここまで来たらきっちりと区分けで持っていった方がいい。

    台湾中国を挟む海峡に、日米で防衛路線の充実を図り北はロシアが日本との協力で見張るという構図。
    台湾周辺の海域が、日米ロに台湾を加え安全保障での協定を結び、、中国と南北合体朝鮮半島政府に向けた防衛の構成図を描くべきだ。
    今後は、台湾という国の地図上の位置、立地、あの周辺海域が、今後の日本の防衛、国家の国民、及び覇権を守るうえで一番防衛のキーパーソンになりそうな時代に入ったと思います
    何度か安倍さんが台湾を直接訪問すべき時代にきたかも。
    台北の市長が日本に来日した折、いの一番に橋下さんに表敬訪問し、面会し親しく意見交換し、交流をしたことも日本国家としてもこのことは実は後々非常に意味があり大きい。

    ここは椿さんが冒頭からこの日韓の間で交わされたあの条約について論外と言っていた通りになったようだ。
    想像できないレベルの奴らの下種極まりない思惑が日本の国内で延々根付いてきていることに安倍さんもあまり無頓着だったのだろう。

    日本の投票数の有権者がその中で実は1000万票を大きく上回る票を朝鮮族が実は握っていることもこれから大きな意味合いが出てくる。創価学会、共産党、民進党、社民党、これらも含めて、彼らへの票が実は二本民族からの者がいくらあるのかを考える時期に来ている。

    私はほとんどが実は朝鮮民族からの票が殆どだと思っている。
    厳に選挙運動での地域で走り回る活動を補助金もらってやってるレンツ夕の役員らのほとんどが全国で実は朝鮮族が殆どだからだ。
    この朝鮮民族の一千万票以上の票が、所謂反日に動く実は公明党、共産党らの基盤票になって居る。
    この朝鮮半島民族の票はすぐにどっちにでも動く。しかも公明党も共産党もトップが言うことが全てになる独裁権力を持っている。
    こいつらは金が動くところにだらだらとつらなっとぇぶら下がってついていく。
    金が消えるところからはハヤテのごとくに離れて消えてその場から逃げていく。

    つまり金さえぶら下げればどういう状況であれそこにぶら下がりついていくグズリみたいな連中。なんでもありの嘘でもでっち上げでも何でもやる。
    餌が目の前に在ればすぐに食いつき、漁るという言葉がぴったりの連中。
    つまり人間の世界では普通に見えない生き物連中。

  8. 椿 より:

    『核保有』は絶対に出来ないと私たち(洗脳)されているだけなのではないでしょうか?
    実際、NPT(核不拡散条約)の第10条を読む限り、NPTからの脱退は可能な気がします。

    NPT第10条
    「1 各締約国は、場合には、その主権を行使してこの条約から脱退する権利を有する。当該締約国は、他のすべての締約国及び国際連合安全保障理事会に対し三箇月前にその脱退を通知する。その通知には、自国の至高の利益を危うくしていると認める異常な事態についても記載しなければならない。

    実際、パキスタンもインドも血みどろの戦いをしていた両国ですが、
    お互いに核を持った瞬間に、あらゆる戦闘行為をやめてしまいました。
    つまり、皮肉なことに、「核」が「平和」をもたらしたのです。
    核保有というのはそれほどの威力があると認めざるおえません。
    マスコミはこういう事には、絶対に触れませんが…。

    何故そこまで思うかと言うと、私はただ単に日本が、
    昔の日本のように『自国民を救える国』になって欲しいんです。

    昔近所のおじいさんに聞いた話ですが、
    サハリンがまだ樺太と呼ばれていた頃、
    誰も見ていない海域でロシア警備艇は、よく日本の漁船を襲い、
    漁船を売り払って儲けていたそうです。
    そのような時、日本の駆逐艦がいつも近海をパトロールし
    日本とその国民を守っていたと言ってました。

    ですが戦後、日本の駆逐艦は消え、
    ロシア人は日本の港の前で待ち伏せして、
    新造船と見ると片っ端から拿捕して行ったそうです。

    それを見習ったのが、”あの韓国”です。
    韓国の李承晩は、328隻の日本の船を奪い、
    4000人の漁船員を抑留し、多くの死傷者を出しました。
    戦後、日本の巡視船は、戦前の時のように、
    目撃しても武力は使えないと分かっているからでしょう。

    戦後の日本の巡視船にできることといえば、漁船の前に割って入り、
    『身代わりになって銃撃を受けるのが任務』となってしまってます。

    ちなみに、韓国漁船が今でも駿河湾などで密漁をしていますが、
    銃撃しないのを知っているから停船命令を無視して逃げるだけでしょう?
    中国も、彼らが「平湖油田」と呼ぶ日本の水域で、天然ガスや石油を盗みまくってます。

    そして、北朝鮮による拉致が明らかになった後、
    日本は、インド洋へ自衛隊鑑定を派遣したり、派兵に積極的になったら、
    この韓国と中国と朝日新聞は、「日本の右傾化が東アジアの不安材料になる」とか、
    「日本は派兵という一線を越えた。ついにルビコン川を渡った」とか書いている。

    実際、そういう彼ら中国・韓国・朝日新聞の本音はただ一つ❗️
    『日本が普通の国並みの免疫』を持てば、
    彼ら中韓は、「手も足も出せなくなる」、「うまみが無くなる」からです。

    私は日本が戦前の日本のように、
    日本の領域内に入ってくる”ならず者ども”から、

    『自国民を救える”普通”の国家』になって欲しいだけです。
    それには今のところ、『核保有』が一番有効手段なのではないかと思うのです。

  9. 椿 より:

    仲井さん、

    おっしゃる通り、あの国にもごくごく少数ですがマトモな人はいると思います。
    ただ、そのマトモな人達の意見は「抹殺」されて、行き場がないのです。

    そしてそのマトモな韓国人の意見の抹殺に加担しているのは、
    ある面、何も分かっていない日本人です。
    本当は何にもわかっていないのに、
    「韓国時は差別されているから、可哀想だから、
    ちょっとおかしなことを言っていても、無理難題言っていても、
    彼らの主張に賛同してあげなければ…」と思って、
    親切ぶってる、教養人ぶってる日本人です。

    反日活動で利益を得ている韓国人らの被害者ビジネスを真に受けて、
    「うん、うん」と、同情して聞いてやり、
    彼らの意見に疑問を感じつつも、迎合して甘やかしている日本人がいるから、
    「マトモな韓国人が排斥されてしまう」のです。
    だからいつまで経っても、マトモな韓国人の主張が通らないのです。

    本当の日韓友好を考えている韓国人に、
    陽の目を見せて『発言権』をもたせようと思うなら、
    日本人一人一人が、反日で稼ぐ多くの韓国人らに、
    断固とした態度を取り、決して迎合しないことです。
    たとえ嫌われて、大喧嘩になってもね。

  10. 仲井 より:

    椿さんコメントありがとうございました。

    テレビの報道番組で、出てきた講談社社員による妻殺害の犯行というニュース。
    大使館前に座っての、慰安婦像とされるあの銅像。
    お互いの顔を見て私の指摘が当たってることがよく解った。

    :逮捕された在日韓国人とされる男の顔、
    :銅像に作られた女性像の顔、

    日本民族とは違う大陸系民族の、その中でも東洋系での北方からの民族の遺伝子がそのまま出ている。ここはどうやっても、これだけ違うということは、見分けられるほどということは、日本民族の遺伝子構成とは異質のものなんだろう。
    遺伝子内容での構成図が。

    ★下唇の形状にそれが現れる。

    像と今日逮捕されたあの男とのただ一点の共通点。
    それは下唇の形状。

    ここだけは絶対に逃れられない遺伝子の引き継がれた特別の証し。
    一番わかりやすいなら、像の彼女が喋り始めたら、その彼女の下唇の形状を見るだけで、唇だけでもっとわかるだろう。

    本当に日本はここの民族と今後も付き合えるのかねえ。

  11. 椿 より:

    こんな事、仲井さんに言ったら、怒られるかもしれませんが、

    ハッキリ言って本音のところ、
    あの「ヘイトスピーチ法案」なんて日本に必要ですか?
    「百害あって一利なし」なんじゃないのかな?って思ってしまいます。
    あの法案を盾に、日本に仇なす反日韓国人らが勢いづき、
    錦の御旗のごとく、日本のあらゆるところ(特に沖縄)で暴れ回っているって感じます。

    本音のところ、日本にはいまだ『大きなビジョンを持つ政治家』どころか、
    『日本派の政治家』でさえもいないな〜と、最近つくづく感じます。

  12. 仲井 より:

    :ヘイトスピーチ法案も、
    :プライバシー法案も、
    この法案成立を、日本で一日も早くやれと、異常なほどにこれを日本で作れと要求したその本当の理由。彼らが違法移民の日本国籍をだまし取った朝鮮民族だったからだ。

    それは、日本にやってきて現在も日本国籍にすり替わって日本人に化けている違法移民の南北朝鮮人が、これ以上いくとバレだすと、やばいぞと思い出した。

    いずれバレて日本国民全員が本当の戦後に起きていた内容のあの朝鮮民族が日本の戦後に行った残虐で違法な行為までが、そこから全てが公で日本で晒されこれを国民全員が知ってしまうぞと。
    彼ら朝鮮族は巧妙に機密に隠し、どんな手段を使ってでも、まずはバレ出すであろう初っ端のその入り口の部分、ここの扉さえ閉めてしまえば、止めておけばそこから中には触らせないという法案がどうしても作りたかった。
    国籍を騙し取っていることだけは絶対にバレたくなかったのである。
    これを絶対に阻止したかったのである。

    これらの日本国籍で日本在住の多くの違法移民にとって、日本の世の中で昔と違ってテレビも情報もいろんな形で常にバレるのではないかと怖がり出してきた。
    その前に何とかしておかないとという日本人に化けた違法移民の朝鮮族が思う恐怖からこの法案が作られた。

    公に情報が出てしまう時代になってきて、でも奴らにすれば絶対に出せないというものが有り、これを実はテレビも新聞も必死で隠してきていた。
    自分ら自身がその張本人、当人だからだ。

    だから絶対に出せないとしてやってきたが、でももうバレ出すのではという恐怖を彼らは深刻に思い出してきた。

    出さない情報をテレビ局も新聞社もここだけは隠し通そうとして来たが、でもこのままの状況で世の中が行きだすといずれこの違法行為で日本国籍をつかんだ朝鮮民族のことがバレてしまう。
    隠そうとしても出てきてしまうのではという恐怖。

    ぼつぼつ色んな情報が公で出てきだして来て、もう時間がないと。
    これを何とかここでそういう形をできないように、詰まり身元、個人の戸籍謄本内容、指紋、DNA、これらについて絶対に一般人は無論だが例え役所の公務員でさえ縛りをかけて、殆どを裁判所がそれをどうしても必要だと認め令嬢を出さない限り、そうしない限り其れを見せさせないという方策、これを奴らが最終的に作った。

    それでもって、限りなく普通の者が中身を見られないように中を見られないようにしようとした。
    このままでいけば自分らが戦後行ってきた違法行為、つまり日本国籍を騙し取っている証拠をつかまれてしまう、このままではもうすぐそこに自分らへの逮捕身柄拘束国外追放というシナリオが起きてくるかもという彼ら違法移民らの恐怖、これを克服したいがために作った者でありかれらがこれだけをとにかく阻止させたいものを作りたくて遂に法案が国会を通って可決成立した。

    表向きはいかにも個人情報を他人が見るのはそれはダメだろうというのが彼らの表で言っていることだが、実際の彼らの思いはもう強烈で一日でも早く自分らが朝鮮から違法にわたって来て立場として身元自体は本当は違法移民の日本国籍を騙し取っている朝鮮民族だと、これがどんなことがあってもバレるのを阻止できる、バレ無い法律を作りたかっただけ。

    実は本当の狙いは椿さんもご存じの通り、奴ら自身が実は違法移民の日本国籍をだまし取った朝鮮民族だということがこれが絶対にバレないようにするために、それだけを願って朝鮮民族が命懸けで作った法案。

    彼らに擦ればそらバレ多段階で違法行為となり現在持っている立場はすべて崩壊する可能性がある。
    正式に法律に基づけば、違法入国、正式な移民でもない、違法手段、違法手続きによる日本国籍略取、公文書偽造、身元偽装による戸籍住民偽装登録行為、彼らがこれだけは絶対にバレたくない、ここに拘り、ここはもう手段など選んでいる間などない、早急にバレ防止の策を練ってとにかく阻止できる法案、防止の法案を、これを作らねばと、徹底して国で法律を作り、いかにも国民向けには、
    【皆さんも自分のことが全部勝手に人に見られて表で出るのは嫌でしょう?】
    などと大衆に本当のこの法案作成の奴ら朝鮮民族の狙いは卑劣に思わせずに、とにかく国民を騙してこの法案の成立を急いだ。

    その法案を何としてでも成立させたかった本当の彼らの狙い、表で語られた法案そのものの存在の必要性について大いに連中が語っていたあの内容とは実は法案の成立を執拗に狙った意味合いはもう見え見えの全くの嘘の内容であると、そう思っています。

    これら、
    国民全員に対しての、DNA遺伝子登録、指紋押捺登録、
    および、
    「戸籍謄本、住民基本台帳」の第三者への開示には、
    特殊な法的拘束力を持たせ、裁判所が許可したものに限る、つまり、開示にはそれが絶対に必要だという必要条件を満たしたものだと裁判所が認め許可したものに限るだとか、許可令状に基づくものに限る縛りをつけるだとか、
    特別の条件を付けてのみ認めるというもうものすごいハードルを付けた。

    これによって一人の人間について調査をする場合には、ものすごいハードルが付いた。
    この法案を強硬に唱えだしたその直前に実はある出来事があった。
    新聞がスクープしたものである警察本部所属の刑事が事件に関係する重要人物の或る人物の戸籍の内容を調べるために役所の中で、その資料を刑事が見ているシーンを新聞社が隠し撮りをして報道で出した。
    多分だがこれを見た日本国籍を騙し取って日本人に化けた朝鮮民族は、これを見て震え上がったことだろう。
    この調子だといずれ自分のこともこういう具合でいつか近々バレてしまって、自宅にピンポンって、早朝の6時ごろに、警察、公安、法務省担当官、出入国管理官らのこういう関係する取締官がそのうち来てしまうのではという恐怖でその時期もう寝られないほどに怖かったであろう。
    この複数のその後のこういう法案が国会で可決決議されるまでは。
    もうびくびくしていたはずだ。
    特に刑事がそのまま普通に役所内に入って戸籍謄本を一覧の資料を見ているのを見て、国籍を騙し取っている朝鮮族は生きた心地がしなかったことだろうし、もう震えたと思う。

    こんな法律は、こういう法案を作るなら、内容を極端に絞れば良かった。
    出ないともう拡大解釈で何でもかんでも挑戦という門祇園までそれもダメだというような風潮にまで津y食ってしまう。
    これこそ奴ら朝鮮族が一番狙ったところでこの朝鮮というこれに関係する身元の部分についてはどういう内容であろうがこれはすべてプライバシー侵害だという内容に何でもかんでも広げまくって作り上げて朝鮮という文言に関わる内容には、特に朝鮮という国の民族に関わる内容には絶対に触れさせないように、一切これには触れさせないようにガードを築いた。

    ヘイト法案も、これについては、民族間の争いであって、奴らが勝手にでっち上げた日本民族はこのヘイトスピーチには一切無関係だと、法務省も外務省も国としても自治体としても、報道も、これをすぐに実態をやるべきだ。

    同国人同士が争い、身分制度の成れの果ての争い、どっちが身分が高い低いというもう日本人からすれば癌が得られない内容を彼らはそこが一番大事らしくてそれ一点であの奴隷同志で身分の上だ下だとやっている。
    お前らお互い朝鮮人奴隷同志だろうが!って、どっちも奴隷で同じだろうがというのが私の認識。
    祖国が同じ民族の朝鮮族同士の争いが、日本で行われればそれがなぜか民族差別だという。
    こんな恥も知らぬ民族が勝手にでっち上げた世界が、奴ら朝鮮民族の生きてきた人生。
    朝鮮民族同士の争い事をそれを日本の領土内でやっていたら、それが何故民族差別になるのか、意味が解らんというのが我々日本人の感覚。
    この間ある男があの現場でいてて在日の朝鮮陣に排除された。警察まで現場に出動して。
    だが排除された男自身が朝鮮民族だとはどこの新聞もテレビもこれについて報道しない。沖縄の暴れているあの基地での活動の連中、あれも朝鮮人がほぼすべて。
    報道がなぜあれを朝鮮民族だと報道しないのかという原因はそれはあの連中の者で違法に日本国籍にすり替わってる連中が大勢いてるからだ。それを報道で出せば彼らはなぜ日本国籍を持っているのかということが国民の間で話題になってしまう。そうするとあれと同じに日本の国内にも他に朝鮮民族が日本の国籍を違法に騙し取ってる者がほかにも居てるはずだということが、ここまでバレていないはずだったものがこれがきっかけになって日本国民に認識されバレだしてしまう。

    日本のテレビ新聞はここがバレることが嫌なのだ。
    この沖縄のあの連中が日本の国籍を騙し取っていることがすなわち自分ら新聞テレビの方にも降りかかってきて実はテレビ局にもそういう連中が多いということにまでバレて行くのを怖がっているのだ。

    自分らが日本国籍を騙し取ってることにまで及んでくるかもという恐怖を、奴ら新聞テレビの者はそれをものすごく怖いのだ。

    私は一日も早く日本国民全員に対して義務法案を作り、
    :DNA検査登録義務、国家管理。
    :指紋押捺登録義務、国家管理。
    :国民全員の個人ごとでの顔写真登録義務、国家管理。

    :ヘイト法案はヘイトとするからおかしい。
    あれはヘイト行為ではない。つまり民族差別行為ではない。
    廃止すればいい。
    ●奴隷同志の、同じ祖国の者同士の見苦しい争いごとに、なんで日本人が巻き込まれるのか!、同じ民族同士の、互いが同じ奴隷民族同士の争いなどに、日本が法律を作るなど論外。
    こっちの知ったことかである。

    :現状有るプライバシー法案も、現状の法案の及ぼす中身の幅を、もっと極範囲を狭めての法案に改正すべきだ。

トップへ戻る