橋下氏「再度都構想の住民投票を行うことはおかしいと自称インテリが多い」翌日、インテリ代表の朝日が社説で都構想批判

記事を拡げて頂けると嬉しいです

市議会に法定協議会設置議案 – NHK 関西 NEWS WEB(動画有)

大阪二分する熱い議論再び? 「大阪都構想」で法定協設置議案 大阪府・市両議会に提出(1/2ページ) – 産経WEST

大阪都構想、法定協設置案を提出 再挑戦へ府市が議会に:朝日新聞デジタル

(橋下徹氏twilogより引用)

(大阪都構想)
再度、大阪都構想の住民投票を行うことはおかしいと批判する自称インテリが多い。よく調べろ!大阪都構想反対派は「住民投票は何度でもできる。今回はとりあえず反対して継続して議論しましょう」と呼びかけていた。大阪都構想反対派は、再度の住民投票を行うことを約束していた。

と2/25に橋下さんがツイートしたら・・・

翌日・・・
(社説)大阪都構想 実現ありきはだめだ:朝日新聞デジタル

(引用)
 大阪市を東京23区のような特別区に分割する案を練る「法定協議会」の設置案が、大阪府・市議会に出された。15年5月に大阪市の住民投票で否決された「大阪都構想」の再始動だ。

 地域政党・大阪維新の会を率いる松井一郎府知事と吉村洋文市長は都構想への再挑戦を公約に掲げ、15年11月の知事・市長ダブル選で圧勝した。法定協設置はその民意にこたえるものというのが両氏の考えだ。

 ただ、2年前の住民投票は、市内210万人の有権者の3分の2が投票し、反対と賛成の差は1万票余りという僅差(きんさ)だった。市を二分する争いの中、市民が悩み抜いて出した「都構想ノー」の結論はきわめて重い。

 これを覆すというのであれば、より明確な民意が不可欠だ。松井、吉村両氏は来秋にも2度目の住民投票をめざす方針だが、橋下徹前市長の時のような、都構想実現ありきの強引な進め方は願い下げだ。

 そもそも法定協設置には、府・市議会の議決が要る。維新だけでは過半数に届かない。

 カギを握る公明党は、大阪市を残したまま、区の数を絞って区長の権限を強める「総合区」の導入を主張する。松井、吉村両氏は、都構想が住民投票で再否決された場合は総合区にするとして、公明に法定協設置議案への賛同を働きかけている。

 だが、大阪市を廃止する都構想はもちろん、今の市内24区を8区に減らすとする総合区案も、行政制度に深く切り込む「手術」だ。移行に要するコストや、住民の利便性低下といった副作用も避けがたい。

 松井、吉村両氏は、都構想と総合区のほかに、大阪に選択肢はないと強調しているが、本当にそうか。市民の間では、現行制度を保ったままで改善は図れないのか、と疑問視する声も根強い。切り捨てることなく、耳を傾けていくべきだ。

 大阪は経済の低迷に苦しみ、急速な少子高齢化で3大都市圏では最も早く人口減少に直面する。貧困層の増大も深刻だ。

 維新は、統合型リゾート(IR)や万博の誘致、交通網整備といった大型事業中心の成長戦略を掲げ、推し進めるには都構想の実現を、と説くが、大阪の今の苦境にどれだけ即効性がある政策かは疑問が尽きない。

 大都市・大阪の再生に「万能薬」はない。都構想も総合区も一長一短があるし、まったく別の改革の道筋もありえよう。

 住民投票で再び市民の選択を問う前に、知事、市長と議会とで時間をかけ、ほかの選択肢も含めて議論を深めるべきだ。

朝日は、
住民投票後、朝日の言うような話し合いの場「大阪会議」がどのような経緯をたどったか?

それを踏まえて、市民・府民が、知事・市長ダブル選でどんな民意を示したか?

知ってるくせに、このような社説を書く・・・

よほど応援したいんですね
現状維持を主張する「大阪自民党」を!


橋下徹「小池さんの東京大改革と大阪都構想の政治姿勢はここが似ている」 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

コメント

  1. 弘子 より:

    橋下徹 様

    我関せぬ…
    周りから見らば其れを良しとしたかろうとにも、これ都構想成立その捌け口とはとの、日本壊滅かとのまさに戦後美味い飯蔓との離したくは無い!
    何ぞの維新何ぞの出任せこん時代へと蔓延りやがって!×にも、既にあの奇兵隊世へ発信とは、山縣あの男最低あやつ以外のみたるやの奇兵隊総長らしからぬやの基本方針。
    今ぞ甦ろうとの歴史は繰り返されよう。
    まさに『黒田節』彼.まさに吉村市長の天を突く突く地を突く突くのその素晴らしき精神との、両腕を大きく広げ皆んな一緒に進みましょうとの、まさにフランス革命かとのお気持ち..まさに欲のカケラ一切と見つからぬ。維新
    今後の【都構想】その鍵らしきその目標へと掲げしとは、まさに今秋との堺市長選.戦いの火蓋は落とされよう!まさに狼煙じゃ
    橋下大弁護士様のお出ましとは、何たるやが正しき生き様やの、狂いし生き様やの、戦後にてその政治手腕との、政治とは政治家のみには非ぬ、下野し更なる市役所.御廟を飛び出し、今季最大たる大物政治家としての手腕、まさに人々へとの気持ちは更なる構築へとの感謝しか世はあるまいや。まさに何の得や..感謝
    素晴らしくとも、決戦とは、堺市長選に於いては争点とは‘都構想’にはありません。幾ら都構想を掲げども、未来へとの安定期とは、都構想その下支えテコ入れであろう。
    そのまさにモデルケースとするが堺の発展と、未来約束への都構想へとの発展へと繋がろう!
    前回との市長選におきましては、素晴らしき西林現状府議様への世へとのお顔見せ!まさに負け知らずの維新なる。
    この場とは、世の皆やらの、堺や大阪府の皆々様へとのまさに国家挙げてやらの、憲法改正へとの足掛かりやらの、人々にはみーんなで一つずつ何が正しきやらの考えましょうの時間。
    大前なにがしのヒト騙し都構想成立し動きゃあ良かったのクソ馬鹿意見!アホや
    今後とも、ゆるりと、皆んなで、少しずつ、教育とは何ぞや、ヒトに心寄せるとは何ぞや、腐っても嘘を吐き続けヒトの頭へとの嘘デタラメを為してはならぬ。
    ユックリと両手広げ一緒に考えましょう!との、考えこそが今季は維新束ねよう、悪さは容赦しねえぞ!の謳い文句かとの、まさに大阪は御代表様.松井親分.大阪のお父ちゃん.松井知事様にごさいます。カッコイイ
    橋下弁護士様、併せて人間道徳の犯罪その事案が持ち上がりましょうぞ!まだまだ世には問題山積にも宜しゅうに願い賜ります。

    早々

  2. 椿 より:

    >2年前の住民投票は、市内210万人の有権者の3分の2が投票し、
    >反対と賛成の差は1万票余りという僅差(きんさ)だった。
    >市を二分する争いの中、市民が悩み抜いて出した
    >「都構想ノー」の結論はきわめて重い。

    いやいや、それを言うなら、
    市民達の『都構想Yes票』の方が、”極めて重いでしょう。

    あんた達、朝鮮新聞=朝日新聞は、
    いつもいつも「反対派=既得権益者達の擁護」ばかりしてますね。

    だから、朝日新聞は誰も読まないんだよ。

    私の知り合いが、年末に「朝日新聞さん、ありがとう」という
    テロップを出す仕事をしてたらしいんだけど、
    シーンと静まり返り、誰からも反応がなかったらしく、
    事情を知らないその知り合いは、
    「なぜなんだろうと気味が悪かった」と言ってました。笑。

    「当たり前じゃん、朝日新聞の正体を知ってる国民が多いってことだよ。」って言って、
    朝日新聞の”悪徳ぶり”を伝えまくってやったら、ビックリしてました。v

  3. 匿名 より:

    橋下さんに政界復帰があるとすれば、
    ご本人の性格を考え、都構想可決が最低条件のような気がします。
    都構想が決まれば、辞めた理由がなくなるわけですから。
    その上で、政治家に戻るかは、その時にやる気になる課題があるかどうか。
    維新の会には、大阪のため、日本のために都構想を実現してほしいし、
    橋下さん復帰への道を開けてほしいと期待しています。

トップへ戻る