橋下氏「府議会は参考人招致で大阪府の言い分と近畿財務局の言い分を突き合わせるべき」3/16のツイート

橋下氏怒り爆発!「(古賀茂明よ)貴殿はテレビコメンテーターは辞めた方がいい(米山知事)こんな頭の悪い知事を持って新潟は大丈夫か?」3/16のツイート
の合間にツイートしたものをまとめました

(橋下徹氏twilogより引用)

大阪府議会:府私学審議会長の参考人招致決める – 毎日新聞

(大阪府議会)
梶田私学審議会長の参考人招致は、これまでの私学審議会の問題点を明らかにして今後の対応策を考えるためのもの。それよりも近畿財務局を呼んで、大阪府私学課と言い分を突き合わせることがの方が重要。国がやらない、これくらいのことをやってこそ地方分権も主張できる。

大阪府の言い分と近畿財務局の言い分を突き合わせるべき。大阪府私学審議会の条件付き認可は異常な判断だった。なぜこのような判断になったのか。国とのやり取りはどうだったのか。国が解明しないなら大阪府議会でやるべきだ。梶田さんだけでなく近畿財務局を呼ぶべき。

私学課は大阪府議会の委員会で国からの圧力はなかったと答弁したようです。圧力にも色々あります。流石に脅しはないでしょうが、知事は国から要請はあったとの認識です。国からの働きかけがなければ大阪府が異例の条件付き認可判断をしたのはなぜなのか。府議会で近畿財務局を呼ぶ必要があると思います

私立学校の条件付き認可 大阪府が見直す方向で調整 | NHKニュース


橋下徹「憲法に則った最高裁人事を問題視? 朝日新聞はここがおかしい!」 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

コメント

  1. 弘子 より:

    昭恵氏へのお願い

    提言にて・・・
    どんな場になれ
    国民の前にて、
    きちんと説明責任を
    果たすべく!

    やはり
    国思い、国会行方
    総理と共に寄り添い
    「私の出来る事は何かしら?」
    精一杯の想いの丈を話すべくにあり

    なければ、国民そっちのけ!
    ‘民主政権と地雷は同じ’

    そうならない為にも
    本気で想う我が願いと
    そのつけ込まれたその悔しさ
    話すべく事案これから

    まさに
    お願いの
    土下座たる
    願う とは
    気持ちは
    仏なる

    (訊こえましたままにも僭越にすみません 弘子)

  2. 弘子 より:

    安倍昭恵 様

    ネットより
    抜粋にて、失礼致します。

    昭恵様
     自分にできることとして「環境と平和の2つの分野」を挙げ、「国連総会が毎年あり、国際会議も開かれているのに、平和も来ないし貧困もなくならない。環境破壊も止まらない」「私ができることの1つは、権力の近いところにいない人につながっていくことだ」などと述べた。

    全く個人的にも
    心には響きません。
    何故でしょうか。
    生意気にも失礼しました。
    この場を借り
    申し訳ありません。弘子

  3. 椿 より:

    森友学園の「土地の取得」については問題ないのでは?
    契約書の件がちょっと怪しいでしょうけど・・・。

    森友学園側が「安く土地を購入しよう」としたことは、
    別段問題ないし、違法でもないじゃない。

    でも、朝鮮学校側に「日本の土地を安く提供する事」は
    非常に問題だし、これこそ「違法性」を問うべきですよ❗️

    それにだいたい、この朝鮮学校や在日朝鮮人らに、
    私たち日本人の血税が【何十兆円】と、
    湯水のごとく使われてきた事をお忘れですか?❗️

    また、これは私の個人的な意見ですが、日本伝統教育を継承し、
    「立派な日本人を育成しようと頑張ってる学校」に、

    血税で10億や20億使われてもなんとも思わないし、
    それどころか、100億でも1000億でも1兆円でも、
    10兆円でも使って、次世代の子供達に
    素晴らしい日本の伝統教育をして下さるなら本望です❗️

    一生懸命頑張って、税金払います‼️

    だいたい、日本人の血税を
    「反日国家」や「反日勢力」に使うとは何事か?❗️

    本当に、こんな国会議員や官僚連中は、
    国家反逆罪で【死刑】にしてやって欲しいわ❗️

  4. 弘子 より:

    昭恵夫人 様
    全てを
    受け入れる
    には 無く
    せっかくの
    発信を させて 頂ける お立場
    なれば 人々の 心に 響くをされたし

    と、気儘な一国民は勝手に思うのでした。
    弘子

トップへ戻る