橋下氏「(豊洲)小池さん、移転か移転中止の基準を早く定立すべき。大混乱の責任は不安を煽ったメディア」3/21のツイート

記事を拡げて頂けると嬉しいです

昨日(3/20)に放送された
猪瀬直樹・音喜多都議ほか出演 橋下✕羽鳥の番組「森友学園&百条委員会SP」2017.3.20
を受けてのツイートです

(橋下徹氏twilogより引用)

(豊洲問題)
小池さんは総合的に判断するとしか言わない。それはダメだ。どうなれば移転して、どうなれば移転中止にするのかの基準を早く定立すべき。少なくてもどういう要素を考慮するのか示すべき。これが規範の定立。規範の定立なき総合判断は、小池さんの独裁判断という意味になる。

豊洲問題の大混乱の責任は、安全に無関係な地下空洞や地下水の環境基準オーバーを連日連夜大げさに取り上げ都民の不安を煽ったメディアにある。メディアはこの期に及んで安心がないと言い張っているが、安心を高めるためには安全であることを連日連夜大々的に報じればいいだけ。簡単なこと

橋下羽鳥にも書いたんですが、

昨年8/31移転延期を宣言した小池さんは、

「安全性」「巨額・不透明な費用」「情報公開の不足」という「3つの疑問点」が解消されていない事を移転延期の理由としていた。

3つの疑問点・・・

豊洲の「安全性」も確認されたし
費用も「土地売買の過程」「汚染対策費」などの詳細も分かった(意思決定は誰か?は、関係無い)
「情報公開の不足」は、都庁と小池さん次第・・・

もう、宣言した理由は無いはずなんですが・・・

今は「総合的に判断」で、はぐらかしている様に見える。

専門家会議の報告書が6月過ぎになるのも、都が指示した誤った検査手順が原因。

しかし、少しでも早く報告書が上がる様に、都が努力している様にも見えない・・・

流石に、この硬直状態が続けば、都民も飽きて関心が薄くなる?

小池さんは、それを待っているのか?

東国原英夫「小池さんはもっとぶっ飛ばさなくてはダメだ」 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

トップへ戻る