橋下氏「(文科省)役所が需給調整権を持つと、役所の胸三寸で新規参入の可否が決まり、それが天下りに繋がる。最悪の事態」7/11,12のツイート

橋下氏「内閣参与藤井氏『(橋下は)あんな悪い奴はいない。連れになったらあかん。ヘドロチック』この人格攻撃から僕は反撃に出た」7/11のツイートからの続きツイート

(橋下徹氏twilogより引用)

※管理人加筆

(加計学園問題関連これまでのツイート)

特区での獣医学分の新設は問題ない。しかし加計学園と京産大を並べてきちんと審査しなかったのは手続きとして大問題。記録も残っていないとのこと。これは京産大も入れてもう一度公募審査をやり直した方がいい。このままごり押しすれば批判に耐えられなくなるだろう。

萩生田氏の加計学園系客員教授の兼職不届は決定的な手続きミス。なぜ兼職届が必要なのかと言えば萩生田氏が加計学園に関する仕事をする場合に厳格にチェックするため。萩生田氏と加計学園の関係が明示されない中での今回の一連の手続きは決定的にアウトだろう。

今回の失敗は、国家戦略特区諮問会議の権限の定め方だった。諮問会議は獣医学部の新設を認めるところまで。具体的にどの大学を選ぶかは大学設置審議会でやるべきだった。

大学設置審議会も、都道府県の私学設置審議会同様形骸化している。まだ審議会で認可がでていないのに加計学園はどんどん建設を進めている。本来は認可が出てから動くもの。それでは準備ができないというなら、条件と完了の二段階で審査すべき。

(今回のツイート分)

(加計学園問題)
獣医学部新設を禁じている文科省の告示に例外のルールを作るのが国家戦略特区諮問会議の権限と責任。ここまでに問題はない。しかし具体的にどの大学に設置を認めるかは国家戦略特区諮問会議の権限と責任ではないだろう。特区諮問会議に新学部設置の可否を判断するノウハウはないはず。

需要予測なんて役所が正確にできるわけがない。だから役所が需給調整してはいけない。役所は質の基準の設定・監督まで。役所が需給調整権を持つと、役所の胸三寸で新規参入の可否が決まり、民間事業主が役所にお願いする関係が生まれ、それが天下りに繋がる。最悪の事態。

蓮舫氏「戸籍示す」=二重国籍問題 (時事通信) – Yahoo!ニュース

やっぱりこれしかない。安倍政権が森友学園問題や加計学園問題の初動で誤ったように、蓮舫さんも初動で誤った。きっちり説明して手続きミスだったことが明らかになれば多くの日本国民は納得すると思う。手続きミス以外があれば別だが。

僕は面接をやっておらず、面接の最初にお金の話をしていたかについてはうる覚えでした。番組内では自分有利に言うよりも不利に言っておいた方が後からの訂正で対処できると思い「たぶん面接の最初だと思う」と発言しました。事実と異なるようですので、訂正とともにお詫び申し上げます。

恐らく、橋下さんが今回のツイートの元にしていると思われるのは

7/10参考人招致【参院文教科学委員会・内閣委員会連合審査会】
自民党・青山繁晴議員の質疑


(※動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…)

ネットで、参考人招致の動画では一番話題になっているものですが、

(予想通り)新聞や地上波では、ほとんど取り上げませんでした・・・

石破茂が語る!橋下✕羽鳥の番組「自民党の危機!?SP」2017.7.10
(番組紹介より) 北朝鮮のミサイル発射や、自民党の惨敗に終...

橋下さんの有料メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonでバックナンバーを販売するようになりました!

販売商品一覧
http://amzn.to/2owgAMu

コメント

  1. 仲井 より:

    >役所が需給調整権を持つと、、、。

    まあ少し向きは違うが、こんなことが昔あった。
    現状その場所は形も何もなくなっているが、当時大きな救急指定の病院が立っていて、そこにはもうわんさと日々救急の患者さんが緊急搬送で運ばれていた。

    昭和40年代に入ったころ。
    高度成長の本格的始動が大阪でも動き出したころ。革マル派ヘルメット姿のデモも、全国の大都市で起こりだしたころ。

    当時有ったこの病院は、もう姿がわずか数年で急激に大病院へと一気に数年でそうなった。なぜか、
    【救急指定病院】という役所からその指定許可がお墨付きが取れたからだ。
    それまでは、当時の大阪北区、大淀区(後に北区と合体し現在の北区)と言えば、救急患者を指定で受け入れられる病院と言えば、議院が存在するし院長自身が議員だった行岡病院に限定で限られていた。他の病院はどうやってもこの救急指定の認可を受けられていなかった。誰もが議員がいてる病院だから行岡病院だけが救急指定を受けていて、ほかの病院の指定を取り消させているんだと、皆そう認識していた。

    だから救急車は、すべてこの行岡病院にしか当時までは、患者を搬送で連れていけなかった。北区大淀区では行岡病院が独占で救急患者を受け入れていた。

    その状況が続いていたが、或る時期に行岡以外の突然一つの病院が、役所から救急指定という救急指定病院に指名許可を貰えた。
    途端に、物凄い数の患者が新たなその病院に救急で連日連夜サイレンは鳴りっぱなしの押し掛けるようになった。
    あの大鉄が行っていた地下鉄工事中のガス漏れによる天六ガス大爆発事故が、丁度その状況が続きだした丁度そのころにあれは起きた。
    このガス爆発が起きた現場道路の、道路ごと吹っ飛んだその穴ぼこの空いた道路面に、その面した道路の目の前に、実はこの最近救急指定となった病院は存在していた。
    斎藤病院という病院は。

    一つの大きなごく最近救急指定が出て運営を行っていた病院が、そこであった。

    天六ガス爆発の内容捜査の状況の中で、実はそもそも斎藤病院にも刑事的犯罪行為があったと認められ、その斎藤病院は警察の手が入ることとなり、院長兼経営者である斎藤院長は、後日逮捕され身柄を拘束された。

    逮捕理由が初めは、医療費の不正請求と、
    及びもう一つとんでもない内容が出てきた。
    ★この身柄拘束を受けた斎藤院長自身が、実は医師免許を持っていない、つまり医者でも何でもないただの普通のおっさんで、偽医者だったのだ。
    それに加えて、
    ★この斎藤病院に所属勤務していた幹部医師ら二名も、
    これも実は医師免許をそもそも持っていなかった。
    まあ言えば、院長をはじめ幹部の医師と称されていた人物ら二名も、これら皆が偽医者だったわけだ。

    ここには巷を流れる裏話もあって、
    この斎藤院長は何で二人もの偽医者を囲っていたのだろうかということ。
    自分が偽物の医者なら当然勤務医ぐらいは本物をと、自分は直接治療せずとも勤務医にやらせればそれでいいはずが、なんでわざわざ自分と同じ医師免許を持たない偽医者などを雇っていたのかということだが、これが如何にも朝鮮で普通にありがちなこの偽医師と判って居ながら入ったこの二人は、実はこの斎藤病院の院長の医師免許のないことを事前につかみ、そこに付け込み、知っていてそれで院長を脅して金にするために恐喝のネタでこの病院に入り込み、院長もこのことがバレることを怖がり、仕方なくこいつらの要求を呑んでいたのではという憶測がそこらじゅうでふつうに流れていた。

    語談がまだあって、こんな内容が伝わっている。
    実はこの院長が所轄の警察署の留置所に収容された時その晩に、この院長の奥さんが旦那さんに向けて差し入れをしている。
    捕まった主人にと、超高級のつく豪華なお寿司の盛りを届けている。留置所へ。
    留置場でどうやって食べるのか、一緒に入っている者らは?とかいろいろ解らないが、私は入ったことがないのでわからないが、まあこの奥さんは成人していない娘さんと二人で、とにかくその晩のうちに留置所に桶盛りのお寿司を届けている。

    面白いのは、この院長夫人とこの娘さんは、この大盛りのお寿司を留置場に届ける前に、そのお寿司屋さんで自分たちは二人で談笑しながら豪勢な高級お寿司を1時間以上の間大いに盛り上がってたらふく食べてから、その留置所へご主人の入っているそこに届けている。
    院長夫人も娘さんも、まだこれからどうなるのかを、あまり深刻にとらえていなかったようだ。結果斎藤病院は、病院開業が行えなくなり、あれだけわんわんサイレン鳴り通しだった病院は一瞬で廃業となった。
    その後に突然に出てきた加納病院というもう何時天井が落ちるかというような下田屋で開業をやっていた産婦人科の個人町医者が、突然救急指定の大層な病院へと出来上がっていった。そして今の北野病院が名乗りを上げてここも救急指定がとれた。
    初めは議員と公的病院だけが確保し何処にも開いていなかったこの救急指定も斎藤病院の偽医師問題があったがその後大阪北一帯では、行岡病院、北野病院、加納病院、済生会、都島にある病院も含めてこの一帯は集中して大きな病院の一地域になった。

    議員が、自分がやっている病院以外の民間の病院への救急指定を行政で許可をせず許さずに横行してきていた時代が長く、頑として議員が個人的にと言ってもいいように握っていた救急患者受け入れ指定というここの既得権を、これを岩盤を突き破ったきっかけが実はこの斎藤病院という偽物の医者が院長をやっている病院だったというまさに腐った者同士の裏での取引が透けて見える。

    裏でのロビー活動が行われていたのだろう。
    何と偽物の医者が経営する病院がどういう手を使って救急指定を取れたのか、
    当時大阪の自民も社会党も共産党も皆が議員は誰も逃げまくり自分は関わっていないと、内容には一切これに関わろうともしなかった。
    逃げて逃げて。

    腐りはてた者が腐った手を使って腐ったやつらをうまく乗せてから許可を受け、腐った内容で営業を行って居て、最後はこういう具合にとうとう逮捕される。
    判明した途端に、でも議員は知らぬ存ぜぬ、行政の担当も知らぬ存ぜぬ。

    行政の許認可の裁量をどうやるかは橋下さんの言われる通り本当にきちんとやらないと行政は突然天皇陛下みたいにふんぞり返りだすからさ。
    私は奴らがふんぞり返りだしたら、そこで日本国籍の内容云々を奴らに持ち出し、君の名前の漢字を教えろ!から始まって、突き付け、そこから30分は延々日本の戦後の朝鮮民族との関連について歴史について語ってやる。

    この間厚生労働省に連絡したら途中で切られてでもそこから何度も何度もかけなおしていたら最後は電話をおかれたままでそのまま外されて、私には周りの人間の声はいろいろと聞こえてるのに、電話の女脇で一切誰も出なくなった、、、、笑

    朝鮮民族の霞が関官僚の国籍戸籍についての内容を出すと、もうたちどころに消えてしまう霞が関という所。

トップへ戻る