[東京維新]「都議会議員の報酬30%削減条例」賛同者が集まらず提出できずも、自主返納を決意

記事を拡げて頂けると嬉しいです

小池知事の報酬半減条例が可決され、ニュースになっています。

じゃあ、都議会議員はどうするの?
という話になるんですが…

この柳ヶ瀬議員の話は全く報道されません。

都議報酬は削減ならず。言行不一致は誰か?(やながせ裕文議員HP)

(一部引用)
都議会議員には、身を切る改革が必要だ。

私は、一部メディアでの報道の通り、この定例会に先立って、「都議会議員の報酬30%削減条例を提出しよう」と各会派に呼びかけをしてきた。残念ながら、生活者ネットワークの3名と塩村都議の賛同しか得られず提出には至らなかった。
(中略)
条例案の提出には至らなかったが、多くの日本維新の会所属議員がそうしているように、報酬の一部を自主返納することを決めた。都に戻すことは公職選挙法で規制されているため、被災地に寄付をすることにしたい。(引用終わり)

小池知事が半減をやれば、議員の方が上回ってしまい槍玉に上がる。
本当は、やらせたくない。
しかし、今の小池人気には逆らえない…

その証拠に、自身の給与削減については全く無視…
これが都議のホンネです。

賛同したのが、左派を除けば塩村都議だけとは…
「かがけや」は何で賛同しないの??

例え、条例が通らなくても…有言実行!
本気で改革をするのは維新だけです!

松井知事「『国会議員歳費2割、被災地に寄付』する。たとえ他党が賛同しなくても」定例会見2016.6.29

東京維新・柳ケ瀬議員出演「都議会の問題点を徹底討論・慰安婦問題を韓国の歴史に学ぶ・ビットコイン」2016.10.10

コメント

  1. じい より:

    口だけでなく行動!これが素晴らしい。

  2. アンパンマン より:

    かがけやけの所属議員で情報系番組に引っ張りだこで浮かれまくりの ブログ議員おときた駿の出演したネットTVを紹介します

    ホウドウキョク(フジテレビのネットTV)の番組「真夜中のニャーゴ」2016年9月20日放送 ゲストおときた駿
    http://www.houdoukyoku.jp/pc/archive_play/00052016092001/1/

    山本一郎×おときた駿「築地市場の豊洲移転問題」1の13分~15分で橋下徹評を語っているが、自分はこれを聞いた瞬間「おときた駿はダメだ」と思いました。
    橋下徹が損得勘定で政治をやってくれていれば、大阪都構想は成立していたさ。おときた駿自身が損得で政治をしているから、こんな橋下徹評になるんだと。

  3. 仲井 より:

    橋下さんの凄さをすべて語れるものはまあいないよね。

    何年喋り続けても、どこまで語りつくそうとも、橋下さんの凄いところなど私は語りつくせないよ。
    あの人の凄いところを語ってるうちに私は寝てしまう。

    現に今でも難波高島屋のあの橋下さんのあの演説を今でも聞きながら寝ている。
    夢のように聞きながら寝てる。

    多分私の最後は、耳栓をして、なんば高島屋前でのあの橋下さんの演説を耳にしながら、これを聞きながら私はあの世に行くんだろうねえ。
    其れであればこんな幸せなことはない。

  4. 匿名 より:

    おときた駿には心底怒りを覚えました。
    勿論反対した他の会派の議員も同じですが。
    小池知事の給与削減には大いに賛成するけど、自分ら都議会議員の給料カットについてはウダウダ理由つけて絶対にやらない。
    まあ、わかりきっていたことですけど、
    自民・公明・共産・民進は身分にしがみつく自分党だから絶対に許しはしないけどある意味態度は一貫してる。
    でもこの無所属のおときた議員まで一緒になって反対する理由はないはず。

    おときた議員のブログでは以下のような文章も。

    >単純に高いからといって減額すれば、真面目にやっている議員の活動の質と量は間違いなく低下します。
    >
    >…ということを言うと、「大阪では報酬カットして、議員たちはみんな立派に活動している!」と維新支持者の方々にたいそう怒られるのですが、そういう立派な議員の方々は>お金があればさらに素晴らしい活動ができるのだと思います。
    >
    >現実問題として議員報酬の減額はそれとトレードオフの関係であることは理解した上で、見直し議論を進めていかなければなりません。

    はっきり言ってバカ過ぎるわ。
    議員活動の質は給料が高ければ高いほど良くなるとか
    どんだけ議員にとって甘い考え方やねん!?
    議員の質は勿論ある程度の「お金や資質」も大事だが、最終的にその政治家の「覚悟・本気度」で決まるもんでしょ!!
    都民、国民が増税・増税で苦しんでるときに、
    「いや、我々の議員報酬の削減にはもっと議論を・・」と、肝心なところで渋ったり
    自分の給料は満額もらって当然なんて考えてる奴に本当の改革なんて出来るわけないやろ!
    ましてや一人会派のオッサンに。政治家が今決断して実行しなければ一体誰がいつするの????

    「維新支持者の方々にたいそう怒られるのですが~」と遠回しに維新を牽制している辺り、
    相当自分の給料は下げられたくないようですね。コイツの「保身の方が本気」ですわ。
    何に本気出しとんねん!?
    大阪市も維新以外の反対で実現出来てないからそこまで偉そうには言えないけど、
    少なくとも「本気で身を切る覚悟」がそこにある。
    この男はそんな大阪の事も知らないのでしょう。
    それ以前にそういったことに真摯に向き合おうなんてそんな謙虚さも無さそうやし。

    あんたがテレビに出て爽やかにカッコつけるのは構わないけど、
    自分の給料カットは何だかんだ理由をつけて反対したと正直に告白すべき。
    マスコミが殆ど報道しないのをいいことに知らん顔するのだけはやめてほしいわ。

    • アンパンマン より:

      おときた駿には「報酬」と「経費」の区別すらついていないのですね。

      彼の経歴には「LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループにて7年間のビジネス経験を経て」とありますが、とてもビジネス経験がある者の発言とは思えない。
      自分は「経営」とは縁もゆかりも無い単なる従業員リーマンですが、それでも「報酬」と「経費」違いが理解できる。おときた駿の「ビジネス経験」ってバイトレベルじゃないかな。

      議員の活動量に必要なのは「経費」。
      領収書不要とか用途の制限なし等々の第二の給与としか思えない「政務活動費」「地方議員の費用弁償」とかはダメですが、領収書などもキチンと公開し、用途をキチンと監査する前提で「経費」はバンバン使えるようにすれば良い。米国などは「用途の監視が超絶厳しい」かわりに「使って良い経費に上限が無い」とも聞く。用途の正当性が担保できるなら、上限無しでも良いくらいだ。

      削減の対象は「給与」。その人の仕事の責任の重さや成果で払われるべきもの。
      大阪では「市バス運転手」の給与が「民間バス運転手」の給与に比べて高すぎるので切り下げられた。市営でも民間でも、バス運転手の責任や成果に違いが無いからだ。
      東京都会議員の責任ってどうか? 知事1人に対して100人以上いるのだから責任は知事の百分の一以下? 議員にも生活があるので知事給与の百分の一にせよとは言わないけれど。

      そもそも維新が給与削減を口にするのは、住民の痛みの前に職員の痛み、職員の痛みの前に議員自らの痛みという「先ず隗より始めよ」の精神。
      東京都は確かに黒字だが、支出のザルさ加減は酷いと聞く。天下りとか改革するには黒字ではあっても、まずは議員の給与削減からの精神が理解できない。

      といいつつ…

      実際のところ、おときた駿が諸々を理解していないということはなく、単なる「オレ様の給与が減るなんてこまる」という一点で無理筋の弁明をしているだけ。
      豊洲問題ひとつとっても「議員として責任を感じる」とか口では言うが、それなら「豊洲の失態を理由に給与3割削減」とか逆提案すりゃいいだろうに。

  5. 仲井 より:

    一言目には、
    やれ改革だ!
    都議会自民党は問題だ!
    予算の積み上げがおかしい!だのと、
    どこかで聞いた風なことをペラペラしゃべり、でも自分らの責任は一切語らぬ。

    まあどこかの左巻きのグルグルの党、まあ共産党、民進党だが、これらと同じことを言いながら、でも都知事に当選された小池さんを東京都庁の玄関に出迎えて、玄関にまで出迎えてまるで自分が全面的に仲間のようにふるまい、満面の笑みを浮かべて小池さんに握手を求める。
    一斉にカメラに映り一瞬で国民に覚えて貰えたその顔と口をして、小池さんとニコニコしながら握手をするシーンを作りだし、正に全面で応援しますよ、私は仲間ですよを大いに全国に向けて演出した音喜多議員。

    出迎える姿は、その映像の動画は、逆ポイントで見ると、音喜多議員が、まるで自分が当選した時にやるような、かのようなはしゃぎよう。
    フイルムを逆回しすると、正に音喜多議員らが当選し、そこに小池さんがわざわざお祝いにやってきて握手を求めるようなシーンになって居る。

    その後テレビに特にフジテレビによく出てきていたが、私はその時に日本維新の会本部事務局に釘を刺す電話を入れたことがある。
    早速日本維新の会本部事務局に連絡をした。気になったので。
    注意喚起の連絡をした。

    【音喜多議員は私が見たところまだ子供なのかそこまでまだ単純なのか、身のほどこし様を隠しているのか一寸掴めないが、でもただ一つ言えることがある。

    音喜多議員自身、本人は気づいているのかどうか知らんが、いかにも発想、考える方向、手法、判断の答えのところ、訴えの手法、政治家としてのここのここらの流れが、実に今の共産党思想と全く同じ発想をしている。

    つまりは今の民進党左巻きグルグルのどうしようもないこいつらの連中らと。
    東京維新の会の柳瀬議員は、ここを良く自覚しこの音喜多らのような中途半端な覚悟らしきものも内容な連中と、こういう議員とはきちんとメリハリをもって、自分は日本維新の会としての自覚の元での距離を、彼らとはきちんと区別できる立場で動くようにと、こういう音喜多議員のようなこういう連中と同じ部類の連中らと混ざっての、柳瀬議員自身がそこにはまり込み同時活動らしきことはこの際止めるように。

    国民から日本維新の会がこういう連中らと同じ部類に見られることを、そう取られる行動活動は止めるように、本部から本人に厳に気を付けていただきたいと伝えておいた方がいいと。
    日本維新の会という党の内容が、あたかもこういう連中と同じ部類になるなんてことの無いように、同じ部類になることの無いように、厳に気を付けられよ!】と、

    こういう事が実はありました。

    あの顔を見たとき、
    あの名前を見た時、
    私は近づかない方がいいと伝えたんですが。

    特にほぼ同じ部類だと思わせてしまうことが日本維新の会にとっては非常に問題がある議員です。
    本人は手当たり次第に口出しをしてやりたいようだが、議員としての国民に向けての仕事の本気度が初めから疑わしい。地に足が固まっていない。
    すぐに条件で動き回りそう。

    大阪にもこんなのが40年ぐらい昔にいてたが。
    社会党選出の男性の国会議員で。
    カスのようなの男が。

    目の前の動作に左右されて自分がどっちを向いて言ってるのかが都合よくその時その時で向きを変えてしまう。今回の議員報酬削減法案反対意見などその典型。

    彼の目指す方向の先に、その先が国民が常に居てればいいが、時々、お尻が向くことも平気で動ける男だ。
    議院になる価値をことさら軽く考えているようだ。
    正に便利屋の典型。
    どっちにも儲かる方に動く。

    しゃべれば政治家だと、まるで弁論の弁士のような、其れで政治家は務まるとでも思ってるのだろう、政治家はそれでいいと思ってるだけのような連中。
    民進党にもこんな連中が今でも山のようにいてる。
    誰かさんに痴呆症では?と言われたあの御仁など、その典型だが。

    何にもできないが、口だけ夢のような蜘蛛の綿のようなぐらついた話を掲げる、それが国民の為だと叫ぶ奴が。全部カスのような結果しかできないのに。
    こんな連中が政治家になる今の日本が寂しくなる。
    器が足りなさすぎる。

    政治家でありながら政治家だけでは惜しい素材だった男、正に戦後の武人にしたかった男、三木の武吉つあんのような、こんなすごい国会議員は出てこないのかねえ。

    今国会でいてるのは、うす汚れた腐った【武吉っつぁんまがい】は、今国会で、天下まで動かせると思い出してきて君臨し、何故か、天から日本列島に飛び込んできたのか、海から飛んできたのか知らんが、日本国家で姿を突然に現し、幽霊のように和歌山??から足をつけて出て来て、政治の世界で何故か今のこの時代の日本の国会議員として生きてるが。
    居てるが。
    これも世界には絶対にない日本独自の日本だけの七不思議。

    これも実は日本のゴク潰しだが。

トップへ戻る