2/16 維新の党・江田代表 衆議院・代表質問「地域主権改革、その象徴的なプロジェクトが大阪都構想」

「熱弁」、その言葉がぴったりの代表質問でした。
維新議員の盛り上がり、それに応じて自民議員のヤジも最高潮(-_-;)

維新の党が目指すもう一つの「新陳代謝(イノベーション)」には、「地域主権改革」、市区町村に徹底的に権限、財源を移譲する「道州制」の導入があります。これこそが「中央集権体制」を打破する、「戦後以来」の、いや、「明治維新以来の大改革」です。そして、その象徴的なプロジェクトが「大阪都構想」なのです。

是非、ご覧下さい。

(質問内容)
アベノミクスの評価、規制改革、農業・農協改革、電力自由化と原発、働き方の多様性と雇用の流動性、大阪都構想と地域主権改革・被災地再生、身を切る改革の断行、外交・安全保障

詳細については、こちらでご確認下さい。
衆議院本会議 代表質問(2/16)(江田けんじHP)

それに対する、安倍首相の答弁
http://youtu.be/vdk8sy6m7Dg

関連
1/27(維新の党)柿沢政調会長の代表質問に、安倍首相は「大阪都構想は重要である」と答弁
1/31橋下市長ツイッター「政治は実行。批判だけでは何も変わらない。維新の改革を全国に広めたい」

トップへ戻る