松井知事ロングインタビュー「”人口減少時代”に、大阪はどう対応するのか?」

2065年の人口推計 8800万人まで減少 | NHKニュース
国立社会保障・人口問題研究所が発表した最新の推計です。
急に少子化問題が解決される事はあり得ませんから、ほぼ推計通りに人口は減っていくことになります。


そのような時代に、大都市はどう対処いくのか?
また、国への提言は?

松井知事がインタビューに答えました。(2017年3月27日取材)

(内容)
企業を呼び込み、都市としての力を弱らせない
社会保障を支え、日本が成長するため、大阪が成長エンジンのもうひとつの極に
将来の人材育成が重要「高校は私学も実質無償」実施
減少を補うテクノロジーが生まれてほしい
高齢者の都心回帰がはじまった
東京よりも“伸びしろ”がある
新しい鉄道路線事業が始動……神戸・京都もすべて一つの路線でつながるようになる
人口減少になっても都市の可能性を広げる前向きな投資は重要
広域のイメージは関西広域連合の「関西圏」
制度つくり替えは非常に難しい「結局は政治家の覚悟」
次の世代にツケを回さないよう疲弊した制度を考えるべき
50年後は日本の副首都・世界から認められる大都市
国には道州制のために、憲法改正の発議を

もずやんの誕生秘話?も・・・


(※動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…)


ショッキングなデータ・・・
年少人口は1975年の212万人から、2020年には半分以下の101万人に、
そして、2040年には1/3の72万人に・・・


(出典:松井一郎・大阪府知事に聞く(全文1)人口減・企業を呼ぶ新産業の柱“観光” | THE PAGE(ザ・ページ))

文字起こし
松井一郎・大阪府知事に聞く(全文1)人口減・企業を呼ぶ新産業の柱“観光” | THE PAGE(ザ・ページ)
松井一郎・大阪府知事に聞く(全文2)大阪は伸びしろ大「投資魅力」がある | THE PAGE(ザ・ページ)
松井一郎・大阪府知事に聞く(全文3完)50年後、大阪は副首都ポジションに | THE PAGE(ザ・ページ)

ここきて松井知事
メディア露出が、急に増えました。

特にTHE PAGE
このインタビュー、定例会見の生中継

そして
松井知事講演「大阪の”魅力・万博・未来”について」と記者会見(外国人特派員協会) 2017.4.14
も生中継。

やっぱり、万博効果ですかね?

こちらも万博繋がり!?


P.S.
投稿頂いたコメントが、承認前にサーバーから消えてしまうトラブルありました。

原因は調査中ですが、コメント投稿後に「承認待ち」かどうか分かるようにする為、名前とメールアドレスの記入を必須に変更しました。(システム上、そうしないと「承認待ち」が表示されない)

「承認待ち」を表示させる為なので、”匿名”や”ダミーアドレス”でも構いません。

お手数をお掛けすることになりますが、ご協力お願いいたしますm(__)m

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
※維新の全国会議員は、歳費の20%(計486万円)を毎月被災地に寄付しています

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. M&M より:

    ただ一言言っときますと、この大阪の将来人口予測は「国立人口問題研究所」のデータを
    参考にしているのかどうか分かりませんが、この「国立人口問題研究所」の能力は評価できないものです。
    今まで大阪府・市の将来人口を外しまくっています。
    例えばここの予測だと、市人口は既に240万人台の筈です。
    擁護する点とすれば、将来の国の総人口を予測するのは難しくないが、
    地域や自治体の将来人口は、個々の地域経済や地方政治も関数として増えるので、
    随分と難易度が違うのだろうという所でしょうか。

トップへ戻る