松井知事・百田尚樹「全国初の天下り改革、行政改革、議員改革そして都構想 とことん語る」(虎ノ門ニュース)2017.2.7

ついにこの日が来ました!

あそこは、ここがは、言いません!
すべてが見どころです。

松井知事も百田さんも、話が止まりません(^_^;)

是非、ご覧下さい!
(追記:ロシアの動画共有サイトで見つけました。一応調べましたが、動画視聴だけなら問題無さそうなので貼りました。ご視聴はご自身のご判断でお願いします)

(※動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…)


2時間じゃ足りません
時間があれば、また是非出て下さい!

松井知事が二階幹事長と会談 – NHK 関西 NEWS WEB

自民・二階俊博幹事長、維新・松井一郎代表と夜会合 (1/2ページ) – 産経ニュース

番組内に話が出た動画を貼っておきます。


(※動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…)


(THE FACT ノーカット版)



日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
※維新の全国会議員は、歳費の20%(計486万円)を毎月被災地に寄付しています

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    松井知事の安定感と百田さんの興奮ぶりが際立つ、大阪愛に満ちた2時間でしたね。締めは新喜劇並みのオチもきっちり入ってましたし(笑)今の大阪は恵まれているな~と改めて感じました。本当に橋下さんには感謝です。
    それにしてもDHCは、衝撃的な沖縄の動画をよく流しましたね(管理人さんリンクのUP、ありがとうございます)。事実を伝える番組が広く認知され、後に続く勇気あるメディアが出てくるようになれば、日本も変わるでしょうね。

  2. 匿名 より:

    見ましたが、松井氏が喋ろうとしてるのを百田氏が遮って言っちゃうのが気になりました(汗)
    そこは松井氏自らに言って欲しかったですよ・・・

  3. 匿名 より:

    百田さん、橋下さんと7時間も話をしたようなツイートを前に読んだ記憶あり、
    松井さんとも長いこと話をしていたようだし、
    そんなに暇な三人でもないはず、となると取材??
    ひょっとしてだけど、橋下さんか、維新の本を書こうとしてる?

  4. 京都の住人 より:

    百田はあくまでもコバンザメ気質の小心者。アイデアマンであることは確かですが、バックボーンを常に持っておきたいのに、自らの失態で知人友人であろう者までもが周りから遠のいて行ってしうことの繰り返し。観察力(自己保身に役に立つ者を選別)は人より長けているが、勝てないと判ると陰で拗ねて妬んでまるでそこいらのガキ大将と一緒(笑)松井さんもええ加減にしとかんとエライ目に遭いますよ(笑)

  5. ゼータ より:

    何で誰それを批判する人っていつも、その人の人格に関して
    誹謗中傷みたいな感じでやるんですかね。上の人もそう。
    橋下さんがいつもそれをやられて我々は嫌な思いをしてるんですから
    自分達はそういう人格攻撃みたいなのはやらないで、中身だけで
    批判すればいいのに。

    ところでアンチ橋下やアンチ維新の評論家や芸能人などのマスコミ関係者で
    きっちり中身で橋下さんを批判してくれてる人って誰かいますかね?
    理想論ではなく、ちゃんと現実問題として語ってくれてる人。
    そういう人は私はアンチさんでも有り難いと思いますが。

  6. 京都の住人 より:

    ゼータさんにお叱りを受けました。めったに人の悪口は言わないんですが(笑)   まぁ、こやつのひととなりをしれば、松井さんにご注意申し上げたくなりますよ(笑)でもいらぬ心配かもしれませんね。それだけの眼力はお持ちでしょうから。維新にすり寄って、いままでのマイナスイメージを立て直そうしているのが透けてみえます。

  7. ゼータ より:

    お気持ちは分かりますよ。私も色んな人見て来てますから。
    ですが、そこを我慢です。我慢して中身で批判、反論です。
    お互い頑張りましょう~。

  8. 京都の住人 より:

    吉村市長にお任せします(笑)当事者で守秘義務の関係もあるでしょうが。それをいいことに、ご両人に影のように寄り添いだしたのが見ていて、いても立ってもいられないのです。

トップへ戻る