カジノを叩き続けた朝日、IR法案が通ったら「正論」を載せる。相変わらずの偽善者ぶり

よろしければ拡げて頂けると嬉しいです

安倍・プーチン会談一色で、誰も見てくれないかもしれませんが…(^_^;)

IR法案が通った朝の朝日新聞
カジノについて3人の意見を紹介しています

1人目:ここでもよく取り上げている「ギャンブル依存症問題を考える会」代表、田中紀子氏のご主人だそうです。田中恵次氏

2人目:(大阪商業大学学長)谷岡一郎氏 氏の書かれた

ギャンブルの確率と期待値を分かりやすく解説しています。これを読んでおけばのめり込みはかなり防げるのでは?と個人的には思っています…

3人目:IR法案参考人質疑で共産党が推薦した鳥畑与一氏(静岡大学人文社会科学部教授)
浅田均議員に突っ込まれた方です。
[日本維新]浅田均「民進・共産推薦参考人のデマレポートを糾す」【参議院・内閣委員会・IR法案・参考人質疑】2016.12.12

どれとどれが載せなかった正論か?お分かりですよね?(^_^;)

これを隠して、カジノだけ叩き続けたんですから…いやはや…

(耕論)カジノがある国 田中恵次さん、谷岡一郎さん、鳥畑与一さん:朝日新聞デジタル

(引用)
 ギャンブルはしょせん他人のお金の収奪だ。そんな議論の渦の中、国会でカジノを含むリゾートづくりの推進法が駆け足で議論された。カジノが合法な国。何かいいこと、あるのか。

 ■賭け事に寛容すぎる日本 田中恵次さん(ギャンブル依存症者自助グループメンバー)

 物心ついた時から、賭け事が身近にありました。実家では正月に親族が集まると花札が始まりました。高校時代は場外馬券売り場に通い、大学ではパチンコ、パチスロ、競艇にのめり込みました。

 カジノにはまったのは20年余り前です。東京の繁華街には当たり前にありました。金を賭けるのは違法なはずなのに、札束をバンバン出しています。内装がキラキラしていてバニーガールもいる。ビールはもちろん、すしの出前や焼き肉弁当もただ。そんなゴージャスな雰囲気に舞い上がってしまいました。

 うまくできていると思うのは、ほかの人がいくら賭けているかが分かることです。バカラでもブラックジャックでも1ゲーム2千円から楽しめますが、同じテーブルのあの人は50万円も賭けて、しかも当たった、というのを目の当たりにします。チップがドンと積まれ、動いていくのを見ると感覚がマヒしてきます。

 客として通うだけでなくディーラーもやりました。大事なのは客をいかに乗せるか、張らせるか。勝負自体は勝っても負けてもいい。店全体では利益が上がるようになっているのです。ある時、一晩で3万円を1500万円に増やした客がいました。そうなるとほかの客も盛り上がり、売り上げも増えます。その客は以後、バンバン高額を張るようになりました。あっという間に借金だらけになり、仕事もやめてしまいました。

 私は自分の店番が終わるとよそのカジノで賭けるという生活を3年続け、心身ともボロボロになって足を洗いました。が、今度は競艇にはまりました。借金で首が回らなくなり、家族に泣きつくということを繰り返しました。10年余り前、医師に「病的賭博」と診断され、わらにもすがるような思いで自助グループにつながりました。

 新法に基づくカジノは、楽しくきらびやかに演出されるでしょう。既存のギャンブルに縁のない人も気安く体験でき、はまりこむ人も出てくるはずです。日常に戻ったとき身の回りのギャンブルに手を出す人もいるでしょう。

 そもそも日本は賭け事に寛容すぎると感じます。公営ギャンブル、パチンコがあり、宝くじやサッカーくじも簡単に買えます。酒やたばこは未成年が買えないなど社会全体で管理していますが、ギャンブルに関してはザルのようです。カジノを解禁する際には現実を直視し、ギャンブルの管理と依存症対策をしっかりと進めてほしい。

 万が一ギャンブル依存症に陥っても、適切な回復プログラムにつながれば、やり直せることを知ってもらいたいです。私自身、自殺を考えたほど苦しかったですが、今は豊かな人生を送れています。笑顔あふれる生活があります。(聞き手・吉沢龍彦)

     *

 たなかけいじ 70年生まれ。会社勤めを経て6年前にアプリ開発会社を設立、社長を務める。妻と子ども2人の4人家族。

 ■余暇の過ごし方幅広げる 谷岡一郎さん(大阪商業大学学長・教授)

 国際会議も旅行もショッピングもできて、家族連れでも1人でも楽しめる「統合型リゾート(IR)」の実現を、長年訴えてきました。今回の議員立法にも、学内の私の同僚が関わっています。

 「カジノ法案」と呼ばれましたが、IRとカジノ単体を一緒にされては困るのです。代表的なIRであるラスベガスは、ホテルやレストラン、ショーといったカジノ以外の収益を徐々に増やし、いまや65%を占めます。

 海外では会議、企業研修旅行、文化イベントなどを誘致することが経済成長策に直結していますが、日本では少しも意識されていない。東京・有明の国際会議施設は、床面積で世界72位です。20年前はベスト10だったというのに。

 アジアなどに持って行かれているものを取り返す、その観光戦略にIRをすえる。それが法案の発想です。

 IRには、未知の体験ができて、また来たいと思わせる力があります。そのエンジン役がカジノです。勝っても負けても、またカジノでストレスを解消したいと思う人は、たくさん出てくるはずです。

 価値観が多様な現代で、モラルで何かを禁ずるのは正しいとは言えません。余暇もオプションが多い方がいい。自分の自由になるお金で、テーマパークに行く人もいれば、カジノで使う人もいる。それが世界の遊び方です。

 これからIRをつくっても国際競争に乗り遅れているという人がいますが、むしろこれまでの施設のいいとこ取りができると私は思います。もともと文化的コンテンツが豊富な国ですから、カジノ以外の施設も充実できます。

 海外客は1割以下で、国内客を中心に設計すべきでしょう。とりわけ10万円から100万円を自由に使える層がターゲット。昼も夜も充実した時間にできるIRがあれば、たとえば20年に1回だった大阪での医師たちの会議が10年に1回になる。お金と人の回転がすごく速くなります。

 ギャンブル依存症は深刻な問題です。個人の責任にはできません。米国の州では1996年以来、カジノの収益の1%以上を依存症対策に使うという文言が法律に盛り込まれるようになりました。日本の実施法にも、同様のルールを設けるべきです。

 国内にはギャンブル依存症の疑いのある人が536万人もいると言われますが、なんら体系的な対策がとられていないのが現状です。パチンコ、競馬など既存のギャンブルは放置されてきました。

 海外のカジノには、本人や家族の申告で入店できなくするような仕組みがあります。日本のパチンコにも採り入れたらどうでしょう。ギャンブルがもたらす陰の部分を見て見ぬふりをするのではなく、総合的な対策を考えるときです。(聞き手・村上研志)

    *

 たにおかいちろう 56年生まれ。専門はギャンブル社会学、犯罪学、社会調査論。著書に「ギャンブルフィーヴァー」など。

 ■経済潤さず社会に悪影響 鳥畑与一さん(静岡大学教授)

 カジノが経済を潤すとの発想は幻想です。むしろ、地域経済を壊し、ギャンブル依存症や犯罪とのつながりなどの副作用が大きい。パチンコ、競馬などが広がる日本は既にギャンブル大国です。目先の利益をあてにしたカジノ解禁には反対です。

 そもそも、ギャンブルは付加価値を生み出さない、非生産的な営みです。カジノのもうけは、お客の損。ポケットからポケットへのカネの移動でしかありません。

 カジノで日本経済を潤すというなら、外国人客を誘致する必要がある。観光がてら小遣い銭で遊ぶような客では想定される経済効果は望めず、巨額を使う中国の富裕層がターゲットになるでしょう。

 日本全国12カ所のカジノ開業で年間400億ドル(約4兆6千億円)の収益を生むとする金融機関の予測もありますが、そううまくいくでしょうか。中国経済のかげりで、既存のカジノ収入はとうに頭打ちです。マカオ、シンガポールにはカジノを含む統合型リゾート(IR)があり、韓国でも数カ所で計画中です。東京五輪の頃にはアジアのカジノ市場は飽和状態でしょう。

 海外の富裕層を呼ぶには、マカオのように、ジャンケットという仲介業者の存在を認めなければなりません。空港とカジノの送迎をはじめ、客の身の回りの世話をするだけでなく資金も貸してくれます。当然、帰国後には取り立てが待っています。カネの流れの追跡が難しく、犯罪などによる不法収益のマネーロンダリング(資金洗浄)に使われかねません。違法な行為に手を貸さないと勝ち残れないのがカジノの現実です。

 安倍首相は国会の党首討論でシンガポールのIRについて「カジノの床面積は全体の3%のみ。ホテル、劇場、ショッピングモール、水族館などがあって家族で楽しめる」と主張しました。まさにそこが問題なのです。IRには派手に飾り立てたカジノの玄関があり、お父さんだけでなくお母さんも若者も好奇心から吸い込まれる。会員制カジノより、たちが悪いのです。

 地域の活性化につながるとも思えません。カジノの客は優待割引でIRのホテルや飲食店を使える一方、住民が周辺の店からIRに流れます。

 厚生労働省研究班の調査(13年)では、ギャンブル依存症の疑いのある人は536万人、成人全体の4・8%で世界的にも高い。回数、賭け金、継続時間が多いほど依存症になるという研究があります。競馬や競輪であれば開催日に限りがありますが、カジノは24時間、365日営業で賭け金も際限ありません。

 実施法により依存症対策の専門機関を設置し、受け入れに際しては、地元議会だけでなく住民投票で決めるよう規定すべきです。(聞き手・桜井泉)

     *

 とりはたよいち 58年生まれ。専門は国際金融論。多重債務問題を研究、海外のカジノを視察してきた。著書に「カジノ幻想」。

鳥畑与一氏
さすがですね。現状の依存症対策には全く触れていません。

批判はしているけど、今の体制には手を付けない。
理想的な御用学者…ですね…(-“-;)

維新 馬場幹事長「カジノへの懸念解消に協力」 | NHKニュース
「国内にはギャンブル依存症に苦しむ人たちがおり、カジノが、現実のものになる前から、対策を急いで進めるべきだ。国会審議で指摘されたカジノに対する数々の懸念が解消できるよう、今後、与党側と協議し、完璧に近い形に法律を作れるよう協力していきたい」

「日本維新の会」「大阪維新の会」
教育無償化 既得権益と闘う成長戦略 少子高齢化に対応し、持続発展できる政治と経済をつくる

★ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m★
にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村

コメント

  1. 京都の住人 より:

    競輪、競馬、オートレース、競艇、パチンコそしてカジノ。目の敵のように言っていますが、株式相場や先物相場は表向き純然たる経済活動のように唱っていますが、損得各々の立場の者が存在する?これも誤魔化しのギャンブルじゃないんですかね(笑)依存症を含めた懸念されている課題を解消歯止めするには、自己責任という漢字の持つ意味の重大さを、子供の時から指導教育していくことに尽きます。具体的な指導教育がベストですが、今の親からすれば、「いらんことをわざわざ教えてくれなくていい!」なんてことになるんでしょうね。色恋、ギャンブルの怖さを教えるような臨時特認教師にでもなりましょうかね(笑)ここの常連さんにも推薦したい方がおられますよ(笑)

  2. ゼータ より:

    今朝の読売新聞も社説で妙な発言してましたね。
    カジノが日本で解禁になれば、自殺者や家族離散が増えるそうです。だから反対だと。
    そういう問題は、現在のパチンコ、競馬、競艇などでも普通に起こっている事なんですが。
    その視点でカジノを叩くのなら、パチンコ、競馬、競艇も廃止しようというキャンペーンを
    読売の紙面で展開しないと矛盾しますよね。

    「経済のためなら、国民が不幸になっても良いのか」
    これ、見事に読売の嫌いなポピュリズム発言ですけどね~。ホント矛盾してます。

  3. 仲井 より:

    日本の現状の新聞社テレビ局ほど、偽善者で薄気味の悪い偽装組織の偽善者はいない。
    日本の国民向けには、まるで表で善人の顔をして裏ではその成り立ちからして怪しすぎる組織体。

    一体どこからやってきて何処からの者がやってるのかもそこも定かに判らん組織体になって居る。

    今の日本に有る日本の組織団体だとされている競技団体に於いて、
    あらゆる競技団体及び選手、学校を始め民間の競技施設を含めその周辺に関わる全ての関係者すべてにおいて、身元の確実な、偽装の無い日本人って、いったいどのくらいいてるのかを想像すると、それはもう怖いほどだ。

    読売グループに、あの終戦から10年程しか経過していない日本のあの時代に、北朝鮮民族の力道山をはじめとする彼らプロレス興行が現れ、また、今も相も変わらず人気があるとされる野球で、読売が先陣を切って過去何故多くの実力のある有名選手をあの当時獲得できているのか。
    今思い出してみても、日本の日本シリーズで、大きく活躍し日本の選手としてその名をとどろかせた選手で、本当の日本民族は、はたしていてたでしょうか。

    或る競技の選手で、日本中のその競技のファンだけではなくて、あらゆる人たちから圧倒的国民的人気を誇り、物凄い熱狂的支持をされた大スターが、日本で、多くの大物政治家、多くの日本の上から数えてもだれもが知っているというような大手企業の当時のトップクラスをはじめ、当時の経団連の業界幹部連中、芸能界も含めて、壮大な結婚式を、或る時挙げた。
    お相手は日本の戦後で起こした最大のイベントと言われるほどの大催しの、其れに関係していた女性と結ばれ式を挙げた。
    式場には無論だが花嫁のご家族親族、ご友人らが席に陣取って居て、また、式に招かれたそれら大手企業らお歴々がおそろいで招待されその席についていた。
    だがその会場に新郎のご家族親族同級生らは一切出席していなかった。
    両親も含めて新郎の身内に近い身近な人物は、ただの一人も、一切出席していなかった。まあ普通で言えばこんな内容は前代未聞。

    つまり日本中が大騒ぎするほどのこれだけの絢爛豪華な結婚式で、新婦の親族を含む身近な関係者は式にほぼ大勢出席していたが、新郎の身元に関する関係者は、小、中学校などの同級生や教師らも含め、とにかくこの彼の、幼いころの学校関係者及び両親らを含む親族がこの式典にはだれ一人出席をしていなかった。

    この結婚式以降も、このことは一切封印され一切表で出されて報道されることはなかった。この事実はマスコミメディアで、おそらく、いや強制的にかん口令で一切表での報道が出されていない。
    ではなぜ出席していなかったのか、何も新郎の親族らがこの結婚式に反対で家族でもめていて親族と断交していて出席をしてなかったわけではない。
    理由は簡単。
    彼には小学中学時の日本国内でのこの時期頃の幼いころの日本での日本国家での接触の記録が出せない、其れか、行政的戸籍等の実績自体が、彼には日本国家内には無いのかも。

    彼の記録として出てくるものは、突然に或る高校に通っていたことになっており、その摩訶不思議な瞬間の記録だけは今も出てくる。
    だがその高校の同級生もその高校の教師らも、小学、中学等も、過去ここに至るまで、この新郎である生徒のことを知っていて彼の高校生時代のことを説明できるものは、今まで皆無で、だれ一人彼のことを口にできる人物は一切いない。

    多分高校のその一瞬まで、実は日本には居なかったのだろう。

    この人物だけではない、突然に日本国内に存在した者が。
    一瞬で日本の国内に日本人としてその者が現れた、まるでSFの世界。
    誰がどうやって瞬間状況で日本で存在させたのか知らんが。

    これには後談があって、後に或る時実はその彼の母親のことを一言だけボソッと彼自身が口にしてしまった。何かのイベントに来ていた彼にマイクを向けた大勢の記者らを前にして、封印してきたことを、思わず母親のことを一言喋ってしまった。
    それを聞いた新人の記者が
    【えっ??〇〇さんって、お母さん居てたんですか?】って、
    この記者が何も知らずに率直に何も思わず思わず言って聞いてしまった。
    生中継の放送だったので、テレビにそのまま流れてしまった。

    慌てたのはその現場でいてた他の大勢の記者らで、彼らはすぐにこの発言を消すように、これは大変だと思ったのだろう、一瞬でぞろぞろとその場を離れていきだした。

    聞いた女性記者は何が起きてるのかわからずその場からそのままで移動していった。

    ほかにも多くの北朝鮮人を過去からここまでグループ内に囲ってきたこの読売新聞というグループの不気味さ。
    表で見せているこの読売の顔と、本当の実態の読売の顔は、いったいどれだけ不気味なのかと。戦後日本国家としてはだれ一人日本国籍を与えていない北朝鮮人に対してどうやって日本国籍が与えられたのか、私にはわからない。

    読売テレビの開局時の総合統括プロヂュ―サーを含む当時のテレビ局開局に関わった中心人物らは、名簿にはそこには朝鮮民族が大勢存在する。

    日本のテレビ局を開局するのに、開局手続きのその中心に、しかも幹部らも何故朝鮮民族がそこに大勢存在していたのかが、私は今の日本のこのマスコミメディアの実態の全てを語っていると思っている。
    実態を見る思いだ。

    毎日新聞社に記者時代があり所属もしたあの三宅久之と仲が良かったとされる読売関係者。
    毎日新聞と言えば、日本人であればまあ朝鮮との関係は誰でも想像で大体判るが、日本のマスコミメディア、そしてその彼らが囲う、支援する、関係する、スポンサーになる、これら組織体が、読売も含めてだが、実は日本民族が果たして存在しているのか非常にいぶかしい状態。

  4. 仲井 より:

    かなり前になるが(なんか昔ばなしばかりしている気がしますがすみません)、
    或る化学会社の専務さんと知り合いになりその人に面白い話をしていただいたことがある。
    その方は競馬にちょっと興味があって、それも或る競走馬に、或る一頭の牝馬が好きになって、その馬は馬主さんとのこともあって実は私が競走馬としての登録の名前を名付けたいきさつがあって、そこで知り合うことになった。

    そのことでちょっとそれで知り合ったが、そこで興味深いことを聞いた。
    その人の親族で、実は日本中央競馬会に農林省から天下った者がいてるんだと聞かされた。
    まだ霞ヶ関でのその親族が所属していた当時は名称がまだ農林省といわれていた時代。
    そこで長年勤務した後、日本中央競馬会に例のあのお決まりの天下りをしたという。
    その専務さんは自分の親族が天下ったそのことで我慢が出来ずにそのことを知ったその直後、直ぐに呼び出して親族ではあったが目の前で怒鳴りつけて怒って、
    【すぐに断って天下った先に断りを入れろ!恥ずかしくないのか!】と、
    怒ったと言っていた。
    約30年近く前のことだが。
    こんな御仁も日本人には存在する。
    私に言わせれば、まさにこれが日本民族の内容だ。

    朝鮮族にはこのことは全く理解が出来ないだろうが。
    【何を言ってるんだ!こんなうまい話をなんで断らにゃあならんのだ!】って、
    朝鮮民族なら即答でこう答えてそう思うだろう。

    そこが日本民族と朝鮮民族の全く違うところだ。
    身分制度の無かった農耕民族の日本と、奴隷が存在した身分制度の有った朝鮮とは、民族の人間の素質、素性自体が、ここが、人間そのものの出来が全く違うのだ。
    ここがまさに違うのだ。

    日本人であれば、この自分が天下って受け取るこのお金はいったいどこから出てきているものかを、まずは考える。そしてこれは受け取っても構わないものか、何か不合理が起きていないか、自分が受け取れるものなのか、このことで誰かを犠牲になどはしていないのかを、これをまずは考える。
    ここまでさかのぼれるのが日本の民族だ。

    この専務さんが自分の親族の男に怒った理由は、天下ったその競馬会という組織から出てくる待遇の条件が、一般では考えられないレベルの桁が外れていたことに、この専務さんは許せなかったと言い、怒鳴りつけたという。
    【すぐに断れ!】って。

    この時の農林省官僚で天下ったこの者へ出された条件は、

    年収は2000万円以上3000万円以内補償、
    期間は一応3年間を予定、
    3年後の退職時には、退職金が3000万出る。
    これだったそうだ。

    これが霞が関の課長クラスであればごく普通レベルの天下り待遇の条件内容らしくて、これは天下り官僚にすればまだ低い方らしい。当時の状況でのことだが。

    何らかの行われる必要儀式らしきもの、及び重要会議等には本人の参加が、参加出席が義務づけられるが、まあ通常は本人の意思によってだけ決まり、出る出ないは本人次第であり、年がら年中日々ほとんどが自由時間で奥さんや家族で家庭的にも平日であっても常に遊んでいても何の問題もなく、その者が直に直接やるべき必要な仕事というものは、これと言っては、ほぼ無し。
    仕事自体は無しというのが天下る折のこの基本の条件になって居るのだ。
    高額の給与条件が出ることと、仕事は無いことが条件に初めからなって居るのだ。

    出勤は、してもしなくても何ら問題なし。
    自分で、仕事として今日は出ようかと思って出ようと思ったら出るだけ。

    ご存じのとおり競馬会のシステムは、賭けられて集まったお金の内の25%は、客に配当を出すその前に、先に天引きをされている。
    つまり胴元になる日本中央競馬会が配当金を配る前に売り上げ合計金額のそこから先に天引きをする。客への配当よりも先に、お客が賭けた集まったそのお金から先に胴元が先に25%も天引きをする。残りの75%から、その中から配当金を割り出し賭けた客に配当金が支払われる。
    こんなことは書かなくても皆ご存じだが。

    問題はこの25%を先取りしたその額の中から、こういう天下ってきた連中にこの貴重な掛けられたお金が先にこいつらが先に受け取れる仕組みになって居ることだ。
    こんな体制が今もここまで来ていてこういう事には新聞テレビは何も言わない。

    カジノの場合には、賭けた金をまず初めに25%抜かれてから、その残りから賭けさせられるということは、これは無い!

    まあそら当たれる確率というものは確かにあるだろうが、また入場料らしきものもいくばくかは払うだろうが、でも日本中央競馬会のように、賭けたお金の25%を文句も言えない先取りで奪ってしまう、配当はその残りで計算するなどというこういうこのことは今回のIRでやろうとするギャンブルとは、少しその仕組みは違う。

    IRでのギャンブルは掛けたお金はほぼすべてがその当たりの見返りの配当率に反映され計算されるし、賭けた金が先に25%もの額が無条件で抜き取られるということはない。
    賭ければその金はほぼすべての額がその配当金に対応して反映され計算される。

    また、パチンコについても、マスコミメディアが何故ここまでこれといって何もしてこなくて今回のギャンブルだギャンブルだと文句を言ってるのかを見てると、パチンコであればここまでその内容で莫大な金額がメディアを含むいわゆる芸能関連の関係者に莫大な収益をもたらしてくれるからだ。それも同じ祖国の同じ境遇で育った同じ考え方の同じかねへの強欲等言う意味でも全く意思も気持ちも思惑も皆合致した朝鮮族同士で物事が進められるし、奴らにすれば気心も卑劣で強欲なのも、欲もよくわかる相手同士だし、そら解るはずだ新聞テレビだって皆同じ祖国の出なんだから、そういう間柄同士で物事を進めてきて旨みを味わってきたもの同士、今度新規でこの日本に見ず知らずの者が、外国資本が入っての事業ということで、奴らはそこから利権を奪い難いかと心配しているのだろう。

    今までの日本のように、北斗の剣だとかエヴァンゲリオンだとか、これらでパチンコでゲームをしてくれていれば、テレビ局も、新聞も、音楽業界、他関係している朝鮮族が全てでみんなで周り中で食って食って潤う仕組み。

トップへ戻る