(五輪)「足りないから1兆円負担してくれ」では納税者は納得しない。組織委の責任をはっきりさせ人事を刷新すべき!(上山信一氏怒りのツイート)

よろしければシェア頂けると嬉しいです

五輪組織委 1兆円近くの負担 都や政府などに求める案 | NHKニュース

競技会場変更を含む建設費見直しに、協力的に見えなかった(個人的感想です)組織委が、こんな話言い出すんだから…呆れるばかりです。

この展開に
オリパラ調査チームリーダー上山信一氏が怒りの連続ツイートをしました!

(引用)
財源を持たないところが、1兆円近くの負担を他の財布をあてにして、計画できる仕組みは本当に凄い。上限なしで都につけがまわせる?今の政治の縮図のようにも感じる。

IOCも悪いのだが招致時には見積り範囲を狭め小さい金額を示す。当選したら続々と開催経費を追加。都庁にばれて3兆と警告されたら2兆という。それでもダメといわれたら急に1兆8000億。そして9900億は税金で払えと。やったもの勝ち?まず誰かが責任をとらないと税金は出せないでしょう

1.6から1.8兆という予算見込みは削減できるだけ削減した結果という建前だが、これだけ数字が変わるなかで都庁も組織委員会も査定能力が疑われている。これまでの責任を明確化し予算上限を守れないのではないかという疑いが払拭されない限り、税金は出せないだろう。

選挙で選ばれたわけでもなく、なんとなく決まった人たちが「お金足りないから都や国に1兆円も負担してくれ」というのでは納税者は納得しない。まずは組織委員会の責任をはっきりさせ、人事を刷新すべきだろう。都議会の出番だろう。勇気出して組織委員会の理事を順番に参考人招致すべきでは。

1兆円もの税金を投入するまえに組織委員会の経営陣の責任を明らかにすべきであろう。それと同時にそのような組織委員会の人事が決まった経緯を情報公開すべきだろう。都議会はまさにそういう作業をやるべき責任があるのではないか

オリンピックはやるって言った手前、やらざるを得ないけど、できるだけ費用は減らしたい。だったら納税者の負担を考え、できるだけ安くあげる方法を考え抜くべき。だから都政改革本部は3ヶ月で400億円の削減余地を示した。IOCも支持をした。ところが都議会は必死で揚げ足取る?わけわからない。

問題の源泉は、立候補ファイルにある(組織委員会予算の保証)
→組織委員会が資金不足に陥った場合、東京都が補填する
東京都は組織委員会予算約3,010億円に対し非常に大規模な財政規模(11.8兆円)を有しており、万一の組織委員会の資金不足に対して十分に補填することができる。

当初から「2兆円かかるけどやる?」と住民投票して招致すればよかった。ところが今回の五輪は後出しじゃんけん。野放図な歳出を繰り返し1000兆の債務を抱えた日本の政治・財政と同じ不手際。なのに旧態依然のオジサンたちが「税金で負担しろ」と言うから炎上する

都民1人当たり10万円。事実上「特別都民税」2.5万円をこれから4年間毎年徴収するのとおなじ。復興五輪だから被災地に払うのならいいのだが。

先に決めた支出に対して収入を増やすということ自体が間違いです。収入内で支出のやりくりするのが基本でしょう

大和と武蔵の2艦船も、当初予算を人為的に少なく見積もり、予算を通したあとに別枠から予算をかさ上げしたという話を聞いたことがある。情報戦のためとの言い訳もあったが、構図はかなり似ている。当時もガバナンスの効かない状態で古い発想が暴走して破綻が早まった。

今こそメディアの出番では。
五輪のプレゼンテーションから遡って予算計画から検証されるべき案件です。
それが皮肉にもNewsPicksのコメント欄がサイレントマジョリティー的検証になっている。本来はこうした動きを前出のメディア、つまりは新聞・テレビがやるべきことのように考えます。

>今こそメディアの出番では。
全くその通り!

普通なら、真っ先に朝日・毎日辺りが突っ込むところなんですが…

朝日なんて、五輪招致が決まっても、しばらくは「五輪反対」論陣を張っていた…

でも今はダンマリ…

言わずもがな…
信念よりも利益

残念ですが五輪の利益差配は組織委が握っている。
関わりたい所は、何も言えません…それどころか、かばう側でしょう…(-“-;)

出来るのは関わりの無いメディア MXとか

あとは、やっぱりネットしかない!

国民・都民は、みんな分かってますよ!
これまでの数々問題に、すべてあの人が関わっていると…

(五輪競技場見直し)上山信一氏「渾身のツイート」まとめ

五輪費用1.8兆円?これは誰が払うのか。 – 東京都議会議員 やながせ裕文 オフィシャルサイト

橋下氏「(都政)オリンピックのドタバタ劇は成功したが、豊洲は大失敗」12/8,9のツイート

「日本維新の会」「大阪維新の会」
教育無償化 既得権益と闘う成長戦略 少子高齢化に対応し、持続発展できる政治と経済をつくる

★ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m★
にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村

コメント

  1. ゼータ より:

    上山先生、大阪維新にケンカ売ってましたね。
    先生的には色々言いたい事は当然あるでしょうが、橋下さんが
    東京都知事だったら、もっと改革のスピードが速くなってますよ。

  2. アンパンマン より:

    上山氏の発言内容に異論は無いが、彼の立場でこの種の発言をされるのは越権行為に思う。
    上山氏は小池氏の単なるアドバイザであり、何の責任も権限も無い単なるコメンテータなのだから。
    「選挙で選ばれたわけでもなく、なんとなく決まった人たち」には上山氏自身が当てはまるだから。

    そんなことは上山氏本人が一番御存じだろうに、自身で発信せざるを得ない状況に追い込まれてるのだろう。
    本来は小池氏自身が発信すべきことなのだけど、彼女はすべからく曖昧にして政治的に立ち回る態度を続けている。
    さりとて、上山氏が自身の親分をdisることは天に唾することなので、八つ当たりで大阪維新批判になるのであろう。

    大阪維新が「都政の問題」が何かを解っていないのは多分その通りなのであろうが、では何が問題かは上山氏自身は言わない。
    勿論、上山氏が「都政の問題」を語ることは越権行為で、それを具体的に都民に向けて語るべきは小池氏なのである。
    「都政の問題」を具体的に語ること、即ち「東京大改革」の具体的内容を語ると、既得権を失う都民は反発して支持率を落とす
    小池氏は「東京大改革」の内容を曖昧に徹して都議会議員選挙を乗り切るつもりだろうが、そうやって有象無象の新派議員を増やしたところで改革は上手く行かないのは、維新の会の過去の迷走を見れば明らかなのだけど

  3. 匿名 より:

    上山信一氏
    橋下府知事の特別顧問時代に
    大阪維新の会に力を貸してくれたのでしょうが
    僕は心のどこかで上山氏のことが信用できずにいました。

    何故かと言うと
    彼は昔から力強くそして声高に大阪維新の推し進める大阪都構想等の改革の必要性を訴えて凄く良いことを言っていたにもかかわらず、彼のインタビュー記事やコラムの言葉の端々に何処かしら他人事(ある種、大阪に対してステレオタイプな見方をしている)のような印象を受けたからです。

    今回の小池知事と大阪維新の関係でも、上山氏の立場上、「大阪維新は都政を勉強しろ」と東京の肩を持つのでしょうが、かつて大阪が財政破綻寸前の頃から橋下さんが改革するまでの間、マスコミやらコメンテーター、有識者からも橋下さんだけでなく大阪府民や大阪が各方面から袋叩きに遭った。頓珍漢な批判や、批判を越えた侮辱発言、偏見に満ち溢れてボロクソだった。そんな時、上山氏は今回東京の肩を持ったのと同じくらいの熱意で大阪の肩を持ってくれていたのでしょうか?大阪を必要以上に叩いてくるような連中にも「もっと大阪のことを勉強しろ」と言ってくれたのでしょうか?もしかしたら僕が知らないだけでしてくれてるのかもしれないけれど、なんかすっきりしない。

    結局、東京と大阪を天秤にかけると平等には扱わず、東京を取るんですねという印象です。マスコミも政治も有識者も皆同じ。大阪と比較すると、必ず東京の肩を持つ。だから僕は彼のことは信用できずにいました。まあ、単なる僕の被害妄想かもしれませんが。

  4. 仲井 より:

    今日の上山さん出演の、BSフジテレビ、「プライムニュース」、
    見ていて思った。
    昨日の池上彰のTBS【教えてもらう前と、、教えてもらった後では、、、】

    どちらも、まあろくなもんが出ていない。

    日本って、
    「物事をやるとき」、
    また、
    「やらねばならんと思い出したとき」、
    こういう折に、
    「これをどうやったら思う姿、形にそうなるのか」とか、
    「本当にこうやってやればそれに近いものができる」とか、

    これを、きちんと国民に解るように、やるその段取りと、その段階と、それをやるための全体像の仕組みそのものを作り上げるそのプロセスを解析でこうやったらそれが出来るだろうという解析、答え、色々な手法、色々なやり方、意見はその人その人にもそれはあるにしても、ただの一つぐらい【お前出せよ!】と、こういうことを理路整然と答えられる人物、人材が、まあ日本にはほんとに居ないし少ないことが、今日のBSフジのテレビのこの番組を見ていて、つくづくそう思った次第。

    それで言えば橋下さんとか松井さんとか、こういう人物、こういう人材がいかに日本には居ないかが最近本当に身にしみ出してきている。
    答えと解決で決断をしてこうやればできるというこの答すら出せない連中ばかりになって居る。
    グローバルだからいろんな考えがあるとか言って逃げるやつばかり。
    みんなの意見が全て全部賛成などありえない。

    そういう中で、
    上山さんという人は、
    私のような乱暴な者が言うのもおこがましいが、
    彼は、私が思うには、日本という国の中でも非常に珍しいほどの逸材で、その中でも一番私が上山さんを評価していることは、基本彼は絶対にどちらにもつかない、どちらの味方もしない、物事をしがらみ無く見ていける、物事の自分が考える道理性、これに基づくものを自分で納得できるまで中身の意味を自分の目で確かめて見つめる、そしてそこから納得いくものにするためのもの、答えを見つけようと、徹底した分析眼で、しかもそれには彼は今までテレビでよく出てきていたこの種の他の大勢の専門家とかいう連中らとは全く違っていて、ほかの多くの者らと違って、見ていると常にいくつかの選択肢を作りそれを俎上で浮かび上がらせ、見ている者に、それについての判断をそれぞれの者らが考える機会を作り、求め探す、この答えを必ず複数提示できる、色々な幅をもって手法を段取りできる。
    上山さんという個人でありながら、彼の頭の中ではそういう複数の目で物事を分析できる、解析の目を持っている。

    私に言わせれば、まあ言えば、日本国民からすれば、日本の今のテレビで見ていても教師ぶった口調でよく出ているあの国民を騙くらかして国民に錯覚と勘違いをさせ誤作動で誘導するような極悪なプロの池上彰のような、こういう下種の極みの教師ぶった連中らとは、上山さんは私の見方は、雲泥の差がある。

    上山さんは私にとっては、ここまで確実に最良の教師の姿をイメージできる典型的人物だ。彼は政治家ではない。だが日本の今の多くの政治家連中は、彼の、上山さんの教えを乞うべきだ。
    一口で改革改革と言ったってそう簡単にできるほど生易しい事ではない、昨年の大阪都構想の時の住民投票に至るまでの過程を、あれだけ橋下さん松井さんをはじめあれだけ多くのみんなが活動してさえも、それでも結果が実らなかったあの凄まじい戦いの経緯、これを見てみたら、この改革というこの二文字に有るその意味、そのことのむつかしさ、また、そのことの成し遂げることの偉大さが、それが骨に染みて想像が出来、よく解る。

    上山さんのそこには、見ている限りでは、そこら辺のこの間のあの脳タリンのただでっかいだけでどこの国から来たたのかわからんような幅だけきかしたうすらバカの飯島のようなああいうとにかく金の動かし方を変えることにとにかく潰し連中の、反対派連中ら、こいつらが自分らが都合が悪くなると常に言いだす例のいつもの「上山さんは、彼自身の自己を売り込むためのパフォーマンスだ」どうのこうの、橋下さんの時にもこういう言い回しできちんと理論づけてものが言えないのでいつもこういう言い方でレッテル張って、まあ頓珍漢をぶっ放していたが、上山さんに限っていえば私が感じている所では、彼は自分の損得など全く脳の端っこにもない、そもそも彼は多分性格でだろうと思うが、とにかく目指すものは、
    ただ【答え】だけ、
    【どうやったらいい内容になるのかのその答えだけを探している】、
    答えだけを見つけようと、ここにだけ彼の脳は一直線でやっているように見える。

    周りでガチャガチャ言っている上山さん潰しの連中らとは、そういう変えてもらっては困るという姑息な者らとは、心配しなくても彼からは一切そういうことは微塵も感じさせない。
    もう本気のただ学者肌の、政治的手法は一切抜きでの、とにかくどうやったらいい状態が作れるのかのその答えだけを見つけようと、その答えを見つけることの、この見つけた時のその喜びが、それが多分彼にすれば、彼の一番のやりがいになって居るように見える。

    日本には、
    こうやって欲しい、こういう状況にしてほしい、
    これは誰でも言うし、誰でも馬鹿でもいつもそれは思っている。
    だが一番肝心なのは、解決の手段、こうやればできる、と。

    これを言える人物人材が、日本の今本当に少ないことがよくわかる。
    こういうようにしたい、
    こういうようにしないといけない、
    こんなオリンピックに、
    何でできないのか、

    こんなことばかりを今日のプライムニュースでやっていた。

    出演していたその道の専門家と称する連中に囲まれて、まあこいつらいい加減にしろ!って思ったことだろうがだがそこは学者さんの上山さんだ、冷静に答えていたが。
    上山さんが淡々と子供に諭すように答えていたのが非常に印象的だった。
    玉木も、反町も、あの元レスラー経験者も、
    この連中に囲まれて上山さんはおそらく言ってることは誰でも判ってるさ、ではそうするために君らは一体どうしたらいいと思ってるんだよ!
    言ってみろよ!って。
    出来るなら、出来る内容をここに出して見せてみろ!って、多分言いたかっただろう。
    オリンピックをやるにあたってのもうここまで予算の中身に都が、小池さんが、PTチームが入ってきている段階で、答えの出せない、やり方の手法も出せないただとうとうと凝りもせずにただの精神論と理論だけ滔々と語るこんな連中相手で二時間は相当苦痛だったことあろう。
    愚か者(行政の現場の予算の組み込みの組織の、そもそも行政での立て付けにも無能さが見え見えの)のこんな者相手に、連中相手に上山さんは長時間教えていくのにもお疲れだっただろう。無能なもの相手に、そのくせ人一倍も偉そうにしているという一番扱いにくい相手にその場でいてることさえ邪魔臭かったのでは。

    こんなバカ相手にいつまでもこんなところで無駄な時間を過ごしたくないと、
    「早く帰ってオリンピックに役立つことを考えたいよ」と彼なら思っていたかも。

    有明アリーナにこだわったフジテレビ、
    この、ことバレー会場の場所決定だけは、これだけは社をかけてでも絶対に有明でないとと思っていたフジテレビ。
    絶対に譲れなかったフジテレビ。
    反町のいつにもない速射砲喋りが、もう焦ったように有明決定がごくまともで正当性を出そうと、もう必死のように見えた。
    欲が脂汗となって下を滑らせた。

  5. ゼータ より:

    結局どんなに優秀な上山さんでも実行派の橋下さんや松井さんと行動を共にしなければ、
    改革は出来ないってことでしょうね。
    今回の東京の流れを見ていると、強く感じますよ、それを。
    いまだにルビコン川を渡れないんですからね。

  6. 仲井 より:

    こんな話も恐縮だが、
    そもそも本当は小池、上山さん側が本来は本道のローマ帝国側に存在すべき側だったのに、本来そこに君臨するはずの納税者がそこには居ずに、いつの間にか現状そこに居ててはダメな連中がおかしなことに納税者をまんまと騙くらかして大きな顔をしてまさに自分らがローマ帝国だまがいに座って居る。
    悪と正のこの逆転現場の異常さを、これを小池さんが先頭にたっての今回強力な協力者の上山さんらを得て、その上山さんらとの合同で、本来は一番権限を持つべき立場の納税者に、現状のここまでの歪んだこの納税者を馬鹿にした不法とも思えるほどの醜い構造、欲で凝り固まるこの欲を絶対に諦めない極悪、強欲発想での朝鮮族のその巣窟の実態の扉を少しだが正面から開け、その一部を納税者に表で見せた。

    本来座るべき位置の納税者の席をないがしろにしてきたこの事が最大の悪であり、居てる連中が実はドロボー連中であったことが解りだしてきた。
    永年納税者に見えないようにひたすら隠れて悪の限りを尽くしてきた連中、こいつらこそ本来はルビコン川を渡れずに向こう側でたむろして居るべきであるのに現状はこいつらがローマだと、自分らこそローマだろ顔を利かせだし結果現状の腐りはてた組織構造になってしまった。

    ルビコン川を本来は渡ろうとするべきはドロボー側であり帝国の中に既に奴らが整復師ドロボー帝国にしていたというのが東京都だったということだろう。

    現状帝国の中心でのうのうと居座って栄華を極めてきたこの連中、こんなドロボー連とまともに戦うためには、それなりの玉砕できるだけの武器が必要になる。

    民主主義社会国家では、そこはさすがに銃でというわけにもいかず、そこには正義の名のもとの納税者をうならせるだけの、納得させられるだけの理論づけが必要になる。いかに現状がおかしいのかということを堂々と国民に語れるのか、しかもそれに支持を受けられるのか。
    まさにこれを大阪で直に直接やったのが橋下さん松井さんであり、だからこそこの改革の実行のむつかしさがそこに有る。

    あれほどの力と能力をもってしても新聞テレビがこぞって潰しに来る。
    朝鮮族相手では常にこうなっていく。
    これをいかに打ち崩していくのか。

    これを思い出し考えるたびに橋下さんは本当に凄いと思う。

    私など何十年も前からあれだけ役所や議員のところ、警察マスコミに直接伝えたりまた乗り込んであれだけ直接やって来ても、それでではさて何が変えられたかと言えば学校現場で全く罪の意識すら持たずに自分らの利権で延々30年以上はしゃあしゃあとやってきていた中学から高校への入試合格者選定決定プロセスの不法不正談合内容一つをとっても、ほとんどが何も変えられなかった。
    その何十年間だった。
    自らのこの地からの無さに愕然としてきた30年異常であったが、だが橋本さんに手紙一本送った(ちょっとA4版用紙で47枚という、枚数が多くて橋下さんも結構読むのにはつらかったかもだが)だけで、その私が長年どうしてもできなかった、一日でも早くこの不正行為を教師らにやめさせたいと、これを是非やりたいと願っていたこの教育現場での不法j行為が、これが現場ではできにくい構造に、出来るだけやりにくい、出来ない仕組みの、その方法の構造をものすごいスピードで就任からほんの短期間で色々と絡めた複数の条例で縛りをかけて作ってくださった。

    私らでは限界が見えていた、そこまで何のこれっぽっちのことも成就できなかった。
    理屈が通っててもこれが実は一切物事の不条理さを改革できなかった。
    私らにはこれを変えることができなかった。

    現状納税者の税金を預かってそこでのうのうと居座って座っている連中らそのものが、あのローマ時代にずらせて言うなら奴等こそがつまりは帝国の外にいてるべきでありかれらこそが反乱軍でのローマ帝国の外側にいてるべき連中。

    今役所や政治の世界を含め、この偽装された納税者を馬鹿にした連中、社会、日本の其れこそ税金を預かる中枢で座ってる連中こそ、今の連中らは、本来は帝国から叩き出されて追い出されるべき連中。
    腐った中身の実は反乱軍と言えるべき連中。

    欲で常に奪い取ろうと帝国の壁に向けて外から弓を引いているべきドロボー連中のはずがいつの間にかお城の中で偉そうに座って居るのが今の日本だ。

    韓国が、自国の国民のことなど犬豚扱いでただ人間であるべきその人間さえをも捨ててなりふり構わず属国奴隷になって中国共産党に頭(こうべ)を垂れた。
    目の前の欲を取って、米国、日本から少し離れるふりを見せての中国の属国になっていった。
    日本の国家の中枢が、相手は中国という固定限定は無いが、だが発想の着地点、中身は、今その連中と同じ資質の素材の連中で充満しかかっている。

    本来ルビコン川を渡ろうとするものはドロボー側で或る。
    日本はそのドロボーが我がもの顔で好き放題でお城の中でふんぞり返ってきだした。
    国民は、納税者は、田中角栄が倒れた以降の金丸以降の日本の中枢を甘く見過ぎていた。
    ドロボーの行動に気づかずに見逃し過ぎた。
    見過ごして何にも考えずに放置させてきた。
    これにマスコミメディアも利権に食いつき護送船団に同じ船で乗ってしまった。
    同じ民族同士気性も思惑も特に欲の部分ではひときわ気が合ったのだろう。

    ここ40年間で日本はドロボー連中が徐々に徐々に作り上げてきた楼閣を、まともな城だとだまされて見せられていたことに今こそ気付いて、早急に対策をすべきである。
    時間はそうは残されていない。
    私の年齢もだが。

    昔或るサイトで、
    【これをやる(不正行為を表で逮捕させる)まで死ねない、だからお前ら覚悟しとけ!私の寿命は500歳までだ】と書いたら、
    或る男から、
    【お前ならホントにそこまで生きてしまいそうで不思議だ】と書いてきて笑われたことがある。

トップへ戻る