(森友学園)橋下徹を徹底追及! 橋下✕羽鳥の番組「森友学園&豊洲問題SP」2017.3.13

出演者
松本文明、福島伸享、宇都宮健児、猪瀬直樹、堀潤、杉村太蔵、池田信夫、吉木誉絵

普段、観てない人も今回は観たと言う人多かったのでは?

見逃した方は是非!

(※動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…)

籠池委員長の会見

国会の方からの口利きは無かった
安倍首相の方からも何もしてもらってない

としながらも、最後に

そこ(考え方)が橋下徹知事の考え方と一緒だったんじゃないかな?と思っております

と、橋下さんの名前を出した。

籠池氏が、純粋に正直に、事実と考えを述べた・・・という見方


一方、
国会議員は関係無いとしつつ、取って付けた様に橋下さんの名前を出したのは、
思惑があるのではと言う見方

橋下さんの名前を出して、疑惑の目をそちらに向けさせ、
裏で動いていた議員(達)?を守る為では?と・・・

事業継続を諦めていない氏にとって、再挑戦にその人達が不可欠・・・

氏が今の状況で、その人達を守る為に苦し紛れに一計を案じたと。

では何故、(一方的だが)熱烈に応援してきた橋下さんを差し出したのか?

こう考える事は出来ないか?

今まで、熱烈に応援してきたのは、橋下さんにアピールして本人を動かす為?
籠池氏なら、橋下さんがそんな人でない事は承知しているはず。

では何故か?
その下にいた維新の議員を動かせると思ったからではないか?

あの当時だったら、所属議員が、橋下代表を熱烈に応援している人を無下に出来ないとか、忖度してしまうのでは?
と、籠池氏が考えたとしても不思議は無いと思う。

メディアで取り上げられている
村上議員の公園の件は、違法な口利きは無かったと本人がしっかり説明されてるし、私もそう思う。

マスコミ対応 237|村上栄二 公式ブログ

(一部引用)
緑地化計画について対応したのは私一人です。
一切、他の議員は関係ありません。
役所は数日後にグラウンドを緑地化すると告知をして、幼稚園を含め地域に対して正常な手続きをしているのか?と私が聴いて、その場で当時の管理職は「やっています」という声があった。
そこで齟齬があり、結局1日で公園工事会社まで決まっていたのにひっくり返った。
しかも5年経った今でも緑地化計画をしておりません。
どれだけ杜撰な行政手続きをしていたのかがわかります。
だから私が怒ったのであり、教育方針で激怒したわけでもない。
まぁ、ワイドショーもネタに限りがあって、何でもいいから挙げたいのでしょう。
私の今回の案件を挙げるという事はそろそろ収束に向かっているのでしょうね。

陳情対応を行って、1円も謝礼も貰ってもいないし、政治資金パーティーのチケットも1枚も買って貰っていない。

ただ、村上議員が陳情を受け付ける所までいった事を、籠池氏が活動の成果と考えたかもしれない。
橋下代表を応援している事は使えると・・・

しかし、橋下さんが代表で無くなった今、そのメリットは無いと・・・(元々無いんだが)

じゃあ最後に、その人達を守るのに使おうと考えた・・・

公園の件があるから、疑惑をさらに後押しするとも・・・

現に、マスコミは「認可過程」を中心に取り上げ始めた・・・

あくまでも推測ですし、
もしそうだとしても苦し紛れの考え、そう上手くはいかない。

ただ、反維新のマスコミは、そうと分かってても喜んで乗るからなぁ・・・(-_-;)

【スクープ】財務省に森友の記録が残っていないのは、なんと民主党が原因だった!(維新・浅田均 参議院 予算委員会) 2017.3.13

豊洲問題

橋下さんが住民投票を提案
この発言は意味が深いと思う。


もしやれば、豊洲の事なら、連日その話題が全国に流れる。
もちろん、橋下さんの言う効果がある。

でも、橋下さんはそれだけで言った訳じゃないと思う。

全国の人が国民投票を疑似体験できる場になると、考えて言ったのだと思う。

改憲の国民投票にいきなり望むのと、

賛成派・反対派がどのような主張・活動をするのか?
またメディアが、それをどう扱うのか?

知っているのと知らないのでは・・・
あの都構想の苦い経験が・・・


橋下さん前に確か、
小池さんが意思を示さない「YES/NO」を住民に問うだけの住民投票はダメだ、とも言っていた。

住民投票賛成だが、そこが心配・・・

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る