橋下市長「過去に戻すのか、前に進めるのか。そして言うだけか、実行するか。大阪府民、市民の皆さんに選択頂きたい」10/11のツイート

橋下市長 twilogより引用)
本日の朝日の社説。「おおさか維新-時を巻き戻すだけでは」 朝日新聞も慰安婦問題報道の大失敗でちょっとの間謙虚になっていたけど、やっぱり上から目線の体質は治らないな。全国規模の政党として長続きしなかったって簡単に言うなよな。一度でも政党を作ってみろってんだ。
(※朝日の社説はこちらの記事で、大阪維新・W選マニュフェスト発表に合わせ、社説でdisる朝日新聞

政党は、ちょこっと集まって声を上げるだけのデモとは違う。選挙で正当に選ばれる過程が必要で、この選挙の大変さを朝日は分かっていないから、選挙よりもデモを重視するんだよね。選挙で当選するのはほんと大変だ。大阪維新の会を結成して5年。ここまでよく人数が増えたと評価するのが普通の感覚だろ

カネもなく、国会議員0の状態で国政政党に挑戦してまだ3年。これで全国規模の政党として確立するって、どんな実行プロセスの認識を持ってるんだ?論説委員はいかに口だけで、実行することを全く考えていないか端的に分かるね。また大阪での政治的対立を問題視する。

朝日は政治的対立を止めよ!と言うくせに、ついこないだの安保法案国会で、散々対立を煽ったのはどこの新聞だ?朝日は安保法案は廃案にすべきという意見だろう。でも成立すべきという意見もある。こんな状況下で、廃案だけ叫ぶのは対立そのものじゃないか!

結局、朝日は、自分は朝日新聞様主義なんだよね。自分の主張が絶対に正しいから、自分の主張を通すためには政治的対立は当然のことのように考える。とことん、国民を分断するような報道をする。ところが、自分の主張とは無関係のところでは政治的対立は止めろと言う。完全な皇帝思考そのもの。

大阪維新の会の市政・府政では、議会の過半数がない中、予算は全て通している。修正もあるが、それは妥協の賜物だ。大阪市政改革も、これまで議会が選挙を恐れておよび腰だった課題について取り組んだが、95%は実現している。何百とやった改革のうち、いくつかを議会に否決された。

議会に否決された改革は、歴代市長が考えもしなかった改革だし、全国の自治体でもやったことのない改革ばかり。これを否決されたからと言って、対立だ、対立だと、騒ぐのは違うだろ。改革には反対がつきもので、反対の声が上がることを避けろと言うなら、改革はするなと言うのに等しい。

幼稚園の民営化でも、議会の声を聞いて当初改革案を大幅に修正した。バス民営化でも議会の意見を丸呑みした。それでも議会は否決をしてくる。まあこの辺りは、今の維新以外の大阪市議会には改革できないだろう。柳本市長になれば完全に改革はストップする。
(続く…)

(続き)
大阪再生の展望と簡単に口にするな。そんな簡単に国や地方が再生するか。これまで大阪が抱えてきた膨大な課題、問題。これらをほとんど片付けたのが大阪維新の会だ。これまでの膨大な実績をまず見よ。その上で、誰もができなかった、挑んでこなかった課題にさらに挑戦するのが大阪維新の会だ。

僕が知事に就任した8年前と、今の大阪をきちんと比較せよ。何ができて、何ができなかったのか。できない原因はどこにあるのか。できない原因は議会の否決だ。8年前と比べれば十分過ぎるほど課題の解決はやった。その維新政治と、これまで改革を先送りにしてきた自民政治との比較が今回の選挙だ。

RT @t_ishin: 大阪再生と言うのは簡単だ。しかし本気でやるなら、大阪の副首都化しかない。東京大阪のリニア開業など、維新も自民も同じことを言っている。あとは実行力だ。維新と自民を含めて反維新にどちらに実行力があるか。元へ。僕もこれまで話し合い・妥協はやってきた。

しかし大阪再生のビジョンを実行する上でどうしても必要な大阪の行政機構改革が大阪都構想というのが大阪維新の会の主張。この点について反維新と話し合い、妥協の余地がない。安保法案で、朝日が話し合う余地を示さなかったのと同じだ。この場合にはまさに選挙で決するしかない。そのために選挙がある

柳本市長候補は、府立大学を市立大学に統合することをマニフェストに掲げる。そんな話、初めて聞いたよ。自民お得意の選挙の前の言うだけ戦法だ。都構想住民投票論議のときの大阪会議や総合区と同じだ。住民投票が過ぎれば何もしない。府立大学の市立大学への統合は(維新は)賛成するよ。

府立大学を市立大学に統合するのであれば、府立大学の大学運営交付金100億円を大阪市が負担することになる。大阪府議会と大阪市議会の自民党はそれで納得しているのか?こんな案実現するわけがない。ほんと無責任。ただ大阪府議会市議会の自民党が賛成するなら、この議会中にやろうじゃないか。

地下鉄の民営化も今になって公約に掲げる。この3年間民営化に反対し続けてきたのは自民だ。自民はバスは地下鉄の子会社にすると。それも僕は1年以上前から言っている。それを否決してきたのは自民だ。自民が今言っていることは僕がこれまで言い続けてきたことと同じ。この議会中にやろうじゃないか。

自民政治がこれまで何をやってきたのか。それと維新政治の比較だ。維新政治も100%完璧ではない。しかしそれも含めて過去の大阪政治との比較だ。特に実行力。言うのか簡単。大阪維新の会のマニフェスト達成率は90%を超える。それも超難関の課題ばかり。過去の大阪はほんと酷かった。

過去に戻すのか、前に進めるのか。そして言うだけか、実行するか。大阪府民、市民の皆さんに選択頂きたい。大学統合、地下鉄バスの民営化は自民の案で良いので、本気でやるなら今やってよ。いつもの選挙前の口約束なのか。大学統合案に府議会自民党が反対ならこれこそまさに府市バラバラの大阪。

気になったのは、今回柳本氏が出したマニフェストは、市長選挙だけが対象なのか。知事選挙でまた別のものが出てきたら大笑いだ。大阪府立大学を市立大学に統合することを府議会自民党が認めているのか。府議会市議会自民党で調整ができていないなら、これこそ府市合わせ。やっぱり大阪都構想が必要だ。

ある程度の政治的対立は選挙を通じた民主政には必要不可欠な要素だ。政治的対立が全くなければ選挙は全く活性化しない。朝日新聞も、選挙になれば有権者の政治参加を呼び掛ける。しかし都市部の投票率は年々下がるばかり。有権者にしたら誰に入れても同じなら投票のインセンティブは低くなる。

ある程度の政治的対立があるから有権者の選択に意味が出てくる。政治的対立を全く否定して、それでいて選挙の参加率を高めよというのは、いかにも実行に責任を負わない、口だけの論説委員が言いそうなことだ。

産経新聞一面(多分この記事)が、今回の選挙の争点を的確に報じていた。政策の中身は大差ない。細かな点で若干の相違はあるにせよ、大きな方向性は変わりない。今回の選挙の争点は、実行力だ。言うだけでなく、実行するのは、維新か反維新かだ。実行する方法が異なる。大阪都構想か大阪ポンコツ会議か。

自民党はマニフェストの発表で大阪の構造的問題を明らかにした。市長選挙マニフェストと府知事選挙マニフェストがまとめられていない。これこそ大阪の大問題の二元行政だ。大阪維新の会はマニフェストを一本化している。柳本氏のマニフェストと知事選マニフェストは整合性が取れているのか。

柳本氏は大阪府立大学を大阪市立大学が吸収する案を出してきた。そもそもこんなことは実現不可能。吸収なら府立大学の運営交付金100億円を大阪市が負担することになる。そんなのは無理だ。そもそも大阪府議会が賛成するのか。選挙前に大学統合の改革姿勢を見せるだけの、いつもの口だけ約束だ。

大阪の民主主義は確実にレベルアップしている。有権者がここまで未来を決める選挙は、全国どこを探しても大阪以外にはないだろう。それはある程度の政治的対立があるからだ。朝日新聞、民主主義と選挙、そして政治的対立についてもう少し深く考えよ。これまでの教科書だけの勉強じゃダメだよ。

政策を語るのは簡単。言うだけなら誰でもできる。重要なことはそれを実行、実現できるかどうか。大阪自民の力と大阪ポンコツ会議。大阪維新の会と大阪都構想。どちらに実行力があるか。ここが論戦の対象であり有権者の選択の対象だ。メディアよ、論点を間違えるな。

そういう意味では相変わらず毎日新聞のバカっぷりは気持ちがいい。維新のマニフェストで大阪都構想は6番目になり順序が下がったと一面で報じていた(恐らくこの記事)。バカ丸出し。数字には優劣はない。東京裁判のA級、B級、C級と同じく、カテゴライズの意だけ。毎日新聞はA級が一番罪が重いと思っているんだろうね

大阪都構想は目的を実現するための手段。目的が1から5。そしてそれを実現するための手段として6に大阪都構想を掲げた。だから1から6に優劣はない。全て揃って初めて目的が達成される。毎日新聞、もう少し頭を使いなさい。
(引用終わり)

柳本氏の公約に「カジノを含む統合型リゾート誘致」って書いてあるみたいですね。

この候補を、共産党が応援するって・・・
大阪の共産党は物分かりが良くなったのかな??

住民投票の時は、「都構想=カジノ」で気が狂ったように反対していたのにね・・・

いやいや、都構想否決でも、カジノは誘致されるの知ってて、市民を騙したんですよね??
だから、共産党の候補は出さないで、柳本氏に協力するんですよね?

【都構想とカジノは何の関係ありません】そして、都構想否決でも大阪自民は強力にカジノ推進。

ぜひ、シールズにも来てもらって、カジノ誘致、高齢者優遇政策を掲げる候補を応援して頂きたいですね(^_^;)

関連
(大阪市長選)自民・柳本候補「敬老パス負担軽減を公約に」 高齢者優遇復活で票集め!?

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. Keisuke より:

    アメリカで破綻しているカジノはいずれもカジノ単体であり、シンガポール型の統合型リゾートはむしろ成功しています。
    先月L’Arc?en?Cielが夢洲で10万人ライブをやってカジノ誘致をアピールしてくれましたが、是非諦めずに誘致に向けて頑張ってもらいたいですね。

    「言うだけか、実行するか。」
    橋下さんがツイッターの中で書かれていた、野党と明確に違いの出るこの言葉を選挙フレーズとして前面に押し出し、W選を戦って頂きたいと思いました。
    私も巷に出回るであろう色々なデマを潰していくよう動いていきたいと思います。

  2. 椿 より:

    [太字]
    もっと強く”ハッキリ”訴えなければ!

    「借金背負うだけの人生で良いのか?」「借金漬けの大阪で良いのか?」
    それとも「借金の無い大阪が良いのか?」どっちなんですか?!

    自民党に戻れば「借金はドンドン増えて、市民税も府民税も上がり続けますよ」
    「中小企業は潰れ、企業は他県に逃げて行き、子供達の就職先も無くなります」
    「福祉や教育に力を入れるなんて、それこそ夢のまた夢になりますよ!」

    「でも無駄な”箱物”や”天下り先”だけは無くなりません!」
    「役所改革をしない限り、皆さんの税金は食い荒らされます!」
    「国民がどんなに一生懸命働いても、生活はますます苦しくなりますよ!」
    「税金払うだけで、”見返りの無い人生”を送って良いんですか?!」

    兎に角、「インパクトのある表現」をするのがベストだと思います。
    「[色:FF0000]自分の身に不利益が生じるのでは?[/色]」と問題提起する事によって

    「危機感無い派」や「興味無い派」にも、
    「大阪の悲惨な現状」を直面させ、
    「大阪の政治」を真剣に考えさせるチャンスが出来ると思います。

    自民党に戻して、
    維新が減らしてきた「[色:FF0000]大阪の借金[/色]」をまた増やすんですか?」
    「天下り先の出資法人」や「赤字垂れ流しのハコモノ施設」を
    また、復活させて「[下線]借金漬けの日々に戻るんですか?[/下線]」

    「[下線]大阪の借金と共に、皆さんも沈没したいんですか?![/下線]」と
    ハッキリ訴え、徹底的に大阪の現状と現実を直視させ、
    「[色:FF0000]大阪都構想以外に大阪が生き延びれる道はないんだ[/色]!!」と訴えましょう。

    「[下線]このまま借金苦で苦しみ続けるのか[/下線]?」
    それとも、「[下線]借金無くして、明るい未来を手に入れるのか?[/下線]」

    本当に今が大阪の分水嶺、「[色:FF0000]最後のチャンス[/色]」ですよ。

    [/太字]

  3. 匿名 より:

    共産党がカジノ推進派の候補と共闘するのは大阪だけだろうなぁ。
    大阪は自民共産共に独自路線だわ。

  4. 匿名 より:

    無知な無党派層を取り込むために、日弁連の元会長さんですら誇大な表現を平気で許すからね。
    2014年2月の風営法改正運動の大詰めの時、デマ漫画を宇都宮健児元日弁連会長がシェアしてTwitter拡散を助けていたが、明らかに法律に無いことが描いてあるのに注意喚起や指摘もしないで、法律専門家としてのモラルは無いのかと思った。
    他人を利用したいときに、人は無茶な誇張をする。

    維新の会も足をすくわれないように注意して、大阪W選挙に全力を出し切って勝利して下さい。

  5. いい加減にしなさい より:

    このW選。
    あらためて言うまでもなく、大阪の未来が決まる大事な選挙です。

    しかし、はたして日本の他の都市でここまで今自分が住んでいる所の未来を考えて選挙をむかえているところがあるでしょうか。

    思いおこせば、磯村市政の時にオリンピックの招致活動にとてつもない額の税金が使われました。
    また、ゴミ処理場など色々な箱ものを造るのにも今では考えられない額の税金が使われました。

    ではその時に議会は何をしていたのか?
    そして市民は何をしていたのか?

    すべてが無関心だったのです。
    たまに流れるニュースに「なにしてんねん」と思いつつ、すぐに忘れていったのです。

    そんな時に大阪の慣習のまま(昔は役所の助役が共産党以外のオール与党の推薦で市長になっていました)関市政が始まりました。

    この時に初めて大阪の財政がとんでもない事になっていることをおおやけにし、当時では考えられない外部の弁護士を登用し、責任は自分がとるからと市政改革に乗り出したのです。

    今より以上に既得権益まみれだった役所と議会は猛反発をし、味方は数少なく、ご存知のようにマスコミはその実績をほとんどながしませんでした。
    しかし、努力が実を結び確実に大阪市政は少しずつ良くなっていったのです。

    そして向かえた市長選挙。
    相手はあの平松氏。

    マスコミは関さんの実績には触れず、ただ元助役からなった古い体質の象徴とし、平松さんを初の民間人と持ち上げました。(裏にはもちろん労組がべったりなのは報道されていません)

    支持をしているはずの議員たちもほとんどの人が活動しませんでした。

    結果はご存知のとおり。

    マスコミの情報にのって何も考えていない人たちがおこした結果です。

    しかし、その時の改革姿勢に影響をうけた数少ない議員の方たちが今の維新スピリッツの始まりなのです。
    そこから橋下さんへと繋がっていったのです。

    今、身近な政治に強い関心を持つことの大切さをわかって選挙ができる。

    そしてその思いの受け皿になってくれる人達がいる。

    これは本当に幸せことです。

  6. Keisuke より:

    >  椿 さん

    おっしゃる通りですね。
    そのくらいの危機感が無ければ大阪市民は気付かないかもしれません。
    住民投票の時もそうでしたが、もう少し厳しいことを市民に言うべきだろうとは思います。
    その方が前回反対票を入れた年配や高齢者層にとっても響くでしょう。

    ただ、あまりに危機感や不安を煽るような形になってしまうと、却って誇張しているように響いたり(誇張ではないのですが)有権者に届かないことにもなりかねないので、選挙戦全般を通しての訴え方は考えていかないといけないですね。
    特に終盤は(放っておいても白熱してくると思いますが)インパクトのある厳しい表現をバンバン使って有権者に訴えてほしいと思います。

  7. 匿名 より:

    山猫日記と言うサイトで、維新の欠点と言うか弱点として既成政党の様なバラまき公約を使えない(わない)ストイックさにあると評してた記事を読んだのですが確かにそういう面があるんだろうなぁ。
    ストイックさは維新の魅力であり、それに魅力を感じない人にとっては欠点にもなりえる訳で。
    そう考えるとマスコミがあちら側についてる以上やっぱり厳しい選挙になるんだろうなぁ。

  8. 椿 より:

    [太字]>Keisukeさん

    そうなんですよ、あまり言い過ぎても「?」って事になりかねませんしね、
    ただ、住民投票の時は、何をやっても良かったらしいので、あの時に、
    もっともっと「危機感を訴えておけば良かったのに」と思わずに入られません。

    今回は普通の選挙なので、やはり色々と”縛り”はあるでしょうね。

    ただ、無関心派の知人・友人達がいるので、
    彼らを見ていると、選挙には無関心でも、
    「自分自身に何か不利益な事が起こりそう」となると、
    非常に”敏感に反応する”のがよく分かるんです。笑。

    住民投票の時も自民公明共産党がばら撒いていた嘘に騙されて、
    「住所変更に莫大なお金がかかるらしい!」と真剣に心配してましたからね。

    それで大阪都構想に「反対票」を入れている人達を結構知ってます。

    それを思うと、やっぱり、ちょっとくらい大袈裟でも
    真実に変わりはないのだから、教えておいてあげた方が、
    興味や関心を持ち易いのかな?と思うんです。

    それに自民党らの言うことは、嘘八百ですが、
    維新の場合、現状を正直に伝えている(例え現状が過激でも)ので、
    後になっても「言った通りだったんだ」と理解してもらえるのでは?と思います。

    実際、本当に危機的状況なんだから。

    ただ、自民党らの主張も「無関心派」や「危機感なし派」には、
    それなりに正しく聞こえてくるようです。
    維新派の人達は、よくお勉強をして、マスコミなんかを通さずに、
    橋下氏の主張をきちんと調べ、よく理解しているから、
    自民・共産らの主張がいかにデタラメで、胡散臭いかを見抜いていますしね。

    ですが、無関心派らにとっては、まず知識がないから
    自民党らの大袈裟な嘘に、直ぐに騙されてしまってます。

    いまだに、それに気づいている人は、少ないのではないかと思います。

    本当に今回の選挙は分水嶺になるので、是非とも吉村さんや松井さんに
    頑張って欲しいと思います。2人で新大阪都構想を打ちたてて、
    大阪を発展させていって欲しい。

    もちろん、出来る限り、メチャクチャ応援させてもらいます。

    [/太字]

トップへ戻る