青山繁晴・東国原英夫出演「北方領土返還されるのか?」2016.9.24

おなじみ、胸いっぱいサミットです。

東さんツイッターより)
 本日、OAの「胸いっぱい」。北方領土問題。どういう編集になったかは分からないが、僕は「先行2島返還が現実的」と主張した。先日の新聞報道では、やはり2島返還で話が進んでいるようである。
 因みに、青山繁晴氏は「樺太や千島を含め交渉のテーブルに乗せ、その半分という事で、4島返還を主張。僕が「それは理想論である」と言うと、青山氏は「そうでは無い」と突っ撥ねたが。

また、バトルになった!?

では、OAをご覧下さい。

※ブラウザによっては直接再生できない場合があります。以下のURLよりご覧下さい。環境によっては再生開始まで10~20秒ほど時間が掛かる場合があります。
http://dai.ly/x4uilr7

青山さんが言ったこと・・・

北方領土に対する意見はどうあれ、
歴史的事実は知っておかないとマズイですよね・・・

因みに、青山・東の大バトル
青山繁晴氏が東国原氏と大バトル!?「えらいこっちゃ 生SP」 2016.1.9

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. プリマ より:

    日本は少子高齢化社会で地方の村落がどんどんと消滅中です。
    歯舞、色丹島を返還されても日本人が今後居住することは考えにくい。
    歯舞島は国境警備隊員だけだから実質的な島民はゼロ、色丹島は3000人
    程度の島民が居住しているが全員ロシア人。
    仮に返還されたとしても日本がロシア人の為にインフラ整備して役所や
    学校、郵便局、銀行などを作るのは全くムダなことだ。
    このインフラに掛かる費用以外にロシアに極東開発の為の費用、数千億円
    を支払うならムダ金を投資することになる。
    日本人が例え数人でも暮らしているならば返還してもらうべきだと思うが
    現状ではその必要はない。
    2島返還でロシアへの費用負担がゼロ、というならば政治的な意味合いが
    あると思うので許容できるけれどね。

トップへ戻る