【現役世代必見】年金は破綻するのか?やっぱり貯金は必要?

11/19
MX田村淳の訊きたい放題

ジャーナリスト:町田徹
経済評論家:山崎元

いくら支払う金額が少なくなっても、役人のため年金は破綻させない(無くさない)
(再生ボタンを2回クリックする必要がある場合があります)

今の年金制度のままでは、将来のため各自相当な貯金をする必要が…

恐らく、現役世代は肌感覚で分かっている。
貯金をしておかないと老後は生活が出来ない。

子どもも生みたいが、教育費にもお金が掛かる。

貯金もして養育・教育費も捻出する…相当大変…

しかも、産んだとして、
養育費や将来のために働こうと思っても、子どもを預けるのもまた大変…

現役世代の不安は
「年金」
「保育」
「教育費」
が、多くの部分を占めるのかなと思います。

では、この問題に今の政治はどう対処しているのか?

自民
「年金」は現制度を支持(存続のため、少しずつ支給額を減らし、支給開始年齢を遅らせている)

「保育」「教育費」については、少しづつ改革しようとしている(しかし、そのスピードは非常に遅い)

民進・共産
「年金」は最低保障年金制度を主張(支給金額・財源は不明)。しかし現在、高齢者の支持を得る為、現制度の支給額抑制に反対している(つまりホンネは現役世代を軽視)。

「保育」「教育費」については、公営(公務員)の保育・教育だけを拡大すべきの考え。保育の民間参入や私学の教育無償化には反対の立場。

維新
「年金」は、「不公平のない」支払った分がキチンと支給される「積立方式」への転換を主張(転換に掛かる財源約100兆は超長期国債で少しずつ返還)

「保育」「教育費」については、保育所・幼稚園などの幼児教育から大学までの「教育無償化」を主張。自治体に保育の義務を負わせるので「待機児童問題もなくなる」。財源は国・地方の公務員給与を民間並みに合わせる事で捻出。のちに公務員に配慮する政権が誕生しても制度を変えられない様、憲法に規定する。

次期衆院選、いつになるかは分かりませんが…
どの党が、あなたの将来の為の政策をしてくれるのか?

忘れずにいて欲しいと思います…

橋下氏「現役世代に、もう少し税金を回して欲しい」 敢えて、おばあちゃんの原宿「東京・巣鴨」で訴えた演説

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 椿 より:

    官僚どもは定時に仕事を終えるとすぐに、
    職場の電気をつけたまま、残業をしているふりをして、
    終電近くまで、遊んでいるのをみんな知ってるわ❗️

    終電前にタクシーで職場に帰り、タイムカードを押して、
    残業を5〜6時間つけて、さっさと帰る。

    官僚連中の遊ぶ金も、タクシー代も、
    莫大な残業費も全て、国民の血税から出てる❗️
    その真実を伝えないで、何がジャーナリストだよ❗️
    やのとふ

トップへ戻る