結い・小野幹事長「『地域が主役の政治』を実現する為には、色々な立場での活動がありうる。勉強になった」

朝日の話題で持ちきりですが、新党の準備も着々と進んでいます。

昨夜(8/5)、日本維新・松井幹事長と結い・小野幹事長とで約3時間にわたる話し合いを行ったとの事(小沢鋭仁氏も同席)。
(13分過ぎから)

小野幹事長、当初は、国政政党を作るのに「大阪へはどのくらい配慮するのかなぁ」と言う認識だったそうです。
しかし、松井幹事長が熱く語る、『地域が主役の政治』のあり方に、目からうろこだったようです・・・
今後の新党協議が期待出来そうです!
「組長」さすがです(^^)b

橋下徹は、もちろんスゴイ人だが、
松井一郎もスゴイと思う。

もし、都構想が頓挫して政治家をやめても、橋下さんは食うに困る事は無いだろうが、松井さんは、そうはいかないだろう・・・(議員の前は取締役だったそうだが・・・)
そういう状況で、これまでの態度振る舞いは、なかなか出来るものでは無いよね。
おっさんには、よう分かる(^^ゞ

関連
8/3 【維新・結い】新党設立準備会調印式 動画
橋下代表「(記者の方々)維新と結い。安全保障の、どこが不一致なんですか?書きたいだけでしょ?」

トップへ戻る