松井知事「(自民総合区案)ブロック化するのに、なぜ合区しないのか?」登庁会見 2017.1.19

会見冒頭から、自民総合区案について


(※動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…)

こちらの記事に「自民総合区案」について書かれています。

大阪都構想:法定協巡り自公に温度差 市議会 – 毎日新聞

(引用)
 大阪市の吉村洋文市長は18日、市議会主要4会派と個別に会談し、再挑戦を掲げる大阪都構想(特別区)の修正案を議論する法定協議会の設置議案を2月議会に提案すると伝えた。内容は前回と同じにする方針。一昨年5月の住民投票で都構想に反対した自民党は「くみするつもりはない」と対決姿勢をあらわにしたが、同様に反対だった公明党は「慎重に議論したい」と述べるにとどまり、自公の温度差が際立った。

 自民は会談で、行政区の機能を強化する「総合区」の独自案を提示。現行の24区を全て総合区に格上げし、共通する地域課題に応じて3~5程度の複数区にグループ化。各グループを管理する「総合区ブロック長」の配置などを盛り込んだ。

 総合区に関する市の制度設計は大幅な合区が前提。自民の黒田當士幹事長によると、吉村市長は「考え方には違いがある」と距離を置いたという。

 吉村市長は法定協の設置に自民の賛成を得るのは困難という認識で、大阪維新の会と公明で成立させたい考えを明らかにしている。

 公明の土岐恭生幹事長は「(都構想は)住民投票で一度否決しており、党内にさまざまな意見がある」と述べ、設置議案への是非は明言しなかった。

最後の公明幹事長の発言は、気になりますね・・・

「新」都構想、いよいよ議論開始。公明が法定協設置賛成へ
 公明党はこれまで都構想については「住民投票で決着済み」と慎重姿勢だったが、関係者によると同党府本部幹部と支持母体の関西創価学会幹部が年明けに会談し、法定協設置を容認することで一致したという。

関西の学会幹部が認めてますからね。
まあ、賛成するまでのポーズとは思うんですが・・・

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 椿 より:

    公明党(ヘビ)を組み入れたつもりが、呑み見込まれて、
    今度こそ『大阪都構想』は潰されるのではないですか?
    公明党=創価学会=朝鮮カルト宗教は、
    どんなに「甘い蜜」事があっても、
    手を出してはいけない相手だと思います。

    【Kの法則】のように、
    最初は良さげに見えても、
    必ず【失敗】&【滅亡】へと引きずられますよ。
    歴史が証明してるでしょう?

    日本初の【総合区】を作らせておいて、失敗に終わらせる…。
    (それか現状とあまり大差ない結果)にしておいて、
    『大阪都構想なんてしなくても良いじゃん!』という空気を作らせる。

    『蛇の道はヘビ』という諺もあります。

    ヘビを使うつもりが、反対に食い潰されないようにね。

トップへ戻る