あの衝撃ニュース「30年後、半数の自治体が消滅!?」 関連動画 

30年後の未来の事なので…
「ホントに、そうなるかわからないんでしょ!」
とお思いの方も多いかと思います。

確かに、ほとんどの未来予測は、当たらないものも多いんですが…
この「人口統計」を基にした予測は、別です!
残念ながら、ほぼ、その通りになります。

動画では、橋下さんの発言も取り上げています。(チョット意図的な編集なので、これについては、またUPします)

(削除されてしまう可能性があります。ご視聴はお早めに)

関連記事
夏野剛氏 「強烈な人口減をにらんだ国造りを・・・」
今になって問題噴出・・・「平成の大合併・夢はいづこへ」動画

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に(市・2020年4月より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    日本の近代の歴史を紐解けば、1980~2030年の半世紀というのは平和と享楽に包まれた安穏の時代だったと後に評されるパラダイムかもしれませんね

    失われた20年とかこれから来る高齢化とか、不安をあおられつつもっとも平和な時代なんじゃないでしょうか

    人が減れば土地を管理する人も減る。国土も荒れる。高度成長期のインフラも耐久性が低下し事故が頻発する。そして子供は少ないままで移民で何とかしようとする。やってくるのは9割方が韓国中国人(どちらもそのころには国家がヤバくなっている)

    こうやってじわじわ日本という国は沈んでいきますね・・悲観的なコメントになっちゃいましたが、未来を変えるのは政治家、政治家を変えるのは国民しかないと思っています。

    維新の会が第一党になれないのは結局、民主主義が日本人には合わないんじゃないか、もしくは未成熟か。自分でものを考えない、恐るべき政治的無関心。「何とかしてもらわんと困るわ~」とか言ってる有権者を何とかしないと、この国は何ともならないです

トップへ戻る