都構想応援の東京の名物区長・西川太一郎氏、4選を果たす。

東京新聞:荒川区長選 西川さんが抱負 4期目の重点課題に災害対策:東京(TOKYO Web)

昨年の都構想住民投票
わざわざ東京から応援講演してくださった荒川区長・西川太一郎氏が11/6の区長選で見事4選を果たしました。

4選は、チョット長い気もしますが、まだやり残した事がある、という事なのでしょう…

選挙前には
東京新聞:荒川区長選立候補予定の西川さん、茂木さんが討論 育児など政策訴え:東京(TOKYO Web)
 西川さんは、保育士を目指す若者を支援するため「荒川区で五年間働けば返済不要になる奨学金をやりたい」
 (区政とは離れますが)若者の投票率を上げる方法についての質問に「選挙権と被選挙権の年齢を同じにすべきだ」(偶然にも維新の公約と一緒)

と回答していた様です。

そして…プレイバック

都構想の必要性・先進性を力説する西川太一郎荒川区長
「東京都とは違い、お金も権限も十分与えられる都構想(特別区)になぜ反対するのか?私には全く理解できない」

西川太一郎荒川区長「私の区政体験を語る」
その後、橋下市長が参加してのディスカッション
中央大学・佐々木信夫教授(コーディネータ)

(そのシーンは3m27s
付近から)(2015年5月12日橋下市長&西川太一郎荒川区長 大阪維新の会タウンミーティング – YouTube)

次の住民投票も、是非とも応援して頂きたいと思います!!

その時の記事
西川太一郎荒川区長「大阪都構想は、東京が目指すモデルになる」(都構想まるわかり説明会)

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

トップへ戻る