【都構想・住民投票】大阪でも、これが観たい!「英国総選挙、テレビ公開質問バトル」

イギリスは現在総選挙、まっ只中!
2大政党の保守党(与党)と労働党(野党)の支持率は拮抗し、5/7の投票日に向かって激しい選挙戦が繰り広げられています。

そんな中、国営放送BBCは「クエスチョンタイム」の模様を放送しました。

「クエスチョンタイム」とは、現連立各与党の党首と最大野党の党首が、大勢の有権者の待つスタジオに個別に登場。
シナリオ無しのフリーで、有権者から質問を受け、その場で答える、というもの。
結構、厳しい質問が飛びます。

有権者は、そのやりとりを見て投票の材料にする。
政策の完成度や実現可能性、また党首の対応能力、説得力、知識や問題解決能力、人柄・・・などなど・・・
単純だけど、実は奥深いと思います。

(2か国語ですので、左の音声を上げると日本語が聴きやすくなると思います)
※ブラウザによっては直接再生できない場合があります。以下のURLよりご覧下さい。環境によっては再生開始まで10~20秒ほど時間が掛かる場合があります。
http://dai.ly/x2ora8q
(動画が削除されてしまう可能性があります、ご視聴はお早めに…)

さすが、民主主義の歴史がある英国ですね。
民主主義を大切にし努力している事を感じられます。

大阪でも、野党がしっかり対案を提示して、これをやってくれたら、非常に有意義だと思うんですが・・・

まあ、無いでしょうね・・・orz

関連
橋下市長ツイッター「いや、凄まじい住民投票。賛成派、反対派、まさに死力を尽くしている。民主主義の国でほんと良かったよ。」
【都構想・住民説明会】「皆さんの不安や疑問に、橋下市長が丁寧に答えました」(質問回答集)

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    そういった、対案を出すという、政治議論に大事なことをバカにする大阪選出の自民党の国会議員。

    https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1449999668626342&id=100008489673816

    こんなのが議員やってるようじゃあ、この国に民主主義が根付くのにはまだまだ時間が掛かりそうですね…。

トップへ戻る