2/10 橋下市長 退庁時 ぶら下がり取材 動画

「なんだ、おまえそんな事も知らないのか?」的な物言い…
確かに、反発を買いそうな言い方です…
敢えて、取り上げてもらう為に煽っている部分もあると思いますが…

でも、ホント色々良く知ってるし、勉強してるんでしょうね。

今までの政治家が取らなかった方法を、次から次へと繰り出す、橋下さん。
確かに、唐突感がありますが、必ずその論理的裏付をキチンと説明出来る。
まさに、政治のイノベーションですね!

週末の記者向けのタウンミーティング。
朝日に来られる口実を提示しましたが…

関連記事:2/10 橋下市長ツイッター「記事には反対や疑問の意見のみ列挙。賛成や理解を示してくれた意見は一切載せない。こういう報道を偏向報道という。」

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. なお より:

    主様
    いつも丁寧なまとめありがとうございます。
    頭が下がります。
    さてこの日のぶら下がりの最後のやり取りを見られて「朝日に来られる口実を提示しましたが…」と書かれていますが、私は橋下さんらしい報道機関に対する配慮を感じました。
    同じように「逃げ道」を準備したのが君が代起立問題の時で、その時も「会を乱さないように起立して口パクでも良かった」、「会に参加しないという方法もあった」とおっしゃっていました。
    私はこーゆー柔軟な配慮ができる橋下さんを応援しています。
    「独裁だ」「一方的だ」と批判されますが、彼の言動を見ていると意外と相手の立場を考慮している事が多いです。(特にマスコミに対して)
    愛を感じますwww

トップへ戻る