池上彰の経済教室 第11~13回「バブルが生まれ はじけた その1~3」

今から、約25年前の1989年、日経平均株価は大納会(その年の最後の取引日)に、38,957円を記録しました。

しかし、その後、株価は下落の一途を辿りました・・・
今にして思えば、それがバブルの頂点、失われた20年の始まりだったわけです。

25年前と言う事は、20代、30代の方は、「バブル」という言葉は知っていても、
「ジュリアナ東京」の映像は観た事があっても、
具体的に、何が起きたか?を知っている人は少ないと思います。

私も40代で、バブルの残り火(実体経済が悪化するまではタイムラグがあった)は、体験していますが、実体はよく理解していませんでした・・・(汗)

現在、日銀が金融緩和を積極的に行っています。
かつての「バブル」の始まりと終わりを知ると、「出口戦略」が、いかに大事で難しいものかが分かりますね・・・
(その1)

※ブラウザによっては直接再生できない場合があります。以下のURLよりご覧下さい。環境によっては再生開始まで10~20秒ほど時間が掛かる場合があります。
http://dai.ly/x24zy2n
(削除されてしまう可能性があります、ご視聴はお早めに…)

(その2)
http://dai.ly/x2684bs
(その3)
http://dai.ly/x2684cs

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る