松井知事ロングインタビュー「”人口減少時代”に、大阪はどう対応するのか?」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

2065年の人口推計 8800万人まで減少 | NHKニュース
国立社会保障・人口問題研究所が発表した最新の推計です。
急に少子化問題が解決される事はあり得ませんから、ほぼ推計通りに人口は減っていくことになります。


そのような時代に、大都市はどう対処いくのか?
また、国への提言は?

松井知事がインタビューに答えました。(2017年3月27日取材)

(内容)
企業を呼び込み、都市としての力を弱らせない
社会保障を支え、日本が成長するため、大阪が成長エンジンのもうひとつの極に
将来の人材育成が重要「高校は私学も実質無償」実施
減少を補うテクノロジーが生まれてほしい
高齢者の都心回帰がはじまった
東京よりも“伸びしろ”がある
新しい鉄道路線事業が始動……神戸・京都もすべて一つの路線でつながるようになる
人口減少になっても都市の可能性を広げる前向きな投資は重要
広域のイメージは関西広域連合の「関西圏」
制度つくり替えは非常に難しい「結局は政治家の覚悟」
次の世代にツケを回さないよう疲弊した制度を考えるべき
50年後は日本の副首都・世界から認められる大都市
国には道州制のために、憲法改正の発議を

もずやんの誕生秘話?も・・・


(※動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…)


ショッキングなデータ・・・
年少人口は1975年の212万人から、2020年には半分以下の101万人に、
そして、2040年には1/3の72万人に・・・


(出典:松井一郎・大阪府知事に聞く(全文1)人口減・企業を呼ぶ新産業の柱“観光” | THE PAGE(ザ・ページ))

文字起こし
松井一郎・大阪府知事に聞く(全文1)人口減・企業を呼ぶ新産業の柱“観光” | THE PAGE(ザ・ページ)
松井一郎・大阪府知事に聞く(全文2)大阪は伸びしろ大「投資魅力」がある | THE PAGE(ザ・ページ)
松井一郎・大阪府知事に聞く(全文3完)50年後、大阪は副首都ポジションに | THE PAGE(ザ・ページ)

ここきて松井知事
メディア露出が、急に増えました。

特にTHE PAGE
このインタビュー、定例会見の生中継

そして
松井知事講演「大阪の”魅力・万博・未来”について」と記者会見(外国人特派員協会) 2017.4.14
も生中継。

やっぱり、万博効果ですかね?

こちらも万博繋がり!?


P.S.
投稿頂いたコメントが、承認前にサーバーから消えてしまうトラブルありました。

原因は調査中ですが、コメント投稿後に「承認待ち」かどうか分かるようにする為、名前とメールアドレスの記入を必須に変更しました。(システム上、そうしないと「承認待ち」が表示されない)

「承認待ち」を表示させる為なので、”匿名”や”ダミーアドレス”でも構いません。

お手数をお掛けすることになりますが、ご協力お願いいたしますm(__)m

 

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. M&M より:

    ただ一言言っときますと、この大阪の将来人口予測は「国立人口問題研究所」のデータを
    参考にしているのかどうか分かりませんが、この「国立人口問題研究所」の能力は評価できないものです。
    今まで大阪府・市の将来人口を外しまくっています。
    例えばここの予測だと、市人口は既に240万人台の筈です。
    擁護する点とすれば、将来の国の総人口を予測するのは難しくないが、
    地域や自治体の将来人口は、個々の地域経済や地方政治も関数として増えるので、
    随分と難易度が違うのだろうという所でしょうか。

トップへ戻る