松井知事:万博支持要請の為欧州に出発「匿名の誹謗中傷はスルーですが、災害からの復旧復興にも相当の財源が必要なので、経済成長は不可欠です」

大阪府・松井知事が万博支持要請の為、9日、中部国際空港より欧州に出発しました。

万博支持要請で欧州訪問 大阪府の松井知事 (写真=共同) :日本経済新聞

 大阪府の松井一郎知事は9日、ハンガリーとデンマーク、イタリアを訪問するため中部国際空港を出発した。2025年国際博覧会(万博)の大阪開催への支持を各国の政府関係者に要請する。16日に帰国する予定。

 関西国際空港から出発予定だったが、台風21号の影響で発着便がごく一部に限られているため変更した。大阪府内で停電が続き、関係機関が復旧対応に追われる中での出国となったことについて「この時点で訪問をキャンセルすれば、都市として脆弱だと思われる。災害の被害を最低限に抑える力があることを伝えたい」と記者団に語った。

 万博の開催地は11月の博覧会国際事務局(BIE)総会で加盟国の投票により決まる。〔共同〕

松井知事ツイッターより引用

(共産党・参院議員が松井知事の行動に批判ツイート)

(出典:https://twitter.com/kotarotatsumi/status/1038080268794441730)

(松井知事の反論ツイート)
台風災害対策については、台風当日の4日午後から政府と連絡を取り合い、6日には官邸で具体的方針をまとめました。もちろん府庁組織もフル稼働です。災害に乗じて風評被害を撒き散らす、共産党の皆さんよりは、働いています。

明日から万博誘致活動でハンガリー・ポーランド・イタリアに出張致します。災害を克服し大阪関西を成長させるために大阪万博実現に全力で取り組みます。

匿名の一般の方々からの誹謗中傷は基本的にスルーですが、一つだけ申し上げると、災害からの復旧復興にも相当の財源が必要なので、経済成長は不可欠です。

<<下に続く>>


テレビでも松井知事の行動を批判した方がいた様で・・・

反維新・反安倍でおなじみの「おばちゃん」

詳しく知らない人達に、さらっと誤った印象を植え付けるコメント・・・

何の為に「首相官邸」に行ったか知ってるのに、わざと言わない

「現場にいない気がしていて

「いない」と断言しないで、「気がしていて」と、
後でツッコまれても、逃げられる様に計算して言っている・・・

相変わらず、狡猾な発信・印象操作

こういう考え方の人達
ほんと、こればっかり!(-“-;)


松井知事
出発の際こんな発言も・・・
「タンカー避難失敗なければ…」 松井知事、衝突に怒り:朝日新聞デジタル


ABC WEBNEWS|【大阪】関空第1ターミナル 14日めどに一部再開へ

タンカー衝突の関空連絡橋、橋桁190m分を起重機船で撤去へ | 日経 xTECH(クロステック)

関空の伊丹代替を要請…国交省 : ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


(出典:https://twitter.com/gogoichiro/status/1039049310070030336)

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 京都の住人 より:

    裏取りせずして好きなこと言えるこんな日本国は、本当に素晴らしい!ただ、こんな発言をして自分の評判が居住地大坂でどうなるかなんて考えないのですかね。おそらく都構想住民投票結果を元に、半数は松井批判に同意を取れるとの考えなのでしょう。この番組は40分過ぎからのスポーツコーナーだけにしましょう(笑)

  2. 椿 より:

    松井さんが出来る事は、大阪の復旧作業がいかに驚異的な速さで行われ、
    『安心・安全』が保たれているかをシッカリと宣伝して下さい。

    また国際外交では当たり前によくやる事ですが、
    『他国と比較して大阪は復旧力が迅速で安全です!』と、
    他国との比較データや統計を示し、安心と信頼を勝ち取って来てください。

    そして、決して忘れてはいけないのは、たとえ日本側がどんなに『真実』を語り、
    正しいデータを出そうとも、日本の成長や発展を望まぬ国は、

    改竄や捏造データを出してでも、
    【日本の足を引っ張る】という事を忘れないでほしい。
    (まあ、この上のオバはんのように、
    日本国内にも、「日本人なりすましの反日ども」も居ますのでね…)苦笑。

    曲がりなりにも、大阪の首長は、国民と同じレベルの
    『平和ボケ・脳内お花畑』にはならないで下さいね。

    国民よりも常に『危機感』を抱き、『国益』を最優先にして欲しい。

    そして航空サービス調査会社・スカイトラックスが発表した世界空港ランキングで、

    ★関西国際空港が「荷物取り扱い部門」で1位!!!になったこともキチンと、
    国際社会の人々に、”リマインド”して下さい!!!

    関西国際空港、開港以来、21年間?
    受託荷物の紛失が一度も無い関西国際空港は、
    「荷物取り扱い部門」で1位となっていますと、それもシッカリ拡散して下さい。

    日本人はいつも「そんな事を言わなくっても…」とバカな事を言ってますが、
    忘れっぽい人々が多い中、リマインドしてあげる事で、

    「そうか、そうだったよね?!」と、
    イメージは回復させる事が出来るという事を忘れないで!

  3. 仲井 より:

    松井知事、吉村市長、

    気象予報が進んだとはいえとんでもない被害が襲ってきた。
    本当に日々お疲れ様です。

    テレビでしゃべるこんな連中が日本には存在することも現実。
    こんな愚か者が大学で教鞭をふるって学生に教えていて給与を受けていることの恐ろしさ。
    おばちゃんという名称を使ってのいかにも大阪を中心にサークルのようなものを作ってるようだが、やってること言ってることは、【おばちゃん】と名づけてる時点で早い話海の向こうのお隣からの連中が集まったどこかの国の集まり組織。言ってることはもう日本国民のことなど寸分も頭にはない。

    さて、
    ここしばらくの
    大阪北部地震、
    今回の台風、

    大阪だけに限らずこれから先、天災による災害はいつ起きてもおかしくない状況に来ている。
    人間の力で抑えきれない部分がほとんど。
    最近、興味深い内容を【ナショジオ】でやっていた。

    メキシコの或る地域で地下からものすごい勢いで摂氏50度近い熱風が噴出しているという。
    そこは昔もともとは実は貴重な鉱物を採掘していた鉱山の。
    後残った洞窟の洞穴。
    その元々の採掘洞窟の、洞窟の地面の地下になぜか大きなひび割れができたようで、そこからものすごい勢いで地上に向けて熱風が発生していた。
    洞窟の中の温度は50度近くて今では人間がほぼそこにとどまれないぐらい熱い。
    でも考えてみたら今から数十年前までは実はそこには何百何千人という鉱石採掘の労働者たちがその洞窟の中で採掘をして飯を食っていた時代がついこの間まであったという。

    つまりその場所は昔は人間が穴を掘ってそこに入っていっても普通の地下の洞窟の土地だったという。

    解説を聞いていると、その土地の数十キロ先までの周辺には火山らしきものは全くないという。

    ではなぜそこにこんな地下から熱い熱風が噴出しだしたのか。
    火山もなければそれらしき原因は考えられないという。
    では何が考えられるのか、
    解説は続き、
    【これは地球の地下のマグマの一部が何らかの地殻変動が起こってこういう形で地上にまでものすごい熱さの熱風が噴き上げだしてきているとしか思えない】という。
    その最大考えられるのがメキシコをはじめ南米及びメキシコと国境をつなぐアメリカ本土のカリフォルニア(特にサンフランシスコやロスアンゼルスなど)や、または、メキシコ近くの南米のチリ周辺で発生している大地震による地球規模での地下で起きている地殻のズレ、ひび割れ、ゆがみ、これらが地震が起きるたびに目で見えるあの実は地球の表面で起きている割れ目以上に、もっとすごい形で地球の地下内部の中心に近いところの地殻でそういうひび割れだとかゆがみのずれだとかが起きだしているのではとこう解説していた。

    つまりはこの我々が今住んでいる地球では、地球の地下深くのそのもので実は内部で粛々とひび割れやずれが実は地球の地下深くのところでそれが起きているのではと、そうでないとこんな今回発見されたメキシコの昔のもう廃坑になっている採掘場で起きているこのものすごい勢いで噴き出す熱風が地下深くから噴き出しているその理屈が説明できないという。

    私がここに以前書いたことがあるが、或る読売テレビの天気予報をやってる馬鹿が、
    地球温暖化は人間の性だ、今すぐにでも国は大きな予算を組んでこの地球温暖化阻止のための環境汚染をなくさせる研究をさせるべきだなどといって莫大な予算をくれと要求していたが、でも今回のこのメキシコの内容で行けば地球温暖化の最大の原因は人間がどうのこうのではなくて、実は地球の地下から地震や地殻変動が地球自体で勝手に起きていてひずみや割れ目ができて祖の割れ目を通して一気に地上に噴き出す熱波による地球全体で温暖化が起きているのではというこのほうが説得力があると思えるが。

    私は今起きている異常気象、これはそもそも人間が起こしたものではなくて地球規模での地殻変動での地下からひび割れた部分からのマグマがそのひび割れをグネグネと地上近くまで上がってきて熱気の吹き上げからきていると思っている。その熱気の熱波の殆どは海に溶けそこで海水温を上げそこから南太平洋やインドネシア周辺、これら地震がいつも発生している地域周辺、この影響で周辺に地下深くにまでに地殻に裂け目、割れ目が起こり、メキシコからフロリダにかけての周辺の海域の海水温を上げそれであのハリケーン並みのものすごい巨大台風が来ているのではと。
    南太平洋上での異常とも思える海水温の急上昇、高温体質の気候、実はこれが原因で異常気象が起きているのではと思えるが。
    最後に付け加えるがメキシコのこの採掘跡の横穴上に掘ったその中はもうものすごい高温で人間がそこにいてられないぐらい熱いがそこから地上では気温は40度前後になっていて徐々に徐々に地上に噴出していた。
    採掘洞窟の中はものすごく暑いのにである。
    だから熱波は一気に地上に出ていなくて徐々に徐々に地上へと分散され吹き出てきている。

    ★これがその私が言う地球温暖化の今の状況となぜか一致していく。
    地下からの熱波は一気に噴き出すのではなくて、現状はメキシコの場合には地下ではものすごく出ているが地上では徐々に徐々に噴出しているということが、ここが実はいわゆる地震学者や気象関係者がきちんと掴まずに地球温暖化はすべて人間が起こしたものだとそう指摘することに答えを作ってしている原因だろう。

    メキシコの姿を見ていると、一気に噴出さずに徐々に地上に噴出していてその間地下の浅いところで(地下60メートルから100メートルぐらいのところ)熱波がそこらで漂ったままになっていて当然そのことで地上の土地の気温はゆっくりゆっくり上がっていくことになる。.
    まあ言えば地下で遠くから熱風を地下の中で、それも地下100メートルぐらいなところでじゅうたんを敷いたように漂ってそこが地下の絨毯のように漂い続けており、遠赤外線のような状態だ。

    これがここ数十年間の地球温暖化がスローに及んでいる原因だろう。

    地球温暖化は人間の仕業ではない。
    地下から、地下で絨毯上に熱波が敷き詰め漂いとどまりだしてきたからだ。

  4. 仲井 より:

    >地球温暖化は人間の仕業ではない。
    地下から、地下で絨毯上に熱波が敷き詰め漂いとどまりだしてきたからだ。

    だから、ここ20年くらいを見ていても、小さい震度3~4クラスまでは別として、日本でも、熊谷、高知、福井、これら摂氏40度を超える異常とも思える高い気温が発生している地域のそこから100キロからそこら周辺で少し離れたところで大地震が発生している。

    地震が多く発生するところには、インドネシアや北米大陸の南端カリブやフロリダ周辺の海域で、ハリケーンのようなものすごい台風が起こりだしている。台風と地震及びそこにはこの異常高温の気温が必ずついてくる。

    昔になるが、あそこまではいっていなかったのに、あのロスアンゼルスで昔起きていたことで、日本でも大きくニュースに出たことがあるが、アメリカロスアンゼルスの道路の路上に車を止めて市内で市民が車の前部のフロント部分に生卵を落として割って直射日光の日照りで焼けているフロントのそこで目玉焼きを直接焼いている光景が流れていた。
    私などはそれを見てアメリカって何でも桁が違うなあって、凄いなあって、アメリカって広いなあって。
    当時そう思った。それが後に発生してるあのカリフォルニアを襲った大地震のことになど全くつなげることもなかった。

    冬はモーレツな雪に覆われ冷え込むニューヨークがあり、しかも熱帯でもあるまいし、これがあのロスやサンフランシスコという大都会でと驚いたもんだが、これぐらい熱波が来てものすごい熱さに襲われているというニュースが日本でも驚愕として流された。ここまでの熱さはアメリカの本土のほうでもそれまでなかったと当時のニュースは伝えこれはとてつもない異常気象だとニュースは伝えていた。

    ところが、そのすぐ後で、サンフランシスコやロスで大地震が多発して起きていた。
    まああそこの地殻には南米へと続くラインでのそもそも火山帯らしきものがあるにはあるんだが。
    ものすごい異常高温の気温が発生して居るときには、地下では物凄いズレがそこで起きており、地球の地殻がズレだしそこからマグマが上昇し地上にまで届きそうになって地上ではその地上においても地域であの異常気温の高温が発生していると思える。
    地殻のズレが限界を超えだす頃に、地下地殻のズレた部分から前触れとして熱波が地上にまで届きだし高温の異常気温を起こし、そこから大地震へとやってきてるのではと。

    まあ長々と持論を書いてきたが、
    大阪での今回の地震や台風による災害、被害は何も今人間がどうこう阻止できるほど甘くないし、ましてや行政が先先に防止対処をといってもそんなもの住んでいるものがまずはその自分らの地域の危険度をまずは自分で自覚しろよというのが筋。
    行政や国自治体で対応できる範囲を超えている。

    自分の話になるが、我が田舎の家は昔ジェーン台風が来た時、海岸に向いた工場の作業場の日当たりのいい海側に面した棟が一つ、襲ってきた高波で、襲ってきたものすごい高さのうねっているあの高波に取り込まれて屋根からすべて丸ごと一棟ごと海にさらわれ持っていかれて、そこは何も残らず五右衛門ぶろのところも一緒に無残に流されたことがある。
    我が家は結構広い砂浜が海岸としてそこにはあり、波打ち際の海からは数十メートル館は離れていて、浜辺からは数メートルにわたって家の地盤として石垣を高く積み上げた上に建てた家や工場だったが、それまで襲ってきた台風には江戸時代、明治、大正と、昭和の以降も別に少々の波などなんともなかったが、さすがにこの時にはそのおかげで別建物棟の風呂があった棟まで、庭の中まで一気に中に入ってきた波の勢いでそのまま舘ごと海岸から沖のほうへ流された。

    その時にも別に行政がどうのこうの、県や町、村役場がどうのなどなど、親父は考えもせずにすぐに粛々と失った流された棟を風呂も含めて家にいてた数十人で突貫工事で瞬く間に普通に再建造して、また生活は以前に戻り(私などはあの鉄で出来た大きな風呂釜の五右衛門ぶろが新品の新しいものに変わり、館もきれいなものが出来上がり、逆にうれしかったぐらいの感覚であった)、また何事もなかったように普通に商売をやりだした。

    今の日本は共産党系思惑を持つ卑しき連中がとにかく日本の国の税金を、自治体が権限を持つ公金を、これを兎に角テレビ新聞を使ってありえないような卑劣な誹謗中傷で煽り立て卑劣に搾取に近い手法でのわがものにしようと、是が非でももらおうと、奴隷はあらゆる手立てでやってくる。

    ★ありもしない醜聞を故意にでっちあげ作りだし、税金をもらえないようにされることに酷いという芝居を打って世論操作をやる。

    それをテレビを通じて流し、いかにも弱い者いじめだのように持っていき、手抜きだと言い出し、いかにも詐欺師らしく弱いものの味方の芝居をやる。

    お前らのほうがよっぽど弱いもの痛めつけの張本人らだろうが!って。

    まあ一時も早く日本から出て行ってほしいものだ。
    最近近所で暴れる違法移民を、法律で追い出し作戦をやっている。
    数年前からだが、警察と役所を加えてやっていたが、これまでの警察は、こいつが違法移民だとわかったとたん警察が当時、引き出しこの件に触らなくなった。

    だが今度の所轄の者らは、これを触りだした。
    こいつも実は公金を搾取していることはだれにも分てることなので、さてどうなることか。

    こんな連中らが集まって【おばちゃんの会】を作ってるのが現状。

    さんまや吉本の芸人がよく言う【大阪のおばちゃん】というこれらの特殊な”代物”は、
    大阪に居てる日本人のことではありません。
    あれは日本人の【大阪のおばちゃん】ではなくて、【大阪に居てる朝鮮人のおばちゃん】のことです。

    全国の皆さん吉本興業にだまされないように。騙されて間違えないように。

    ★日本人の大阪の奥さんで、あんなものらはいてません。

  5. 仲井 より:

    昨夕にかけたがつながらなかったので、関空の総務の管理部門のところに今日電話をした。

    数日休んでいた空港が、想像を超えた関係者の努力でもって、もう開くとあって、テレビで報道が過熱している。

    そこには、どこかに因縁をつける部分はないかと、それが見え見えでのもう必死にそこを探しての報道が続いている。
    一昨日、テレビ画像に映し出された部分で、空港内の飲食店の内容で気になる部分があったので連絡した。

    【このままでは飲食店で食中毒が起きてもおかしくないことを飲食店でやってる姿が見えました。その部分はここですからすぐに全店舗に通知してすぐにやめるようにと、徹底されたほうがいいですよ】と伝えた。

    この空港が開港したは、空港内でこともあろうに早々にもしも食中毒ではそのダメージは計り知れないので、ダブルパンチのイメージダウンになるので念には念を入れて特に注意して気を付けられたほうがいいです。絶対にすぐにやめさせてください】と。

    内容は、
    B級グルメの飲食店では皆さんも普通によく見てて誰でもやってると、それの危険度を認識せずにあまり気づいていないかもだが、全国どこでも雑な日々でのやってることですが、空港でそれは絶対にダメですよと、

    実は絶対にやってはだめということを認識しておかないといけないことがあり、
    ★それは飲食店が仕入れ先から食材を仕入れて店にもってきた折や、何かを仕入れてきたとき、店舗内の調理をやる俎板の上に、そこのところにその仕入れてきた食材の入ったケース、昔はトロ箱であったが今ではほぼ発泡スチロール箱になっていて、それをそのままこともあろうに【俎板】の上にそのケースごとどっしりとそこにおいてしまう行為。
    そこにおいてしまう行為。、
    これは絶対にやってはだめだがそこら辺の焼き肉屋、ラーメンやお好み、たこ焼き、レストラン、これらのところで高級割烹ではこんなこと間違ってもまずやらないんだが最近は職人といっても調理にかかわるものらがバイトのその場だけで手伝いをやっている本当の素人がその調理場で雑用をやっている状態、

    これで彼らはきちんとした俎板の扱いや包丁の消毒等について無頓着だったり、そこにはこれは置いてはだめこれは置いてもいいという目踏みができないものが多く、本当の料理人は主人だけで他は全くそんなことに目もいかないシロート集団が店内で調理助手や調理を直接やったりと、仕込みもㇱロートがちょっと教えられただけでやってしまう現状が多いので、本当の衛生管理だとか栄養管理だとか盛り付け職人だとかが今ほぼいないのが現状。
    安い給料でやるため本当の職仕事での職人があまりいないのでそういう衛生面などもう本当にシロートばかり。

    関空内の或る店舗内がカメラで映っていて、開校を明日に控えて店の関係者が店内で仕込みの最中のようだったが、その折にああやっぱりと思うシーンが写っていた。
    案の定【俎板の上】に仕入れてきた食材を発泡スチロール箱に入れたままで俎板の上にその箱を置き、そこから食材を出している姿があった。

    発泡スチロールの箱の底の部分は、市場では土間においているし、大体はものすごく汚れていてあらゆる細菌がわんさといてる。
    それを俎板の上に直接平気で置けるのが、これが絶対にダメで食中毒の一番の原因になる状況を作っている。

    ★実は日本料理をかじったもの、現在も日本料理の職人や、その経営者で自らでも直接包丁を持つご主人であればこんなことは絶対にやらない。
    ところが最近テレビで話題のあのB級グルメをやってるものらはまあ見てるがまずここには一切無頓着になっていて、だから私はそこら辺にあるB級グルメと話題になっている外食料理は、一切食べようとも思わないし、ほとんど外食はしないで食べたいものはすべて家で自分で作ることにしている。

    テレビで映ったその状況は私はこんな時期に関空でもしも食中毒など起きれば本当にアウトだと思う気持ちが抑えられず電話をして空港に関係している食べ物を提供している経営者をすべて集めてそれを絶対にさせないように徹底してくださいと伝えた。

    こんなこと日本料理では当たり前なんだが今よく取り上げられる料理はもう薄汚い状況で店で作ってるので怖くて食べになど行けない。
    よくあんなところであんな料理を皆平気で食べているのかちょっと信じられない。
    日本料理店で皆さん食べるようにお勧めします。
    日本人が経営していない飲食店、いわゆるB級グルメと言われてる料理での食事は、まず店舗に行ったらそこをまずは見て下さい。

トップへ戻る