民進党(川内原発)江田氏「運転停止要求」主張、岡田代表「(運転停止に)科学的根拠がない」 TPPに続き、またも党内不和

TPPについて党内で統一見解がまとめられず、
それを露呈させない為、委員会でお門違いの批判をして審議入りを先送り(時間稼ぎを)している民進党。

予想通り、原発対応でも足並みが揃いません・・・
<民進>川内停止要求せず 旧民主側が慎重姿勢(毎日新聞)

(引用)
 民進党は20日に行った熊本地震に関する政府への申し入れに、九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の運転停止の要求を盛り込むことを見送った。旧維新の党出身の江田憲司代表代行が意欲を示していたが、旧民主党側が慎重姿勢を示したためで、原発を巡り党内に不満を抱える結果となった。

 岡田克也代表が首相官邸に安倍晋三首相を訪ね、激甚災害の早期指定など7項目を申し入れた。川内原発には「安全性を不安視し、一時停止を求める声もある」と触れたが、十分な情報提供を求めるにとどめた。岡田氏は記者団に「政府が説明責任を果たすことが先決だ」と述べた。

 同党内では、熊本、宮崎、佐賀などの県連から不安の声があがり、江田氏は18日の記者会見で運転停止要求の検討を表明。しかし、党幹部によると、岡田氏が「科学的根拠がない」と否定的で見送られたという。共産党は16日に運転停止を政府に申し入れ、生活の党の小沢一郎共同代表も19日の会見で「止めるよう申し入れたい」と表明しており、旧維新側から「歯切れが悪い」と不満が漏れる。

 旧民主には電力総連などの支援を受ける議員もおり、踏み込んだ対応を打ち出しにくい。民進党の綱領では、旧維新が主張した「2030年代の原発稼働ゼロ」が盛り込まれたが、「原発に頼らない社会」などのあいまいな表現に変更された。

 山尾志桜里政調会長は20日の会見で、申し入れ内容について「これが現時点での党内の一致した見解だ。歯切れのいい発信は大切だが、それ以上に組織として一致した意見を発信することが大事だ」と、意見集約の難しい党内事情を認めざるを得なかった。(引用終わり)

一方、疑惑満載の山尾志桜里政調会長・・・
民進・山尾政調会長 元秘書と弁護士間で交渉 多額ガソリン代計上問題(産経ニュース)

山尾氏の説明通りだとしたら「元秘書」は「犯罪者」だと思うんですが、
「交渉」しているそうです。
何を交渉しているんでしょうかね??┐(´-`)┌

関連
民進・山尾志桜里議員「今度は脱税疑惑!?衆院選直前に不可解な『500万円の移動』」
「万一、民進党がTPP法案に反対すれば、国民は政策に一貫性の無い政党と判断するでしょう」(衆院本会議)お維・下地議員 2016.4.5

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る