橋下市長「大阪ポンコツ会議と都構想、(どちらが良いか)しっかり見てもらいたい」定例会見2015.8.6

「内容」
(市政関連)
・夏のおすすめイベント紹介
・質疑応答
(市政以外)
・質疑応答

大阪会議・歴史教科書採択の件など、今回も内容濃いです。
橋下氏「ポンコツ会議だ」酷評の大阪戦略調整会議、第2回会合「13日開催」通知も自民反発(産経west)

大阪市、「歴史の流れ大切にした」育鵬社歴史教科書を選ぶ(産経west)
橋下氏、上西氏の写真集「買います!」 「怖いもの見たさで買う人もいる」「炎上商法ならすごい戦略」(産経ニュース)

今回も、朝日記者はひどかった。
これは、明らかに取材を逸脱している。
揚げ足を取る為の議論を吹っかけて、それが得られるまで、延々それを続ける・・・

今回、見かねて市職員が止めに入りました。
他社も迷惑してるはず、同じメディア同士、朝日にはチャンと指摘しないと・・・(-_-;)

おなじみ、奥田記者とのやりとりも同様・・・
橋下さんの返しは笑えましたが・・・(^^ゞ

こちらにも触れていましたね。
新教科「歴史総合」誕生、世界史必修見直し、近代は日本史と融合(産経ニュース)
高校に新科目案「公共」「歴史総合」 18歳選挙権受け(朝日新聞)

再度、この本を紹介しておきます。

GHQの労働諮問委員として来日し、内部の情報に直接触れた著者が、東京裁判の年、1948年に書き上げたものです。
しかし、日本での出版は禁止され、1995年ようやく初版が出版されました。

「アメリカの鏡」と言う題ですが、
中身は、戦前・戦中・戦後、日本・欧米列強の態度・思惑を、史実を元に、可能な限り中立に分析しようとしています。
しかし、それは、当時のアメリカ政府もしくはアメリカ人の態度・振る舞いでさえ厳しく批判する内容になっています。
(アメリカでは当初は注目を浴びたようですが、その後、無視されたようです・・・)

1つの過去の歴史の評価ですので、正しいとか間違ってるとかは、人ぞれぞれだと思いますが、先の大戦の1つの見方として読んでみては如何でしょうか?
(ここにいらっしゃる方は、皆さん、もう読んでますかね(^_^;))

教育改革を、しっかり進めてきた下村文科大臣。
しかし、この改革を、良しと思わない人達も少なからずいます・・・

新国立問題で、下村大臣への風当たりが強く感じますが、これを機に辞めさせたいという部分もあるのでしょうね・・・

関連
松井知事「(大阪会議)議員だけで代表者会議!?おかしいでしょ!」定例会見2015.8.5
「御堂筋に、F1走らせます」水都大阪2015 セレモニー 橋下市長・松井知事2015.8.1

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    -ちちん-での橋下市長会見を取り上げるコーナー。
    毎度の事ですが、酷すぎる内容。
    アンチなMBSのアナや局員は仕方がないにしても、本人の前では何も言えないへタレ落語家?や元何かの選手?は-金魚の糞-丸出しのコメント。(このコーナーに小籔さんが意図的に外されてるのは、放送局がタレントに対する言論弾圧-パワハラ-です)
    ここまで偏向が酷いと面白くなってきます。(会見をノーカットで見てない人は騙されるんだろうなぁ)
    いつもは少数派の意見を無視するなと言いながら、都構想に関しては、ほぼ半分の賛成意見はガン無視ですね。

    住民投票で否決されて、そのまま都構想を実施すれば住民無視になりますが、都構想を再度公約に掲げるのは何も問題ありません。(住民投票で反対に入れた理由に、よく解らないと答える意見が多かった事実もあります)

  2. 他府県民 より:

    仲居さんのコメントは説得力があります。否決された今となってはどうでしょうか。
    都構想は消え失せて市民は大阪市の今後を温く見守るしかないでしょう。
    松井知事も憔悴してやりきった感が見受けられます。何度やっても勝てないかも?
    廃れるのか潰れるのか繁栄するのか、結果はどうせすぐには出ないのです。
    もう成り行きにまかせてみてはと思います。それより国政に行って欲しいです。

  3. Keisuke より:

    報道に対しては、市民がどう思っているかによるでしょうね。
    MBSやちちんぷいぷいの放送内容を見て「そうだそうだ」となってしまうのなら、それまでの話なのでしょう。

    ただ現状はかろうじて批判ばかりでないテレビ局もあるので、やるべきことを粛々と様子を見ながらやっていけばよいのではないでしょうか。今はまだまだ辛抱の時間帯と割り切って、諦めず潮目が変わる時を待っておくのが良いと思います。

    三十郎さんのブログでもあからさまな反対派と見られる輩のコメントが見られました。しばらく彼らが沈静化していたことを考えれば、大阪ポンコツ会議への批判を受けて焦っている面はあるのかもしれません。「結局彼等は怖いのかな」というのが正しい見方だろうと私も思います。

  4. 匿名 より:

    〉他府県民さん

    よく「大阪なんか見捨てて早く国政に出てもらいたい」といったことを言う人がいますが、地方政治で何も解決出来なくて国政で一体何をするのですか?

    日本は沢山の地方から成り立っています。その地方自治体がちゃんと機能しなければ、いくら国政で施策を実行しても焼け石に水。

    その上、大阪には中心部分に二重行政の象徴ともいえる巨大な市役所があるという特殊事情を抱えているが、未だにこの状況を理解できていない方が多く見受けられる。

    日本は大阪市役所という爆弾を抱えている。都構想が否決され、大阪戦略調整会議で何も決定出来ない状態が延々続けば、大阪市は財政破綻するだろう。そうなれば大阪府だけでなく日本全体にとって大きな損失になる。

    橋下市長のことを応援している割には、市長がなぜここまで大阪都構想の必要性を訴えてきたのか、そこを全く理解できていない人が多いのはとても残念だ。

    将来の日本を思うなら、間違っても「大阪なんか見捨てて」などと決して言わないでください。

    そして大阪市の今後の行く末についてしっかりと見守り、少しでも状況を打開出来るよう皆さんの力を貸してください。お願いします。

  5. 仲井 より:

    橋下さんが定例会見を遣り出してからの状況で、
    いつも見ていて思うことが、
    大阪のマスコミメディアが一切やらないことがあります。

    どういう会見でも、特に定例の首長の会見、政治家らが会見すれば、普通は、何処に予算がおかしく使われている(国立競技場の件など典型例)とか、
    今度立案した計画書での予算の
    【ここに無駄がある】とか、新聞社テレビ局らが捜してきて
    【どこそこに今度付けた予算には肝心なところに行かずにピンハネではないのか、効果は無いのに予算が無駄なところに】とか、
    問題がある、あんなところにこんな多額の予算が、多すぎる、おかしいと言うように、とにかく
    【こんな要らぬのにこんな多くの予算が】とか、殆どが【無駄だ】とかを探してきて、時の首長に問い詰めてという状況が、指摘という内容で今までは来ていた。

    大阪で、橋下さんが首長という立場で出てくるまでは。

    ここまでの橋下さん以降を見て貰えればよく分かるが、
    橋下さんが来てから、
    とにかく予算が無駄に使われているのではないのかの指摘内容は、一度も会見場の場での記者からの首長への指摘事項は見たことが無い。

    東京を見て貰えれば毎日のように無駄な予算を計上し効果など信用ならんなどと言って、とにかく要らぬところにこんな予算をどうのこうのと、もう毎日のように指摘事項が全国に広がっている。

    だが大阪を見ていると現状、マスコミメディアが橋下市長主導での予算計上でここまでタダの一点も無駄だと追及された予算項目は指摘で出てきたものはほぼ無いと言える。
    これが実はすごいことなのだ。

    たいがいは選挙支援団体などへ当選お礼約束見返りの既得権優遇状況が普通に行われ予算が不正に流動して流れるという場合がほとんど。
    橋本さんになってから予算がカットされたどうのこうのはよく質問で出ているが、でも無駄だとかの追及は一切できない、つまり道理に沿った無駄のない予算計上の組み立てに、完全無駄なし行政予算になっているのだ。

    現に定例会見場で、記者らから、
    【ここに使われている予算は無駄だ】と言って追及は、あの市長再選挙のあの選挙費用のあの予算の時ぐらい。他は一切聞いたこともない。

    あれもまったく的外れた指摘であり、彼らの指摘に全く意味さえもなさない、当たらない内容だということは明らかであるが。

    行政の置かれている毎年度の組み立ての予算内容での、ここが無駄だと奴らが指摘出来た指摘事項は、橋下さんになってからここまでほぼ無い。
    現に指摘されていない。

    橋下さんの過去からの庁舎での会見を見ていると、
    記者らが首長に向ける質問は、いつも【ここの予算を切ってしまうと困る人が出てくるのでは】というこの内容のみ。
    ほとんどがこれ。

    つまり予算を個別案件で削減とか切ってしまうとかそういう内容しか新聞社テレビ局は一切質問をやっていないし、やれていない。

    これは橋下さんという人の凄さを表す意味で、これこそが実はすごい価値になる。
    ここまでいかに橋下さんががんばって可能な限り振り分けの公正性を計り、決められた予算をメリハリと国民市民府民、すべての人へのどうすればいいのかを、配慮を考慮した上での判断をし、そして公正さを守る上での人間としての道理を考えて組み立ててきたか、しかもそれに後に見てみて、無駄と言えるものがいかになかったかを結果がそれを表している。

    首長、政治家、特に予算を、行政のトップとして見渡す立場に座っている者は、全体像から枠付けをどうやって振り分けていくのかのものすごい決断と実行と判断を求められる。この自治体が抱えるいま喫緊の課題は何か、優先順位も必要だしでもそれだけにもとらわれないようにも長期計画もいるし非常に困難な決断を求められる。
    こと行政の執行に関しての橋下さんがここまでやってこられたことで、これ以上のものっていったい何があるのかを考えても、だれがやってもできないことをここまでやってこられて、今これが精いっぱいだろうと思っている。
    これ以上のことって何があるのか、これは日本国民がまた考えればいい。

    立案で出すことは非常に大事だがそれをいつどういう結論でどう決めて判断するのか、ここが出来る人でなければならぬ。
    市民や国民に、いかに少ないリスクで済ませられるのかという選択と決断。

    これをやれているのが今の橋下さんだ。

    この能力が、政治家として市長、首長は、それをより求められる。

    ここが出来ているかいないかがそれが本当の意味での
    【凄いのかを計れる基準】になる。

    こんな人は、日本の歴史に於いて、もう出てこない。

    橋下さんの手前に橋下さんは存在せず、橋下さんの後にも橋下さんは現れて出てこないだろう。

    橋本さんという人のそのすごさを、この人の価値を知って解っているから、新聞テレビはいまでは橋下さんの日々の内容をわざと「しかと」して、すごい内容についてもできるだけ活字にも出させないことに徹しており、ほぼほとんど無視状態にして知らぬ顔で報道で流さないのだ。
    報道で橋下さんの報道を出せば、当然安倍さん以上に桁外れた影響力が強くなるので、それを一番恐れ怖がっているのだ。

    橋下さんに表で大きく出てこられると非常に都合が悪い状況になっている者らが今のこの日本を動かせて日本の国家予算の半分以上をその連中が食い物にし手にできる状況になっているのだ。

    橋下さんが表で大きく出てくれば、この国家予算の半分以上手にしてきた連中が自分らがここまでつかめていたものがバッサリと切られてしまう恐怖を持っているのだ。
    何もせず富雄泡で掴めていた国の予算がきちんと行政を見れる判断できるそういう者に出てくれば今までの国家予算を不正取得、不正流動構造、搾取同様の予算の分捕り食いつぶしがバレて、何も知らされずに騙されてきた国民に晒される。

    国民に内緒で、受けられるはずもない不法な連中らに渡されてきた毎月一億円以上の官房機密費受け取り行為など、犯罪行為と同等でありその典型。もうあらゆるところに埋もれて隠され表で出ている名目とは違う流しでの特殊権益連中が大きく口を開けて毎年待っているそこに毎年のように決まった大金のあぶく銭が流動されていく不正予算。

    橋下さんが出てきてこれを直に国家の予算を仕組みを見れば、これこそが日本国民のものすごいプラスになるし、日本国民が過去ずっと騙されピンハネされて来て薄汚い奴らだけが潤っていたこの連中を、すべて排除してしまえば、もう赤字国債など日本は一切出さずに、皆無で、日本国家は大きく黒字経営になるはずだ。

    自前のイージス艦も潜水艦も空母も、戦闘機も、すべてが賄っても余りある予算が組めて、国民から集めた税金を今半分が実は特殊連中が食い物にして上前で抜き取っているので、これらのこの連中らの取り分をはぎ取ってしまい、それで残されたものをきちんと国民に公平公正に返せば、国民への還元も今の倍ほどの行政サービスが受けられる可能性もあり、国家利益豊潤経営になることだろう。

    本気でやれば、最低でも国家予算の15兆円がそのまま国民に還元ができる予算になると私は概算している。

    今は国民の予算を国家予算全体のほぼ半分が実は特殊な既得権益を持つ連中に、この連中らに初めから奪われていて、奴ら(ほとんどが日本国籍をだまし取った朝鮮人家系の者)が、国民の税金を名目だけまともそうにして仕組みでそれができる構造を作りだまし取ることで、それで奴らは実は食っていて、その税金をだまし取ることでしか奴らは食えないようになっていて、奴らが奪い取ったそのわずかなその残ったわずかで国民が行政サービスを受けている状況。

    だから全国にこの国民から預かったその税金を奪うことだけで生活している連中が、ものすごくいてるということを国民は早く認識すべきだ。
    大阪湾岸道路でのキックバックを受け取った連中のなかに、大阪北区の高級分譲住宅(住宅供給公社扱い)の持ち主で、そいつは大阪のれっきとした元高級公務員。
    こんなやつが大阪をはじめ全国に実はものすごく存在しているのだ。
    この住宅購入時は奴はまだ現役の公務員だった。

    こいつらに渡るモノさえ政治が排除させて国民にそっくりと返してもらえれば、国民は非常に快適な生活が出来ることだろう。
    今の予算がおよそ倍になると思っていい。
    何しろ今までほぼ半分がそいつらにとられていたものがそっくりと返ってくれば当然行政サービスに回せる予算は今の倍になる。

    大阪の教育予算が5倍になったことと同じ構造。
    違うところに回していたものを取り返せば学校現場にも数倍の予算が組める。

    橋下さんだからできたのだ。

    知事の時だったか、初めに
    【野中さんが言っていたが橋下さんのやり方はどうのこうの】ってわけのわからんのに、【野中】の名前を出せば言うことでも聞くとでも思ったのか、偉そうに言っていた毎日系の朝鮮人記者、彼女には言いたいねえ。

    【聞く方角が違うだろうが!って、記者ならまず法律にのっとって聞くことがあるだろうが!って。聞くべきは、野中さん、あなたの家系は江戸の時代から日本人ですか?って聞いてこい!そっちが先だろうが!】って。

    国全体の予算を食いつぶしていた連中に、制裁と奴らへの流動を排除をさせれば日本という国は予算は結構あるのだ。

    この既得権益の持っている連中に担がれた政治家が当選して国民に本来は行政サービスに回すお金を、これを市民国民に回せずに、こいつらがだれも手を付けていない段階でまず先にピンはねでかっさらいそれが懐に入ってしまっているのだ。
    毎日新聞の天下りが大阪で受け取って食いつぶしていたあの高額給与とされる1800万円などその典型。

    1800万円もあれば、昨日小学生が大阪市議会で言っていた【小学校の汚いトイレ改装工事費用】が、この金額があればこれだけでおそらく約4か所ほどがトイレの改修工事できる。

    大阪の市会、府議会議員の報酬を、都構想で言っていたように3割カットすれば、年に5億~6億円は十分に浮いてくる。
    この浮いた金額があれば、この金額で大阪全体の学校の古くなったトイレでの改装工事等は長くても2年ほどで全域可能ではないのかねえ。

    おい!
    自民党公明党共産党、民主よ!

    お前ら議会で小学生が要求したことを聞いていたよな!
    お前らが自らを切ればこんなことなど明日からでもすぐにでも出来る。
    日ごろ子供たちのためにどうのこうのって偉そうに教育者張りに言ってるよな!
    そこで、じゃあやってくれよ!
    ここは男だろうが!
    今日にもすぐに自らで議員全員が申し出て、子供たちのトイレ改装改修工事に自分らの給料はカットしていいと申し出てやれよ!
    その金ですべてすぐに可能だぜ!

    子供のことは大事なんだrou?
    嘘だったのかあ?
    口だけだったのかあ?

    あんなかわいい将来の日本や大阪を担おうという子供たちが、せっぱつまって言っているんだから、大人の議員なんだからさ、すぐにでも自分らの給与カットなど話し合いで出来るなどと言っていたんだから、すぐに月曜日にでもみんな議員は署名して、市長知事あてに議員報給与3割カットの法案を出せよな!

    頼むぜよ!

  6. 京都の住人 より:

    仲井さんのおっしゃることはごもっともです。でも既得権益者や議員公務員の高額給与受給者がいなければ、子供の教育費に一家の収入の三分の一を支出する家庭がなくなり、ブルジョワ体質の私学高はもとより国立の小中高大に至るまで恩恵を受けられなくなります。東京では区によって、幼稚園、小学校のお受験が当たり前になっているそうですが、大阪や京都でも見えない所でそれらの方々は蠢いておられます。そのような平民と住む世界が違う方々が減ってしまったら、☆のお店がなくなりB級グルメ化し、高給ブランド店がメイン通りから消え去りますよ。こんなひにくを言っていたら突っ込まれそうですね。「俺らは身の丈にあった生活を送っている。お前らに言われる筋合いはない!」と。こんなとこでしょ。反橋下でいらっしゃる方々は。

  7. Keisuke より:

    > でも既得権益者や議員公務員の高額給与受給者がいなければ、子供の教育費に一家の収入の三分の一を支出する家庭がなくなり、ブルジョワ体質の私学高はもとより国立の小中高大に至るまで恩恵を受けられなくなります。

    すみません、仰っていることの意味が理解できなかったのですが、既得権益者や高給取りの議員がいなくなれば大阪から「金持ち」がいなくなる、と仰っているのでしょうか?

  8. 仲井 より:

    既得権益者と書いたのがいけなかったようで、
    本来は手にしてはいけない内容の者が今の現状手にできている世界が実はおかしいのです。
    それも私の言っているものはそのものが普通に稼いだお金というものが対象ではありません。
    税金の話です。

    自分で自分の力で大いに稼いで大いにいい生活をしてもらって、結果多くの税金も払っていただいて結果それが全体を潤す。
    これであれば私は非常に道理に合った良い構造の社会だと思います。
    競争もしかりで良いと思います。

    その状況に及ばない人にはそこは国家が税でそれをできるところまで支えてあげる。
    これであれば非常にいいバランスの状況だと思います。

    問題なのは、
    本来税金が流れていく道筋が、いつの間にか税金としてではなくて、それが箇所付けの限られた既得権をいつの間にか持った者らが国民に見えないように流す仕組みを作っている、このことが最大の問題です。

    この間一寸書きましたが、
    数年前のあの自民党最後の頃の政権のおり、世の中景気が悪くなり、しかも自民党がなんとか下げてきた支持を落とさないようにと泥水の冷や汗の脂ぎった水たらして考えたあの公明党と組んで始めたあの特別景気対策、あの時にもとんでもないことが実は平場では起きていたんです。

    具体的酷い話の実態を一つ上げて見ます。

    緊急景気対策と称して大型予算を組んで自民党が当時繰り出したあぶく銭の国家予算、あの時に独立行政法人の【UR】に、多額の資金が供与されました。
    総額約1000億円。
    これだけの大金があの天下りの典型的法人に充てられました。

    表向きの目的は、世の中を見ても現状現場が冷え切っている。これは一つ大型予算で現場で働く人にも企業経営者にもいい目を見て貰いたいと、景気を上げたいと出した物凄い金額の大型予算。
    もうまるで目をつむって出したのかと思うほどのお金。
    この税金は末端の平場での現場での従業員にもいい目を味わってもらおうという意味合いも相当あって、政府としてもそれも理由の内に入っての出したはずだったのだが、でも現実の現場はどうだったのか。

    【UR】はその金でさっそく全国の空き家他部屋の改装工事、クリーニング、【UR】住宅地域専有部分での敷地に於いての整備事業、これらを全国単位で一斉に行いだした。
    今に置き換えれば、つい最近では部屋ごとの昔に配備していたベランダ側の旧式窓枠の全国一斉取り換え工事、旧間取り状況の改善と、全国一斉での旧式部屋を若者向け住宅間取りへの改装工事、これらを大々的にやりだした。

    さて問題はここから。
    皆さんもダスキンなどで部屋の清掃を頼まれた方はおられると思うのでわかると思うが、マンションタイプでの3DKでのダスキンであれば、一通りの清掃作業での料金は9万円から12万円程。もう少しいけば17万ほどかかる。

    部屋の全体清掃の掃除は無論、ベランダ扉窓ガラスの拭きとり作業から、クーラー室内、室外機とも、すべての換気扇、お風呂からトイレ、炊事場、洗面部分、床のフローリングのワックスコーティングなども含めれば、もう少しかかるぐらいの価格。

    でも、【UR】は、この工事を自分のところのファミリー企業のJSに丸投げし、JSはこれを元受業者に、元受はこれを下請けに、そしてこれを再度また下請けに、そしてこれを孫請けに、そして最後に今度漸く清掃会社にたどり着く。

    この最後の清掃業者に来た時点の仕切り価格は1万5千円。
    ワックスによるフローリングが加わった場合には3000円アップ。
    つまりダスキンなら9万円から12万円の仕事がURから渡ってくると1万8000円になっているというわけ。

    ほぼダスキンと同じ範囲の現場仕事量と、質も、同じレベルの仕事の内容を科せられる。
    この業者はわざわざJSの服装をさせられての作業になる。
    まったく違う企業でありながら、その【JS=日本住生活】名前入りのの指定の作業服を無理強いされての作業となる。
    つまりここの作業は下請けになど回していません、【UR】と直属の企業の【JS】がやっていますと見せかけているのだ。

    丸投げしていることが住民にも、世間にもバレ無いようにとの工作だ。
    税金が投入されての内容なのでこの時には【UR=昔の日本住宅公団】も【JS】も非常に神経をとがらせ、バレないようにと、現場で
    【君らJSの人かあ?】って聞くと
    決まって即答で
    【そうですよ】って答えてくる。うそをつくように言われているのだ。

    問題はここからもっと大きなものがある。

    特別景気対策予算だったはずなのに、目的は現場にもとにかくいい目を味わっていただきたいと政府が思ってUR宛で出てきた莫大な1000億円という予算、現場で工事を作業をやっている連中には実は一切収入は増えない仕組みになっている。
    現場でこの3DKの部屋を掃除するのに、だいたい6時間ぐらいかかる。

    しかも2名がかかりきりでやってだ。
    これでこの清掃の会社にはURから1万8000円しか支払われない。この金額から車代、ガソリン代、特殊洗剤代、ワックス代、用具代、従業員2名分の日当代、そして企業の取り分。
    これで行くとその清掃業者から従業員には一体いくら支払われるのかということになる。

    朝早く現場に行き、2名で汗水たらして現場で6時間、特別洗剤で手はかぶれ刺激で目は真っ赤にして、あらゆるところまで完全清掃をやり、これをやって彼ら従業員には一人いくら給料になってくるのかと言えば、ふつう大体日当が一人4千円少し、時給は地域での最低決められた最低料金の700円台レベル。
    清掃時間だけが給与対象になる清掃業者もあり、ひどいのになると、仕事始めが交通費なしの現場集合という企業まである。

    ダスキンであれば、10万円前後の清掃費用が、URでも表では10万円ほど住民に請求する。URの帳簿上も10万円ほどということになっているようだがでも現場にわたる金額はわずか1万数千円。
    これで景気対策の大型予算なの?って誰もが思うでしょう?

    だがそれを行っている下請けの清掃業者には、その金額だけ支払われ、途中ですべてが中間の連中がピンハネしていっているのだ。

    もう一度書くが、
    これはあくまでも景気対策として国から税金でURに渡された景気対策事業としての景気対策予算。

    これで見たら、景気対策にあずかっているのは、上のURとJSのいわゆる天下り組織、それにぶら下がる多くの業者。
    こいつらはほぼ仕事はしていないしないといっていい。
    ただ連絡の仕事だけ。
    これがピンハネ業者の実態。

    これで景気対策、現場に元気をってなってると思うわけ?
    痛めつけているだけ。痛めつけられた業者を抱える高知尾で上のほうは何の仕事もほっぼなくて莫大な税金が流れる仕組み。

    この作業の金額を見てあまりのひどさに驚きませんかあ?
    これが今の日本の朝鮮人が国を操り、出てくる税金のほとんどを、国民よりも先に手を出して先に手に受取り、残りかすをほんのしずく程度を国民に億ばっているだけ。
    朝鮮流この方式がここまでシステムで動いています。

    大阪と全く同じ構図です。
    議員も朝鮮人、公務員も朝鮮人に埋めつくあされるのはもうすぐそこです。
    日本人国民が税として手にするときにはすでに半分は先に朝鮮人連中らに奪い取られた後ですよ!

    まともに作業をやりへとへとで働かされているこの人たちは、いったいどういう恩恵を受けられるのか。
    この人らが働いた分が実はこの上前をはねている連中に預けられる。

    税金というものは、公平公正にきちんとやった者に支払われ、特に公共的に税が流入した者はそういうピンハネは絶対に入ってはいけない種類のもの。

    そんなことはない、知恵あるものが奪い取ればいいと思うこれを良しとしてきたこの朝鮮流の薄汚さが、つまりは日本の社会をここまで借金大国にしてしまった。本来の税金が税金の目的に使われてはいないのだ。
    国を出てからピンハネが始まり地方に来た時点でもう渡される先が朝鮮流に決まっているのだ。
    国民の税金は国民が見えていないところに、今行方知れずのままなのだ。
    その分が、ぜい肉だらけの見苦しい薄汚い大きな腹をして遊びほうけている連中にわたっているのだ。

    本来景気対策などという名目なら、
    現場を潤わせたいと本当のトップが思うなら、そんなに税金を使うなら、現場が一番取り分は多くなければいけない。

    だが全くそうではなくて、ただ座って飲み屋で遊ぶ天下りの仕事も無い連中が食い物にしてきたこの構図を、何とか覆したいと思っているのだ。
    みんながそういうもんだと思っているからダメであって、これはおかしいと表で叫ばないと、何も動かない。

    良い目が出来る人がいてるからその人がこぼしていくからまた世の中が潤うなどこんな邪道がまかり通る世の中はこれはドロボー国家になってしまう。

    日本は今や朝鮮流泥棒一家が組を作って、日本本土を盗みのプロで固めてしまっている。
    あの毎日新聞の天下った1800万円隠し取り事案を、あれを橋下さんが暴露してその後テレビ局はすぐに報道で出しましたか?
    ほかのマスコミが出しましたか?
    上西の内容はすぐにも出しましたよね!
    毎日新聞の件は一切触れもしないし、どこもが報道もしないでしょう?
    あれでよくわかるでしょう?
    日本国家はいま泥棒が偉そうにできる社会国家なんです。

    どろぼーはドロボーの内容を絶対に言わないのです。口にもしません。
    仲間だからです。自分に降りかかってくるからできるだけ触らないのです。

    おもてで出してしまうと、自分のドロボー内容が出されてしまう恐れがあるからです。
    つまり国民から見れば税金という公金に関われば、しかもいかにも隠れてのこれはすべてがドロボーと同じです。
    奴らは皆ドロボー同士なんです。

    マスコミまでがその仲間なんですから、日本は今泥棒連中が報道に関わり、泥棒が公務員になり、ドロボーが教師になり、大学教授になり、泥棒が天下り、泥棒がその席から取り分の計算を国民よりも先に手を伸ばして計算して自分がいくら手にできるのかを計算して口を開けて待っているのです。

    こんな連中は国家にはそもそも要らないのです。
    要ると思うこと自体がおかしいのです。
    要るのは一般のまじめな国民なんです。
    日本人の。

    公金がかかわる場所への毎日新聞天下り事案を見れば、しかも目が飛び出るほどの高給を泡で掴むように掴んでいるそのいやしき卑劣さこそが、公金騙し取りのドロボーと全く同じ発想のその象徴的内容ですね。
    あれこそが日本は今朝鮮流ドロボーがこの国を仕切っている証なんです。

    日本があんな卑劣な日本国籍だまし取りの朝鮮人に、まさにどろぼーに支配されている国だなど情けないとおもいませんか?

  9. 匿名 より:

    下村大臣はどんな素晴らしい改革を進めてきたのですか?私には良さが全くわかりませんが.

    STAP細胞を発見するその有能さゆえに陥れられた小保方さんの価値をわからない人に,教育を語っていただきたくなんかありません.

  10. 京都の住人 より:

    KEISUKEさんに御理解いただけなかったこと許し下さい。幾度か管理人さんに添削して頂いているほど文才がないのです。私の経験をもとに思うがままを述べていますので、起承転結も糞も有ったもんじゃないのです。ごめんなさいね。既得権益者、議員がいなくなれば似非金持ちがいなくなると言いたかったのです。誰を既得権益者と決め付けるのかが難しいのですが、良く廻りを見渡せばあっちこっちにいらっしゃいますよね。

  11. 匿名 より:

    いつも思いますが、朝日新聞って最前列に陣取って他社そっちのけで自らのイデオロギーを橋下市長にぶつけまくるの止めてくれませんかね?特に南って言う記者。あとABC木原にMBS奥田・・・こいつらだけでいつも会見の7割くらい時間とってくだらん質問ぶつけまくって(呆) 他社はな~んにもこいつらに言えないんですかね?

  12. 仲井 より:

    朝鮮人は年上と先輩に頭が上がらんようだ。

    私などそう言う風潮がもうまったく訳が解らんが。
    意見が違えば、ぶつけ合う意見激論は、年上年下どうのこうのなど全く関係ない。

    私の子供など意見をものすごく突っ込んでくる。
    寝ないで徹夜で激論をやることなど何度もある。
    教育についてとか学校の問題についてとか。

    大阪のこのこいつら記者を見ていると、
    もう記者ではないね、こいつらは。
    ただの卑劣な操りの朝鮮人の集まり。

    こんなやつがよく会社の名前を出して名乗って出ているわって。
    それをやっていることに、そいつの会社があれを見てよく恥ずかしくないもんだと、其れにも気づけないほど、馬鹿ばかりの朝鮮人記者ばかり。

    戸籍と国籍はだまし取れたが、さすがに日本人にはどうやってもなれないんだろうねえ。

    うちの子供の方がもっとましな質問するよ。

    いつも会見場に来ているこいつらこの記者連中は、
    こいつら死ぬまでどうやっても日本人の感覚がつかめないんだろうなあ。
    必死で成り済まして日本人に見えるようにと真似をしているが、そもそも根っこがまず違う発想だもんなあ。

    奴らには根っこから解らんのだろうなあ。
    日本人というものがどういうものかを。

    身分制度のあった国と、それが無かった国とでは、
    人間の根本の発想の遺伝子そのものの、その出だしからすでに違うんだろうなあ。
    会見場の内容で、いつ聞いていても、こいつらが聞いてることって、内容の捉え方のその肝部分は、初めから奴らの思惑が見えていて、何か方角が全く違うもんなあ。

    いつも内容のその肝心な中には絶対に入らずに、その周囲のところを突っついて、そこから橋下さんの頭にはそんなことまったくないのにさもあるかのように世間に見せようと、その思惑見え見えでの聞こうとし、なんでもひつこくそれを政局、思惑でやってるだろう内容にもって行こうと、ひたすら中身に入らずに政局の思惑でやってるのが橋下さんの日ごろの行動だと、世間にとにかくそう思わせようと、ちょっとでも言葉の落ちたものを出させようと、もう朝鮮流丸出しの卑劣極まりない素性丸出しの連中。

    だから維新が一度でも会合を開いて協議をしたら、マスコミはすぐに人気が落ちていることを気にして会合を開いてやっていると見せかけて維新の存在感を出そうとやっていると、存在感を見せるためだけにやっていて中身はただそれだけで何もないという伝え方。

    世間に見せるためだけの会議で、それを見せることで維新はやっていると見せるアピールだけが目的かのように報じる。

    馬鹿かこいつら!って。

    物事の協議をしたらそれがすべて維新のアピールだけが目的かのように伝える。そこで何がどういう内容でどういう意見交換でどういう結論を導いたのかなど伝えない。とにかくそのニュースの締めくくりの文言で最後に必ずいうことが、威信をアピールすることが目的のようだで終わる。
    この一言を必ず付け加える。
    これこそ典型的な挑戦流やり方。
    日本人には絶対にこれだけはできない手法。
    恥ずかしくてそんなことは口が腐っても言えないが朝鮮人は根っから人生そのものがすべてが思惑と狙いで生きているので、何をやるにも人に見せることが目的なのだ。つまりすべて思惑で生きているのだ。

    だから、
    朝鮮人に世界で一番信用しない人種は?と聞かれたら、彼らは迷うことなく即答で必ずと言っていいほど、自分と同じ国の民族の朝鮮人だと答えるのだ。
    彼らの世界には、朝鮮人の世界には、真実というものは実はないのだ。
    だからノーベル賞をとれる化学者が朝鮮半島からは現れないのだ。

    朝鮮という国の中では、研究の答えに真実を作れないのだ。
    常にごまかしとだましと工作が研究の現場で混ざり合い盗まれ抜け駆けをやられ、誰が仲間で共同研究家が意味をなさない世界で彼らは常に同僚を疑いながら共同研究と称した世界で生きてきているのだ。
    人の研究を盗むのなど常識の世界が朝鮮での研究の現場なのだ。

    ドロボー同士の研究現場といったほうが当たっている。
    そんな世界で優れた研究など生まれない。
    だからあの国ではノーベル賞が出ないのだ。

    だから答えがある数式の解明などは朝鮮民族は強いが、新開発という部分は互いを疑いながらという研究現場、それが付きまとう現場で彼らはやっているのだ。まず、いい研究などできない。
    常に同じ仲間だとする共同のものにまで平気で裏切られ他の者に内容を盗まれるという世界に朝鮮人は生きているのだ。でもこれは普通の内容なので朝鮮ではこれは当たり前の世界だと国民は皆認識している。
    人はだますもの、人は無償では他人のためなど絶対に動かない、金に勝てる人類はいない、人は絶対に自分のために誰かを追い落とす工作をいつも仕掛けてやっている、これらは小学生の朝鮮人でもほとんどが認識している。

    嘘とだましの盗み取りの工作と、影での互いで繰り広げる潰し合いと、自分のためには相手を陥れでの思惑ですべて回っている人生を送っているのが朝鮮民族なのだ。

    私がいつも言う、朝鮮人が日本人にどうやってもなれないというその部分はそこだ。だから大阪のこの間の都構想での反対運動も、全く種類の違う連中が、ただ欲だけで平気で手が結べるのだ。

    でも面白いことにあれだけ一帯のように見せかけて、反対を唱えて活動していた連中は、お互い同士を全く信用などしていないし、まだ普通以上に互いで相手同士をものすごく忌み嫌っているのだ。ここが朝鮮人のすごいところ。
    欲がなんでも勝るのだ。

    でも朝鮮人は何のこともなく平気で欲のためにはそんなことを普通に通り越せるのだ。

    ここが日本人には絶対にない朝鮮人だけにしかない彼らが根っからの朝鮮民族たるゆえんだ。
    日本人には絶対にできない発想。

    これこそが朝鮮民族のあかしだ。
    反対運動をやっていた連中がいったい本当の日本人はいるのかと以前に書いたのはそこだ。

    日本に今居てる新聞記者テレビ局の連中は絶対に日本人にはなれないというのはそこだ。

    をつかむための手段でやっていると、もう政局の思惑だけで政治活動をやっているとひたすら伝えて工作する。

    朝鮮流典型的悪のイメージを与えようとの工作なのだ。
    何か皆で集まって協議をすれば、それは我々は一生懸命やっていると国民に見せかけるためのアピールだけのためだと報ずる。
    ろくでもない税金の無駄をやっている連中に対して、我慢ならぬと橋下さんが注意なり発言をしたら、マスコミの奴らは、
    それは、「敵を作るためにやっている」、【わざと敵を作る彼独特の手法だ】とこういう言い回しで伝える。
    こいつらバカか!って。

    橋下さんは思惑などない、ただ注意して怒ってるだけだ、ただそれだけだ。

    おかしなことをやってる者にしか言ってないさ。

    じゃあ新聞テレビは悪いことをやっている相手を記事で批判して書いたら、それは新聞社はわざと敵を作るためにその批判の記事を書いてんのかあ?

    って、今日、毎日放送のボイスに怒鳴って言ってやった。
    放送のラストで【西】がろくでもないこのことを言っていたから。

    【敵を作る手法が果たしてそれが、、、どうのこうの、、、、】って、
    また卑劣なしめくくり文言で終わっていた。

    朝鮮へ帰れって言いたいねえ。

    向こうからも帰ってくるな!
    お前らなど要らぬ!って、断られるほど能無し。
    こんな奴ら商社だったらすぐにクビだな。

    毎日新聞の、1800万円欲取り内容、すべての新聞テレビで報道しろ!

  13. 匿名 より:

    >STAP細胞を発見するその有能さゆえに陥れられた小保方さんの価値をわからない人に

    STAP細胞を発見したという2014年1月30日から始まったNATURE論文事件は研究能力が未熟だった小保方晴子さんの勘違い妄想だったことを、桂勲氏を委員長とする7名全員が理研と関係ない外部専門家による「研究論文に関する調査委員会」が、2014年12月25日に最終報告した。

    小保方氏がSTAP細胞だと研究論文に記載した実験試料を遺伝子解析して、その残された試料が過去に阪大の研究室で作られて継代培養されていたES細胞だと科学的に証明して、STAP細胞を作る小保方氏の作業パートでの実験マウスの不一致も併せて詳しく解説した。
    実は、2014年7月27日NHKスペシャルで放送された「調査報告 STAP細胞 不正の深層」でも、このES細胞による試料汚染contaminationの可能性を追究していた。

  14. 他府県民 より:

    記者会見とぶら下がりを見て来た私としては大筋仲井さんに同意します。
    中には疑問を抱く記者もいるかも知れませんが、悲しいかな彼らはただの雇われの身。つまらない質問に終始しておいて全く報道しなかったり争点を逸らしてどっちもどっち或いは維新の側に責任転嫁する方向性は今後も変わらないでしょう。
    それでも市民の側にそれらをはね返して動じないうねりや波が何かあれば良いのですが。そもそも大阪市内の人種は様々?おまけに都構想を説明しても理解出来ない人もいます。なので今後も無理に思えて来ます。分かる人には分かる。知ってる人は知ってる。でも、それだけではダメなんですよね。

  15. 匿名 より:

    2つ前の名無しさんへ

    それは報道が真実だと信じている人の表層的な見方です.理研の会見をご覧になりましたか?

    STAP細胞があると分かっているから巨額の資金をかけて検証実験をしたのです.だれの手柄にするのか最後まで揉めた結果,葬り去られることになったまでのこと.

    笹井氏やバカンティ教授らそうそうたる権威がこぞって勘違いはありえません.報道を安易に信じる世間は,こういったポジションにつくことがどれ程のことか想像しようともしていないし,あまりにこの業界をバカにしすぎです.

    それはこの業界,陥れたり陥れられたりなんてよくあることです.でもアメリカの言いなりになりたいために,またはやっかみのために政府が国を挙げて,マスコミ総動員で女性天才科学者をここまで叩きのめすなんて,私は一生許しません.

  16. 匿名 より:

    小保方さんは極秘研究の場合は生データを論文に掲載しないのだと教えられてきたのです.

    はっきりいって業界の多くの人は分かってます.グラントを人質にとられているし,メリットがないから誰も何も言わないだけです.

    ですからこの先の人生が長い橋下さんはこのような政権に力を貸してはいけないということです.

  17. 匿名 より:

    十分な知識を持たない人は恐怖心や猜疑心から妄想を逞しくするようで、福島原発事故後の放射脳やSTAP天才リケジョ失脚説を唱える陰謀論者とか、端からみると噴飯ものです。
    Brigham and Women’s Hospitalの麻酔科医でM.D.資格(博士号ではない学士)しかないCharles Vacantiは、ヴァカンティ・マウスを作った奇妙な医師以外の特筆すべきものはないというのが米国メディアでの評価ですから。

    STAP細胞論文の研究不正事件はマスコミ報道やグラント(競争的研究資金)獲得者の権威を信じるかどうかという思想・信仰の話ではなく、論文記述や検証報告書で示されたそれぞれの科学的証明が正しいかどうかを判断するだけの論理的な話です。
    業界?とか意味不明な仮想敵は、科学の証明という論理的な話に一切関係ないです。
    ただ、野依理事長や和光の動きなどは背景に泥臭いものを感じるけど、それでも(I)未熟な科学者がSTAP細胞と呼んだものは存在していなかったという科学的証明と(II)未熟な大学院生のお粗末な論文をセンセイたちが各人の思惑で利用したのだろうことは、それぞれ分けて考える問題です。
    まるで、橋下憎しだけで都構想の中味を考えずに住民投票で反対票を投じた人と小保方さん失脚陰謀論者は、客観的に考えていない点が変わらないように見えます。

  18. 匿名 より:

    専門知識ってデータの正しい掲載方法を知らなかった人が掲載したデータを解析する能力のことですか?(笑)

    そうそう,インサイダー取引のための捏造だという説も出てきてましたが,それならあの誰がみても未熟なノートを自分から公開した理由が説明できませんね.彼女,相当な人物ですよ.笹井氏もバカンティ教授も敵わなかったとこあるんじゃないですか.

    会見をみましたか,という質問にお答えいただけなかったので答えを書いておくと,小保方さんのアドバイスに従ったところいままでにない新しい細胞ができました,万能性などについてはまだ検討が必要ですが「論文の範囲を越えるので行いません」.これが検証実験チームの会見です.

    そのあと論文検証チームが「論文をよくみたら」ES細胞が混ざっていたことがわかりました.という会見をしました.

    書き方間違えてる論文をみてわかることなんてあるはずないのに,おかしなことですね.

    (管理人さん,ちょっと逸れててごめんなさい)

トップへ戻る