維新・片山虎之助氏の西条市0票訴訟。東京高裁、選挙無効請求退ける。

(旧おおさか維新の会が起こした西条市0票訴訟)
片山氏が0票「開票に不正」 維新、選挙無効を求め提訴:朝日新聞デジタル
片山氏に投票したという有権者が「判明しただけでも3人以上いる」と主張。「開票手続きに何らかの不正があったことは疑いようがない」として、同市に保管されている投票用紙を再集計するよう求めた。

維新の選挙無効請求退ける=参院比例区「不正なし」―東京高裁 – エキサイトニュース

(引用)
7月の参院選をめぐり、「開票作業に不正があった」として、おおさか維新の会(現日本維新の会)が比例区の選挙無効を求めた訴訟の判決で、東京高裁(菊池洋一裁判長)は15日、「不正行為は認められない」と判断し、請求を棄却した。

同会は、比例区で19万票余りを獲得した片山虎之助共同代表の個人名票が、愛媛県西条市で0票だったことを問題視。「片山氏に投票した同市の有権者が少なくとも3人はいた」と主張し、何らかの不正行為があったと訴えていた。

判決は、投票者と投票用紙の総数が一致することなどから、「何者かが破棄したり、隠したりするなどの不正行為をしたとは認められない」と指摘。開票作業でミスがあったとしても、「選挙結果に影響を及ぼす恐れはない」と述べた

選挙無効を求めれば、こうなるんでしょうね…

でも、この選挙区では間違いなく不正は行われました。
裁判官は、それを「ミス」で片付けました。

うやむやになってしまうのは、悔しいですね(-“-;)

この判決から、
こうすれば不正は表に出ない
と言う事が見えてきます…

(太字にもしましたが)
・投票者と投票用紙の総数を一致させる
・(一見)選挙結果に影響を及ぼさないと思われる範囲で行う。

そうすれば、裁判所は基本、票の再集計は行わないと言う事になります。

言い方を変えれば、
投票者と投票用紙の総数を一致させておけば、開票時にある程度の「票の付替え」が出来ると言う事です。

本当に、この選挙区だけなら、大勢に影響はないでしょう。

でももし、
開票に関わる人が、ある団体や政党の為に、
組織的に全国の選挙区で「票の付替え」を行ったら(行っていたら)…

あの政党に、(敵対する)「維新」や「こころ」の票を付け替える。
(さらに組織が弱いので、監視の目が届きにくい)

参院の全国区や衆院の比例区に対して、選挙結果を左右する事になってきます…

あの政党を支持する方々は、少しでも可能性があれば喜んでやるでしょうね…

まあ推測で、飛躍しすぎかもしれませんが…(^_^;)

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

トップへ戻る