「現場無視した茶番劇。税金泥棒だ」橋下氏、自民など強く批判

記事をシェアして頂けると嬉しいです

引用

「現場無視した茶番劇。税金泥棒だ」橋下氏、自民など強く批判 原子力規制庁法案の対応めぐり

 橋下徹大阪市長は24日の定例会見で、原子力規制庁の設置法案が与野党の対立により審議入りしていないことに強いいらだちをみせ、「現場を無視した国会での茶番劇。国会議員としての責任を果たしておらず、税金泥棒だといいたい」と激しく批判した。

 橋下氏は、原子力規制庁を「原発規制行政の軸」ととらえ、再稼働に関する新たな安全基準の策定などを担う機関となることを想定。「原子力の安全性に関して、政府の見解を出すには、規制庁が安全基準を早く作り、安全評価をするプロセスが絶対に必要。規制庁ができないと、原発問題はまったく前に進まない」としている。

 政府提出法案をめぐり、自民党などは参院で問責決議を受けた田中直紀防衛相と前田武志国土交通相が辞任しない限り、審議を原則拒否する姿勢だ。

 これに対して、橋下氏は「なぜ規制庁の法案まで人質に取るのか。人質に取るもの、取っちゃいけないものの区別すらつかないのかと情けない」と非難。「国政に対する国民の信頼が、どんどん地に落ちる。(同法案を)政争の具にしないでもらいたい」と求めた。(産経ニュース 5/24)

自民党は、今でも大方、原発推進ですからね・・・
用するに、規制庁を作りたくない訳です・・・

自民党のなりふりかまわぬ愚行を、すぐに見抜いた橋下さんは、
この茶番を知ってもらうために、敢えてこの様な発言をしたのでしょう・・・

ホント、自民も民主も、ひどすぎるね・・・

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. まとめwoネタ速neo より:

    まとめtyaiました【「現場無視した茶番劇。税金泥棒だ」橋下氏、自民など強く批判】

    引用「現場無視した茶番劇。税金泥棒だ」橋下氏、自民など強く批判 原子力規制庁法案の対応めぐり 橋下徹大阪市長は24日の定例会見で、原子力規制庁の設置法案が与野党の対立に…

トップへ戻る