橋下徹生出演!「韓国が問題なのは、罪が確定する前でもメディアの前に晒す。前近代的、チョット恥ずかしい」

11/9 在阪局
おなじみのニュースバラエティに生出演!

(番組紹介より)
[進行]
ますだおかだ増田、川田裕美

[パネラー]
橋下徹、デヴィ夫人、東国原英夫、ふかわりょう、朴一、ダレノガレ明美

▼田代まさし 覚せい剤取締法違反の疑いで5度目の逮捕
▼森田健作知事 台風15号直撃翌日に公用車で別荘疑惑
▼安倍政権に大打撃!?発足2か月で相次ぐ失言&不正疑惑…
▼東京五輪 マラソン・競歩 IOC札幌移転強行で波紋!

見逃した方は是非!


(※動画がすぐ削除されてしまうと思います、ご視聴はお早めに…)
<<下に続く>>

「(ノーサイドゲーム)ラグビー監修のはずがセリフを喋らされて・・・」 NewsBAR橋下 ゲスト:廣瀬俊朗

2020年東京オリンピックのマラソンと競歩の競技会場が、東京から札幌に変更となった。9月から10月にかけてカタールのドーハで行われた世界陸上において、女子マラソンの棄権者が4割に達したことを受けて、急遽選手…

橋下さんの公式メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonで公式メルマガのバックナンバーを販売しています!

販売中メルマガ一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

【amazon Kindle Unlimited】月々980円で書籍も雑誌もマンガも読み放題!PCでもスマホでもタブレットでも読める。(初めての方)30日間無料お試し実施中!

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

コメント

  1. 仲井 より:

    ここ十年以上になると思うんですが、その間は、その以前とはちょっと違う感覚で、人間像でいろいろな人に興味を持つことになった。

    中でも表で目立つのがどうしても政治家というところに目が行き、政治家というものは、国民が見ていて、いったいどういうものなのか、当人らはいったいそれぞれどう違い、どういうことを彼らはやりたいのか、それは本心なのか、また、彼らそれぞれ個々で、何が一番嫌で、何を求め、何を彼らは目指し求めているのかという部分で、これらがいろいろな人物を見てきて考えさせられる。

    自分の判断は、これでいいのか、よかったのか、いや自分は錯覚していて見抜けなくて別のほうが本当はよかったのでは、とか、よくよく見てみたら中身本質は全く、全く違っていただとか、この自分への質問でこの間、ずっと過ごしてきている。

    いろいろとあった。

    ★大坂府知事になられた吉村さんが、政治の世界に初登場するときの、大阪の本当に小さな事務所を一時的に仮の状況で借り受けての、その場所での出陣式、マスコミメディアさえ誰も、注目どころか吉村さんのことなど全く意識にもしていなくて、何の価値も認めていなかった、気づいていなかったその吉村さんという人物が、後にこんな税直になられるなど彼らは全く思いもしていなかった。

    無視していたその折のまだ政治家になるつもりで初めて出馬という形で登場してきたときの、彼の思い、そして、直接話をさせていただいたまだ議員にもなっていなかった時の全くの一般人の時のその時の彼の声とその言葉、
    この時のこの言葉、思いがあって、その後、彼は今となれば日本中から誰もが認める、日本で東京都知事と並んで注目される大政治家へと、誰もが認める価値を自らで築いた。

    橋下さんがよく発言される(小泉純一郎の確かこう言っていた)が、、
    【政治家というのは使い捨てである】とは、これは吉村さんには言わせない、いや、むしろずっと続けてやって下さいと橋下さん自らもそう思ってるだろうし、なによりも国民がそれを望んでいる立場に、吉村さんはもうなられた。

    ★大阪が、いや、日本が、それまで大阪万国博開催以来悲惨な浮き沈みのどんでん返しをかまされたあのバブル崩壊を、ここから坂道を思い切り転がって弾みにして、もう世間は死んだフリではなくて、すでに死んだのかと、
    何にも動きが無いように物事の動きがまるで無くなり、留まるどころか沈んでいくのではという思いに商売がそういう思いで一気に先への見通しへの道順が描けない状態が続きだし、先への立たない見通し、これらが、誰もが胸で一杯になりかかったその時に、橋下さんが大阪の行政のトップとして出てこられて、それまで何も動いていなかった水のよどみを、鉈のような切れ味のある大きな、”かいの棒”でかき回して、よどみ汚れヘドロ濁りをすべて掻き混ぜ浮いてきた汚れの正体を表に出さして、それを国民の目に見せた。
    国民がそこで臨むことはその汚れよどみを一掃してほしいという強い望み願い、この声を背中に大きく船をこぎだし、それで一気に水の浄化をやりだした。

    汚れ方が凄くて、その汚れの基が実は既得権をがんじがらめで持つ利権団体の違法移民の集団がその場で座って手放さず、一気に立ち退かそうと鉈のふり通しであった。
    そこから立ち退かず張り付いて抵抗運動を繰り広げ、だが断固そこを連中同士の利権の奪い合いの対立構造にもっていき、結果組織をいくつもの小さくバラバラに分解させ、基点である大阪府市の役所からこいつらをバラバラで一気に放流させ、それぞれの奴ら利権団体の活動を混乱させて、互いで互いを不信感を起こさせ対立させ、朝鮮民族が常に思っている性格、ここをうまく使っての利権の奪い合いを彼ら同士で争わせ、それらを国民の目に晒して、醜い姿を国民が知ることで奴らの勝手ができないようにし、より彼らの力をそいでいった。

    大阪をはじめ国の霞が関にも、水の汚れの原因が実はそこにあったということを、国にも直談判で伝えて、国民にすべてを晒して
    【皆さん実態はこんなになってるんですよ】と、
    【税金の殆どが実はこんな利権構造で朝鮮民族が奪い取っていってるんですよ】と、すべてを動画で見せることで国民にそれを気づかせ暗に知らせることに成功し、
    【国民よ、みんなでこれを何とかしようよ】と呼びかけた。
    それまで新聞テレビの利権に侵食され、税金がやつらのマスメディアが都合いいように思う通りに食いつぶせる、使わせる、印象操作で着やすい手口で物事を進めさせ、日本の行政、大阪の行政もマスコミメディアがいいようにこうすればいいというそっちにばかり大阪の政治家が動き、こいつらががっちりとともに利権組織化し、全く報道で隠しながら税金を裏で食いつぶしてきて地元大阪の府民市民の行政にはほとんどが残らない状況でここまで来ていた、それが新聞テレビには一番都合がいいし朝鮮民族には一番じゃぶじゃぶ税金をむさぼれるわけだ。
    既得権をずっと何十年と持って食いつぶしてきたその大阪を、その大阪が橋下さんがやってきて、大阪は一気に「見えていなかった部分を表で見せられ、目を覚まされた。
    橋下さんが街頭演説の折読売新聞社記者が、
    【威信なんかつぶしてやるからな!】と叫んだこの言葉が日本で今まで金丸信以降朝鮮民族が貪ってきていたそこにメスが入りみられたくなかった奴らの裏で吸い取る卑劣な強欲を表でさらされ苦し紛れに怨みいっぱいで叫んだ文言があれであり、日本でひたすら泥棒まがいに盗み取っていたものがそれが困難になりだして卑しい朝鮮奴隷が断末魔の叫びをあげたわけだ。

    朝鮮の王朝の時代のあの拷問を受けてあの時に叫ぶ倒された政権側の血の恨みの断末魔のような叫びである。
    奴らは数百年たっても同じ断末魔の叫びをやるんだと、こいつらいつになったら嘘を止めるんだと、もう笑ってしまったが。

    新聞テレビは何でも政治を国を操れると思うその傲慢さが、この日本ではまだまかり通っている。
    それが今回の参議院埼玉補欠選挙と神奈川県海老名市の市長選挙である。

    あれだけ既得権で覆い固められているあんな地域で、あれだけ内情と新聞テレビの日動作、NHKのあれだけのまるで朝鮮奴隷が日本全国で取り立てを命ぜられてその手先で走り回って脅しまくって金を脅し取っているこの現実を立花さんが街頭演説であれだけ説明をしてもまだあんな得票数やあんな投票率にされてしまうあの実態。

    日本の新聞社、日本のテレビ局ではないことはわかっているんだが、朝鮮民族の新聞社と朝鮮民族のテレビ電通らが組むとやっぱり日本は朝鮮民族に結果として敗れるこの実態実情をb日本の日本人はどう認識するのだろう。

    例え朝鮮民族であっても日本国家、日本の行政で、真っ当に、せめて大阪ぐらいには、やってくれればそれでいいが、やっぱり日本の政治家、日本の新聞、日本のテレビ、日本のイベント会社も含めて、もう朝鮮民族がすべてを牛耳ってると思わざるを得ないよねえ。
    牛耳っていたら実はこうなるという実態が今回見えたことがまあ日千雄津の光かもだがそれにしてもそれら地域の日本人はいったい何をやってるんだろうねえ。

    朝鮮民族奴隷に支配され税金を食い物にされてしかもその構造を変えようとしたら日本の朝鮮民族が一塊でみんなで一体でつぶしに来るなど、これが今回埼玉神奈川の県民はよく見えたはずで、ここから県民が一体どう動くのかということが県民に課せられた脳のレベルだね。

    マスメディアに関係する者らが、もう徹底して構造的数百兆と動いて横に流れる日本の生まれ出る資金をまんまと食いつぶしている実態のその姿が今回の補欠選挙市長選挙ではっきりとわかったね。

    この形が全国でやられている。
    日本民族は戦闘態勢で、遂にここまで来てるのかと気づくべきだね。
    昔のように、関東大震災や大東亜戦争での空爆での戦災での空爆後の日本国内で発生していた朝鮮民族の暴動強奪強姦殺害強盗事件、これを抑えるために千葉や東京の所轄署の警察所長が出した【朝鮮人殺害許可証】なるものまで出さないといけないのかねえ、そうでもしないとこのいまの日本の朝鮮民族奴隷の行っている支配構造というのは変わらないのかねえ。
    この状況はこのままでは、変わらないのかねえ。

    利権を食いつぶしている朝鮮民族奴隷の連中を潰しにいったら、新聞社テレビ局、政治家がここぞとばかり朝鮮民族グループで一体に固まり、国民の、日本人の願いとは全く筋違いのこいつらが一斉に逆に潰しに来るとはねえ。
    これらが、ここまで誰も何も言えないのかと、まあ私など呆れてものも言えない。

    ——————————————————-

    ★東国原は、周りのものは使い捨てでされてもいいが、自分はそんな端っぱではない、それなりの地位は絶対に欲しいし、そんなもん当然だろうがと常に思い込んでる男。

    東国原は東京都知事選に出たいのだろう。
    立花さんはもしも支持が広がってしまうと自分に回ってくるかもの票が立花さんに回ってしまいかねないと怖さを持っていてそれでもうとにかくつぶそうと必死であるが、いかんせん立花さんのほうが東国原よりも一枚も二枚も上手の、人間の本質のレベルが違いすぎるし、人間の奥行、幅と、何しろ一番大事な正直さと正義感が立花さんにはある。

    ★立花さんのことは、あらゆるマスメディアが寄ってたかって潰そうと、全く話題にも出さずに都合悪そうなものにでっち上げて印象操作で悪者に仕立て上げてきてやってるが、潰したい連中はいろいろ言っているが、
    人間が一番大切に生きてきた価値が、その人間を測るときどれだけその人物が人のためになったのか、その裏付けとして一番大事なものは、それは、それこそ一番大事なものは、真実と正直と正義を限りなく通してやって生きてきていたか、しかも求めていたかというところところだ。

    立花さんは、人間の一番大事な部分を持っているところが魅力である。
    手法は見方が分かれる(私はあれがいいと思う、あれでしか現場は変わらないということを国民は知るべきだ、税が流れる利権の現場は一般人はあの手法しかない=現に私も現場乗り込んだらいつもあれで通してやってきた)かもだが、一本通す基本のそこの部分は立花さんは頑として絶対に曲げていない。
    だからこびて自分を支持してほしいなど一切拒否して、求めてなどは言っていない。
    立花を評価する人だけが支持してくれればもうそれだけでいいと言っている。

    苦しい者はゆっくりと休めと、焦るなと、頑張るなとも言っている、
    日本は、どんな者にでも開かれ、チャンスは置かれてあるよと、

    選挙で立候補も、望めば、誰でも出てみろよと、
    一票の投票という形で評価するのはあくまでも国民だと、それをとやかく言えるものは誰もいないと、
    自分に自信を持てよと、プライドを捨てろと、一歩踏み出せと、しんどいのなら寝てろと、気になどするなと。
    恥ずかしいなどと思うなと、
    また、残念ながら人が集まれば必ず起きてしまういじめは、これはまずなくならないと、

    みんなが、とにかく自分で思い切り思う通りやってみること、好きなこと、面白いことをやってみろと、そしてそれでいいんだと、まずは自分でそれを納得すること、人に迷惑をかけていないなら、其れでいいんだと思う心をまず持つこと、もっと自分で楽しめることを早く見つけて楽しめよと、
    楽しくないなら、その現場から離れろ、仕事が面白くなくて不満ならそこを止めたらいい、
    生活に困れば生活保護を受ければいい、
    恥ずかしい等と絶対に思うな!君が次のステップに上がれる機会をこれを作ってくれるために生活保護というものが或るんだから、恥ずかしいなどとは絶対に思うな、国がチャンスをくれてるんだと思えと、

    ▲こういう、若者へのメッセージ、
    私は久しぶりに心が洗われるような気持になった。
    政治をやろうとする目的にこんな目的が実はあったんだと、しかもこれが実は現在日本を取り囲んでいる利権から朝鮮民族社会から支配構造からすべてがここに集約されるんだと、まあここをよく国民に知らせ目を覚まさせてくれたと私は感謝している。
    そういえばそうだよなと、確かに立花さんが言ってる通りだよなあと、
    まあ私のここ2か月ほどのネットで見ていた感想はこういう理解であった。

    東国原などは、地足の足元にも及ばない人格を、立花さんは備えているようだ。
    真っ正直に、すべてをさらして出して、皆さん立花という人間はこういう者です、こんな者でもいいですかと問いかけ、これで判断してもらえばいいと、別に媚びることもなく包み隠さず、あらゆることも、また東国原だってそうだったが、自分についての収入についてなど一切出さないし、プライベートは一切表で喋らない、お前のほうがよっぽど怪しいように見えるだろうがって。
    誰もが隠す資金的にも、立花さんは経理畑らしくきれいにすべて出して見せている。

    卑しい狙った、常に汚れた自分が得をする手法に明け暮れてきた、そういう世界の中で生き延びてきた、一時は確か右翼団体での活動もあったと聞いているし、東国原などには、こいつはバカだとか、遊び半分でやってるだとか、こういう発想、こういう素質を持っている、この立花さんという人はもう多分天性なんだと私などは思ってるんだがこんな立花さんのようなこういう人物など、東国原は今後も常に見下すのだろうが、だが日本全体でいえば、人間立花孝志を見た時、世間の日本人はこういう人物こそ人間の価値を認めるだろう。
    人間としての価値を。

    そこが人間が獣とは全く違う、受け取り方が真逆になるものら、これが今日本を支配し牛耳っている朝鮮族である。奴ら朝鮮民族は常に相手が奴隷か貴族(朝鮮民族にそんな上の生き物などいないんだか勝手に作った身分)かで見分けてものをいい、対応する。
    コップで水や酒を飲む仕草など典型である。

    日本人は誰でも同じだが、奴らはとにかく自分よりもこいつは上か下かで見分けようとする。
    こいつは自分より馬鹿か頭がいいのか、個々をもう最大見分けようと常に目を光らせ一寸でも自分よりも劣っていると思えた瞬間から一気に下の身分扱いで見下し発言で誹謗中傷しだす。のうっ力もないのに自分よりも目上の地位に居てることを兎に角誹謗中傷でつぶそうとやる。悔しい奴隷の叫びである。
    割れわr別に下に見られようが上であろうが実際周りの人が自分の生まれた時の在所地での家のことについて、どう思ってるのかで大体はその評価がわかる。

    朝鮮では自分の口で自分の家は名家(ただの悪辣な奴隷制度上の身分制度の作った惨状の姿だけ)で、名家の生まれだったということをこんなことを恥ずかしげもなくまるで自慢のように口に出してわざわざ言うが、日本人は周り住民がその家を指して立派な人たちのお家ですよと当人が言わなくても周りの住民が、地域の人らが皆で言ってくれる。

    余程自信がなくて常に自分と相手を比べないと生きていけないのだろう。
    立花さんはそこはもう本当に大っぴらで屈託がなくてどんな質問をしても答えようとしているし知らないことはそのまま知らないと言っている。

    まあ自分を売り込むことが、彼らの一番の身の振り方の原点。
    だから卑劣な自分の思惑で相手を使えそうなら、こいつをかわいがり、卑劣さを見透かされると常に奴隷扱いで陥れ潰しにかかる。

    そこら辺の生き物とはやっぱりこいつらは区別される、
    むろん奴隷とは全く別に区分けできてしまう内容だと、もう殆どの日本人なら気づいているしそう思うだろう。

    日本維新の会は、
    大坂維新の会は、

    現状は立花さんとは、ちょっと毛色が多種雑多で落ち着くまでまだ難しいかもだが、いずれ、立花さんのような正義感の強い人物、いや正義感の強い政治家、正直に真実を語る、国民に嘘は絶対に無しに、飾らずに、しかも隠さずに出し、知らせる、こういう姿勢の政治家とは、いずれ目指す方向が一致をみる地点が出てくるに違いない。

    先だっての
    ;埼玉補選に松沢議員が応援にいったあの姿を、吉村さんは多分激怒したのでは?
    あんな既得権の塊のような連中をにこにこ笑いながら支援側に回るなど言語道断。
    また、
    ;下地さんが韓国からやってきた議長と満面の笑みを浮かべてのツーショット写真、握手をして、【百点の内容だ】などと発言したこういうことも、まあ私が思うに吉村さんの性格からして多分、
    吉村さんは真っ赤になって激怒してるのでは?

    ここまでその怒鳴り声が聞こえてきそうに思うが。

    一寸維新は本線をどうやるのか筋は崩すのか崩さないのか、あらゆる部分で皆がそれぞれ考えるべきだ。
    韓国と握手などしかも天皇批判をしたあんな屑野郎と握手など言語道断である。

    ★立花さんは、韓国とは断交に近いぐらいしばらく付き合わない、あいつらは放置させて、日本はもう知らんという態度で臨むべきだと言っている。
    まさにその通り。

  2. 椿 より:

    すみませんが、日曜報道プライムで日本維新の会の【下地幹郎衆議院議員】が言った
    “暴走コメント”を撤回させて下さい‼️

    ⭐︎下地幹郎
    「支払いについても、韓国政府は代替えをしてまずは払っておきましょうと。
    日本政府が払わない事と、訴訟を受けている企業がお金を出さないと
    いうことからすると、100点に近いのではないか」

    この下地幹郎って、慰安婦の時に河野洋平が、
    いかに【韓国政府に騙されたか⁉️】って事情を知ってるんですか⁉️
    ちょっとアホ過ぎませんか❓

    ⭐︎櫻井よしこ
    「下地さんの言葉をもじれば、
    これは【マイナス100点】で絶対にやってはいけない事だ。
    物事の本質をまったく捉えていない。
    もともとの始まりは韓国の最高裁が賠償金でもなく未払い賃金でもなく、
    慰謝料として求めたものだ。
    日本の韓国統治が不法だったというのが大前提で、
    歴史を引っくり返して卓袱台返しを100回くらいやるようなものだ。
    だからそこを認めてしまうと何にも前に進まない。
    これは絶対に認めてはいけないことだ」と仰り、

    また自民党の進藤氏は「論外だ❗️」と激怒。

    韓国はアメリカに「韓国はこんなに努力して下手に出てるのに、
    日本は冷たい対応しかしていない」と、言い訳作りにしてるだけ。

    本当に、せっかく国会で、東徹議員が【自主返納】ついて、
    立憲民主党や国民党を追い込み、維新の評価も高まってたのに、
    この下地と言う無知議員のために、維新の評価がだだ下がりだわ‼️

    もう少し常識的に歴史の知識がある人を国会議員に送り込んでよ、
    維新を応援している立場としては、
    「だから維新は隠れ朝鮮人の集まりだ」とか揶揄されて、恥ずかしいわ‼️

  3. 仲井 より:

    >【韓国政府に騙されたか⁉️】って事情を知ってるんですか⁉️
    ちょっとアホ過ぎませんか❓

    椿さん、
    河野洋平をはじめ当時の交渉に臨んであんな愚かな書面を作成した、いや作成せざるを得なかったのは、彼らが絶対に公にできない隠されてきた内容があり、奴ら朝鮮政府交渉団は日本と対峙する折、常にこの脅し文句をちらつかされ、これを未来永劫(今でもだが)脅しネタに使われ、だから日本国家がもう早く解決をしたいとか、そいうそっちの比重よりも、こいつら交渉団の日本側からのこいつらの、「なんとしてもそれだけは黙っといて」という弱みの都合に付け込まれのほうが大きくて、こういう日本の将来にまで禍根を残す羽目の署名の文面を作成したのだろう。

    これがあるから河野洋平は、この文面作成にかかわるその時の状況説明を国会からもう何度となく求められても、追及の過程でも一度としてこの件で国会に現れてこない。

    だが異常なのは、その河野洋平を追及すると言いながらそれを言ってる国会議員の連中も実はこの河野洋平と同じように脅されている実態がある。
    ここが日本のもうどうしようもない、こと韓国朝鮮に本気で怒って物を言えていない政治がそこにある。
    第一本当の日本人など一体日本の政治家で何処に居てるのかと私など聞きたいぐらい。
    朝鮮の話が出てきた折テレビで出てくる政治家で、大学教授らで日本民族はいったいどこに居てるのかと。
    この番組でも同じだが。

    そういう状況だから野中広務は、そこらじゅうにやみくもに矢を放って国会内や霞が関で脅して回っても、そこらじゅうでこの脅しが命中で効いて効果があって、あれだけ最後は日本国家から大勲章まで送られている。

    あれは、これまで脅され続けてきていた多くの日本在住の日本国籍を持つ(まあ違法も合法もあるだろうが)あらゆる立場の者らが、腹では大笑いの拍手喝さいの祝杯物の出来事で、孫ができたよりも喜んでいたのでは?、「死んでありがとう」って。
    やっとこの日が来たかと。

    奴ら日本のこれまで脅されてきた連中は、これでこいつからの脅しだけはなくなったとだがこれを引き継ぐ奴がもう実はできているんだが。
    もう大笑いの大喜びの大拍手もんで、で、そこで死ぬ以前の数年前に朝鮮民族が一番喜ぶこの勲章という形の物、まあ大勲章でも出しておいて、もう二度と生き返ってくるなと、日本の地を踏んでくれるな、日本だけには現れないでとの多くの者の願いのこもった冥土への贈り物なのだ。
    未来永劫消えてくれとの願いなんだろう。
    帰りの切符のない地獄行きの片道切符だったのだろう。
    北野武の【血と骨】のあの主人公のように。

    また、同時に最近ちょっと驚いたのが、ついこの間、其れと同じ勲章だったと思うが、あの大阪選出で自民党議員だった生き物が、当時共産党の大会に行ってまで大阪都構想反対運動の活動をあの京大の、元々同胞の藤井聡らと活動をやったあの柳本卓司が、これを何と贈られるという光景を見た。

    私はまああいつのことだから、恩赦でも贈呈されて(笑)受けるのかと思いきや、なんと野中広務が受けたあの勲章を受けるということで、確か同じだったと思うが、ちょっとびっくりしたが。
    これが長年日本で今でも続けられている証。
    脅し工作が途切れずに今でもこうやって行われ続けられてきたことのまさに証。

    こんな連中が、自分のことをさておいて霞が関官僚を、相手を”〇し”て、これをもって勲章をもらっている。金正恩に向けてはなむけになるのだろう。
    立派に日本で勲章を受けました将軍様!というところか!

    日本の政界、日本の霞が関がいかに歴史としていまだにまだ弱みで脅され続けてきていたかを今回の柳本の勲章受け取りで日本の実情がよくわかる、
    その証がこのこんな連中にまで日本が大層なニュースになるほどの勲章贈呈。
    日本はこれをまだ続けさせるつもりなのか。

    大丈夫なあん??日本は、
    この国は。
    我々の国は日本人の国ではなかったの?
    まあ埼玉や神奈川の最近の選挙の状況を、あれを見てるともう日本国家になってないよねえ。もうまさに朝鮮になってるよねえ。

    立花さんの選挙など見ているともう日本は朝鮮民族が完全に牛耳ってやっていて、都合が悪いものは徹底してすべて潰すという朝鮮人しか考えないそんな手段を択ばずまあ言えば殺すのと同じ行為を奴らはやってきている。
    こんなことが目の前で起きているのに、それを日本の政治家は誰一人これに口を出さない。もうおかしいだろうが!って。
    おかしいだろうが!って言っているのは立花孝志という一人の政治家だけである。
    日本は、怖い国の状況である。
    新聞テレビがその主体で手先で動き、周りもそれと同調するまでに組織化した朝鮮族で固められ、一体で日本を世界では笑われるような、そんなことで何故脅されているんだとおかしいだろうがと言われることで脅され続け、(まあ脅してる側も、脅されている側も同じ朝鮮民族だから)ここは「なんで?」と思う日本人にはもう全く意味すら分からない、
    脅される意味すら分からないが、でも奴ら朝鮮民族からすれば隠して今の立場地位をだまして手に入れており、そこには違法に手にしてる国籍という部分で、これが死ぬほど隠したいのだろう。

    日本での日本国家がということなど全くなくて、連中個々が個人個人での脅しでやられて、それがすべて日本国民に被害や負担でのしかかり、ああいうもう考えられないような文面、どうしようもないあんな文面を作ったのでしょう。

    【バラすのならバラせ!その代わりお前も同じなんだからお前のこともバラすぞ!】と言える政治家は日本に今居ないのかねえ。

    日本の法務大臣、日本の国家公安委員長、
    これらに、歴代日本民族はどこに居てるか探してみたいほど。
    日本はこの先本当に大丈夫なのか、孫の代には日本は中華の属国で奴隷化されてるのでは?

  4. 仲井 より:

    暫くテレビから数日遠ざかっていて、
    あまり見ようとも思わずに過ごしていたが、昨夜タイトルを見て興味があって見ていた。

    コールドケース、つまり未解決事件、犯人を特定できず捜査が難航しそのまま月日が流れて解決に至っていない事件なんだが、ここにきてアメリカで面白い捜査手法のことをやっていて、今年5月の一か月間に、その手法が始まってからすぐのわずかその一か月間で、アメリカ全土での、ここまで発生してまだ解決されていなかった事件が、、未解決事件で何十年も犯人の特定ができず放置されていた事件が、或る研究機関での一人の研究者が解明した捜査手法で、それが瞬く間に一気に解決を見せるという驚愕の状況が起きたという。

    テレビの内容を信じればだが、一気に解決に導く、つまり何処に居てるかまだ分からない雲をつかむような犯人を特定させる手段で、見つけるこの画期的手法とは、事件解決には今では犯行現場での犯人のものと思われる者が遺した遺留物、この遺留物からの犯人の者と思われる遺伝子が捜査の犯人特定での解決に最大の物的証拠となるが、その証拠になるものの遺伝子、これについてアメリカはもうすごいことになっているとちょっと驚かされた。

    現状アメリカFBIには米国内及び外国も含めて約2億5千万人から3億人分の遺伝子情報を確保し手にしていると言われているが、その情報はものすごく厳重に保管されているがいざ事件が起きればこれが事件の捜査本部に流され解決に大きく貢献し、発揮されてきた。

    遺伝子さえ、DNAさえ一致すればいいだけで捜査においてそうは問題はないだろうと思っていたら、いやいやところがこれが実は、まだすべての情報を知らせるには、犯人の特定をさせる捜査で探しきれない内容がそこに実はあることにその研究所が気づいてそこに目をつけ研究をやりだしてついに物凄い進歩の手法を編み出した。
    まだまだ潜んでいて、不備な点があったことが分かり、ここに注目した科学者がここに気づいた。
    ここまで私もまったく知らなかったが、今までの遺伝子情報での捜査段階で遺留物と一致する遺伝子をすべての掴んでいる情報から資料から探して合致させるものをすり合わしていたが之ではつかんでいるその遺伝子との照合であってつかめていない情報として遺伝子のDNAを登録されていないものについては、現場遺留物の遺伝子と一致させることが不可能であった。

    それは今までは遺伝子構造がすべて一致したものしかこれまでの合致作業でのヒットは見込めないというもう点が実はあって、つまり情報として多くを持っていてもすべて遺伝子が合致していないと数億人分の遺伝子の中の一つが少し、よく似ているような遺伝子であっても、100%合致したものだけにこの電子メカは、ヒットするメカになっていた。
    だから幾らその犯人の遺伝子に構造が近くても(例えば兄弟だとか親族の場合にはよく似ているが少しだけじつは構造が違っている、よく似た遺伝子の登録があってもそれはコンピューターがヒットさせられない仕組みになっていた)少しだけ似ていてもここはスルーでヒットさせていなかった。

    犯人特定が、情報合致作業もすべての遺伝子構造が100%一致したものだけにしか今まではヒットしないシステムでの探しだった。
    ところがその博士の解明した手法は、
    政府FBIが掴んでいるDNA、遺伝子情報のうちで、その遺伝子のその総ての構造が現場遺留物採取遺伝子構造と、犯人を特定する、その特定される犯人の、政府が掴んでいる確保の遺伝子情報の、その互いでシステムですべてが合致しなくても、遺伝子構造のほんのごく一部分だけでも似通っている、合致する部分があれば、これがヒットさせるという仕組みに変えてやると、アメリカ全土及び世界中の人物の情報がこれが犯人に近い遺伝子つまり犯人を特定させるに非常に確率の高い情報が掴めるようになり、現状この手法でやれば、其れで行えば、一人の人間において、その人物に似通った遺伝子を持つ者は、今から約180年前まで、その人物のその家系、系列・係族・親族から、同じ遺伝子がもうわずかでも似通っている人物を一瞬で図形で表せることができる。

    すべてがその一人の人間から、その遺伝子のつながる網のように遺伝子の似通っている多くの過去からの家系図のような遺伝子の系族した系列図が出来上がる。

    ★自分と近い遺伝子を持つものが、この地球上で、世界中どこに居てるのかが瞬時にわかるようになった。
    今までは、すべて構造が合致しないとヒットしなかったがこれからはごく一部だけでもpに通っていれば、その人物の出征の内容系列家系図がすべて遺伝子構造が100%合致するものしか探し当てられなかったが、これでやれば世界中からその人物の遺伝子とどこか一つでも同じものがあれば見つけられるし、その人物と実は血液遺伝として証明され、それは同じ家系図上の人物だと特定されることになった。
    これが、一枚の大きな家系図として表せられうことになり、一瞬で探し出せることになった。

    これで面白いことがわかってくる。
    例えば朝鮮半島の韓国は現状遺伝子、DNA登録を国としてすべての国民に義務付けさせている。
    これは結構今後の日本の捜査にも、韓国、つまり現在の南朝鮮の人間すべてのこの国家が握っているこのことが、朝鮮半島だけにとどまらず、これが実は日本においても、非常に面白いことまで繋がりこれまで隠されてきた、騙して国籍民族をだまして日本の国籍日本の民族登録をしていた連中にとって非常にきつい内容が目の前に突き付けられる状況になってきた。

    そらそうだよなあ、
    ここまで科学が進歩しているんだから、しかもITのこの時代、手での作業や目での確認作業での確認作業ではなくて、もう数秒でそれが出来上がり、一瞬で自分の数百年前からの家系になる、血のつながっていると思える遺伝子構造が少しでも似ているという人物らが、人物らが一気に図面上に表示されるんだから、家系だと思える遺伝子構造の似ている一部分が合致している人物が、目の前で図面で一気にそこのすべて表示されるんだから、これはもう隠そうにも隠せなくなるよねえ。

    いくら、「私は日本民族で日本の静岡で生まれ、そこで代々宿屋をやってもう創業260年になります」なんて言っていても、お隣の南朝鮮の或る一人の人物の遺伝子登録したものと照合したり登録されたものと何かの時にIT上の中で照合作業をされたら、実は何処かでその韓国の人物と血液遺伝子の構造に一部分似ている、またはほんの一部だが合致するとなれば、似ている合致している構造が見つかれば、そのことがその江戸の時代から260年ずっと日本人として本当にやってきていたのかとか、宿屋をやっていた家系ですなんて言ってもどこかでそれは違うだろうがということが、この遺伝子の今回のこのアメリカが開発した遺伝子照合システムの改築により、手法の入れ替えにより、構造で現状語っている内容に齟齬があるかどうかが瞬時にバレることになる。

    何処かで、韓国のこの人物の家系とあなたの家系は、一部(一部分似ていても家系的には血液のつながりはほぼほぼつながった家系だとわかることになる)だが、同じ遺伝子でつながっていると突き付けられることになる。
    互いがどの時代かわからないがどこかで互いの人物の遺伝子同士が結ばれ交配し、交わったことが過去のどの時代かに存在することがわかってしまうことになる。

    面白いことになってきた。
    これが早急に日本で導入されだすと、日本中で起きているあらゆる犯罪行為を犯した者の遺伝子が当然警察で採取され確保される。当然警察の情報網での記録として遺伝子情報として残る。
    この件で一番いいことは日本国内での情報照合ではなくて世界中でのその照合作業が瞬時に可能になるということ。
    つまり日本で発生した犯行現場に残された、犯人と思しき人物が現場で遺した遺留物の遺伝子構造、この犯人と思える者の遺伝子と、ここまで掴んでいる遺伝子情報が世界中に残されて掴んでいる遺伝子情報で照合され、その中に似通ったものがそこに一覧表で出てくる。これで行くと日本で起こした犯人の遺伝子とよく似たものの遺伝子情報が南朝鮮、つまり勧告でこの遺伝子に近いものを持っているものと合致すれば、その当人は日本民族では無くて、朝鮮民族だと、これだけでもすぐに決定づけられる。

    米国のこの科学者が現状持っている遺伝子情報は実は日本国内のものはほとんどまだ持っていない。日本はこれをまだ隠してアメリカへはよほどのことがない限り個人の遺伝子情報を知らせていないようである。
    この科学者は現状世界中の人物の数億人以上のデーターをすでに持っているが日本の者らの情報だけはほとんどまだ持っていない。
    地球上の40か国ほどが、この遺伝子情報を米国が、遺伝子情報を掴めるようになっているのに、なぜか日本だけは先進国でありながらここは隠して、世界に指名手配ぐらいの折の情報の時の物ぐらいしかアメリカには情報を出していないようである。

    多分これは日本国内での日本でそれなりの立場地位をつかんでいるものの殆どが、異邦移民であり、日本民族では無いことが遺伝子によって世界中にバレることを恐れての日本人に化けた朝鮮人が仕組んだ卑劣ないつもの嘘を勝手に作る仕掛けであろう。

    実は日本民族ではなくて朝鮮民族だということがアメリカだけではなくて世界中が知ることになり、それを知られることが実は嫌で隠したい霞が関官僚国会議員企業団体労働組合等のこれら朝鮮民族でありながら日本民族だと嘘で固めた偽装国籍、略奪や搾取背乗りでつかんだ日本の国籍が、偽装の国籍、つまり日本の国籍を騙し取って今が在る嘘の家系を、これを何としても隠し通そうとして、これをアメリカにはバレたくないと、この現在のこの現状でも日本は世界に、特にアメリカにこの遺伝子情報を伝達していないようである。
    余程こいつら隠したいのだろうねえ。

    今回のアメリカの科学者が見つけ出したこの手法をやれば、その一人の人物の家系から家族の系列から行方不明の人物から犯人を探すうえでも物凄い情報になりここまで未解決の事件でも日本でもすぐに犯人が特定できるようになるのにこの朝鮮民族が日本の国籍を騙し取っていることをこれをバラされたくない、ここを隠そうとして結果日本で発生する犯罪のその犯人の身元素性にまで解明に手間を取らせ、もう本当にこの朝鮮民族が戦中戦後に起こしたこの犯罪行為には反吐が出るほど日本人は迷惑を掛けられている。
    日本で発生している凶悪犯の殆どが実は朝鮮民族だと現に現状出て居るんだからもうここらで国民全員が遺伝子登録させるべきである。
    警察の捜査をとんでもないほどに邪魔をさせている。

    以前にここに書いた仁義すはーんの遺伝子を持つものが地球上には3500万人は最低でもいてるという科学的見解まで出てきて遺伝子解析で出てきているようなのでちょっと面白いことになってきた。

    私の祖先の1000年ぐらい前の系族でつながる遺伝子で、どこかで誰か一致するものが出てきたらぜひ自分で知りたいんだが。皆さんもこんなことを考えたら、もう頭の中が燦燦としてきてちょっと面白くて寝られませんよ!(笑)
    私などは現在警察での遺伝子の情報はつかめないので、犯罪が起きたりテレビ新聞ネット上で出てくるそれらの氏名を見て判別しかできない状態。
    朝鮮民族か、日本民族かを判別で見分ける、考える場合、どうしてもついている氏名でしか現状判別の手法がない。
    今話題のNHKのトップである
    【上田良一】という人物のこの氏名、面白い名前ですねえ。
    誰が付けたんでしょうねえ。

    この上田良一という名前の中で、日本人がやることと、外国からやってきて、日本にやってきて、日本の真似をして日本人に見えるように見せかけたつもりの名前、日本人の名前を作ろうとして作った状態の名前との、この区別が、判断ができる人が今この日本には我々世代の日本人がどのくらい生き残り、今こういうことを発している人が日本で体どのくらいいてるのだろう。
    そんなことに全く考えもしていないものが殆どであろう。

    朝鮮人が日本でやった、当時日本で日本名をとにかく急いで作ろうと、だが日本人が考える名前のつけ方と全く異なる内容で作っている場合が多く(これは特に現在もう結構高齢者になっている者=特に戦後まなしなどに生まれて居たりの、日本に入ってきてまだ日本語が理解できていない状態で、朝鮮で在住していて日本語の理解がまだあまりできていない状態で日本名で名前を付けたもんだから、日本人が見て異様に見えてしまって、そこでバレてしまう)、やることの違いを見つけられる人が、今この時代になって戦後70年を超える時代になってこれを見てここがこうだからと、多分これはと、見わけでの判断ができる年齢の日本人が、さてさて今一体どのくらい生き残っていて、日本中で存在しているだろう。

    使う漢字、使わない漢字、並んでいる漢字の並び順、いろいろあるが、これを一読して、判別できる人は日本で、もうかなり少なくなってきているだろうと私はここも実は心配をしている。
    今回の名古屋だったか、警察官に成りすましてNHKの委託会社の社員が起こした凶悪事件の詐欺事件においてももう我々世代の日本人が見れば、それらは、すぐにわかる状態である。

    まあ遺伝子の情報は一般人はつかめないが、でも、このそこそこの年齢までいっている世代の朝鮮人が日本人に化けていた場合は、その氏名を見れば、大体その名前についている漢字で判断できる。

    暴力、威力、詐欺的手法、
    これらを講じて経済的利益を追求している集団・団体・組織、及び個人、
    これらを指して反社会的勢力と呼ぶと、定義付けられているようだ。

    であれば、現状の朝鮮族の政治勢力の政治家を含め、これら団体組織集団は、あの国会前でプラカードを立てて政権に対してデモをやっているあれら集団、沖縄基地で反日活動の連中、不法占拠等での妨害行為による資金収奪をも目的に入れており、経済的追及をそのままやってる、北海道でのアイヌを語る朝鮮民族不法集団の連中、これらの反社会勢力と言える。
    反社会勢力なら即刻で逮捕身柄拘束で国外追放できるだろうし。

    足立議員が、
    国会議員は国籍も含めた個人的身元素性の情報をアメリカや世界に合わせて公開すべきだと言っているがこれを出されて要求されても誰もこれにやろうとするものが出てこない。
    アメリカは今後日本に対してこの遺伝子情報を当然要求するようになるだろう。
    今回アメリカで開発された遺伝子による捜査手法の改変は非常に効果が出ておりこれからの安全な日本国家を築いていくにはこれはもう必然に来ており、日本も今すぐにでもこれを取り入れて(朝鮮人は血を吐いて反対するだろうねえ)朝鮮民族がガーガー硫黄がどうってことない、違法な連通は国外へと追い出せばいいし、素直に自分のことを正直に述べて日本での愛国を大事にすると誓書を書けば許してやればいい。
    一度でも誓書に違反すれば、反日行為をやれば、反社会的行動、行為、活動をやれば、即刻で国外へと追放すればいい。
    まあ国外へ追放といっても、すべて朝鮮半島への強制送還になるんだが。

  5. 椿 より:

    仲井さん、
    確かに日本の政治家や官僚は、
    韓国や北朝鮮から【ハニートラップ】や【背乗り】を
    強請られているのかもしれませんね。

    どう考えても素人の私ですら、そこまでへりくだる?
    そこまで騙される?
    そこまで擁護する?って思いますもん。

    奈良県安堵町の増井議員も【韓国に都合の悪い真実】を述べて、
    議員の全会一致で懲戒免職勧告を突きつけられてます。
    本人曰く『辞めない方向で行く』らしいです。笑。

    それで良いんです、私も安堵町の役場に電凸して、文句言ってやりましたし、
    増井議員には激励の電凸もしておきました。

    あの明治陛下の玄孫にあたる竹田氏も、講演会を中止に追い込まれました。
    本来なら13日だったのに
    「講演会するなら!ガソリン撒くぞ‼️」と恫喝してきたそうです。

    本当にいまだにこんな朝鮮人どもが、
    私たちの国日本で【のさばって】いるのかと思うと、腸が煮えくり返ります‼️

    あのコールドケースの解決者、シーシー博士に、
    日本のコールドケース(未解決事件)を
    解決してほしいものです‼️ ほとんどが鮮人がらみだと思います‼️

    こんな事言ってたらまた「ヘイト」と言われるだろうけど、
    韓国人らによる【エゲツない日本人ヘイト】はお咎め無しなんですかね⁉️

  6. 仲井 より:

    日本の皆さんは、
    現在までの日本を見渡して、何時の日ごろからか何か日本がおかしくなりかかってきたなあと、そう思いだしたころに気づいていませんでしたか。

    私はここにも何度も書いてきましたが、
    あの石油ショックの昭和の40年代末期、角栄が退陣する直前まで、あのころ日本はものすごいまでの景気が急上昇で、いわゆる3Cなどと言われて、若者が車、それも一部の若者は高級車を乗り回しだし、クーラー、カラーテレビ、これらまで自分で手に入れられる時代がやってきて、40年代初めには大学出の初任給が、まだ18000円に届かない時代、住居と言えば、まだ風呂なしの文化住宅か、若者の殆どの一人暮らしは、4畳半の壁が風通しの良いベニヤ板で囲われた「神田川♪」に出てくるようなアパート暮らしというのが、都会に出てきて寮のない若者の一人暮らしの平均に近かった。
    こんな時期を超え日本は、急にこの若者らへ、車・カラーテレビが買える時代がそこからわずか10年ほどで叶うまでに日本は高度成長期を迎えていた。

    そこから数年後には、断崖の道先内容のバブルへと向かいだすんだが、これらのこの時系列を見ていくと、子の角栄が実権を奪われた時期から日本は波乱の時期を、日本の国民から集められた税金が、また、日本で生産された莫大な資金が、これがこのころから何か怪しく動きが怪しくなりだし、国民におおよそ還元で返ってきていた日本のここまでの日本国民の頑張りの成果分、成長分のそれらが、その財産自体が、そこら辺から国民の手から何処かへ、国民の目から見えないところへと、日本で生まれて存在しているはずの莫大な国民の頑張りの成果の資金財産が、先にピンハネされて、どこかへ消えてしまいだし、移動しだしていく状況になりだした。

    1980年ごろに始まった(つまり昭和55年ころ)国の【特別会計】という仕組み、国家の年度予算とは全く別会計で仕切られて分離されて存在している仕組みのこの特別会計というこの形ができてから(初めはたぶんその後の怪しき構造にしようなどという意思で始まったものではなくて多分真っ当にやれるはずだったと思える)、ここにこの日本国籍に化けて日本の政治家日本の官僚にすでに潜り込んでいた朝鮮民族がこの特別会計のこの仕組みにとてつもない旨味を作り出しここからものすごい勢いで俺も俺もという状況でここに入る膨大な数百兆円という資金を、これを奪い取りだし、俺も俺もともうしのぎを削っていろいろな立て付けの項目をつけては個々から莫大な金額を寄ってたかって奪い合いの奪い取りをやりだした。

    この前後に野中広務が日本で政界の中枢に、金日成の指示で京都で置いていたこの北朝鮮工作員の男を満を持して送り込み、金丸に委託(まあ命令と同じだが)し、竹下登の政権中枢にこのとんでもない人物を日本の政権の中枢にまでまんまと入れ込んだ。
    この後は起きたことを思えばもう誰でも見ているのでわかるだろうが、佐川急便、リクルート、他疑獄事件のオンパレード、しかもその共謀の連中がすべて異国の民族の連中ら。
    あの許詠中(大阪のクラブでは通称藤田さんと呼ばれた)が台頭して、裏世界の金融の工作の大物として、大きな動きを裏で起こし、だが、彼はあくまでも或る(私はその名前を何度も聞いてみたが、彼は、【全身に入れ墨を持つ政治家だということだけを私に語ってくれた)人物からの、その人物から何処かのタイミングで許詠中の名前と人物を知ったその全身刺青の国会議員、この人物の声が許詠中にかかって、そこからつながって、その入れ墨政治家の指示、彼の命令通りに、許詠中は動いていた。

    だから初めは、「大阪で危ない男が居てる、とてつもない度胸と知識を持つ人物が居てると、彼は朝鮮民族だと、だがこの人物は暴力的行動力もすごいが非常に頭がいい、金融のプロの能力を持っている現代の経済やくざだと、そういう噂が多分この入れ墨政治家の耳に、誰かか、どこかから入ってきたのだろう。
    その後いつしかこの人物に許詠中は面会にわざわざ別荘や自宅に招かれその人物と会っていて、そこで細かいことの打ち合わせと、指示で動いていたのだと思う。
    つまり彼は個々の彼の組としての単体で動いていたのではなくて、初めからその政治家、祖の政治家が最初に許詠中の持っている素養に惚れて使いだし、目をかけ、彼を動かす指示をだしていたのだろう。

    私は許詠中とは昭和47年の暮れごろが初対面で、このころには大阪阪急沿線の服部緑地に組事務所を持っていて、当時はまだそんな東京のある政治家とどうこういう状況の人物にはまだなっていない状態で、ただ毎日毎日面白おかしく彼は悪さをやっていた。
    いろいろな悪事を(我々には何にもしなくてただ今日あったことだとかいろいろと話を当時はまだやってくれていた)やってはいただろうがでもまだ東京云々までは一切そのころには何にも動きはしていなかった。
    彼がまだ27歳になるかならないころ。
    所が昭和50年代、つまり1975年に入る頃には彼の周辺でつながる連中が格段にレベルアップしだした。
    よくテレビで出てくる写真の人物が目の前で居てたりもう私もこれだけ藤田さんは大きく(力を持ち出した=悪の部分で)なりだしたと、ただ、その大きくなるスピードの速さに驚かされた時期であった。

    そのうち或る夜に、、
    東京からの帰りだということで、3人連れで私と会った折に、
    その大物と思えるその政治家とされる人物の館の家は、玄関からかなり奥まで行かないと主が居てる母屋にたどり着かなくて、そこまでに庭には尾っぽのないあの真っ黒のドでかいボクサー犬が2頭走り回って放し飼いにされ、奥の入り口の前には黒服のきちんとスーツを着たがっしりした付き添いのそば人のガード護衛をするものが、直立で二人で両サイドに立っていたという。

    【全身に入れ墨の入った政治家が日本に居てるのを信じられるかあ?知ってたあ?全く想像もしたこともなかったけど、墨が全身に彫りこんで入っていたわ】って。

    【その横には日本の誰もが知ってる大女優が座って、そこで世話をしていたよ】、って。
    当時その人物はすでにおむつをしていたそうだ。
    僅か三十代で、あれだけのことをやらかしたこの許詠中という人物も朝鮮民族である。
    彼が日本民族で日本で日本の中でそういうことをやったというなら、まだそういうことをやる機会もあっただろうがこれが朝鮮民族がこんなことを、しかもこの許詠中に加わっていろいろな多くの人物がこの大事件イトマン事件という2000億円もの金がどこかへ消えてしまったままでいまだに解明もされずに放置状態というこの国のこういう問題を、なぜ朝鮮人のこんな年代のただの半グレのやくざもんがちょっと頭が切れたからといってもそれを使ってこの日本の中でものすごい資金を消滅させてしまった。

    こんなことを起こせる遡上がこの時期つまり金丸信が日本を牛耳りだし野中広務が君臨しだした時期にこんなことが朝鮮民族のただの初めはわずか20人ほどで作った若い梅田会の半グレグループ、こんな連中が日本だけではなくて世界にも流れるニュースの主人公にしてしまうこの日本という国のこの時期からの日本国内がいかに挑戦民族の悪が自由に好き勝手に気ままに金融というこんな厳格であったはずの期間にまで不通に入り込める、こういう状態を作ってしまったのは日本のテレビ新聞そして日本の国籍を騙し取った国会議員霞が関警察のこの内容が一番大きい。

    しかも日本の国民はテレビで日本人だと思わされればすべて日本民族だと騙される愚かな純朴さ、
    これらをまんまと都合よく悪用し遂には現状で行けばもうほとんどの組織団体企業組合霞が関を筆頭に公務員の世界学校教師の教育の現場の世界、もうあらゆる分野がすでに朝鮮民族の支配下で何もかもが動いている。
    科研費までもが朝鮮民族の活動資金になるほどにもうグダグダに日本の金が朝鮮民族に流れ出ている。

    このことを日本の国民はいろいろな角度から考えていかなくてはならない。
    取り返しに行かないといけない。

    ★この間の電通の局長がワールドカップでの観戦帰りに球場の警備の守衛を平手打ちで暴行し逮捕された、だが、すぐに釈放、電通の局長は暴行したことについて一切認めておらず否認したままなのに、横浜署は、なぜか警察はすぐに無罪放免で釈放。
    この局長は、否認して一切暴行を認めていないし、謝罪すら一切していない状態で即刻で保釈などありえない。
    皆さんもよくご存知ですよね。
    横浜の市長の人物を。
    どういう名前をお持ちの人物かを、
    いや生き物かをといったほうがいいのかも。

    横浜市長は、林市長、
    そして加えて、県知事はあのフジテレビの元キャスター、

    皆さん、改めて、名前をもう一度見直してみてください。

    電通がこの時点で何をやったかを想像してみてください。
    暴行の現行犯で逮捕されて無罪放免で釈放ってそれってまるで朝鮮韓国でよく行われている内容でしょう?
    だから神奈川県警はすでに日本の警察本部にはなっていないということです。
    韓国のように検察に通知すれば裏から無罪にも有罪にでも何でもできるという状況にもうすでになっているということです。
    横浜と言えば神奈川、神奈川と言えば小泉さん、小泉さんと言えば北朝鮮と、北朝鮮と言えば野中広務、
    まあこの地域は非常に同じ同胞、同じ半島の因縁の対決権力闘争の場、地域外でありながら、ここに乗り込もうと、この地域を奪い取ろうとした野中を強引に追い出した小泉さん、同じ半島の同胞同士が血と血で争う非常に民団と朝連の入り乱れた奪い合いの激突の地域。
    まだいつ何が起きても不思議ではない地域。
    だから小泉さんは退いてもこの地域からの影響力を放り投げずに、身を引かず続けさせたほうがいいと判断して息子に継がせた。その時点ではまだ野中広務は生きていたので。

    現状まだ小泉派が力を持っているようだが、なにしろ朝鮮民族のことだ、まだまだなにしろ朝鮮民族同士の争いの対決の地域、これはいつどっちが陥れに成功するかで先行きは不明。

    朝鮮という国は現在がこうでも明日は何がひっくり返るかわからん国だし民族。
    味方も敵もいつどっちになるか全く解らんいつ裏切っても普通であり、こんな連中がたむろし、そこに横浜中華街というまたまたややこしいお化けの物体がそこに鎮座する。
    もう日本ではない地域で、今や日本人が口出しできるようになどなっていない地域。

    海老名市市長選挙の結果を見たでしょう?
    あれだけ大勢が演説に寄っていたにしても何と立花さんの得票数が二千九百票ほど。
    之こそ票開票に不正行為不法行為があったとしか思えない数値。
    誰が考えてもいくらなんでも異常におかしすぎる。

    大阪でも私の目の前で、投票所内で、市の職員が、投票用紙を改ざんして違う名前を書いていた職員を見つけたぐらいだから。警察官に出動してもらって臨場の現場検証を職員・警察官・私立ち合いですると言ったら突然に走って逃げだし、逃げだしてそれ以来その後その区役所にてそいつの所在をいくら問い詰めても答えないし、行方不明、まあ大阪でさえそれだったので、あの神奈川など普通にそんなことやってると言えそうである。
    ネット上にも昔から神奈川県の選挙投票の開票作業の不法行為不正行為が横行しているその現場の動画がネット上には以前からもよく流されていたぐらい。

    神奈川県は、蛯名氏は、こんな不法行為は普通にやったとしか思えない。
    あれは明らかに開票行為の折に不法行為での開票作業をやったとしか思えない票数である。

    野中広務が日本の行くとこ行くところで彼がやっていた”〇し行為”、と同じことを、もう電通をはじめ日本で存在する朝鮮民族連中の誰もが野中死亡後はそれが誰が中心でやるのかの決定がバラバラになりだし、歯止めが利かなくなり奴らの信じている【天下の宝刀???の”〇し”行為】を、これをもう、もうやみくもに誰もがやりだし、普通にこれでやりだし、あらゆる連中がこの手を使いだした。

    ただ面白いのは奴らは、この手は、日本人に向けては使えないことをよく踏まえていて、だから日本人には別の火炎瓶を投げるぞ!だとか火をつけるぞだとか爆弾を爆発させるぞだとkをやる。
    日本人にはこの脅し行為は通用しない事ででも朝鮮民族が自分が朝鮮民族の場合相手が日本人か、朝鮮民族か、はすぐにわかるようで(何か私とは違う見つけられる印でもあるのか)其れでこいつは朝鮮人だと思ったらこの手の嚇し工作で相手を追い詰めていく。
    朝鮮民族が相手は朝鮮民族だとわかったうえでそこをバラすぞ、国籍を騙し取ってることをバラすぞ!と、これで脅しをやってるので、日本人の人は、朝鮮民族の脅しをやる輩からはこの手口の脅しは受けませんから、安心してください。

    わたしには、
    【お前は脱北者だろうが!バラすぞ!】って、
    【知り合いに警察の刑事が居てて、特に大阪に居てて(私もその大阪府警の公安の警部を知ってるがって言ってやったが、その名前はこれか?って、で、このお方が私のうちに逮捕にってか?俺の警備を二名つけてやろうと言ってくれてる警部が俺を逮捕に?って、そこで、名前の一部隠して告げてやったことがある、、、もう笑い話にもならんレベル)そいつに頼んで、お前の住所はもうわかってるから間もなく行くから覚悟しとけ!】だとか、
    もう笑い転げたねえ。

    当時のこの警部をはじめ、当時のこういう外国人を扱う内容においては、他の部署の警部らも関係し、彼らどの警部においても大体は朝鮮からの入国の方面にも濃い薄いはあるがタッチしていていろいろと内容がたくさんあった。第一当時は政治家は無論当たり前に、全国の県警本部・府警本部・道警本部、これらの本部長の歴代が、退任後には揃いも揃って北朝鮮の組織団体に名前を連ねて全国的に天下っていた時代。

    そら、許詠中があれだけ誰か解らんが全身刺青のその政治家の指示で、誰それと会えだの、誰それと一緒に協力しろだの、やれだのと指示され動き回っていても、朝鮮民族からの身元素性の弱みのバラされたくないものが、脅しもそら相当あっただろうし、どこの県警本部長も、空簡単にはそうは動かないよねえ。

    電通が今日本の警察に(警察内部に多分日本の国籍を騙し取って日本国籍に入れ替わった人物が多分居ててそこを電通は握って圧力をかけたのでは?=野中広務が使い放題で日本の国会でやっていた朝鮮そのままの脅しの初歩の手口で)これだけ命令できるまでになってるということは、日本のここまでの警察の体系の国体が、現状は、もうすでに朝鮮の本柱に代りだした、いや既に変わってるのでは?ということをことを意味する。

    立花さんの起こす裁判においても裁判所までが普通考えられないような被害者が救われる判断がかなり少なくなってきだしていてここらも特に訴えられてる側が明らかに朝鮮系であればもうほとんどが勝てないような裁判判断が出されてきだしている。

    朝鮮民族の大阪の大阪では珍しい二の腕の手首のところに墨を入れている関東風墨の彫り入れ方の幹部組員で、その或るやくざの幹部が私に言っていたが、俺の息子は裁判官にするんだと、こいつは本気で私の前で言っていた。
    こいつは朝鮮民族なのになれるわけねーだろうがと私は思っていたが、だがそいつは絶対にさせると言っていた。

    こいつの息子はあの神戸にあるあの有名塾の浜学園でその折成績はトップクラスだと自慢げにしゃべっていた。これからは裁判所に人を送り込まないといけない時代になったなどと、こいつは本気でそうしゃべっていた。=昭和50年代半ばに)。
    呆れてものも言えない、ここをどこの国だと、ここは日本だよ、朝鮮民族の前科者のしかもやくざの息子が、成れる分けねえだろうが!ってそう思ったんだが、まあ私はそれは言えなかったが。

    まあ最近のあの救急車内での血圧測定器で隊員に首にそれをやり顔はむくんで目は充血に至るまで首を絞めたおしもう少しで死んでしまうようなことをしながら周りで笑い転げるこの朝鮮民族の連中ら、こんなことをやったり、つい最近起きた兵庫県公務員の消防車に隊員を天井から逆さ吊りにして吊り下げ、縄で縛り付けて遊んで喜んでいたり、この間の、学校の教師が教師に対して暴行虐待を繰り返し、それを笑って喜ぶこの脳の構造、これらなどもう朝鮮民族の好き放題に現場がすでになっている。
    日本人では想像すらできないことをこれを楽しむというこの感覚素性がもう日本人には想像もできないレベル。
    でもこれが普通に日本の公務員の世界でもやられて日常的に起きているこの朝鮮民族の奴隷にしかできない両班にしかできない朝鮮民族と中華民国の連中にしかできないこれらを普通にやるものらが今日本で日本を支配している。
    日本人はいつまでこれを放置させるのかねえ。
    わたしは周りからは遠ざけられて学校もだが地域でも普通に正義を伝えれば伝えるほど皆が嘘のほうがいいようだという状況になっている。
    日本は今皆さんこんな状態なんですよ。
    立花孝志さんが病気になったのがよくわかる。

    まあ私は子供のころからそうだったので病気にはならないがでも日本人が日本で暮らせないような社会構造の民族連中の社会になってきている。

    まあ私の周り地域にももうそこらじゅうが見てても朝鮮民族だらけになっている。
    でも誰も自分は朝鮮民族だとは決して言わない。
    日本は異様な国家になってきた。
    日本でありながら日本人だと思うんだがでも日本人でもなさそうだしでは真実は?と聞いても嘘で返される。でもその嘘のほうが真実に周りは解釈し真実を述べるとそれは誹謗中傷だと返してくる。
    まあ私のような者でない限りこいつらと面と向かって言い合いなどできる者はそうはいないと思うがまあ近所の者はだれ一人私が表に出るとみな顔をそむけるかとって引っ付けたように笑って会釈を遠くからそれも遠くからしてくるという具合。
    いじょぷな国になりつつある日本。

    私は立花孝志さんのような生き方を、事実が一番強いというこの本線を通す、これでやってきて、まだ今後もこれを通していくつもりだ。子供もそれだから親が信じられるといってくれている。

    まあ、朝鮮民族の当時の掲示板の時の私への誹謗中傷の嵐の連中、こいつら私にもそれで脅せると思ってると思うと、当時は、もうほんと笑い転げて家族で嫁さんと子供ともこいつら朝鮮民族はこんな方向しか頭が回らないんだと、これで脅せるとまだ思ってるのかと、まあ貧弱な奴隷志向だなあと、それでしか面とやれるものはないのかと、当時むしろこいつらの事がかわいそうに見えたぐらい。

    もう2003年ころには、朝鮮民族がやっている掲示板上(そこに西村ひろゆきさんも一時期来ていたが、結果何故か怖くなったのかその掲示板から逃げ出していった)で、ネット上で、それを書かれ、相当書き散らされましたけど、、、笑ってしまうよね。
    それを書いてきたやつの一人が、実は今話題の何もないところに空気中に映像を出す技術、これらを当時開発に手を入れ、パチンコメーカーで台開発のプログラ作成にもかかわりながら、大阪のあの誰もが知っている大手企業と後にタイアップして、現在はその技術で全国に催し物としてやっている。
    あいつらが実は北朝鮮の工作の一番手で当時日本国内のネット上の反南北朝鮮への意思表示をするものらを、日本からの発信を、何とかもみ消そうと、意思を持つものをネット上のあらゆるところまで検索エンジンで探し潰し工作や脅し工作、掲示板を脅して潰させたりも平気でやっていたし、奴らが主体で実は潰し工作で活動していた連中。私が当時指摘していた北朝鮮事業所での不法行為を決定的逃げられない証拠を見つけたのでそれがやつら恐怖だったのだろう。
    私の通報で、東京都館内で警視庁による強制捜査が始まり私が伝えた証拠の同一の不法内容での摘発が一気にその年になって突然に起こり、9か月で90軒の摘発及び行政指導・営業停止・営業禁止等の処分を行う羽目になって奴らは一斉に私への攻撃を一気にやりだした。当時の警視庁の本部の警部は相当やり手でたぶん内部的に反発も起きただろうが一気に私が指摘した内容で摘発をやってくれた。
    だがその警部が移動後にはまた元の木阿弥になってしまったというのが実情。
    如何に野中広務らの考案への、警察への工作、脅しが強い効力(野中広務が何故国家公安委員長の席を欲しがったのかが日本人ならわかりますよね=それ以降日本の国家公安委員長は朝鮮民族の血を持つものに入れ替わっていった)を持っていたかがわかるでしょう?

    どうする???
    日本は!!!!!

    日本人が自らで考えて決めていくしか道はない。
    ボケーっとして朝鮮に乗っ取られてきたこの日本をいつ取り戻せるのか!
    立花孝志さんは二十年はかかると言っているが、それではあまりにも遠すぎる橋である。

  7. 仲井 より:

    戦争当時の話が地域での会話にはもうほとんど出てこなくなっている。
    時に何かの拍子に出てきても、ただもう

    ;戦争は嫌だ、二度と嫌だ。
    ;日本はなんであんな戦争を、
    ;子供たちには絶対にあんなことは駄目だ。

    ということを、ただそれだけのみを言う人が居てる。

    ;なぜ日本があれだけの戦争をやったのか、
    ;なぜあそこまでやらざるを得なかったのか、
    ;それとも違った意味での、国民は果たして本当に軍部に騙されてやらされたのか、

    まあこれらについて現状喋っている者らは、ほとんどあの戦争を実体験していない世代が、どこかから聞いてきただとかの、後々の誰かの話を聞いて、また教えられ、その人の話が事実だと、また喋る人が言っていたことをより大きく上塗りして、拡大的に海苔まで塗ってしゃべっていたことを聞かされて、「戦争ってそうなんだ」と、そう思い込んでいる人が多い。

    戦争のことを、終戦後のことを、個々を日本という国はほとんど教育にしても家庭でもほとんど喋ったり学校で教えてきていない。
    戦後に刑務所から釈放された当時身柄を拘束され釈放時には朝鮮総連が大々的に出迎えをして迎えられた人物らがその後日本国内で当時の日本の戦争はこうだったともう嘘が殆どの兎に角日本人は日本の天皇は、日本の軍部は、もう悪の権化のように嘘を振りまきこの朝鮮民族のこの連中が一気に戦後の日本を自分らで手のうちに入れて強奪しようとたくらんだそのことが今の日本の戦後教育の異常なほどの教えであった。

    凝りもせずにいまだにまだ当時の戦争のことを、終戦後の日本のあの焼け野原の時代のとんでもない悪の残虐の世界は全く消し去りいかにも日本軍が悪いことをして日本国家を破壊したかに教えまくり今でも戦争の語り部と称してまあよくここまで嘘が喋れるなあと、嘘がここまでシナリオになって作られるもんだなあと、現在テレビ朝日で昼間やってる終戦後の頃の日本の状況をつづったドラマがやってるが、まあ嘘のオンパレード、日本の軍人が真麻ことあるごとに殴るける、当時の日本のまあ警官に当たるものが、何故かもう情け容赦ない暴言で市民国民を怒鳴りつけまくるし、とにかく残虐でとんでもない悪辣な人物像に描かれている。

    被害に遭う市民国民が当時日本にはこんなに居てたんだと、戦争が引き起こしたこれは日本の悪であったと、もう決められたような朝鮮が、違法移民の密入国の朝鮮人が、日本の国内は当時こんなでしたよと、このように朝鮮民族が作ったシナリオにまるで朝鮮で数百年間起きていたその奴らの国の奴隷制度そのままの雰囲気を醸すやり方で情景で描き、感覚をそのまま日本の権力者となる警察官だとか役所のものだとかを悪辣に傲慢な強制をやっていた組織人物像に描いておきたいという日本人の警察官、軍人などを、像をもう悪辣に仕立て上げ、とてつもないプロパガンダをこの時代になってもまだこんな嘘が通じるものだと思い込んでまだやっている。

    典型的、創られたでっち上げプロパガンダドラマ。
    あの地球温暖化のあの子役の詐欺しぐれ多と同じである。
    アクが周りにさもいてるかに作り上げるシナリオ、あんな障害があるかのようなイタチのような女を前面に出してきてとてつもない嘘をまき散らさせる、朝鮮のやってるものとまあ格は違うが目的は同じ、輩が作るでっち上げの愚民の卑しさである。

    兎に角下品すぎる。
    下種すぎて反吐が出るがだがあれをまだ信じる馬鹿が居てるということが今の日本で朝鮮が行う嘘のでっち上げも功を奏するような状況。

    支持るつを見てると面白いねえ。
    庁瀬bン民族の岩盤支持の固定率というのがよくわかるよねえ。
    どんな調査をやっても常に朝鮮民族が支持する率は2割ぐらい。
    妻に日本には岩盤のように朝鮮民族がこの国に存在しているということだ。

    今度からマスメディアが支持率調査をやる折には、
    【あなたは日本民族ですか?】
    【あなたは朝鮮民族ですか?】
    こうやって分類してその支持率をやればいい。
    まあ私の想定通り何処まで行っても朝鮮民族票が支持基盤が二割存在するだろう。

    立憲民主、共産党、公明党、国民民主党、れいわ新撰組、社民党、
    これらで常に2割になるだろう。
    支持率が合わせて常に20%になるだろう。
    こいつらを支持する朝鮮民族が願うことは、朝鮮での韓国の存立である。

    つまり日本と韓国は断交すべきだという質問をしたら朝鮮民族はそれは困ると、祖国が亡くなるような、また、一切行き来ができなくなるのは困ると、こういうことになるだろう。

    日本人からすれば、あんな生き物がいる半島など消えてなくなれと思うんだが、日本国内にもこの生き残りが2000万以上残ってるので、この連中も故郷に一気に半島に帰ってもらって、そのうえであの半島ごと消えてなくなってほしいよなあ。

    そうすれば日本海が広く使えるし、黄金のズアイガニも普通に漁ができるしさ。

    日本が大東亜戦争にあの時点で敗れて居なければ、原爆が落とされなければもしかしたら戦争はまだ5年ほど継続していたかも。
    そうなると戦後、後に起きた朝鮮動乱も発生していなかっただろうし、ましてや日本軍が朝鮮で駐留していたとすればあの北朝鮮もソ連も日本軍に向けて半島を南下して攻め込もうなどとは思いもしなかったはずであり、戦争などしかけても来なかっただろうし、あの日本が大東亜戦争で敗れたおかげで若かりし米国の若者が朝鮮民族の薄汚い欲の奪い合いのために犠牲になってしまった。

    朝鮮というあんなろくでもない民族のいる国、半島が無ければ、あのときの米軍の若者も3万とも4万人ともいわれる若い軍人さんも、あたら貴重な命を、戦死をせずに済んだものを。

    朝鮮が当時から今に至るまでどれだけ周辺国家に迷惑と被害と災いをもたらしてきたことか。

    その同じ朝鮮から闇に紛れて海を渡って逃げて日本に入ってきた連中が、この同胞が今日本で日本の国内の政治の中枢にも、政治の世界だけではなくて行政の官庁、公務員から大中小企業から教育の現場、新聞テレビのマスメディアまで、もう一体日本をどこまで破壊しどこまで日本の財産を食いつぶすつもりなのか。
    まあこういう輩は欲が限度が無いので仕掛けと手法は限りなく悪辣で卑劣、初めは映画小説シナリオから流し始めそこから教育の現場でそこを広め教え込みその中から気がおかしく朝鮮の欲の突っ張った連中を見つけ出し、そういったものを手先で抜擢し、資金収奪のプロパガンダの霊媒師にしていく。

    これがいま行われているチェチェ思想研究会の活動である。
    こいつらの中でも相当数が日本の国籍を騙し取っている家系のこの内容を脅され結局その中で染まるしか身動きs出来なくなり現状活動を、資金を奪い取る建付け名称での活動に没頭している。

    日本の公安ははっきり言って機能していない。
    考案自体が国籍だまし取りの弱みで脅されてるんだから空無理になってるよな!

    何しろ脅してる第一人者が日本の国家公安委員長に歴代座って就任してるんだから空どうしようもないよなあ。
    あの退任された菅沼さんが、自分の現役時代、やりたくても手が出せなかった部分が多々あって、そこが、そこを手が付けられずに苦々しく悔いが残るようなとの、悔しい思いを吐露されている。
    何故手が付けられないのか、権限を与えられている現場の連中がなぜそこに突っ込めないのか、

    突っ込むことでの、日々訪れるであろう命の危険と、現在の地位と立場を一瞬で失う恐怖に負けてしまうのだろう。

    ★日本の警察庁も公安も、日本の国籍騙し取りの過去をもしも持つ家系を、これを朝鮮民族の同胞らから脅され弱みをつかれて脅されれば何もできないのであれば、これが今までのここ40年間の日本の公安の歴史の最大の難関、関門、最大の癌、最大の闇であるなら、
    もう公安の担当官こそ、採用時には、血液による遺伝子で民族判別をしてからしか採用しないようにすればいいだけの話。
    例として例えば公安には米軍の官僚からきてもらって採用するとか、米軍から呼んできてアメリカ軍の超エリート集団に日本国家の公安の担当官になっていただいて先頭に立って、日本での朝鮮民族輩の反日破壊活動や凶悪テロおよび薬物、半グレ犯罪等、これら犯罪事案を、ここまでのような脅されながら及び腰でほとんど何もしないただ監視してるだけのこんなやり方はもうやめて、アメリカ流に解決へと、導いてほしいものだ。
    フイリピンのデュテルテ大統領にやってもらってもまあ処理が早くてそれでもいいんだが、あいつは銃を使いすぎるので、銃に弾を込めたら、兎に角撃ちたくて撃ちたくて仕方がないそうなので、撃ちたいそうなので、そこはちょっと街を歩いていて日本国民はそこは流れ弾が怖いけどね。

    放置はもう限界に来ている。

    経団連の朝鮮民族が、またまた朝鮮の韓国と手を結びたいなどと共同声明まで出して、今後の日韓は仲良く常に手を差し伸べて今後常につながらなければならんなどと、もうあきれ果てるが,まだこんなことをto、やっぱり祖国から奴らは離れられないのだろうねえ、お前らもうここまで来たら判るだろうに、祖国などお前ら棄てろよ!、自分の祖国がどれだけ悪辣集団かわかってるだろうが!って。
    それでも気が合うのか水が合うのか同胞はやっぱり捨てがたくて手が離せないのかねえ。

    日本の朝鮮民族経団連よ、しっかりしろよ、

    何処まで日本国家を愚弄し、国民を朝鮮に売り飛ばし、どこまで日本を朝鮮に合わせて下種下品に持っていくんだよ!
    祖国がそんなに大事なら日本に今もまだ金くれと日々叫んでいるこの同胞を、同胞の強欲愚民二千万人連れて、君ら経団連は君らの親族がまだ残る祖国へ向けて、愛する臭い国故郷の朝鮮半島へと帰れよ!

  8. 仲井 より:

    1980年前後を思い出せば、ああそうやなあと、いまだからああそういうことだったのかと、築かれる人も多いと思うが、我々でも今考えるとわかることがまず二つ浮かぶ。

    特別会計という枠組みが日本にできた時期と、その前後のタイミングに合わすように、ここに食い込もうと画策した連中が大きなドロボー意識、戦後の時期に日本の財産は強奪で奪えたが、もうそんなことをしなくても、うまい汁を暴力で奪っていたが今度は政府が作った枠組みからまんまと盗み出せると、
    朝鮮民族にとって、これほどうまい話があるかと、
    何しろ国民に気づかれずに国のお金を使える仕組みができたなんてこれを狙わない手はないと、
    食いつぶせる奪える仕組みができたと、
    これはいい飯の種ができたと、あらゆる朝鮮連合体が民団から総連まですべてがこの特別会計に狙いをつけてきた。
    これら卑しく卑劣で薄汚い、もう泥棒の系属にしか思えぬほどにもの欲しがりの下種野郎ら、他人から奪うことしか脳力のない民族が、こういう案件、つまり特別会計なるものができたとたんに蟻のようにわんさとこんな金くれ金くれ団体組織が、泥棒集団が日本国内に幅広く存在しだした。
    日本の国籍を騙し取った連中の集合体であった。

    このことを、このことが意味する部分で、そこで登場するのが、
    「じゃあ俺たちにも」と、また一番にとんでもない内容を持ち出して仕掛けてきたのが、名乗りを上げたのが朝日新聞である。
    そこに旨味が撮ると勘が働いた同じ同胞の毎日ほかあらゆるマスコミメディアの朝鮮民族違法移民が集中的にこの内容をさも事実のように印象操作でそこから生まれる金目当ての活動をやりだした。

    韓国では戦後日本から莫大な金が渡りしかもその後もずっと延々日本の金が陰で渡り続け、子ら普通に金が日本から奪える味を占めた朝鮮民族は次から次とでっち上げては身元素性の弱みを突いては脅し、だが続きだすともう歯止めがきかずに、継続を作ろうと、もっともっとと、欲を出してきた朝鮮は、ここは今度は特別会計から莫大な金を奪い取ろうと、之であれば日本に居てる、国籍を騙し取ってる日本の政治家も、日本の国民の目に知られずに陰で横にうまく流せば奪い取れるのでその政治家さえ脅せば、日本から朝鮮は金が強奪できると考えだした。
    これがまんまとはまってもう毎年のように数百億単位のもうとんでもない金が朝鮮本国にわたってるだけでもそうであり日本の国内にはもっとそれ以上の金がこの朝鮮民族集団に延々とわたっていたと思える。

    そこに朝日新聞が仕掛けた慰安婦というでっち上げの、この被害者救済という嘘もいいところの話で創り上げ、しかも日本に存在する日本の国籍を騙し取って日本人になっている朝鮮から渡ってきた奴隷集団を、集団化させその内容を一大イベントにまで仕立て上げて、日本を残虐行為をやったとんでもない民族だと、国家ごと、民族ごと日本というのはひどい民族国家だと、残虐な国民に仕立てて金をむさぼろうと、数百年間他人からむしり取る、因縁でのたかって奪い取る、強奪する、騙して奪う、この朝鮮民族がここまで長い歴史生き延びてきたその本家の宝刀のこの手法の、本家本元らしく、この民族は日本でそれをやりだした。

    朝鮮歴史、数百年前からやっている朝鮮のいつものやり方、嘘をでっちあげてそれを使って旨味を得るというこの手法を最大限、そのまま同じ朝鮮民族集団である朝日新聞他毎日新聞も加担し、慰安婦というでっち上げをやってみたらこれが意外と本当に大きく取り上げられ「これはいける」と、之であれば日本からだまして金が騙し取れると、ちょうど戦後補償の金も韓国で使い果たし尽きたことだし、このネタでまた金が日本からくると、ここは日本を苦しめれば金が出ると、これは金を奪えると踏んで大々的にやりだした。

    朝日新聞はやっぱり朝鮮民族なので、この特別会計を奪うのに朝鮮流のあいつら独特のこの被害者というものをでっちあげて仕掛け、
    (まあ姑息な奴隷上がりの身分であればこういう手法しかできずに、この被害者を装うこの仕掛けしかできないのだろう=災害やアフリカの子供を助けるとかの募金と称する詐欺集団や、戦後軍服で肢体不自由な姿を見せて路上で金をせびっていた朝鮮民族の違法に密入国してきた輩ら含めてすべて詐欺行為)、そこでこの被害者に日本国家は戦後補償賠償をするべきだと嘘をでっちあげてぶち上げて、それと並行して日本の政治家の朝鮮人議員には身元不法内容で脅しも重ねながら同時進行でこれらをやり、日本人の愛情あふれる同情心を卑劣に操り、感情に訴え、しかもこれを嘘の内容をもう次々とさも事実化に見せかけ学校の教育現場ででもこれを子供たちにまでしみこまそうと、映画では野麦峠のああいうしつらえを作って日本は戦時中とんでもない事をやっていた民族だと仕立て上げ印象操作の工作活動を徹底して湧きあがらせそれでこの日本の財産を強奪に参加してきた。

    この特別会計ができた当時、この膨大な国にある資金を狙って活動しだした別の朝鮮民族団体が決起し組織を新たに作って拡充し、この組織を大々的に世間に訴える運動方針まで作って(まさに朝鮮民族がやる得意な手法、まあこの手法しか朝鮮奴隷はできないんだが=被害者団体という金くれ集団の狙いは全く違うのに表の看板は卑しき嘘を語る集団)のもう一つ実は事が起きていた。
    それは大阪から出始めた部落解放同盟という根っこはそこでその表で活動する組織が社会党がバックの中企連であった。これは部落解放同盟がそれまででも相当な資金が実は税金から流されて板がそれがこのころにまた政治を表で特に大阪で当選したこの部落解放度ぷ名が推す候補で、当時の社会党の土井たか子手動で動く社会党選出の議員が大阪で誕生し(この時の朝日新聞のこの議員の事の持ち上げ方は尋常ではなかった、物凄くこの議員をほめちぎっていた、期待がもう奴らにすれば長点であった=これで金が回ってくると)この部落解放同盟の側へこの資金が増額してわたっていくことになった。

    私はこの中企連の幹部(この人物はサラリーマン金融を自営しておりこの人物の妹は大阪府職員でこの男の娘は環境局の公務員であった=ともに朝鮮民族=この男は、大阪では有名な誰もが知る料理学校の創業者の親族の男)と直接会ったが、こいつが私に言ったこと。
    それは、
    【現在部落解放同盟に公的に役所から一体現在どのくらいの金が税金で用意されてるか知ってるか?】って私はまず聞かれたところから話が始まった。
    【現在大阪だけでも236億円が実は用意されて部落解放同盟の資金になってウイル】と奴は私に言ってきた。
    【この金を倍どころかもっと増やして全国規模にこの行動を行い、大阪だけでは二百億少しだけだが、これだけだが全国にこれを行い、現状都道府県市町村で用意されているこの部落解放同盟にわたる用意の資金がまだ少ないので、それを一気に増やし、一大資金団体にするんだ】と彼はそういった。

    まあこいつらはどこまで強欲でとにかく他人から、人から金を奪い取ることしか頭にないのかと、もう実の自分の妹も娘も本来朝鮮人は公務員になれないはずがもうなってるし、日本国家の自治体からの恩恵をもう十分すぎるほど手当も受けてるではないか、
    そこまでまだ欲しいというその神経が、我々日本人にはまずそこの初歩の段階からまず意味が解らんとそう思ったが、私はその時
    【それで思惑通りいくんですか?、いや行けると思ってるんですか?】と聞いてみたら、
    【見たやろ、今回の選挙で大阪でもこの部落解放同盟の議員が出たし、これでもう十分に行ける段取りができた】と、こう自信たっぷりに語っていた。

    この彼が語っていたこのその頃の時点で部落解放同盟に流れる税金が年間236億円もあったということに私は一寸ずっこけるほど驚いたが国民市民はこの大阪だけで何故それだけの金が税がこいつら連中にわたっていたのかともうあきれ果てた。
    国民の殆どはこの金の行方など多分全く知らないだろう。
    表では絶対に出さない、隠されて裏で用意されていた金だと奴はそこはそう言っていた。
    こいつらも万国博から以降の昭和50年くらいまでは、まだその余韻で大阪の財政も持っていたがそれも終わり、10年近くまでこの潤沢な税での支給がイケていたが大阪の景気が底を突きだしてきてこの連中も将来への不安が起きだしてきた。
    このままではこの236億円が消えていくのでは?という大阪の部落解放同盟の輩の恐怖である。

    この予備費とされる236億円が減額されるのではという危機感を持っていたところに、こんな社会党から国会議員を大阪で誕生させ、しかも部落解放同盟から推薦の議員が誕生し、こいつらほっとしたのだろう。
    もう満面の笑みを浮かべてこのサラ金の社長はこの議員への期待を述べていた。

    朝日新聞もことあるごとにこいつを新聞で話題に出してもう全面支援であった。
    朝日は奴隷集団らしくこの朝鮮民族の奴隷の救済ということを朝鮮には要求せずに日本に賠償しろとこれをもうお門違いを今まであらゆる嘘をでっちあげて被害者を作り捏造し日本から莫大な予算をこの朝鮮民族奴隷に支給させようと、しかもその支援団体とされる組織に莫大な資金が国から流れる仕組みン位も加わりもうドロボー集団そのもの。

    でも皆さん少しだけ笑い話がこのここから始まります。
    この国会議員が誕生したことでここから奴ら朝鮮民族の部落解放同盟は今以上の資金が渡ってくるようにこの議員に思いっきりプレッシャーをかけそれを強硬に急いだわけです。
    もうすぐにでも増額してもっと今以上に取り分を増やしたいというもう朝鮮民族の本当に卑しさで結果ここからこれが実は大きな内部抗争が始まりだし組織は派閥の抗争で分割に分裂した以降、内部の実権を握るものが誰になるのかでもう常に揉めにもめ、抗争が絶えず起こり、で争いをはじめた結果この団体は空中分解してわずか数年で消滅した。

    このサラ金の社長は身を引いた後は毎日めちゃくちゃ高級ブランディを飲む毎日で、あの膨大に入った当時の甘味料満載のミカンの缶詰を毎日二個も、しかもあの甘い液体もすべて毎回飲み干し常食にし、遂にそこからもうわずか数年で例の通り人工透析のお世話になり(人工透析という莫大な費用も、ここでも莫大な税金医療費のお世話になっているもうどうしようもない人物)した後に死んじゃった。

    特別会計というこの中身の闇にはいったい誰が突入できるのか。
    中川一郎、中川昭一、石井紘軌、これら”士”が、ここに目を向けて一言発言しただけで殺害されたこの日本の闇。誰が日本のこれからの本当の”士”になれるのか。

    まあ見渡したところ
    ん、、、、、、、、、、、、、、

  9. 仲井 より:

    橋下さんだったと思うが、最近の裁判では、
    ちょっとおかしすぎる判断、まず勝つと思える裁判で何故か負けてしまうというこういうことがここ最近よく起こっていると、
    その原因が実は弁護士会を含む法曹界にはびこりだした意味の見えない何かおかしな力が横から入ってそれで判決がおかしくなっているのではということらしい。

    普通であれば当然勝つ裁判であったのに、裁判官がそれをちょっとおかしすぎるような状況を法廷で作って、それで判決の判断がおかしい状態が結構発生しだしていると言っている。
    何でこんな判決が?って思えるような判決が出ているなどと発言されている。

    つい最近も異常と思える判決が出ている。
    明らかに騙され、それを被害を受けたとして裁判所に訴えを起こした。
    被害者が訴えた裁判で、その被告である加害行為、詐欺行為を行ったとする本人、この当事者が確定し、しかもその身元素性もすべて判明し、詐欺行為の騙し行為もすべて立証出来て判明している状況で、それで訴えてそれが実は訴えた側が敗訴という判決が出た。
    3人の裁判官が、被告の訴えを退けた。

    その中で原告側はその加害者である当該の被告本人を法廷に証人として呼ぶように裁判官に申し立てをしたら、その申し立てを、(それは必要ないと裁判官が決定)つまり、加害者本人を法廷で証人として呼ぶことを、これを何と裁判官が拒否をした。
    犯行を行った本人自身が出廷することを拒否というのはまあ幾度かそれはあるかもだが、なんと裁判官自らで、その犯人とする人物の法廷への出廷を拒んで、止めさせ、呼ぶ必要はないとし、犯行を行った詐欺男を自ら裁判官が犯人の出廷をわざわざ拒否し、こいつを法廷に呼ぶことを、なんと裁判官が拒否をするなどということが、こんなことがこの日本の裁判所で実際に行われるなど、まあ信じられないが、でもこれをこの裁判所の裁判官は普通に行った。

    犯罪行為を犯した張本人を法廷の証人席に座らせることを、これを被告本人ではなくて、裁判所の判事裁判長がこれを出てこさせることを拒否し、この状況で、まあなんと、こんな状況を作っていてそれで、判決が下され、結果原告の訴えは退けられ、通らずに、敗訴となった。

    まあこれって、まるで朝鮮の裁判所、大法院の状況とまあ同じだよね。
    日本の裁判所、検察、弁護士が、裁判官が、遂に朝鮮と化したようである。

    これ実はあの立花孝志さんのN国にかかわるNHKに関する被害で、一般人の被害を受けたとされる被害男性に対しての裁判所が行ったとんでもない事案。
    被害者が、集金人からだまし手口で巧妙に騙されその内容は普通に誰が効いてもこれは詐欺行為だろうがと思えるものなのに初めから裁判所はこの件で立花さんを法廷の場から追い出そうとの仕掛けを組んでいたと思える。
    今後も怒るであろう裁判について今後もこういう対応ですべて門前払いのような判決を出すつもりの初歩の手初めの行動に見える。
    誰が見てもNHKが犯行を行っておりこれを裁判所が犯人とされ訴えられた被告を法廷に呼んで証言させることを問答無用に拒否し、被害者が受ける利益(裁判では公平公正な取り扱いをやって裁判を行わないといけないという法の趣旨を著しく損ない、被害者側が本来当然受ける法廷での公平さを裁判官の一存でそんな不当行為を行い、被告が受ける権利を著しく損ない、これは明らかに被害者が、原告側が不当に損害を受ける行為であり、公平公正な裁判が行われないことになる)である真相の会計というこの内容への審査が不実であり、法廷への承認申請をこれを門前払いで拒否した事は裁判所として言語道断な不当行為とみなされて当然であろう。

    ついこの間個々にも書いたが或るやくざの幹部が私に言っていた文言、
    【これからは裁判官にも(息子などの身内の関係者を)入れていかないといけないと思っていて、自分の息子を必ず裁判官にする】と、そういっていたやつが居てたが、朝鮮民族が何で日本の裁判官になれるんだあ??って突き付けてやりたかったことがあるが。

    でもこういうことが起きると、日本は、弁護士や、検察庁の検事らでは、もうすでにかなり以前からごく普通に(=あの左巻きの色事が大好きな声だけデカい目立ちたがり屋の女国会議員を見たらわかる通り)、もう普通に、朝鮮民族が、朝鮮から来た違法移民の日本の国籍を騙し取って日本人に成りすました家系からの、そこから裁判官にまで採用(江戸の時代までさかのぼって何故本人が持っている虚偽改ざんの戸籍国籍の内容の確認をしていないのか)され、そこらじゅうで居てるが、だが、裁判官などのこういう法曹界、裁判所、これらにも案の定もう相当数の朝鮮民族が日本国籍を騙し取ってこの日本の裁判官裁判長へとなっていると思える。

    ちなみに立花さんが裁判所を出たその前でYUTUBで動画を流しているが、そういう異常な誰が見てもおかしい誰が見てもこれは裏が満載の裁判官自体が訴えられるかもと思えるほどの事件事案にもなるような内容がそこに含まれると思える内容であるが、
    こんな理不尽というよりも正当な裁判をはじめからしようとしていない、むしろ被害者を著しく不当に不利益に導くような、邪魔をしていると見える行為を法廷という場で裁判官自らがこれを行っていることについて、対応をしたその裁判官、その裁判官の名前を、立花さんがいつもの通り、世界に向けてネット上の、ネット上で公開しているが、それを見た私は、
    【うんうん、やっぱり】と。

    本当の日本人が見たら、明らかに漢字の並びがちぐはぐで全く違うし、こんなことは戦後の今の世代の、今現在、30代の父親なら、つい最近生まれた子供になら漢字字体の並び順も知らない親が多い中、現在3歳ぐらいの子供を持つ親なら、漢字の並びも知らず、知らずに日本語がわからずにやるかもだが、昭和40年代までに日本人として日本民族として生まれ、その家系は江戸の時代からきている家系の者であれば、それで生まれた者が名付けたとすれば、日本人であれば、まず絶対にこんなことは、これはやらない。

    日本人はやらないし、やれない並びになっている。
    漢字自体の順序、漢字を入れる場所の食い違いと、間違い、日本人が間違う並びではない。
    明らかにこれは日本語をまだ全くきちんと理解できていない状況で日本名を作りたいと、そういうものが日本語に合わせてどれか漢字をと当てはめて作ったと思える並び順。
    間違っている。

    或る意味、

    【文在寅】と同じく、
    日本人が名前で、氏名の、名の方で、”在寅 ”だとか、”広務”などとは、こんな漢字並びで絶対に名付けないよね。
    意味合いはそういうこと。

    この裁判官は、数人いてるようですべて名前を出していたと思えるが、
    それらも漢字はわからなかったが、見る機会があればまた見てみたい。

    私の想像だが、

    NHKか、電通から
    この裁判官は、いつもの朝鮮流脅しの内容で突きさされたのでは?

    日本の公務員の殆どの者が、違法移民の国籍違法搾取の連中について、その弱みについて、公務員としての現在の役職の幹部になればなるほど、その脅される知られたくない真実、身元の不法内容について、内容は彼ら朝鮮民族の工作員には握られており(野中広務が生存中に掴んで以降からは、すべての日本に存在する影響力がある立場のものら、これらについては、ほぼほぼすべて南北朝鮮での過去の昔の本国での資料と、内部情報と、祖国朝鮮での戸籍(奴隷には戸籍はなかったが両班が取り仕切っていた奴隷身分の白丁や、奴婢については、それなりに両班は大事な所有した権利の物なので、現状に逃がさぬように管理されていたので調べればわかるものが多い)、家系を、日本での在住、在籍時の、その前の朝鮮から続く過去の家系とを、これを国家公安委員長時代に合致、照合させ、これを奴が死亡後には、それらを今度は引き継いだ朝鮮民族の連中らが、そのまますべて引き継がれて握られている)、日本で存在している霞が関をはじめ地方自治体及び国の出先機関も含め、公務員の上層部の幹部になればなるほどに、この本人らの弱み情報は、内容は皆朝鮮・中華にも握られている。

    もしかすると、この裁判官ら数人は、そこをつかれて脅され、身元の違法部分の内容の弱みを、これを今回この裁判官らは脅され、そして朝鮮工作員が常にやる脅しておいて金銭を渡す(例の関電で行われた朝鮮民族からの脅しと同時に金銭を渡すこの手口卑劣なこの手法、朝鮮民族の常套手段)というこの卑劣な圧力、こいつら、もしかして、金銭でも貰ったのかねえ。
    どっちなんだろう。
    それにしても電通とNHKが絡んでるとしか思えないよねえ。
    一連の流れを見ていると。
    NHKはもうすでに電通だと言ってるぐらいだから。
    朝鮮民族のものになってるんだから奴らならそら常套手段でこれぐらいなことすぐに言わずとも誰かがやるだろうそういう民族なんだから。
    日本人などとはそもそも生き物が違うんだから。

    其れであれば日本の裁判所は現状もう日本の裁判所にはなっていないよね。
    日本国民は、現状がここまで朝鮮民族に騙され汚染されているなら、清廉であるべき裁判所までが朝鮮輩連中の差し金で汚染されるとは、ここはこの際、日本国民は、裁判官への弾劾をやる時期に、もう日本は来ているのかも。

    これは想像。

  10. 仲井 より:

    以前にも、この番組の中でも、またほか多くの番組の中でコメントする連中が喋ってることで全く違うニュアンスの範囲なのに全くそれが同じことのようにくっつけて一緒にしてとらえている愚か者が多いと私は最近本当によく思ってしまう。

    こんないかがわしいことをのべつ喋るコメンテーターが多くの報道に関するものでその周辺にも大勢いててほとんどが朝鮮民族であることにもう当たり前に思えだしてきてるほど。

    まあ見ていて中途からはあきらめが出てきてしまって、こいつら民族なら仕方が無いかと、これで必死に誰にも負けまいと、其れには誰かが手にするものを自分の手に奪い取らねばならんと、其れにはただ一つ、まんまと陥れるしかないと、この手法をと、生まれ育った時からしみついた奴隷の思い、常にそっちからの目線で出発する卑劣さの性根、反吐が出てくる。

    之しか生きられないのかと、これでしか息を吸えない、まあ代々これで数百年以上の間生き延びてきた奴隷の一生なんだろうなあと、思ってしまう。

    こういう状況が画面で出てきたりすると、ああ見なきゃあよかったと、普通の人間であれば、正常な判断を持っている者であれば、一寸考えたらわかりそうなものを、もうこいつら頭おかしいのかと思ったりしている。
    まあ不祥事だとか、自分とは考えや公道の主点が違ったり自分とは性格的に合わない場合だとか、自分を愚か者だとか指摘された折に猛然とこう言う還しでやるまあ脳の構造が貧しいというかどういう育ち方をしてきたのか親の顔が見たいわと思う連中がコメンテーターとして顔を並べて存在している。
    ここらが実は、日本が置かれている国民にとって本当に悲惨で不幸の原因である。
    まあそこには卑しい妬みだとか自分にとって都合が悪いだとか、とにかく相手を潰すことが快感に思っている連中がそこらじゅうのテレビのコメンテーターには存在する。

    ★①【我々は法律に違反していることはやっていません】と、

      ↑
    誰かがこのように発言をすると、
    日本のテレビのコメンテーターはこれを聞いた瞬間に、必ず次のような文言で説明しだし、
    意味不明な(←私の頭での解釈では)こんな文言を出す。


    ★②法律に違反していなければ、”何を”しても良いという事になる。

    ★③違法行為でなければ、”何を”してもいいということになる。

    ②③のように、必ずこう言って①の発言者に対して、非難や誹謗中傷を浴びせてやる。
    出演しているほかの連中も、そこでそれはちょっと違うという者もいなくて、皆がこれに頷く。

    日本の現状のこれって、日本は大丈夫なん?

    ★日本人で、日本の学校で、こんな読解を教えてもらいましたか?
    日本の家庭での教育、学校での教育、社会生活での教育で。

    皆さんも考えてみてください。
    何処かおかしな返しだと思いませんか?

    明らかに相手に対して相手の発言に対してその中身においての返しでは、これは間違った印象操作になるとは思いませんか?
    其れも、誹謗中傷をほのめかした、それを込めて含めていると感じられる返し文言だとは思いませんか?

    返して発言したこのテレビの出演してる連中は、発言者の意見について全くその範囲を勝手に自分で広げて答えを自らで自分が思う悪の部分にまで範囲をくくりつけて作って、そのうえでそこの判断でそれはおかしいという表現で返している。つまり自分で作った拠点をその拠点をもう事実に置き換えてそれは駄目だというロジックで喋っている。

    ①の発言者は全くそこは喋っていない状態なのに。
    ただ我々は法律に違反していないことをやってるとだけしか発言していないのに、
    【じゃあ法律で違反していなければ何をしてもいいのか!】という返しはもうこれは喧嘩である。
    解説ではない。

    こんな短絡に物事を持っていく馬鹿が、読解して物事を語れるものが居なさすぎる。

    まあそこには朝鮮民族独特の、何でもかんでも自分以外の者の立場が、世間でいい方向だったり何か魅力が自分よりも優れてると世間が思い出すと、注目されたり成果や功績などが話題になれば、それが自分にとって妬む内容になれば、自分との価値の関係で比べられれば、また、自らと、自らで比べてみて、そこで妬む材料の琴線にかかると、感情がこいつら奴隷には何時もくっついて回るもう誹謗中傷の材料を兎に角くっつけてそれらを引きずり下ろす発言をやる。
    テレビという全体組織に、もはや、日本人などいないようで、それにしても、もう程度と品格が、そして何しろ程度が下種すぎる。

    何なんだろうねえ。
    あの民族は。

    常に妬みがそこにあるからだろう。

    もうそこらじゅうで偉そうな肩書(私にすれば屑の作ったしるしの価値しかないんだが)だけぶら下げてものを言ってる。
    まともに常識での判断はせずに常に誹謗中傷でしか番組が構成されない現状日本は大丈夫かあ?

    やってることは、法律には違反していません、法律に違反することはしません、とだけ発言してるだけで、そこまで拡大解釈で広げるだけ広げ、その一番奥の奥の、可能性の一番奥にある限界の悪の部分にまでその発言を引き延ばして、それは駄目だという結論を自分で見つけた地点の判断でそれを意味が解らんがそれを平気で出ししかも周りもそれで納得している。
    お前ら犯罪者か!と、そっちこそ犯罪行為になることにならないか?って。

    もう悪意満々のこういう卑劣発言、これが日本の現在のテレビの朝鮮民族コメンテーターの現状であり、こんな輩が朝鮮民族で運営している日本のテレビらしく、常に重宝され、結果こんな連中が何処のテレビにも多すぎるほど存在する。
    現状は、殆どがこれだ。

    ★武田邦彦先生などもう本当に貴重すぎる存在である。

    皆さんもテレビを見て居てこういうものの言い方で、常に一人の人物を潰しに行くというこのテレビでのコメンテーターの連中らのやってること、形、返す内容の判断の範囲、これを間違えていると思いませんか?

    これって
    ①②③は、それぞれ日本語として、全く同じことになりますか?
    同じ意味だと思いますか?
    同じ意味だと解釈されますか?皆さんはどう思いますか?

    この①の文言はそんなに誹謗され避難されるだけの、責められる内容の文言になるのかということです。

    昨夜、沢尻エリカが違法薬物所持とかで逮捕されたようだが、
    彼女においてもマスメディアが過去彼女に対してどれだけ酷いことをやったのか、
    もう常に誹謗につながる内容を追いかけ追求し、ろくでもない朝鮮民族奴隷のイタチのような朝鮮民族取材陣が何処までもマイクで追い詰め追いかけて、彼女の心理状態を無茶苦茶にまで潰すところまでしてきた過去がある。

    宮沢りえもそうだった。
    日本の朝鮮人テレビの朝鮮民族取材の状況はもうとにかく妬みに重ねてつぶしにかかる、
    異常を超える、人間の心を徹底的に潰しにいくこの悪態を、日本人はあれを見て異常だとは思いませんか?

    朝鮮民族のあの妬みと重なる陥れの異常さ、
    そら誰かに助けてほしいと願うはずだ。
    幾ら強い子だとしてもそこにはやっていいことと絶対にやってはいけないことが或る。
    正当防衛なら私はまだいいと思うが全く片側からの在らぬ妬みからの潰し陥れ、もう人間のやれることではないことをこの朝鮮の奴隷集団はまとわりついて追いかけていた。
    誰もいないところに逃げたいと思うのは普通である。

    そこに病院の医師が居てたのが立花孝志さんであり意思もいてたかもだがそれだけでもまだ自分の中で回復しない部分があって何処かへ助けを探していたのだろう。

    今回の事件はまさに日本の朝鮮人テレビ局が彼女の心の安定する場所への逃げ場所、安静にできる場所を周りが作ってやらずに、喜んで潰しに行き、追い詰め追い詰め、潰れるまで徹底してつぶしに行ったそれが最大の原因と私などは思ってしまう。
    ひとりの名女優を本当にこんなことにしてしまったことは芸能界の大きな損失なのに、ここに至ることが誰も想定できないはずなかっただろうが!って。

    あれだけ追い詰め追い詰めまとわりついて徹底的に誹謗と潰しと陥れをやり続けたテレビ局のこれがその先にあることだとおまえら思い知れ!
    あたら大上祐でありひとりの女性の運命人生まで狂わすことになった。

    責任は、人間が目立って、利益の還元がないものに向けては、価値が上がると常に妬み、潰しに行く、
    朝鮮民族奴隷集団の持つ特性、素性そのものがテレビ局そのものだということだ。
    明らかに今回の事件の原因の一端は、朝鮮民族が運営する日本のテレビ局にある。
    これは沢口エリカが自分で起こした犯罪行為ではなくて、明らかにそういうことをさせてしまう要素を作り上げた明らかにテレビ局関係者による犯罪行為である。

    逃げたかったのだろう。
    周りの誰もから。
    傍に居てた母親との葛藤もあっただろう。
    病気になる直前には普通周りとどうしてもぶつかって争いを起こしてしまうことが多い。
    こういう時期に親ができることはもう放っておくことだけである。
    そんな時にテレビ局の朝鮮民族集団が彼女の周りにまとわりつきもう逃げ場が日本では見つからないところまで追い詰められただろう。
    残酷なことをこの連中は朝鮮の残虐性の民族からすれば何ともないのだろう。

    ★日本人でも朝鮮人でも、”やられてる側の身つらさ”は、これは朝鮮民族奴隷には、こいつらの誰にも分らないだろう。

    自分の自力での、心がもう解決できない部分にまできて、その闘いにつかれたのかも。
    そらそうだ、これだけ長い期間徹底して誹謗する材料を探しにまとわりつかれてつぶしに来て関わられてきてたんだから。
    孤独になれば、有っては絶対にダメだが、薬物でもと思うことがあるかもだ。

    癌の抑制剤での副作用だとか、眼そのものによる激痛疼痛に関しては現状かなりきついリリカなどという錠剤や点滴にて麻薬と同じ意味合いの強烈な疼痛を抑える、痛みを緩和するいい薬剤が存在して現状は、患者へのつらさをかなり和らげられるが、でも癌患者が味わう底知れぬ死への恐怖(私など今日死んでも何にも思わないんだが)との闘いの葛藤はここは心の部分で、ここはなかなかケアーで収まるようなものではないようである。
    今死ぬことへの悔しさが一番多いようである。

    違法薬物に手を出してしまうのは、まあ多分こういう者と或る種同じなんだろう。

    私などいつも医者に怒られるんだが、
    【何を笑ってるんだ!○○さんの癌は、性質で行くと、そんなに緩いものではないからな!笑ってる場合じゃアないよ!】って。
    でも不思議なことに何の恐怖も感じないし全く気にもしていない。
    ただ症状の現実をそのまま推移を説明されるだけでそれで別に何とも思ったこともない。

    癌患者で心にまで押しつぶされそうになる人が居てるが彼等を救えるものは今なかなか見つけられない。
    仕方なく医師は眠らせる睡眠薬を使うが、これでますます脳の機能はおかしくなりぼけだしてくる。

    現に精神的に統合失調症などに罹病すると薬が切らせないし、飲み続けないと寝られなくなり食事もできないほどまでにひどい症状を起こしだす。立花孝志さんもこれで苦しんだと語っている。

    今回でも、彼女がそれらになるまでテレビの朝鮮民族は追い詰め追いかけことあるごとに誹謗中傷ネタを探し、それらを取り上げた文言で報道でやる。
    残虐といっていい朝鮮族が常にやる手法だ。

    若い一人の女性が一人では解決ができないところに追いやり、また追い詰め報道では誹謗する。
    これって犯罪じゃあないのかと私などはテレビ局に何度も昔文句を言ってやったことがある。

  11. 仲井 より:

    >3人の裁判官が、被告の訴えを退けた。

    間違いです。
    原告の訴えを退けた。

    すみません。

  12. 仲井 より:

    東国原は、

    N国党の話題性、注目度、或る意味の躍進について、こんなコメントを出している。

    ★【法律に違反しなければ何をやってもいいのか!法に触れなければ何をやってもいいのか!それは違うだろうが!】と、立花孝志党首の発言、N国党の党首の発言からの現状について、こう言って、誹謗、分析?をした。

    東国原がそう発言したことで思い出すことがある。
    そこで思い出すことは、東国原は、

    【お笑い芸人になる以前、北野武に世話になる前には、奴は実は或る右翼団体に所属し、その構成員であった】という。

    この日本において、社会的には一寸と、それは、、、と思える右翼という団体組織に加わってそこで行動をしていた時期があると、だから、世間をあっと驚かせたあの日刊ゲンダイの本部に武軍団の連中が殴り込みに行った時、この経歴が東国原にあるから、この東国原を連れて行ったと、冗談ともどっちかとも思える発言を武はテレビ番組でそう言っている。

    【あいつは実はそういう経歴があるから、ほんとは怖い奴なんだぜ!】って喋っていたことがある。

    まあ日本は非常に法律が緩くてたとえ右翼だとしてもこれを法律に違反しているとは言えないがでも世間的には社会的には常識的にあれら連中のことは普通の一般人が行っているようには見えない。
    どう考えても何の問題もない普通の日本国民にとってあれが何でもない対象の組織、連中だとは誰ひとり見ていないだろう。

    そこでもう一度。
    【法律に違反していなければ何をやってもいいのか!法に触れなければ違法でなければと発言した東国原に私はきいてみたい。
    右翼団体はいい団体で社会的には役立つ存在ですか?と。
    必要な団体組織なんですか?と。

    自分が、たとえ一時期の期間であったとしても、自分がその中で所属し行動していた当時、これを思い出して、何をやってもいいのか!法律に違反していないので自分がやっていた当時のことを自分で今嫌々これは必要な組織団体で俺はそれでそこに所属していただけで別に法律に違反していたわけではないから大丈夫だと言えるのか!】と聞きたいねえ。

    日本全国の人が、
    この右翼団体に所属していてそれを法に触れていないから大丈夫だと、違法ではないので大丈夫だというのか、それとも右翼団体に所属し行動していたことはこれは絶対におかしいだろうが!法に触れない空ってこれは駄目だろうが!と同じように東国原は言えるのか!
    そこを是非とも聞きたいねえ。

    立花さんがやっている
    【法律に違反することは我々はやっていません】というこの発言に、

    東国原は、
    立花さんに向けて発言したこの言葉を自分がやっていた当時のことを振り返って同じことがいえるのか。

    右翼団体で活動していた過去の事は、これは法律に違反していないので問題ない】と、
    これと同じに今も言えるのか!

    であれば立花さんに対して発言したことは、ただN国党が嫌で、ただそれだけで発言したのかということになる。

    日本にはもうこのレベルの、
    卑しく卑劣な思惑だけで、いかにも賢ぶって、ちゃちな法制度らしき内容をかませながら、自分の思惑の意向にもっていこうと発言する、そこには自分の過去をさもなかったかに見せながら、もうこの程度の潰し工作だけで生き延びている連中が、朝鮮テレビでたむろしている。

    朝鮮民族のやりたいことに合致した性根を持つものが、現状のテレビ局の番組構成にピタリあうのだろう。
    思惑と狙いが。
    朝鮮民族は、資質もこいつら同士はすぐに合致するのだろう。
    だから出演者が皆同じように頷いて住んでしまっている。

    ここが日本人には一番意味不明で異常に見えていることに、こいつらもテレビ局もまったくわからない、元から細胞から理解できないのだろう。

    我々は人間で生まれてきて本当によかったとつくづく思ってしまう。
    今度生き返ってもやっぱり日本民族として生まれてきたい。

    間違っても朝鮮民族としてだけは死んでも嫌であり生まれ出てきそうになって、
    【あっ、????ここは日本じゃないの?、ここって朝鮮と違うの?朝鮮だったらもう一度お腹に戻して】って、私は神様にお願いしてみよう。

    おどろおどろしい格好と街宣車で大声で叫んで行動を進むあの団体のことを、あれら右翼団体って、
    法律に違反していないから普通にやっていても大丈夫なん?

    東国原は、
    【あれは法律に違反してないし、あれ全体がすべて問題が無くて、正常な活動であり、大丈夫!】なんだ。

    【へーーーーー!!】

    凄い解釈!!!

トップへ戻る