橋下徹×櫻井よしこ×自民:甘利明「皇位継承・巨大IT企業・GSOMIA・徴用工問題・名簿破棄など」

11/24 フジテレビ系
朝の報道番組に出演!


(※動画がすぐに削除されてしまうと思います、ご視聴はお早めに…)
<<下に続く>>


自民:甘利明氏
色々知っているのは分かるんですが横文字使い過ぎですね(^^;)


こんな本が発売に!

ポスト橋下の時代 大阪維新はなぜ強いのか
朝日新聞大阪社会部
朝日新聞出版

朝日新聞大阪社会部が発行していますが
ルポ・橋下徹 (2015/11/26) は、そんなに偏向していませんでしたし、表に出ていない話も多く書かれていましたので、今回も期待できるかと・・・

ちなみに話題のあの本は注文殺到しているようです!

反日種族主義 日韓危機の根源
李 栄薫
文藝春秋
売り上げランキング: 1
(略)11月17日夜、僕はフジテレビ系「Mr.サンデー」(22時から23時10分)に出演し、この件に関し次のようにコメントした。「薬物に対しては厳しい日本社会であることを望む。沢尻さんには厳罰を与え、厳しい社会…

橋下さんの公式メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonで公式メルマガのバックナンバーを販売しています!

販売中メルマガ一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

【amazon Kindle Unlimited】月々980円で書籍も雑誌もマンガも読み放題!PCでもスマホでもタブレットでも読める。(初めての方)30日間無料お試し実施中!

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

コメント

  1. こう より:

    甘利氏、終わりです。
    失言のオンパレードだったなあ、と。

    ①女系もあり発言 → 保守発狂
    ②金融緩和で円を適正レートに → 為替操作を認めた発言、金融緩和は文化安定目標のためにやるもの
    ③文書破棄は政権にとっても迷惑 → 官僚切り捨て

    女系うんぬんは個人的にはどうでもいいですが(個人の生活に影響するものでもない、一部の人の思想だけの問題)、③は原さんを与党が守らない理由がよくわかる発言、最悪ですね。ま、都構想反対の人ですしね、こんなもんです。

  2. 仲井 より:

    橋下さんの部分で、
    皇室に関するもの、発言について、
    橋下さんの解説部分は、私は受け入れられません。

    皇室において天皇継承において女性・女系天皇論は、日本人の中では一切ないということです。
    こんなことを出すこと自体がそれこそ皇室に対して失礼であり日本国民の心をないがしろにするものである。

    誰もが触れられない存在なのだ。
    外からいちいち女性でいいとか女系でいいとかもう外野から俗民がいちいち物を言うな!って。
    天皇家で考えてもらえばいい。

    男系で歴史が続いている現状、これを外野からこうすればいいなどと口出しなどすべきではない。
    そのまま今まで通り皇族でつながった歴史の通りに粛々と行けばいいんであって俗人から発して物を言うべきではない。
    天皇家は歴代男系男子でつないできたもの。
    これを全く違う家系へとずらすなど言語道断である。

    皇室にかかわる血族の中で、男系のここまでの歴史の通りに血族が途絶えることなくすべての系属の範囲にまで男系血族を確保した状態で今後も進んでいけばいい。
    皇室が、それぞれで決めて戴ければいい。
    皇族の中で女系天皇でいいなどということは、地球がひっくり返ってもまずまず全く出てくるはずがない。

    朝鮮民族が日本の皇室についてやれ虫唾が走るだの寒気がするだのと腐った奴隷の言ってるのは、これは朝鮮での奴隷が両班に食い物にされ虐待されそのトップに居てたのが朝鮮の王だったということでその朝鮮の王など、ごみ屑のようなただ強欲でだけ生きた憶病な盗賊集団の連中が座っていただけ。
    日本の皇族と同じ列で測るなんてやっぱり奴隷には区別も何もわからんようだ。

    女を抱くか奴隷からむしり取ったもので豪勢に残虐に生きていた連中が中華の皇帝と朝鮮の王。

    そら日本の皇室をそれと同じにすれば寒気も奴隷にすればするだろう。
    日本の天皇陛下は全く違う存在であり、第一国民から何かを奪うなどということなど陛下は考えたこともないだろう。

    何とか国民が食べるものも済むことも生活もいい暮らし楽に暮らせる人生を送れるようにいつも神に祈っておられる。
    日本に居てる朝鮮民族奴隷はそこは正直に嘘は言っていなくて奴隷だった身分の当時朝鮮で相当痛めつけられた奴隷の叫びだと聞いておこう。
    日本でそれは言うな!
    ボケが!
    これは彼らが日本の天皇陛下を朝鮮王朝だとか中華皇帝と同じ位置づけで考えているからだ。
    日本の皇室、日本の天皇陛下は、
    朝鮮の朝廷や、中華の皇帝とは全くの違う存在だ。
    それを同じ対象として扱うこと自体も、とんでもないんだが日本の天皇陛下はそんな格の下劣な卑賎奴の身ではない。

    日本の陛下と仲夏の皇帝、朝鮮の王とはもう存在の意味すらも雲泥の差があり、その内容は、中華や朝鮮の朝廷や皇帝はすべて政治から命令指示系統まで自分で出来ていた。

    好き勝手命令を出して自分の都合いいようにやっていた。
    虐殺もやっていた。

    だが日本の皇族というのは自分の意志では一切何も動かせない、戦時中であっても陛下が決断されたというが実際にはそういう状況にもうすでに、状況が日本ははまっていて、誰かが責任を取らざるを得ない状況が出来上がっていたので、であればということで、せざるを得ない状況での御発言、御署名であった。

    奴ら中華の皇帝や朝鮮の王などは自分の強欲で成り立った卑賎の連中であり、国民のためなどという発想など何もなく自分の身に危機が訪れれば国民などほったらかして自分だけが先に逃げるような連中、もう内容が全く違う。

    日本の天皇は、誰にも責任を取らせない、常に責任は自分が負うものだというもう誰よりも厳かで、覚悟を持たれており、国民の身代わりをいつでも行えるお立場の方である。
    だから存在そのものが尊いのだ。
    国民の誰からも信頼ができる素晴らしい厳かで手で触れない存在であり、もう人間ではない神に近い存在とされるのが、日本国民の天皇陛下への気持ちである。

    女系天皇だとか女性天皇だとかいうこと自体が反吐が出るし言語道断である。
    何を言ってるのか!って。
    陛下に失礼だろうが!って。

  3. 仲井 より:

    日本中が来日が37年ぶりだとか、朝からローマ教皇、ローマ教皇と、
    報道はもうこれ一色である。

    素晴らしい、すべてが心優しい、非常に心の中を和らげ癒してくれるとてもやさしい神のような存在だと思わせるような表現で、日本のテレビ報道は一斉に彼の動きを逐一追い、発する言葉、彼の行う仕草までもとらえて、それを一つ一つ讃える表現で報道している。

    私は無神論者で、宗教という名の内容に関しては全くの無知と、全く信じる対象に宗教という世界があること自体が、私の脳の中で処理できない状態で、処理をしようとも思わないし、またしようとも思わないが、
    ただ、ちょっと解らないのは、

    あれっ?「ローマ”法王”」ではなかったの?
    あれっ???
    何時から「”教皇”」って、そう呼ぶようになったの?
    何か我々の知らない格の部分で法王の役職で、また別の格式の呼び名があったの?
    日本ではここまで、「法王」って呼んでたんじゃあなかったの?

    何で変わったの?
    それとも、
    日本ではそれまで普通に誰もが呼んでいたあの、アメリカの当時のカリフォルニア州知事を、当時リーガンって呼んでいたのに、大統領になったら日本では途端にレーガンって呼ぶように変わったのと、まさかあれと同じ(冗談)なの?
    まあ、、、んな訳ないか。

    どちらにしても、とにかく現在日本は今
    「ローマ教皇が37年ぶりに来日して原爆投下地の長崎を訪れた」、
    「ローマ教皇来日」という内容一色で報道がされている。

    私は、かなり前には、
    「ローマ法王は、神聖なる対象の存在だ」と、まあそれまでは学校でそう教えられていて普通にそう思っていた時期があった。日本にあの時代にやってきていた多くの宣教師など、西洋の知識を日本にもたらしてくれた非常にありがたい存在だとばかり教え込まれていたので。

    だが或る日、もう20年以上前か、かなり前になるが、ローマ法王の話が家庭で出てきて、
    私の子供から、
    「父さん、ローマ法王って今でこそ人々から神聖なるものとして崇められて存在しているようだが、じつは誤解も甚だしいということがわかってるんだよ」って。
    「日本に西洋の知能をもたらしてくれたなどは、そういう日本にとって有益で良い事とされる内容などもうほんの僅かであり、そもそも彼ら宣教師らの目的は、日本という国を宗教という魔物で洗脳し、日本国家を占領、略奪、支配、人身売買での売り飛ばせられる奴隷として使える日本人子女氏の拉致売買が目的で、彼らは日本にキリスト教という代物を持ち出して日本人の純朴さに付け込み洗脳しようとたくらんでやってきた諜報と工作の、その一番手のよくある先鋒隊だったんだよ。」
    「日本の現状がどうで、権力者の持つ軍事力、戦う戦力、日本を占領できるような武力なのか、どれぐらい戦闘力を持ってるんだとか、日本に攻め込んで日本を占領可能かどうかを探りに来ていただけの、今でいう調査員のような連中だったんだよ」って。

    「実際の基にたどっていくと、そもそも彼等こそ、後に起きる欧米諸国がやった世界各国を占領し植民地にしその国から略奪を繰り返し収奪と、民を奴隷としてその国の民を使いまわし人身売買も行い、昔から実は残虐行為の悪の権化であり、ローマ法王の指示命令、戦略で、当時世界各地へと宣教師を派遣し、宣教師の目的はそういうことを調査する役目を負わされており、派遣先の情報を逐一本国に報告させ、その地、国には、どのくらいの財産どのくらいの価値、どういう人間が居ててどれぐらいその地は略奪できるものがあるのかを探らせていたんだよ。
    虐殺と略奪と人身売買の基を築いたのが実はローマ法王自身だよ!」って、聞かされて、まあ自分はそういうことは全く無知で知らなかったので、そこは子供の話が意味が分からなくてどういうことかと問いだして、そこからそういうことが実は過去の歴史にはあったんだということを、まあ子供から聞かされ初めて脳に入ってきたことがある。

    ★【人々が幸せになることだけが私の願いです、人々はすべて幸福になるべきであり、世界は平和であるべきです、虐げられたり心で閉じこもって苦しい思いを持っている人に、心を開いて幸せになっていただきたい】

    今日彼は、原爆が投下された日本の長崎の地を訪れ、原爆による被爆をされたと称する(朝鮮民族が殆どなんだが)者らと面会し、彼らを抱きしめたりもして、人々に二度とこういう不幸を与えるようなことがあってはならない旨の発言をされた。

    私はこのローマ教皇?がまず初めに口に出して言うべきことは、
    【我々は昔世界中の人々にとんでもないほどの悪行を行ってしまった過去を持つものです。我々こそまずは先に世界中の人々に対して行った残虐行為に関して謝罪と懺悔を行いたい、世界中の皆さん、バチカンをどうか許してください、その懺悔のために我々は今こうして世界中を回って懺悔の旅をしているのです、皆様本当に割れわrを許してください】と、
    宗教者というなら、
    厳かな歴史を持つ身の教皇という世界中の信じている、崇められているほどのお立場で現状在られるなら、
    であるなら、まずはやらないといけないことが先にあるでしょう?と。
    まずは自らの持つ歴史が行ってきた世界に向けての限りないまでのあれらまだ記憶にもあるほどだろう醜い傲慢だった足跡についての懺悔が先であろうがと、思うのは私だけ?

    ★無神論者である私でさえ、人間がやるべきことで、これぐらいなことはわかるが、これがわからないのが朝鮮民族。
    だから日本での戦後のあのまだどさくさで混乱状態の折に、まなしのあの焼け野原の折に、キリスト教がいつの間にか日本中イエスキリスト云々とだまし洗脳し、仏教に代る物で人の苦しみを救うなどとうまい話を持ち出して津々浦々まで、信者を作っていき日本中を席巻しだし、あわや日本がこの宗教に蔓延されてしまいそうになりだし、しかも日本に存在しだしてきていた当時の孤児(朝鮮民族の捨て子および朝鮮民族の親とはぐれた子供)を、これらを預かるという名目を建前を作ってキリスト教と称する関連施設をそこらじゅうで作り、すべて違法移民の朝鮮民族が組織での施設の活動をやり、そこの指導員、管理する保護指導員もすべて朝鮮民族がこのキリスト教の日本での組織団体という名目でこれらを運営していた。

    皆さんも昔よく耳にしたと思うが、
    キリスト系のミッションスクール、キリスト教系の学校、ミッション系のスクールに行っていた】って。
    戦後から昭和40年の手前ごろまでは、ほぼほぼ親の居ないとされた戦争だけの孤児ではなくてそこには日本に密入国で入ってきてその状態で日本だったら浮浪児であっても朝鮮とは違って国が見捨てずに子供は国が面倒見てくれるということを踏んで解ったうえで棄てて、それで日本で自分の子供を棄て、その状態で孤児になっている朝鮮人の子供らも多かったようだが、孤児、親から棄てられた朝鮮民族の子供を預かる、路上で物乞いをする朝鮮民族孤児を、浮浪児を、身寄りもない朝鮮民族の子供を預かる施設が、この朝鮮民族が日本で日本や赤十字から資金を受け取ってそれで運営する施設がキリスト教徒看板を掲げた施設であった。

    後には、日本中で被害が殺到した詐欺の温床となったあんな統一教会や、他にも、保険金詐欺や、女性を食い物にしたり弄んだり日本でを行うような怪しげなキリストを使いまわしたいかがわしき団体が乱立し、それらもすべて朝鮮民族が運営していた組織団体であり、それでこれは金が稼げるし、キリストの名を使えば金になると、日本国民をまんまと朝鮮構造に洗脳できると思い出した朝鮮民族が、そこから戦後10年以上経過しだしたころから日本中に朝鮮民族が起こした新興宗教が乱立しだした。

    【ローマ教皇】
    日本だけではなくて、地球上のすべての人に対して(中華と朝鮮半島はあんな連中はどうでもいいが、まあ省いてもいいと思うが)常識と心を持つ世界中の人々に向けて、
    「何人もの幸せを願う、世界平和でありたい」などと言うよりも、
    まずは己が歩んだローマ教皇の、これまでのとてつもない永い年月の忌まわしい歴史の軌跡について、歩んできたその道を、足跡について、そこをまず見ていただいて、そのうえで、まずは【謝罪】と【懺悔の言葉】があなた自身の、【ローマ教皇自身の御言葉として先に欲しかった、有ってもいいのではと思うが。
    日本人はすぐに誰かに洗脳されでっち上げられた嘘で信じ込まされてしまうところがあり私も学校での教育ではそう教えられていたが子供に説明されてみるとそこから一寸あっちこっちをのぞいてみてみると子供の言ってることのほうが事実のように思える。

    朝鮮との一番の問題とされた嘘で塗り固められた朝日新聞の捏造の記事、不法移民の朝鮮民族で構成する朝日新聞が日本の国体そのものを弱体化させ、いずれは破壊し、日本国家から生み出される資金をすべて奪い取り、破壊を目的での日本から膨大な資金を略奪搾取目的で行った策謀ででっちあげた内容の、嘘で日本中が教科書にまで載せるほど嘘を作られて教えられ洗脳されていたあの慰安婦ほかあらゆる捏造の内容、これら内容と同じで、このキリスト教イコール人道的だとか、人間の心を誰よりも優しく包んでくれるなどという妄想を朝鮮民族のまたまたまんまと吹き込まれ、まんまと騙されるということが起きだし、今回のローマ教皇来日については、あの朝日新聞がでっち上げたあんな慰安婦実態の嘘と同じように、日本国民は、いや、日本民族は今度ばかしはまた騙されないようにしないといけない。

    ★さて、皆さんは、どうなんだろう。

    それとも私が今認識して思っているローマ教皇の歴史って、間違ってるのかねえ。
    まあ私も子供に教えられたんだけどさ。二十年ほど前になるが。

    石田三成のことが、日本の歴史上で、特に戦国の時代で私は誰よりも一番尊敬し、敬愛し好きだが、光成率いる同じ西軍には、小西行長というキリシタンにかぶれかかっていたとされる大名も、こういう大名も光成側の西軍には存在していた。
    まあ私の先祖は、たどって遡れば、同じ西軍の関ヶ原敗退側の大名宇喜多秀家領地の辺りだったので、まあそこはなにか、何なのかわからんが、なぜか微妙に一寸ほっとはしているが。

  4. 仲井 より:

    今朝の虎ノ門ニュース
    さっき見た。

    【百田さんよ!なぜもっと早く世間に向けてそれを言わなかったんだよ!】

    【野中広務が、奴がまだ生存中にそれを言えよ!】って。

    こういう論評をいつも出されている百田さんのようなこんな人物らでも、人物らでさえ、
    やっぱり野中広務の名前を公にテレビで出すことが、しかもその中身にかかわる内容について国民が誰でも見られる状況で喋るまでに、ここまでかかるのか、と。

    皆如何に警戒して(或る種怖くて)出せなかったかということが、日本の多くの国民そのことを見ていてわかる通り、現状の日本がどれだけ朝鮮民族が持つ”脅しの情報”におびえてきているかを、おびえてきていたかを、物語り、それを国民が気づかされることになり、皆さんわかるでしょう?

    我々のような何の力もない、夜中にただキーをたたいてネット上に北朝鮮の犯罪行為を投稿し、書き込みをやったり、全国の警察本部に北朝鮮の違法行為を摘発するように具体的にその証拠になる証を徹底して何十年と通報し、摘発の証拠の見つけ方までやり方まで伝え、やっていてさえ、まだ日本の現状がここまでで留まるほど、この奴らが握る日本の中枢を動かしている多くの者らへの【”脅し”】が、いかにその中身が的を射て効果をもっていたかを示すものになる。

    百田さんが今日発言されていた内容の文字の中身、こういう言い回しでの、まあ言葉では私はネット上ではこういう説明の中での野中広務の名前を出してきた状況のシーンは、私はここ何十年という間かつて一度も見たことも聞いたこともなかった。
    その意味で行けば、今朝の百田さんの発言は、ネットの世界の本当の意味での幕開けかと、もう止めさせる手立てがやつら朝鮮民族にもう見つけられないようなところまで来出してるなあと。

    N国党の立花さんがネット上でやっていることと並行して、ようやくこれがもう普通になってほしいと願うばかりである。

    多分ここまで初めは2チャンネルから始まった私のネット上での書き散らしてきていたことなど、多くの人がそれを見ていて、
    「こいつ一寸頭おかしいのか」と、
    「何処まで民族差別をするのか」と、
    「いい加減にしろよ」と思われた人も、多分大勢いてたことだろう。

    まあ私は無視をしてここまで通してきたが。

    私は日本の或る時期、日本の政権の中枢どころかもうど真ん中で、国の方向を動かせるところまで動いて権力を握っていた人物が、実は北朝鮮から金日成からの指示命令で日本にやってきて、金丸がタイミングよく角栄失速の状況でその隙間を縫って一瞬でまんまと新聞テレビを囲い込んでの潰し工作によって盗み取ったような政権で、奪い取ったこの朝鮮の傀儡の政権を、竹下が傀儡で動かし、そこの中枢に座って絶大な権力をここでついに祖国からの指令通りに手にし、日本の動向を、小泉さん登場の手前までこいつが実は握っていた時期がある。

    この間に、大きな事件であった日本海での北朝鮮からの不審船問題、内部はもう軍用船の様相の仕立てた不審船、北朝鮮の軍人が中で潜む状況の折、この連絡を受けた政府の野中広務は、この怪しすぎるこの船舶を、逃がすように仕向け、結果日本の警備と追跡を縫って奴らは逃げきって祖国へと帰っていった。

    もうこんなことは日本中ではほんの一点であり、この間もそれ以降ももう日本での北朝鮮への貢献、忠誠は大変なもので、日本の税金は、日本で生まれる資金は、潤沢に北朝鮮に送金され、及び南朝鮮工作員及び日本で動き回る日本での北朝鮮工作員の手先らへと、あらゆる仕立ての日本の税金からの補助金での工作資金を生み出し、特別会計という闇のからくりの資金倉庫を作り手当たり次第に脅しと膨大な日本の資金でばらまき、めぐりめぐって、日本国家を弱体化させ不正を蔓延させまさに朝鮮系国家へ作り替えていこうとたくらんで実際にそれを実行に移して行ってきていた。

    脅しと莫大な資金で日本を闇の謀略国家へと、構造的に作り変えていこうと、正に独裁政治ではないが自由にさせているように見せながら実は裏での脅しと弱みで首根っこをつかみそれで日本はここまでまあ呑気な国民が気づけないうちに朝鮮民族が日本を牛耳って動かしだしてしまった。

    世の中で起きる犯罪事件はほとんど朝鮮民族の手で自裁には起きて発生している。
    ここ暫く、まあ一か月間といってもいいが、喫緊の、そこだけとってみても、テレビでの報道ベースでの事件発生案件で、加害者とされるそこに含まれる人物らで、日本民族がそこに存在しているかを探すほうがむつかしいぐらいだ。
    まあ私が見てるところでは、犯罪に関してテレビ報道で出てきたもので、日本民族は見当たらないように思えたが、皆さんは見ていていかが?
    まあテレビ局の現地報告で出てくる局の者らも日本民族はほぼほぼ見当たらないと思ってまず間違いない。

    学校での教師から生徒らへの人間であればまず考えられない理不尽な体罰行為、また大人の世界のスポーツでのモラハラ、体罰、パワハラで発生して、中には、訴えられたり、多くの別の発生してる体罰事件、この中で、加害者側とされる者らで、そこに日本民族など探して見つかりましたか?

    私は見つけられませんでしたが。

    何で朝鮮民族は、自分に気に入らないと、相手を従えさせるためにすぐに手を出し、無碍に足蹴に脚を出し人間を蹴る、殴るという行為を、これを何故平気でやれるのか、
    之こそ朝鮮の両班と奴隷の歴史そのものでありあの民族はどこに行っても、奴隷と貴族、つまり身分差を絶対的に作る民族。

    どういうつながりの近所のママ同士であっても、学校の生徒の保護者間同士であっても、教師間同士であっても、生徒間同士であっても、会社の同僚間であってさえも、一人一人が細かく意識の中には身分の差を作っており、必ずどっちが上か下かを必ず作ってしか生きられないように、もう生まれた時からそう作られた生き物。

    だからハイエナと同じだと私は言ってる。
    ハイエナは一つの家族のグループが存在したら、1頭づつすべてが順番の身分が決められており、30頭なら、そこの25番目の身分を持つハイエナ、27番目の身分を持つハイエナというように、順列の権力がすべて順列ですべて決められている。

    総て1頭づつ総てがどのハイエナの身分が上であり、どのハイエナの部下であるかを、ボスがすべて決めて生きている。50頭で一つのグループでさえ1番から50番まで、何とこんな大勢いてるグループの家族であってさえも、状況ですべて1頭づつ順番が決められて身分は切り分けて上から最低階級まで刻んで作られており、きれいに身分の順列が確定して固定して決められていて、自分と同じ身分の者は一切同じグループ内にはいないという順番の身分制度に成っており、見事な状態で下のものは自分の一つでも身分の上の順番の身分の物には絶対に逆らえないようにできている。

    まさに、朝鮮の奴隷制度での身分制度と同じで、両班と奴隷の関係である。

    日本に着いた奴隷は、日本には身分制度、奴隷制度の無いことを良いことに、奴隷は両班になった積りで傍には奴隷を作っておきたいという、奴隷であったはずが日本に来て奴隷の身分から必然的にそれから解放されたら、また習性がそこに出来て、自分が今度は従えさせる自分が使える奴隷を作りたくなるのだ。

    これは奴ら朝鮮民族にはもうどうやってもぬぐい切れない、沁みついて存在している。
    これがこの朝鮮民族の誰かを常に従えさせる、そのためには相手を陥れる相手をだます相手を亡き者にする、相手を殴る、ける、暴行をする、平気でイチャモンをつけて脅す、など手当たり次第にこの自分の周りに身分差を作る。
    ここに、脅しと弱みというものが、野中広務が日本で生きていく最大の武器に使ったものがそこに存在し、これを日本の中で最大行使していたのが、野中広務である。
    だから誰もがこの男の名前だけは、避難対象の案件が政府内で起きていても、誰も出さずにただ政府が政府がとこの男が政権の中での中枢で、幹事長や官房長官、国家公安委員長までやっていても、非難の的はこの男には向けていなかった。常に外して故意に避けて通っていた。
    脅されて怯えていたのだ。
    関電問題のあの森山助役野やっていたことと同じ構図。

    ★バラされることを怖がったのだ。

    日本に存在する朝鮮民族で構成する日本の新聞テレビは、
    民主党政権時、中国船衝突のあの悪意極まる事件があった折に、当時の仙谷官房長官にはテレビも新聞も一部コメンテーターは官房長官のふがいない対応について仙谷という名前をテレビで出しての非難攻撃が出来ていたが、
    がしかし、野中広務が官房長官当時に発生した日本海海上で発生した北朝鮮不審船の折には、日本の朝鮮民族テレビ新聞はこの折には官房長官の野中広務の名前は一切出さずに、直接聞きもせずに、ただ海上保安庁がどうのこうのだとか自衛隊がどうのこうので実際は野中広務が逃がしたにもかかわらずただの一言もテレビも新聞ももう一切耳も目もなくなったかのように黙り込んで、野中広務に向けて糾弾で問い詰めたマスコミメディアはなかった。

    日頃から国籍騙し取りの内容で、常にそれを目の前でちらつかされ、脅しとバラまかれた資金での弱みを持たれた新聞テレビは、北朝鮮不審船確保を妨害し逃がした張本人である野中広務に対しての直接名前を出して、追求、誹謗中傷は一切やっていない。
    いや、脅されて出来なかったというのが本当だろう。
    仙谷であればやるし、小泉さんの折にもやるし。
    でも、
    野中広務にだけは誰もやってこなかった。
    何故だかもうわかりますよね。

    彼が何であんな日本の大きな旭日の大勲章を死ぬ前に貰えることになったのか、
    柳本卓司が何であんな勲章を貰えることになったのか。
    皆さんよく考えてください。

    日本の闇は目の前で動いてるんです。
    気を付けて目をもう一度開いて周りを見てみましょう。
    日本は今どうなってるのかを。

    良いのか、このままでと、考える切っ掛けになれればそれだけでも進歩で、日本人として普通の自然な愛国の気持ちが少しは育まれるでしょう。
    日本はこんなでは無かったと気づくことが出来るでしょう。
    何処が変わって、何処が見えなくされだしたのかを考えてください。

    百田さんよ!
    野中広務が生きてるときにやってくれよ!

    私など、こんな普通のただの弱き一般国民で、日本国内に存在していた15000ほどの北朝鮮国家主導で行われている事業所内で行われている「逃げられない不法行為の証拠」を、ただ警察に通報していただけの、ただ正義感だけの、それが私、それが日本民族だったということがこいつら嫌だったのか、奴が生きてるうちに、北朝鮮司令本部(北朝鮮民主主義人民共和国という国名と、労働党司令本部という責任本部名と、部署の担当課の号室番号と、予告の時期的なこともまで記載して、私を脅してきた)から、私向けで直接殺害予告を三度も受けてるのにさ!

    警察本部も、当時この件は本部が、内容は確認済みの案件。

    ★【こんなことまでやるんか!】と、担当は一言そこで言っていた。

    まあ日本では絶対にありえないと思われていたことが、実際にこの日本の国内でしかも一般の国民一人に対して
    こういうことが行われれていたことに警察本部の担当も見てちょっと驚いていた。

    【ホンマにあるんやなあ、、、】と。

  5. 仲井 より:

    ローマ法王だったはずが、
    いつの間にかローマ教皇などと呼び名の敬称が変わって、個人的には世界史は学生時代あまり好きではなかったのでほとんど目にもしていなかったんだが、子の呼び方は初耳だったので、ちょっとそこだけは何か変な気分というのが今の心境。

    ローマ教皇が昔、もう何代前のバチカンか数えられないが、昔彼らは世界中に趣き表の顔は宣教師という顔で訪れその国の王や将軍にも接見、拝謁などもしたりもしている。
    そこでは紳士ぶっていかにも心の神を伝える宣教師として、苦しむ民を救うだとかその国のトップの安泰をだとか唱えてまんまとその国のトップらに近づいたりもできる状態を作っていた。

    だが当時その後にそれぞれの国で起きたことを考えれば、もう残虐で、やったこととすれば一体どれだけの人間を殺害、惨殺して殺戮を重ねたことか。

    法王らは、バチカンからの指示は、訪れた国で、

    ;その国から奪える金品財宝はあるのかどうか、逐一報告しろ、
    ;その国は侵略すれば十分にたやすく征服出来るのか、
    ;それで奪える価値のものが、バチカンにとって価値あるものがその国にはあるのか。
    ;困難なく奪い取れるのかどうか、
    ;売買できる価値の女は居てるのか、
    ;抵抗する者らは虐殺しろ、
    ;捕えて従う者は奴隷として本国の指示に従って売買で送れ!

    これらで彼らは世界で一体どのくらいの人間を殺害していったのだろう。
    考えただけでもぞっとする。

    日本人は絶対にやらない内容である。

    あの日本の戦国時代の天下分け目の関ヶ原の合戦で東軍西軍が総勢合わせて、約二十万人ほどと言われる兵士が互いに向かい合って旗のもと戦ったが、だが日本でその時あれだけの戦いであったはずが、でも実際にこの合戦での、戦闘で、戦で死んでいったものは、両軍合わせても何と僅か5000人ほどであったという。

    まあ5000人を僅かというと怒られそうだが、でも欧州で行われていたナポレオンにしてもシーザーにしても、欧州でのいろいろな戦いなどで見てると、死者の発生はもう何十万という死者を出し、しかも戦いが終わったが最後、敗れた側の兵士はすべて奴隷として身柄を確保され、勝利をしたものに動物のように使われていった。

    日本は敗れた側には敵陣の君主の首はとっていたが、従軍で仕えた家来に向けては、武士の情けとばかりに、負けて主君が居なくなったそのことで自ら自害し後追いするものは除いて、生きていく道をその後のことを、勝利した側も敵陣の戦いを、終われば水に流し、讃え、無罪放免として、身柄は自由に見逃していた。

    これが日本であり日本人なのだ。

    その日本にきて今回も世界平和のためにだとか、世界で苦しんでいる人たちを救ってあげ様だなどと語ってそれをもう感極まって涙を流すものまで居てたようだがいやいやちょっと待てよと。
    それを言うならまずは自分の国の中で先にそれを改めきちんと世界平和の元祖になれる懺悔をまずは自らの命をささげてやるべきでありこんな被害にあった国にきて非武装だとかもう訳が分からんことを伝えている。

    日本の朝鮮民族新聞テレビはもう感激もんで、
    「ああローマ法王よ良く言ってくれた」と、
    「これでまた数万人の日本人に日本の戦力、日本の精神部分の国体の弱体化を一気に進める口実にと、普通に喧伝して騙せる」と、
    「法王よく来てくれた」と。
    朝鮮民族、中華民族は、特に虐殺集団の中国共産党は、そう思ってほくそ笑んだだろう。

    法王はなぜ中国の虐殺虐待姿勢を直接習近平に正面から言わないのだろう。

    法王という神であっても、やっぱり虐殺集団の首領には近づけないのか、怖いのだろうか、
    それとも活動の資金が中華からつまり現に今直接やっている虐殺集団組織の中國共産党から衣の懐の袖から黒い汚い血の付いた手が入ってきて、こそっと入れられて、そっちから行動の資金が出てるってことはないよね。

    まあ昔からバチカンにはマフィアの存在が常に付きまとってきたからさ。
    中華共産党は或る意味マフィアと同じ意味の集団だからさ。

    ゴッドファーザーでのバチカンの資金の不正が大きく中で取り上げられていたが、
    ドン・マイケル・コルレオーネが、バチカンの法王との間で資金洗浄して、そこに対立するマフィアの差し向けたヒットマンに最愛の愛する1人娘を殺害されるというシーンが、ユダヤ人であるフランシスコッポラが描いたが、あれって、まさか事実?

    中華共産党には直接出向いて何も言わない、
    あれだけ世界中から敬愛と尊敬の目で見られているはずの格式を認められていても、ことあの中華の共産党の怖さには、宗教という自分で言っている最大の力の根源でさえも太刀打ちは無力で出来ないのかねえ。
    伝統ある、厳かな心でも、虐殺集団には遠くからは言えるが、面と向き合っては言えない、
    勝てないのかねえ。

    まあ昔の歴史を見れば宗教とお金での強烈な権力闘争が千年という期間欧州を皮きりに起こりだし、それが世界中で続きっぱなしで、いまだに争っている宗教戦争、宗教戦争っていったい誰のために彼らは戦ってるのだろう。
    まさか死んだキリストのため?
    それともアラーの神のため?

    それとも池田大作のため?、、、、まあ毒盛られても、これは無いか(笑)

    まだそれが収まる気配すらない。
    宗教ほど胡散臭いものはない。

  6. 仲井 より:

    日本の政界において、
    戦後の日本の精神を重んじるる社会、政治の本分から全く違う方向性の意思表示での進み方をやりだした、個人の利権が中心にと、それも自分にとってそれがどういう利益になるのか、例えば、この肩書がつけばこれでどれだけの利益が自分に回ってくるのか、こうすれば自分は誰よりも身分が高くなってると思われ、これがこうなる事で自分は地位が確立され、こういう個人としての狙いと、日本をわがものにと狙う朝鮮族のそれをかなえようと画策する輩までもに従い、もう日本人の感覚では全く考えられない、自分が得するなら何でもやる、手段など選ばずに日本が他国に売り飛ばされようがどうでもいいレベルの下種と思えることに異常な執念と策謀と執着を持ち、日本を今のこういう日本に変遷させる、日本の本来の日本ではない姿に作り上げるその首謀者らの手先になって動き回った人物が、今日死亡したとか。

    利益のみが狙いの闇集団の朝鮮民族虐殺集団の日本本部司令部のトップが、脅しだけで日本の政権の中枢にまでのし上がっていた工作員が日本で旭日大勲章まで授けられて今年初めに日本で死亡し、同じ時期、同じ年度に、其れに加担して動き回った日本の政権のトップの席に座った人物が、こういう意味の解らん人物が、今日死亡したとか。
    政権のトップにたって何をやったのか、
    レーガンと手をつないだのが日本にとって非常によかったなどと言っているがその時期日本国内はもう朝鮮民族の奪い取りの、日本の税金の強奪し放題の修羅場であった。

    まあ同じ事をしていたようなものらが日本で同じ年に死亡というのはまあ同じ意志で日本を眺め同じ目的での利益だけの世界を狙ってきた連中が、こうして同年に死亡したというのも、引き寄せられる同胞の何かの縁なのか。

    角栄失脚以降に、日本の財産、日本から生まれるあらゆる資金、これらを強奪するために官僚行政組織、これを一括して朝鮮流本部に行政改革という御旗を見せていかにも日本国民のためのものだと思わせるだけ思わせておいて、まんまと朝鮮流機構にそっくりと入れ替えるというこのその狙いを完遂させる手初めに送り込まれたのが、まずはこの今日亡くなった日本の総理大臣になった人物。

    この行政改革にマスメディアは当時絶賛していたでしょう?中曽根頑張れ!って。
    だが面白いことにこれが或る程度朝鮮流に固定して官僚組織が朝鮮リュウ仕組みに入れ替わってしまってからあの渡辺よしみは行政改革をやろうとしたらマスメディアはもう火の粉を浴びせるように猛反対して抵抗の支援をやりあらゆる仕掛けでつぶしに行きましたよね。

    せっかく朝鮮民族で長年かけてようやく作った行政機構をいまさら日本人の行政機構に元に戻してほしくなかったわけである。
    もうこれでもかと徹底してつぶし工作をやってましたよね。

    金丸が日本の政権を牛耳って北朝鮮に訪朝し、金日成から一言耳打ちでささやかれただけで、号泣して泣くほど感激し、その後金日成という名うての泥棒、盗賊の首領と指しで会い、金丸は会っただけでも感涙して涙を流すほどに感激し、尊敬してやまなかった雲の上の存在の首領様である金日成からの直接の指示通りに日本の先ずは霞が関をはじめ全国の行政機関の役人を朝鮮民族に入れ替えるというこの基本をほぼほぼ指示通りに完成させる約束を交わし、そして日本に帰ってきてからそれを日本でその完成させるまでは、不思議なことにマスコミメディアはこぞってこの行政改革と称するこの手段を何と推奨し是非やれと応援し、之の完成を一日も早く願ったのだ。

    普通皆さんも不思議だと思いませんか?
    大阪の例を見てもわかる通り行政改革をやろうとしたらまずマスコミメディアが居の一番に反対運動の呼びかけをやって市民活動を盛り上げ徹底抗戦にテレビも新聞もやりだしますよね。

    ところがこの折には日本の新聞テレビはもうどこもかしこも皆がこれを推し進めるべきだと応援した。

    これを見て皆さんは感じませんか?
    マスコミメディアはその時の行政改革と銘打って中曽根がやる本線は日本全国の行政機関の国自治体を含めて職員を日本民族から朝鮮民族に入れ替えることが主体だった狙いだったのです。

    これを知っていた当時の日本のメディアは、これを全面応援し日本の公務員をこの時期から一斉に朝鮮民族公務員に入れ替えてしまい日本を朝鮮民族主権酷寒へと仕向けて行ったわけです。

    地方で多少の違和感が出て小さな混乱が起きていただろうがそこに先手を打ってこれで散財してくれと、現場に直接1億円をばらまいた。
    その不満を和らげる手立てが朝鮮民族がよく思いつきすぐにやるあの例の現金のバラマキ、しかも役所へ。
    竹下の時1億円ばらまいたでしょう?
    あれはもうあの時点で或る程度日本全国の公務員の現場で朝鮮民族の公務員が締め出してきて違和感がそこらじゅうで出だしていた時期、だが素手のこのころになるともう朝鮮民族職員はすでに幹部クラスの課長や部長職にまでなりだしていて、公務員がその時点で朝鮮民族職員が人事権をほぼほぼ握っていた時期であり、もうまあ言えばそいつらに現場の不満を抑えろという資金であり、祝杯のお祝い金と、そのバラマキといっていいでしょう。

    あの時には平成の党合併だ云々言ってるがその時までにすでにもう職員の大半が朝鮮民族公務員に入れ替わられてしまっていた。
    だからまあ言えば竹下登は日本の日本人の公務員に向けて自治体としての資金を渡したのではなくてもう素手の多くが入れ替わってしまった朝鮮民族公務員の現場に、「これで何でも思うとおりにやれ」と言って大金をばらまいたのだ。

    あの時期の行政改革、中曽根から以降の行政改革で全面賛成で応援していた時期はこの日本の公務員が朝鮮民族公務員に闇でまんまと入れ替えられるころまでは、それが確定するまでは、全面応援の報道がいっぱいであった。
    何故応援したか、またその折のマスメディアの作った理屈が現状の公務員はひどいと、これら公務員は入れ替えるぐらいしないとだめだと連日報道でやっていた。

    つまり日本の当時の新聞メディアも、もうそのころにはすでに朝鮮人がほとんどを占めるマスメディアに入れ替わっていて、朝鮮民族の都合がいい国にと、其れには日本の公務員を一気に朝鮮民族に入れ替えてしまおうと、日本の公務員が朝鮮民族に入れ替わることをもう執拗に願ったのだ。

    だからこの中曽根が始めた当時の、当時の行政改革には新聞テレビは応援までして、ぜひやれ運動であったが、時期が過ぎて、日本の行政機関の主なところはすべて現場公務員がすべて朝鮮民族に入れ替わってからは、行政改革にはもう猛然と反対運動をやってるでしょう?

    現場が朝鮮人ではなくて日本人の時には公務員がひどすぎるこの国の公務員は何にもやっていない行政改革で作り直すべきだなどともっともらしきことを言って、でも狙いは全く違っていて現状の当時の日本の役所の公務員を朝鮮民族に入れ替えてしまおうとの壮大な狙いがそこにあったのだ。
    だから後の本気で行政改革をやろうとしたらマスコミメディアは猛然と反対側に回った。

    何故か。
    それはもうその時には役所の現場は日本人公務員から朝鮮民族に入れ替わることに成功しこれを変えることをもう猛然と反対に回ったのだ。
    ここで日本の朝鮮民族が支配する新聞テレビの狙いが、なにも日本の国だとか国民のためだとかではなくて役所を日本人公務員を追い出してすべて朝鮮民族公務員にして、国を、自治体を、そこから生まれる資金を、すべて握って奪い取り、牛耳ってしまいたかったのだ。

    実はそこにあったということがもろでバレたわけだ。
    新聞テレビが狙う本性と狙いが、バレたわけだ。

    行政改革で公務員の頭を切り替えないとだめだ、数段飛ばしの抜擢が必要だ云々といっていたが、だがいざ現場が朝鮮民族の公務員にばかりがなってしまった段階での行政改革には、もう手のひらを返すように形相を変えて公務員を入れ替えるような、天下りを廃止させるような行政改革には、裏からとてつもない妨害工作でのとことん邪魔をし裏から徹底して陥れ工作をやってくる。

    朝鮮民族というのはこういう素性なんです。

    公務員を日本人から朝鮮人へと朝鮮狙い流に入れ替える折には、日本のテレビ新聞は、もう大賛成で中曽根のやることが正しいと、大いに応援し大賛成だったが、朝鮮流の行政官僚が各官庁でほとんど朝鮮民ぞ国公務員ばかりになりだすともう変えなくていいと言い出し行政改革などとんでもないと言い出してきた。

    存在してもはや日本主導の行政機構になっていない状態に変わったとたん、これを変えようと、日本国民が願い改革、つまり今大阪で松井さん吉村さんが実行している行政改革のこの路線、これにいまだに猛反発を仕掛けているのが関西のテレビ局新聞で或る。
    こいつらにすれば、
    公務員の現場を当時の中曽根の行政改革主導によって日本人公務員が追い出され朝鮮民族公民が今ではほぼほぼ占めて日本人の公務員を探すほうが無tかしいまでに作ったのにそこへ橋下松井吉村と表れてこのここまで朝鮮民族が裏でせしめていた裏の財産強奪を完全に止める手立てを打ち出した。
    せっかく朝鮮民族ばかりの公務員にしたはずがそれでも大阪ではそれが新聞テレビの思うような朝鮮民族が主権を獲れる自治体にはなれないのでもう一日でも早く機会があれば兎に角陥れ内容を捏造してでも潰そうと、もう朝鮮民族が考えられる卑劣工作のアr他ゆる手を使ってやってきているが今未だその効果が松井吉村に軍配が上がっている。

    大阪府民市民がそれを支えてきているからだ。
    幾ら大阪に朝鮮民族の日本国籍を騙し取って日本人に化けているものが居てようが、そいつらが卑劣な陥れでっち上げの嘘の印象操作を仕掛けようが、市民府民は日本民族が邪魔してるわけではなくて違法移民である朝鮮民族が以前だったら文句を言ったら金をくれたのに今は金くれないといって反抗してるだけであり、もうこいつら朝鮮民族が邪魔をしてるだけだと大阪では市民も府民も有権者がようやくその中身をわかってきだしてるようだ。
    本来の行政の役目を兎に角愚直に果敢に立ち向かってやってきているその気概が日本の全国の自治体の中でも大阪がとびぬけてがんばっている。
    さすが吉村さん!、
    松井さんの存在も欠かせずに大阪ではこのお二人の存在がいかに大きいかを感じてる国民は多いはずである。

    行政改革をしようとしたら、もう火の粉をまぶして徹底して渡辺よしみの唱える行政改革を潰しにいった連中と、中曽根康弘が行政改革を進めようとしたらもうものすごい支持をして応援したのもこの同じ朝鮮民族の新聞テレビで或る。

    同じ行政改革なのに中曽根の折には大賛成だった新聞テレビが、猪瀬元東京都知事、渡辺喜美がやるときには、同じ行政改革のはずがなぜ反対に回り、個人までも徹底的に当時潰しに行ったのか、これを何故やったのか。
    ここは日本人がすぐにわかる、日本の現状のこの今の国会の形相、運営の仕方、朝鮮民族の闇の象徴例の事件事案と同じ症例。

    公務員の世界で幹部クラスがまだ当時日本人が殆どだった折には、子の中曽根総理の行政改革は新聞テレビは大賛成。
    その後、
    公務員の世界で朝鮮民族が殆どを締め出したら今度は行政改革は絶対にダメだとイチャモンをつけてとにかく邪魔をしだしだしたこの原因は個々なんです。

    朝鮮民族が締め出した公務員の世界をこれを変えられることは絶対に嫌で新聞テレビはそこをもう反対に回った。
    日本人が公務員の場合にはすぐにでも改革で内部を変えてしまえと差kぇん出た新聞テレビなんだが。

    やっぱり行きつくところは新聞テレビと公務員が日本では朝鮮民族に入れ替わって(一番厄介でひどいことは、日本民族と朝鮮民族の見分け方をもう知らない世代が多くなってきて、朝鮮民族が自分は朝鮮民族ではなくて日本人だと嘘を平気でつくし、身元素性を隠し騙し日本人に成りすまして日本の国民をだましていることであり、国会でも議論が日本人がやってると国民には思わせている事が非常に大問題、皆が日本人がやってると思い込まされている=アメリカ、欧州でもどこの国であっても、日本以外の国であればこんなことは絶対にありえないし、国籍民族の身元は絶対に隠せないしすべて白状させられる)しまったことが、それをだれもはっきりと法案で証明させることをやらないしやらせない。
    日本の、我が国の最大の不幸の始まりであり、その突破口を開いたのがあの金丸の傀儡、もっと言えば金日成の傀儡の金丸、金丸の傀儡の中曽根というこの構図が、日本をここまで【闇社会の国家】にしてしまった。

    靖国神社天皇陛下参拝、総理参拝も、こいつからおかしくなった。

  7. 仲井 より:

    日本人はあまり気づいていないようだが、
    マスメディアの変化、つまり上に書いた事がどういう変化で日本社会にそれが現れだしたのかというと、
    国民には表向き行政改革と銘打って、如何にも日本の行政組織の改革だと言ってやりだしたあの時の奴がやったその中身、国民からすれば行政での無駄やひずみを解消してくれるものと錯覚させ、狙いが全く別のところ(日本の行政機関の現場から日本人を追い出、つまり朝鮮民族に現場を入れ替えてしまう、朝鮮化する目論見)にあったにもかかわらず、中曽根がやった公務員の世界での入れ替え内容、この内容の目に見えて顕著に表れている現象が、皆さんもここで気づくと思いますが、
    昭和40年代までの日本では、公務員犯罪というのはもうものすごく世間の目が厳しく、公務員がいろいろな不適切、あるまじき行為、および犯罪行為を行った場合、発覚した場合、その時代までは、この金丸が日本の政権を牛耳るまでは、公務員の実名を新聞紙上及びテレビでその名前から近辺の個人情報まで公表して国民がその公務員の氏名年齢、もっと言えば住所の地域まで公表で紙面にも報道の中でも公開で晒していた。

    ところがここから数年経過しだした昭和の50年代の半ば近くになるにしたがってこの公務員の氏名は一切公表しなくなりだし、何々課の課長だとか、何々課の部長という、ただその役職だけを紙面上に公表するに至った。

    なぜこういう形を新聞テレビはやりだしたかというともうお分かりですよね。
    この時代であれば、我々のような世代までのもう少し年代の上の人が日本国内にはまだ相当数生きて残っており、こういう世代の戦前からの日本を見てきた世代の人からすれば、この日本の公務員とされる人物らの氏名が出たとたんに、
    「あれっ??これって日本人と違うだろうが!」って、
    「これって朝鮮民族だぜ!、」
    「なんで日本の公務員に朝鮮人がなっていてるの?」
    「公務員って日本人しかなれないはずでは?」って、

    これは日本民族では無い朝鮮民族だと、その名前と漢字の使われ方だけで本当の日本人なら普通にすぐに誰にでも判ってしまい、日本国民から見て、日本の役所の公務員で犯罪行為を犯してるものは、見てると朝鮮民族ばかりじゃあないかと、そしてもっと不思議なのは
    「何で日本の官庁役所に朝鮮民族が公務員になってるんだ!」とこういうことを日本国民がまともに気づいてしまう。
    奴ら日本民族に化けて日本の公務員になっている連中や、それをすでにすべて知っている(空層だこいつらもそれを狙って仕組んで協力してやってきていたので朝鮮民族が日本の公務員に不法になってることを隠したかったのだ)日本の新聞社テレビ局がこれを出すと、氏名を出してしまうとこのいまの公務員はすでに朝鮮民族に相当数入れ替わってることがばれてしまうと、せっかくここまで裏でお互い朝鮮民族どうして画策してせっかく隠してようやくここまで隠して日本の国民にも気づかれずに騙してきていたのに、ここにきて、あまりにも朝鮮民族が本性を出して日本の官庁役所で犯罪行為が蔓延しだし、日本の官庁役所から日本人公務員を追い出して着々と朝鮮民族を入れてきたことがこんな国民に実名を出してしまうと朝鮮民族だとバレバレになってしまうと、ようやくここまで日本国民をだましてきていたのに、こんなことでこの狙ってやってきたことがなし崩しになっては困ると、

    そういう理由でこれは名前を出すとバレてしまうので、新聞テレビはここらあたりから一斉に犯罪行為を行った日本人に化けて日本人として採用されていた朝鮮民族公務員を、そのことがバレない、つまり日本国内で、我々世代、戦前戦後を知っている日本人の国民の多くが死んでしまい、この朝鮮民族が騙してなりすましで日本名に作った漢字の名前でも、日本国民が気づけない世代になるまで、それぐらいの数十年経って、そういう気づけない世代までこれは実名の名前は新聞テレビではできるだけ出さないことにしようとの狙いだったのだ。
    最近はテレビも新聞も結構出すようになってきたがこれは新聞社テレビ局がもう今だったら戦前戦後を知っている、朝鮮民族が日本で日本人に見せかけるために日本人を騙して作ったなりすましの日本人の漢字名前、これを見せてももう大丈夫だと新聞社テレビ局は思い出した、つまりもうそこまで奴ら朝鮮民族は日本ではもう名前を見ただけでは今の世代の日本国民にはもうバレないと思い出したのだ。

    だからNHKがあんな名前の由来などといういかさまの仁保pン人の今世代の人間に朝鮮民族が作って騙しように付けた漢字名を、これは日本の歴史のこういう部分から取って名付けたものだなどとまあ嘘をしゃあしゃあと説明で作り上げて如何にも日本の由来のものだと騙しで嘘を流し、番組総てがだまし番組を作ったのだ。

    もっと悪意があるのが実はその番組でこの日本由来の漢字を使ってこの名前が生まれたなどと言って肩書がついたどこかの詐欺師が番組に出てきて(これが明らかに朝鮮民族)いかにもこれは日本で日本人についた名前ですなどと説明をしている。

    番組自体がもう初めから日本人に化けた朝鮮人が作ってる名前だとわかってるものを如何にもこれは日本人が古来からの持ってるところから出てきた由来の名前だと漢字だと説明でやっている。

    この番組ができるまでの数年間私はこの日本人とされる名前の漢字の漬け方についてNHKにはもう100回で聞かないぐらいこの名前は朝鮮民族が作った日本人と思わせるように付けた創った名前だとそのNHKがやるいろいろな番組ニュースで出てきた名前NHK職員の局員の付いている持ってる名前について相当数まあたぶん100では聞かない恐らくこういう番組が始まるまでの5年間以上は数百回その度毎にNHKに連絡して日本にはこれだけ日本人に化けた朝鮮民族が居てるんだよ如何に日本が朝鮮民族に侵食されてるかがわかるだろうが!それはその名前の漢字を見ればわかるんだよ我々の世代はって、相当数伝えていた。
    そしタラこんな番組までNHKは作って我々の世代の人間が死んでいく過程を見計らって今世代の日本人向けでああいう騙し番組を作って放送しだした。

    今からだまし作戦に入ってるわけだ。
    一番異常なのは日本人の名前に使われる感じのこの部分を開設し置ている人物が実は日本人に化けた朝鮮人だということ。
    もうこれを見て笑ってしまったが。

    日本人に化けたどこかの名前の由来の専門家と肩書を付けた、その道の専門家だと名乗る日本人でもない偽装日本人の朝鮮民族の詐欺師を呼んできて、日本人を今からだまそうと、今世代のものに勘違いさせて今からだまそうと、朝鮮人の解説者を座らせて、
    「これは日本の日本人の名前です」などと、必死に説明しているが、もう明らかに嘘ばかりで、そこには印象操作の解説が満載である。

    【な訳ねえだろうが!日本人はそんな漢字など使わねえよ!そんな感じの並び順でなど名前は付けない】っていつもテレビの前で叫んでいたんだが。

    一度は国会中継でのことでNHKに電話をして、
    私が、
    【今日朝から国会で質問をしている議員は、何故かすべて朝鮮民族であり、また霞が関から呼ばれて出てきている官僚も、そこに日本人などいないようだが、NHKはこういうことを一体どう思ってるのか!きちんと日本国籍を持つ過程を調べてるのか、このことをNHKは調べたのか!】

    NHKが、
    【なぜ日本人ではないと言えるんですか?】

    私、
    【国会中継を見てこれは日本人これは朝鮮民族だと、我々世代のものにすれば簡単に日本人だったらその区別が判るんだよ、幾ら日本名に似せて騙してつけて見せている名前であっても、まあすぐにわかる。
    霞が関官僚が答えてるときに中継時にテレビ画面にその官僚の名前が表示される、その名前の漢字を見てみろよ!、日本人がまず作らない苗字及び名前、この漢字の使い方と並び順、我々世代は日本人が持つ名前なのか朝鮮民族が日本人に見えるように作ってつけた名前なのかはすぐにわかるんだよ、霞が関官僚の名前を見てみろ!、使われてる名前の漢字、並び順、これを見たら我々世代のものは日本人にはこいつは日本人ではないということがすぐにわかるんだよ!】と告げたら、

    なんとなんと、
    次からの、NHKの国会中継での全国放送時には、霞が関官僚が答える場合のタイミングに、その官僚自身の個人の名前が一切表示されなくなり、全員すべて画面上には表示されなくなった。
    表示されるのは国会議員の身になった。

    以下にNHKが日本民族がいない日本民族に化けた職員が殆どだとよくわかる事例。
    つまり霞が関官僚の名前を見てその漢字を見て挑戦民族か日本民族かを見分けられてしまう恐怖をこいつらの同じように感じたからそこから霞が関官僚の個人名は国会中継では画面には一切表示しないようにしたということ。

    つまり朝鮮民族が殆どでそれがばれると困るNHKはそれを国民に気づかれまいと、まさかそれが朝鮮民族がほとんどを占めているということがバレているとはそれまで奴らNHKも思いもしていなかったようで、これはまずい、バレてる、これは何とかしないとと、NHKのいつもやる隠す、隠蔽する、を、その翌日から早速隠ぺい工作の手段をとって、テレビ画面から官僚の名前表示が一切消えてしまい、私が追及したらその次から早速に霞が関官僚の名前表示は一切消して出さなくなった。

    金丸、中曽根(この人物なら手ごまのようにどうにでも金丸は操れると踏んでこいつを抜擢した=総理大臣を釣るの一言で決められる権力をこの時点で金丸は握っていた=金日成の狙い通りになった)、と、

    ここから始まったこのそれからの日本のあらゆる官庁、行政の現場での、それまで大きくは権限を持っていなくてどちらかというと粛々と目立たないようにと、目立てば自分が違法移民だとバレかねないと、何とか日本人に自分が朝鮮民族であることの違法を見破られないようにと、少しおとなしくめに勤務していたこの連中に、金丸が仕掛けた狙いの日本を朝鮮化する構想、これを中曽根にやらせ、行政改革だともっともらしいお題目を出して公務員の現場を一気に人事権を朝鮮民族の手に手渡していった。
    ここからは日本は一気に朝鮮化へと進むことになる。

    官庁行政の現場の、幹部クラスを、人事権を持たせるものらを、兎に角早急に朝鮮民族にそれをあてがうことをまずはやりだし、朝鮮民族を幹部に抜擢しだして(改革と実力主義という名目を掲げて=朝鮮民族新聞は協力して同じように国民をだました)これでうまく利用して国民をだまして如何にもこれは
    「行政現場での改革」なんだと、
    「実力主義をこれからはやるんだ」と、
    国民にはまんまと狙いの部分は隠してだまし、如何にも改革の総理だと見せて騙し)一斉に日本人公務員から朝鮮民族公務員へと総入れ替え工作、
    日本の官庁の現場を、公務員の現場を、こともあろうに日本の国籍を騙し取った朝鮮民族を日本人として公務員として採用、実力主義という見せかけの騙し工作での指令の基に工作し、コネと朝鮮つながりを最優先で昇格抜擢し、ここで日本は完全に違法移民の犯罪者が行政を仕切るという異常事態が発生しだし、朝鮮民族による日本の公務員化という違法状態の現在に至ったというわけ。

    あの原発事故時の東電の現場を含め、民主党政権時の内容をいろんな角度から追及したジャーナリストの門田さんが、まあこれも私は初めて表で門田さん自身が発言されだされて今回ネット上で報道されたが(地上波では絶対に出されない)金丸と金日成が付き添いなしに差しで二人だけで北朝鮮で会談を行ったと言われたが、私はこれをもうテレビ局や新聞社には何度もこの折のことを伝えてきていた。
    一切地上波では報道されていなかったが漸くこうしてネットが出てきて誰もが喋れるようになったことは非常にいいことだと思う。
    ただ報道特注で発言の中で少しまだ抜けて省かれてるものがあったが、でもこれを公の放送で喋った意味は大きい。今までそこをテレビでだれも言えなかったんだから。
    新聞テレビの記者らはすべて知っていてでもこれに賛成して載ったのがそもそも新聞社テレビ局であり金日成首領様と崇めているのが日本の朝鮮民族新聞テレビ局。
    日本人をだましことに加担した最悪の犯罪者はテレビ局新聞社であり、時の金日成の傀儡だった日本人に化けた日本国籍を騙し取って日本人に化けた日本の政治家らである。

  8. 仲井 より:

    中曽根死亡の報に関して、案の定日本国内のメディアをはじめ、世界各国から生存中の中曽根に関してその功績?を挙げて礼賛が入ってきている。

    このことの意味を日本国民はよく考えていただきたい。
    悪の巣窟のあの悪辣極まりない現状のあの虐殺集団、日本の山〇組どころではない中国共産党という山賊から褒め称えられ絶賛されているこのことについて、日本人として違和感なり、不思議だと思いませんか?

    日本の総理経験者が死亡後にもしもイタリアや中国チャイナマフイアから、その死亡を悼む、惜しむと、立派な政治家だったと褒められその死を惜しまれる発表が流れたら、日本国民はどう思うのかねえ。
    あの中国から褒められる日本の政治家って、これって本当に大丈夫なん?

    アメリカは中曽根を認めて彼の日米での関係を強化したとそのことへの評価を出してきている。
    注目は悪の巣窟の中国共産党が、中曽根を、総理時代も含めて政治の活動そのものについて彼の政治活動についてあの中国共産党が褒め称えてることだ。

    田中角栄が結んだ日中友好の国レベルでの条約をあの当時のまだこの先どういう国家になるのかまだ不透明なその折に、中国共産党と結んで、それ以降、角栄はまもなく日本の総理の座を追われ実質的な日本の政治の世界から失脚した。

    実際に中国共産党と日本が、経済、歴史文化交流および”ODA”、残留孤児問題、これらを遡上に挙げて、戦後処理と称して土下座外交、実際友好の関係での実務的交流友好?を進めたのは、それが起動する、起動しだす、実行に移されだしたのは、中曽根時代だ。

    中曽根は、国内では日本民族公務員を追い出し朝鮮民族公務員を現場で生産し日中の間では大いに中国共産党がそれまでの閉ざされた共産主義とお国の体制による事情での閉鎖経済事情を、子rを中曽根は世界に向けて中国は大丈夫ですよと、中国と日本はこれだけ有効にやれてますよと、だから背改革国の皆さん中国と経済的交流を、つまり中國の営業マンでの全世界に向けて日本という国の価値と同じように中国というあんな凶悪な虐殺集団の集団を世界中に安心できる国家ですよと、十分に経済的交流ができる国家ですよと宣伝していった。
    おかげで中国共産党は世界中に商売を広げられる口添えを日本という経済大国のお墨付きをもらい世界の国は自由国家もある程度警戒はしてただろうが地徐々に徐々に中国との貿易を発展させだした。
    日本からはこの中国共産党に向けて経済発展の資金だとして莫大なODA資金が日中友好の立て付けで湯水のように流れていった。

    中国共産党はもともと日本が思うようなそんなまっすぐなまともではないことは中曽根は気づいていたはずでありまあここは思うが金丸の強い意向がそこで働いたのでは?と思っている。
    金丸は中国とどうなろうが何の関心もなくただ彼の思はこの中国への日本からの莫大な資金へのこの金への興味だけであったと思われる。
    この中国共産党へのODA資金、これを兎に角続けられれば相当の資金が自分の手元に入ってくると金丸はたぶんそこだけのためにやったと思うし中曽根にそれを続けさせやらせたんだろうと思える。

    中國はそのうち世界との貿易も動き出し日本の紹介でアフリカや発展途上国の南部インド洋沿岸および南方初頭国歌まで経済と称してなかへともぐりこみだし中国人を君んする目的で他の国へと移住させてその国の中で一定の人数を大きく閉めるほどの移住者を作っていきその国の行政経済に影響を及ぼせる状況にもっていきだした。
    初めの狙い通りである。
    そのうち中国はすべての国との交流が進みだし都合のいいことに日本はそれの大いに協力してくれる状態がもう出来上がってきた。
    日本の霞が関官僚が朝鮮民族に入れ替わりだし外交官も経済産業省も総務省ももうほぼほぼ朝鮮民族で埋め尽くしだしもう中国政府?(愚連隊のただの山賊なんだが)の意向がもう止められない体制にまで日本は構造的にも政治的にも完全に掌握されだした。

    つい最近のあの民主党政権時の状態を見ればもう日本はその時点で完全に中国皇帝にひざまずく属国の庁瀬bンそのものの状態であった。

    中國山賊集団が現状勧める一帯一路などだって、これなどもうその礎、そうなっていけるぐらいこの悪辣国家をここまでにしたのはアメリカでも泣く欧州でもなくまさに日本の朝鮮民族集団でありこんなことがもう好き勝手にできるような国家に日本はものすごい助け舟を出し世界中に中国共産党と付き合って上げてください大丈夫な国ですよと紹介して回ったのがこの日本の金丸主導の(いや、実は金日成指示命令での=支配下での)指示体制、支配体制から繋いだ日本の朝鮮民族政治家、其れとがっちり手を組んだ日本国内に潜む日本の国籍を騙し取って日本人に成りすました企業人と称する面々、政治家になっているこれら朝鮮民族。
    もうこうなることは日本人であれば誰でも判りそうなものなのに日本国民は当時から政治家は日本人がやってるもんだと思い込んでしまい奴らもまた自分は日本人ですよなどとだまし役所に行けば日本人ですと職員公務員は平気でうそを言うし、この状態が空20年30年も続けばもう日本は朝鮮民族が仕切った社会、国家になっていくはずであり、この間の愛知トリエンナーレを行ったあの朝鮮民族連中にすれば日本がもう朝鮮民族が支配してるんだからあんな講義やあんな苦情が来るなんて奴らにすれば不思議なくらいだっただろう。
    あれっ?
    日本はまだ日本人の国なの?
    朝鮮人がもうすでに支配してたんじゃあないの?ってそう思っただろうねえ。

    だから苦情や誹謗が来た時点で奴ら朝鮮人連中は、たぶんそんなわけないと、日本は朝鮮人が支配してるのに政治家だって朝鮮人で出来てるのに文句など出るはずないと思ってただろう。
    日本は朝鮮民族が支配してるんだから、こんな分けねえと、これはたぶん何かの一部の物だけが言ってることで日本はそんなことないと、もう朝鮮人の物なんだからと、大丈夫だと、今回奴らに向けての日本国民からの誹謗は多分奴らはこんなはずねえと、日本はもう朝鮮なんだからと、面食らったのでは?
    そんなはずねえよと、おそらくまだ驚いてんじゃねえ?

    之じゃあまだ日本は朝鮮になってねえじゃん!って、やつらは思っただろうねえ。

    余談だが、
    日本列島の関西の或る大きな、名前も知られた都市の、その中の或る電車の駅の改札をすまし表に出て、その出口を出て外の家や商店が立ち並ぶ駅前周辺の街並みを見渡して、目の前を通る一本の道、この道の進んでのその付きあたるまで(いくつか信号がある)の途切れる角までの道の側に面した広大なその土地、
    これが実は朝鮮民族が戦後から持っている土地です。
    もう広大過ぎてどこからどこまでと区画さえ判明しないくらい広い土地、ここが朝鮮民族が今でも所有してるはず(20年前まで確認してるのでまだ所有してると思う、その地主が所有していた=その息子、まあ息子といってももう孫世代だが、この男と十年間ぐらいはよく会っていたので)。

    皆んさん、思いませんか?
    何で戦後のあの時期に関西でも有名なあんな大きな市の電車の駅前のあんな広大な土地をなぜ日本民族ではないただの朝鮮民族が所有し持って登記できているのかを、考えればその内容の意味がどういうことかはわかりますよね。
    ちなみにその死の名前とその液の名前が同じというくらい結構な土地価格のする場所ですよ。
    聞いたら戦後にここから商売を始めたと言っていた。
    つまり商売をしていてその資金でこの土地をとぇに入れたのではなくてこの土地を何らかの手段で手に入れてそれを元手二千五商売をやったということ。

    誰が考えても日本の大きな都市のど真ん中の広大な土地を戦後のあの焼け野原の時期に朝鮮民族が所有したということの合理性が皆さん普通に思えますか?

    これが日本の戦後の最大の不幸の現実です。
    これであれば戦争は嫌だよね。
    そら戦争反対っていうことは判るが、だが日本人であれば想像できないようなこんなことが起きるなど考えもしなかったはず。
    空爆で食料も何も手にできない、結局一時的に田舎や自分の実家などへと疎開してそのうち終戦になって少しは落ち着いただろうと思って自分の居てた都会の土地に戻ってみたら、そこは違うものがすでにいてて、朝鮮人がすでに登記して所有されてしまっていたなんて、日本人は考えもしないよね、戦争反対もわかるが、それにしてもこれとそれとは、人間のそもそもの道という部分で行けば全く違う次元のもんだよなあ。

    土地の登記も、→ 略奪・搾取による偽装、
    人間の国籍も、→ 略奪・背乗り搾取での偽装、

    大阪の天神橋商店街も実はそういう成り立ちで出来上がっている。
    これは全国の空爆に遭遇した都市という都市はほぼほぼ朝鮮民族に勝手に搾取、強奪されていたと思える。

    虐殺国家、中國共産党が現状のように悪の限りが平気で出来るその体制を築けるように世界中に呼び掛け、中國の安全を世界に推奨したこの日本の中曽根が行った世界に向けての外交が、今のこの日本を含め世界中の脅威にとなってきていることに日本国民は気づくべきである。
    こんな京大で悪辣な現在の誰の言うことも聞かない虐殺国家中国を生み、とんでもない地球上の癌を大きく作ってしまった。中曽根金丸金日成ラインである。
    それぞれ狙いはちょっとづつ違っていたがでも結果としてこんな悪辣国家をこれだけ強大な輩に育て上げてしまった。
    一体このことをだれが集結させられるのか、私は非常に心配をしている。
    ちなみに野中広務が死亡した折にも中国共産党から奴の功績をたたえr文言が出た。

    大体あの虐殺国家中国共産党に死亡後に褒められる政治家など、とんでもない野郎で、地球上での害悪にしかなっていない人物ら。

  9. 仲井 より:

    さっき投稿した分がとてつもないほど誤字変換が多いようで、
    皆さん申し訳ございません。

    一寸お昼の料理を作りながらの急いでの投稿でした、、、、誤字間違いはまあいつもなんですが。
    皆さんの中で漢字を入れ替えてみて戴ければありがたいです。
    余りにも多くて書き直すのが、、、、

  10. 仲井 より:

    一時期韓国大使を務められたアメリカのハリスさん、
    元米軍の司令官。
    少なくとも元軍の専門家が大使に来てくれているだけでも感謝しないといけないのにこともあろうにこの方への誹謗中傷が、いつもの朝鮮民族の手段手口通りに、もう本能だろうと思えるもう極めるぐらい酷い中傷と人間では相手に失礼だろうと思わせるものまで含めて陥れ文言の羅列、これをもう国を挙げてやってるように見えるほどひどい。
    相手は米国から赴任している部下の兵士からは敬意と尊厳を持たれる立場だった人、そういう持ち主の元軍の司令官。多くの部下の命を常に守り米国および他国の安全警備もしくは攻め込むその責任のトップを務めた人物。
    こういう人物に対して比例極まりない対応、もう南朝鮮という国は福沢諭吉があきれるはずだ。
    断交せよといった意味がここにある。
    薄汚さの民族国家そのものを露呈し、厳粛とか尊厳、信頼、敬意というものの全く存在しない民族であることここに極まれりである。

    南朝鮮のあの民族がいつもやる、一人の人物を手って気につぶす、この工作に裏からも表からも励む、ここまでというぐらい潰しに行く。
    だが今回の相手は、ハリスさんという人物が、今回の人物は今まで南朝鮮が向き合ってきたようなそんなレベルの人物ではないということを奴ら南朝鮮は民族のいつもの持っている卑劣さが勝って、その、このハリスさんという人物が意味するところを、中身の意味を、こいつら愚かにも全く理解できていないようで、全く理解もしていないようだ。
    日本が伊藤博文を擁して当時の朝鮮での日本との間の約束事を進めるにあたっての、交渉、約束事などこういうことの中で、いろいろな中でも、今起きている米国大使へのこの南朝鮮がやった、やっている、こういうことと、たぶん全く同じような、これと同じような対応を日本に対してもこの朝鮮民族は行っていたのだろう。

    だから伊藤博文は、福沢諭吉は、子の民族とは到底無理だと、もうハイエナと同じだと、まともが全く通じない、この民族の素性本性にあきれ果てていたのだろう。
    常に嘘と裏切りと陥れの連続で、それが日々点在し毎日のように起きていたのだろう。

    相手をだます、なにについても(権力も財産も肩書も何でも)騙し取ろうと画策工作し、もうこれが日常で普通に行われ、もう日本側として打つ手はこの民族に対して無いと判断したことだろう。

    ハリスさんは、そんじょそこらの、そこらの日本に居てるような雑魚の朝鮮民族議員らではない、米国の国民が誰よりも一番信頼を寄せる軍の司令官であった人物。
    こんな人物にまで朝鮮民族というのは後先がわからず目の前の利益だけで損が出れば食いついて潰しに来る。
    もうそらハリスさんもあきれ果てて会合にそらキャンセルするよなあ。
    こんな奴らの会合に出て一体何の約束何の話をすればいいのか、言うことなどもう無いよな。

    でっち上げになるような印象操作やゆがんだ方向性からだけの卑劣な攻撃これらを今も、呆れるんだがこれを南朝鮮の主要メディアが報道で出している。

    この民族のこの感覚、世界に向けてこれで自分らが恥をさらしてることが分からない、もう人間の域ではない。
    そらこいつらには、マーズもサーズも感染するはずだよな。

    ハリスさんのような立派な軍人さんが日本に居てたら、南朝鮮の呼びかけを蹴って飲み屋で酒を飲むなど生きていかにも米国の司令官。
    我々一般の日本人は、映画でしか見ないんだが、
    アメリカの軍の司令官がああいう場合によくやるあの第二次世界大戦を描いた映画でよく見るあのシーンだ。

    誹謗中傷の中で次のようなまあこんなことまで付けて誹謗のネタにしている。
    【ハリスは母親が日本人であるからとんでもないやつなんだ、日本人の血が入ってるからこんなひどい人物ができてるんだ】と。

    じゃあ日本民族の日本人の私も言わせてもらうが、
    日本に存在している朝鮮後の入ってる国会議員、官僚公務員は、こいつらは日本に居てていいのかあ?
    すぐに迎えに来て連れて帰れよ!、日本人とつながるとだめなんだろう?日本人と朝鮮民族のハーフ議員だっていてるようだし、こいつらもだめなんだろう?
    もう一斉にほーきをもって掃除で一掃して全員連れて帰れよ!

    もう日本人にすればこんなごみ屑のような邪魔な連中はいないんだから望むところだし早急に明日にでもいやいや今日にも全員連れて祖国に勝ってもらえよ!

    港と空港で出迎えてやれ!
    ああそうか君たちは明るい場所は不向きだよなあ、困ったなあ、仕方ない、暗い暗い海のほうが君たちには先祖もそうしたんだから同じ道順でやってもらえればいいんで、暗い海のほうが慣れてるだろう?
    見慣れてるだろうからそっちのほうがいいのであれば、お互いこっちの漁船から大和台まで連れて行って、そこから南朝鮮からの船に乗せてやれよ。

    涙を流して喜ぶだろうよ。
    何しろ日本に強制連行されたって言ってるんだからさ、強制的に連れてこられてもう死ぬ思いで日本で働かされ拷問を受けたって言ってるんだから、いいよ良いよもう、十分に日本でよくやってくれたからさ、もういいから解放してやるから、自由にしてやるから今スグに連れて帰れよ。
    祖国に導いてやれよ。
    金丸信のように耳元で一声で大泣きで感激、血の涙にむせぶはずだぜ。
    帰国を喜んでさ。

    日本には何にも残さず財産らしきものは全部跡かたなくみんな持って帰れよな、皆すべて持って帰れよ。
    ついに祖国の地を踏める機会がやってきたって、親族家族も大喜びするだろうに。

    朝鮮民族が日本に向けて言ってきた朝鮮人への強制連行を謝罪しろと言ってるんだから、はいはい何でも言ってあげるよ、ハイハイ、謝ってやるよ。
    苦しい日本での生活だったんだろう?
    すまないねえ、どうぞすぐにお帰りくださいって。
    戦後の苦しみは其れで解放されますからね。

    どうぞ早ければ早いほうがいい、今日にでも荷物をまとめてとりあえずお帰りを。
    気を付けてください、今南朝鮮では糞尿が普通の水道水に入って混ざり宿舎のシャワーに糞尿が混ざってると大騒ぎ、飲食店でも水道に糞尿が混ざっててこれもくさいそうだから。

    其れとミネラルウオーターも南朝鮮製には糞尿が混ざってる上水道からの水道水入りなのでこれも臭く(臭いってことが問題ではなくて問題はもっと違うところなんだが)て、また糞尿からの肝炎ウイルスが含まれた糞尿水道になってるようだからさ、向こうで飲食店の料理や自分で飲み物などの水っけを飲むときには、日本製のビールくらいしか飲めないのでは?
    飲食店にも入れないしさ。

    ソール周辺に於ける住民票に載っている人物らを対象に限ってだけでの調査で、ここ最近の一か月で病院で治療を受ける診断をされた患者だけでも、瞬間的に感染したと思える患者が突如一斉に14000人以上の肝炎ウイルス患者が発生してるからさ。
    A型肝炎ウイルス蔓延している糞尿上水道の敷き詰められたソール市内周辺は危ないから先をつけられよ。
    まあ昔の朝鮮ではこんなこと普通だったんだけどさ。

    楽しい懐かしい祖国南朝鮮へどうぞお帰りを。
    北朝鮮側の日本に居てる朝鮮人もどうぞ北朝鮮にお帰りを。
    日本で今普通に政治家をやっている日本人に偽装している政治家も、祖国へと、両班奴隷のいまだに存在する朝鮮半島へ普通に帰ってください。

    まあ日本には現状騙して在住してる朝鮮民族が居てるので、日本人に偽装した朝鮮人が二千万人以上いてるので、まあ1万人クラスが乗れるタンカーで、二千回ぐらい往復してもらえれば大体いけるが。
    頼みマス南北朝鮮半島政府よ!
    早急に連れて帰って祖国のふっこぷに役立てる人材を確保してください。

    切にお願い申し上げます。
    一日本人よりの、
    切なるお願いです。

  11. 仲井 より:

    南朝鮮から日本にやってきた観光客との、日本に有る風俗関係の事業者は、そこで働く?女性は真剣に気を付けないと怖い危険が目の前にあるよ。
    A型肝炎ウイルスは体内から消滅はしないからさ。
    壊滅させることはできないので一度体内に入ってしまうともうそこからは抜け出せない一生を送ることになる。
    A型肝炎ウイルスにおいてそれを撃退できる抗体を生まれつき持っている、もともと持つ人間は、あまり聞かないので、性交などで一度体内、摩擦による皮膚から浸透しての血液に混ざって入ってしまえば、入ってしまえば、もう取り返しができなくなる。
    一度感染してしまえば、一度入ると、まあかなりの確率で一生それを抱えて生きていかないと防ぎようがないというのが現状。
    ウイルスの活性化、つまり生きて活動増殖を少しは、或る程度までは抑えられる治療はあるが、でもそれもウイルスを完全に壊滅させて死滅させて無菌状態にさせるものではなくてただ静かにしてください、休んで寝ててくださいというだけの休眠状態にさせることしかできない。
    まあ言えば体内で寝てて静かにしてるだけの状態。
    何時活性化して増殖し活動が激しくなり命にかかわってくるかわからない怖さがある。
    いつ爆発するかわからぬ状態の、爆弾を抱えて生きている状態になる。
    よって常に一生薬剤を飲み続けないといけなくなる。
    薬剤を毎日投入することでウイルスの活性化を常に抑えておかないとどこかで突然に活性化してしまうからだ。
    壊滅無菌にできないことがこの肝炎ウイルスの怖さなのだ。
    風俗の女性は、韓国からの顧客相手では、生は絶対にダメ、感染してしまう危険がすぐそこに来ている。

    肝炎ウイルスに感染していて今活性化していない休眠状態の患者で、でも毎日ウイルスへの抑制剤を薬剤を毎日飲んでいる患者が絶対にやっては駄目なことは、強い香辛料や、酒類はウイルスの活性化を促し絶対にやめたほうがいい。
    とくに強い香辛料は特に絶対にやめたほうがいい。

    日テレで、有吉ゼミの番組であれでよく激辛の料理?を食べさせられている芸人が居てるが、あれをやってしまうと、あの芸人の中に本人が気づいていなくて、その状況でもしもA・B・C・E、これら型の肝炎ウイルスに感染してるものがその中に居てたなら、しかもまだ活性化してなくて持っているウイルスが休眠状態になっていて本人が感染していることを気づいていないものが居てたら、あれはもう拷問というよりも、番組で殺害に近いとんでもない行為をやっている、やらしていることになる。
    そういうことなのだ。
    私は何度も日テレに対して、あれはやめろ!って、
    もしもやるなら、血液の検査をしてからでないとだめだと。

    何度も文句を言って連絡しているが、まだ普通に止めずにやっている。
    もしもやるのなら、白血病の白血球とリンパ液の事(相撲の蔵馬が白血病の検査で過去には危険予備軍での陽性だったが症状は長年休眠していた、だが、突然に活性化して白血病にて死亡に至った=当時テレビにもよく出て居て人気があったので、テレビ番組で激辛食事をさせられたのでは?)、肝炎ウイルスの感染者、これらに現状はウイルスが運よく休眠中だが、でも一応は感染はしているという陽性反応が出るものが居てたならこれはものすごい大きな問題が出てくる。
    芸人はテレビに出してもらえると出るかもだがそこにはこういうことも考えて番組の出演者への配慮、検査でこれらウイルスに関して絶対に大丈夫だとのお墨付きが出た者でないと、大な肉体だというように限定してやらないととんでもない殺人行為である。

  12. 椿 より:

    そう言えば、池上彰の番組で、
    ローマ教皇が来られてたので、
    【世界の宗教】について説明してたけど、
    キリスト教だけが世界中に拡散している。

    他のイスラム教やユダヤ教や仏教や神道は、
    信仰されている地域が限定されているのに、
    キリスト教はだけはあらゆる国や地域に信者がいる…❓

    それを見たときに、直ぐにピーンときました。
    キリスト教ほど、お人好しで正直な人たちを騙し、
    【現地人を奴隷にしてた宗教】ってないんじゃないですか?

    日本人は宣教師らがもたらす【科学】に、ものすごく興味を示し、
    宣教師たちを質問攻めにして困らせたらしいけど、

    キリスト教に関しては、「オカシイ…矛盾している」と言って、
    これまた宣教師たちをタジタジにさせる「鋭い質問」を浴びせかけ、
    宣教師たちが答えに窮して
    【自信喪失になる自体が発生】したという文書が、
    バチカンに残っているようです。笑

    例⑴ 日本の農民:「神様はすべての者をお救いくださる、慈悲深〜い方だと言うが、
    キリスト教を知らずに亡くなった俺たちのご先祖様は天国に行けないなんて、
    酷いじゃないか!知らなかったのは本人たちのせいじゃねーのに‼️」とか、

    例⑵ 日本の農民:「神様は全知全能で、全ての創造主と言うけれど、
    じゃあ、どうして【悪魔なんか】作ったんだ❓」

    この話は落語家と思うほどおかしくって、笑ってしまいました。

    日本人っていいですね〜、昔もチャンと『言論の自由』があったんだなと、ほのぼのしました。笑。

  13. 仲井 より:

    バチカンも宣教師らも世界中で酷いことをやってきている。

    日本ではあの教科書では日本を外国の知識を取り入れさせたいい大名として教えられたが実は彼はバチカンに書面を送りその書面にはこの大砲の技術の設計については、自分の領地の隣である毛利家にはこの技術は絶対に教えないようにお願いすると、その代わり日本の人間を、70人ばかり奴隷として宣教師に引き渡して提供するという文書まで出している。
    この時売られた日本の人間とされる者らは、遠く南方にまで売り飛ばされている。
    これは、このことを記した大友宗麟からバチカンに向けて送った文書は、大名大友宗麟の花押も押されており、当時の宣教師を通じてこの書面はバチカンに送られ、今でもこの書面はバチカンに残されており、これと同じものが大友家の中にも残されている。
    問題はこのザビエルを通じての日本人を南方諸国へと売り飛ばしていたこの大友宗麟という大名はこいつが一体こういうことを何度繰り返していたのか、

    それとも常時売り飛ばしてポルトガルからの知恵をこの人身売買を交換条件で取引をやっていたのかそこの部分がその回数云々の部分はこの一回の分は残されているが、これ以外の今書面で当時のものがまだ発見されておらず、残されていないようである。
    今後こういうことが後になってキリスト教の名のもとにこいつら如何に残虐に人の命を食い物にして人身売買がまずは目的だったなど、これらをやってきていたかが今後、また後に発見された書面が出てきたら判明するだろう。

    大友宗麟は、人身売買をバテレン相手に行った回数は、たった一度などという事はまずないと思えるし、あの島原の乱の天草四郎もこれをやってバテレンに日本人婦女子を人身売買で多くを売り飛ばしていたということも分かってきている。

    大川橋蔵主演で放映されたあの島原の乱の天草四郎美少年は、いったい何だったのか。
    誰があんな嘘を作って日本国民をだまし続けようとたくらんだのか。
    やっぱりキリスト教の宣教布教活動においては、天草四郎、明智光秀の娘細川ガラシャ高山右近をこういう神聖な人物に描きたかったのだろう。
    信長が悪いと、残虐でひどい人物だったから、光秀は信長を殺さなければならなかったのだという風に持っていきたかったのだろう。
    徳川家光も傲慢で残酷な将軍像に描かれているがその根本にはこのキリシタン禁止令がそこにある。
    奴らが日本で戦後を通じて日本で朝鮮人がキリスト教で金儲けをするためにこういう性善説をでっちあげて印象操作で日本人をまんまと騙してきたのだ。

    だから見てもわかる通り日本に存在しているこのキリスト教関係施設はほぼほぼ朝鮮人が運営管理経営している。
    その中で戦後一体どのくらいの犯罪件数が発覚しているかを皆さんもご存知だろう。
    テレビで宗教の時間をやっていた牧師が少女強姦で何十人もの少女に性的暴行を加えていたという事件をはじめもうこの手の事件内容はこのキリストの協会では数限りない件数で頻繁に起きている。
    朝鮮民族が運営管理すると必ずと言っていいほどこの女性への性的虐待暴行は必ずどんな施設でも発生している。

    日本で発生している性的暴行事件件数(日本で起きているものも、之も実は朝鮮民族の犯行がほとんど)と韓国で発生している性的暴行事件は韓国が700倍発生している。
    偽装(でっち上げの嘘による)告訴件数も1400倍とか。
    裁判所での偽装証言件数も日本の400倍とか。

    もう人間の世界ではなくて、卑劣さと卑しさは何か生き物レベルで、浅ましさと残虐性は獣の世界である。

    お玉を可愛いと、いい美少女として描く事で、キリスト教にかぶれる悲劇の美少女として描くことで、悪のバテレンをロンダリングし洗浄させ、バテレンバチカンをキリスト教を神聖なる神として存在を作りたかったのだろう。
    純朴な日本人はガラシャの自殺行為を悲しんで哀れと思わされていたが現実はもうどろどろの欲と醜い侵略と強奪と略奪、人身売買の世界が真実である。

    あの何処までも純真でかわいかった朝丘雪路が若かりしお嬢様の頃、こよなく愛してやまなかった美青年大川橋蔵、朝丘雪路が浮名を流したあの若年で亡くなった東映の看板美青年スター大川橋蔵も、今頃これらを知って天国で悔やんでるだろう。

    そんなバテレンお化けの皮がはがれていても朝鮮民族にすれば雲の上の存在なんだろう。
    まあ奴隷から見ればそら雲の上には違いないよな、でも日本人からすればただの極悪非道のしたたかな犯罪者だとしか思えないが。

    まあそれが今では神に近い存在だと、このローマ法王を讃える日本のメディア、なぜかこういう欧州の内容に朝鮮民族は異常なほどかっこよく見えるのか、あこがれというか、もう身分が高いように思ってるんだろう。

    欧米帰りだと何価格が上にでも見えてしまうこの奴隷社会から出てきたものはそう思えてしまうのだろう。
    自分らでは絶対に掴めなかった欧米の階級社会へのもう異常なほどのあこがれなんだろう。
    日本人は何とも思わないが。

    我々が学生時代には、彼らの風習だとか日常についてだとかはあんまり印象はいいとは言えず、ただの金髪や、銀髪や、馬に乗るのがまあ好きな民族だなあとか、一般国民がよくこんなところに住んでるなあと思う程に汚いところで住んでるなあとか、乾燥肉のあの固い肉をよく食ってるもんだとか、其れで家のなかがよく寒くないなあだとか、一体いつ風呂に入ってるのかだとか、風呂ぐらい毎日入れよだとか、缶々で出来たコップのようなものでよくコーヒーが飲めるなあだとか。

    まあ、余り好印象など持ってもいないが、
    朝鮮民族にはあのイギリスの王室だとか貴族階級だとかそういう者への奴隷にありがちな異常と思えるな憧れの思い込みがあるのだろう。
    自分ら挑戦民族には無い、皆が何か身分の高い者らが生活している世界という幻想で。
    羨ましさがもう半端ないのだろう。
    下種なものほどヨーロッパに言ってきただのヨーロッパで住んでいるだの、もう奴隷が思う感覚は日本人にはほんと判らん。
    何処が価値があるのかを表装飾しか見ていない、見せない、見ない、肩書しか見られない朝鮮科挙の感覚。

    だから現在でのモデルやテレビタレントもやってるあの密入国で日本にきて何処か欧州の人物と結婚したことをもう何かそれがすごいことのようにステータスを持ったかにテレビで喋ってそれがおそらく自慢だと思ってるのだろうが、テレビでももてはやしているが、日本に密入国で家族で闇夜に流れ着いて日本で一体何をやって食ってたかわからん連中が、今現在の状況でそれで何処がステータスの中に居てるのか、我々日本人には意味が解らん。

    我々日本人は数百年単位でのその家系がなしてきたことから始まり、自分以外の人間、国、地域に対してにどれだけ役に立ったのか、貢献できたのか、ただ豪商だったというのはステータスでも何でもない(ここが朝鮮民族は豪商だったこと、そことつながっていたということが最高のステータスになってる)というのが、日本人の価値のステータスの基本である。

    まあアングロサクソンにしても、ユダヤ系、アラブ系、インド系、アーリア系、ロシア系、ただの赤鬼の灰色熊や、羊程度にしか、人間とそれらのはざかいの生き物と思う程度で、毛の種類も獣風で、毛むくじゃらの異様な連中ぐらいにしか見えない。

    朝鮮では常に欧州に留学したということだけでそれがステータスになり、その後は一生これを表で散らかしながら生きて行けるような社会構造、まあ何にも中身のないただ何処でどうくっつけたのか肩書だけ欲しいためにあらゆる陥れ嘘捏造裏切りがそこに生じているのが朝鮮民族の世界だ。
    一旦肩書がつけば俺にはこんな身分が或るお前とは違うんだと常にそう表に出しながらそれだけに以上にこだわる。

    だから現状の日本の大学で肩書の博士号というもう我々にすればどうでもいいようなものを表でぶら下げて常にテレビでも出演する折には何々大学出身で何々の博士号を取ったその道の専門家だと紹介する。
    我々にすればまずは喋らせてみてそれでそいつの能力を判断するだけでいいのにまずは肩書が出てきてそいつの中身は二の次になる。

    昔の日本などもしもそういう肩書を紹介されると返ってそれは言わないでくれと遠慮したものだ。
    如何に現状の、ここまでの30年40年(まあ実際は戦前牢獄に入っていた朝鮮民族思想からが戦後釈放漁れ朝鮮総連の大歓迎の基迎えられ日本全国の、とくに国立効率の東大京大阪大ほか全国多くの大学へと強制的に入り込み何もないはずなのに学位を手に持ちそれだけで日本の大学の人事まで握ってしまった。

    この間「そこまで言って委員会」に出ておられたITが専門らしいが未来の人間の脳の代わりができるロボットなどの機能について開発も含めて人工脳の可能な分野を、またそもそもの人間の脳自体の可能性の分野まで開発をITで行う云々を日々考えておられる大澤教授という未だ結構お若い先生が出ていたが、久しぶりに大学の教授らしき、研究に没頭されている、よこしまな朝鮮人人事に手が入って腐ってる人事など興味もないほどの先生を見させていただいた。

    東大の人事においても、科学者の価値を、肩書取得だけにこだわらせての、それを餌にその弱みを突いてのぶら下げて、”言うことを利かせる”などの、卑しいほどの欲に極まる既得権・肩書だけからのパワハラを、今でもそれが大事と思い、現場で横行していることをバラしていたが。
    テレビでは、まあここ数十年で見たことがない、ほんと珍しいほどの、こんな先生が東大に居てることを知った。

    案の定、辛坊はこの教授の頭についていけずでも辛坊はそれが気に食わなくて何とか自分よりも下にしておきたいのだろうもう偉そうにこの教授に上段に見せかけて自分の能力の差を妬み笑いながらの顔を作っていたが実は本音で暴言を吐いていた。

    朝鮮民族は自分よりも頭がよくて真っ正直な人物が自分の目の前に出てくると、見ている人が明らかにこっちのほうが頭のレベルが上だとそう思われて自分とはかなり能力差があるということを何とか気づかれたくないというもう屑のような神経で常に怖がっていて、だから頭がいい人が出てkると、しかも正直がくっついた人が出てくるともう自分と比べられることを嫌がりとにかく何か違う点で罵倒したりしてやる。

    正直さと脳のレベルの高い人のことを、この教授のことを辛坊は鼻についたのだろう。
    この教授はこら本物だ、これは俺は能力的には到底叶わんと思い出し、このままでは見ている人に自分のほうが相当レベルが低いことがバレちゃうので、そこが悔しくて悔しくてでもそれはどうしようもなくて、そこで冗談(実は本気)に見せかけて芝居で罵倒して口封じをやり、それが、見ていてもう朝鮮民族ってホントヘタレの屑だなあと、自分より優れた能力の持ち主なら普通に認めればいいものを、でもそこが絶対に許せないのが朝鮮民族であり、やることが姑息で、悔しさがにじみ出ていて、この民族のいかがわしき歴史のサガが見えて哀れだったが。

    非常に警戒し(自分には全くないのでただ口でほんろうさせてごまかす手法に優れてるだけ)自分を見透かされてしまう、自分の能力が肩書と見合わないことを見透かされてしまう恐怖のようなものを常に持っている民族。
    辛坊はこれをこの時の会は、それを非常にあらわに出してしまった。
    見ていてまあこいつの根性の卑しさが見え見えであった。

    自分よりも数段能力が上であればそのまま認めてあげればいいのに、何とか自分よりも劣ってそうな部分を見つけてとにかく見下げていこうとやる。
    朝鮮民族の持つ典型的な肩書だけが重要視した卑しさが極限に出たあの日のそこまで言って委員会であった。

    この時の教授がボロッと喋ったそれが、これが日本の学術の研究所の現場なんです。
    もう完全に朝鮮民族の支配下で朝鮮流人事がそのまま日本で行われているということ。
    ここはもう日本人が素直に研究に没頭できる現場ではなくて、朝鮮民族の東大という肩書と、それにくっついてくる金銭だけの組織化されている。
    だから東大の価値が朝鮮民族の教授がはびこってこういう状態にしてきたから偽物の研究発表だとかもう肩書が欲しいだけの利権の卑しい朝鮮民族大学となり今の南朝鮮が学術的に劣っている状況と全く同じ構図にもうなってしまいだしている。
    舛添が東大で研究していた政治学に置いて現状の日本の海外との関係国内での内容、彼の研究したとされることで一体日本でどれだけプラスになったのか、国民は考えるべきである。
    パレードで皇帝のようなパレードをやり中国韓国との関係で見てももう壊れた石ころの発言戸しか思えぬ朝生に出てきたころ彼が語っていた内容。
    カスそのものにしかなっていない。

    もう東大という肩書だけがやつにすれば狙った道では?
    「朝生」ではかしこぶってそういう口調で喋ってはいたがその中身となると、一体何を言ってるのか途中で話にいつもうやむやで濁して何の意味のあることでしめてこない。
    うだうだで結局何を言ってるのか何時も解らずじまい。

    もうそこら辺の焼酎を飲んでくだまいてたおっちゃんのほうがよっぽどましで、こんな舛添ら当時出て居た昔のメンバー、奴らの言ってた内容など今何にもならん、素人並みだった。

    舛添が後の肩書の付く形をああいう状況を願い、まさにそのまな板を必死でつかまって教授の肩書を手にし、持ち、国会議員の肩書を持ち東京都知事の肩書を持ち、あの何かのパレードでは、まあ前近代的なマルで金正恩や習近平が行っていたようなああいう光景の真似までしてまるで奴隷制度の存在した時代の皇帝陛下がやっているような公道をやり、あれ普通であれば恥ずかしい行為だと日本人なら思うんだがだが朝鮮民族は肩書がつけば俺は身分が高いんだというこの朝鮮族の悲しい性根、奴隷が願う夢の舞台だったのだろう。
    【俺はこんなに偉くなった皆見ろ!】と言いたいのだろう。
    日本人はそういうことが一番恥ずかしいんだが奴らはそれが夢の舞台なんだろう。

    開発に向けての技術において、研究をされていると、そこには必ず朝鮮民族のまあ違法と思える壁を作っての妨害工作(スタップ細胞での小保方さん笹井さんのように)、経過するごとに、大学も研究施設も朝鮮民族がいかにもほとんどを占めてそこで研究や没頭を妨げ妨害となっていることがわかる。

    自分の肩書を誰かに出されて、それに恐縮している人物を、ここ30年以上見たこともない。

    それどころかそれを出さないと気分が悪そうな顔までする。
    まあ朝鮮民族の持つ奴隷志向の典型である。
    身分が命よりも大事なのだ。

    何処かの、いや、日本だが、政治家らがいつの間にか偉いという対象に代った、
    我々などただ自分らが国会には行けないので、その人物に代わりに出てもらって国をよくするように議論して決めてもらう、ただそれだけの係をしてもらっている人物だとしか思ってもいない。
    ここが全く勘違いも甚だしくて、ズレて、国会議員は身分が高いんだと思い込んでる朝鮮民族議員ばかりになっている。

    多くの朝鮮民族国会議員、地方の政治家も同じだ。
    身代わりにやってるだけのものだとおまえら自覚しろよ。
    お前らの祖国の朝鮮ではないぜ、日本だぜ此処は。
    朝鮮ではないことを考えろや。

    武田邦彦先生など自分が科学を専門にしているが、ただ科学者と紹介されると、何処か気恥ずかしそうな顔をされる。
    【それ以上の説明などはしなくていいよ】という具合に。
    【いやいや、私は科学を研究している一人として今日出させていただいている、肩書で出させていただいてるわけではない】と思わせる等の発言をよくされる。
    こういう先生が昔はいてたんだが今の教授って皆がとにかく紹介に肩書を出させてからというもう何が教授には大事なのかをこいつら全く分かっていない。
    朝鮮民時奥が支配するとこうなる典型である。

    文科省など解体して無くせばいい。
    東大教授の思いのままに官僚とグルでやってるだけの莫大な金を食いつぶす機関。
    要らないのは歴然。

  14. 仲井 より:

    橋下さんのツイートで、少し前になるが、
    【韓国では罪が確定しない時点で、容疑者を晒し者にしてカメラ映像で動画で出しているのは恥ずかしい】とかいう確かこんな意味合いのものがあった。

    まあそうかもだが。

    ここ最近大阪管轄や全国で、あっちこっちで発生している犯人とされて刑が確定しその時点で保釈中の犯人を改めて刑務所に収監しようと自宅などに検察係官が押し掛けると、その時点で逃亡をしてすでにそこに居なかったり、または身柄拘束をしようとして逃亡されるというまあちょっと見苦しい状況が結構な件数発生している。

    このことで昔のことを思い出したので一寸書いてみる。
    あの富士山麓で発生した内ゲバでの連合赤軍幹部らによる同士を大量殺害するという事件が発生した時の首謀者で永田洋子と一緒に凶悪犯罪を犯した森恒夫が、幼少から学生時代住んでいた大阪市の市営住宅が、大阪の北区、当時はまだ合区されておらずまだ大淀区となっていたが、この市営住宅のすぐ近辺は、実は朝鮮から密入国で流れ着いてこの地に勝手に住み着きこの地に多くの長屋を短冊状に建て並べ、一間長屋の間口一間のそこに、次々と日本に流れて入ってくる皆密入国で、日本に入ってきたものの住み家とされていた。
    このその区画だけは当時警察官も巡回は一切せずに警察官の誰もが仲がどうなってるのかをじかに見たものはおそらくほとんどいなかったと思えるほどそこは特殊地域としてまるで隔離や肩の密集地域のようであった。
    景観はこの中には怖くて誰もが入っていけなかった。

    それほど当時の日本に密入国して来ている朝鮮民族に対して日本の警察は取り締まるどころか逆に怖がってそばにも寄り付かないもう好き放題で放置状態であった。

    当時の所謂女郎屋と呼ばれる売春宿が、数か所も密集する地域でもあった。
    あの皆さんもご存知の大阪万国博が行われた昭和45年のあの4月に発生した大阪地下鉄工事の大鉄ガス爆発事件、あれが起きるまで戦後こいつら数か所の売春宿をこの連中は(数か所の名義も経営も、これらはそれぞれ独立したみんな別人物が頭)ずっとこの地で営業し、こいつらの一人の頭の言うには罪に純利益が300万ぐらいは優にあると言っていた。
    (当時の昭和の40年代に入ったころであれば高校では15000円ほどで大学出で18000円ほどだったと思う時期に、わずか11人ほどの女をかこってこいつら主らは、朝鮮から密入国させた女を囲い純利益だけで月に毎月300万円を稼いでいた。
    女性の値段は当時1200円から5000円の間ぐらいの時期。

    僅か女性を11人ほど置いてしかもすべて朝鮮から密入国させた女ばかりを置いて稼いでいた。
    無論完全に違法状態。
    だが当時これを摘発する警察はほぼ皆無であった。

    この当時この一角の地域だけは、だから中で何が起きていようが一切まあ言えば警察もほとんど掴んでいなくて、第一、その地域の一角の中に一度も中に入ってその住居地域を警察官自体が見回ったこともなかったほど。
    それほどまあ危険がすぐそこにあるという場所。

    個々の連中がその当時は夜中に刀を鞘を抜いた状態で体に血がほとばしって着いた状態でそこらじゅうの飲み屋を抗争で相手側の連中覆いまわしていたことなどまあ月に何度も遭遇する状態であった。

    今の日本人はまさかと思うだろうがじつはついこの間の昭和40年代に入るその時期でさえこんなことが朝鮮民族の手で普通に行われ日本の警察も彼らを摘発も逮捕にも誰も出向かずに放置されていた時代がついこの間までこの日本で起きていたことを知っておくことだ。

    日本で私がなぜ朝鮮民族の危険度をこういうところに登校しているかというとこういうことをテレビも新聞も一切絶対に報道で出さないこれは紛れもない実際に私がこの目で見てきた現実ですからね。

    私が或る店で食べて飲んでる時にも、その店の玄関が数人の朝鮮民族の手で、突然ガラッと開けられ、空けられ
    【兄貴、ここにもいてませんぜ、あいつどこ行きやがった】って、もう映画の高倉健の世界そのもの。

    そう口走って言っているそいつの体の服は、もう血だらけで手には日本刀を振り上げて店に入ってきてたぐらい。
    こんなこと月に何度も起きていたのが当時の本当の大阪の朝鮮人輩の行動であった。

    日本人はこういう恐怖を当時戦後から数十年は身に感じて生きてきていたわけです。
    日本では全くそんなことが起きるはずもないのにこんな朝鮮から密入国でやってきた奴隷上がりのこいつらが日本で一体どれだけ犯罪行為殺害強奪略奪行為をやっていたか、これらは我々世代以上のものはすべて見てきて知っている。
    これrを今時期の若者に話しても韓国人の仲のいい友達が居てるなどと普通に言うがわれわれは当時を知っているだけにやつらの本性は忘れることなどできない。
    一瞬でああいう風に変身してとんでもない暴漢の質の悪い残虐なものへと一瞬で輩と化す、変わってしまう朝鮮族の実際の姿をわれわれは見てきている。

    話を戻すが、その短冊長屋の中ではヒロポンも普通に密売されるし売春、殺人、密入国の横行、やくざとしての刀での切り合い(銃だと音がしてバレるので必ず刀による殺害行為が行われていた)の抗争事件、これらは日常的に行われていて、もうあらゆる犯罪行為の朝鮮民族の集約された地域でもあった。
    西成や南や梅田、新世界などと比べてここはもう本当に限られた閉鎖状態になっている区域に、ここに集中してそこにはどれだけの人数がそこに住んでるかも、警察も区役所もおそらくここを立ち退かせて後にこの地域を区画整理の都市計画でこいつらを一斉に立ち退かせてどでかい大きな近代的な市営住宅を建設しこいつらを一気にここか「らこの新設の市営住宅に格安の条件で住み着かせてこの地を更地にした。

    だが森恒夫が住んでいた昔からの市営住宅はそのまま残って存在していた。
    その地に実はこの森恒夫は住んでいたしその周辺の売春宿もそのままであったが、実はあの突然発生した天六ガス大爆発でこの地に存在していた100人を超えるポン引きが密入国の身元を調べられる事態が起きだし、この長屋で住んでいたポン引きがこの地を一斉に離れて逃げて何処かへ行ってしまい、結果この売春宿の経営は急激に悪くなりだし、おまけに天六という駅の電車がそこで乗り継ぎしないで千里まで一気に通過してその天六駅でいちいち乗り換えなしで、地下を一気に通貨で北千里へと自宅へとサラリーマンが返ってしまうこととなり、この時まで存在していた怪しき女をあっせんする50軒ほどの薄汚い飲み屋やポン引き、及び、売春宿、ピンクサロンも業績悪化で一気に引き上げてしまうほどに、そこからはさびれた人通りもない全く違う意味合いの駅へと変貌しだした。

    この当時天神橋商店街は、もう最悪の業績で、当時ここへの大阪市や府からの補助金が地域商店街振興会からの強い要求で湯水のように莫大な振興補助という名目で実は相当永くこれが投与されていた。
    この時代からこの当時の議員はもうべったりぐちゃぐちゃの関係で、こいつらとグルでこの補助金がすべては選挙活動のどぶ板選挙の原因になり、選挙と補助金のセットでの行政が行われだした。
    天神橋でこれが行われだしそれに倣って大阪市内はもうどこもかしこもこれを求め出汁財政出動は無茶苦茶な状態、だが幸いにもこの時万国博が行われたのでそれが表で表面化されずすべてはこいつらの議員や商店街役員らの懐に入っていった。
    災難に遭ったのはこの天六駅周辺で営業をやっていた売春宿の主ら、もう踏んだり蹴ったりで営業は休眠状態になりとどのつまりはそうなりだした途端に警察がようやく動き出し、子の売春宿の一番大きい部類の一か所の親父、〇本〇太〇という歌詞らが逮捕された。
    売春行為と女性の不当雇用状況、入国の密入国を指示命令及び幇助した疑い、脅迫、恐喝、暴行、凌辱、殺害、ほか多くの罪に問われ逮捕された。
    この人物が冒頭に書いた内容にかかわってくるんだが、とにかくこれらの罪で逮捕はされたが、私にもわからなかったが当時も一時的にこいつは普通に出所して保釈されて、なぜか普通に表を歩いて普通に逮捕されてるはずが本当にされてるの?って疑うほどの自由気ままに生活をやっていた。

    其れから数か月後に或る日、こいつと銭湯で昼間遭遇した。
    罪に300万円を稼いでいたその男の裸姿はもう皮膚がよれよれで何か皮膚自体がちょっと触ると指がそこに入っていきそうなほどにまだ確か60ぐらいのはずがもうよぼよぼの体であった。
    無論全身に墨が入って、背中から観音さんがおわし、にらみを利かせていたが。

    こいつが風呂でこんな話を私にしてきた

    「若よ」、と呼ばれたが、私は や〇ざ でもないし、こいつらは若いものをつかまえて、「おい兄さん」だとか、「若」だとか、こう呼ぶのがこいつら輩の間ではかっこいい会話だとでも思って言うのだろうが)

    【若、わし実は明日刑務所行くねん、もう帰ってこられへんわ、いやあわしも考えたんよなあ、身代わりを作ってわしだと警察に思わせてそいつを車でぐちゃぐちゃに引いて殺して、解らんようにして、身元確認で、嫁に泣かせて警察には、死んだ奴が俺だと言わせて、本人は死んだことにして、金持って朝鮮に帰ろうかと、朝鮮にはいつでも帰れるんやがだけどなあ、でもなあ、朝鮮はもう無茶苦茶酷いところやからなあ、あんなとこ住まれへんでえ、汚いしもうホンマ酷いところや。日本で住んでたら朝鮮などごみ箱の中で住むようなんやから、さすがにそれやったら日本の刑務所の中の方がまだましかと思ってなあ。
    まあとにかく明日から入ってくるわ。」ってこいつが言った。
    こんなことをもうこいつは考えて今まで生きてきているのかと。
    日本人には到底考えられない朝鮮民族の騙しとでっち上げとそのホpン勝の狡さと凶悪性にもうこいつらは行き先は地獄しかないと思った。
    ちなみにさっきの刀で切り愛の血だらけのこいつらの頭が実はこいつ。

    ついこの間女郎屋を経営していたその人物が当時そいつが所有していた3階建てだったビルは、今ではそこはきれいに違う状態の街並みに変わっていてそういう輩の住むような地域には見てる限りではなっていなかった。

    日本の若者の皆さん、こういう状況がまだついこの間の日本で、あの大阪万国博が行われるわずか数年前の時点で、日本のこういう場所がこういう状況で日々動いていたことをちょっと誰かに教えてもらって歴史をきちんととらえて見直してほしい。

    テレビに出てくる朝鮮民族の事を悪く言うのはヘイトスピーチだというがではこういう時代のことをお前ら朝鮮人は日本人に今どきの若者に正直に伝えてきたかをよく振り返ってみろ!って。
    すべて隠して隠蔽してきただろうが!って。
    人間は知らないことほど怖いことはない。
    総てを知ってそこから人間はそれぞれが判断をpすべきであるという状況を作るべきである。

    こういう連中のこの民族の中でそういうことが実際にまだ40数年前にこの日本の普通の町の中でそこらじゅうで発生していたことをよく考えて頭で復習をし直すべきです。
    こういうことは日本の教科書においても教えるべきだ。
    なぜ隠さないといけないのか、
    それは文科省も学校の教師らもほぼほぼ朝鮮民族に入れ替わってるからどうしても隠したいのだ。

    だから歴史と言えば城門に始まり江戸時代で終わり明示はかかりだけしか教えない。
    戦後が日本にとって一番大事な歴史の一ページでありこの時に起きたことが今日本で起きていることの原点になっている。
    これを教科書で教えろ!
    事実だけでいいから教えればいい。
    隠すな日本国籍を騙し取って日本人に成りすましてる朝鮮人よ、この女郎屋の頭と同じように成りすまして変身したつもりだろうがわれわれはまだ生きている。
    これを忘れるな!

    日本のテレビや新聞には朝鮮民族が多い事が問題だとそこで切ってしまわずに、そういうことだけでは無くて、こういう戦後の時期の実際に起きていたこと、これを検証し、隠そうと奴らが画策圧力をかけてくるほどに事実が起きていたからと言える日本人が、そこからの、日本に居てる朝鮮民族に対しての日本人が思う朝鮮民族への考えというものが、私のようなものをこのようにいつまでもくどいように辞めずに生き延びさせているのです。

トップへ戻る