都構想制度案骨格固まる:松井市長「賛成の立場の公明党の案に沿った形で見直した。了解を頂けるのではないか。住民投票まで進みます」

(2:00:25法定協終了後の知事市長の囲み会見より再生します。スマホの場合、初めからになる場合があります)


<<下に続く>>


法定協でこんな場面が・・・

(1:49:48)から
維新・横山英幸府議「デマ対策について指摘

「『都構想』で検索すると『今さら聞けない大阪都構想』が出てくる。大阪府市の財政状況について非常に悪質な言い回し。申し上げにくいが、ここに評議会委員である自民党・川嶋広稔、北野妙子市議の名がある。是々非々というのなら評議会の反論論文にも記載していない内容をサイトに記載するのは良くない。即刻消去を」

自民・川嶋市議
「具体的に理事者(役所)に確認して修正する」

維新・横山英幸府議
「理事者の提案でなく、委員の責務として修正して下さい」

自民・川嶋市議
「修正します」

今さら聞けない「大阪都構想」| 特別区・総合区
11/23現在、サイトの一番下に「川嶋広稔、北野妙子」両名の名前があります・・・

このサイトについて警鐘を鳴らした記事、必読ですよ!
大阪都構想ダブル選挙、激戦の裏に「選挙とSEO対策」の危うい関係(竹内 謙礼) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)


こんな本が発売に!

ポスト橋下の時代 大阪維新はなぜ強いのか
朝日新聞大阪社会部
朝日新聞出版

朝日新聞大阪社会部が発行していますが
ルポ・橋下徹 (2015/11/26) は、そんなに偏向していませんでしたし、表に出ていない話も多く書かれていましたので、今回も期待できるかと・・・

大阪都構想制度案の骨格固まる 年内にも中間採決へ – 産経ニュース

 大阪市を廃止し、特別区に再編する大阪都構想の制度案(協定書)を作る法定協議会が22日、市役所で開かれた。制度移行日を令和7(2025)年元日とすることや、児童相談所(児相)を4つの特別区全てに配置する方針が、最大会派の大阪維新の会や公明党により了承された。これで主要論点の意見交換はほぼ終了。特別区の区割りをはじめ、庁舎整備で既存施設を活用する方向性も了承されており、協定書の骨格が固まった形だ

 公明が5月、都構想賛成の条件として維新に求めていた4条件も、この日の協議で全て協定書に反映される見通しとなった。来年秋以降に都構想の賛否を問う2度目の住民投票が行われるのは確実な情勢で、維新代表の松井一郎大阪市長は会議終了後、「公明党の提言を真摯に正面から受け止め、プランを見直した。了解いただけると思う」と自信を見せた。

 この日の法定協では、特別区への移行作業を確実に進めるため、住民投票で可決されれば、すみやかに準備組織を立ち上げるよう求める意見が出された。

 再編後の新たな府の組織を、21局で構成する事務局案も提示。広域施策を展開する司令塔として、都市計画局や危機管理局を新設するほか、大阪市の消防や水道を府に移管し、消防庁と水道局を設けることなどが説明された。

 児相については、8年度までに4つの特別区にそれぞれ設置することも確認された。児相の全区配置は公明が求めた4条件の一つ。ほかに、住民サービスの維持▽移行コストを最小限に抑える▽現24区役所の窓口機能の維持-の3条件は、すでに協定書に反映される方向性が固まっている。

 法定協終了後の各会派の代表者会議では、来月10日に次回会合を開いて素案の議論を終えた上で、同26日に中間採決を行うことが決まった。


(画像をクリックすると拡大して確認できるpdfファイルにリンクします)
(出典:大阪市:第29回 大都市制度(特別区設置)協議会について (…>大都市制度>大都市制度(特別区設置)協議会))


ようやく以下の対談を読みました(汗

(月刊Hanada2019年9月号)
百田尚樹×松井一郎(日本維新の会代表・大阪市長) 政治取引と裏切り 大阪改革の死闘 我らの大阪興国論3

いよいよ話題は今年4月のダブル選に!
親分が、その後の「公明党の思惑」と「自民党の本音」を解説!

月刊Hanada2019年9月号
月刊Hanada2019年9月号

posted with amazlet at 19.11.20
花田紀凱責任編集
飛鳥新社

※中古なら送料込みで350円前後で買えるようです

月刊Hanada2019年8月号
百田尚樹×松井一郎(日本維新の会代表・大阪市長) 「政治利権」との闘い 大阪都構想 我らの大阪興国論2

月刊Hanada2019年7月号
百田尚樹×松井一郎(日本維新の会代表・大阪市長)われらの大阪興国論~大阪の本当の話をしよう

ちなみに話題のあの本は注文殺到しているようです!

反日種族主義 日韓危機の根源
李 栄薫
文藝春秋
売り上げランキング: 1

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 椿 より:

    大阪W選挙後に【悪質なチラシ】が配布されてましたよ。
    住民投票が近くなってきたら、
    また【恐ろしいデマ攻撃】が始まると思うので気をつけよう‼️

  2. 仲井 より:

    来年に大阪市を廃止し、
    府と市を一緒に統合し幾つかの特別区を設ける大阪都を作る構想、いわゆる大阪都構想実現の賛否を大阪市民に直接選挙で問う住民投票が来年秋ごろに大阪市で行われる。

    これから来年秋の住民投票に向けて、そこに向けて今後は一直線で市民に理解を得るように知事も市長も、行政の現場をはじめこの件にかかわって機動される関係部所の皆さんは、本当に大変な労力、作業をかけることになる。

    言ってみれば、時間と、市民の理解、この二点勝負である。
    やる内容に問題点を見つけるのがむつかしいほどに大阪市大阪府は、頑張ってここまで仕上げてきている。

    それでも、関西の総てのテレビ局は、いやはっきり言って日本民族のいない関西のテレビ局の連中が、朝鮮流仕込みの印象操作で、こいつらはいつまで行っても、何処まで行っても、何処まで説明しても、何としてでもこの大阪都構想を潰したいので、説明するほうがもう無理な状態。
    現状の南朝鮮を見れば一目瞭然。
    朝鮮民族に説明しても奴らは絶対につぶしたいことを止めないし止める考えなど全くもってもいない。

    何とかつ、け入る部分を見つけてでっち上げ、さもこうなる危険があるなどという洗脳をやりだし、一般市民を騙しで煽動し、潰し工作をやり続けることだろう。

    こいつら賛成になど地球がひっくり返っても絶対に賛成しない奴ら。
    こんな奴らを説明で納得などさせられない。
    もう一言だけ奴らには告げるだけでいい。
    【大阪都構想がそんなに駄目というなら大阪から出て行け!潰したいなら祖国朝鮮に帰れ!】って。
    今後はこの一言だけをこいつらに告げればいい。
    どっちみちどれだけ説明してもこいつら朝鮮民族は絶対に賛成などしないんだから、松井さんも吉村さんも、こんな奴らに説明など必要ないからさ。

    祖国で食えず、また祖国から奴隷は邪魔だと要らんと言われて、このままだと祖国から虐殺で、虐殺されると、殺されそうになって怖くて、自分らの祖国でありながら祖国から殺し屋が来て殺されるので朝鮮を逃れて日本に密入国で勝手に海を渡って入って逃げてきて、こんな連中が日本に来て、朝鮮では奴隷としか見てくれなかった身分の者らが日本では人間扱いされ、日本でどれだけ世話になり、どれだけ礼を言っても言い切れないほどの治外法権レベルの待遇を受け、日本の国内では奴らがどんな犯罪を犯そうが日本人の財産を、国籍を、だまし取ろうが、強奪しようが、どれだけ搾取恐喝暴行強奪しようがやりたい放題で日本に滞在し、こんな国は夢のような国だと、それでも逮捕されずにここまで日本人に化けて21世紀にまで生き延び、日本人に成りすまして日本で住み、日本に恩義を持つはずなのにただ日々反日の、ただ金をくれ金を出せの連呼、これだけしか叫ばないと思っていたら最近では天皇家まで潰せと言い出した。

    こんな不届き者などはすぐにでも連中など朝鮮に帰れ!って、告げてやればよい。
    祖国からも棄てられたような連中に、日本の行政の仕組みを変える内容に口出しなどさせなくてもいい。

    ここにまだ加わる朝鮮民族大学教授らが日本にはそこらじゅうで大勢存在する。
    最近では知事や市長も相当数が日本民族では無い。

    肩にくっついた、いや無理やり見せたいために自分で工作で奪い取った、ただ糊でペタッと張ってるだけでは?と思う程内容のないばかばかしい泥亀の素性を掲げて飾り物の肩書を、周りを卑劣に陥れることでつかんだ、卑しすぎる工作で手に入れたいかがわしき連中ばかりがこの大阪都構想を潰しに来ている。
    汚い沼で沸いて出てくるぼーふらのような連中。

    いかがわしき大学の教授ら、その道の専門と称する工作員教授や、印象操作だけが目的で呼ばれてテレビに出てくるコメンテーターを番組で喋らせ、如何にも「おかしくなっていくのではないか」というもうただの言いがかりの想像ばかりで番組構成を今後は必至で欲に向けて真一文字に毎日やってくることだろう。

    マスメディアは何か作ってでも因縁をつけて、「こんな心配がある」だの、「こんなことが起きるかもしれない」だのもうただのイチャモンとしか思えない出鱈目だけを並べてさも怪しいものだというようにテレビで必死に印象操作をやり続けるだろう。

    民営化に猛反対してるかと思ったらそこにじつは大手新聞社の社員が天下る席が用意され続けていただとか、梅田の地下に永年存在していた立ち飲みの居酒屋の撤去をさせると行政が言ったら、関西のテレビ局もまた東京からやってきたキー局のテレビ局記者までが一緒になってもう反対、大阪の古き良き店をなくさせるなだとか言い出して、だが実はこの居酒屋を英湯して訳の分からん団体に莫大な資金が流されていたことが後で判明。
    つまりこいつらが何故猛反対していたかと言ったらこいつらの懐にも金が流れていっていたということが分かった。

    朝鮮民族はこうやって日本の税金を莫大な額を横から掠め取っていき、それを市民や府民には、如何にも市民国民のためにそれを閉店させたら駄目だとやる。

    もう正に悪辣な犯罪集団、搾取集団の泥棒状態。

    だから私は二十年前から、ネット上に、朝鮮民族は馬賊の放浪集団で元々はドロボーとたかりで荒野を走り回り何処か金銭や食料があれば、獲物を見つけては襲って奪い取り、それでしか食っていなかった山賊なんですよと書いて投稿し続けてきたが、まさにこれがその例であり、この大手新聞社がやっていたことなどまさにこの山賊よりももっと悪どい手口でだまし取っていた実態。

    テレビ局は、如何にも昔からの客がついてるから何を言ってるんだ!と、止めさせたら阿寒だろうが!って偉そうに猛烈にテレビ番組中に撤去反対の番組構成をやり続け(そのことがバレるまで続けた=バレたとたんに報道しなくなった)、だがしばらくしてこいつらが反対していた理由がわかってきだした。

    こいつらは何も大阪の昔からの客、古くからのファンがどうのこうのなど全く違ってこいつらに金が入らなくなることを恐れて猛反対したわけだ。
    よくよく見てるとそれら店舗から莫大な税金が何処かわからん団体に金が流れていたことが判明。

    これが大阪関西のテレビ局新聞社。
    朝鮮民族のこの金銭と女と肩書と、陥れと、命よりも大事な肩書と、印象操作の入れ方ったら反吐が出ても止まらないほどに下種で下水道の掃きだめ並みの生き物。

    そういえば上念司さんが朝鮮半島民族のことを獣って呼んでいたが。
    私以外でこう呼ぶ人が出てきたことは非常に心強い事で或る。
    日本も変わりつつある。
    奴らの外道さを日本のメディアで活躍する人らでも、著名人でも放送中にそう叫べるものが、判るものが出てきたということだ。
    実に頼もしい限りである。

    ああそうそう、今日書くことを忘れていた。

    ★住民投票が行われるが例の通りまたでっち上げの嘘や作り話のチラシが捲かれていくだろうが実はテレビ局が次の住民投票の選挙のことで、テレビ局がみんなでグルになって前回同様やってくることは、、都構想を、この都構想についてのこのことだけの賛否についてということはできるだけ市民には感じさせないように持っていく作戦をとってくるだろう。

    都構想という内容のこれについての賛否の判断を、これについての判断をできる限りさせないように印象操作をしてやってくることだろう。

    つまり、
    行政の仕組みのことでの賛否を市民に判断をさせる方向にテレビが持っていくのではなくて、

    ;【貴方は、大阪維新の会、日本維新の会を支持しますか?】、

    それとも、

    【;貴方は、自民・公明・共産・社民・立憲民主・国民民主・れいわ新撰組、これらの党を支持しますか?】という、こういう本来の投票の項目を攪乱させて、テレビ局は巧妙にこの投票は維新を支持するのか、それとも維新以外の他の野党を支持するのかという、この内容に巧妙に入れ替えて、住民投票ではこれを大きく表で出してきて、都構想で市民が賛否を決める、決めさせるのではなくて、大阪市民が何処の政党を支持するのかを決める選挙だという形に方向をテレビは持っていくことだろう。

    何処の政党を支持するのかを、こっちに市民の目と耳を持っていかせ、この住民投票を意味的にこれは都構想ではなくてそれをやっている維新を支持するのか、それとも維新以外の他の党を支持するのかというそっちに向けさせ、そういう攪乱戦法で来ると思える。
    そう感じさせていく作戦に出てくると思える。

    これを市民に決めさせようと工作してくるつもりのようである。

    こっちの方向の判断をさせるように、今後テレビ局は必至大阪のテレビ局はこっちにもっていこうとしてくるだろう。

    その一番いい例がこの間の統一地方選挙での新聞での選挙結果の報道部分、
    日本人は新聞を見る前には、「ああ維新の会が勝利した圧勝したという見出し、維新の勝利と記事になると、政党名もきちんと維新の会ということが出てるはずだ」と、誰もがそう思いますし、新聞はそれがわかる報道になると思っていたはずですよね。
    前夜の開票速報を見れば。
    維新の圧勝劇が大阪で起こったんですから。

    新聞はどう報道したか。
    【大坂維新の会】という文字も、【日本維新の会】という文字も、紙面の新聞紙上には出て居ません。
    (選挙結果を報道した読売新聞では)

    大阪府議会議員圧勝の過半数越え。
    大阪市議会議員、惜しくも過半数には届かなかったがその数僅か後4議席届かなかっただけで、市議会も圧勝で、第一党を当然をつかんだ。
    だがこれについて読売新聞はどう伝えたか。
    政党名を維新のことを、どう表示していたか。

    読売新聞社は政党名をきちんと表示させていたのは維新以外の党の当選者だけで今回の統一地方選挙での大阪維新の会及び日本維新の会という名称は政党名は一切紙面上には表示されずに維新のところは署はとなっていた。

    大阪では日本維新の会や大阪維新の会は読売新聞からすれば諸派となるらしい。

    だから大阪市議会及び大阪府議会の当選した議員数表示のところも諸派の当選者数が異常に多くなって表示されている。
    そこの諸派の中に大阪維新が実は含まれていて大阪維新という項目での当選者数表示は一切何処にも表示されていなかった。

    まあ読売新聞は維新の会はどうでもいい、早く泡沫の政治集団で早いうちに消えてくれたらいいと多分思ってるのだろう、だから維新という文言を紙面に出したくなかったのだろう。
    大阪府議会でも市議会でも議席は第一党を占め、府議会では過半数超えを占めても、それでも維新という党のことは一切表示せずに諸派の中に維新を入れ維新の党という名前さえ出さない行動に出た。

    今のN国党の立花さんにやっている行動と全く同じである。

    朝鮮民族にすれば非常に都合が悪い政党なんだろう。
    何しろ毎月野中広務と渡辺恒雄はあっていたというぐらいだから北朝鮮ずぶずぶだよな。

    つまり北朝鮮学校への無償化要求など読売新聞は絶対にしてやれというのでは?
    北朝鮮を助けないでだれを助けるんだ!って、渡辺恒雄は怒鳴ってるのでは?
    慰安婦像はもっと作って、世界中、日本中に建てろって要求するのでは?

    読売からすれば、=野中広務からすれば、維新の会などはそこら辺の泡まつ候補の諸派というレベルの党だという認識なんだろう。
    朝鮮半島を大事にしないでどうするんだ!という認識なんだろう。
    朝鮮民族が思う祖国への思いは、逃げて逃れて入ってきた経緯の者らと工作員で入ってきたものではちょっと違うだろうがだが半島から漂ってくる香りを嗅ぐともういてもたってもいられずにむせび泣くのでは?

    あの国のことを考えるその神経が、日本民族にはわからん。
    奴らは或る意味クルド人と同じだしISと同じで本当の祖国などというものは元から持ってもいない。
    ただ誰もいなかった土地に逃げ込んできてそこで山賊をやって暮らしだし自分の国だと言い出しただけの連中。

    だから上念さんがやつらは獣だっていうのだ。
    本当の自分の祖国はない連中なのだ。
    追われて逃げてどこも行くところが無くて朝鮮半島にまで逃げ延びてきて、そこが誰も住み着いていないことをいいことにそこでせっかくたまたま住み着いた土地も、今度は同じ同胞の獣から殺されそうになって日本に逃げ延びてきた。祖国など本当はこいつらには無いのだ。

    大阪の統一選挙で各区域ごとでほぼほぼトップ当選を維新が独占状態で獲ったにもかかわらず読売新聞は維新の会を諸派という部類の項目に入れ維新とは表示しなかった。

    つまり維新の会を渡辺恒雄は、政党扱いにしていないのだ。
    野中広務と同じ気持ちを共有していることの確信犯である。

    住民投票についてはこいつらが徹底して都構想を政局の政党選びの状況にもっていきそこで市民に投票させるつもりの策略のようだ。
    だから一番気を付けることは、
    ★大阪市議会・大阪府議・日本維新の会の国会及び地方議員において、この間議員において、絶対に不祥事としての対象になる事案を絶対に出させないことだ
    ひとりでもそういう不祥事を起こしてしまうとと構想の住民投票は議員ひとりのことなど関係ないんだがだがテレビ局はそれだけを狙って徹底的にここだけ狙いでとにかく都構想の賛否などではなくて維新を支持するのかこんなことを維新の議員はやってるんですよというこういう内容で徹底してつぶしに来る作戦だ。

    肝心の都構想でもう追求のネタが無くて、できないので、でも潰したいので奴らは、今度は議員の不祥事を見つけて徹底して誹謗中傷を延々やり続け、【維新はこんな悪い議員が居ますよ、それでもいいんですか?そんな議員がやってる維新のことが支持できるんですか?こんな維新がやることを支持しますか?】という方向にもっていこうとするだろう。

    イタチの卑劣な陥れがどこからでもやる素質と素性を持った朝鮮民族なのでここは維新の議員はとにかく違法にかかわる疑いをもたれる行為は絶対にやらないように地奥に気をつけることだ。

    奴らは大阪都構想を潰すにはここを見つけて追及していくしか潰し方策がもう亡くなっているのでそれが出てきたらもうそればっかりをやり続けて1年間ぐらいでも同じネタでやってくるだろう。

    気を付けて行動をしていかないとね、

    ★何しろ相手はイタチの目で覗いてますからね、匂いを嗅ぎながら卑しくうろついてますからね、前のエリカ様の、小百合議員のようなお粗末な格好の狙われ案件が起きないように、野中広務の後を継いだ卑劣極まる陥れのプロ集団の名うての悪の朝鮮民族工作員ですからね!

    そいつらがそのまま周り中の一般の中で、特にそれが新聞テレビを運営して日本でやってることの怖さですよね。
    日本はそのうち中国に支配されるのでは?

    そうならないためにも、日本のあらゆる市町村レベルでも、権力が一か所ではなくて都構想のように区分けして分散させて市町村の中の区分けの権利配分は権力を下へ下へとおろしていくべきであり、それら身近な地域地域は、手の届く範囲に可能な限り住民へ向けるサービスの権限を降ろしていくのがこれからの行政で必要だろう。

トップへ戻る