(もし万博失敗、住民訴訟になったら)橋下氏「弁護は私より当事者として必死になる吉村さんがいいと思います」11/16,18のツイート

橋下徹生出演!「北方領土と日ロ交渉の行方・入管法改正案・11/23万博開催地決定、大阪は?」

この中で、橋下さん
(もし万博誘致できなかったら)
責任取るのは松井さんと吉村さん、(そのコスト35億)住民訴訟でやられるんじゃないですか?」と発言・・・(^_^;)

それに松井知事がすかさずツイート

(橋下徹氏twilogより引用)

(11/18)

(出典:https://twitter.com/gogoichiro/status/1063734911016755201)

拝復 松井一郎大阪府知事殿 松井さん個人の事件扱いになって、府庁顧問弁士が対応できない場合には、僕の事務所がきちんと対応します。ただ吉村市長は自身の法律事務所で対応してもらいましょう。むしろ吉村さんの方が当事者として必死になると思うので、吉村さんに任せる方がいいと思います。


(出典:https://twitter.com/gogoichiro/status/1063985955537739776)


(出典:https://twitter.com/hiroyoshimura/status/1063992568361316352)

そのネピア代と運び代を知事が吉村さんに請求することを、吉村さんから僕が請求されるかもしれない額分の弁護士費用で受任します。これで全てチャラ。ということで、住民訴訟にならないように、23日、大阪に決まることを信じましょう!



(出典:https://twitter.com/abeshinzo/status/1063623627210457089)

旧陸軍真田山墓地の惨状を是非見て下さい。これでは日本のために戦って命を落とした方々が浮かばれませんし、こんな日本では日本のために命をかける気も失せます。



(出典:https://twitter.com/h_ototake/status/1063792209403633666)

感動❗️ほんとチャレンジャー。大変なことと承知の上で、聖火ランナーになってもらいたいと勝手に願ってます❗️


(11/16)
「パソコン使わず」、海外で反響=桜田五輪相発言を不安視(時事通信) – Yahoo!ニュース

絶対にサイバー攻撃を受けない最高のサイバーセキュリティー❗️

<<下に続く>>

(拡大できるpdfは出典:大阪市HP) 「内容」 (公務関連) ・万博誘致について ・風しんへの注意について ・全国初!「...
日本企業が逆転敗訴した韓国最高裁の徴用工問題。日本では政界もメディアも日韓請求権協定を根拠に韓国批判の大合唱だ。しかし、国際的な司…
保守やリベラルといった区分けに固執するのは無意味。安倍首相とトランプ大統領が実践する「マーケティング政治」を野党は学ぶべき。


国会議員が秘かに読んでる!?

憲法問答
橋下徹, 木村草太
徳間書店

【政治部門:ベストセラー1位】(10/25時点)

橋下さんの公式メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonで公式メルマガのバックナンバーを販売しています!

販売中メルマガ一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

【amazon Kindle Unlimited】月々980円で書籍も雑誌もマンガも読み放題!PCでもスマホでもタブレットでも読める。30日間無料お試し実施中!

日本に活力を取り戻し、将来の不安を解消する改革分配
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

コメント

  1. 仲井 より:

    ★今夜の池上の番組でやっていた大阪万国博の内容にしても、

    ★ついこの間の読売テレビTENでの、松井さん吉村さん出演の中でも、

    ★同じく毎日放送のVOICEでの万国博内容での夕方の放送においても、

    もう、朝鮮民族のこいつらいったいどういうつもりかと。
    あれだけ朝鮮が今日本から嫌がられているそのことが、それがこのテレビ局のこれら連中の祖国のことが心配なのか、日本への恨みがそこまで執拗なのか知らんが、仕返しをこの万国博開催というすごいイベントを、これを何とか潰してやると、潰そうと、今の日韓関係での恨み返しなのか、そのことでその恨みを晴らしたいのか知らんが、もう付き合うなと言われてる祖国朝鮮半島のことが守りたいのか知らんが、それにしてもこいつら本当に人間の細胞で出来ているのかと疑うほどに反日そのもの。

    ここまで真剣に大阪万国博開催に向けてやっている知事市長に対して、もう明らかに邪魔をしてやれとしか思えない手法で、番組を構成してやっている。

    こんな奴らは、これだけ嫌がらせだけを延々やってるんだから、万博開催をしてもこいつらの入場を、禁止の特別人物らに指定して一切の開場への入場はさせないようにすればいい。
    入場禁止の対象にすればいい。

  2. 京都の住人 より:

    良識的な判断を下される管理人さんが公開されているこの橋下氏応援サイトで、仲井さんがおっしゃっている朝鮮半島出身者が、日本のいたるところで成りすましているとのお話しはにわかに信じがたいところではありますが、仲井さんが経験された事例を伺っておますと、納得することも多々有ります。慰安婦や徴用工問題に見られる、日本人と朝鮮半島人との違いは何時如何なる所から何故、こんなにお互いが相容れないものなってしまったのか不思議で仕方ありません。中朝の強いたげられた奴隷時代からの産物なのか、1945年の終戦を境に勝者意識が芽生えた結果なのか、それとも元々の民族性に帰属することなのか?宜しければ仲井さんの集大成結論をお伺い出来ませんか。お互いが何か通じ合え、尊敬し合え、惻韻の情を持つに至ることは不可能なんでしょうか。

  3. 仲井 より:

    大阪万国博開催決定、
    おめでとうございます。
    命が続いている間にこれが決まって本当にうれしい。

    私個人にしても、子供、孫の世代に向けても今回の万国博にはいろいろな意味での内容が含まれる可能性がある。

    常に何もするな、そのままでいいとこればかりを唱えてきた大阪のテレビ新聞、とにかく何かやろうとすると手あたり次第につぶしに来る。
    今の朝鮮韓国がそれだ。
    とにかく現状で行けというこれだけ。
    だからあの国からノーベル賞は一切出ない。
    或る者が作ったものの、そのものをちょっとだけ色を濁したものだけしか生んでいけない組織体、ちょっと濁しただけならほぼほぼはいけるが、そういう内容の持ち主からは、画期的なものは一切生まれない。
    新しいものへの挑戦で、ことあるごとにやれ責任はだれが取るのかと自分は絶対にとりたくない自分の点数が下がることが人生で一番怖い人生を送っている民族には到底将来を描けない。
    この間の読売テレビの、優雅化のテンでも、山川らがもうこれでもかこれでもかというぐらい失敗したらだれが責任を取るのか責任はとるんですよねとそこだけを押し付けて松井さんにものを言ってきていた。
    まだ何もわからん今一生懸命開催地が大阪に来るように頑張ってる最中に、決定を待ってるその状況で、まあ失礼にもほどがある。

    朝鮮民族には先は能力になくて、とにかく無責任に後のことだけしか、そして自分らには責任はないことを印象付けたうえでとにかく失敗したら失敗したらどうするのかと、何をどうしろという意味で言ってるのかと私などこれを見ていてこいつら何処まであさましいのかと、自分らの言ってることがどれほど失礼なことなのかをそれに気づけない連中で、最後の最後までこのことで松井さんや吉村さんに責任など来るはずもないのに、言質を滑らせて取りたいのか、うまく失敗して何とか責任を取らせて辞職もという言葉を松井さんらから取りたかったようで、それをさせようと、これだけで出演者がかわるがわる同じことで問い詰めるシーンが目立った。

    失敗することは重いことだから、やろうとした知事も市長も当然責任はとるんですよね!と、
    失礼すぎる文言をこんな瓦版ごときが偉そうに、こいつら、いい加減にしろ!って。

    責任を追及されたくないここだけが人生のほとんどを占めている朝鮮民族には、あの国の民族は、自分以外のものにはとにかく責任をとれとれと、もうひつこく要求をする。
    自分以外がどれだけ困ってもそれがやつらにはうれしい内容になる民族。
    こんな民族には、次の世代のこと、国の先行き将来、国の先行きなどは見向きもしないし今の自分だけが大事であり、自分以外が困る内容の身を常に探し回りそれをはやし立て責任という文言をとにかくよく使い、自分には言わずに自分以外にはそれを取れと執拗に追及をやる。

    こういう連中は、今だけが大事で、現状をつかんでいる連中がそこからの変化を怖がっていやがるのだ。

    何もするなの一点張り、今受けている利権をそのままで置いておきたいこいつらは、そのことで一切の変化事案は特に嫌がり、今のままでいいと、これ一色を報道で流し、現状から変化すれば今得ているものを失うのではというこの異邦民族の連中が、日本国民に内緒で手にしてる莫大な税金を、変化させたくないのだろう、新しいことへの挑戦を、将来に向けての投資を、ことごとく潰しにやってきたのが関西の異邦民族。テレビ局、新聞社、大学の教授ら。

    今の大阪府警本部の本部長は、ここまでの田中角栄在任中の終焉を迎えだしたごろからはびこりだした大阪をはじめ日本全国の県警本部長、ここらがもうグダグダの連中が連なっていたが、ここにきて、♬昔ながらの隅田の水に、今も変わらぬ清らな光り♬、ではないが、しばらく濁っていたが、ここにきて突然に今回の大阪府警本部長が現れた。
    彼は、本当に本気の本気だ。私などにすれば、頼もしい限り。

    日本の、国民、府民、市民は、大阪で、或る意味初めて出てきたこの♬昔ながらの♬日本のこの人物を、本部長を、全員で応援しよう。

    大阪に万博が来て、それまでにこの本部長に大阪を、関西を、悪の巣窟から健全な最先端都市へと、濁った内容は根こそぎ一掃してもらいたい。

    ★京都の住人さん

    今日は万博招致決定が出たところで嬉しいので、そういうことなので、今夜のところは勘弁してください。
    あなたの書かれていることについては読ませていただきましたので、次の投稿の機会に、できるだけ早々に、改めてコメントで出させていただきます。

    ★管理人さんへ、
    日ごろから万国博招致の広報の役目を日々行っておられて、管理人さんは堅実に事実を丁寧に広報されており、その今回の決定に至るまでの間の貢献度合いは非常に大きいかと思います。大阪の府民市民にとってもありがたいことで、本当にありがとうございました。
    こんな、やんちゃくれの私のことで、いつもお手数をおかけしてるようで申し訳ございません。感謝しております。

  4. 仲井 より:

    深夜の、開催都市決定されたニュースで、その内容で目が覚めた今でもまだ興奮状態です。

    さて京都の住人さんからのご意見がありましたので、私なりのここまでのことについて、管理人さんちょっとここはすみません、この場をお借りして個別案件でのコメントをこの場で少しさせていただきます。

    ★この日本、朝鮮というこの違った民族が日本という国を構成している今の日本において、
    このままのこんな、真実を隠す、隠蔽させたままで、いかにも日本は単一民族で成り立ち他国からの異邦からの民族は日本国民の中でもごく国民の中でごく一部だとしてきたこの状態は、誰が考えてもまず普通ではないので、ここらで総てをさらして、今の日本が現状民族構成はどうなっているかを、
    まずはきちんと国民に見える形で正直にすべて出すべきであり、それをやらない国はまず世界中を見渡してもどこにもないわけで、日本国家だけだというこの実情を、それを日本のテレビ、日本の新聞社、表で国民の前に出てくるものらすべて、学校においてさえも嘘の作られた授業をやり、彼らが徹底的に隠蔽し隠し、日本国民自身がそのことに気づかず、いや、気づかされずに隠され、これらを隠され学校でも教えられず騙された状態でここまでずっと戦後70年を超えてやってきたこの日本という国の中の真実を、このことが異常だということを私はいろいろな事例、私が実際に体験したこと見てきたことあらゆるこの歳までわかっていることをこういう形で書いてきたわけです。

    まず総合的に基本論としての私の、今日本がやるべき行動は、
    戦後七十年を超えてもうこの期間の長さは半端ではない年数を超えてきてその間民俗における相互でいろいろあったがでも今現実にこうやって異邦から来た民族と実際に日本民族はまさに同居状態でこの日本という器の中で住んでいる以上は、形は共存しているというのが実態であり、それであれば、結論として私は現状のままではだめだと思っています。

    つまり、現在日本に住む異邦民族はとりあえずはすべてのものに日本の中で日本人としての戸籍住民記録として作り替える。
    日本でそういうことが嫌だという者がおれば、日本の国籍など必要ないというものについては、それは外国国籍という者のままで置いておけばいいだけであり、基本すべてのものに対して日本での平たく言えば国籍と同じものを与える。
    でも明らかに民族が違う異邦民族の場合には、一応は日本の国籍と同じものを渡すんだが、国籍と同じものは渡すがただそういう民族については、その人物の本当の血統、実際の真実でどこの民族の血が入っているのかを、個人的にすべて申告登録させ、明確に提示してもらって兎に角それらの人物の個人が自分の民族歴史をきちんと公的に役所に申告させ、もしもその記載された申告書にそこに虚偽があればすべて強制送還対象になるという縛りを、国外追放もありうるという縛りをかければいいんで、総て正直に述べて申告しなさいと、そうすれば日本の中できちんと日本人としての登録を行いますよと、
    これをやればいいと思っています。

    そこにもう一つ加えた加算条項を付けて、
    ただし、この総ての違法民族に与えられた日本国籍というものは、記録として異邦民族だということがはっきりわかる記録を残すことを明記しておき、後になってこのものが、つまり本当は日本民族でもなくて今まで日本の国籍に入れ替わっていたものらについて、今度はきちんと国籍を渡すんだからそこに縛りを加えておいて、この国籍を与えて以降に、もしも仮にこの人物らが後に日本の刑法にかかわる犯罪事件を起こしたら、まあ具体的に言えば、裁判所で懲役一年以上の刑に処せられる判決が出たものについては、この時点でこのものの日本国籍は申し訳ないが取り上げさせてもらうと、
    そして申し訳ないが国籍を渡すまでには違法民族だと記録上日本でそれがわかっていた場合、実際の民族血統にのっとってその人物の家系の歴史の祖国へと帰っていただいて、日本からは国外追放とするということにすればいいと思う。

    何が言いたいかというと、
    よく言われる人間は平等だと無条件でそれで向き合ってくるものが多いが、だがそもそも国家での法律にそもそも違法状態で日本で日本人としていてた訳でそこに国として日本がそのものに日本の国籍を与えるんだからそれなりに日本の法律を守らないものは当然国籍条項方に本を除外してもらって祖国へと帰っていただくようにするのは至極当然だと思う。

    その代わり日本国籍を語っていたが調べてみると実は異邦民族であり法律に違反していた実態がその人物にあったと、違ってたと、でも国家としてこの際そういう人らにも日本の国籍を与えると、国籍を与えられた異邦移民の者らには社会整備の内容、選挙権も、当然国会議員にもほとんど権利は日本人と変わらず、サービスも受けられるし、これら日本民族とほぼ変わらぬ日本の法整備の中で人権も守られていく、だがしかし、日本の国籍を手にした以降に、いったん違法行為、しかもそれは裁判所での決定によって【懲役一年以上の判決】という文言がつく判決が出たら、それが裁判所から出る犯罪を犯したものはすべてその与えた日本国籍は即時返還してもらい、すべて取り上げると、そして国外退去と、それぐらいやればいいというのが私の今スグにでもやってほしい内容である。

    日本国民は今すぐに血液を国に登録し、日本民族、異邦民族を問わずすべての一人残らず総ての日本列島在住者についてすべて【遺伝子登録】及び【戸籍の内容でのマイナンバーカード】を作らせる。
    総ての人間に対してこれを今日にも実施して登録させることを、それが本当の日本人でも異邦民族でも、すべての日本国内の人物に対して一人残らずそれをやってほしい。

    ★、今日本では非常にきめ細かく異邦移民か日本人かが役所発行での書類上全く見わけがつかないようにとにかく姑息な巧妙にとにかく役所からはまずバレない方法を編み出し、工作で役所がそれを行いだしたことに、日本国民はたぶんまだ気づいていないと思うが、役所の現場では今びっくりするぐらい驚く隠蔽工作の方法が起きています。

    私も妻がこの間亡くなって死亡時に起きてくるいろいろな項目解決での書類上のことで、妻の実家、つまり妻の両親、祖父母、親族にかかわるいろいろなものをちょっと知りたいと思って最初に、妻の両親を中心にした戸籍謄本を取ってみて中を見て驚いた。
    両親には数人の子供(妻の兄弟)が居てるが、見ると実際の妻を含めて兄弟の名前がその両親の戸籍謄本にはそこに乗っていない。妻の兄弟で嫁いだものはその両親の戸籍謄本から一切消えてそこに兄弟としていてたことすら姿かたちが一切消えて記載されていなかった。
    当然妻の名前もそれらしき記載も両親の戸籍謄本には、そこに両親にすれば私の妻は自分の子供なんだからそこには当然子供として名前が記載してあるはずが、妻の名前自体が両親の戸籍謄本の中の戸籍記録の中には影さえもわからなくて一切記載事項はない。
    消えていた。
    だからこれだけを見ると、この両親にはいったい何人の子供がいてたのかがその戸籍謄本からでは一切わからないようになっている。昔を思い出してください。
    昔であれば、自分の子供が嫁に行ったらとか養女でその両親の戸籍から、戸籍から抜けた場合には名前の上に罰点がついて、そこに存在したがいついつの日にこの人物は養女に行ったとか嫁に言って戸籍から抜けて抹消されたということがわかるようになっていたが現在はすべてその証拠になるもの、この子たちは私の子供ですということがわかるものが戸籍抄本戸籍謄本からはすべて消されてしまい、罰点の付いた名前記載事項すらすべて消えていて、この両親にはいったい何人の子供ができていたのかが、子供が嫁に行く前の家族は、その両親のもとで子供を含む家族が何人だったのかさえ、家族は何人世帯だったのかまでが、さっぱりわからないようになっている。

    昔はこれがすべてわかるようになっていたがいつのまにかここまで隠せるようにまで役所はやりだした。
    いかにこの異邦移民の都合いいように巧妙に戸籍謄本にまで手を入れて全くバレないようにと奴らはあらゆる手でやってきている。
    朝鮮では戸籍の売買、家系図の売買などで他人の家系図に成りすます、他人の家族に成りすますなど金で売り買いしており、今でも普通に高値で売り買いされておりこれは常識のレベル。
    昔は嫁に行くと罰点がついていたが家族の戸籍の中にそこに一応は抜けた記録と同時に名前はきちんと記載されて残っていたし、確かに抜けている記載はあるがでも家族の一員だったとわかるように名前はすべて記載されて残っていた。

    続きはまた。

  5. 仲井 より:

    > 朝鮮半島出身者が、日本のいたるところで成りすましているとのお話しはにわかに信じがたいところではありますが

    ここの部分がまず一番の内容になるわけですが、以前からこの管理人さんのここを含めてネット書き込みがが可能になりだした時期から、多くの掲示板、サイト上にはすでに書いてきていることでもうすでに見た方もおられるかもですが、少し重複もあるかもですがちょっと説明します。

    私がなぜそういうことを確信したのかのまず発端は、
    日本のあの太平洋戦争での敗戦での、その昭和20年代初頭の戦後のまなしに戻ります。私の周辺には当時戦地から兵隊として戦地で従軍していたものや、戦時中に旦那が従軍で戦地に居てる間関西圏の都会で仕事をしていた女(戦地から帰還するまでの期間の親父の弟の嫁ら)連中、また戦時中に、日本から満州にわたり、満州で商売をしていて日本の敗戦とともに帰還して日本に帰ってきて、彼らが生まれた在所である私の生まれた在所、つまり家系上の本家のところで共同で住んでいたもの、また、ビルマ戦線で従軍し、相当きつい戦争に巻き込まれたが、何とか命からがら助かって日本へと帰ってきた親父の弟ら、大勢の親族兄弟、その家族を皆一緒くたであらゆる人たち40数人に及ぶみんなで一緒に我が家で寝食を共にし生活をしていたその数年の期間の間に、この人らから出てくる言葉、話、戦地とされた従軍していた時のあらゆる地域で見てきたこと、あったことを、いつも食事中に出てきた話の中での内容を私自身はそれらをいつも聞いていて、しばらく生活をしていた父の弟家族だとか、引き揚げてきた父親の兄弟、そのまた嫁の親族らも含め、彼らから出てきた内容をもとに、日本国内がとか、戦地がとか、そういうことの大体の構図というものは、その当時からかなり生々しい話の中で確信に近いものとしてつかめていたと私は思っています。

    この、異邦民族の内容については、耳に入ってきだした初めの時期は、この戦後まなしのここまでさかのぼります。

    当時父親は商売をやっていて、皆も協力をしていたが都会への出荷分についての集金だけは父親や祖父が行っていて、当時大阪や三重、和歌山、徳島、香川、こういう方面へ必ず月に一度は集金で出向いていた。
    まず大阪市内のことで父や祖父から帰ってくるたびに私らに話していたことが、
    【今大阪はとんでもないことになっている。まだ戻る(大阪で生活をしていた家族や親族も今同居して田舎で皆と共同で生活しているが都会が落ち着けばいずれ大阪に戻る予定の腹積もりで居たものが家では多く居てたので)ことなど到底無理だよ、今大阪では不法移民の朝鮮人が都会のそこらじゅうの土地や財産を奪い略奪強奪を繰り返し警察や役所を襲い、警察も奴らを止められないほどになっている、大阪はもう無茶苦茶な状態だから、お前らみな帰るのは当分まだ無理やな。おまけに商店街は皆奴らが自分のものにしてしまい、おまけに日本の国籍までだまし取っているそうだ。大阪に行けば朝鮮人が日本人になれるからとそれを聞いた全国から一斉に大阪にやってきて日本人に成りすまして戸籍を作っている、今役所は無茶苦茶でだれも止められない状態になってる、住民票の時には、自分は日本人だと嘘を言って書類を作りそれが役所にバレてダメだと言われたら今度は愚連隊そのままに集団で役所を脅しにきて、暴れだし、役所の人間を袋叩きにして襲って、もう何十人何百人で役所や警察署を襲って襲撃してるようだ。もう手が付けられない状況や。】といっていた。

    運良くまだうちの得意先のところはこの朝鮮民族からの暴行や略奪から逃れてるようだが、こんな状況だったら、これから大阪で取引をするとき、日本人か、日本人に成りすましている朝鮮人かがわからなくなりそうだと、まあこんな話は月の末近くの集金のたびに家で親父はみんなに語っていた。

    また、後に私の小学中学高校時代の、学校での教師との共産主義と資本主義、民主主義との関連の件での共産主義万歳教師との言い合いの件は、最近も書いたのでここは省略します。
    卒業して大阪に出てからしばらく年数がたってから私が大阪の地で独立をしたころ、そのころに天満市場周辺の闇市の内容と朝鮮民族やくざが今でいう地周りのようなことをしながら商店街の店舗に対して美香じめ料とか用心棒代と称して物品を脅し取って居た事案をこれをそれを終戦から戦後10年ほどの間、連日奴ら朝鮮民族やくざが、商店街で普通にやっていたことをじかにそのやっていた組長自身から私が聞いた話をここに書いたこともある。天神橋商店街というのは、日本でも一番長い十丁目筋商店街として有名で、大阪では当時ここから物は動いて行っていたといっていいほどに闇市が猛烈に機能し、大阪でも有数の物品の流通拠点でもあったようである。
    この商店街の店主に対して当時この組長らは組の者数人を連れて商店街を週に二度ばかり散歩状態でぶらつくのが日課だったらしい。
    通りながら手当たり次第に店舗内に入っては棚に出しているそこらじゅうの商品を気に入ったものを勝手に持ち帰り店主はだれ一人支払いを要求することなく、文句を言ってくるものなどいなかったという。
    もう泥棒行為であり、普通に警察に通報できるはずがなぜか彼ら店主らはだれ一人そのことで警察には通報することなくそれが何と十年以上も野放しで続いていたという。
    店主の見ている前で堂々と物を持って帰ることが普通に可能だったと彼は私に言ってきた
    【いい時代だったよ】と。
    なぜそういうことができたのかを聞いたら、
    【商店街そのものが本当はあいつらのものでもないのに、いつの間にかあいつらがそこの住人になり、そこの土地の権利もそいつらのものになっていた。絶対にありえないのにそれをやっていたので脅したと、つまり連中は日本人の当時の地域の土地の持ち主が空襲で焼けてそこにとどまらずに私の父の弟の嫁のように田舎に一時的に非難のように当分の期間疎開して大阪のそこにいない間に、まんまとそいつらが奪い取って自分が日本の国籍を騙し取った状態でそれを自分が日本人として自分名義で勝手に騙して登記していることをこのやくざの組長はそうにらんで、これが的中し、これは脅せると、これで脅すネタができたということで、朝鮮から渡ってきたこの組長も自分は朝鮮民族なのにその朝鮮民族店主らを、この商店街を昭和30年代の半ばまで、十年以上もの期間このことだけで脅してやってきていたと。
    大阪の法務局が諸客して一切の紙台帳、元帳が焼夷弾ですべて消失したことをいいことに、登記簿から国籍、住民票に至るまで、すべてを朝鮮民族が日本人として登記も登録もしてしまった歴史があんな大阪のど真ん中の都心で平気で目の前で起きていたということ。

    ★それとものすごい数ということの話ですが、

    この数に関しては、昭和30年前後の頃の藤山愛一郎外務大臣、彼が在籍時に日韓の間で、戦後まなしは日朝の間で、常に交渉の中身になっていた日本国内に現存している朝鮮民族のこの彼らを朝鮮半島で引き取れというここをもう連日あの朝鮮と日本は交渉をやっていたが、朝鮮はこの日本にやって着ている朝鮮民族は自分の意思で日本に行ったものであり、自らで祖国から離れていったものだと、そういう者らは基本朝鮮という国の歴史ではいったん国を出て離れた外国に行ったものはあの民族は絶対に帰国、つまり祖国への帰国を許さない、許可しないのだ。

    それを強硬に向こうは言ってきて、でも日本国内で暴れる朝鮮人に手を焼いたこの藤山愛一郎は、どうすることもできずに、アメリカにこれをで頼んで何とかこの日本で居てる朝鮮民族を残らず連中を日本には置いておけない、とてつもない残虐な民族で、犯罪民族で日本では無理だから、どうにかならないかと頼み込んだ書面が、米国の資料館に残されている。
    日本政府からの正式書簡として(これはNHKで映像でアメリカ資料館を訪れ実際にその藤山愛一郎が頼んだとされる実際の書面を映して、そこにかかれている文面が日本政府からの正式書簡だということがわかる書面であった)米国に今も残されている。
    人数も含めて、そこに詳細が記載されている。
    結局アメリカはそこには直接手を漬けずに結果助言したのが朝鮮半島は素晴らしい国だとそういうキャンペーンを作って彼らを何とか挑戦に帰す努力をしたらどうかといってきた。
    日本政府がそこからやったことが南朝鮮にも北朝鮮にも同じ文言で夢の国帰還事業としてやってでも南朝鮮は引き取らないの一点張りで結果北朝鮮が10万人近くだけを引き取ることになった。

    この結果藤山愛一郎は外交の能力を、能力を疑われたようだが、だが南朝鮮自体がそういうとんでもない国だったので仕方がないのかも。

    でも南朝鮮はその後金がまたほしくなりだしたのか、日本で少しでも小銭をつかんだ、財産を持ち始めた朝鮮人は帰ってきてもいいということをやりだして、選別をやりだした。
    そこでついに300万人を超える朝鮮人が、日本から帰国帰還した。日本で奪い取った資金をもってである。

    問題は、日本の中で後に残った財産も身分も低い奴隷制度の中での朝鮮では奴隷だったそういう学校にも一切言っていないような、法律など守るすべも知らない連中ら、とにかく生きるためには奪えるだけ奪う、他人のことなどどうなっても知るかという奴隷しか思いつけない発想、そういうことしか頭にない連中が、不幸なことに日本に物凄い数で残ってしまった。

    そういう手が付けられないような者らが日本にそのまま残ってしまったことである。
    まあ言えばちょっとだけましなものは朝鮮で引き受けてもらえて帰国もできたが、たが日本から頼んでも朝鮮が引き取らなかったまあ言えば犯罪行為を繰り返す連中だとか、奴隷上がりで日本でも愚連隊張りのその日暮らしの連中ら、こんな連中は、一切帰国は許可されず、そのまま日本でたむろしやくざにもなり右翼にもなりもう日本の戦後のやくざ組織のもめごとの殆どはこの連中の仕業である。

    この欄続く。

  6. 仲井 より:

    日本人の皆さんはマスコミメディアにだまされて、真実を隠されまだ気づけなくているようですが、普通に考えれば異常でどう考えてもおかしすぎる内容がある。

    ★まず現状表で報道で出てくる日本国内における在日といわれる肩書の朝鮮民族の、いつまでたっても、この数には変化がなく増加、減少もなくて、戦後70年以上も経過してもいまだにやっぱり60万人ほどだという報道で出される数。
    ★もう一つは、
    戦後のあの終戦時期の、日本国内における異常とも思えるほどの日本人とされる人数の、出産ラッシュだと報道で出しているこの私に言わせれば嘘もいいところの、異常な状況での国民増加の意味。
    戦後のあの時期の数年で、ほんとにあれだけ日本人は増えていったのかあ?って。
    まるで戦後に戦争が終わってから、兵士の男性が戦地から帰還した、その兵士が急に子供を作ってそれで年間に300から400万人以上ものものが、あの時期毎年のように増えて生まれていたとされている内容。

    私はこれは作られた全くのウソが大きく報道されたものだと思っている。
    戦後まなしに行っていた配給制度という制度、これは日本人対象であったので、もらえない立場だった朝鮮民族は、この食料などの配給を何としても欲しくて、どんなことをやっても成りすましてでも日本人になりたかったというのは事実あったと思われる。

    一つおかしいのは、戦争で、若き日本の男性が、遠く離れた戦地に、日本の男性が出征していたそのまさに戦時中の期間、昭和の20年に至る手前の10年間ほどのこの期間の出生率と、戦後の時期のこの出生率、日本の国内では本当に戦時中にはそんなに子供は増えていなかったのか。

    いやいや周り中でどこの家庭でも子供はわんさかいてたはずだぜ。出生率は相当なものだった。
    私の家族親族を見ていても、周り近所周辺地域での日本国内で残って戦時中に子供を産んでいたその戦時中真っ只中の時期においても、これを取っても、これと比べて、では戦後にはこれと比べてとてつもないほどの状況で子供が増えたかといえば、戦前と戦中と、日本人自体は、そうは変わっていないと私は思っている。

    現に小学校中学校を見ていても、生徒数は戦時中も戦前も比べてみて、確かに戦後は日本人だけの町でも、、私の兄や姉のクラスと比べてもまあほぼクラスの数は変わっていない。
    多少は増えたかもだがそんなに目を見張るほどの倍々にまで増えたりしていない。どこの家庭でも子供は5人6人7人兄妹といった具合でいてたし、一瞬減っていたのは、戦前戦中戦後のその中で昭和20年生まれの子たちだけが特に少ない出生率になっていたと思えるぐらいだ。
    その年度の前後は日本人においてはほぼ変わっていない。
    これは戦前も戦後もそう増えもしなかったし減りもしていなかった。ほぼ同じであった。

    戦後帰ってきた親族の中で、子供ができたその例を見ていても、やっぱり同じように子供の数は戦前の時期とそうは変わらなかった。報道で出て居るのを見ると、日本中で産めよ増やせよで増えたこれ一点張り。
    これはもう嘘としか言いようがないと思っている。
    増えたのは日本人ではなくてそれまで朝鮮民族の戸籍だったものが一瞬で戦後に日本人に入れ替わり結果突然に日本人として増加したということに故意に偽装工作でそうされてしまってそれが定着させられたのだ。
    日本人の子供が多く生まれてそれで日本人の数が増えたのではなくて朝鮮民族がただ日本人にそのころにみんなで違法に国籍を騙し取り日本人に成りすますことで増えたことになって増えただけ。

    ものすごい数で一瞬で日本人の子供ができたことになっている。
    之こそ実はフェイクであり、異常であり、この日本の日本人の登録人数が突然に増えだしたころと同時期に、日本国内では奇妙なことが起きていた。
    実は日本全国に存在していた朝鮮民族集落が徐々に徐々に減少しだし、滞留する朝鮮民族の人数が、人数がなぜかその時期を境に日本国内での彼らの人数が激減しだしている。
    そこらじゅうに、無数にあった、あったその異邦民族が集結して住んでいた一角は、別に戦後怒った都市計画で立ち退かされるなどないのに、自然消滅で消えだしていき、集落はいつの間にか数年で消えてしまっていきだした。
    日本の中で何かがうまくいかず仕方なく日本人が絶対に住むはずもない大きな川沿いでのあの河川敷にまで掘っ立て小屋を組み立てて住み着いていた彼らは、何処にも住むところが見つけられないで仕方なく河川敷で集落を作っていたそれら異邦民族の連中が、日本の全国の大きな川沿いに広がる河川敷で暮らしていたが、その当時戸籍もない住所地名もない土地(のちに日本の行政が子のレンツ夕を放置できず、住所地名を作らねばということで苦肉の策でしかたなく”浜”というもう編み出したほどの名称の住所地名まで作る羽目になった河川敷)の、その河川敷で住んでいた彼ら異邦民族の彼らも、そのころから徐々に徐々に日本国籍に違法に入れ替わっていきその結果河川の”浜”という名称の地名まで作ってもらっていたのに作ってくれた地名の地から、地域から姿を消しだした。
    ここから日本人として日本人住宅地域へと彼らは堂々ともう日本人だという形で移転していった。もう戸籍も正式に?日本国籍になった状態で。

    その時期、日本国内では、日本国民の数が異常とも思えるほどに一瞬で増えていった。
    それと同じくして日本国民の数が一気に増えだしている。

    前投稿で出していないが、
    いわゆる、”みかじめ料”だとか、”用心棒代”だなどと言って、なわばりを持つやくざが一般店舗から金銭を脅し取っている内容は、これは、日本のやくざの世界でも常識的に昔から存在していたかに映画やドラマでよくやってるが、あれこそ全くのウソ。

    日本のやくざの世界で、それも日本民族やくざの世界でこの”みかじめ料”だとか”用心棒代”と称して一般の堅気さんから金を召し上げるなどという行為は、断言して言えるが、日本人やくざは江戸の時代から一切やってもいない事案。
    之こそ朝鮮民族が祖国でそのまま奴隷制度で取り上げられていたその内容を常にやられていたそれを日本に来て日本でそれをやっているだけ。
    そもそも日本にはそんなことをやる日本人やくざはいなかった。
    朝鮮民族は今でのあの韓国や北朝鮮では脅して常に巻き上げる手段をやっている。日常のように。

    商店街を散歩して脅して商品をタダで奪って泥棒して奪っていた連中も、やっていた連中も朝鮮民族だし、それをやられていた連中も実は朝鮮民族。
    つまり、自分らの祖国では普通だったのだろう。日本人であればそんなことをやられれば迷わず警察に通報するが、祖国で同じことがよく行われている朝鮮民族にすれば、それをやられても、奴らにすればそんな異常なこととをされているようには受け取っていないのだ。
    私の前で平気で
    「そんなことをやっていた、いい時代だった」などと言う連中である。

    奴らが持つ気風とか、生い立ちというか、日々起きていた内容というか、日常の感覚というか、どう考えても日本人にすれば即犯罪内容が彼らにはそこらへんで普通に起きることの内容解釈になるのだろう。

    この欄まだ続く

  7. 仲井 より:

    日本には世界から見てもどこの国もやらないことを日本のテレビ新聞は勝手にこれでなければだめだと作り替えて本来あったものを勝手に変えてやらないといけなくさせていっている。学校の授業の中でもこれをやらせている。

    それは年数を重ねるごとに増えていき、話すことにものすごく意味不明なことにまで攻撃を加えてくる民族がこの日本にはいつのまにかものすごい数でそこら中で存在して増えてきて報道をやっている。
    報道をやっている連中自体が、彼ら自身がつまりは都合が悪いからそうしてきているとしか思えない報道をやってこの日本をもう日本人には真実がわからないように工作しているとしか思えないことばかりが横行している。

    ★例えば、朝鮮語、韓半島、韓国語、韓国人という文言。

    これを外国に置き換えれば今日本でやられていることの異常さがよくわかる。
    ノルウエー、フインランド、スエーデン、これら北欧の国3国が一緒に存在する半島はスカンジナビア半島。

    そこで例えば、今日本の学校で教えられている韓半島(←国会議員までがこう呼んでいる)という文言、名称、。
    スカンジナビア半島で、あそこのそれぞれの三国で、学校の現場で、それぞれの国の名前での半島といって学校で教えていると思いますか?

    ノルウエー半島だとか、フインランド半島とか、スエーデン半島とか言って。
    学校ではスカンジナビア半島と教えていますよね。

    ではなぜ朝鮮半島だけいくら国が分かれてるからといってもなぜ日本では朝鮮半島のことを学校で韓半島と教えなければならないのか、
    そしてこれをやるように主導した連中は、その目的は、いったいどういうことでそうやるように教科書で掲示しているのか。教師らもなぜこれはおかしいと言わないのか、言えないのか。
    行政も皆が朝鮮語のことを韓国語と表でも表示しそこらじゅうで韓国語韓国語と見ないってそれがさも普通のように見せかけて浸透させてきてるよね。

    では朝鮮半島での38度線を超えた地域での、あそこから北の地域、そこから北の住んでいる国民が話している会話は、使われている言語は、北朝鮮語とでも言ってるのかあ?
    いうのか!って。
    彼らの話す言葉をテレビで紹介する時日本のテレビは、テレビは常にハングルだと紹介する。

    外国のニュースを見ていると世界中どこのニュースでも朝鮮語と紹介している。韓国も、北朝鮮のしゃべっている会話のこともどちらも別に区別することなく朝鮮語として紹介して出している。
    なぜ日本は韓国語だと明記させているのか。
    言葉は正確にだとか日本語を正確にしゃべれない政治家が多くなってるなどと偉そうに言うテレビ局の出てくる出演者ら、お前らこそ以上で日本語にしておかしいだろうが!って。
    世界の常識を日本の朝鮮民族のテレビ局がとにかくできることなら朝鮮という文字を消していきたい出来ることなら朝鮮という文字自体を消滅させたいと思ってるのだろう。
    朝鮮人のことを韓国人などという。
    おかしすぎるよな、異常である。

    ドイツも朝鮮半島と同じように分裂していたがでも一緒の国になった。
    分裂していた当時世界中は日本はどう話していたかと言えな、
    西ドイツ語だとか東ドイツ語などといってるのか?
    そんなこと言ってないしどちらもドイツ語でありどちらもドイツ人と呼ぶよな。

    アメリカも同じで、
    米国でしゃべる言葉、独立して国家を形成しているアメリカで話す言葉を日本人はどういうのかといえば、日本人の誰に聞いても、アメリカ語とは言わないよな!
    英語というよな。
    アメリカでしゃべっている言葉で独立した国家でしゃべっている言葉ならアメリカはアメリカ語をしゃべっているというはずだよな、今日本で朝鮮語のことを韓国語などというのであれば。

    英語は皆も知ってるようにイギリスの言語だよな。
    良く英語圏などといわれるよな、オーストラリアもそうだし。
    オーストラリア語なんて聞いたこともないしアメリカ語などという内容は聞いたことがないよな。
    インディアン語というのは聞いたことが或る。
    これも実は民族独自のものだよな。
    アメリカも英国からの移住という意味での英国が中心での言葉になってるよな。だからアメリカ語などとは言わずに英語といって誰もおかしいと思わないよな。

    では朝鮮半島のことはいったいどういうことになるのか。
    ちなみに韓国内で(ドラマやニュース)しゃべってるのを見ていると、朝鮮語という言い方を結構して出している。北朝鮮語などという呼び方でしゃべっているのを聞いたことがない。
    北朝鮮人が脱北して韓国に入ってきた連中の内容を出すときにニュースでは、
    【脱北してきた彼らも同じ朝鮮語だが、北朝鮮でしゃべる朝鮮語の場合には少し訛りがあるので、、、、云々】という言い方をやっていて北朝鮮も南朝鮮も同じ朝鮮語だという紹介でしゃべって報道している。南朝鮮が韓国語で北朝鮮が北朝鮮語などという紹介は一切していない。

    つまりこんなことをやっているのは日本の中だけのこと。
    なぜそれをやってるのか、なぜそうしたいのかはこれは日本人はそんなことは全く関係ないので朝鮮語といって普通だろうがと思うが日本の国籍を騙し取っている連中にはとにかく朝鮮という文言自体が身の毛もよだつ嫌な文字になってるんだろうねえ。
    兎に角この文言から自分が離れたい、無関係だとしたいのだろう。
    だから韓半島だとか韓国語などという訳の分からん世界中どこにも通じないことをこんなことをやっている。

    あの広島を音連れたオバマ大統領もあの慰霊祭の時にあいさつで、
    【子の広島で7000人(←これは嘘)の朝鮮人が投下された原爆で被災した、、、云々】とあいさつをして黙祷をした。彼も朝鮮人とはっきりといった。

    北朝鮮人、韓国人が合わせて7000人、、、などという言い方はせずに、すべて【朝鮮人】という表現で発言した。
    その後日本のテレビでの、テレビのニュースでそこのその部分はすべて消した状態にして、オバマの発言でここのこの発言のここだけをニュースの報道では一切なかったかのように総て消して、いまだにそこだけはカットして一切報道では出そうとしないでいる。たまたまNHKがオバマのあいさつをフルで生でライヴ映像でやっていて日本ではそこの部分を国民の見ているところでこの部分をすべて出してやれたのは放送で出したのはこの一回こっきりである。

    この欄続く

  8. 仲井 より:

    日本の行政に関して、そこでかかわる総ての日本中の公務員、および、公務に少しでも関係する組織で、税金が流れ入っていく天下り団体、特殊法人組織、補助金がまかれているあらゆるNPO組織団体、またあらゆるスポーツ関連団体組織、また学習塾に関するいわゆる教育にかかわる公的、民間、双方での団体組織、

    ★我々が子供時代、学生時代からはもう考えられないような姿、実態、現場の状況になっているのが、この日本における公務員の世界。

    公務員の世界で日本の今の現状では、皆さんも私の言ってることがそれは嘘だろうと思う人がほとんどかもですがまあ一度役所の、例えば自宅から一番近い区役所に足を運んで一階から一番上の階までのカウンターから中を覗いて居てる職員の胸についている名札の名前を一度きちんと見てみてください。
    古き良き時代の年齢の私たちの年代のものなら大体普通にわかるんですが今どきの人出も多分わかるはず。

    まず、
    若い人は今パソコンを使いこなせるようなので(私は一切駄目ですが)それで職員が持つ名札の漢字を、その漢字をハングルではどう読むのかを、一度朝鮮語のでのハングル読みに変換してその漢字を読んでみてください。
    ハングル読みに変換して変えてみてください。
    どう読めるのかを。
    それで大体判断がつきやすいと思います。
    ハングル名は特に名前の ”トーン”、これが大事なようで、名前を読んでその響き、トーン、これが一番重要視されていると思える。

    ムン;ジェインもそう。
    トーンの並びの流れがそろっている。
    ハングルで読むとトーン、流れが、それがぴったりくるようにそこに読み方を合わせる漢字を当てはめて名付けをしているようだ。

    チャン;ドンゴンだとか、リュ;ファヨン;、ファン;ジョンウムだとかも。
    金正日=キム;ジョンイル
    金日成=キム;イルソン

    韓国の大統領の文在寅、

    これは日本語での名前並びでの読み方はできないですよね、日本語で使われる順序も違うし、日本人のものとしての、名前としてもとから日本名として第一成立しないですよね。

    日本人で行けば、これ何?って、なんと読むの?って、これ名前?って。異常な並び方ですよね。
    日本人が日本人に名付けて付けている名前ではないということは、日本人なら誰でも判りますよね。
    廬武鉉=ノム;ヒョンも、朴槿恵=パク;クネもそう。

    日本での、我々世代は、こういう漢字同士を組み合わせての、こういう並びでの漢字並びは、日本人はしないという並び方があるので、漢字と漢字並びを見ただけで大体はわかります。

    日本民族の公務員は行政の現場に行っても、もう探さないといけないほどになってきている。
    それほど日本人の姿が行政の税金が投入される部署から消えていっている現実がある。

    この欄続く

  9. 仲井 より:

    今日も、こいつら懲りもせずに、池上彰がまたまた例のごとく自分らの印象操作に都合いいように、取り上げる内容について、本当は身近なすぐ近くの内容を取り上げてやらないといけないのに、遠い遠いところの内容にずらして日本のテレビを見ている人の目をそっちの方向にだけあるかに目くらましのように作り上げて内容を構成して、肝心なこと、現代史実にはこれは絶対に省けない、しかも日本とはごく身近にくっつく内容がその今夜の内容には引っ付くのに、そこは全く関係ないように作り上げ、今の時代だからこそテレビで報道しなければならないことをまんまと隠してその内容には自分ら報道機関は、全く無関係かのように一切触れずにただいかにもアメリカがアメリカが、トランプがトランプが、こんなひどいことをやっていると印象操作プロパガンダをやっている。

    こんな偽装民のような嘘と隠蔽で包んだような奴らを、日本のテレビはいったいいつまで識者と祭り上げてやらせるつもりなのか。
    都合が悪い自分に密接に関係しそうな内容はすべてまるでなかったかに消してしまい、日本の国民に歴史はこうだったと一番知らせるところは一切なしにして全く角度を違う方向で日本の現在の安倍政権、それと緊密なアメリカのトランプをつぶす工作にのみ徹底して工作活動をやっている。

    今夜の池上の内容は、黒人差別の内容。
    アメリカの奴隷制度が奴隷制度がどうのこうのとやっている。
    池上さんよ!
    君は今日本にいててアメリカのことよりももっと身近で奴隷制度があった国を知ってるだろうが!なぜ君は朝鮮半島に言って韓国で奴隷制度があった時期の内容をそれを取材して報道で出さないのか!、奴隷制度ってアメリカよりももっと日本の地殻で隣の国であったよな!
    しかもアメリカやイギリスが行っていた奴隷への扱いよりももっときつくて残虐に扱っていた国がさ。
    それが朝鮮半島の北朝鮮と現在の韓国だよな!
    なぜ韓国に言ってこの奴隷制度のことをこれだけ身近だどうのこうのと言ってるなら奴隷制度がどれだけ酷いものだったかは別にアメリカまで行かずともすぐそばの韓国に行けばすぐにその奴隷制度の残虐さ差別の身分制度の残酷さが手に取るようにつかめるはずが奴隷制度といえばなぜアメリカなの?
    人種差別だ、奴隷制度だと言ったら、なぜアメリカなの?

    まずは朝鮮半島じゃあないの?
    こうやってゴールデンタイムで、特別枠まで取ってその差別だとか奴隷解放の歴史でのそれを主導した偉人のその功績だとか、殺害された内容だとかを、これを番組で集中的にやるのであれば、やるなら、池上さんよ、一番抜けてるものがあるだろうが!って。
    まずはそれをやるなら先に朝鮮に行けよ!
    なぜいの一番に朝鮮に行かないの?
    韓国なら今すぐにでも行くことは可能だぜ!
    君らは日ごろからこういう活動をやってるんだから向こうの朝鮮半島にはごく身近な知り合いも多いだろうしすぐにその奴隷制度での差別状況があった朝鮮の歴史はすぐにつかめるはず。
    なぜ朝鮮に行かないの?
    都合が悪いの?

    それと加えるが、
    アメリカの場合には公民権運動だとか黒人差別をなくする活動だとか、人権運動だとか奴隷解放だとかあらゆる人物が国内でそれなりの活動解放運動を行った歴史がありそこで殺害もされたりしているが池上さんは賢いらしいので何でも知ってると思うのでちょっと聞くが、
    あの奴隷制度の身分制度が何百年と存在した朝鮮半島の歴史の中でその中で朝鮮民族の中でアメリカで起きたような奴隷解放運動のようなものは、朝鮮民族の中でだれかが立ち上がって(アメリカでいうキング牧師のような人物が)奴隷解放とか身分制度廃止運動だとかをやった者はいてたのかあ?
    それをちゃんと調べて日本の中で植民地としていた朝鮮半島云々でいつも日本政府の方針に文句をつけてきた、非難してきてるんだから、日本が朝鮮入る手前と朝鮮に日本が入ってからとでは、朝鮮国内でのその時にはその奴隷制度はどうなっていったのか、
    日本政府が入ってからのほぷが奴隷制度はもっと人権侵害でひどくなったのかそれとも奴隷制度は快方に向かったのか、都かをこれこそ日本で今やるべきことだろうが!

    朝鮮で奴隷制度があったことは誰でももう知っている内容であり何も今更アメリカの奴隷制度などやらなくても朝鮮半島で存在した奴隷制度の中身そしてその後この制度が同歴史で動いたのか、またいまだにこれの内容は実体で残っているのかそれとも今ではもう全く意識としても朝鮮からはそういう感覚奴隷の生まれだからどうだ幸田は社会の中で一切もうなくなってるのかそれともまだまだその名残が残されて今でもそれで苦しんで被害にあってる人が居てるのかとかをそれこそ日本から朝鮮に取材也身内也知り合いになり聞いて調べて日本の国内でテレビでそれをやれよ!

    何がアメリカの奴隷制度だよ、何がトランプは人種差別主義者だよ、
    池上こそ朝鮮の奴隷制度を人権を一切隠して出さないことのほうがこっちの隠すほうが君らこそが人権侵害の差別をやってるじゃあないかよ。

    ★朝鮮の奴隷制度の歴史について、池上さんよ!今度特集で日本のテレビでやれよ!
    やらないなら、池上さんは、どうして朝鮮民族の奴隷制度があったことを隠すのか。
    それを日本国民に表で話して説明しろよ。

    偉そうに
    何が民族の分断だよ、アメリカ国民を真っ二つに分断だと?
    ふざけるな!

    朝鮮で同じ朝鮮民族を、人権破壊の【奴隷と官職】の上下の二つにぶった切って、人間に身分をつけてバサッと分断してた国は、その国はいったいどこの国の連中だよ!って。
    すぐ隣の挑戦じゃあないかよ。
    近いじゃあないか。
    アメリカになど行かずともすぐ隣の挑戦でその材料があるのになぜやらないのか。
    池上さんは、
    昌か朝鮮民族を人間だと思っていなくてそんな連中に身分制度の奴隷制度があろうがそんな奴らのことなど知ったことか!どっちみち人間じゃあないんだからなどともしかしてそう思っていてこれをやらないのではないよな!

    池上さんに本当に人権意識ってあるの?
    あるんなら朝鮮にすぐにでもいって朝鮮の奴隷制度について日本国民にきちんと教えてやれ。

    賢いんだろう?
    君は。

    何でも知ってるんだろう?
    教えてやれよ!

    この欄続く

  10. 仲井 より:

    >https://www.youtube.com/watch?v=pi_wS37dnfc


    池上さんよ
    これって、なぜ出さないの?
    日本からこんなに近くで、海外から韓国にきている女性を拉致して殺害だとか、女性を商品化してピンハネだとかの凶悪事件が多発しているこの韓国内での人権侵害、ヘイト、人種差別行為について、これが行われているって、この度国連から大韓民国に対して、【やめさせなさい!】という強硬な注意勧告、朝鮮民族が崇め奉るあの国連から、厳重注意が発せられてるんだが。
    池上さんの一番好きな人種差別の内容なんだけどさ。

    しかも、韓国といえば、今の日本との関係を見れば、すぐにでも出して番組で出していいのでは?

    この欄続く

  11. 仲井 より:

    日本に対して
    これだけの永い期間、日本は戦時中に旧満州において一般の朝鮮人女性を、それもまだ十代の女性も含めて彼女らを強制連行で拉致し、日本軍が、兵士相手の性奴隷として従軍慰安婦に彼女らを強制的に性的虐待し、その後に彼女らを残虐に虐殺したと、
    朝鮮はこれを日本に認めさせようと、一貫して日本に対して謝罪と賠償を要求し、戦後補償として求めてやってきていた。
    その内容は事実に反するものであるにもかかわらず延々これを貫き通し、世界中にこのでっち上げを拡散し、日本政府に対して要求をやめず、今でも事実が無根だったとは朝鮮は認めず、これを繰り返し繰り返しやってきている。
    朝鮮という国は、今もまだ日本政府に対してそれを続けているとんでもない国なんだが、
    入ってきている情報では、このいまのこの時代に、もう戦後だとか戦中だとかの遠い昔なら(まあそれも悪いんだが)ともかく、今のこの人権だとか犯罪行為の人間の対処だとかが普通にできるこの時代の今に、今朝鮮で起きていることには、びっくりするが、でも朝鮮なら普通にありうるなあと思ってしまうことが今この時代に韓国で起きていた。

    あの民族の、人間を離れたこういう一連の行為、残虐行動が、人間でそれができることの意味が、どう考えても日本人から見て信じられない。

    ★私の頭がおかしいのだろうか。

    今日面白いことが、いや私は、目が飛び出すほど驚いたことがあった。
    テレビの画面に映った映像を見て。
    今回若き相撲取りが初優勝した。
    祝賀会場なのか控室なのかそこは定かではないのでわからんが、とにかくテレビカメラが本人を正面からとらえて優勝した本人から優勝の喜びの会見コメントを喋ってもらっていたシーンがあった。
    それを見ていて、お祝いなんだろう胡蝶蘭が背後に並ぶそこにカメラが少し遠くて立札か、紙面かはわからんが、そこの壁近くに企業名と個人の人名が書かれた札のようなものが優勝力士の背後にカメラでそれが一緒に写っていた。その書かれた文字を見て愕然とした。

    もう遥か昔だが、我々商社にいてた頃とは信じられないことが起きていた。
    そこに大きな誰もが知る日本のその業界では常にトップを歩み基盤ともなるほどの大企業の名前が記され、人名が一緒に添えてあった。
    そこにひとりの肩書付きであろう個人の名前が書かれていたが、その人名を見てびっくりした。

    つい数日前にもうあの夜に飛び込んできた大きな事件発生の時にも会見場に現れたものを見て私は驚いて日本も、それも日本を象徴するような大企業にも異邦から浸食されていたとはと、ついにこんなことになったのかと、あんな世界のトップクラスもついになあと、そう驚いていたら、今日また驚かされた。

    私が長年書いてきたその証になるような内容が、こんな日本を引っ張るような今日見た大企業のそこの者らが、すでに侵食してる姿で表で正味出てきだしたと、これはただ単なる急に成り上がったような飲食チェーンのところどうのこうのレベルではもうなくなっていると。
    何の資源もないこの日本で、戦後の日本を先頭に立って引っ張り、高度成長の大功労企業であり、こんな日本企業の基盤の、先端の大企業で既にもうここまで異邦に浸食されたのかと驚いた。

    一昨日の頃に驚いていたが、今日またそれが別のところで、しかも目から火が出るほどびっくりした。
    こんなことがもう現実に起きていてもうびっくりした。
    遂にここまで日本はきたのかと。

    まあこの間からの、多くの一連のスポーツ界の不正といわれた内容での、それら団体、学校、組織での、特にアメフトで見たあの異邦光景と、今日また再度パナソニックでのアメフトで、大麻密輸入で逮捕された選手を管理するチームの監督を見て、ここにもやっぱりなあと。

    同じ異邦光景をまた見てしまった。

    この欄続く

  12. 仲井 より:

    日本の公務員、
    昔の公務員と今の公務員の違いについて、日本人はその違いにあまり気づかずに或る意味公務員は昔からこういうもんだったという認識を植え付けらてきて、ほとんど見る目をなくしだし(ある意味日本の国民は公務員をまともなものらがやっているもんだという、そういう昔からの信用してきた経緯があり、彼らの本質がどこかから変わりだしていることに目を向けずに、疑うということを日本人はあまりしない国民になっていた)昔とはその移り変わりに鈍感になってきていた。

    相当な剛腕の首長が体を張ってやるぐらいの迫力、そしてそれを支持する国民がそこについていないともう今の日本の役所の現場は買われない、いやもとの日本の昔からの公務員の存在する自治体、役所にはもう戻れないほどに、ほとんどがあらゆる意味での利権巣窟の館に変遷してしまいだしている。

    その公務員の現場に、とてつもない改革者(いやもとの公務員の姿に戻せる首長が)が出現しない限り、日本はここ30年40年と経過するうちにもう取り返しの利かない状態にまで利権の館と化し、ものすごい勢いで元に戻れないほどに変わってきた。

    我々世代のものは昔の日本を思い出していただきたい。
    役所の職員の顔って、業務をやっている姿って皆さん結構その彼らが日ごろやっている業務の姿を、日常の生活の中で何かしら見ていませんでしたか。
    「今日は役場からきてこんなことをしてるんだ」とかを。

    昔の役所の職員って、結構民間の住宅地やそこらへんでで姿を見かけていたもんです。まあ私らの生まれた在所は田舎ですがでも結構住民の数は多くて【郡】としては5万人を超えていたし、もうちょっとで市に変われる云々のところでしたが、町村内でも数千単位の住民の集落になっていて、その地域一帯の中で外の場所で役所の人間にはそこらへんでよく遭遇したもんです。

    別に役所に出向かなくても、何気なしの役所の公務員の姿を、村や町のどこかに自転車に乗った駐在所の警官も含めて外で住宅地域内で、またあらゆる現場で、結構見ていた記憶はなかったですか?

    何が言いたいかといえば、当時役所の公務員といえば、地域住民とほぼ密接にどこかで何かで知り合いになっていて、子供の顔を見てもこの子はどこの誰それさんの子供さんではないのかとかが結構すぐにわかるほどに顔見知りになれるほど公務員と住民の距離はすぐそばにあった。つまり役所の公務員が役所の中で仕事業務にかかわってるだけではなくて兎に角地域がどうなってるのかを知るためにいろいろな機会を職員一人一人が自らで業務の合間に外に出て集落の現場に足しげく通って地域の情報をこまめにとにかくよく仕入れてその町村の仲が今住民はなにに困っているのかどうしたらいいと思ってるのか等の何が問題で今住民はそれに悩んでいるのかなどのそういう情報を住民からの役所に出向いて伝えるよりも先に役所自らがまあ言えば聞き込みのような耳をそばだてての住民の日ごろを見守る体制ができていた。
    まあ私の集落がそうだったので日本はたぶんそうだったのだろうと個人的には思っている。
    だから人が困れば普通に誰でもがその現場で話を聞ける状態になったりそういう時には常に住民のそばには連絡をしたわけでもないのに役所の人間が先にその情報を自らの足でつかんでそれに寄り添ってくれたりして非常に地域の仲が風通しが良くてその一番の力は実は役所の公務員がそれを担っていたりしていた。

    まあ運よく私のその地域5万人ほどの【〇〇郡内】で、当時から暴力団といわれるようなそういう輩がその【郡内】にいてたという話は、私が高校を卒業して都会に出ていくまではその地域には少なくともいっさい聞いたこともなかったしたぶんいなかったはず。まあそういうところで育ったので運も何もかもがよかったのかもしれないがでも当時の日本の公務員は、日本の公務員、役所、役場の職員らは、少なくとも住民のすぐそばにいてた感覚を、それいま思い出しても、そうだったとそう思う。

    皆さん今の公務員、役所の職員の日ごろの活動日ごろの動きを見るにつけ一つ当時とは大きく変わってきていることがある。

    それは、地域住民の中に公務員が職員が、自らでそのすぐそばだとか中に入ることを兎に角避けていく業務をやっている。兎に角役所の庁舎内で仕事をしたい。机に座って仕事をしたい、外にはできるだけ出ていきたくない、外の住民に近いところになど何の通報も連絡もないのになんで公務員が足をわざわざ運ばないといけないのかと、われわれは公務員なんだから何かあれば役所に自分で足を運んで住民のほうから来いという姿勢、現場に足を運ぶときは住民からの問い合わせや通報が出てきたときに限り、できることならずっと庁舎内でただそこで仕事だけにしたいと、できるだけ庁舎内で業務を済ませ、地域住民が今どういうことで苦しみどういうことで悩みまたどういうことが今この地域には欠けているかを自らの足でつかもうとする意識が全く消えて存在していない。

    「俺たちは公務員だ」という我々住民にすれば訳の分からん自己解釈をしていてお前ら公務員っていつからそんなふんぞり返れる立場になったんだと、そういいたいような状況を連中自らで作ってきだしてきた。
    これが昭和40年代の半ばを超えだしたころからそれが非常に強くなりだしそれについてじゃあテレビや新聞はどう伝えてきたかを思い出すと、
    【いやいや公務員はそういうもんで役所は常に言われたことだけをやるもんですよなどと昔の日本とはそこでもう変わりだしている姿をマスメディアが先行して公務員をそういう立場のものだということの形にマスコミでそう作り上げていった。この時期のマスコミもそろそろ日本民族から朝鮮民族に入れ替わりだしたころ。
    あのNHKの報道番組でキャスターをやっていた人物がその時期すでにNHKで日本人として姿で報道番組でベトナム戦争のことを毎週土曜日に「何とか特集」というタイトルで30分番組伝えていた記憶がある。
    もうこの時点で日本のテレビはすでに民族が入れ替わりだしていた。
    役所もテレビ新聞ももうものすごいスピードでこの民族入れ替わり現象が日本のあらゆるところで戦後復興で都市が都市機能を取り戻す経済力ができだすと全国にこれは広がりだしもう大阪だとか東京だとかの大都会だけではなくてもう地方の大きな都市にとぞろぞろと広がって浸潤していきだした。

    炭鉱が閉鎖され、港では、昔ながらの人手での作業ではなくて荷揚げにはもう現場の港で人手は少なくて済みだし、機械で出来るようになりだし、働く人間の形が一気に変わりだした頃に戦後日本に円がもともと在所もなくて整形に苦しんでいた朝鮮民族がそこそこ高度成長期に小銭を蓄え出し、子供を高校や大学にもいかせるようになりだし、当時日本の学生からとことん嫌がられていくものがほとんどいない状態の日本の公務員の世界にこれだと一気に食いついてこの日本の公務員の世界に入っていきだした。
    一気に公務員の世界に彼r他異邦移民が入りだし日本の役所がそこから地域とつながる公務員から地域にはほぼ出ていかない庁舎内で座ってるだけで給料をもらう業務を徹底しだした。国民とは我々は違う、我々は身分のある公務員なんだという日本人には全く意味が分からん朝鮮民族だけが持つ子の身分制度のあった国の民族の持つ身分意識、これを日本の役所の中で徐々に徐々に役職が上に上がっていく毎にそれを構築しだし徐々に徐々に日本式公務員の世界を朝鮮式公務員の世界に作り変えていった。

    、採用、昇格内容は、日本には一切なかったもので行われだし、とにかく朝鮮流の特殊意味がそこで確立され、(学歴とかコネ)日本の公務員の世界をこんな風にすることで公務員はこういうもんだというとんでもない構造に作り変えてしまいその時点でもう日本の昔からの住民と役所の関係はものすごい段差の壁を作られてしまい、何かで話になっても、
    【それはやれる、やれないという者の言い方に変わっていきだした。
    昔であれば、役所の職員は地域住民と語るとき中に入って一緒の車座に座ってこれは出来ます毛でこれはどうしようかでも何かできる方法があるかもですのでまたみんなで一緒に考えてみましょうよというような話し合い載せ点がそこにあり互いがsンようで結ばれていたがだんだんとyくしょお物は命令を吸うものだという足立にk定期だした。
    つまり公務員はお前らとは身分そのものが違うんだという関係を作り出し、我々公務員がうんと言わないと何もできないんだぞという形作りだしだした。

    このころから役所と住民との間に決定的壁が出来上がりその壁は普通いう壁ではなくて奴ら朝鮮民族公務員らは自分らは身分を持ってるとおまえらとは身分が違うという目線でしか対応しなくなりだしてきた。

    だから一つのことを持ちかけるとあっちにいけない、こっちはできない、違う部署へ行けとかで、多くの担当部署をたらいまわしで動かされる羽目になりだした。

    ★昔の我々の田舎などであればそういう場合には初めに伝えた職員が次の違う部署の職員にこんな人がこういうことで着ているからそちらできちんと対応してあげてなというようにきっちりと話し合いができる順序をスムースにつなげられるようにやってくれたりした。
    忙しいときは忙しい時でやり方はあるはずが朝鮮民族が公務員になりだしてからはもう自分のところ以外のことには一切タッチもしないし、つなぎもしないしただ役所内を何度も何度も歩きまわされることになる。

    これは民族の大きな違いであり、朝鮮民族というのは基本的に身分が上がったと意識したとたんに、自分のやる業務を兎に角減らそうとする。
    俺は身分が高いんだからこんな仕事は自分以外のものがやれという感覚。
    なにも身分など高くも何にもないんだが朝鮮人にすれば公務員はもう夢のように高い身分なのだ。

    顎で使って人を動かせて自分以外のものに仕事をさせるのが理想で、とにかく自分は何もしないようにそればかりに没頭して人生を送ろうとする。
    それが能力の高い身分の高いもののすることだと、本気でこれらバカ民族はそう思い込んでいるし現実それをもって育っている。

    日本人はとにかくおせっかい焼きで心配で見て居られないので、すぐにかまって人の困ってることを助けようとする。
    朝鮮民族は、人を楽にしようとするのはバカのやることで、自分以外が困って落ちぶれていくことを特に喜ぶ。
    自分を楽にすることができるものが身分の高いもののやり方だと、朝鮮ではそうやって身分の高いものはやってきていたので自分らが昔は奴隷上がりであっても今では日本で想像できないほど身分が高い公務員になったんだから当然そうするべきだと奴らは思っているのだ。

    だから周りに向けて文句だけ言って相手をなじってやるだけで、自分では何にもしないで回りのものにやれやれとたたくだけ。

    常に自分では何もできないことを自分自身はそれをよく知っていて、でもそれを隠したい、そのコンプレックスを隔そうと相手をなじって陥れることで自分のほうが賢いと見せたいのだろう。

    奴隷制度の中で余程虐げられて育ったようで、何よりも彼らで大事なのは昇格と掴んだ身分のレベル、身分の高いところがもう彼らには夢の夢で、それを日本でかなえられてしかも自分らが奴隷制度の奴隷だったことを全く嘘で隠しとおし、ただ口先だけで相手を落とすこと、相手を非難するだけで自分の能力はないのにそれを相手をつぶすことで能力のなさを逃れようとしてきた民族。

    身分というこいつらの命よりも大事な一度つかんだこのものを手放すことの怖さ、身分だけで生きていたものがこの身分を失うということの怖さを朝鮮民族は恐怖に思っている。信じ込んでそれを伝統で生きている。

    日本は非常に怖い、非常にいかがわしい、非常に異常な身分意識の民族に支配された省庁、役所、自治体の構造になりはてた。

    大阪府警本部を見ていたらそれがよくわかる。
    ここまで歴代の本部長らの内容と今回の本部長のその怪しき連中に向けた対応を見ていると、日本のあるべき姿が何処にあるのかを改めて見させてくれる。
    今回の本部長の下、皆が一丸となって悪に立ち向かう意識、昔の日本を取り戻せる府警本部になれるのか、
    それとも妨害と横やりの朝鮮民族の手口に屈するのか、歴代がつないできた異邦の本部にまた戻させてしまうのか。
    ここは大阪の住民がやっぱり日本の府警本部に戻して欲しいと願わねばならず、本来の日本の警察の姿に戻り悪はまとめてとにかく捕まえる、絶対に許さぬ、いくら異邦からの民族のあらゆる甘い誘い、強迫、陥れ工作、脅しには屈せずに、国民が応援し支持し、頑張ってもらいたいと願うことだし応援することだ。

    この欄続く

  13. 仲井 より:

    少し生々しいものになるかもですが、
    私には子供が結構な数存在します。
    一番上から一番末っ子まで、幼稚園、保育園、小学中学高校、ここまでのところまでは教師と直接顔を見て面談をしてきた身です。
    そこから(高校から)上の子供の進学先の教師には会ってはいないんですが、電話で少し話をした教師もその中には存在します。
    子供の学年担任、および教科担任、これらいろいろな教師らと私はほぼすべてと面談しました。

    ★その中で私の子供の担任になった教師で、4人が、また、校長(高校の)で一人、園長で一人が退職をした。
    総てが退職理由は定年退職だとかではなくて、明らかに私との内容でその理由で退職をしていった。

    その期間でそこから時をおかず、30代と40代50代で教師自体を退職しました。
    大阪市立の保育園の園長も一人いてて、私からの、園長が主導で行った公金からの補助金不正受給案件追及(年末ごろに追求をやった)後、不正追及後に、新年度、つまり翌年度、始業を待たずにその年度で退職しました。

    ★退職したひとりの小学校の教師に至っては、
    私がその小学校で行われている理不尽なことを追及していたら、一人の私の子供の当時担任だった女性の教師が、私の追及を支持してくださり、学校と父兄のPTA自体への追及を孤軍奮闘協力してくださって、一緒に校長や教育委員会に対しておかしいと証言してくださり、まあとりあえず指示してくださった。

    ところがそれ以降学校内でその教師が毎日のように同僚の教師らからとてつもない嫌がらせが始まり、その嫌がらせがすさまじく、
    例えば小学校ですから、クラスの授業参観が学期ごとにあるんだが私の子供以外何処の誰も父兄が授業の教室にやってこないだとか、授業参観の終わった後の父兄参加で集まってそのクラスの教室で学期ごとで教師を交えた懇談会を開くんですが、そこでも参加するのは私の子供と私ら夫婦だけで、誰も参加してこない状況でその年度が終わってしまうほど。

    またこんなことも、
    父兄と生徒が一緒に郊外への出ていっての郊外授業に近い、年に二度ほど(桜を見に行ったり秋の紅葉の頃の時期の)休日に、いつも行われる父兄らと一緒に行くまあ言えば行楽の遠足ですが、行事には、その私の味方になった教師は一切参加を拒否され、しかも私の子供には、いっさいその行事があることさえも教えられていなくて、翌日の月曜日になると教室には多くの行楽地での生徒や父兄が多く写った写真が壁に張り出され、生徒同士で昨日いったあそこは楽しかったなあ云々の会話が生徒の中で語り合って楽しんで居るが、私の息子はそういう行事があったことすら当然行ってもいないし聞かされてもいないので全く知らずに、知らないので、皆がどこかへ父兄らといったことすら知らないという状況まで起こり出した。

    聞かされた私が学校に抗議をすると校長曰く、
    「一人の教師(その味方をしてくれた教師)は体調を壊して休んだ」と校長は平気で私に嘘を言い、嘘を言い、子供になぜ知らせていなかったかというと、いやいや自由参加でお宅の子供さんも知っていることだと思っていましたなどというとんでもない回答を寄こす始末。

    ★いやがらせの手法はいかにももう形はあの韓国ドラマでよく見るあのシーンそのまま。
    こいつらはこんなことまでやるのかと、もう薄汚い卑劣にもほどがあると。

    そうしてるうちに、年度末を迎える手前になって、中途で遂にその女性の担任だった教師は精も根も尽きてしまい自らで学校の現場を離れ退職の道を選びました。

    それらがあって遂にその教師は腰の骨も頭も破壊され、背骨も折れたと私に言ってきた。
    もう呆れて「ここがまさか日本の学校か」と、もうここまでだと思ったそうである。

    彼女の自宅から私に電話で連絡があり、泣きながら
    「学校がここまで腐り果てて酷くなってるとは」と、
    「私も信じられない」と、
    「頑張ってみたがここはもうだめですね:といって、
    「自分が力不足ですみません」という話を私にしてきました。

    これが今から40年近く前の大阪の小学校での実際に起きていた話。

    私と地域の学校、まあ私はこの時期から、でも現在に至るまでに住居は7回ほど引っ越しをやっているので、多くの学校の現場を見てきているが、これがすべて同じようなそういう理不尽さはどこの学校にも存在していた。

    校長が途中退職を余儀なくされたのは、或る高校の学校内で発生したいじめ事件、警察が入り児童相談所も入り家庭裁判所も関係した内容になり、結果中途で校長が直接かかわってはいないが勤務していた理不尽な教師の内容が糾弾されるに至り、全てを校長がかぶり、引責責任を取った。
    この時にかかわった勤務教師も朝鮮民族の教師であったが、彼らは頑として責任はないの一点張りで一切退職をしなかった。だが裁判をやりかかると急に態度を変えてきて、結果やっていた理不尽さを認め、謝罪をした。
    だが教師の職は絶対に手放そうとしなかった。

    不思議なことに、なぜか日本の国籍を奴らは持っているといっていた。
    上記した退職した小学校中学校の教師ら4人のうちで、一人の私の味方になってくれた教師は、明らかに田舎の里の話も聞いており明らかに日本人であったが、他の3人に至ってはすべて朝鮮民族の教師であった。

    これは3人に直接本人に私が問い詰めて、その時の回答の仕方で分かった。
    他の教師らの証言も加えての判断によっても判った。

    あれから30年40年とたつが私に末っ子についてはこれもひどい中学校であった。
    転居してきて今住んでいる地域から、二度手前の住居地の時。
    子供が中学生で、その通学していた学校で起きていたことでここにも書いたことがあるがその私の子供の同級生のこの学校の教師らが手が付けられないほどに悪く、恐喝で同級生から金を脅し取ったり不登校で逃げた生徒には家まで押しかけてその子の家で金を出させたりのもう普通では考えられない暴力と脅迫と恐喝を、まるで愚連隊がやるようなことをこの年齢で普通にやっているという状況だった。
    学校内で繰り返していた3人組が居てた。

    私が耳にしたのは、3年生の二学期が始まるころで、もうすぐ高校への入試がある手前の頃だったと思うが、誰も手を付けずにやり逮捕代と私の子供荒木嵩得て学校に言うと今日sも好調も掘ってい遅れといtt着たがでは警察に通報しろよといってもやらないので仕方なく私が学校が嫌がったがそのろくでなし生徒3人とその父兄を津k手学校に来させろといって私が話をするからといって話し合いの場を相手の親も含めてやることになった。

    見るからに悪ガキ風で、よくこんな連中を学校の現場で放置させてきたもんだと、呆れるほどの風体、見ただけでわかるほど悪ガキであった。親も見るからにヤンキーの親らであった。
    ここで1時間近い話をしたらなんとまあこの3人の一人の親が終わってから私に近づいてきて手を握って涙を流しながら【こんないい穴氏をしているのを聞いたことがありません、子供には絶対に今後こういうことの無いように話し合ってみます、本当にありがとうございました】といって、帰っていった。

    その中の3人の一人が実はその後大阪市の教育委員会所属の中学の教師になっている。
    子供の同級生が家に来て聞いた。
    大阪市に問い合わせると確かに中学の教師として所属していた。
    この私のこの時の息子の中学のこの時の同じクラスの同級生がこのさっきの子を含めて二名大阪市の中学の教師になっている。
    この二名も、こうやって大阪市の教師に採用された二人ともが、なぜかそろって朝鮮民族である。

    私が言ってるようには、日本にまさかそんなにはいないはずだと思うという京都の住人さんの意見もそう思っている人は多いはず。
    でも現実は、もう自分の地域でだけでも周りを見て貰えれば解るはず。

    私は思うんです。
    普通に生きてくれと。
    朝鮮民族だからどうのこうのではなくてもう全部あけっぴろげて出せばいい。
    そして日本国籍はすべてのものに希望すれば与えるとすればいい。
    ただし前も書いたとおりそれ以降にたとえ小さいと思っても犯罪行為をやったものは無条件で取り上げますと、そのうえで国外退去も辞さないですよと縛りをつけて書ければいいと思ってるんです。

    むろん明らかな反日活動を行っているものも、国家としては不遜分子ですから、一応は注意事項の人物登録に入れればいい。

    この欄続く

  14. 仲井 より:

    現在よく言われるモンスターペアレンツという内容。
    ここまで書いてくると私らの事をそう言うんだと思う者も居てるだろう。
    まあいろいろな考えの人もいてるのでこういう状況が現場で起きて、それを追及してその追及の仕方がきつければまあそれについてそういう者が居ててもおかしくはないかも。
    朝日新聞などはたぶん私についてこういうことだったといってもたぶん反論でお前のやってきたことはもっと他に方法があってもっときちんと対話を重ねて解決すればいいじゃあないかと、あなたにはそれが欠けていたのではと、会話が足らないで誤解がそうしたのだろうと結論付けるだろう。

    だが現実目の前でそれが実際に起きていた現場を見れば、それが一部の人間がひどい目にあってればそこはおかしいだろうがというのは普通だと思っていたので私はそうしたまで。

    ほかに何か解決する方法は私には見つけられない。あれば教えてほしいぐらい。
    こうやって追及しか思いつかなかった。

    子供の中学校の教師で、こういう一連の内容がそこらじゅうで学校全体にも私がそこまでやっていたことが徐々に徐々に伝わりだしたみたい(でも学校とすれば兎に角表には隠したいが一心で教育委員会の調査にも学校側からはとにかく嘘がたくさん入る内容で私のやり方がひどいという印象で報告されていたようだ)で、当時の子供の担任が或る日、たまたまその日子供が学校を休んで教室にいない状態の日に、学校での授業が終わったその日のホームルームの時に、クラスで生徒に向けてこんな発言をしたという話が、後になって子供の同級生が卒業後に私の家に着た折に私に話してきたが、そこで私に伝わってきたことがある。

    【あそこのお父さんは私は怖い、あんな親が居てるんやね、私はあの子にかかわりたくないので君たちが全部やってな!私は知らんから】といっていたと。

    これを聞いたのでそれが事実化を私は翌日に確認をするためにその教師の所在を教育委員会に尋ねたが初めは一切教えられないと突っぱねてきたが何度も何度も要求しようやくその教師の居所をつかんだ。
    大阪の教育センターに所属していてまあ呆れたが、そこでのその人物の仕事というのが、” 教師をやっていて途中で教育現場を放棄した教師向けでそれを直させる教育を教師向けに教える講師役を、何と教育センターで教師とはこうあるべきという講義をする指導の主事(教頭待遇)、指導主事をやっていた。

    ようやく見つけたので電話をしてそのものに電話に出てもらって事実確認をしたら、私の声を聞いただけでだれかが分かったらしく全く無言で一切喋らなくなり、【事実そういうことがあったのか】を問いかけたら、全く何も言わずに時間だけが延々過ぎていきでも電話を切らずにずっと待っていたら突然そのものが急に【すみません、すみません】の連続で、やったのかやっていないのかを一切答えようとしない。
    そこで
    【聞くと現在の君の職責は、君は今教師を教える講師役の立場でこのセンターでその業務を大阪市教育委員会から任されてるよな!、日ごろ君はいったい何を教師に教えているのかを聞きたい】と問いかけても、まったく答えてこないで無言のまま。
    これが延々続き仕方なくそこの所長に代わらせてその人物が或る中学校で当時担任をやっているときに、現場で自分のクラスでこういうことがあったと、当時私は学校の教師についていろいろと追及事項がありそれを学校側教育委員会と相当もめていた時期があると、その中で私の子供のクラスをこの人物が担任してたと、当時この教師はそういう状況のクラスの中で、生徒の前でしかも私の子供がいないときに、皆の前でこういう発言をしたと聞いているがそれが事実かどうかを当人の本人に確認で聞こうと思って今日問い合わせたんだと告げた。

    所長が、
    【私が聞いておきますから】というだけで電話を切ろうとしたので今聞いてくれと告げたが当人がやっぱり黙っていっさい物を言わない。
    また後日連絡をするが必ず本人に確認してほしいと、そして一つ聞くが、この教師上がりのこのものが教師を教育できる人物だと推薦して今のこの職責を与えたのはどこになるのかを聞いた。

    当時学校でどれだけ教育の教師には相応しくない現場を過ごしてきて、その人物がなぜ教師生活で悩む多くの教師を教えられるのか、どうやって指導できるのかが私は疑わしいと、
    何ならどういう講義をやっているのかを私は一度聞きに行きたいぐらいだと伝え、あれだけ学校でも酷い教師だと生徒間でも流れていたぐらいなのに大阪の教育について子供などどうでもいいと思ってるとしか思えないと、

    生徒のことなど知るかと、生徒の前で発言するような人物が教師を教えるときには、
    クラスで生徒のことなど考えずにただ授業だけをやれと教えるのか、

    この人物の講義内容を所長は実際に目で見て確かめてこの人物なら大丈夫だと認めたうえでやってるのか、
    いくら教育委員会からの人事で回ってきたものでも適格か不適格かぐらいは元居た現場の学校でどういう教師だったかの調査をきちんとやったうえで選んで配置させるのが普通だよな、何処でもそうするよな。
    とくに教師を教える立場に立つものなどより慎重に選ぶはずだよな。
    企業でも職員講習に立つものにいい加減な人物など配置させないよな。

    ただの人事異動レベルぐらいに思ってるのではないのかあ?
    普通に考えても教師として一番ダメな部分、生徒が中心の学業の現場でそれを放棄してたような、しかもそれをクラスで生徒の前で個人を出して中傷を行い、これからもクラスに登校してくるその個人の生徒にどういう影響がクラスの生徒から起こるかがわかるだろうに、それらもまったく考えもせずにただ自分は放棄したからお前らでやってなというこの発言は、教師はやめたほうがいいと思わないのかと。

    調査をやれば元の学校の当時の校長らからも確認をすればこの教師が現場でどういう教師だったぐらいはわかるだろうが、人物が講師などに適任かどうかぐらいわかるだろうにと告げた。

    この欄続く

  15. 仲井 より:

    さっき出した時に書いていた後に教師になった生徒がいてたその教室の例の生徒三人組が、そのクラスに例の極悪生徒三人グループが存在していた時期の担任教師。

    この時期の話。
    このいまの平成30年に至っては、今はもういなくなってるが、当時、教育センターで指導主事をやっていたこの教師は、この書いた3人の生徒、愚連隊まがいのこのグループを自分の担任時に放置させ、私がこの愚連隊まがいの三人の生徒に、話を生徒にするまで、この教師は見て見ぬふりで多くのほかの生徒が痛めつけられてるのを見て見ぬ振りで何もせず、一切放置させ、何の手立ても打てずにただ傍観しほったらかしていた。

    私が或る程度話をしたことで不登校になって恐喝されていた生徒も少し徐々に徐々に学校に来られるようになりかかった。
    現場で何もせずに放置させてただ時間が過ぎてこいつらが卒業するだけを願うようなこんな対応をやっていた教師が教師を指導するなんて言語道断である。
    経験則を話すのであれば他の場でやればいいんで指導主事という役職に就く内容の能力からはかけ離れた人材。

    これが橋下さん市長に当選されるまでの大阪の実態。
    いまでも多くの現場でこういう指導する立場で存在している教師らが実はとんでもない教師時代を送っていた実例はものすごくあるはず。
    なぜこの人物がこういう指導主事の立場になれたかは朝鮮民族の選択肢で一番重要とされる例の特異性で選ぶ実はこの人物の出身の大学の学歴が奴らからすれば見て実は少しいいのだ。
    だから現場での教師時代の内容など全く考慮に入れずにただ学歴だけで順調に出世コースに回していくとんでもない人事査定になっているのだ。

    吉村さん、
    教育委員会で現在教師が休養して居る例は多いがその教師らを復帰に向けて始動する役職についている人材がいかに不適切に先行され選ばれ人事配置されてるかを今後きちんと教育委員会と話し合ってもっと現場の時のその教師の力量を最大評価に入れて人事配置をやるべき。

    一寸学歴だけを見てこんなとんでもないやつを指導主事に配置昇格させるなどだれが見てもおかしすぎる。
    その教師の上司だった校長らに調査をかけてその人材の評価を証言させればすぐにわかるだろうに。
    呆れてものも言えない人事になっている。
    朝鮮民族が一番大事にするこの学歴とコネ、昇格に最大限これを利用しようとするこいつらの性根を叩き直すべし。
    ★昇格にはこの手しかないと信じ込んでいるこの朝鮮民族社会仕組み、人事査定、これを一時も早く日本流の人事査定にしないといけない。

    この欄続く

  16. 仲井 より:

    昨夜NHKの番組で、あの古館の司会する番組【名前のいわれ、どうしてこういう名前が日本陣の間で出てきているのかのその発端の歴史】で、日本人が付けている名前の由来についての解説の番組を見ていて、もうこいつら何処まで日本国民に日本の歴史、日本の内容を嘘で固めて日本で、さもそうだった歴史があったかに作り替えていくのかと、朝鮮民族の都合いいように(隠すために)如何にも日本の昔がそうだったかに、今の現代の人にはその時代のことを学校では隠して教えてきていないことをいいことに、バレないだろうと思ってやってるのか、こういう風に巧妙に変えていくのかと、呆れたので、局に連絡して、もう嘘もいい加減にしろと、伝えた。

    いかにも歴史研究家らしき肩書、学識者らしき肩書(本当にその内容の学者なのか詐欺師なのかわからん連中)をぶら下げてNHKで解析解説をやっていたが、もう明らかに日本人に化けた連中を偽装させる説明に終始していた。

    中で、
    【日本人が付けている名前の中で、昨夜は、「雅(みやび)な名前の由来」について】の解説があった。

    日本全国の日本民族の日本人の皆様、昔をちょっと振り返っていただきたい。
    自分が育った地域、集落、市町村、この中でまあ具体的に言えば、一番具体的には地方出身の皆様のほうがわかりやすいと思うが、自分が生まれた在所の地名、その村の地名でのその名前、県の名前、町、郡の名前、これらと同じ字での、同じ漢字での苗字、これの付いた名字を持つ生徒、これを持つ人物が、生徒が、家庭が、家が、自分の学校で、クラスメートでもその周辺の地域でも、同じ地域内において、クラスにそういう名字を持っている人物ってその集落でそこで居てたことって経験ありますか?
    いてたことってありますか?

    例えば、大阪であれば、都島だとか天王寺だとか玉造だとか天満だとか、九条だとか、枚方だとか、、、、
    この地域で日本民族で生まれ出たものでこの名字を使う人物が日本人で存在していたと思いますか?

    江戸の時代から昔からその赤穂地域で先祖から生まれ、この場合の、たとえば赤穂だとかとは違う、赤穂とは違う地域で生まれた日本人であれば、もしかしてその赤穂を名乗る名字のものがいてたかもだが、だが、元々先祖の江戸の時代からその地で生まれてその地の地名を名字にするなど、日本民族はまずやらない。

    これはたぶん上から違う名字にするようなそういう雰囲気というか誰もが廃案地検で名字をもらったものらがそう感じて地域の名前の苗字にはしなかったんだろうと思う。

    そこには多分地名と同じ名前の苗字をつけると、昔のその身分ということも影響して、地名と同じ苗字だと、平民ではなくて地域の名士のような、高い身分のものと思われるというそういう気心が、何かその地の地主のような意味合いにも感じて、それは平民なので違うのでそれでそれを故意にわざと避けて、自分の在所地の地名を名字には使わないようにと、名字を作り作っていったのではと私は思う。

    全く赤穂という地域カラは離れた遠くの地域で生まれ育ち、地域がそもそも違っていて、その地域からは離れていたものであれば、赤穂という地名すら知らなくて、たまたまそれでつけていたというのはあるかもしれない。
    でも自分の生まれた在所の地名で名字をつけるなどもう全くなかったはず。

    歴史でいえば、あの赤穂浪士で名が知られた討ち入りをやった赤穂浪士らの名前の苗字、彼らは播州赤穂に存在していたが、そのものがほとんどであり、彼らを先祖に持つものが明治になって平民になっていた場合、苗字ということになった場合、彼らは空こうという名字は絶対に着けていないはず。
    あの赤穂浪士がどうのこうのの、何も歴史のいきさつ云々ではなくて、そもそも自分の先祖の生まれた在所の地名での地名を名字にするなど日本人の中でまずありえない。

    彼らの名前で、赤穂地域の、あそこの地域の名前の付いた武士は、例えば【赤穂】という名字の武士があの浪士の中にいてたかどうかというとそ;れはいなかったし、まあこういう内容です。

    私も昔の高校時代には生徒数が1000人を優に超えていたが、アルバムを見ても、その中でその私の在所地域の地域でのそこの在所の地名の付いた名字を持っていた生徒など、まず見たことも聞いたこともない。

    さて、昨夜のNHKの番組と、これがどういう意味を持つのかということだが、

    昨夜その日本の歴史を知っているという肩書をつけてきた識者らしき搭乗した解説の人物の説明では、日本の苗字の由来は在所からの、地域での地名から多くきているというそこから始まった。
    つまり日本で存在する名前での雅な名前というのはそれはその名字の漢字意味にあこがれて廃藩置県以降に名前を付けたものがその地名についたその雅な名前を日本人は好んでつけたんだと説明していた。

    ふざけるな!と私はそこで怒ったわけ。そんな訳ねーだろうが!と。

    日本人はこぞってむしろ地域の地名を苗字に使うことは避けてつけていたと、そんなわけねーだろうが!って。

    では日本でその日本の或る地域の地名と同じ苗字のものがそこらじゅうに日本で存在するのかといえば、これはもう簡単。
    ★朝鮮半島から渡ってきた異邦民族が日本で日本人に成りすますときに一番手っ取り早く連中が考えたのが日本の地名、その地名を名字に使うことでいかにも自分はその地名にゆかりの在り地域だとかその歴史にゆかりのある日本人だと相手をいかにも日本人ですただまず一番手っ取り早く日本人だと思わせる手段としてとっかかりがその名前の苗字のところから入っていった。そこに地名という日本のその地域出身だと思わせる短絡的な部分からのだましの発想。
    小手先の手段。
    苗字には日本の地名を付けたもののやっぱり下の名前の部分、個々だけは朝鮮人が自分の子供にも自分にも朝鮮語のトーンが聞き覚えのある読み方の流れ、これに沿う名前を付けていった。

    だから見ていたらよくわかるが苗字はいかにも日本の苗字に見せているが下の名前の部分ではやはり朝鮮漢字並びのハングル読みでのトーン、響き、これを呼び名が呼べるトーンの漢字並びで作ってきている。

    タレントの名前を見ていたらよくわかるが、地名の名前の苗字がついていてだが下の名前をみっると日本民族化朝鮮民族が使う漢字並びかがそこですぐにわかるようになっている。

    典型例があの拉致実行犯の 【シン;ガンス】
    日本では、【立山】と呼ばれていた。
    日本での苗字は【立山】になっていた。

    日本人なら誰でも知っているあの【立山】という地名。

    表向きはだれかがその名字をそれを聞いたら、
    【ああこの人は日本のあの立山地方出身の人物かな】と、一瞬相手に思わせる、思わせる、当人は巧妙に日本人に化けるにはこれがバレにくいだろうと、一瞬でも錯覚をさせて、いかにも立山地方の出身に見せかけてこの名前を名乗っていた。
    そうしたかったのだろうが、いかんせんこいつと一言でも喋れば、日本語がきちんと流ちょうにしゃべれずに誰が聞いても朝鮮民族そのままの発音で日本語をしゃべっていたという。

    日本の、しかもいかにも日本の身分の高かったであろう名字の名前と同じ名前を語ることで自分は奴隷などではない身分が高い日本人だと、ゆかりも歴史も古い日本民族だとしたい狙いでつけたにg本命。

    なんとか日本の名士だとか日本の歴史上の人物らのその持っていた名字を兎に角使っての日本での自分はいい身分の出のものだという偽装工作の典型がこの朝鮮民族が日本に入ってきて日本人に成りすましたいと、其れであれば何とか有名な歴史の或る名刺の名前の苗字にすれば日本人は歴史上の人物の苗字が着いたものには、日本人から自分を見る目が違うのではという奴らのもう姑息なレベルの低い発想が、卑しすぎる状況で狙って付けたもの。
    何とか身分がある者のようにふるまいたい、偽装したいというそういう思惑で工作で作った苗字、名前の内容。

    連中が日本の地名だとか歴史上の人物の名前の苗字をこぞってつけていったから。
    タレントのルーツをたどる云々の内容の番組をやっているNHK、こう確信犯であり、こういう現在の若者が気づけないようなことをいかにも日本の昔はこうだったというように騙して伝えていく。
    公共放送でこういうウソを垂れ流して日本の歴史そのものを嘘とでっち上げで変えてしまおうと、その目的は根源には自分ら違法移民が朝鮮から渡ってきた奴隷上がりの奴隷だったというjことと日本の国籍を騙し取って公務員や大学の教授らへと偽装した違法な状態で今日本でそれなりの立場で税金を食い物にしているこの実態を隠しとおしたいがためにこういう私が名前うぃお見れば朝鮮民族か日本人化はすぐにわかるともうかれこれ10年以上前からネットにも書きテレビ局にももう100や200で聞かないほどに伝えまくってきたらこんな構成の名前のことd背の誤魔化し番組まで作って嘘の歴史を作ろうと必死でやっている。

    以前にも書いたが、
    朝鮮民族が日本でそれなりのもの(日本には身分制度などないが奴らはあると信じ込んでいる民族)になる場合に一番狙うのが、創業150年だとか250年だとかいう老舗だとか、伝統ある地域の豪商だとか、名士の家だとか、例えば、醤油蔵だ酒蔵だとか、お寺だとか、議員だとか、大学の教授、検事、弁護士、これらとなんとかつながりのある親族に入ること。
    戸籍上の中に入ってしまうこと。
    そうすればゆっくりと構えてチャンスをいずれうかがえるから。
    旦那のほうが必ず先に死んでいく。
    そうするとそこから以降の家系は、もう旦那はいないので、その後は、その家のすべての仕切りは嫁いできて本家に入ってきた日本人に成りすました異邦移民の奥さんの手にわたる。
    すでに違法移民の彼らの手にその家はその時点以降乗っ取られている状態になる。

    早い話が、今見えているものだけでもわかるが、
    この間のあの
    ★富が岡八幡宮で起きた殺害事件、
    ★踊りの創業者連中での継承でのもめごと
    ★日本のあのお殿様、今の日本でも誰でも知っているあのお殿様家系のあの人物、
    また、
    ★日本の総理大臣で襲撃され事件に遭遇した者の、その子供夫婦、そしてそこから生まれ出たその子供、つまり総理からつないで孫にあたるが、孫に至る時期ごろには、もうすでに途中で異邦移民の朝鮮民族が両親のどちらかにそこに存在し、その時点で日本の総理大臣家の家系がそのまだ100年そこそこの時代でもその総理の家系が異邦移民の朝鮮民族の家系に旦那が、つまりその孫の父親、総理の子供、この人物が亡くなった時点で、ここですでに日本民族の家系から朝鮮民族の家系へとすり替わってしまい、連中の手の中に、手に落ちている。

    その孫と称する者がテレビで時に出てくるが、優雅な生活だった子供時代をその孫と称するこの日本の歴史上の総理の孫だと本人がテレビでいかにも純粋に日本人だと、そう思わせる発言を異常なぐらい言葉で出し(日本人であれば重ね重ね日本人だ日本人だ日本人の総理大臣の孫だなどと繰り返さなくてもそこは黙っとけばいいものを、本人もそこは自分でも言っておかないと不安なのか、日本人なら自分で日本人だどうのこうのなどいちいち言わないんだが、異常なくらい日本人だと主張する場面に遭遇する)、異邦移民の人物がテレビでこだわるように語っているがもう日本の税金をこいつらこそが朝鮮から渡ってきて仕掛けて入り込み結果乗っ取るようにそこの日本人一家になってしまっている。
    こいつらこそが、成りすまして食いつぶしていった。

    もう日本のテレビでそれが見られる状況で、日本人ではないものがそこに出てる。

    ★日本の歴史を根こそぎ狙って変えていくこの状況を、今壮絶にそれを仕掛けてきてネット上でバレだしてきてるがこの基本部分の日本人に化けている部分だけをここを徹底して隠す手段であらゆる仕掛けを奴らは日本人向けにいかにも差もそれが事実化に見せていく工作、印象操作を、本当のように仕掛けてきている。

    日本人はどういう状況になっているかをよく目で見てきちんと見定めることだ。

  17. 仲井 より:

    前にもここに書いたことで、
    他の人から比べたらものすごい数になるが、私は田舎を出てから20歳までだけでも7回引っ越しをやっている。
    まあ転勤がそこにはあるんだが。
    引っ越しは相当数やっており、結婚をしてからでももう今住んでいるところへは結婚後8回目の今の住まい。

    ここまで引っ越しをものすごい数やってきたが、その中で、或る時期、一つの地域に6か月ほどだけ、もうほんとに短い期間での住居として住んでいた時期がある。
    せっかく引っ越してきたがこれはだめだと、これ以上住めないと思ってその地を早々に引き上げて転居したんだが。
    大阪の都心のまあほぼど真ん中なんだが、でも結果的にここのこの地域の場所は、ちょっと人間が、子供を含めた家族が、そこに住むには一寸酷すぎて、地域周辺の者が悪すぎて、ひどすぎると思って、もう住んですぐに引っ越しをしたことがある。
    おかげで不動産屋に、そんな短期間だったが、無条件で敷金から3割も天引きされた経験がある。

    その地域で住んでみて、子供が学校に行きだして、そこで周りから聞こえてくる地域の環境、これがひどかった。
    これは子供を住まわせる地域と違うと、すぐに引っ越した。

    その引っ越しをせざるを得なくなったその大きな内容が、
    実は地域の中学校へ通学していた当時の中学生の女子生徒が、まあ何人でグループを組んでやっていたのかその総数まではわからなかったが、でも結構な人数が参加してやってるという内容がそこに住みだしてすぐに子供の口から入ってきた。

    それが、女子生徒らの【援助交際】。
    注意して様子を見ていると、内容が解りだしてきて、当時の私のマンションの自宅からそんなに遠くない目と鼻のところ、すぐそこのところの集合住宅、その住所地でその女子生徒を束ねるボス的まとめ役の中学生の女子生徒が住んでいた。

    まあ引っ越してからの後にも、その時の中学校の教師らとはよく話をその後もしたりしていて、そこから数年がたった。
    そしたら、その後数年後にテレビを見て私も子供もびっくりしたが、その当時の女子生徒のボス的存在だった女性がもう成人になってテレビの芸人としてテレビに出ていた。

    今こんなことをやってるんだと思っていたがだがこのこの内容は、その後ここだけで終わらなかった。
    当時数人でやっていたと思えるそれが実はその子は多分もう抜けたんだろうが、でもその子が住んでいた当時の地域には、厳然とその内容(援助交際という内容が)が、彼女らから後輩へと引き継がれ、先輩から後輩へと引き継がれていて、それをその中学校へたまたま連絡した折にまたそういうことを聞いたので、その子らの住居地の地域にはちょこちょこ自転車で行ったりしながら足を運んだり、商店街などでそれらしきものが居てないかを注意しながら見ていた。

    するととうとう見つけた。
    当時、前のボスが居てた当時部下で連なって一緒によくいてたその当時のまだ幼かった女の子が、もう高校生になっていて、その子が商店街の横に入った路地で異様な行動をやっているのを見かけた。

    その路地の中には実はパチンコの引換所がありそこにはその日大勝ちしたパチンコ帰りの客がお金と交換して大勢がやってきていた。
    パチンコの連荘全開の、パチンコバブルの頃、あの時期。
    見ているとその女の子は大金を好感した客の後を後ろからぞろぞろついていきそこから何やら話しかけていたシーンを見かけた。
    いかにも不釣り合いな者同士の組み合わせで、そういう異様な状況の光景で、明らかにそういう客を狙った援助交際の誘いにまず間違いなかった。

    その日はそれだけを見て私は帰宅し家に帰ったが、そこから数日後のしばらくして、夕方にその地域を周って居た時に公園のベンチのところで、5~6人ぐらいのまだ明らかに女子中学生らしき女子生徒が、中にはまばらに制服のままの子も含めてたむろしていて、その中にそのパチンコの交換所のところにいてた女子高校生が居てて、この子がみんなの前で何かを説明していた。

    そのうちお金らしきものを一人一人に配り始めた。
    千円単位ぐらいのお金をみんなに一通り配っていた。
    先に卒業してそれでこの地域の圓光はもうなくなったのかと思いきやきっちりとそれは後輩に受け継がれそこで当時部下だった生徒が今度はボスになって大勢の生徒を仕切っていた。
    つまりこれが代々受け継がれて、ボス的生徒も卒業ごとに入れ替わって代々が変わっていき、でもその内容は消えることなく、この女子生徒の援助交際システムは彼女らの組織の中でもしかすると今でもその地域にはそれが存在してるかも。

    その公園から商店街までは800メートルぐらいの距離。
    ここでボスが決めごとを伝え、話をまとめて作戦を立てて商店街へといざ出陣といったところか。

    まあこういうことが現象として起きていたので、府警本部に連絡をして、刑事を一人、現場に派遣させたらいかが?と、夜の八時、九時ごろ、パチンコの景品交換所のところ周辺で、張り込んだほうがいいよと告げた。

    当時初めに見たボス的女生徒は、今では主婦タレントとなり、特殊なキャラを持っていてそれを表で出させて、今もう結婚しているが、テレビでたまにそのキャラネタでお笑い芸人として画面に出てくる。

    日本のテレビは何でもありで、人間を人間とは思っていない扱いが、笑いものにすることが、それが面白いんだという朝鮮民族独特の価値観、番組の目的で、もう身分というきちんとしたことへのコンプレックスが逆にそういう誰かを痛めつけることで笑う、あざける、やられているものを足蹴で痛めつけることがそれがこれを喜びを感じる連中の集合体で、これは日本人にはどうやってもできることではなくて、とてつもない細胞の民族がやっていて、弱みを見せるタレントをとんでもない人権侵害で痛めつけても、それが笑いのネタだというそういう価値観でしか生きていない民族が、これを喜ぶ平気な朝鮮民族が、企画制作して番組を作って放映している。

    ★人間の世界は、彼らの中には存在していない。

  18. 仲井 より:

    アメリカ西海岸の北部地域、
    あのマリナーズの本拠地。

    シアトルですごいことが始まっている、いやもう実際に起きている。

    カリフォルニア州で昔中国人排斥法というのが施行されて、中国人をアメリカから追い出そうとした。
    アメリカに、中華街がまだ出来ていない時代。

    でも一人の中国人が徹底的に抗戦し、アメリカの法の隙間をまんまと掻いくぐっってすり抜け、アメリカ連邦法、憲章を出してきて争い、これを表で出してきて、盾に中国人の在住を裁判で認めさせ、その後その男がアメリカ大陸全体で今や50数か所のいま世界中にある中華街というものを作り上げた。

    その一角はいかにも異様な異様な建物つくりの街、あれを考案したのがあの時のあの男の発想、独特の瓦を使った門構えであり、例のあれだ。

    それからこのいまの時代になってアメリカの多くの州でも、現状面白いことが今起きだしている。

    つい最近でもカリフォルニア州で、特にサンフランシスコ、ロスアンゼルスでは激しい運動になっており(日本の新聞テレビは自分が朝鮮民族なので日本人に隠している違法移民のことを気づかれたくないので、こんなカリフォルニアで起きているこういうことは都合悪いので日本でバレたら困るので一切報道しないが)朝鮮民族排除法という法律を作ろうと、一般市民がデモまでやって作戦を立て市民運動をやりだした。

    アメリカ、アップル社も今では朝鮮民族は一切採用しないと宣言しているし、先に書いたシアトルなどではもう物凄い状態で朝鮮民族排除法を作りその影響で、市内全域で朝鮮語が一切何処からも消えてなくなり、道路標識ほかあらゆるところでの朝鮮語表示の看板は一切禁止させている。
    飲食店はもちろん、看板でもショッピングセンターでの朝鮮系店舗でも、いっさいの朝鮮語表示の文字は使えなくされており、一切表示禁止にしている。

    シアトル市内で現在朝鮮語の文字は、どんなパンフレットであろうが一切禁止されていて、表示できないところにまでやりだした。

    住居については、朝鮮民族がシアトルで部屋を借りたいといっても、不動産屋が、朝鮮民族には一切契約は結ばないし部屋を一切貸さない。

    公共施設での朝鮮語表示の文字も一切禁止になっており、むろん中国語の表示もさせていないし、今はどこに行ってもシアトル市内は日本語表示と英語表示のこの二か国語の表示しか認められず、表示をさせていない。
    中国語も許可をしていない。

    何処に行っても英語と日本語表示しか、案内書もパンフレットも日本語と英語だけしか書かれておらず、そこに中国語も朝鮮語も一切書いてはだめと、条例で定めている。
    凄いねえ。
    日本もこれぐらいやらないと連中はいつまでたっても金くれ金くれって泣き付いたりしてくるじょ。
    こんなレンツ夕はすぐにでもシアトルを見習うべきだね。

    ★中國人、朝鮮民族、どちらも【排斥法】という法律を作って、自治体でそれが執行できるように、すぐにでも自治体で発行させるべし。

    日本は甘すぎるのよ。
    シアトルを学ばないとね。

  19. 仲井 より:

    日本全国に発生してきている空き家の内容。
    全国で800万個といわれるもので、取り上げて言いたいのは都会の中で起きている空き家の内容。

    日本人が普通思うのは、そこに住む人が自然的に家族が亡くなってその子孫が居なくなりだとか、または普通にもうそこはいらないと、そこには身内で他に住居もあることだし今更そこに住むものが居ないという場合(これは残されたものの意思)、住居としてもう必要ないからとそれなりの登記部分での公的手続きでの申し出ての解消申し出であったり、残された遺族が存在していても要らないからとそのまま放棄して(でもこれは親族なり遺族が判明する)放置だとか、まあ大体はこういう状況で、つまりある程度性善説で日本人は考えがちで空き家が発生したのだろうと思いがちだ。

    空き家発生で、こと都会で今起きてきている内容は、日本人が、特に今の50代ぐらいまでの人が思うような内容で起きているとは思えない。テレビでここは絶対に隠したい奴らの印象操作でさもそうだろうと思わされているだけで、今報道でそう報道されているので思わされている日本人が多いだろうが、普通に思うこととは、中身は実は全く違うことで起きていて、ほぼ報道で出されていることとは、これには当たらないと私は思っている。

    終戦まなし時期当時の日本の都会、これを入れて考えないといけない。
    空き家が、今日(こんにち)ここにきて発生しだしたその根源は初めはここから始まっている。

    大阪だとか大きな都市は空襲で焼かれその焼けた都心から日本人家族は生活ができないので一時的にそういう時期殆どが田舎へと疎開し、家族の生活の中心は都心での日々ではなくて少なくとも一年以上は都心から離れてて、ではその間都心にはだれが居てそこで生活をしていたかといえば、そこには異邦移民の連中が自分の田舎など日本国中に当然あるはずも無いので当然都会の中で生活をせざるを得なかった。

    異邦移民は日本国内に田舎中や実家はないので、焼け野原からはどこにも行く当てもなく、空襲で焼けたその都心に自分らの子供を残酷に都会の路上で放置した。自分の子供の面倒すら見ていないでそのまま捨てていた。

    よく戦後の記録フイルムを見たらわかると思うが、あの中に映る行き場がなくてただ茫然と道に座っている多くの子供たち、浮浪の子供たち、あれらあの時に映っているあの子供の都会での浮浪者は、日本人家族の子供ではなくて棄てられた朝鮮民族の子供、ああいう子供の浮浪者が、みなし子として扱われた子供たちが(この子らはほとんどが朝鮮人の子供らであった)多く存在した時期。

    日本のテレビ新聞はあれを日本人の子供だと繊細で身寄りの亡くなった日本人の子供が、あんな悲惨な目にだとか、ああやってみなしごで浮浪者にされた、戦争というのはこういう酷いことをやるんだと、ひどいとやってるが、あれは全くの嘘のでっち上げである。

    ★あの子らをああやって見捨てて路上であんな姿にさせていたのは、あの子らの親は日本人ではなくて朝鮮民族である。日本人家族にはほとんどといっていいほど身内や親族実家が日本のどこかにはあり、いずれかにどこかには身寄りを寄せられるように当時の日本は全国でそうなっていた。
    教育も実際身内が戦災などに遭ったら疎開や実家に帰ってくるのは当たり前であった。
    嫌がったりする土台すら日本人家族の間では、当時ないように感じていた。

    よく日本の映画やドラマでよく見るような、あんなもう日々嫌がらせで追い出そうとしたりだとか、あんな日本の家族はほぼなかったと思う。
    あれこそ朝鮮民族が日本でもそうだったと思わせる朝鮮民族作家や脚本家や監督らが、さも日本であんなひどいことをやっていたかに、そうだったかにでっち上げた嘘である。

    身寄りを求めて訪ねてきた親族の者を毛嫌いして嫌がらせで痛めつけるだなどと言うことは、あの時代そういう家庭が近所でも周辺でもよく聞いていたが、私の見てたもの、回り周辺にも都会から帰ってきていた家はあっちこっちにあったが、そんな内容など見たことも聞いたこともない、むしろ子供など物凄くかわいがっていたし、皆で肩を寄せ合ってみんなが農作業を一緒にやったりと、都会から突然にやってきても皆ほぼ仲良くやっていた。

    日本で違法から北朝鮮民族が自分らの祖国で存在したようなとてつもない嫌がらせた痛めつけなどのこういう家族間でさえそういうことを普通にやっていた奴らの奴隷制度の存在した祖国朝鮮のことを、朝鮮で普通にやられていたそのことを、さも日本でも戦後は、終戦まなしの日本は、そうだったかに見せて作り上げていく嘘、これは日本人はそういうことは違ってるといわないと奴らがやってることが事実にされてしまう。

    終戦当時のあの都会の路上で行く当てもなく呆然と日々をだれの助けもなくただそこで座って物乞いをしている子供たちをあれを日本人の子供らだとすることが私にはもう絶対に許せない。
    あれこそ朝鮮民族でしかできないとてつもない子供たちへの非道きわまりない、許しがたいやつら民族の沙汰である。あれは確か米軍の関係者か誰かが撮影した日本の都会の様子なんだろうがあれを朝鮮民族は自分ら朝鮮人の子供だとは開設せずにあたかも日本人家族が子供たちを捨てたかに報道で繰り返し放送した。

    しかもそれを日本人が日本の親がそれをやってると、世界中にあのフイルムを流してやった。

    ★嘘で作り上げてきた日本の戦後まなしの時期の内容を、これを事実は違うと教え伝えていくのも日本人の務めであろう。

    空き家について、
    この状況の流れで大体はわかると思うが、彼ら違法移民の連中というのは、とにかく家族のためには自分が食べなくても子供たちにとか、犠牲になってもというここの部分はまあ自分に都合がいい条件がない限りなんとも思わないというのが本質の民族。
    子供を勝手にそこら辺へ捨てるのをいとわないんだから。

    ましてや保険をかけて金が欲しいその材料に子供の命を切ってしまうものがそこらじゅうに居てるぐらいだから。
    日本国内で発生した保険金殺人の犯行をやった人物は日本人に成りすましたほぼ朝鮮民族となっていることがそれを証明している。

    身内のものを殺して金と帰るというぐらい命のことなど層倍になると思ってるのだろう。
    だから朝鮮では女性を中国へと貢物で献上したり自分のわが娘を父親が妊娠させ、その出来た子供をまず売り飛ばし、その子供を産んだ娘は、子供を産める体だと証明できたから、高く娘を買えと相手に要求する。
    もう人間として認められない民族。

    日本で日本人に成りすましだしたころ、殆どは戦後の時期の終戦後まなしの時期に一斉に行って偽装してるんだが、その時期には日本中に朝鮮民族が朝鮮民族とわかる状態で街の中の一角を占める状況で集落状に彼ら独特の生活様式でその一角で住んでいるものが日本中あちらこちらで「朝鮮人ぶ〇く」という名称で多く存在した。

    ところがそういう地域、一角が戦後しばらくしだすと徐々に徐々に日本中からものすごい勢いで縮小しその集落があったその場所すらもいつの間にか数もものすごい勢いで消えて無くなりだした。
    この時期と同じくして日本中の日本国民とされる人数が毎年もう数百万

    どころか物凄い数で人口増加をした。
    表向きは日本人が増えたとテレビも新聞も報道したがこれは実は嘘で本当は日本に法移民の者らが戦前は朝鮮人であったが戦後にいつの間にか日本人として入れ替わっていた。
    だから朝鮮民族戸籍から消えていき当然彼らの集落が日本中から一気に消えていきだしそれと並行して、なぜか日本人が突然に急増して、奴らがまんまと結果日本人に成りすましてしまったということ。

    空き家はここがキーポイントであり、
    日本人であればそこの地域が朝鮮人集落であったかどうかだとか、戦後の都心で朝鮮民族が日本人から奪い取った土地だったとかは、日本人なら、大体はそのことを戦後のことを皆覚えていて、異邦移民同士で、日本人が疎開してそこにいない間に朝鮮人同士が刀を振りかざしてその土地を勝手に奪い合いの、取り合いの争いが起きていた土地だっただとかを、知っているものもまだ日本の都心には多くが生きていてわかっているものが多くいる。

    だからもしもその土地に今住んでいてそこの老人夫婦らが亡くなってしまったと、もう誰もその土地にはいないと、そういう状況が発生した時に、その部落でもしも生まれてそこから日本国籍を騙し取ってその地を離れて日本人住居地へと移って住みだした子供や孫にすればその元の自分の本当の生まれた地域がそこの朝鮮人部落跡だとは今更それを言えない状況が発生する。
    日本国籍を与えられていないのになぜ日本国籍に君はなっているんだということになり、「そこで生まれた家族です」とは言えない。
    その地にはもう日本の国籍に入れ替わっているので、そこで自分はその土地の持ち主である最近亡くなったその人物の戸籍上の子供だとは、そこで実は自分は生まれた、自分は本当は朝鮮民族だとは、不法に戸籍国籍を改ざん略取しての手続きでそうなっているので、日本人になってるので、いまさら国籍の不法行為での証言はできずに、もう言えない。
    そうなると戸籍上のその亡くなって身内を探す役所にすればその家族や孫たちが戸籍から日本国籍に入れ替わるときに複雑に偽装してるはずでそうなるともうその土地建物が自分のものだとの証言はできない羽目になる。

    結果役所や警察が(失われた年金の時も同じことが起きたが過去の戸籍に戻っても戸籍での一本の家族の線が作れなくてごちゃごちゃで偽装されていてわからない状態にされている=そら見ず知らずの人の戸籍に入り込んだり、勝手に自分らの戸籍を作ったり、知らない人物の戸籍に入ったりしてるので狙って入る相手の親族との身内の人らの存在がこいつらには当然わからずに登録をしてるので、回りの戸籍の周辺がわからない状態で日本人に化けているので、警察も厚生労働省も調べてもさっぱり意図がつながらない)調べても途中で偽装された時期から家計の線が入れていて元の家族新z君はたどれなんだ。

    日本の都会で起きている空き家以上はほ犯罪が行われた結果家系図上のsン族にh戦後の十数年のあの時期にたどり着くと一瞬で糸が切れて和krに様に操作ができない状態になっている。

    さてではどうやって解決をさせるか。
    その空き家でだれも持ち主のたどれない土地建物については、現在今登記されているもの全国のすべての土地建物を持つものはすべて血液を日本政府に預けることだ。
    そのことでとりあえずは今後に空き家発生というのはまずなくなる。
    とりあえず止めておいてそこから今ある空き家について血液の遺伝子の登録と、この持ち主であったがもうなくなった人物の遺伝子を、全国民のなかで総合してコンピューターで符合調査をやり合わせていけば、自動的にどこかの人物へとたどり着く。
    日本民ぞkの内容と朝鮮民ぞkのないよが曽於でr当然明確に出て売るのでそれが判明sれ罵倒全本当の持ち主の部分もそこから祖差が可能になる物件の出て売るだろ。
    異邦応対を一気に是正操作も仏に可能になるだろう。

    戦後奪い合いをやって奪い取った朝鮮民族の日本国内にある土地が一体ドン朴頼の面積になるのかもすぐにわかるだろうし、長年私らが訴えてきた日本国内にはsどのくらいの朝鮮民族が日本人に化けて成りすましているのかのその実態も証明されるだろう。
    この朝鮮民族の国籍云々についてはこの空き家問題というのが実は一番入っていきやすい調査捜査がやりやすい内容でありそれにはこの血液採取での遺伝子解析という部分に究極集中するんだが。

    この欄続く

  20. 仲井 より:

    フランスで日々結構大きなデモが起きている。
    国内で消費するガソリン等の燃料の税率を上げることに反対だという。
    その抗議活動はもはやもう暴動のレベル。

    もしもこれが朝鮮半島の韓国で起きていたら、朴槿恵を逮捕し、検察が起訴し韓国の法廷で出た判決文で行けば、今までの大統領訴追での判決で見ると、今回フランスで起きている暴動は、韓国では、韓国であればこれは大統領逮捕になるということになる。

    つまり現状の韓国では市民と称する連中が大きなデモをやると、それを起こした、起こさせたその責任は、大統領の責任だということになり、判決文にはそう明記されており、あのパククネはそれで有罪になっているので、韓国ではそれ自体が大統領の犯罪とされる。

    大きなデモをやるとそれが国のトップの犯罪と裁判所が判断するこの国の法律はもう崩壊どころか法という文言を使う内容のものではない。

    日本で立憲民主だとか共産党、社民党、自由党らが徒党を組んで大きな音楽とかと拡声器を使って反日の活動を行う、がなり立てて一般の正常な国民をその活動に巻き込もうと、惑わすあの活動、あのプラカードを掲げて日本でやるあのデモモーションはこれは【韓国だったらこれだけのデモが起きたらそれは総理大臣が起こした犯罪行為だ】と、韓国なら、こういうことが起きたらこんなデモが起きたらそれだけで逮捕できるんだぞと、総理大臣は逮捕なんだぞ】と、この日本民族に成りすましてる連中は日本国民にそう叫んでいるのだ。
    現に、朝鮮民族ならそれで大統領を犯罪者として逮捕させることができているんだから奴らにすればここが日本だとは奴らは思ってもいなくて自分らはもともと日本人でもないし、ましてや自分らは国の最高権力の立場の日本の国会議員という立場に居てると、奴らにすればとんでもない高い身分に自分らは立っているんだから、朝鮮と同じで身分の高いもの(日本には身分の高いものなどどこにもいないんだが朝鮮民族は肩書がつくと身分が高いと錯覚して思い込んでいる、ただのそこら辺の農家の百姓やってる親父と国会議員など日本では何ら変わらぬ同じようなもん)は何をやってもいいんだと思い込んでいて、今はここは日本だが、奴ら自身は朝鮮民族なので朝鮮でやれることは日本でも同じだと根っこからそう思っていて、そもそも朝鮮人がこの日本は今自分らが高い身分で仕切っている国なんだから、だからそこは朝鮮民族になりきっていて【朝鮮で行えることは日本でもやれる】と思っていて、そこは朝鮮民族の者だと思い込んでいてだから日本の総理大臣もそういう朝鮮民族によるプロパガンダを叫んでの反日の大きなデモらしきものが発生すると、韓国と同じように、フランスの今回の暴動、アメリカ移民などへのアメリカ政府の対応への反対行動のデモなど、これらなどは朝鮮民族にはもううれしくてうれしくてたまらない行動で、あれをぜひ日本でもと奴らは思うだろう。

    もし日本でああいうデモが出たら、ああいうデモ、それも結構騒ぐようなデモが起きて騒いだら、朝鮮と同じように、【日本の総理大臣は当然韓国と同じように逮捕だろうが】と奴らは本気でそう思う民族。

    世界中どこに向けても通用しないことが、やつらには当たり前のことになる。
    人間の遺伝子と違う遺伝子を持つこの民族の、その本質、個体そのものの遺伝子が人類という枠から出た細胞を抱いている民族には人間の法律とはかけ離れたものがそこに起きるのだろう。
    アフリカセレンゲティーで、数年ごとに一つのプライドは次の放浪してきた雄ライオンに襲撃されメスライオンは生きることを許されるが、当然それまで君臨した雄ライオンは追放される。
    大体4年から5年ぐらいで元居たボスは倒されやってきた次のボスがプライドのボスに君臨し多くのメスを配下に収め入れ替わる。
    朝鮮の大統領の入れ替わりの歴史と同じである。
    年数も形も、同じ運命になる。

    そこでボスが倒されれば、次の雄ライオンがボスになる。
    外部から来たライオンが、元居たボスライオンの雄を倒してプラウダを奪い取ったら、それまでのボスライオンの遺伝子を持つ子孫を、残酷にすべて食い殺すか追放して追い出してしまう。

    生き物として人間では想像できない行動をとる。
    人間には、言っておくがライオンの遺伝子は普通は一切持っていない。
    当然だが、ライオンに人間の遺伝子はただの一個も存在しない。
    明確に判別で出て居る。
    それまでの血縁の個体について、血縁のある身内を皆殺しにする。
    これを地球上の人間が存在するという地域でそれが仏に行われている。
    それが朝鮮半島の南北朝鮮である。
    それも今のこの時代にだ。

    人間がそこに存在してるのかを本当に疑わざるを得ないしこれから先の科学でこの人類についての件境界石は今どころか物凄い形で解明されるだろう。

    同じ人間として扱われているものでなぜこれだけ内容に違いが起きるのかということについて。インフルエンザの内容がそこに大きく解明解析の突破口になってきたが、ここから先がまた解明されることだろう。

    ★研究者は初めインフルエンザは人間の遺伝子とは全く違うので絶対に映らないと発表していた。
    ★ところがある時から人間にも移りだしたと発表した。
    ★その原因は初めは意味が分からなくて、理由を作るために仕方なく、変化しだしたのではという学説を出して、それが世界中で常識になりだしたころに今度は衝撃が走った。
    ★ウイルスの遺伝子が個体変化して違う形に変遷してそうなっていると科学者は発表したが、よくよく調べても、実は遺伝子変化は起きていないことが分かったと発表された。
    ★ではなぜ人間に移りだしたのかの答えが見つけられないままになっていた。

    そこから数年後になって、
    ★いやいや遺伝子はそもそも変化などしていないと、ではなぜ人間に移りだしたのかを研究していたら、実は移るには移るが、でも地球上ではごく一部のところにしか移らないと発表した。
    この時点で結論が出てから、あらゆる日本のテレビ新聞は、この件での人間に移る云々の部分について、報道を一切やらなくなった。いややると日本でその話が出てくると都合が悪い連中がそこにいてて、とにかくこれを話題にしないことで乗り切ろうと、自分が怖くなったのだろう。

    国会議員らもなぜかあの舛添の時、空港閉鎖とかで大騒ぎして、相当これを話題にしていたが突然に一切報道しないし、あの時騒いだ野党の国会議員らも、これについて何にも言わなくなった。自分の身の話になるのかねえ。

    この間あの国で空港内で動物のインフルエンザが発生し、世界でも有数の航空拠点でもあるあれだけ大きなハブ空港なのに、日本では一切報道は無視、日々交流乗客はいてるだろうに、空港他あの国では大騒ぎになっていたが、日本のテレビ新聞は一切報道はしていないし、その国への直に乗り込んで自社の記者を日本から行かせてのその国の現地への取材を一切していない。
    中身を知って怖くなっているのだ。
    人間には映らないといわれてるはずのになぜか彼ら日本に居てるマスコミはものすごく怖がった。

    自分に移ることを怖がったのかねえ。
    移らないって言ってるのにさあ。
    ★ドローンを使っての取材は人員をいかせると、ウイルス拡散をさせる恐れがあるのでそれを防ぐ、させないためだとかもっともらしき言い分を言ってるがあれはもうでたらめ。最近では日本国内での取材もドローンでしか取材はしていない。
    ★移れば自分が日本民族では無いこともバレちゃうからかあ?

    この欄続く

  21. 仲井 より:

    中國が南シナ海で、こそっとドロボー行為のように掘削を始めたとニュースが出ている。
    これについて一番強い言葉文言で中国をドロボー呼ばわりして日本の国会議員の中で際立って非難したのが北海道選出の自民党のあの中川昭一。
    後に彼は不審死を遂げている。
    くしくも父親と同じ不審死を遂げている。
    世界の会合であのアルコールでの振る舞いが大事な席上でとんでもないと報道され本人がそれを死ぬ直前まで苦しみ結果自殺したと、心身ともに苦しんでいてそれで自らで首を吊っての自殺だと、状況証拠はそうだからと、北海道県警は自殺で処理しているが、私は殺害されたと今でもそう思っている。

    彼が大臣になるまで日本の歴代の閣僚は、【遺憾だ】とはいう者もかすかにいてたが、公の記者を前にしての誰一人中国に対して面と向かって閣僚の立場の大臣が、中国に対して【ドロボー】と名指しで行ったのは彼が初めてである。後に麻生さんなども言葉を発したりしてるがさすがにドロボーという文言は使っていない。
    中國にすればとてつもない困る政治家が居てるなあと、しかも彼はまだ若いし将来日本の総理大臣にまでなるかもという恐怖感を持ったのだろう。

    ここはは愛眼にこの人物を抹消しておかあとまずいと、しないとのちの中国には邪魔な存在だともいだししたはず。

    石井紘旗先生が殺害されたときもそうだったが、間もなく日本に存在している朝鮮民族による日本の財産、税金の不法搾取、略取、この不法不正を国会ですべてバラすとなったその国会で、報告をするその直前に自宅玄関前で朝鮮民族に斬殺、殺害されている。

    こんな人眼にも斬殺とわかるものではなくて、さも自らで自殺したかに見せる手法を中川昭一さんの時には使ったと思える。
    中國との因果関係が周辺の状況証拠からは国民には一切見えないように、あたかも中川さん自身の事情によるものだと、自分が苦しんでの自殺と、中國とのことなど全くさもないような状況で消してしまいたいという狙いで。

    さてあの中国である。
    その当時さすがに靖国参拝云々でいろいろと難癖をつけてはいたが着々とドロボー行為をやろうと東シナ海ではもう着々と進んでいて、準備と設備はもう完成してきだしていた。
    埋もれた海底からの資源に、もう横穴からパイプをねじ込んで天然ガスは盗み取っていたとされていて、そこに中川昭一が激高してあの言葉を言った。

    中國はそれまで日本のあらゆる閣僚経験者を調略し、中国にあいさつに来させていろいろな日本の財産をくすねて行こうとやっていたさなか、日本の中でこれまでなかったほどの口調と激しい文言でこれだけ強い調子で日本の大臣がドロボー国家だと、中国批判を発言したことにものすごく怒っただろうし、或る意味石原慎太郎さんなどと思いは同じところがあり、中国はこういう人物を生かしておくのはこれはまずいと思っただろう。

    日本の親中派議員をたぶらかして中國はいろいろな仕掛けでこの人物をつぶそうと、中川攻略、調略を仕掛けてるはず。その手助けを日本の国会議員や日本国内の朝鮮民族、中國の手先で動く朝鮮民族の輩がこの中川さんに仕掛けを掛けてきて結果あの世界の会議の記者会見場でのアルコールに寄ったさまを見せてしまうことにもっていかれたのだと思っている。

    あれだけ酒に強い中川昭一があのろれつが回らないほどの酔いっぷりはちょっと異常である。
    まず彼はそこまでする人物ではない。

    いかにも薬物を盛られて仕掛けられたとしか思えない状況である。
    日本のマスコミメディアはこの内容を徹底的につぶし工作に使いまさに中國共産党の思うつぼになった状態。
    いくら酒を飲んだとしても、彼の酒の強さからして、あそこまで彼は酔いつぶれることはないと思える。
    睡眠薬上のものか何かを混入されたのではと思っている。

    ★それもあの記者会見場に現れるもうほんの直前に。混入を知らずに元気だった中川さんが記者会見場に現れて会見を出す頃には薬物が体内に巡りだし体の静止やろれつが一気に混濁状態になったのではと私は思っている。
    彼自身もこれは何だどうなってるんだと思ったはずだ。
    だがその説明を出すまでに物凄い紀雄ぴでマスコミメディアが中国の思う通りに攻撃と誹謗中傷を一斉にやりだし底からは自分の不始末でもなく仕掛けられたものであるのにデモ謝罪会見ということにしか持っていけないように日本のメディアが潰しに行った。

    でも彼は次の選挙には再度出るつもりだったので、そうなるとその時の真実が漏れ出すかもという危機感を持った中国は、そこで中国はとどめでこの人物を絶対に国会に来させないようにと、彼を工作員を差し向けて殺害したのではと私は今でも思っている。

  22. 仲井 より:

    終戦時を見て育ってきたものとして、日本にはいろいろなことが起きた。
    この年齢に至るまで、日本で起きてきた犯罪事件、これらをいつも思い出している。

    その中でも、あの豊田商事事件を含む日本中で起きたいわゆる違法ねずみ講に該当するあぶくの商法の仕掛けた犯罪者たち。
    報道であまり出て居ないが、あの豊田商事詐欺事件の、その会社の心臓部の本部事務所は、実は大阪の旧読売新聞本社ビルの隣のビル、マンションで登録された10階建てぐらいの白い安っぽいビルの中に事務所があった。
    ここにあの後に惨殺された永野はそこにいつもいてた。小柄でわずか160センチぐらいの小さな体ででも精いっぱい胸を張って肩を怒らせて体を可能なカギ居大きく見せようと例のごとく薄い色の入った高そうなサングラスをかけ、グレーのダブルの高級スーツを着ていた。
    その永野がおもしろいことにそのマンション内に同じ系列の大〇産業という会社が入っていて、これが実は仲間で、同業というよりもこれらは実は一体の組織であった。その産業の代表というのは今でいうあの子峠と同じ顔立ちノズル禿の70近い老人であったがその人物に常にこの永野は指示、指導をされていた。

    私は近くで(喫茶店でよく顔を見て知っていた、当時は北新地であろうがもうそこらじゅうでこの豊田商事の内容については水の者だけではなくてそこらじゅうの者はなにがしかのその金への投資話としてまあ大体その存在を知っている状況の時代であった。

    それを見ていて、
    ああこの組織は実はこっちの爺さんの方が主導権で運営している会社だとすぐにわかったが、でも後に警察がこの豊田商事事件で摘発した時、このその折の事件について、「ずる禿げ」の人物の関与を警察も検察もテレビ新聞もなぜかほとんど追及をせずに、あまり追及されることなく、この人物はこの詐欺事件の主犯には該当者にされなかった。まあ事情聴取はやっただろうがその程度で終わってると思える。
    だから検察の追及はたぶんこの人物らにまでは及んでいないと思えた。
    私の当時の感触は実は主犯はこっちのこの爺さんのほうであり、永野はただの雇われた飾りだけの社長に祭り上げられた男に見えた。

    二人の話をしている雰囲気は明らかに上司は、運営権はこっちの爺さんが握っていて、永野はその席でただ怒られたり注意されて聞いているというのが、それに言うことを聞いているのがあの後に殺された永野という田舎者臭い風体の上がらぬ、でもその癖、もう身に着けているものは時計スーツネクタイ靴をはじめバッグにしても眼鏡にしても、いかにも高級なものを目いっぱい飾ってこれ見よがしに身に着けていた。

    まあ値打ちの分からぬものがただ金に飽かして購入してきて虚飾の飾り物を身に付けた田舎者に見えた。

    読売は隣であってここに豊田商事があることは、新聞社はもうかなり前からこの豊田商事の内容は知っていたはずで、しかも事務所が隣のビルで詐欺行為をやっていたことも気づいていたのではと思ったりもするが。

    今テレビで解説をやってコメントをしている大谷昭宏などは、読売新聞社で記者をやっていて彼が在籍していた当時大阪府警本部がわいろ及び摘発の情報を業者に漏らすなどの警察官108名もの処分者を出した事件、不祥事を出したあの警察が絡んだゲーム機賭博事件。
    これをよく知っているはず。

    そしてこの豊田商事事件、これらと同じ時期読売新聞社周辺には読売新聞社員を目当てのマージャン屋が新聞社を囲むように7店舗ほどがたむろして存在していた。そこに新聞社社員が連日大きな賭け麻雀をやっていた。
    部長クラスから課長クラス、平社員にまで押しなべて。

    後に大谷昭宏はテレビで、解説者として発言し、こう発言した。

    ★【賭けマージャンをやる者などろくでもない奴らだ、こともあろうにこんなものが、、、、云々】と。

    彼は新聞社勤務の頃は自分が勤めていた本社社員が相当数連日麻雀に明け暮れていたのにその時上司だったものに向けて大谷は、
    「ろくでもないやつらだ、やめろ」と果たして社内で声を上げたのかねえ。

    ゲーム機賭博だって読売新聞社社員が、自分の本社ビル周辺に多く存在していた賭博ゲーム機を置いている喫茶店のような店で、連日大勢の社員が日夜を問わずたむろして賭博遊戯をやっていた。
    マージャン賭博も同じくだ。

    今日は賭博用のポーカーゲームで11万円スっただとか、スロットで(これはパチンコ屋での話ではない、違法賭博器設置の店舗にての話)8万円いかれた(=負けた)とかいう新聞社の社員が、連日連夜そこらじゅうで存在していた時代。

    豊田商事事件も、自分の本社ビルの隣でやっていた大詐欺事件だとは一切表で出さず、いかにも遠くのところで起きてたかに装い、ゲーム機賭博の折にも、ただ業者の事だけを報道し、自分の本社社員が大勢押しかけてそこらじゅうの賭博ゲームをやっていたなどは、一切報道していない。

    一応日本では禁止されていたバカラ賭博で逮捕された場合には、そこで遊んでいたものも一応は書類送検され、前科はつくが、あの折のゲーム機賭博に参加していた新聞社の社員など物凄い数の社員が、本当に日本の法律をやれば、物凄い数の本社社員がそこらじゅうで書類送検になってたはず。

    日ごろ偉そうに犯罪追求だどうのこうのとか、人間つぃて同化だtか、昔はだとか、当時は普通だった打とか、まんまと逃げ口上で言ってるが違法はどこまで行っても朝鮮ではいざ知らずこの日本では違法なんだよ。

    コメンテーターの大谷昭宏よ!
    解るかあ?
    違法なんだよ!
    今も昔も。

    こんな刑法は、昔も今も変わっちゃいない。
    ギャンブル依存症だどうのこうのと言いながら、実は自分ら読売新聞社員が当時物凄い数でそういう賭博の行われていた現場に同席した状態で、そこに関係していたなどは一切世間に向けて公表していない。

    こんなことなどなかったかにいつもテレビで偉そうに読売系のテレビ新聞は、これら連中は言ってるが、
    昔そういうことがお前ら普通にやってたよな!こういうことがあったから、私は彼ら新聞社のことを、
    日頃から、
    ★【たかが瓦版ごときが正義ぶって偉そうに何を言ってるんだ!】と噛みついていうわけ。

    この欄続く

  23. 仲井 より:

    いろいろ思い出す。
    昔あの大阪戦争という内容があった。
    もう全国の人はよく覚えていると思うがあの彼ら同士が真っ二つに分かれて覇権を争ったあの抗争である。
    真麻笑ってしまうんだがあの高層が真っただ中の時期、或る芸能人らが梅田コマ劇場でお芝居での舞台をやrコマで公演していた。
    数日ではなくて芝居公演が結構な期日期間やるとかで、その間大阪でとどまるとかで、そのことで、こんな話を私に振ってきたものが居てる。分裂した片方側の若い者頭の持つ内容として。

    【彼女が、大阪でしばらく公演をするが、夜は空いている、ここまでようやく段取りしてその日数を全部埋めていたが、どしても一日だけ当人にどうしても空き日ができてしまって、その日の彼女の相手が埋まらんのや、それで困ってる。どうや、一晩相手せえへんか?、150万や。】といってきたものが居てる。

    争っている片方側の幹部の下のもので、
    【今夜中にその日を埋めんとあかんのや、なあどうや!あの〇〇〇〇やで、ええ女やで~、どうや!】と持ち掛けてきた。
    まあいろいろとあの芸能界で大物になったあの中学生トリオの時から、こういう話はこんな連中からよく入ってきたが、かなりの年齢のあのおばちゃんの内容を持ってきた。私もさすがにびっくり。
    この時期この俳優がもしもこういうことを公演のたびごとにこういう生活を送っていたなら、そらその家族の特殊性が、子供たちは幼いだろうが、当時であればたぶん8歳ぐらいか10歳ぐらいだろう。

    あの何度も繰り返し警察沙汰になった子供は、たぶんこういう内容に気づいていたのだろうと思う。
    そのことが後の親の言うことなど全く聞かずに、収入の多い親からたかるだけたかることを何とも思わず、常に親に面倒を見てもらう人生を生きてきてるのだろう。
    俺がこうなったのはお前ら親が悪いからだと、彼は今でもたぶんそう思ってるのだろう。

    親の姿をきちんと理解できる子供に育てることは、親として一番大きなまずは最初にやることだ。
    その折に親が子供に隠さないといけないことを作ってしまったら、それが分かったと気づいたとき大変な衝撃を子供は受けてしまう。その時期が幼なければ幼いほどに、その後の親子関係、親が家族の中で話せる立場になれるかどうかの、それが違うと、取り返しの利かないひどいことになるだろう。
    あそこの彼はおそらく親の生活の汚い部分を見てしまったのだろう。しかも幼い間から気づいてしまったのだろう

    薄々はわかるだろうし、デリケートな世界で生きている家庭の中でそういう内容は薄々子供でも気づいたはず、子供がおかしくなって、大人になってさえも、世間を恨み、結果よくニュースで騒がすことが、世間から非難される行動をしてしまうことになる。

    親は子供の鏡である。
    そうありたいといつも思っているが。
    違法移民状態で日本に入ってきている朝鮮民族の人ら、日本に言えたいと思うなら日本でこのまま日本人と同じように生きていきたいというなら日本では普通に生きてください。
    無理をせウニごく普通に普通の人間がすることを普通にそれを行って生きてください。
    ここは日本です。
    朝鮮ではないことをもう一置物中で叩き込んでここは日本何だお自分が今日本に居てることがどれだけ幸せなことかを味わって生きてってほしい。
    犯罪、違法行為は絶対にやらないでください。
    まだ気づいていないようですが、一言とくに言いたいことが或る。

    ★【違法行為をすることは、相手に対してとてつもない失礼なことであることを、ここをわかってほしい。】

    ★豊田商事をはじめ違法なねずみ講をやった連中は、ほぼ朝鮮民族です。

    ★積水ハウス搾取地面師詐欺事件、関西生コン不法行為、後妻業殺害事件、尼崎コンクリート連続殺害事件、多くの保険金詐欺事件、耐震偽装事件、地下鉄サリンオーム事件、富が岡八幡宮殺人事件、未成年の人物による銃による連続殺人事件、消防士による強姦殺人連続事件、和歌山カレー事件、青森女子児童殺害事件、池田小学校児童生徒殺害事件、自治会長による女子児童わいせつ殺害事件、芸能界薬物使用事件、サカキバラ事件、旧国鉄労働組合革丸派が起こした殺害事件、富士山麓連合赤軍事件、学校でのいじめ事件、児童相談所内での殺害事件及びいじめ事件、

    ★教師の独断で行っている全国で行われている高校入試合格生徒選別考査不正不法操作事案、

    ★役所内の役職の異常構造事案
    20人の役所の一つの部署、総務課で(奴らの説明では総務が二つに分かれてるといっているが、やってることは普通にほぼ同じに見える、別にする意味さえない)に、課長が2名、課長代理が4人、係長が6人、平職員が8人=この構造が普通では考えられない、異常すぎる。
    これがつい最近の平松が市長の時代まで大阪市の公務員の職場ではこれが普通だった。しかもこの当時の公務員の給料は平均で700万近く、これに別に福利厚生と、意味のわからん残業手当と、休日に出たという理由での特別手当付きの出勤手当と、外部、つまり何かの会合や民間人との打ち合わせ等で職員が違う役所へ都か民間のところへの連絡等で出ていった場合の手当、苦情処理手当だとか、役所から出す書類を封筒に入れた手当だとか、窓口での処理したものでその中で手当ての付くものもあったし、外出時の出張手当までつく。

    もうここまでこいつらむさぼるように税金を食いつぶしてきていた。
    朝鮮民族公務員は、そもそも仕事をしに役所に来ているのではなくて、仕事はしないというのが基本、
    だから役所で仕事をすると、それは仕事をしたという手当、別の手当てが着くということになる。
    そもそも仕事はしないのが基本になっていて、仕事をするとそれには別支給のそれにはお手当てがつくシステム。

    仕事をしたら公務であっても、

    基本この考えで奴らは仕事と称して日々役所に居てる。
    本来は仕事に来てるはずが彼らは基本仕事はしないというのがまず朝鮮民族の基本になっている。
    だから、仕事をしてしまうと、それは給料とは別もんだという認識、お手当てが給料と別についてくるシステムになっている。
    日本は朝鮮民族が支配した国になっている。

  24. 仲井 より:

    大阪で万国博が開催されることが決定した。
    ここに至るまでの松井さんや吉村さんら、そしてその万国博開催を大阪でというその発起をしたのが松井さんらを含むあの橋下さん。
    橋下さんは何としても大阪を、大阪という年を日本の一つの都市ではなくて世界に知られる都市、世界で大阪という名前を聞けば、ああそれは日本の都市だと、誰もが知るようなそういうとてつもない夢をかなえると、誰に聞いてもわかるような、そういうニューヨークのようなそういう都市に大阪をしたいと、壮大な思いとともにこれに向けて実現に何が必要かを即座に見つけ、壮大な行動に出た。

    あらゆる手を駆使して世界に大阪という名前を知らしめる手に打って出た。

    オリンピックというものすごいイベントが東京に決定したことも、この万博誘致という大イベントに少なからず背中を押してくれたことは言うまでもない。東京という名称が出ることで大阪が日本の中の一都市だということが大なり小なり認知されだしてきた。
    そこから一気に観光産業に協力の行政から後押しをして行政主導で日本の観光というものを東京よりも大阪が主導してそれを世界中に広報していった。
    発信の拠点はそれまでの日本でやっていた海外向けの日本国内での観光事業産業の世界に向けての広報を、これが今までは東京、京都中心の観光事業広報という内容を、ここから一気に大阪が主体的に動き、大阪の行政を中心に、大阪から日本の観光産業の発展への旗振りを、先頭を切って大阪がものすごい勢いで発信しだした。

    なりふり構わずにとにかく発信をと、この観光という項目に大阪は一大産業化しようと、何処の自治体もそれまでおとなしかった広報宣伝をものすごく総動員でやり動き出した。

    このおかげで大阪が行うこの観光事業への広報がその影響で全国の自治体が大阪に引っ張られる状況で皆が動き出した。
    これこそ橋下さんらが目指した内容であり、橋下さんらが先陣をきって日本中の行政の目を覚まさせた。
    大阪であれだけ効果が出ているという影響、相乗効果で、地方都市もじっとしていられなくて皆が動き出しそれを目指しだした。
    日本中で、全国的観光事業への向ける目がそれがようやく大阪に引っ張られる形で、全国の行政が、行政が動くウエーブへとつながりだし、今では海外から日本を訪れる観光客はもう十年前からは想像できないレベルにまで大きくなってきている。

    こういうことを起こした状態で万国博開催の決定の抽選が行われ、結果今となればここまで観光事業に力を入れ大阪という都市が世界の栞にもトップクラスの都市だと名前が載るるようにまでなり、見事万国博開催が大阪に決まった。選挙で投票した各国代表も昔の大阪と違ってここ数年でこれだけ観光都市となったこの大阪のことをほとんどが皆認識できるまでの認知度が多分できていたはず。

    ★素晴らしい街だ、文化だ、都市だ、人々だと。

    ここまでこれだけの都市に仕上げてくれたのは、
    首長として、政治家として、先見の目とものすごい行動力でここまで大阪を何とか何とか大阪を世界に知られる都市にという橋下さんや松井さんらの物凄い強い思い、まだ大阪が沈没してるところから始まっての見事なⅤ字回復、誰もが想定以上に浮かび上がらせてくれた、ここまでやってくれたと、本当にそのおかげである。

    万国博開催の決定については、これも橋下さん松井さん吉村さんらのものすごい貢献なんだが国を動かしてやれたことがある。
    ★もう一つ大きな要素がある。
    それはみごと大阪で開かれることになった【Gー20】だ。
    これもやっぱり松井さんらの貢献、政治力が大きい。
    国の行政を動かしての大阪での開催を決めさせた。
    これもあまり話題で万博開催決定と関係性を言われていないが、これの開催ということも実は万国博開催を決める各国代表らの手で押す最後のボタンを、背中を押す、押させた大きな内容だと思う。

    以前北海道で行われた当時の先進国首脳会議、その開催地だった北海道、あの時のことを思い出す。
    今の北海道県知事はこの間も中國を訪問し、中国共産党に全面ひれ伏している。
    最近を見ていると、もう北海道は、主権が、日本から中国へと移ってしまいそうな勢いである。

    あの拉致事件を疑いだした日本で、それを当時の知事に伝えたとたん、そこからなんといの一番に北朝鮮側に連絡されて、結果この拉致被害事件が泥沼へと陥ってしまった。
    当時の北海道知事も、今の道知事と同じ、北朝鮮、中国とは密接な間柄である。

    本当に日本は大丈夫なのか。

  25. 仲井 より:

    昨夜だったか小野寺元防衛大臣がBSの番組に出て居た。

    その中で彼が次のように語った。
    今一番気を付けなければならないのは、外国からの機器への侵入によっての機密情報漏えいだとか、盗み取りなどではなくて、そういう侵入ではなくて、もっと行われている可能性があるのは実は日本の国内の事業所から内部的に機密資料、知的情報が漏れ出てる可能性があり、これは政府として絶対に阻止しないといけない旨発言した。

    これを一番気を付けないといけないと語っていた。
    漏れているのは実は日本の国内にある事業所からのほうが多いのではと。
    早い話がそういう防衛装備の機器情報についてだとか、米国から伝えられて日米で協力してやっている装備技術等の機密情報などが、機器製作の研究等の内容が、これが日本の内部から、しかもそれぞれの国の仕事を請け負っているそういう事業所から情報漏れが起きている可能性があり、これを兎に角止めていきたいと。

    米国との信頼関係が損なわれ今後の日米での協力体制に日本自体の信用が損なわれ非常に危険になるのでこれを特に気をつけていきたいと。

    この件は私はもう20年以上前から、装備を作る事業所、日本の防衛装備に関係する企業に直接1時間ほどづつ電話で説明をしてやっていた時期がある。

    ★【現場が非常に危なくなっていますよ】、と。

    中身はその実際の製造研究の現場で、
    ★【すでに日本民族では無いものが日本人に成りすまして日本人になって採用された従業員、研究員、これらがすでに相当数事業所内に存在する可能性があるので、気を付けてください】と伝えてきた。

    ★【これを解決するには、本人の持つ戸籍謄本の、そこに記載されたものらのその中身をきちんと調査する必要があります、その本人の両親、祖父母について、明治、大正、昭和の、その終戦前の時点までの間に、この間の一番古い時点のその時期の、例えば祖父母についてのその記録に出て居る在所の管轄の住所地での、その祖父母ら本人が小学校へ就学した記録、その時の小学校入学式での生徒全員が写っている写真、ここを提出させるかその在所の小学校か図書館で、在学の有無、その事実を確認したほうがいいですよ】と。

    当時は企業側は
    ★【そこはなかなかむつかしい、どうしたらいいかなあ、】という状況であった。
    川重、三菱重工、日立製作所、ダイキン、松下電工、ここらにはもう何度も何度も繰り返し連絡して気を付けてくださいと伝えてきていた。
    まだほかの企業にも結構伝えてきた。

    ★【だからそういう状況が今あるので情報漏れがここの部分から漏れ出るという事態が起きやすいので、そこを今後特に注意してみていてください】と伝えた。

    そこから2000年が来て、そこから以降は、私もパソコンを使いだしてきて、ネット上の掲示板にこれを私は投稿していた。相当やってるが、でも書いて出した投稿は、多くの掲示板の中でその9割以上は削除されアクセス禁止にされる連続であった。仕方なくもう手当たり次第にどんな掲示板でも書いて出していこうと思って出しまくっていたら中にはピンク系のアニメ掲示板にまで出す羽目になった。それぐらい出しても出しても消され削除され続けていた。
    これが10年近く続き、でもあきらめずに書きまくっていた。
    橋下さんに48枚ものA4判のコピー紙に書いて送ったのが2009年ごろのこの時期ごろだったと思う。
    このころにはまともそうな自自討論が可能そうな掲示板には私はほぼアクセス禁止にされていて、投稿ができなくされていて、そういうピンク系の掲示板のところにだけしかそのころには残っておらずに、私が書いて出した投稿は残っていなかったほど。
    一瞬だけ残ってああ大丈夫だと思った瞬間にもう消されてしまい、書いたとたんに見はられてたのかすぐにみんな削除され続けだった。

    パチンコの機器メーカーは、すべてが北朝鮮の直轄の企業だということを皆さんも多分知っていると思うが、もう一つ大事なことはこの小野寺さんの話に関係してくるが実はこのパチンコ機器メーカーで入って働いているものはすべてが北朝鮮直轄の北朝鮮人に限っているのです。
    中で機器開発だとか聞き機能の充実だとかゲーム性の昨日の上達のソフトの開発に直接かかわるものはすべてが正真正銘の北朝鮮人しか入れていない。現場には北朝鮮人しか入れていないのです。
    小野寺さんが日本の国内の事業所から漏れ出るというのはこのパチンコメーカーの場合には絶対にこれができないように従業員はすべてが正真正銘の北朝鮮に親族の存在する北朝鮮人に限っているのです。

    つまり私が心配してるような内部から漏れ出すとかの内容はこの北朝鮮民族だけでしかこいつらの現場はいないのでパチンコのメーカーからは内部漏れはまずないといっていいわけです。

    ところが日本のいわゆる防衛装備を作っている大企業には日本の国籍を騙し取った朝鮮民族が日本人のふりで従業員として採用されているわけです。

    だから怖いといってかねてから私は連絡をいつもしていて重ぎ要員の身元について徹底的に調査をしたほうがいいと助言をし続けてきた。

    北朝鮮のあんなパチンコの機器でさえ彼らは北朝鮮人にしか内部の研究、機器を触らせていないのに、日本の機密の事業所にこともあろうに朝鮮民族を調査もおろそかにして日本人とだまされて採用している。
    そら内部から北朝鮮や中国に技術が漏れ出るはずである。

    ここを今後徹底しないと日米での防衛での情報交流での協力関係がむつかしくなるだろう。

    いまでは血液で調査ができるので、民族判別を必ずやってから採用することをやるべきである。
    戸籍謄本に記載内容と血液検査での遺伝子情報を重ねてそこからわかる騙し工作を見破るべきである。

    この欄続く

  26. 仲井 より:

    もう一つ気を付けることは、
    日本のテレビ局のカメラを、防衛装備の中(駆逐艦だとか空母だとか、潜水艦だとか、イージス艦だとか、戦闘機だとかの内部にまで)にまで、絶対に入らせない、入れないことだと伝えてきた。

    以前にも土曜日にやっている報道特集のTBSのあの連中を、何と最新式の自衛隊や海上保安庁の所轄する艦艇の中に入れてやって、防衛装備の心臓部をカメラで写させてそこで内部撮影までさせていた。
    呑気というかとんでもない危機感のなさである。

    まあ航空自衛隊や、海上自衛隊、海上保安庁の現場の装備艦の日本の指揮官らは、これら日本のテレビ局の者らが、奴らは日本人だとそう思い込んでいる状態で、日本のテレビ局だから大丈夫だと思ってたようで、こいつらが実は朝鮮半島と密接に関係するものらだということを全く意識もしていなくて、ここも見せてくださいとか言いながらどんどん奥のほうまで入っていき、カメラでそのままふさがれることなく平気で写させ、奴らが要望すると、まあ仕方ないですねえどうぞという状況で、結構内部の機器類の終結部まで、そんな部分にまでカメラで撮らせていたことがある。

    私はこれを見て週明けに防衛省と、防衛大臣と、その時のテレビ取材を受けていた現地の日本の自衛隊他それぞれの駐屯地、海上保安庁の日本の基地、各地方面隊本部、にすぐに連絡して、今後絶対に内部には入らせないようにするべきだと、その理由は、奴らの正体を知っているのかと、彼らは日本に存在する朝鮮民族で、そのカメラで撮った映像は、さっそく昨日の時点でもう中国や北朝鮮には、映像ですでに送られてますよと、それぐらい判断してわかりなさいよと、叱責したら、
    【日本のテレビ局ですよ、まさか大丈夫ですよ、】と発言したので、
    【では東京警視庁で確認してください、奴らが実はどういう者らかを、奴らの本当の身元、本当の狙いが何だったかの、しかも本当の奴らの実態がどういう者らかを】と、
    そう伝えた。

    まあ私が伝えたことでそれ以降は、まあテレビを見ている限りこういう自衛隊やそういう防衛技術の集積場所への彼ら日本人に化けて情報収集をやっている朝鮮民族からの取材は何とか断ってきているように見える。
    日本人に化けて情報収集している朝鮮民族からの取材は断っているようで、カメラ取材はさせていないように見えるが。

    内部へのテレビ局のカメラが入ったうえでの潜入取材は一切させていないようだが。
    見せていい場所と機密にする機器の羅列してる心臓部まで見せるのでは、全く意味が違うし、ましてや相手が日本人に化けた朝鮮民族、北朝鮮中国とは近親に近い連中、こんな連中になどなぜカメラで迄取材をさせたのかを、ここの部分を今後絶対にさせないようにしてくださいと、忠告した。

    彼らの事を日本人だなどと信用してるほうが日本の防衛をやっている現場の指揮官が、甘すぎるしおろかすぎると。
    今後気を付けてくださいと伝えた。
    この欄続く

  27. 仲井 より:

    まあ毎日毎日刑事件は起こるし、
    悪質極まる不正は起こるし、不法を何とも思わぬ輩が平気で不法行為を起こすし、毎日のように起こるし、またそれと並行して毎日のようにどこかが起こした不法行為について、それをサラッと不法行為での責任を取る素振りだけの謝罪をする場面を見るし。

    ★昨日からの報道で出て居る振り込め詐欺の、卑劣極まる悪質な不法事件での逮捕。

    ★渋谷でのハロウインでの不法行為事件、

    ★高校での、クラブ活動での、生徒が所持するスマホで提出がなかった云々とかでのどうのこうのに我慢がならんという理由で、監督(教師)が、我慢ならずに、脚でそこらじゅうを蹴る殴る、とび蹴りを入れるというもうすさまじい卑劣な暴行事件事案発生。

    ★相撲界でのまたまた起きた下のものへの卑劣な豪打事件。

    ★九州の大学の准教授による金属機材でもって研究室の部下を数回僕打、大けがを負わせる事件。

    ★養護学校施設教師による発達障害の子供たちを、当たり前のような態度で蹴る、足蹴にしての卑劣で薄汚い蹴る行為、足蹴に身体を踏みつける行為までしていた事件。

    今日の事件報道のこれら、発生した事案として、これだけ出されている。

    日本人は今日出た事件のこれら事件事案で、モンゴル人も含めて、テレビで今日写真が出た多くのこれら事件の直接の当事者ら、謝罪会見をした連中らも含めてこのものらで、そこにひとりでも日本民族の日本人がいてたと思う人は、日本全国でいったい何人いてるでしょうねえ。
    あの中の人物らで。

    もう大学の教授連中や学長理事長連中らで日本人はもう探してもむつかしいのでは?

    百田さんがこの間日本の大学へは共産党系が戦後ほとんど入っていって教授らをこいつらが占め出したと確か言ってたと思うが、そこはちょっと違っていて、本当は共産党員の日本人ではなくて、元々は朝鮮民族で、その後戸籍を日本の国籍に化けて、日本人に化けた朝鮮人が、国公立の大学に入って、そこで重要地位について教授らを占め占有しだしたということ。

    山崎豊子はそこをついてあの財前教授の白い巨塔を書いた。
    そこの中は、日本の国立の大学機構でありながら、もう日本の世界ではなくて、ほぼ朝鮮民族の教授らが仕切って国のトップ機関をすでに異邦民族の連中が牛耳りだしたことをつづったのだ。

    ★あれら事件の中で、今日見た報道の中で、日本民族はそこに居てたと思いますか?
    私は皆無に見えたが。

    この間の日本大学といい至学館といい、東京医科歯科大学及び教職員組合といい、これらと同じで、昨日と今日報道で出たそれらの上記した内容をとらえただけでも、この中で、テレビで映った連中で、日本民族は果たしてどこに居てると思われますか?
    精神が日本的云々ということではないですよ。

    正味の民族判別でということで。

    私は皆無に見えた。

    ——————————————————
    ★ハロウインの軽トラック横倒し等の騒乱事件事案、
    ★高校での教師命令に従わずスマホ携帯を預けなかった等での教師から生徒部員へのすさまじい暴行事件、
    ★昨日報道の、振り込め詐欺での逮捕事案、
    ★大学准教授による金属機材での研究生への頭部豪打による傷害事件、
    ——————————————————

    これと相撲界で起きた事件事案は、ちょっと違うところに気づく。
    以前に書いたが、この事件事案を並べてみると、内容で、実は首から上と、腰から下の違いがある。

    同じ暴行をやるにしても、素手で、手で殴ってるのか、其れとも相手を痛めつけるときに機材などの武器をもって相手を殴るのか、足で蹴ってるのかの、ここが全く違う。

    日本民族は、武士道の精神があるのか昔から足ではまず攻めない、普通に誰でもまずは、相手と戦う時、普通に腕で戦おうとするし、上半身で相手と戦う。

    ところが、朝鮮民族はとにかくまずは足で相手を蹴ってくる、しかも相手が倒れたらそこから必ずと言っていいほどに寝転がって倒れた相手の顔及び首のあたりを徹底して蹴ってくるしとにかく手はほとんど攻める道具には使わずに、とにかく足で、足で蹴り上げてくることが喧嘩の常道手法だ。

    日本人であれば倒れた時点で普通は手を止めるがだがここからが日本民族と朝鮮民族の決定的違いなんだが奴らは倒れてからのほうが激しく蹴ってくるし、倒れたらそこで一応は喧嘩も終わりのはずが、やつら朝鮮民族は、抵抗できなくなった状態からそれまでよりももっと徹底的に激しく痛めつけてきて、蹴り上げて踏みつぶして蹴ってくる。もう相手が倒れて戦う意思がない状態からのほうが、そこからのほうがもっとひどい蹴りや豪打をぶつけてやっていく。脚で顔面を蹴り上げ踏みつけ儲けものの域を超えるまでに痛めつける。
    コンプレックスを持つ民族は相手が弱い部分を見せるともう徹底的にその弱みに付け込んでいく。
    薄汚さは世界にも類を見ないだろう。

    人間の細胞と違う細胞の遺伝子を持つこの民族と人間で付き合っていくのは非常に困難だと私は思う。

    だから一番いいのは、彼らの事を、地球上の人類には入れないことだ。
    人間だと思うから人間と同じ土俵で並べて語ってしまうが、その枠から部外者だと、遺伝子的には純粋人間でもない、そうかといってイタチでもない、中間にこの世に存在している細胞から構成された特殊生き物細胞だと解釈するしか思いようのない種類のものだ。
    ればいい。其れしか解決できない事柄が日々日本でも世界中でも起きている現実がある。

    細胞的にも遺伝子的にもちょっと経路の違う外の生き物だと思っていれば、何か起こせば、違法不正行為を起こせば普通に処分も追放も普通に可能である。

    ここまで来たら人間の細胞では理解できないことが普通に目の前でこの日本で起きている現実を毎日のように見てれば、もう限度を超えているし、法というものを特異細胞を持つ生き物に納得させるのは根本的に不可能だということを日本民族は認識しないといつまでたってもこういうことで日本国内が攪乱され、国家自体が異邦民族の好き勝手に動かされそれこそ侵略され(もう朝鮮民族にこの日本という国は現状霞が関も自治体も公務員の世界から企業から大学学校の現場までほぼほぼ占領され支配されている実態がそこらじゅうにある)て生き、こういう細胞を持ったものが日本人だと化けて、さも日本民族の人間が日本の国の【政】をやってるかに見せて、でもその実態はほぼ朝鮮から入ってきた人間の細胞を持つ生き物が支配している。

    このままだとこの連中が日々日本で犯罪を起こし、そのおかげで世界からは日本人が犯罪を犯してるかに見せてしまい、日本が世界中からのレベルが、とんでもない犯罪国家にされてしまう。

    こんな連中とは一日も早く縁を切りたいと思う日本人は、日本民族の間ではもう大多数であろう。

    できることなら日本でも新法を作って、アメリカのカリフォルニアやシアトルシティーのように、

    ;【朝鮮民族排斥法】
    ;【中国共産党関係者国外追放法】

    ★こういう法律を日本でも真剣に考えて作ってもいい時代に来ているのでは?

    一番いいのは、まずは基本として、人間だと思わないことである。
    人間の細胞も持ってるが、でも人間が絶対にもてない、持ってるはずがない細胞を持っている生き物が、この日本の国内で日本人に成りすまし、日本人に戸籍ごと化けて、日本人として国内で戸籍の上でも民族は同じかに同居して存在してることを、日本の国民全員がその異常実態を認識し学校でもきちんとこの遺伝子と細胞がそもそも違うのだということを学校でもきちんと教育の現場で教えていくべきである。

    どこかの国の中での日本人在留のことを話していたが、戦時中にはそれまでそこに居てる日本人が初めはわずか1000人ほどだったものが、戦後今では1万人ほどにもなっているとか。
    日本では終戦時日本に居てる朝鮮民族は60万人だと勝手に作った数字を発表し府不思議なことに戦後70年以上過ぎてこれだけ平和でいい国の日本の中で朝鮮民族は今もやっぱり60万人だといっている馬鹿が居てる。
    誰が考えても最低でも5倍10倍になってるだろうに。
    あれだけ貧しくて食うものもないような国にいててこんな裕福な日本に入って着てその人口が朝鮮民族だけ戦後全く増減していないなどという年次報告をさせているこの日本はもう朝鮮民族に霞が関も行政もほぼ占領されている証である。

    そんな嘘を平気でそれをやれるところが日本の役所自体がもうすでに朝鮮民族が支配し、勝手に作る資料で日本民族は騙され、ここまで来ている。
    この在日の朝鮮民族の数値について、公表された数値を見ただけで、いかに霞が関が日本の日本民族の手にないことを表している。
    日本民族では無いところがこういう発表でよくわかる。
    私はもう2500万人を十分に超えてきていると思っている。

    各政党の得票数で見たらそれがよくわかる。
    朝鮮民族が主体の政党が日本国内で撮る得票数はもうそれで測ると優に3000万近い朝鮮民族が日本には存在してると思って間違いなさそうだ。

    日本人であれば、

    ★共産党、公明党、社民党、立憲民主党、自由党、及び国民民主党、これらにはだれが考えても日本人は投票はしないだろうに。日本民族は。

    まあ大阪では、日本国家のことを考えたら、自民党に投票するなど自らで朝鮮民族だと宣言してるのと同じ意味があるほど考えられない。
    これらこの連中に投票するなど、朝鮮民族だと自分で宣言してるのと同じようなこと。
    大阪ではこれに自民党が加わるほど、朝鮮民族が幟と旗と朝鮮国家でよく見る例のあれ、そう、いつも韓国で見ているのと同じあの下劣な欲だけを欲しがるプラカードで、いつまで行っても下種な朝鮮流選挙をいつもやっている。
    特異な地域で、大阪だけは全国よりも朝鮮民族が突起して日本人に化けて多くが存在している。
    それが大阪なので、大阪では自民も共産も創価学会公明党も立憲民主のこれら朝鮮民族議員らで手を組んで、みんながつるんで欲だけを欲しがった選挙に明け暮れている。

    人間を普通に平気で足で蹴るあの民族の素性、抵抗できなくなったものにはニタニタ笑いながら喜んで、さらにそこからそれまで以上に徹底して痛めつけていくのがやつら朝鮮民族の、あの民族の卑劣で薄汚い本質である。

    しかも倒れて寝ころんだ相手に対し、顔面をわざわざ自分の足の靴のほうを向けさせて、顔と首元、ここを徹底的に蹴ってくる。
    要は殺しに来ているのだ。

    頭を兎に角徹底して中心に蹴っていくんだが、倒れてるところを、そこから足で相手の寝ころぶ向きを自分のほうにわざわざ顔を向けさせてその顔面向けて脚で蹴っていき、念には念を入れて相手がびくりとも動かなくなるまで蹴り上げていき最後は特に顔や首を足で踏みつけてくる。

    日本人は相手が倒れた時点で手を出さずに普通はそこでやめるが、ここが日本人と朝鮮民族は根っこから実は大きく違うのだ。
    朝鮮民族は相手が無防備になって抵抗できなくなれば、そこからが本気の痛めつけが始まる。
    日本全国で起きている学校のいじめ事件事案が実はそれなのだ。
    一寸弱いと思った時点でもう徹底して死ぬまでと思うぐらいまで痛めつけやってやり続ける。
    痛めつけの暴力をしないならその見返りに金を出せとやってくる。
    もうこの、この繰り返しが現在も全国の学校で起きている。
    日本人は相手が弱いとその時点で普通にやめてしまうが、奴ら朝鮮民族は違う、奴らは自分よりも弱いとなると、もう際限なく、徹底して限度なしに暴力と金銭を重ねて加えて要求と暴行を繰り返し、痛めつけていく。

    その行為は抵抗で力を見せない限り、もっともっとひどい状態で暴力的に痛め続けてやってくる。
    これはもう朝鮮民族の中で存在した上の身分の者から受けてきた奴隷痛めつけのそれと同じことを日本には奴隷制度はないんだがそれと同じことを朝鮮民族は日本でもそれがあり通用するもんだと思い込んでいるのだ。

    自分ら奴隷が受けた朝鮮の歴史、その理不尽さの歴史を今度は日本に来て、奴隷制度も一切ない日本で、奴らは日本人に向けて朝鮮の内容を、日本で日本人に向けてやっているのだ。
    日本人は基本乱暴者の民族でもない純朴な民族だから、奴らケダモノのような行為が平気で出来る獣民族にしたら一番簡単なのだろう。好き放題やるには。

    だから辻本清美の場合でも、あれだけ薄汚さが存在するのに、その民族的持っている本性の獣の部分に恐れをなして、テレビ局も新聞社も誰も手を出さない。

    大阪の府警本部長に頑張ってもらうしかない。

    呼吸の息の根を止めに来る。日本であれば喧嘩の後、昔話では最後お互いに握手で終わったりするが、朝鮮民族は相手が弱そうに見えるともう息の根を止める状況で直接暴行を徹底して気絶しててもまだ殴る蹴るを止めずに続ける民族。
    日本に3000万人もになっていたら軍隊が出ていかないと日本でこの朝鮮民族を抑えて国外追放などできるのかねえ。国家が命がけでこいつらを国外追放するとなれば、国内的には破防法と、騒乱罪が適用される事態にまで、、、、、それが日本には来るのだろうかねえ。

    それとも奴らを野放しで放置したままにするのかねえ。

  28. 仲井 より:

    >東京医科歯科大学及び教職員組合といい

    これについて訂正です、
    東京医科大学の間違いのようです。

    まあどっちも同じことはやってると思うんだが、でもまあここに書いたものは東京医科大学の事なので訂正します。

  29. 仲井 より:

    明日の夜にNHKBS1で放送される内容についてNHKに連絡した。
    【戦災孤児、、、、、」、、云々の番組。

    日本人の皆様もこれを見て、よく見てどこがどうおかしいのか、終戦になりその時期の日本で何が起きていたのかを、これを全くこの当時を知らない人がこういう工作員の工作活動にだまされないためにも一度これを見てもらえればいい。
    いかに嘘のでっち上げを構成しそれをいかにも日本が戦争を行ったそのせいだと、それぐらい日本はこんな子供たちにも被害を与えたこれだけ日本という国はとんでもない国だったんですというこの朝鮮民族の悪意ある狙いが目的で構成制作したことがよく解るはず。

    朝鮮民族が日本国内でどういうやり方で印象操作をやっているのか、そこにはどういう狙いがあり彼らにとってどういう利益をもたらすのかを。

    この番組は、確か以前にも一度放送していた。その時もNHKに対して嘘をさも事実で、それらがあったかに放送するなと。

    その時だけでは、そういう一度だけの放送だけでは日本の国民を騙すことが及ばないので朝鮮民ぞがよくやる手で何度も何度も嘘を事実化のように何度も報道で出す。
    そのうちこのウソを真実に思い出し虚偽内容が事実だったかに見せかける手法。

    慰安婦についても、終戦前の朝鮮人労働者ののないようについても、嘘ばかりを拡散し世界中にこんなでっち上げを広めていくこの民族の違法さをそっちをなぜ糾弾しないのか。
    なぜ違法行為をやっている朝鮮民族プロパガンダを後押しし日本のNHKがなぜそれを先陣をきってやるのか!と。
    嘘を何度も何度も拡散させ、戦争を知らない若者にさもこれが事実かに見せかけ浸透させていく悪辣な朝鮮人によるいつもの巧妙な工作活動であり反日の日本国内での活動の一環として作られたものだ。

    あの野麦峠でもそうだし、朝鮮民族がこういう内容をやるとき必ず持ち出してそれに結び付けるのは涙を誘うようにストーリーを構成させそれでいかにもかわいそうだという感情を作り上げそれで人間の本質の情というものを、そこに絡ませていく、日本人が世界の人道主義者らに嘘で作り上げた内容を事実がさもあったかに作り上げ、物語に仕立て上げ嘘をそこに巧妙に挟んで工作をやる。

    一度では騙しきれないのか再度こうして何度も放送している。いつもの朝鮮中国の手だ。

    この間放送されたときにも、それを見た時にもNHKに嘘で作ったものをやるなと連絡をした。

    何処の部分がおかしいのかをそこを説明して、この内容は日本国内の朝鮮民族が、NHKという媒体で悪意見え見えで朝鮮中国の意向で行っているいかにも悪意がそのままの印象操作をやってる内容だと。

    日本の公共放送でこういうことをまだやるのか!と。

    こういう虚偽の内容を放送することが、日本をどれだけ陥れる結果になるかを、嘘を作り上げてこういうストーリーを作って騙していくこの朝鮮民族の得意中の特異な悪徳商法を、手法をまだやっていくのか!と。

    それがどれだけ日本の国民を傷つけ、国益を失うのかの、その意味をNHKは、それを知ったうえでそうするつもりでこういう虚偽の中身をいかにもさもそうだと思わせる内容で放映している。

    日本国民はNHKに対して文句を言うべきであり、日本の放送法はこれだけのウソを作り上げたやる子のNHKに対していったいなにも言えないのかねえ。

    まあ放送g法を管理して行政指導也をやる部署に存在している行政マンが実は違法移民の朝鮮民族で日本の国籍を騙し取っている家系のものであったら子のNHKから逆に脅されるかも。
    【お前の日本国籍は正式なものではないのになぜ日本国籍を君は持っているのか!】と聞かれて告げられたら行政のほうでだれもこのNHKに注意勧告も行政指導も一切できないのでは?
    【バラすぞ!】って恫喝されたら、果たして日本国籍に化けている役所のものはさてさてきちんと行政指導できるのかねえ。

    今日、NHKに連絡して、上席を出せと言ったら出てきて、出てくるなり私が、、
    ★【君は日本人か!】と聞いた。

    【ジャパニーズです】と答えてきた。

    まあ皆そういうので終戦時の時期の朝鮮民族が日本の国籍を騙し取ったいきさつの内容をこれを説明した。やりだすと、彼はそれまで普通にしゃべっていたものが、そのあたりから無言になり、突然に返事も何もしなくなりだし、ものを言わなくなった。これはきついことになってきたと彼は気づきだしたようだ。
    そこでそこから番組の内容について嘘を出す狙いは何かを再度聞いてみたが、そこからはもう電話を切りたいのか一切答えて説明のほうには入りたくない状況でハイハイだけしか言わなくなった。

    30分ぐらいの電話だったが伝えることは伝えた。
    【嘘はやるな!、このドキュメントを作った現場のものは日本民族では無い、日本人はこんな嘘にお内容、終戦時にありもしないことをさもあるかに放送することはこれは或る意味犯罪と同じだと伝えた。
    この番組を制作したレンツ夕は明らかに朝鮮民族だ、遺伝子検査をして民族判別をやればすぐにわかる。お前らの好きな”肩書”に虚偽内容がついている可能性があるので、本人が日本国籍の人物として採用したならそこに違法性が出てくる。国籍だまし取りで。

    日本人はこんな嘘の番組は作らない。したがってこれを制作したものは朝鮮民族だとしか考えられない。
    早急に経歴詐称でNHKに採用されている可能性もあり、また別にも、もう一つ大きなことは、日本の国籍を騙し取っている可能性が高い。すぐに血液採取で遺伝子による民族判別をやれ】と伝えた。

    悪質にもほどがある。
    朝鮮民族が常にやる、嘘をでっちあげていくいつもの手法で、これを日本のNHKがやってることは、朝鮮半島、中国を喜ばせ、彼らのプロパガンダを世界に拡散させ、彼らの思うつぼにもっていこうとする中国朝鮮との協力で作ったような内容になっている。

    まあこれでもかこれでもかとよくここまで嘘を流して日本国内の朝鮮民族が反日の活動でこういう状況で毎日のようにやっている。

    ★番組の中で出てくる内容、
    以前にもここにも書いたが、
    終戦の空襲を浴びて終戦になった直後の焼け野原となった日本の都会の都心の路上で、親もいないし身寄りもそばにいない、行く当てさえもなく呆然と、子供たちが浮浪児のように物乞いや、先が見えずにどうしようかとものすごくかわいそうな運命に追いやられた。これは日本国家が起こした戦争で起きたことで戦争はこういうこんな幼い子供たちにここまで残酷な仕打ちをやり、こんな人道的に許せないことをしたとの結果を作ったと、日本はとんでもない国だというプロパガンダストーリーに組み立てての内容である。

    この戦後の時期のものとされるこの白黒のこの時の写っているフイルムは、これは日本の国内の日本の焼けた都会の都心を映しているのは間違いないのだろうが、だがNHKは隠していることがその映像の中に実はあることを一切隠して説明していない。

    そこに移っている少年子供たちはあれは日本人の子供たちではないということがまずは第一のウソ。
    差も日本人の子供たちがそこに移っているかに見せている見ている人にあれは日本人の子供と間違えさせる勘違いさせる映像なのだ。NHKが、この中で映っている子供たちはいく当ても亡くなった朝鮮民族の子供たちですと語りでそこに入れていれば私は何も言わない。
    日本に当時住んでいた多くの朝鮮民族の子供たちが田舎を実際に日本国内で持っておらず、日本の田舎へと疎開など一切できずに、空襲の間もほとんどの朝鮮人は者の陰で身を隠すにしても都会の中でしか子供たちは空襲から逃げられなかった。

    日本人の子供たちは学校からだとかの命令で、既に地方へと疎開して空襲のあった時期には日本の都会には日本の子供たちはそもそも疎開して都心になど居なかったし、そこの都会になどほとんどいなかった。

    私の実家にも戦中の頃のまだ終戦になる前ごろには、都会にいてた子供たちが、親族だけであったが、大勢で疎開して私の家に居て生活を共にしていたことがある。
    周りの近所のうちでも皆都会に出ていたものらが特に女性と子供たちはその時期大勢で田舎に帰ってきていた。

    つまり都会に残っていたのは日本人の子供ではなくてほぼ朝鮮民族の、親族などから、見捨てられた子供ら、親からそこらへんに棄てられた子供たちだったというわけ。
    その子らを日本政府は、かわいそうだしと、朝鮮人の家族親族がそれらの子供たちを路上で放置してそこらじゅうに棄てていたので、見かねた日本政府は、その子らを一斉に集めてきて、まだ親切にキリスト教施設などに頼んでそこで身元を引き取ってもらったりまでしていた。

    何処まで日本という国が人道的に子供たちを預かって国はその子らを守ろうと努力をしたことか。
    疎開命令だって子供たちの命を最優先で支持を国命令で出している。
    こんな国は朝鮮と比べたらすぐに解ることで自分の子供を売り飛ばすだとか自分の娘を父親が妊娠させてその生まれた子供を売り飛ばし娘をまた売り飛ばすというもう人間ではないことを平気で奴らはやってきた。

    個々の部分をNHKが放送するのであれば事実のドキュメントになるがこうやって日本という国を陥れるためにもうここまで徹底的に嘘をまき散らし結果そこから日本の財産税金を食い物へと持っていくこの民族の悪辣さは看過できないところまで来ている。

    私がここにこういう事実ですということを書くまで日本国民の中ではああいう終戦時の浮浪児の子供の姿が映った映像の動画フイルムを見せられてそれがいかにも日本人の子供たちが当時困難だったんですと見せられたら多分今までそれを信じてそう言うウソの内容をだまされて思い込まされてそういうことが当時あったんだと思わされてきた日本人がものすごく多いと思いますがあれは全くの虚偽です。
    】移ってる映像はg本物でもそこに写っている人物子供たちはあれは日本人の子供たちではありません。

    あれは朝鮮民族の小路面たちです。
    勘違いされられていたでしょう?
    違いますよ。
    あれは日本人のみなしごたちではなくて朝鮮民族が日本の都心で棄てていた子供らです。

    朝鮮民族は日本の政府はああいう子供たちが路上にいてれば必ずどこかが引き取って面倒を見るということをわかったうえで日本で棄てても大丈夫だと役所がきちんと子供の面倒は見てもらえると、朝鮮では棄てたらまずどこかに奴隷で売り飛ばされるが日本では間違いなしにどこかが預かってご飯を食べさせてくれるはずだとわかったうえでああやって自分の子供であろうが見捨てて捨てていったのです。

    だからフイルムに移っているあれら子供たちはみな親から棄てられた朝鮮民族の子供たちです。
    日本人の子供たちではないのです。

    NHKは、あれを映像を流していかにも日本人の親が戦災で死んだりしてそれらでみなしごにされ戦争で子供たちがこんなひどい目にあわされた。日本という国はこんなことまでして戦争をやったと、なんと酷い国だと、人道的にも子供たちにまでこんなことをしたのが日本だと、jこんな嘘の内容をくっつけて差も日本が極悪非道な国であったかを連想させる手段にこういうことをそれも嘘の内容を嘘とわからぬ工作で構成し日本人に嘘で信用させ、日本の終戦時を知らない世代にそう教えて嘘で作り上げたプロパガンダをやって日本国家を陥れようとの目的でやっているわけです。

    たぶんあれを見た日本の人はあのNHKの放送にだまされる人も多く出てくるだろう。
    全くのウソで勘違いさせていかにもそれを日本人がやっていたかに煽動しでっち上げていく。
    慰安婦も、朝鮮人政治中労働者の内容と同じでこうやって日本の国内からこういう煽動工作でっち上げのウソを作り上げて工作反日活動をやってるわけです。

    一度見てみてください。
    以下に巧妙に朝鮮民族がこうやって工作反日kぉう柵をやってるのかがよくわかる見分けられる映像の放送です。
    騙されてはだめですよ。
    jこれこそ朝鮮民族工作員が作り上げた反日の感情を煽り立てるために作った放送です。

    韓国はおそらく今後はこういうところまで内容に加えてやってくるだろう。
    日本は悪辣な人道的にとんでもない国民だとそう見せる道具に使うだろう。
    日本のNHKが証拠のフイルムを放送したではないか、日本のテレビ局がやってるではないか!」といってまたこういうことを重ねてあらゆる要求に日本の国家国民を誹謗中傷の対象にする材料に使うだろう。

    NHKには日本人はもういてないのでは?
    局員、社員で、日本人日本民族はもう消えていないのでは?
    すべて朝鮮民族がNHKの社員になってるのでは?

    日本人であればまずこんな嘘だとわかってるものを真実の日本人の内容に見せかけてやる手法などやらないし、日本人ならそんな馬鹿なということでやれない。

    もう一つ、
    朝鮮民族の子供たちの場合には、こういう形で日本の自治体が中心になって、地域の住民見守り隊のような、今でいうそうい地域の日本人の力も動かしながら、行政が引き取っていくことになったが、そこからその子ら朝鮮民族の浮浪児、みなしごについては、その行く先はほぼキリスト教関連施設にまずは預けられた。
    日本人の施設ではあずかれなかった(当時愚連隊まがいの朝鮮人がもう都心で悪の限りをしていてそういう民族の子供を引き取るのに普通に施設では怖がって触れずに仕方なく声を上げてくれたキリスト教関連施設、そこに集められた。
    こうしてこんな施設で預かってくれた朝鮮民族の子供らはそこからまた世の中を恨み自分の親を恨み結果世間で邪魔になる存在の一生を送るものが多くなった。
    朝鮮民族が日本で棄てた子供はその後にg本国内でものすごく犯罪事案に加わるようになる。
    やくざや愚連隊としてそこからの人生を送るものがものすごく多くなってしまった。
    そういうキリストの施設に預けられたものが大きくなってそこから日本のやくざの世界に入ってしまい今では日本のやくざの8割以上は実は朝鮮民族が占めている。
    」こいつらはもう日本で本当に迷惑をかけてきたことを自分らで認識もせずにまだ日本にひどい目にあったどうのこうのと嘘を並べ日本から税金をむさぼってきた。
    もう本気で付き合いたくない民族としか言えない現状である。

    だから終戦後まなしの頃にキリスト教の関連場所で育ったという経歴を持つものは、こういう戦後の時期のこういう流れで育ったものがそうであり、ほぼ朝鮮民族の親に捨てられたか、戦災の時期に親とはぐれて朝鮮民族の親がその子を探さなかった子供たち、日本で棄てても日本政府はきちんと見捨てずに育ててくれると、そういうことだったということになる。

    この欄続く。

  30. 仲井 より:

    日本で起きているねずみ講の首謀者は、日本人はいないといっていいと書いたことがあるが、創価学会こそ体のいいねずみ講組織になっていることを皆さんは認識してますか?
    葬儀が行われたら、その葬儀は当然ですが創価学会が仕切り行うことは皆も知ってる通り。
    ほかの宗教で葬儀を行うことは、やることはまず許されないしきたりで、ほぼ内容としては強制されるに等しい形で指示されやられる。
    葬儀費用は無論、喪主側の個人(個人ではあるが一応は学会員)負担。
    奇妙なのはその葬儀で集まった香典は、仏さんに供えられたお供えは、無条件ですべて創価学会が没収する。

    ちょっと面白い話が合って、
    一人住まいのお年寄りが亡くなった。
    亡くなるまでは、たまにその老人の家を訪ねていた。でも尋ねるタイミングは新聞の購読の件か、年に一度の、創価学会が今でもやってると思うが年末に強制的に近い状態で要求する金銭、これを徴収(特に身寄りがほとんどいない一人住まいの老人を狙ってやる)するんだが、名目は寄付金。
    その時の創価学会は全国地域ごとに配備している支部長ら数人が中心になって、この寄付と称して金を徴収する。この金額にも、この地域支部では実はいくら集めるというノルマを課せられる。
    そこでこういうお年寄りで、身よりも近くにいない一人住まいの老人を狙って金銭を(大体は一口1万円)要求しこの金を集めるために、ほぼ強制徴収に近い状況で要求し年末ごとに一斉に毎年のように地域を支部長は走り回る。
    今頃たぶん支部長にはこの金を集めて来いという創価学会の本部からの指令で、日本全国隅々まで、気の弱い言われると言うことを聞いてしまうような、まんまともろ手に泡の金を出せそうな老人相手に目印をつけ、毎年のように1万円づつ個人から徴収に走って回ってることだろう。
    各地域支部長ら毎で数人ごとで、学界から起こられるので必死でまんまと騙しの口上で丸め込んで、この寒いこの時期にいつもやっている地域の老人狙いで今走り回っている集めている時期であろう。

    【もしも体調が悪くなったりもしもなくなっても創価学会が全部面倒見ますからね】というこの甘い言葉を垂らしながらだまして老人にすれば高額な1万円もの金額を徴収しているのだ。
    ★私に言わせれば創価学会がさもこれから先何かあれば全部助けてあげますよという巧妙な嘘を流しながら騙し取ってるとしか思えない詐欺と同等の行動。

    次のようにこういう言葉を投げかけていかにも年寄りに我々は寄り添ってますよ、困ったら創価学会と公明党であれば助けられますからね、ということをしゃべりかけながら、

    【選挙が近くなってきて(実は日本はどこかで毎年のようにどの地域ででも誰かが選挙が行われているので、年がら年中そういう理由をこいつらは老人に伝えて金を巻き上げる)創価学会も選挙で大きなお金が必要なんです。
    皆さんが年老いて、でもこうして今普通に生活ができているのは皆公明党のおかげです。公明党が居なくなれば皆さん年老いた人たちはみな見捨てられその日の暮らしにも困りますし病院へも行けない日本になります。
    今こうして生活ができているのは創価学会、公明党が居てるからお年寄りは普通にご飯が食べられて生活できてるんですよ。
    公明党がもしも選挙で負けたらもうこの日本ではお年寄りは皆生活ができなくされてしまいます。年金も傷害、介護の保険も、病院へも、お年寄りが普通に行けるのは創価学会がやっている公明党が居てるからこういうことが普通にできているんです。
    公明党がもしも日本から居なくなったら、その日からご飯も普通に食べられませんよ、年金も保険も皆公明党のおかげでやれてるんですから。

    その公明党が選挙でかちには大きなお金が居るんです。何とか皆さんにお願いをしてお金を出していただいてるんです。
    一万円でいいですからお願いします。

    これを毎年年末の11月の末から12月、この時期に全国でやっている。
    金集め活動だ。
    これで調子よくお年寄りの中ですっとお金を出そうもんなら、もうここはすぐに金を出すと、創価学会支部内では知れ渡り、もう何度も何度も、年末だけではなくて、年のうちに何度も着てその度に選挙があるんですどうのこうのといって金を巻き上げていく。

    創価学会は葬儀お通夜では香典、お供えがどのくらい集まるかを見張りに来ている支部長が居てて、状況を監視し、もしも香典お供えでの金額が、大きい金額が集まりそうだったら、そこからは一切家族には触らせないで香典袋ごと総て没収してしまう。

    香典も巻き上げるは、年末には金銭を要求するはこういう金集めの活動をやってできるだけおとなしくて、言われたら言ううことを聞いてしまうような、そういう立場の老人の家でだましてやっている。
    【後のことはすべて大丈夫、面倒見るから】
    このだまし文句で。
    でもこう言ってるがこれは全くのウソ。
    病気で救急で運ばれようが死のうが一切知らんぷり、全く知らん顔で通す。

    資産財産を持っていて、なおかつ一人住まいの老人については葬儀のことも積極的にかかわってくるが、身寄りも、貧しく、そう裕福ではなくて死亡した場合には、香典も当てにできない年寄りについては、死亡とか病院送りになったとたんに一切顔も見せないし。奴らの期になることはそれ以降新聞の創価新聞の購読が終わってしまうことを気にしている。
    ほぼ新聞購読が切れないかだけのその心配の付き合いだけをやるだけ。
    あとのことは任せてなど全くのウソもいいところ。
    そんな人(死亡した年寄り)のことは、私は知りませんレベルの対応に急変する。
    これが宗教というから恐ろしい限りである。
    だから私は騙しのねずみ講だといっている。
    日本人が絶対に手を出さないし日本人が主導で絶対に起こさないこのねずみ講、さすが朝鮮民族の本性がそのままの創価学会公明党らしい内容である。
    日本民族にはこんなこと絶対にできない。
    年寄りに近づいて騙して新聞の創価新聞を取らせなおかつ年末には必ず毎年一万円ずつ徴収するこの連中ってただの泥棒だと私は思うんだが。

    まあ創価学会以外の宗教の仏壇は、乱暴に叩き割るという勢いでぶっ壊し、足蹴で蹴って足で踏みつけ、叩き壊し仏壇を今度はそれに火をつけて庭で燃やさせるこの創価学会という宗教の名を借りたネズミ講って、これって、こんなの合法なの?

    日本に違法に入ってきた朝鮮民族が日本で稼げるという部分に宗教をまんまとはめ込んでさも心の宗教のように見せかけてのこんな金奪い行動を平気でやる集団、逮捕案件ではないの?
    大阪府警本部さん、
    これって逮捕要件に入らないの?

  31. 仲井 より:

    創価学会に入信したとたん、学会員が家に来てそれまであった仏壇をたたきつけ壊し、
    なんとその仏壇を足蹴で蹴って踏みつけて壊すというこんな考えられないシーンを、私は田舎で目の前ですぐそばで、近所のお家で昭和30年代に見た。

    私の家の近所に、もう5年ほどで定年が来る高校の英語のグラマーの教師が、その時期うちの田舎の実家の集落内の近くに住んでいて、ちょっと複雑な家庭環境が当時そのお家で起きていて、子供のことなどで教師のご主人が悩み、その教師は何かもうやけくそになっていて、当時うわさが出てきだした新興宗教の創価学会の学会員から口車に載せられてまんまと誘われて創価学会に入信すると言い出して、周りのその人の親族の反対を押し切ってそのご主人は独断で入信した。

    家庭内で混乱して居てその教師が、学会員の話を聞いていてまあ一度入ってみると、きっとよくなるからと毎日のように言ってくると、だからそれだけ本当によくなるならと試しに入信して入ってみると言ったらそれからすぐに創価学会の者がその人の家にやってきた。
    ★そこからがちょっと想像を絶するような目を疑うようなすごいことになった。

    私は周り近所の子ら数人と一緒にちょっと興味がわいて、近所だったので一応見に行った。
    私の家周辺はみな同じ真言宗の昔からの檀家さんばかりで、日蓮宗というものすら我々にはちょっと意味が解らない状態のまま居てるその目の前で、そこで起こった。

    真言宗の昔からの一つのお寺さんの、お寺さんの檀家だったこともあるし、周囲の多くの近所に住む檀家さんらは皆反対の中で、それが起きてちょっと怖かったことを今でも覚えている。

    そのうちに創価学会の会員と称する二人連れがその家にやってきて、その足ですぐにそれまで置いてあった真言宗のそのお家においてある仏さん、その仏壇を、やってきた学会員二人でその仏壇を抱えて表の庭にもってきて、その仏壇を二人が、ドーンと大上段に持ち上げてその場から地べたへ叩きつけて仏壇はバラバラに壊れ、潰れた。

    檀家さんの一人が恐ろしいことをするんやなあ、とその者にものを言ったら、
    【こうしないと運がついてきません、これはほかの邪気から逃れるためにやるもので、真言宗では柱が家で立ちません、どこででも日蓮宗はこうやります、創価学会はここから始まるんです、新しい仏壇を購入してもらって、そこから本番になります】と。

    彼らは何のこともなくごく普通にいつもやってる雰囲気でそれをやり、次にはその庭一面に木片が散らばった壊れた仏壇を、今度は二人が周りからなんとまあ手ではなくて足でかき集めるように、揃えるように集めて、手は一切使わずに、とにかく足ですべて行い、まるで手で触ると邪心が移るとでも思ってるのか、今度は集めた仏壇のバラバラを、足で蹴ってみたり踏みつけたりをやって、そこから集めて山状に積み上げて、火をつけて燃やしだした。周りになんか変な漆の焼くような匂いがした。

    それをやってから教師の先生と話をしてそれで帰っていった。

    一見すると、もしも事情を知らないものがそのシーンを見たら、【何するんや】と怒鳴りつけるところだが、まあどこかの暴力団が来て、貸した金が返されなくて貸金の形を取り立てに来て、でも差し押さえたものが金にならないので、借主に対してこれ見よがしに嫌がらせでそれを足で踏みつぶして火をつけて燃やして、それで恐怖を与えているよく見る愚連隊の映画と同じ行動シーンであった。

    今韓国ドラマで見ているとまるであれと全く同じような感じでドラマの最中にしょっちゅう出てくるシーンだが。

    今から思うとああこれが朝鮮流なんだとすぐにわかるんだが。

    こいつら普通のもんじゃあないと、当時私は思った。
    周り近所の真言宗の檀家さんらも、創価学会って本当に宗教なのかあ?
    怖いことするなあ、とても信じられん、あんな乱暴をやってるもんがお寺で、仏さんの前で信心を行ってる信者だとは到底信じられんと。

    もう恐ろしい連中やなあといって、私の近所では皆がそう思った。
    怖がるものまで出てきていた。

    それを見てきたと私が自分の家で私が話をしたら、一番上の兄が、即座にこういった。
    【朝鮮民族は、人間の心など考えないからな、あれが普通やからな】とすぐに言った。
    私が
    【えっ、朝鮮民族なの?】って聞いたら、兄が即答で答えてきた。
    【あれは朝鮮人が日本で信者を集めている、最近やってきた輩宗教や】って、
    そう言った。

    【じゃあ〇〇さんを止めてあげればいいのに】って私が言ったら、
    【本人がやるといってるものを止められない、一度入ってったら中身も内容もわかるから本人はバカではないので気づいてすぐに止めるよ、見てれば解る】】と兄が言った。
    その時が、昭和30年代に入ってからだが。

    案の定、半年超えの8か月も持たなかった。
    ただ創価学会から仏壇を無理やり買わされる羽目になったって、ぶつぶつ言っていたようだ。
    私の兄が想定した通りだった。
    それまでの檀家さんに丁重に謝って、それから1年後ぐらいで、そのグラマーの教師はまた真言宗へと戻った。

  32. 仲井 より:

    昨夜のNHKの戦災孤児をタイトルにした番組。
    見てて気づきませんでしたか。
    よくまあまんまとこういうストーリーに作っていくかがよくわかるはずですけど、でもまだこれに騙される人も日本には多分居てるでしょうねえ。

    涙を見せて当人がしゃべっているシーンを見たら、日本人はいつもそれにのせられてしまうから。

    おかしい点がいくつかあることに気づくはず。

    ;孤児とされる人が終戦まなしの日本の都心の駅周辺でいてたことは、あれを見ていたら事実だとはわかりますよね。ただその内容の中身をNHKは出していない。

    あそこに居てる孤児ら、浮浪児と思える子供たちは日本人の子供だと、NHKはそれを前提としていて、あたかもあの子たちは日本が仕掛けたとんでもない悪い、戦争のその戦争の被害にあっていた日本人の子供たちなんだという紹介をしていて、あれが朝鮮民族の子供たちだとは一切その片鱗すら出していない。
    あれを朝鮮民族の親たちからはぐれたか親が空襲で亡くなったりいなくなったりしてそれでみなしごになったのか、彼らが朝鮮民族の子供たちだとは、一切伝えていない。

    百歩譲って、
    【この中には日本人の子供も朝鮮民族の子供も一緒に混ざっていてたんです、でも日本人の子供さんは当時空襲の前にみなほとんど田舎に疎開していて都会にはいて無くて、でも何かの事情でもしかして残っていた子供がいててそういう目に遭遇してたということなのか、、、、云々】とやれば、まだ内容にちょっとは真実が含まれるのかもしれないが、まあまずその可能性はほとんどないんだが、こういう報道をやるのであればこんないかにも朝鮮民族云々の部分は一切出さずに隠して、日本国家が悪いこんな子供たちにまでこんなことをやったという誇張した嘘の部分、でっちあげる部分は、誇張して作り上げたもので、これはやってはだめで、戦後の本当の真実を、より正確に伝えるべきである。

    あの昭和20年21年23年あたりの頃のこの戦災孤児についてこんな番組を作るなら絶対に出さないといけないこの朝鮮民族の日本の都会での彼らの動向、彼らの日常の行動、つまりこのドキュメントの中で一人の老人は幼い時戦災孤児で最後大阪に出てきて商店街、市場(日本人の持ち物だった土地及び権利を強奪して朝鮮民族が仕切って支配していた市場の闇市)で、食べ物欲しさに店に近づくともう無下にあっちに池田の水をぶっかけられた理のまるで犬頃扱いだった酷い人間扱いされなかったと語っていたが、そらそうだよな。
    その店をやってる連中自体が日本民族の日本人ではなくて、日本で他人の物を奪い取ってその強奪して奪ったその土地で朝鮮人愚連隊が商売をやってるような、そういう泥棒の愚連隊がやってる店なんだから、相手がどんなものであろうが他人を助けてやろうなどという民族でもない連中、だから全くの犯罪者がm偽を切り盛りしてるところの地殻によればそらあっちへ行けって怒鳴られて追い散らされるはず、日本人の店ではないんだから。

    こういう場合にもしも日本人の経営している店であればそういう浮浪児が近くにきてもの欲しそうにしていればもう近づいて、
    【君の親は?居ないの?死んだの?はぐれたの?名前は?これまでどこの小学校に行ってたの?】等のことは聞くはず。
    こんな泥棒して運営してる店の者らが、行く当てもないみなしごの子供の面倒など見るはずもない。あっちに行けって追い散らすはず。

    鹿も日本人の店であれば、その近くにもしも住んでいた子供であればそこのものが死んだとしてもう親が居なければ役所や警察に必ず連絡してくれたはず。そのころは地域の近所の町内の住民同士のつながりは皆ガッチガチに出来ていたので子供がそこらへんでうろついていればそれがもしも日本人の子供であればしかも小学校への就学記録が判明すれば役所は絶対に放置などしない。

    いくら戦災で焼けて混乱していようが、そこは焼けた跡を地域住民みんなでそれを火消しをやったりとかでの、日本は十分に地域の住民自体で協力体制、人を守るという共同作業は浸透していたので、普通に日本人の子供を守っていた。
    これが日本人の場合だ。

    だが朝鮮民族の子供の場合には、子供自体が自分で両親の名前が誰でとか、それを言っても日本人にはだれの事かがわからなかったり、またずるい子は自分の両親が朝鮮人であればわざと自分の親の名前を言わなかったりがあり、結局地域の住民も身元もわからない、本人もどこの町内に住んでいたかも言わない親の名前も言わないということがあり、それらで日本人はそれでああこの子らは朝鮮人の子だとすぐにわかったと思えるのでそれであればどこが面倒みるかの拠点が日本人にすれば、あんな恐ろしいことを毎日やって居る朝鮮人愚連隊と同じ朝鮮人の子供など怖いという見方になってしまい結局怖がって誰も引き取らないし面倒みられないことが起きていた。

    親さえも日本人の子供ではないので朝鮮人の身元など日本人は全く知る由もない状態であった。
    だから放置されていた。
    見つけられずに日本人が手を差し伸べられない状況の条件がいっぱいであった。

    怖がって兎に角触るにも朝鮮民族の子供には日本人住民は一切触れなかった。
    だからキリスト教関連の施設や、身元不明の子(朝鮮民族の子供)らは、急遽作られた養護施設へと預けられていった。
    ここも朝鮮民族が関係している組織体であった。そこに所属する施設員だとか管理するものだとか、教師らの中には朝鮮人が多く存在する組織になっていた。

    NHKが本当にこの戦後の戦災孤児についてこういう報道番組を作るのであれば、
    まずはそこには朝鮮民族の家族と切り離された朝鮮人の子供たちがあの戦争でものすごく多く発生したとまずはそこから番組をやるべきである。
    そのうえで日本の終戦時というのはこういう事実があったと伝えてやるべきなのに中身にこの朝鮮という文言はただの一度も出してこないもうこの自転でああこれは明らかに工作ドキュメントであり日本国家日本人を防毒し日本人がとてつもない酷いことをやったという内容にでっち上げた中国朝鮮からの工作員が主体で主導して作り上げた明らかにプロパガンダのでっち上げ内容だ。

    日本は今NHKをはじめ日本のテレビ新聞および多くの出版物、それを出す大学の教授ら連中、もう日本国家をどうやって潰そうかと、どうやって日本の税金をむさぼろうかと、もうあらゆる手で工作してきていることに日本国民は早く気付くべきだ。

    こういう公共放送内にこれだけの日本を陥れようと活動している連中が局社員、局職員として存在していることにも驚くが、でももうこれは昭和50年代に入る手前ごろから着々と狙ってやってきていることであり、甲いう内容を見ると構成を見るともうよくわかるよね。
    反日の姿勢が見え見えというのが。
    まあ事実をそのまま出すのであれば日本人はそれで別に構わないんだが事実を勘違いさせて嘘でくっつけてでっち上げて工作していくこの朝鮮民族の卑劣度合いというのがもうとてつもないほどに反吐が出る。
    こんな番組を作るものがNHKに存在しているかをみたら、これを見たらもうそれが明らかによくわかる。

    狙いは日本の税金のむさぼりと日本国家を消す国家にすることで朝鮮は素晴らしい国なんだとしたいのだろう。
    私に言わせればいつまでたっても奴隷国家はどこに行っても奴隷国家で鹿対応されないことの終結に気づくことだろう。

    —————————————–

    ★人を助ける、他人のことを自分以上に考えてあげる。
    ★真実を喋る。嘘は喋らない。嘘を他人に伝えることは、他人に対してこれほど失礼なことはないということを知るべきである
    —————————————–

    朝鮮民族が、自分らが奴隷上がりだとの自意識から逃れる、他人を妬む意識を捨てるには、
    人間になりたければ、君らはこれしか道はない。

    自分のやってること、することを、今日、今のこの時点からよく身に締めることだ。

  33. 仲井 より:

    昨夜のドキュメントの中で出てきた【火垂るの墓】、
    これについても、終戦時の日本の国内で何が起きていてそこで日本のそれぞれの地域に住んでいて、運よく戦災の
    被害が家だとかそういう人命に関係せずになんとか死を免れた国民、日本人のことで、この時代のことを知らない世代、学校で巧妙に事実の真実を隠蔽され隠されて、全く事実とはかけ離れたストーリーに仕立て上げられ、教師と称する異邦から来て日本国籍を騙し取った朝鮮民族の教師らが、その彼らから戦争当時の内容を全く違う筋書きで作られ、そこから嘘を教えられて育ってきた日本の国民の戦後のそういう世代、
    これらをよくまあこういう具合に日本の国民を騙して、ありもしなかったものをさもあったかに物語やアニメや映画、ドラマに作り上げてのプロパガンダ工作、

    日本の戦争はそういう悪辣なものだったんだよと、
    日本の国民はそういう人間そのものを大事にするようなそういう民族では無かったんだと、酷い民族だったんだと思わせる。
    日本の国民をさもそういうことが現実この日本で起きていたかに勘違いさせて、そこから日本の戦争はとてつもない悪質極まりない戦争だったと、そしてそれを行ってきたこの日本人というのはとんでもない民族で、しかもまだ今のこの時代まで日本の戦争はそんなものではなかったと実際の事実を述べているにもかかわらず奴らは愛国心を発言する日本の人物らを、この連中は、極悪な極右政党指示の論者だと、あの人間を虐殺したヒットラーらと同じだという対象に仕立て上げていく工作、これをもう徹底してやってきた。
    プロパガンダ工作をやってきた。

    こいつらの工作こそあのヒットラーが行っていたプロパガンダ映画製作と全くの同じであり朝鮮民族が今もやってることこそこのウソを真実のように作り上げて日本国民をだましてやってきた。

    日本国家を、日本国民を下種で野蛮な民族に仕立て上げる工作を戦後一貫してそれを行ってきた。
    日本国民をここまで嘘で塗り替えた歴史を勝手に作り上げその作り上げた嘘を真実のようにテレビ新聞が常に報道し日本の国民に全く違う歴史を作らせて意識させて行くというもう朝鮮で歴史でやってきたそのままの醜聞を朝鮮半島に噂として流し結果それを真実だと思わせていく。

    もうこんな連中こそ日本から追い出すべきである。

    日本人をここまで冒涜し、まるで日本人を、当時の日本人を犯罪者のような人間像に仕立て上げていく。
    すべて自分ら朝鮮民族が日本までやってきて朝鮮でやっていたことをそのまま日本でただやっていたことをそれを日本人がさもやっていたかに作り上げていくこの薄気味の悪いこいつらの活動に反吐が出る。

    日本で愛国心についてちょっとでも語ろうとするとそれにこういうここまで書いたことを無理やりくっつけてヒットラーまで出してきてそれは極右だとやる。だからそれはとんでもない横暴な暴力的なとんでもない輩集団組織だとやる。
    だが世界を見たらわかるが世界中で右翼政党が殺したとされる人間の数と極左組織が殺害した人間の数では圧倒的に実は極左勢力が人間を殺してきた。
    中國、ソ連だってそう、東ヨーロッパの東側諸国の当時の政治体制は明らかに極左政治を行い、その中で機密裏に犯行勢力、つまり民主主義を目指す勢力を斬殺殺害を繰り返していたのは明らかに極左勢力である。
    一つの国だけでも、とてつもない数千万人単位で、しかも他国から攻められて殺したのではなくて自国の国内の自分の国の国民までこれほどの膨大な数の国民を、ありえないほどの人間を非道に虐殺、殺害している。

    だから地球上では紆余抑止層よりも左翼思想で成り立っていた国家のほうが人間をとてつもなく多く殺害をしてきたのだ。

    外国の国家で愛国心を唱えた政党が出てくると、日本の国内の日本の国籍を騙し取っている日本人に成りすました朝鮮民族は、これら朝鮮民族は、愛国心の一言を言っただけでもそれは極右で怖い政治思想だとやり、あたかも極左を、こいつらを危険な極左だとは絶対に言わずに、まあ【リベラル】だと呼ぶこのちんけな呼び名の名称を作り上げてきていかににも朝鮮民族の考える工作の手口での誤魔化し工作。

    ★世界は何処の国も朝鮮については、こう呼んでいないにもかかわらず、(外国は総てを朝鮮の一言で何でもすましている)
    朝鮮半島を韓半島と言い換えたり、
    朝鮮語を韓国語だと、これも言い換えたり、
    朝鮮半島人を韓国人だなどと呼ばせたり、
    朝鮮人のことを、コリアと呼ばせたり、
    もう手口はいつもの通りの誤魔化し勘違い工策であり、いかにも朝鮮民族がやる手口、姑息にただごまかす目的だけに作り上げた薄汚いコンプレックスからくる下種なレベルの低すぎる工作である。

    【それは右翼思想だ】と、なんでもかんでも国のことを考える発言についてすべてそっちにもっていき、常に日本人を陥れる工作をやってきた。
    誹謗中傷の攻撃をやって、それを引き継いでいるような思想、それを事実の真実を語ろうとする日本の日本人を、兎に角極右のとんでもない戦争肯定論を流してるとんでもないものらだと持っていく、この朝鮮流印象操作がここに来てもうとてつもない歯止めの利かない状況にまで来てそれに対して最近
    【お前らいい加減にしろ】という日本人の声が最近ようやくネット上に出てくるようになってきた。

    大阪府警本部長も、今本気の本気でやりだした。

    【ホタルの墓】
    【野麦峠】
    【三丁目の夕日】
    【はだしのゲン】

    これにこの間NHKが作者に員他qビューをやっていたがあの
    【流転の海】

    これらもうとてつもない狙って作られた連中の執拗な日本国民だmなしのでっち上げ工作の典型例である。
    これらが結果根っこで慰安婦問題も、戦時中の朝鮮人労働者(いわゆる徴用工といってきているあの内容)、
    ああいう内容につなげていく長期にわたっての奴らの日本国家日本国民を嘘の内容をでっちあげての、日本陥れ工作の手段として日本国中にまずはこういう形媒体を使って徐々に徐々に浸潤させていき、結局日本の財産を引き出す、日本を人間的に人間ではないようなものに作り上げ人減の内容をそれらによってつぶしていく、つぶす工作、もうこの朝鮮民族の民族の汚らしさと、卑劣さと嘘文化の民族、これらを見ると仁保pン人から見るとここまで嘘で塗り替えていれば逆にこいつら事態が人間とは思えないし、壊れた人間像を日本人は奴らに対して思わざるを得ないし、そんなことなどなんとも思わない民族がやつらであり、これらの公開された本雑誌、漫画、映画、ドラマは、如実に表した朝鮮民族が、しかも日本国内で存在する日本の国籍を騙し取って日本人に成りすました連中がやっている工作本、工作映画、工作ドラマである。

    日本人はあんな嘘で作り上げたドラマなどを見せられて優しいので涙を流す。
    でもこれはでっち上げで作られた全くの勘違いさせる工作本工作映画だということをよく認識すべきだ。

    私の子供の学校で、そこで私はいつもやってきていたんだが、必ずどの教師にも伝えていたが、
    【日本の終戦時の時の朝鮮民族が日本の国内で強奪略奪暴行を含めどれだけ酷いことをやっていたかをこの真実を学校で生徒にちょっと教えさせてくれ】と要求していたが、大阪の教師で、誰一人校長を含め一切拒否されてきた経緯がある。

    しょうもない、ベーゴマだとか昔のおもちゃを教えるようなそういう者は学校に来て子供たちと一緒に昔のことでぜひやってくださいと学校からはそういう人らには皆お呼びがあったようだが、こと私のような真実しかしゃべらないものは全くの拒否で、こういう日本の戦後に起きていた事実を本当の内容をつたえると言ったら、すべて断固拒否状態であった。
    これが今の日本だ。
    我々の小学校の時代はこんな内容は学校で普通にしゃべれたし教師と生徒とも普通にこんなこと話ができた時代であった。

    この欄続く

  34. 仲井 より:

    まあ起こらないだろうが、もしもということでだが、
    今の北朝鮮と韓国が、朝鮮半島の二国が仮に統一されたら、

    ★今学校で教師らが隠したい一心からそうしてきた例の韓半島と教えてきた朝鮮半島のことを、これから以降は、これまで騙して奴らの都合よく変えてきていたが、日本にいてる日本人に化けたものら、その家系そのものの元々が朝鮮民族の教師らは、さあこれから朝鮮半島のことを、どう呼ぶのかねえ。
    ようやく本当の名称である朝鮮半島という呼び名で学校で教師は教えるのかねえ。
    まあ教えざるを得ないよなあ。

    ★あの朝鮮半島について、
    現状韓国語と変えていっているこのバカげた騙し工作呼び名は、
    これはどうするのかねえ。あっちこっち皆韓国語って表示させてきたが本当はあれって朝鮮語という表示が本当の表示のはずだよな。
    さあさあどうなるのかねえ。
    興味あるんだけどさ。
    日本では朝鮮語と表でそういうのかねえ。
    日本のテレビ局新聞が一番使いたくない朝鮮という文言の入った朝鮮語というのかねえ。面白くなるねえ。
    顔をゆがめながら奴らテレビ局はこう呼ぶのかねえ。

    それともまた奴らの特異な誤魔化し文言を造語で作ってきてごまかそうとコリア語とでもいうのかねえ。

    また、
    ★今奴らが勝手に作った韓国人という呼び名は、朝鮮半島が統一されたら、
    朝鮮人と本来それが本当なのでその基に戻って、朝鮮民族、朝鮮人と呼ぶのかねえ。

    それとも奴らの事だから朝鮮という文言は奴隷制度と密接につながるのでそれは嫌で使いたくないので、またまた今度は無理やり、コリア人とでもいうのかねえ。

    まあ見ものだねえ。
    ★今までの現状を見ていたら戦前戦中戦後を通じて今のこの時代まで朝鮮という国民族を見てきてどう考えてもまともじゃあないことはよくわかったことだし、日本に居てるこういう民族は統一されたらみな半島に、祖国に帰ってもらって、同じろくでもない民族なんだから、早い目に一緒になって半島で欲の取り合いでもやって仲良く暮らせば?

  35. 仲井 より:

    上にも書いたが、
    都会の都心の当時存在していた商店街そのものが、日本人の手から奪われて、異邦から来た朝鮮民族のまるで愚連隊まがいのとんでもない輩連中がその市場なり商店街を仕切っているようなところなど、そういうところのそばに寄って行っても普通に子供が近づいて物を欲しがっても、そらそんなドロボー集団の犯罪者がやってるんだから優しく面倒など見るような連中ではなかったことぐらい、NHKだってわかってるはずを、それを市場なり商店街をやってた経営者らはみな日本人の商店主だったかに嘘でだまし、そこに朝鮮民族など存在していなかったかにさもあり得ないことを思わせ勘違いさせ、いかにも日本人の店であったかのようにでっち上げ隠し、そういう前提で話をでっちあげて作り上げ、日本人商店主の日本人はとてつもないそんな困り果てていた子供にまでそんなことまでやっていたのが日本という国であり日本人だと嘘で作り上げていくこの悪辣工作、朝鮮の異常とも思えるこの日本の国内で実際に起きていたことを、この歴史事実を、全く違うものに塗り替えていく非道さ、こともなげに平気でこうやって都合の悪いものを嘘でだましてありえない内容を事実かのように思わせての作り変えていく工作、だましが、これが普通に今日本で行われている。

    ネット上で最近になって私が二十数年前から、いや三十年以上前からやっていたことが今ようやくネット上を覆いつくすまでになってきた。
    まあいわばこの状況に危機感を持った朝鮮民族が今ネット工作で必死にこうやって嘘の内容をさも本当の事実のように物語をでっちあげ作り、しかもテレビ新聞の媒体は朝鮮民族がこの日本の国内で一体何をやったかをここの部分だけは嘘で作り替えて何とかごまかそうと、絶対に知られたくない思いでこうやってNHKなどもこんな見ていると日本人の今の50代までの日本人にすれば終戦時を全く知らないし学校で教えてもらっていないので無知の部分にこうやって嘘をノンフイクションのドキュメンタリーとしてさも真実かに見せて放送され、見ている終戦時を知らない日本国民に、【そうか、そうだったのか】と思わせてしまうような巧妙な涙まで誘う流れまで作ってのストーリーに作り上げ、嘘を全国放送で垂れ流すというこの悪辣さ。

    日本の法務省、日本の外務省、日本の政権、
    こんな嘘をでっちあげて作ってるものをこんな反日工作の典型的内容を、こんなものを放置させてほっとくのかねえ。お前は

    私の父親や祖父らが今も生きて居たら、もう頭から湯気を出して起こるだろう。
    【嘘を作るのも、でっちあげた嘘を作るのもいい加減にしろ!】と。

    もう15年位前だったか、私が北朝鮮をそれまでは日本にある各団体組織などに電話で連絡して抗議したりもしていて、そこから数年後の平成に入ったころから、今度はネット上の北朝鮮掲示板向けで書き込みだし、彼らの犯罪を具体的に攻撃して投稿を続けていた時に、ひょんなことからその掲示板上に工作員が居てて、
    明治から今の時代までの間数えて、家系で、自分は今明治から何代目になるのかの、その話になって、掲示板で私の言う内容を潰しにきて深夜であろうがいつ投稿しても、また、他の掲示板のどこに投稿しても瞬時に見つけてきて検索エンジンで追いかけてきて、私への誹謗中傷を私に向けてきていたそのネット工作員の北朝鮮の連中が、その時に面白い”ボロ”を出したことがある。

    ★【自分は代々山陰の豪族の家系で、地域でも有数の豪農の農家の名家の出身だ、明治からだと自分は7代目でもうすぐ8代目になる処だ。】と言ってきた。

    まあこれには私はもう笑ってしまった。
    自分の自己紹介でこんなことを言う日本人は、まずいないことを、朝鮮民族はわからなかったんだね。
    自分は立派な家の出で大きなお金持ちで財産がある地域の豪農の農家だと言いたかったようだけど日本人はまずこんなこと絶対に言わない。
    当時もう笑ってしまった。

    ;【自分の家は名家だ】って、自分で言う?
    ;【自分は豪農の農家の出だ】って言う?

    いったい何者なんだよ、、、、笑!って。
    そんな者日本にはいないよ!って。

    それと、
    もう一つ洗ってしまったのが、

    明治半ばから数えて120年ぐらいでという前提を私が出して、

    【お前はその家系で、そこから数えて何代目だ?】と問い詰めたら、
    その男は、
    【代々つないで、自分で7代目だ】と答えてきた。

    もう笑ってしまって噴出した。

    自分は日本人で日本民族で山陰の地域で代々続いた豪農の農家の名家で育ったものだ(つまりいいおうちのお坊ちゃんで育った、育ちのいい日本人だと言いたいらしい)といってるが、明治の半ば過ぎから君は7代目なの?
    凄いなあ、お前の家ではもう人が次々と死んじゃったんだねえ。次々死んじゃったんだね君の家では。って私が告げて、
    お前それでおかしいと自分で気づいていないのかあ?って書いて告げたら、何がおかしい、自分の家の事実だといってきたので、【ほう】って告げて、
    日本でもどこでもたぶん地球上であればよほどの残虐な殺し合いが国内で続いていない限り代替一台は30年単位ぐらいに区切られている。
    減の私は祖父母は江戸時代の「慶応の時代」で、その子供であった父と、私の母になった父の妻も同じ明治時代生れ。
    つまり私は明治のその時から数えても3代目。
    お前の家系はその間に7台も入れ替わってるのか。
    凄い家だなあ。
    日本では絶対といっていいがありえないことがお前は気づかずに日本人に化けて朝鮮のものさし現実に合わしてそう書いた。
    バレないと思って。

    【ダバダバにバレまくりだがよ。】って私が書いた。

    そしたらそのそいつが持っていた”HN”がその掲示板からそこから一切消えて違う”HN”で、別人になりきった風に書きだした。もう別人へとなりすまし。

    その後、その掲示板で、すぐにその日のうちにそいつの書いたそこだけが削除されていた。
    バレたら消す、違うものに成りすます。
    もう朝鮮という国の民族の薄汚さが、この、ところかまわずウソをつく、このことは、奴らもうほんとに治らないのかねえ。

    何か特効薬といえばもう日本から祖国へ帰ってもらうしか方法、対応策は日本人が探す中にはもうそれしかないのかねえ。

  36. 仲井 より:

    この七代目だと書いてきたのが、こいつがその掲示板で書いてきていたのが、いま全国でよくやっているあの光のイルミネーションの、何もない空間、ここのところに映像のように光での描く演出を作るあの映像技術、あれを開発でやっていた人物。

    大阪のあの誰もが知っている大手カタカナ企業とタイアップして、共同事業としてこの開発をやっていた人物。
    パチンコ機器のあの大手メーカーの中で、それまで機器のゲーム画面での中の物体の動きが映像がぎくしゃくしていた映像を、その画面上で画素を多くして機器の画面での中の登場物の動きを滑らかになどの画素の開発に携わり、売れ筋台機器のあの機器の開発にも携わっていたもので、そうなるとわかるだろうが、
    日本に有るパチンコメーカー内で参加できるものは、北朝鮮で家系家族なり縁戚者のものしか、親族の系列が北朝鮮側にある者しか、機器のメーカーには絶対にその研究の現場には入らせないので、それから見ても、当然北朝鮮と直轄の支配が通っている組織体になっていて、開発研究部門にいてた人物ということは、当然当時の金正日の直轄の指令の末端に属するものらということになる。

    この人物らが開発をやろうとして居た頃に、ここにこの大阪のあの大手メーカーが共同で参画し、彼らと一緒にやろうと手を差し伸べてやりだして、現在の今のあの九州は無論日本中の観光客を呼ぶあの夜間の何もないところに光の映像をデモンストレーション映像にできるように作り上げた。
    上に書いた人物が、私に向けてその時掲示板に書いてきていた。

    まあ本当にこいつがやりだしたのか誰かがやってるものをあたかも自分がやってるといって、俺がやってると騙して書いてきていたかはそこまではわからないが。

    あのIPS細胞でも、自称科学者と称すyる例のあの詐欺師の男のように朝鮮民族は人がやってることをさも自分が初めて作りだしたなどとよく嘘を言うので現場を押さえてないので確証まではとれていないが、その大手メーカーには電話で何度も連絡して、長い時間話を交わし、御社の機器開発のノウハウを北朝鮮に盗まれないように気を付けてと、何度も伝えたことがある。
    気を付けてくださいと。
    肝心なその大手メーカーの研究の内部機密の研究資料を盗まれないようにと、忠告で連絡した。
    この名家の出だと嘘を言い、明治の半ば過ぎから自分は7代目だと嘘を作り、ネット上で日本人に成りすましネット工作の中心で動いていたその人物が、北朝鮮の不法犯罪を徹底して隠ぺい工作に熱を入れ徹底して都合悪い内容、特に搾取している事実について隠すことに奔走していたこの人物らが、今の夜景での、夜の空間に映像で表現するあれを作り出した。
    この大阪のカタカナの大手メーカーとで一緒に。
    私がネット上で追及していた当時で、もうすでにそのメーカーと3~4年の共同体制だったようで、その時点で、そこから8年ぐらいだと思うが、これをこの企業と一緒になって連中らが作った。
    それが今日本の夜景に出てきている。

    もとはといえばネット工作員だったのにさ。

  37. 仲井 より:

    皆さんはテレビを見るとき、ドラマを見るときに番組詳細と書かれたリモコンのボタンを、押すときはありませんか?
    そのドラマがどういう内容のものかを知るためとか、出演者の名前だとか、監督名、演出家名などを知るために。

    皆さんはもう既に気づいていましたか?
    それとも、まだ気づいていませんか?

    日本のテレビ局で、唯一、番組のスタッフを表で出してないのは、朝日放送系の、テレビ朝日と、BS朝日、大阪朝日放送。
    これらのところ、ここだけですね。

    まあ私は今大阪にいますので、テレビをつけると、朝日系列といえばまあここら辺りになるわけですが、皆さんも今ちょっとテレビの番組表で、朝日系列のドラマ番組とほかのテレビ局のドラマ番組と、その番組表のドラマのところを見てもらって、朝日系列制作のドラマの、番組詳細の部分には、他のテレビ局と違って、番組の制作にかかわった監督名、プロデューサー名、演出者名、衣装、スタイリスト、美術等のこういう何処のテレビ局でも詳細が番組詳細のボタン一つ押せば、その氏名がすぐにわかるようになってるのに、どこでも書かれて公開されている項目のところが、これが日本で朝日系列だけ一切ここが公開されて表示されていません。
    項目のところが、朝日系列のテレビ局には、一切表示されていません。

    つまりドラマが作られて、その制作側のスタッフが誰なのかが、朝日テレビの誰が作ったのかの内容の部分が、上に書いた局、その朝日系列のテレビ局だけが、名前が番組詳細の中には一切表示されておらず、すべて消されて一切出て居ません。
    皆さんも今スグに朝日系列の番組の中でドラマの部分の【番組詳細】を、リモコンで押して見てみてください。
    もうわらいますから。

    彼等はここまで今バレないようにと、もう必死になってごまかそうとやってるんです。

    面白いですねえ。

    ★数年前まではすべて表示され出て居たのにねえ。
    なんでそんなに、自らの社の、z分の会社の社員についてその持っている個人の名前を、漢字表示で出すことを怖がるのかねえ。怖がる理由っていったいあんなの?って。
    私ら世代の日本人に見られるのがそんなに怖いのかねえ。
    今までまんまとごまかせていたのに、それでまあバレ無いもんだと空自信があったはずなのに、突然一切を表示せずに消してしまうなんて、こんなことまでやるなんて、しかも私のようなこんなひ弱い人間が一人一寸直接局のほうへバレてるぞって連絡しただけで、これだけ一切消してしまうなんてねえ。
    あんな大きなテレビ局がさあ。

    大きな偉そうに表で言ってるがその中身はもう怖くて怖くて、心の裏で実はこれほど怖がりの神経の細い連中だったとは、こんな情けない連中だったということだねえ。

    辻元や関西生コンの連中も、表で偉そうにあれだけの活動をやってるが、実は、本当の中身は実はもう怖くて怖くて、、、、、、こんなのだろうねえ。

    まあもう十年ほど前から、それぐらいになるかもだが、
    【国会のあの中継で、中継中にたまに出て答えている霞が関の官僚の名前を、その彼らが持っている個人名の名前の漢字を見れば、この人物が日本民族かそれとも異邦から来た民族かは我々世代の日本人にはすぐに見分けられる】と、

    すぐに見分けられるとNHKにも、他のテレビ局、新聞社にも、すべて伝えまくっていた。
    そのうちNHKがあのなんと国会中継中のこの霞が関官僚の答えているシーンのときにそれまでテレビ画面上に、この人物がどこそこの省庁の誰それだとわかるように、本人のことを字幕で漢字表示での名前と省庁名が紹介で記載され画面上にその立場が国民にもテレビ画面さえ見ていればきちんとわかる表示になっていたが、
    だが私がNHKに伝えたその次の国会中継から、なんと霞が関官僚の名前表示の部分が、そこの部分だけがテレビ画面に表示されなくなった。
    だからその本人の名前の漢字が一切表示されなくなったのでわからなくなった。

    まあNHKもよくやるよと。そんなに霞が関の官僚の連中が、実は朝鮮民族だとバレたくないのかと。

    国会議員は表示されるが、官僚の部分だけが一切表示されなくなった。

    だから官僚の持つそれぞれの名前の漢字が一切表示されないので、日本人の名前になっているのか朝鮮民族の名前漢字になっているのかが私にはそれだけではわからなくなった。
    まあ私がNHKに告げた内容が相当NHKにすればたぶんそれまで想像していなくて、バレていないはずだったが実はバレてたんだと、そこで一気に今度は恐怖感を持ったのか、その日以降いっさい画面での霞が関官僚の名前の漢字表示が消えて無くなった。

    TBSなどは、名前を出すとき、もっとずる賢くて、総てではないが、何度もそれ以降名前のほうをここは何と平仮名やカタカナで名前のほうを出すという姑息なもう幼稚すぎる手段を結構使いだした。
    これには私も笑ってしまったんだが。

    朝鮮民族はここまでしてごまかしたいのかと。

    さて、名前の由来について一言。
    日本全国の都道府県市町村で、そこに出て居る地名で、音読みは音読みで通し、訓読みは訓読みで通しているのが実は日本の地名。
    これは実は日本人の名前も同じ。
    名前といっても苗字のほうだが。

    最近のあの大きな事件での、トップの名前、音読みと訓読みが一緒になって組み合わされた名字になってるでしょう?
    あの池田小学校児童大量殺害事件、あの犯行を行った彼の苗字も、音読みと訓読みがくっついた組み合わせでの苗字になってるでしょう?

    これらはたぶん日本の漢字のことをよく理解していなくて適当に彼らの祖先が日本に来て日本語をあまり理解しない間に日本語で名前を作ってそれでああいうように音読みと訓読みが一緒に組み合わせた名字の頓珍漢な名前を作ったのでしょうねえ。
    日本人は自分で頭で考えてみてください。
    苗字において、音読みと訓読みがくっついて組み合わさった苗字など、日本人は想像できない、物凄く不自然になることはわかりますよね。
    でも朝鮮民族は悲しいかなここの部分にまで、日本語の漢字への解釈、理解、解読ができていなくて音も訓もわからずに、それらを何も気づかずにただ神経が回らずに、こういう異常な音と訓が一緒にくっつくなどありえないことをわからずに、そういう異常な組み合わせでの日本名の苗字を作ったのだろう。

    一番考えられるのは、
    明治時代ぐらいから日本に入ってきていたものや、大正ぐらいだとか、つまりこの日本国籍を奪うまでの期間が相当長く日本にすでにいてた可能性があり、戦中や戦前からすでに日本にもう住んでいた可能性がありその状態でもう日本の漢字にも慣れていて、音と訓の使い分けだとかを、それをすでに知っていて名前を付けるときそれを考えてつけた可能性がある。

    長い期間すでに日本に住んでいてたのではなくて、戦後のあのほんとぎりぎりのところあたりの時期に、どさくさの時期に日本に入って着て、入って来るなり日本の漢字のこともあまりわからないままさっそく日本の国籍を騙し取ってすぐに日本名の苗字を作って名前を作ったものの、でもこの時にそこまで日本語の漢字への解読がこの連中にはできないものだったのだろう。

    つまりこの彼等は異常と気づけずに【音と訓】をくっつけた名字を持つ朝鮮民族は
    終戦後のあの時期以降に、だからそれ以降だから当然もうほんの短期間のうちに突然に日本に入ってきて、時期などに、つまりどさくさが終わりそうな時期、一番後のほうに日本に来て、高度成長をやる直前の頃に日本に密入国で入ってきて、早々にさっさと日本国籍を騙し取って日本名に入れ替わり、にわか仕立てで日本名と称する苗字を作ってしまった可能性がある。

    そこで日本人が見てもどう考えても【音と訓】が一緒にくっついた奇妙な苗字になってしまったのだろう。
    日本では絶対にありえないものを、こいつらはそこには気づけずに慌てて知らずに彼らは作ったと思える。

    こういう音と訓が一緒にくっついた読み方の苗字を持つものは日本に一番喫緊に、つまり戦後になってからやってきて日本の国籍を手に入れたのではと思う。

    この欄続く

  38. 仲井 より:

    私の北朝鮮が日本で行っている犯罪、詐欺にかかわる証明の説明部分を、これをネット上でとにかく徹底的につぶそうと、
    私が解析する不法不正機器の内容をこれを潰しに来ていたこの自己紹介の部分で日本の明治から自分は七代目だといって日本人に成りすまして、ネット上で北朝鮮の悪辣な犯罪行為を必死でごまかして日本の国民をだまして祖国北朝鮮のやってることに忠誠を誓い、擁護に回って指摘した私の説明部分をそれを隠ぺいして隠そうとしていた人物。

    今の国会やあの住民投票の時のあの潰しにやってきているあの連中と同じでとにかく内容の中身の私が言ってることのどこのどこがおかしいのかそのことにはほぼ触れずにとにかく騙そうと印象操作だけをもう連日連夜やってきていた。

    今の国会のあの立憲民主や共産党、大阪の自民党をはじめ野党のあの連中ら、大阪のテレビ局の連中らと全くの同じ手法でのやり方で、では結局どこのどこがおかしいのかをそのとk時も同じで一切触れてこずにとにかくこいつの言ってることはおかしいんだというそっちの方向からだけ徹底して物凄い件数でつぶし投稿をやってきていた。
    肝心のその不正の証拠だと私が提示した内容についてはそこの部分にはうわべだけでかましてとにかく人格が異常だとか勝手に知り合いだとかが出てきてこいつは子供時代からこうこうこう言う気が狂ったやつだった打とか西成の地殻でこいつを見たことがあるだとかもう私が幾人もに作り上げていって人物像を破壊された人間だと持っていく。

    とにかくこいつの言ってることはおかしいんだというそっちにもっていって、では証拠のこの中身について答えてみろといってもこいつらはとにかく私自身が狂人だと持っていく。
    その機器による不法行為を組み入れた機種台の私が指摘したその中身については、システムについては一切一切触れてこない。
    肝心の中身から何とか見ている人から目をそらそうと、【お前は北朝鮮からの脱北した怨みだけで生きているくずだ】だとか、いつの間にか私が脱北者にならされていたり、もうなりふり構わずに必死にやってきていた。

    まあ、あの北朝鮮の日本における司令塔のような人物であった国会議員のあの男の国会の議員会館の当時の事務所に直接電話をして【日本で、公安のトップになって、国家公安委員長までやっていながら、なんでこの不正不法が明らかな内容をやらないのかおかしいだろうが!、北朝鮮犯罪のことをなぜやらないのか、おかしいじゃあないか、君らはグルか!】

    それから数日位の、すぐ頃だったと思うが、何かの話の中で、そこの北朝鮮の掲示板に投稿を始めてから(何度もアクセス禁止になりながら、でも何かの拍子にたまにまたアクセスが可能になったりもして、その繰り返しだったり、他にも北朝鮮系の掲示板はあっちこっちに有ったので、そこら中探して書きまくっていた)それら掲示板に、一度、途中で、私があの大阪の繁華街では普通に藤田さんで通り、そう呼ばれていたあの許詠中とは、私は月に何度かよく会っていると、私のところで会う機会があるということをその掲示板に一度書いてから、そこからは、こいつらこのネット工作員らの態度が明らかに一変しだした。
    具体的に言うと、書く内容を慎重にというか、悪いたちの悪さは同じなんだがどこか、どこか言葉を気をつけて選び出してきた。
    言葉使いが何か証拠を握られないようにだとかを考えて出してるなあという方向に変わりだした。
    まあ、許詠中の名前と奴らにどういう意味があるのかわからなかったが、でもこいつらがそこからは明らかに私へのものの言い方のその中身が、対応の態度がガラッと変わりだし、一気に私のことを違う形で警戒しだした。

    そしてその数日後に、ついにやってきた。
    前日に前もってその掲示板に、まずは、
    【北朝鮮司令部のほうにお前のことをハングルに翻訳して連絡しておいたから覚悟しとけ】という書き込みがあって、その翌日ぐらいにすぐに私のところに、
    ★北朝鮮労働党日本課第〇〇号室と明記して二度やってきた。
    私に向けて殺害予告が。

    まあ、このやり口というか一連の流れというか、もうまるでやり口手口が、今の国会の立憲民主や共産の朝鮮民族議員がやってるのともうほんとうり二つの手法。

    都合が悪いので、そっちの悪いほうに国民の目を向けさせないように兎に角違う内容を延々連ねて本来の内容には絶対に入っていけないように、そこにただ誹謗中傷だけでつぶしに来る。
    朝鮮では歴史的にそれでしかやったことのない民族だからその手法手口しかできないんだろうが不思議なのは日本でもそれが通じると国民がそれを応援でもしてくれると、奴ら朝鮮民族が信じ込んでることである。

    それが成功すると奴らは思いこんでいるのか、それとももうあがくだけしか奴らにはその手しかないのか、中身からとにかく目をそらさせようと、もう肝心な内容の部分は必死に隠してとにかくこいつの内容は国民には見せないようにと、こいつの中身(森友学園の折にも安倍さん自身がどうのこうのと、信じられるか信じられないかというもう本末転倒の方向に肝心の中身からずらせて国民に必死でこの人間が信じられないからこの内容はだめだと、もう捻じ曲げて国民を勘違いさせて肝心な国政を邪魔してつぶしに来る、これをアピールするあの朝鮮流手口)はおかしい異常者だというう形にもっていく。
    まあ冒頭に書いた人物が当時、どのぐらいの期間そこ(北朝鮮パチンコ機器、機種台メーカーの開発の現場に所属が)に居てたのかはわからんが、とにかく一時的にでもそこにいて開発研究の重要分野)に居てたのかは期間はわからないが、そこで居てたことは自分で言っていたので間違いはない。

    、北朝鮮の直轄のパチンコメーカーのシステム組み立ての開発のメンバーとして現場で存在していた人物、私に向けて”ボロ”を出して書いてきていた人物は、一時期テレビ朝日系列の「朝生」にも結構出て居ましたねえ。
    まあ朝鮮民族がよだれが出そうなぐらい羨ましい、好きそうな出身、経歴肩書をぶら下げて、新進のエリートで、売り出し中の開拓人のような人物という紹介の仕方で。
    田原総一郎が、この人物のことを解らんが結構評価してたのだろう。

    この欄続く

  39. 仲井 より:

    >https://www.youtube.com/watch?v=uai9-FsZOeA

    虎ノ門ニュースでの、大高さんと百田さんの会話の部分。
    日本人の皆さんはこれをぜひ見てほしい。
    日本人の戸籍に不法に入り込む、日本人に成りすますということを平気でやっていた朝鮮民族。
    これを普通にやっていた当時の日本にやってきた朝鮮民族。
    まあこれまでこういうことはあっただろうとの想像でしていたことはあるだろうが、終戦後のまなしの時期に実際に大阪に出張で行く機会のあった私の親や祖父らからも、大阪でそれがもうものすごい数で行われていて、これを止めるために東京から数百人の警視庁の刑事がそれを取り締まろうということで大阪へ応援に来ていると。

    「今大阪は大変なことになっている」と、「不法に日本国籍を騙し取ろうと役所でだました書類で国籍戸籍を違法に作り替えようとした朝鮮人に、役所の職員が「これはダメです」と言おうもんなら、もう数百人の朝鮮人が一斉に役所を襲い職員を袋叩きにして役所にの中を無茶苦茶に壊して無理やり認めさせたりしていたということも聞いている。
    私はこの内容はもう終戦後の時期にすでに親からも学校の教師からの内容で、小学生のころから普通に聞いて教えられていた。

    暴力であらゆる形でこれを不法に行い、役所を脅してやらせたり、でっちあげた全くありもしない日本人の戸籍人物を作り上げ、自分は日本人だと住民票、戸籍の申請登録をやったり、養子、養女、偽の結婚、背乗り、これらの手口で、もうあらゆる手口で勝手に背乗りの戸籍を朝鮮民族は日本でこれをやった。
    その数が半端ではない、もうとてつもない数でこれをやって日本人に成りすました戸籍をでっちあげて作り上げていた。

    まあこれを見てください。

    この欄続く

トップへ戻る