橋下氏「(小泉大臣:幽霊会社に高額ポスター代か)地方議員が活動費を懐に入れる典型的な手口。東京の政治部はしっかり検証しろよな」12/27のツイート

記事にするのが大変遅くなりましたが、記録の為残しておきます

(橋下徹氏twilogより引用)

「開かずの図書館」大阪府立高校の約2割 橋下知事時代の行革が原因 | ハフポスト

(出典:https://twitter.com/hosakanobuto/status/1209836523702476800)

幼稚園児でも区長が務まる超楽チン区政運営の世田谷区と当時の大阪府政は全く異なる。通常の財政運営に加えて、前太田府政までが穴をあけた減債基金約5100億円の復元に取り掛かった。教育の無償化を実現しながらあと数年で吉村知事が完全復元。最低でも75年はかかると言われていたものを20年内に復元。

改革の途中にはいったん痛みは伴う。それを乗り越えて今の大阪府立高校がどうなっているのかきちんと調べろ。まずはhttp://ul.sbcr.jp/GK-fAwbl この「異端のすすめ」を読んで勉強しろ。改革をやらない世田谷区と大阪は違うんだよ❗️ボケッ


小泉氏、政治資金は「適正処理」:時事ドットコム

男女の問題はどうでもいいこと。それよりも印刷費名目で政治資金を支出するやり方は、地方議員が活動費を懐に入れる典型的な手口。これで何人の地方議員が政界を去って行ったか。東京の政治部はしっかり検証しろよな。



(出典:https://twitter.com/kantele_runner/status/1210138194257145862)

指名手配ではありません。大阪の未来を決める重要な討論会。小難しい議論は色々あるが、結局のところ「現状維持」か「可能性へのチャレンジ」かの選択。松井・吉村体制は数々のチャレンジをしてきた。これからの時代、大阪はどちらの道を歩むべきか。

<<下に続く>>

中国から世界に流行が拡大している新型肺炎。未知の感染症に対し、政府はどのような手段で対抗すべきか。橋下徹氏が危機管理のあり方を提示する。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(2月4日配信)から抜粋記事をお届けします。

【橋下徹・2020年1発目】
絶賛発売中!

橋下さんの公式メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonで公式メルマガのバックナンバーを販売しています!

販売中メルマガ一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

【amazon Kindle Unlimited】月々980円で書籍も雑誌もマンガも読み放題!PCでもスマホでもタブレットでも読める。(初めての方)30日間無料お試し実施中!

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る