橋下氏「(メモの1500億円)調査チームは知事が作成と主張。小池さんは調査チーム作成のものだと」10/23のツイッター

橋下さんの言う「メモ」は、以下で報じている「資料」の事ですかね?
小池知事からIOC会長への資料 作成者削除し訂正 | NHKニュース

(引用)
東京都の小池知事が今月18日に会談したIOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長に渡した資料について、実際は競技会場の見直しなどを提案する都の調査チームの考え方をまとめたものであるにもかかわらず、小池知事の考えとして作成されていたことがわかりました。

小池知事は資料の作成者を削除し、訂正するとともに、IOCに説明するよう指示しました。 小池知事は今月18日に会談したIOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長に対し、作成者について、「知事室」を意味する「Governor’s Office」と記した英文の資料を渡しました。

資料には、ボートやカヌーなどの競技会場について見直しを検討することや、組織委員会が負担することになっている仮設施設の整備費について、東京都が1000億円から1500億円程度を負担することなど、都の調査チームが提案する内容が示されています。

これについて小池知事は20日、「調査チームの考えをまとめたものだ」と述べ、東京都として決めたものではないという認識を示しました。
そのうえで、小池知事は誤解を招く表現があったとして、事務方に資料の表紙の作成者を削除し、訂正するとともにIOCに説明するよう指示したということです。

この資料について、調査チームを統括する上山信一特別顧問は20日、記者団に対し、「小池知事と2人で作った資料というのが実態であり、知事の考えを示したものだと理解している」などと説明していました。(引用おわり)

東京新聞:IOCへ文書「1000~1500億円 都が負担」 作成者名から「知事室」削除:社会(TOKYO Web)

小池知事が決断を下すまで、後一週間…

仲井さんのコメントで、欧米人は日本人を見下していると書いているのを読んでハッとしました。

そうですよね!
向こうからしたら、招致システムから考えても「やらせてやってる」って感覚でしょう。

この期に及んで、変更を言い出しただけでも、カチンと来ているでしょうし、
ましてそれが、ヨーロッパにとって大事な大事な「ボート競技」

「なんで、よりによってボートが割食わなきゃならないんだ!」
「東京だったら、すべてスムーズに行くじゃないか!」

カヌーの羽根田選手が、強い口調で変更に反対していましたね。
あの時は違和感があったんですが、今は納得です。

彼の意見は、日本人の意見では無かった。
ヨーロッパのボートに携わる人の意見を代弁したんです。

彼はヨーロッパでずっと練習してきた。お世話になってきた。
そしてこれからも…

そう考えたら、ヨーロッパ人に反する事は言えないですよね…

バッハ会長のホンネも…
このゴタゴタを収拾して「海の森」にまとめたい。

海の森をやめても、総額にさほど影響無い。
(負のレガシーになっても、どうせ負担するのは日本人)

復興五輪は、今回追加でヨーロッパに関係無い
野球とソフトでお茶を濁す…

IOCも森会長も政府も、望んでいるのは「現状維持」

要するに、小池さんつまり東京都が諦めれば、一件落着…

受け入れたくないシナリオですが…(-_-;)

それでも1つだけチャンスがあります。

「都民・国民が猛反発する事」
これが唯一、バッハ会長が恐れている事です。

小池さんが「長沼」に決めて、それを強力に世論が後押しすれば…
彼の評価に関わることなので、この一点だけが彼の判断を変えさせる事ができる!

場合によっては、ボート連盟などの関係団体を説き伏せに動くかもしれません。

しかし、組織委員会の顔色をうかがうテレビを中心としたメディア
心得たもので、都民・国民が迷うような情報の出し方をしている(デマ・ミスリードも)。

小池さんの足も引っ張り始めた。

そのせいか分からないが、小池さんの言動も変わってきた気がする…

さて、どうなるでしょうか?…

個人的には
「海の森」は、あの水域を完全にダメにするので、大反対です!

締切堤で閉鎖水域にするので、そのままでは水質が悪化してへドロの海になる。

その対策として、巨大ポンプを2台設置して、海水の入れ替えを常に行わなければならない。
これって維持費いくら掛かるんだ??

今になっても維持費を算出しないのは、こわくて計算できないんじゃないの??

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 仲井 より:

    IOCは、見ていると、彼らは、なんだかんだ言ってもやっぱり欲だけはものすごく、でも上品ぶって済ましてその醜い顔を世界の前では見せないようにふるまい、でも実態は今回の古都でもよく解る通り傲慢で偉そうにしてアジアを鼻からバカにしている。

    植民地になど一切なって居ないわが国に対しても、態度だけは今でも戦勝国の態度。

    やっぱりあのドイツに責められた時のフランスの状態そのものですね。
    まさに今の時代にそれを見ているようだ。

    ドイツがベルギーからアルデンヌの森にまでフランスに進撃して入ってきて、もう正にパリ陥落はもう風前の灯火という事態になって居ても、フランスの軍の司令部トップらは、その時点でもまだ協議協議で呑気に自分らだけで電話さえ設置されていない司令部で、隔離された森の中でその状態で酒を酌み交わしての状態でそこでワインを飲んで話し合ってたとか。
    こいつら戦争は最前線の兵だけが闘うもんだとそう思ってたようだ。

    たけだけしいあの異様な白い帽子に黒い横線の入ったかんかん戦闘帽のようなフランスだけの独特の帽子をかぶり、何の戦闘能力もない幹部(貴族)連中がただ勲章を胸につけての威厳だけを周りに見せて歩く何にも軍事的才能もない騎馬戦での騎兵隊でトランペット砲によるドイツの戦車に対抗して向き合おうとしていたもう何時の時代の銀人連中かと思うばかりの者らだったが、でも今見ていると、今でも見てると周りがなんとかするだろう、自分らはただこうしてくれと命令に近い事だけを告げてれば、相手は喜んで言うことを聞くだろう位に、何でもやってくれると思い込んでいるのだ。
    まあその傲慢な行いにはちょっと今どき珍しいぐらいの態度。

    これを許しているのは即ち森が仕切る組織委員会が、このIOCにべったりの態度を、しかもまるで組織委員会が日本国家の代表まがいの、森がトップですべて決まると、そう思わせてしまい、錯覚させるレベルの付き合い方をバッハに森はしてしまっているようだ。
    彼らIOCは日本側で誰が決める力を持ってるかを見て彼は盛だとそう思っていたようだ。
    そういう物言いで森はバッハとここまで付き合ってきたのだろう。
    【東京オリンピック開催で、この内容でのトップは俺だ、日本で俺が一番偉いんだ、俺に任せてくれ】などと。

    バッハはそのことで日本での一番力を持つのは安倍でも小池でもなく多分森だと思い込んでたようだ。

    ところがそこは小池さんだ。
    そこは踏ん張って見せた。
    【違うんですよ、トップは私小池都知事なんですよバッハさん!】とこうなった。
    当然そうなっているものを森の馬鹿が、政界でただ古いだけでそんな脳も無いのに、欲だけでここまでやってきた男が、ただ自分が一番トップで全部俺が決めてるんだという状況にしてIOCとここまでその調子で物を言い、やって来てたようだ。
    ここがもう今回のドタバタの始まりだ。

    ここは小池さんがばっさりとこんな森のようなクズには引導を渡して、君は退いてくれと、ここまで邪魔になるんだから早急にオリンピックに向けて仕組んでいかないと間に合わない。
    予算の徹底調査が出て来てもこれをバサッと決断で実行できるパワーが要る。
    之には橋下さんが必要だ。
    橋下さんなら、小池さんの依頼なら気持ちも燃えて、持ち前の実行力で、気持ちも全開で意気に燃えて、気持ちよく小池さんの依頼であれば多分馳せ参じて助言なり協力はすぐにでもやってくれるだろう。
    橋下さんという人はそういう人だ。
    人から日本のためにと言われれば、ましてやオリンピックの為だとなれば、もう走ってでも力を貸して参加してくれるんではないのかねえ。

    森 喜朗を一日も早く早急に更迭して追い出し、橋下さんぐらいな予算の積算部分、仕分け、ここの分析の実務も構造の洞察も卓越した実行の出来る人物、そういう有能な人物をこの際思い切って抜擢して、組織委員会のトップに座って貰えばいい。
    これをやったら、これが出来たら、そら小池さんは全国から喝さいを浴びるだろう。
    戦後どころか日本の政治史上に残るこういうトップを一瞬で首を挿げ替えるという離れ業を、大決断を、小池さんが持ち前の度胸と決断力で果たしてできるのかと言ったところ。

    私はここまで来たらバサッと切り口の良い決断が必要なタイミングに来ていると思うが。
    オリンピックだけではなくて、今起きている国民が不安に思っている東京都が抱える問題、豊洲の問題も、これら全部を、この程度の、こんなレベルであれば、橋下さんが大阪でやった各種民営化の内容に比べれば目的の先がはっきりして居て具体的像がそこに見える内容なので橋下さんが参加すれば、ことはいとも簡単に処理してくれるだろう。
    大きな事業でも目的の形は具体像の絵は描けているので。
    はっきりしているだけにばさっと即刻でやってしまいそうだが。

    橋下さんがこの今回の東京における内容に限って小池さんの近くで組織委員会という実行のトップで存在すれば、これも一気に解決に持っていけるし、ことは国単位の事業、国民にすれば非常に大事なイベントである。
    【早く】しかも【きれい】に、国民に見えるように解決しないといけない。
    こういう揉めた内容というのは、しかもこれだこれだけ大きな予算が動くものについては政治家が特に手早く国民に透明に見えるように解決をみなければ国民からくすぶってまた揉める。
    ここが一番大事なのだ。

    其れであればここは橋下さんの出番である。
    時間は迫ってきている。
    スピード感をもってやるには、この人しか日本でいま適任者は居ない。
    反対派を、説明というシナリオで語ることで蹴散らせることができるのは、橋下さんしかいない。
    小池さんが国民のことを考えてるんであれば目先の自民党への遠慮など要らぬ。
    ★これをやれれば、
    日本国民にとって非常にメリットのある決断になるだろう。

    小泉さんが、あの人気が当時有った田中真紀子さんをバサッと有無を言わさずに電撃的に切ったように、小池さんが森をバサッと一瞬で切れるかどうか、
    一連の今出ている多くの問題は、橋下さんが登場して中に入ることで、おそらくは一気にかたずくと思うが、
    小池さん!
    いかが?
    ここに掛かってるかも。
    森など、
    今日中に切ってしまえ!

    私にもしも権限があれば、
    朝一で辞令で、森を、組織委員会委員長の座からクビにするが。

トップへ戻る