吉村市長「年頭あいさつなど」定例会見 2017.1.4

「内容」
・市長年頭あいさつ
・質疑応答


(総合区・特別区住民説明会の現場で目立つ意見について)

吉村市長
「特別区は住民投票で否決されたのに、何でするの?」という意見は必ず出る。
場合によっては紙を見て、どこでも同じ主張をされる。
同じ人が何度も来るので、顔も覚えた人もいる。

そういう意見が、全てだと思っていない。

大阪市、8総合区を軸に検討…年度内に区割り : ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
公明側が市に示した「考え方」は全5項目で、▽各総合区が人口30万~40万人となるように合区▽24区は「地域自治区」として残し、住民の代表者らでつくる「地域協議会」を設け、意見や要望を受け付ける▽湾岸地域は大規模災害を想定し、まとめて合区はしない――などの内容だ…

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. hf3847 より:

    2022年から、高校で「近現代史」が必修化されるそうですね
    それまでに副教材として、大阪の「近現代の郷土史」を作って欲しいかな
    GHQ占領以後の70年のことで、聞き書きできる事柄を沢山集めるのが重要で
    シニア世代と現役(子供)世代とを、結びつける話題作りが大切でしょう

トップへ戻る