吉村市長「年頭あいさつなど」定例会見 2017.1.4

記事をシェアして頂けると嬉しいです

「内容」
・市長年頭あいさつ
・質疑応答


(総合区・特別区住民説明会の現場で目立つ意見について)

吉村市長
「特別区は住民投票で否決されたのに、何でするの?」という意見は必ず出る。
場合によっては紙を見て、どこでも同じ主張をされる。
同じ人が何度も来るので、顔も覚えた人もいる。

そういう意見が、全てだと思っていない。

大阪市、8総合区を軸に検討…年度内に区割り : ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
公明側が市に示した「考え方」は全5項目で、▽各総合区が人口30万~40万人となるように合区▽24区は「地域自治区」として残し、住民の代表者らでつくる「地域協議会」を設け、意見や要望を受け付ける▽湾岸地域は大規模災害を想定し、まとめて合区はしない――などの内容だ...

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. hf3847 より:

    2022年から、高校で「近現代史」が必修化されるそうですね
    それまでに副教材として、大阪の「近現代の郷土史」を作って欲しいかな
    GHQ占領以後の70年のことで、聞き書きできる事柄を沢山集めるのが重要で
    シニア世代と現役(子供)世代とを、結びつける話題作りが大切でしょう

トップへ戻る