橋下氏「(ロシアへ制裁)オバマ氏かっこ悪い。辞める間際の最後っ屁」12/30,31のツイート

(橋下徹氏twilogより引用)
ポリティカル・コレクトネスを過度に重視する人はプライドがやたらに高い。オバマ大統領はもう任期終了なのに、いまさらロシアに制裁を科して何がしたいんだろう。イスラエル非難の国連安保理決議も事実上容認。こんなことはバリバリ大統領職の時にやらなければならなかった。辞める間際の最後っ屁。

(都議会)公明党(23)、自民党別会派組(現在3だがどこまで増えるか)、+α。小池グループが35議席獲れば過半数(64)達成。この+αに民進党官公労グループや共産党が入ってくると役所改革は進まなくなる。

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-… 「アメリカ大統領選挙へのサイバー攻撃を理由にオバマ氏がロシアへ制裁。ロシアが報復」オバマ氏はとことんかっこ悪いな。もう任期終了なので、こんな時期に最後っ屁をかまさなくていいのに。ロシアとケンカするなら2年前にやるべきだった。

news.yahoo.co.jp/pickup/6225838 トランプ氏「オバマ氏のロシア制裁に報復しないプーチン氏は賢い」米ロは蜜月関係になる。ただしこれはシビアな力の均衡が背景にあり、お花畑的なものではない。日本を含め中小国は米ロの価値観に押し切られる。きれいごとばかりでは通用しない。

news.yahoo.co.jp/pickup/6225838 トランプ氏「オバマ氏のロシア制裁に報復しないプーチン氏は賢い」 オバマ氏かっこ悪い。オバマ氏の制裁はトランプ氏が解除することが分かっているのに。オバマ氏のようにポリティカル・コレクトネスを過度に重視する人はプライドが高いという典型。

ほんと、何を今更ですよね…

オバマ氏は心底、トランプ次期大統領が嫌いなんでしょうかね…

それとも、退任後の活動のためのアピール??

まあ、どちらにしても、その程度の考え…

それよりも
(誰がやったか分からないが…)
そのサイバー攻撃で、明らかになった「内容」に、オバマ氏はどう向き合うのか?

もし、それが隠され、例えクリントン氏が勝ったとしても、それがアメリカにとって良い事だったのか…?

益々、既得権政治が横行し、
「恩恵にあやかるもの」と「あやからないもの」との格差が広がり、もっとひどい状況になったのではないのか?…

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 仲井 より:

    オバマ大統領は、ここずっと続いてきている中国がアメリカに向けてやった限度もモラルもない状況での不法行為の、これらサイヴァ―攻撃については、今回、ロシアに向けて怒りをあらわにしての即断で行ったと思えるこういう処断、このような対応処置をオバマ大統領は中国向けには何故取らなかったのだろう。
    中国から来ている大使館員連中を即刻で国外退去というこういう手段を何故取れなかったのだろう。

    ロシアに向けてはいいが中国に向けてはオバマは嫌だったのかねえ。

    うがった見方で言えばロシアはまあ民主主義と言っても結構特殊な民主国家体制、個々ならああいう対応をやっても大人の対応でロシアは返してくるだろうと、だが中国のような無法者のドロボー国家は、こういうことをやったらもう無法の生き物国家なので、ならず者が支配した国家なので、あいつらに何をやっても言っても法で聞くような連中ではないので、もう今さらあんな連中に言っても無駄だと思ってるのかもねえ。

    おばあも今になって辞める寸前になって中国というあいつらには何も通じないならず者が集まってできた国家で、其れも太平洋戦争後にただ奪い取って作った国であり、たまたま運よく略奪して作った国家で、ドロボーが支配している国家だと、オバマもここにきてようやく気付いたのかねえ。

    中国とは、世界中のどこの国でも奴らを言うことを法律の範囲で聞かせようと思えば、人間が生きている国家、人間の住む社会で世界常識で中国を扱うなら、奴等には初めからドンパチでないと物事は解決しないということが、オバマも辞める寸前になってやっと気づいたようだ。

    トランプはそこをよく解っているようだ。
    地球上からならず者の強欲なドロボー国家、これを身動きできないようにするにはどうするか、
    これを中国と北朝鮮を消滅させる方法を、トランプ流に新年が明けるまでにあの金ぴかのタワーの中で夢で練ってるかもね。

トップへ戻る