吉村市長「(失踪職員への退職金支給)不支給となる懲戒免職の事由はあると思う」定例会見 2017.1.12

「内容」
・大阪市区長・所属長(局長)公募の最終合格者が決定しました
・質疑応答

騒動の発端を報じた記事
公務員がクラブ経営副業の疑い 退職金約1千万円に「違和感」の声 – ライブドアニュース
懲戒免職となった元大阪市職員に、市が退職金約1千万円を支出した
職員は無断欠勤を続け、副業禁止規定に違反してクラブ経営をしていた疑い
調査を尽くさず、退職金を支払う市の姿勢に識者は違和感を伝えた

(タイトルのシーンから再生します)

吉村市長
「支払手続きは瑕疵は無いが、経緯を見れば(退職金が不支給となる)懲戒免職の事由はあると思う」

失踪元職員への退職金支出、方針一転?大阪市長、再検討を指示 「懲戒免職の事由ある」 – 産経WEST
吉村市長は「元職員が禁止されている副業をしていた可能性は極めて高い。懲戒免職事由があるかどうか精査するよう指示した」と話した。「事由あり」と判断されれば、元職員の債権者に支払われた約150万円を除く約850万円(法務局に供託)は市に戻り、約150万円については元職員に対する求償権が生じることになる。

吉村市長
元号の件を問われ、長期のスケジュールに関して松井知事と同様の感想を述べました。(36分過ぎ)
松井知事「元号は軽んじないが、長期のスケジュールは西暦で把握した方が分かりやすいのでは?」定例会見 2017.1.11

目標5億円に対し、現状1億9千万円...
大坂城豊臣石垣公開プロジェクト|太閤なにわの夢募金

57歳の吉本子会社役員、大阪市の区長に 公募で合格、4月就任 – 産経WEST

大阪市:公募区長、9人を新たに起用 – 毎日新聞


※ツイート訂正「今年度」は「平成29年度」

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る