橋下市長、出直し選言及も=都構想の議論難航で、3日会見

こうなると、やはり選挙しかないですかね…
とりあえず、3日に注目ですね。

(引用)
橋下市長、出直し選言及も=都構想の議論難航で、3日会見
 大阪府と大阪市を再編する「大阪都」構想をめぐり、制度設計に関する議論が難航し、橋下徹大阪市長(大阪維新の会代表)らが目指す2015年4月の実現が難しくなってきた。

31日に開かれた府議、市議らとの会合で、特別区の区割り案の絞り込みが見送られたことから、橋下氏と松井一郎大阪府知事(同幹事長)は他会派を批判。2月3日に記者会見し、出直し選挙を含めた今後の対応を明らかにする方針を表明した。(1/31 時事通信) 

(引用)
「都構想」区割り案絞り込み、橋下市長の提案退ける
 「大阪都構想」の制度設計を担う大阪府と大阪市の法定協議会は31日、大阪市24区を5~7の特別区に再編する4つの区割り案を1つに絞る橋下徹市長の提案を退けた。橋下氏が代表を務める大阪維新の会は賛成したが、公明、自民、民主系、共産の4会派が反対した。協力関係にあった公明が橋下氏の提案に反対を表明し、都構想の実現は厳しくなった。

 橋下氏は協議会後、「4案並行での議論は事務的に不可能。都構想のプロセスを潰す戦略だ」と強く反発。今後、住民に信を問う出直し選挙の可否も含めて対応を検討する意向を示した。(1/31 日本経済新聞)

日本に活力を取り戻し、将来の不安を解消する改革分配
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

トップへ戻る