維新:松井大阪市長「大村知事の置かれている現状が一番『哀れ』、裸の王様」囲み会見 2019.8.9

これに対し・・・

(出典:https://twitter.com/hiroyoshimura/status/1159447830311780352)

このやり取りついてに聞かれて

(10:59タイトルのシーンから再生します。スマホの場合、初めからになる場合があります)


<<下に続く>>


松井市長「大村知事を選挙で支えた会派が沈黙している」

表現の不自由展巡り検証委設置|au Webポータル国内ニュース

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が開幕3日で中止となった問題で、芸術祭実行委員会会長を務める愛知県の大村秀章知事は9日、県庁で記者会見し、県が外部有識者6人でつくる検証委員会を設置すると発表した。

 検証委は、表現の不自由展の企画、準備段階から中止に至った一連の経過を検証し、今後の類似イベントを開催する際の改善策を提案。公金を使った芸術祭のあり方や危機管理などについても議論する。16日に第1回会議を開き、11月末までに大村知事へ報告書を提出する。

 検証委の座長には山梨俊夫・国立国際美術館長が就任し、上山信一・慶応大教授らが委員を務める。関係者から意見聴取するが、表現の不自由展の撤去を要求した名古屋市の河村たかし市長や、芸術祭芸術監督を務めるジャーナリストの津田大介氏らを対象とするかは「現段階では未定」(大村知事)としている。

 芸術祭は1日に名古屋市などで開幕。2日に河村市長が表現の自由展を視察し、大村知事宛てに展示の撤去を求めた。実行委には抗議の電話などが多く寄せられ、大村知事は3日に中止を発表した。7日には脅迫のファクスを送ったとして同県内のトラック運転手(59)が威力業務妨害容疑で逮捕されている。【竹田直人】


しかし、どうちゃったんでしょうね
大村知事
過去に維新と連携していた事もあったんですが、まるで別人ですね

今年2月、最高得票で3選を決めたばかり
選挙前なら、どこかに配慮するのも分かるんですが・・・

何かヤバイ事、握られちゃってるんでしょうかね・・・

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 仲井 より:

    全国の自治体で、今回の愛知で行われようとして実際には数日間行われ、しかも莫大な気の遠くなるような予算まで補助金で行政、国までもが出してそれで反日の活動をやっている。
    国民を馬鹿にするのもほどほどにしろ!って。

    沖縄をはじめ北海道アイヌ内容も、他の全国自治体で行われているこれまでのこういう催し、自治体トップと組んでのまあ狙い通りに税金を使ってこういうことをやることがものすごく多くなってきている。
    愛知は無論だが愛知県内にも相当個別の市でそれがあるし、お隣の岐阜にもそしてお隣の新潟にもその西の京都にもその南の神戸にもそして愛媛、広島にも、川崎、長崎、埼玉の個別の市、兵庫の各市、そして東京都杉並区、そしてかつての橋下さんが出てきて松井さん吉村さん体制になるまでの10年前までの大阪市、

    大阪市などはとにかくテレビ局が極端に反日でその中心的活動をやっている。
    ついこの間に起きた公募校長が、はだしのゲンだとか教育勅語等での校長の発言、この日本人ならごく当たり前の発言、校長室に日本国旗を置いているで、このことで非難ごうごうに中傷し、これがテレビと新聞がひとりの校長にそれをやり、もう考えられない日常の校長の職務が困難になるほど行動を制限させ、追い回し追い掛け回し、もう反日活動ここまできたりと思わすほどのこの朝鮮民族テレビ新聞が執拗に校長職を辞めるまで辞めさせるまで、徹底した嫌がらせを、無茶苦茶をやった。

    これは大丈夫で今回の津田という朝鮮民族のやったことは大丈夫だなどというこのテレビ局の連中って、日本になどいないで出て行けよ!
    もう日本から祖国の同胞が居てる朝鮮に帰れよって。

    日本の警察庁はいったい何をやってるのか!って。
    日本国籍を騙し取っていることがほぼほぼ間違いのない今の日本のテレビ局、新聞社に所属する従業員関係者、及び親族一族郎党、家系の連中、また全国の教育現場の大学の教授連中、こいつらの民族判別を、早急に徹底的にやれよ!って。
    反日が明らかで日本国家を貶めることが目的で日本に居てる現地涌を解ってるだろうに。
    つい先だっても東京地検特捜に或る国会議員と大学の教授の名前で操作しなさいよと、判ってるはずでしょうが!と、なぜやらないのか!と、ばらすぞ!と言われて怖かったんですか?、野中広務が生きていたころから、東京地検は脅されていたんですか?と申し上げた。
    大阪の地検特捜本部は私の話に一切返事も、うんともいわずただ黙って静かに30分近い私の説明、時系列、事実起きていた経過、この説明を全く音もたてずにただ黙ってじっと黙って聞いていた。

    最後にやっぱりという具合でひつこく何度も聞いてきた。
    住所、名前、生年月日、本籍、連絡先、自宅電話番号、これを教えてくれと、これだけしかその地検特捜部の特捜部の係官は発言しなかった。

    でも最後に一言、珍しく、
    【今日は貴重な意見を本当にありがとうございました】と、物凄く丁寧にその検察庁の検事は私に言ってきた。

    でもこいつはやるんだろうか、いや、やれるんだろうか、上からまた指し止めを食うのではと、まあ変わらんだろうなあと思って電話を切った。
    でもやっぱり言っとかないと始まらんので伝えておいた。

    戦没者の遺骨収集と称しての反日団体がそこに入り込んでの、対策費と称して組まれた莫大な億単位のお金、これを狙って自称日本民族と公言している朝鮮民族の人物らがそこにまんまと入り込み、無条件で出されるその税金の山を分捕りに、ただ目的は税金を略取と、そして反日の日本国家の戦争責任問題をクローズアップさせることへのプロパガンダ工作をそこに入れてくる。
    これらの活動はすべてが糸で皆繋がっているし、中国共産党・朝鮮の足として日本国内で動き、その意図をつないで情報を流して回ってるのが実は新聞テレビがそれを担ってやっている。

    機密保護法案をあれだけ反対し廃案にもっていこうとしている政党、こいつらはこれだけ反日活動をやってるんだから国民は投票行為でこいつらを落とさないとねえ。

    まあ、
    日本国民のうちの投票権を持つ日本人に化けて日本人になっている反日朝鮮民族の18歳以上の者の数は、日本国内に日本国民として単純に1500万人以上は最低でもある。
    私はたぶん2000万票あると実は思っている。
    この2000万票が、常に固定票として朝鮮民族連中の日本の税金搾取の活動の連中に回っている。

    だから政党アンケートとされるものも実はその総数の二割以上は実は朝鮮民族票だという認識を持つべきだ。
    政党支持率が出た折のあの数字の見方は、すべての票数値の支持票のグラフのうち二割分はすべて朝鮮民族票だという計算をまずはしないといけない。
    この朝鮮民族の二割の票というのは投票率が実は8割を超えるだろうと予測する。
    この間の参議院選挙においても投票率が100%であれば実は7000万票を超えるはず。
    それが50%をわずかだが切ってしまう低投票率。
    50%というjことで行けば約3600万票ぐらいの票が投入されたことになるがそのうちの二割というのではなくて朝鮮民族票は単純に7000万票の二割で行かないといけない。

    つまり投票に行った人は朝鮮民族は実は1400万票以上は最低でも朝鮮民族があの参議院選挙で投票したことになる。私は2000万票入っていると思っている。
    つまり合計3500万票のうちの2000万票分は実は朝鮮民族が投じた票だと思える。

    つまりまあ、単純にだが、参議院選挙での投票数合計数の合計で3500万票の中に、割合だけで行けば、実に1400万票分が朝鮮民族の票になる。

    ということはこの間の選挙での朝鮮民族が占めた投票数値の割合は全体の4割にも達していることになる。

    ★ここで各政党の得票数を見たら大体分類してみると、朝鮮民族票の分布がこの数値に合致してくると思いませんか?

    自民党        票

    日本維新の会     票       

    国民民主党      票

    ▲公明党       票

    ★共産党       票
    ★立憲民主党     票
    ★社民党       票
    ★令和新撰組     票

    ☆N党        票

    上記の政党分で、黒い★マークの部分、この票の分布(皆さんでここに数字を入れてみてください、日本民族と朝鮮民族の票の分配が今の日本ではどういうことになってるかよくわかる。
    こういうことを踏まえたうえで新聞社テレビ局及び日本で破壊活動をやってきている工作の活動家らはこの日本国家をもうこの勢いだと間もなく破壊できるともうここまで来てるからやれそうだと思い出してきて今こうやって具体的実践行動に出てきだしたのだ。

    上の選挙の日本全体が投票する投票分布で見ても、今ではもう朝鮮民族票がもうすぐ日本人票を上回るぐらいのところにまで来ていることを自信を持ち出し、やつらは自信を付けだし遂に狙う者は天皇家の破壊と行政との一体のまだ朝鮮中国共産党の工作が行き届いていない一部のコアな日本の日本民族国民だけだと思い出し、ここは一気呵成にやってしまおうと、それでこうやって身勝手に荒っぽく朝鮮流に汚らしいものを掲げていかにも煽動とわかる代物を出してきて直接行動に出て来たのだ。

    ★もうすぐ日本を戴けると、日本を国民毎バラバラに破壊できると。

    この間もロシアから引き揚げてきた当時のシベリア抑留されたと称する日本人遺骨を採集して持ち帰ったが実はその殆どが実は日本人抑留者、日本民族では無かったことが遺伝子検査でバレた。

    この遺骨最終にはものすごい金額の税金が投入されているがこの金額は相手国とこっちのこの最終事業団がその資金を共有する。
    日本は戦後この事業を北はシベリア北朝鮮南はインパールに至るまで相当の範囲の遺骨収集事業とやらをやってきた。
    もう遥か数千億円という税金が投入されている。
    この金を狙って取り付く朝鮮民族組織団体がそこにはへばりついて何々友好平和事業団なるような名称を付けている団体、私に言わせれば遺骨最終という名目でただ莫大なお金を搾取するだけの団体であると思っている。

    その裏付けとしてつい最近の遺骨収集で帰ってきた遺骨が実は日本人ではなかったとわかったが、実はここからが実に怪しいんだが、ではその遺骨はいったいどこの民族の物かをテレビも新聞も組織事業団もまったく公表していない。
    厚生労働省がさもこう言ってるかに報道しているが、肝心な、この遺骨収集の事業団の連中は、この件でただの一言もしゃべらない。
    【プライバシーがあるから】というこの厚生労働省がそう言ってるからとかごまかして自分らは一言も出してきていない。
    ここ最近のこういう事業団と相手国には、あれだけ数百億円もの予算が出て居て、それで間違えてましただけで終わり、ふざけるな!って。
    これについてなぜ喋らないのかの理由は実は簡単なんです。

    皆さんも考えてみてください、遺骨を集めた地域はあの限られた朝鮮半島奥地から旧ソ連へと延びる地域。
    ここでの遺骨が集められしかも遺伝子による民族判別もできている。それで何故真実の事実を表に出さないのかはこれは実はその遺骨が実は朝鮮民族の遺骨だからです。
    日本人がそこで亡くなって土の中に遺体を放棄されていたのではなくて、ただ単に朝鮮民族が何らかの形で大量に底で死体として放置され土の中であったというだけ。
    つまり日本政府は莫大な予算を使って朝鮮民族が内乱なのか虐殺なのか何かの加減で青の民族が殺されたその遺体の遺骨を大事そうに持って帰ってきていたただそれだけの事。

    日本の莫大な予算を使ってどこの馬の骨か奴隷化シランが大量に残虐に殺害された朝鮮民族の遺体があったそこにまんまと連れて行かれた遺族とされる日本人がそこでその遺骨最終事業団の金の搾取手段の手ごまにまんまと使われただけ。

    なぜこんなバカなことが起きているかといえば、
    今からもう8年ぐらい前になるか、当時自民党が下野して民主党政権時代、北朝鮮で亡くなったとされる日本人遺骨の採集事業というのが発起(こういう事業は以前からも多く行われて要るがそこにこれは旨味があるということで朝鮮民族の輩がこの内容に一斉に食いついてきて個の資金を食い物にしようと群がりだした=むろんそこにはテレビ局らも合体で旨味を味わい=遺骨収集は絶対に必要だとテレビで大いに宣伝してもらうため=予算拡大の手先にテレビにも旨味を与えている)されて、
    そこに実は地域ごとで数百億円という費用の税金がその遺骨採集事業関係者と、北朝鮮側に流れる仕組みが組まれた。

    当時の自民党小池百合子さんが国会でこの件で追及しているが、それが実はこのシベリアの事にもつながっていて北朝鮮からの遺骨採集が予算だけ先につけてもうそれは支払い済みになった状態で、中途半端でこの事業に水が入り、これ以上金が国からもう出てこないとわかると、今度は南の南方アジア地域インパールだとか、今回のこういうソ連当時の日本人の遺骨を取り返すべきだとか、こういう次々と、またこいつらが叫びだしそこでまた莫大な予算が組まれこれらが行われている。

    このシベリアでの採集時案でも、今回もこれでまた中途半端に中断し、でも付いていた予算はそのままで返っては来ずだろうし、まだ追加予算が加わるかも。
    このように次から次へとこの遺骨収集という事業団と称する連中が、未来永劫資金を食い物にするために仕組んでの、この日本国家からの出される莫大な資金を狙って日本人に化けた朝鮮民族が、さも人道的うたい文句を掲げて要は早い話どこかが終わりかかるとまた次の資金源を探して戦地のどこかを出してきてああ遺骨採集が必要だ云々と言い出して日本から奪い取りに来ているだけ。

    いつもの朝鮮民族の手である。
    日本人が何で朝鮮民族の遺骨の収集費用を出さなあかんのか!。
    遺骨収集が必要だと叫び続けるこの朝鮮民族って実は死んだ者への系だとか思いだとかそういう者はこの民族は実は一切持っていない民族。
    朝鮮民族というこの民族は死んだものを入れているところ、つまりお寺の前を通るとき唾を吐いて通り過ぎる。
    死んだ者に向けて弔うだとかではなくて死んだ者への恨みだとか死んだものへは逆に足蹴で土を蹴りかけるぐらいの態度をする民族、世界中でこんな民族は見たことも聞いたこともない。

    まるでキツネが殺した獲物を土の中に埋めて寒い獲物のない時期を過ごし貯蔵しておいておくというシーンを見るがまさにもう死んだものへは食いつぶすか棄ててしまうかなのだ。
    そういう民族が遺骨を採集すべきだなど思ってもいないのにそこに莫大な日本政府が出す予算がついてくるのでそこを狙ってるだけ。

    税金を莫大にせしめていく組織、
    税金をむしり取りながら国家を転覆破壊させる目的で。

    普通に行われてきているのが今の日本の現状。
    これを日本国民が放置し何の手立ても行ってこなかったことがここまでのこんな言語道断なことを野放しにさせてしまった。
    奴らは反省だとか申し訳ないことをやったとなどと、そんなことなど全く鼻からみじんも考えるどころか思ってもいなくてさて次はどうやってやろうかと、どうやって国家の自治体の税金を使って反日の模様詩工作活動をやろうかともう次の手に差し掛かっていることだろう。

    今回のことは今香港で起きているものと全く同じ。
    中国共産党が政権を握るとああいうことがすぐに発生する。
    日本で反日をやっている連中は、まさにあの中国共産党の、香港を支配し共産党の思いのままの、弾圧での言論封殺での牛耳ろうとしているあの忠告共産党独裁恐怖政治、ああいう国家をこの日本で作りたいのである。

    香港で起きている国民による住民活動、自由を叫ぶ民衆、あの民主活動、あの中国共産党に反対するデモ活動、もうあれと全く同じ光景である。
    次の手を考えてやってきている。

    今後もこれをネタにあらゆる行動にもっと強硬に出てくることだろう。

    今回の愛知県で行われていたことと、反日活動に於ける行い、意味的には、活動的には、何処とも同じく(全国の案件がただ表で報じられないだけ)こういう反日の根回し活動、これが朝鮮・中国共産党の思惑に順ずるようにすでに手の内に工作ですでに手の内に入れている自治体と大学と政治家、市民団体と称する朝鮮民族組織が一体になってやりだした。
    公安調査庁、全国の県警本部の外事部、警備部、公安が中心になって、全国の地検特捜とも協力しながら、盗聴、傍聴、逆に奴らに対しての防諜、機密漏洩防止、国家安全本部が中心になって、朝鮮中国の指示で動くこの輩連中を、中国に逃がさないうちに早く、早急にこいつらを何とかしてほしいものだ。

    まずは国籍だまし取りの違法内容突き付けでの強制捜査という突破口で。
    遺伝子さえ採取分析できれば、民族判別は可能なので、まず確定できるものはぼほぼ可能である。

  2. 市井 より:

    松井大阪市長を全面的に支持する。
    想像するに愛知県知事室で大村と津田の間で交わされた密約はこんな風であったのであろう。
    金髪の津田
    「大村知事、今度の展示会大丈夫ですかね? うるさいネットウヨが騒ぎますよ」
    眼鏡タヌキ
    「心配ない、大船にのった気持ちでやりなさい。こちらは表現の自由で対抗しますから」
    金髪津田
    「天皇の御真影を燃やしてもいいですかね?」
    眼鏡タヌキ
    「大丈夫 大丈夫! 韓国ですらやってるんだから。全責任はボクが持つ」

    神戸大丸デパートでは自衛隊関連の展示会を実力阻止し、名古屋では汚物展示品を屁理屈で芸術品と言募る、まったく真逆なことを平気で主張する破廉恥さを理解しようとすることのできない連中。ここは愛知県民の民意度が問われる。

  3. 仲井 より:

    一日も早く日本の各政党党首らの意見、この件での自らの政党の立ち位置を、早急に国民に表明し、示していただきたい。
    やれよな!

    そうしないとこういう内容について、現状の日本の政治家、日本のその政党のアイデンティティーが国民に分かりづらい。

    この際新聞テレビがやるべきことは、
    報道で、各政党党首にじかにマイクを突き付け、動画でそのシーンを国民に見せて、そこで、今回の芸術と称するあの内容、愛知のイベントの内容を、

    ★【あれはどんなことがあっても国民に見せてしかるべきで、あれは素晴らしい芸術の展示物だ】という立場の立ち位置にこの政党は立つのか、やることを全面で支持するのか】

    それとも自分の党は、党として、

    ★【この内容は言語道断で絶対にやめるべきだ】という立場に立つのかを、

    これを、
    各政党ごとに、各政党の党首らに直接マイクを突き付けて、その返答、答えを出させろよ!って。

    早くテレビの報道番組でこれを出せ!って。

    憲法の時にテレビ局がよくやるあの番組中にボードで各政党別に右派だとか左派だとかいうレッテルでの護憲か、改憲かでその政党ごとの当主の顔写真を張り付けて、右と左に分けていつもやるよな!
    あれと同じように今回の内容をボードにそれぞれ政党別に区分けさせて、立ち位置をきっちりと政党別で分けて出せよ!って。

    直接党首に聞いてきてそれで出せばいい。
    どっちの側かを分けて表示して、国民にはっきり見えるようにして、それで議論をやれよ!って。

    今回のことは日本にとって、日本の政治にとって、政治家の日ごろの国会活動の実態について、その政党はいったい日本をどっちにもっていきたいのかを明確に判別させる内容である。

    ;国としてこれはやってもいいことなのか、
    ;いや、やっては駄目なことなのかを、

    これを各政党の党首に回答を出させろよ!

    日本という国の最低限度の国の基盤部分、国家をこの日本を今後どうしたいのかのその一番わかりやすい、国民がどの政党を選挙で選ぶのかの目安になり、何処に比例で投票しようかの一番判断しやすい材料になる内容。

    どっちにしても近い将来衆議院選挙が行われる。

    政策議論で選択はするが、でも一番肝心な日本の国家の基本部分、姿勢としてのアイデンティティーについて、日本国民が何処の政党を選ぶのかのその分岐点にもなる。

    この政党はいろいろと政策を語っているがでもこれからの日本をどういう国にもっていこうとしているのかの、その選択が今回の件は一番はっきりとするし、日本国民にとっては選択の一番わかりやすい材料でもある。

    憲法論議は一般国民にすればまだ解らないとかいう人も多いが、でも今度のこの愛知のこのイベントの内容においてはどの政党がこういう内容を支持するのかしないのかで、相当よくわかるし、選ぶ基準でそれがはっきりと答えが出てくる。

    テレビ新聞は、各政党の党首に早速直接聞きに行き、政党其れぞれが個別ごとに、今回の愛知のイベントについて、推進派なのか阻止派なのか、どの政党がどっちの立ち位置に立つのかを、ここを、はっきりと聞いて来い!って。
    これを各テレビ局に今日朝連絡をした。

    日本維新の会、大阪維新の会、減税日本、この政党だけにこの内容を聞きに来て、他の多くの日本で存在している政党の連中にはテレビ局新聞社は聞きに行ってることを出していない。
    なぜ隠すのか。

    仮にもしも、一切聞きに行っていないのは、それはまたおかしいだろうが!って伝えた。
    そんな一個人の内容ではないんだぞ!今回のこの件は!って。
    日本国家国民にとってものすごく大きな大事な内容なんだぞ!って。

    日本を破壊し貶めたいという目的でやっている組織と、
    日本を守りたい派とのはっきりとそれが解りやすい争いだからな!って。

    そしてそれを事実を国民に公開して報道番組で晒せよ!って。

    奴らがこういうときに必ず出して来る、芸術云々だとか言論の自由云々だとかの、こんなことはどうでもいい、
    こういう内容にすり替えてのいつもの手でのゆがめられて基本部分の国家がこれをどう扱えばいいのかという部分からうやむやのずらした方向にいつもの朝鮮流にもっていくので、
    ここはもうそこは逃がさずに、そんなことは一切許さずに、抜きにして、
    ただ単純に、
    【あの内容がいいのか】、
    それとも、【悪いのか】、
    基本の今回の事案はやることに賛成派なのか、反対派なのかだけを、
    これだけを各政党の党首は国民に向けて答えるべきだろうが!って。

    はっきり立ち位置の立場を政党の党首が明らかにすれば、それでよくわかるし、この政党はこういうことをしたい政党なんだということが国民に解ってもらえるし、日本が今置かれている状況をこのままでいいのか、いや今非常に危険要素が高まっていると思うのかの、その大きな選択ができる。

    人権だとか芸術だとか言論の弾圧だとかを出してきてごまかさずに、今回のものはいいのかダメなのか、奴らの本当の狙いの部分から遠ざけていってうやむやで終わらせないように、結果税金を使ってやって終わりというお粗末な結果にさせないためにも、結果「イベントは行った」というようなそういう単純で思うつぼで終わらせてはいけない。

    南朝鮮・中国共産党では、
    国民の自由な発言は封殺され今言論封鎖がおこなわれてるじゃん!

  4. 椿 より:

    ⭐︎【嘘の展示】と【日本人侮辱】はダメでしょう。

    慰安婦像は【韓国と朝日による嘘・捏造】です。
    まずはその真実が説明されてない!国民を騙してます。

    それなのに国民の税金を使う?訴えてやりたいです!
    更に日本の象徴である天皇陛下の写真を燃やす?『国民への侮辱』です。
    日本人なら絶対に容認できない。

    それに韓国軍により強姦され大虐殺された
    【ベトナム女性の苦痛像=ライタイハン像】は展示しないの?

    韓国に都合の悪い事実は表現しない!
    確かにある意味「表現の不自由展」ですね。

  5. 京都の住人 より:

    憲法を盾に常識を通用させないようにしているかのように思えて仕方ない。大村知事は個別の芸術?に具申を申し立てることに対しては、なんら答えようとはしていませんね。プロデューサーや監督との信頼関係にケチを付けるなと言いたいようです。なら、最初から眉唾もんと感じなかったのかな?

  6. 仲井 より:

    これが芸術だとまだ続けて発言している輩連中、
    金と女と、身分、肩書しか世の中にはないと思い込んで生きてきた生き物、これしか頭にない生き物らが今のこの日本の世に存在すること自体が、人間の範疇ではない。

    そういう連中が行ってきたここまでの、戦後朝鮮民族が日本人に化けて作ってきた日本、世界では日本と朝鮮でしか起きていないこの現象、

    振り返ってみれば、戦後の時期から実は朝鮮民族が日本でそのまま朝鮮で行ってきた内容が、その時代からすでにその兆候ははっきりと日本の中で出来つつあった。
    戦後の日本の、こと、女を扱うショービジネスという名のつくりに変えてしまい、女を商品として、売る商品としての、貢物として位置づけてやってきた連中が日本ではびこりだした。

    現在に至るまでのおニャン子、モー娘、AKBに始まり今世間であっちこっちでただ女を見せるだけの多くの女だけが大勢で舞台で、ただ女を見せるだけの意味しか感じさせない、混雑にただ動き待ってるだけの服を着せただけの、まあ言えばストリップショー。

    どの女がいいですか?と大衆に聞いているまがいにしか見えない。

    やってる小屋がストリップ劇場か、ただの集会所かの違いだけ。
    いう目線で作ってそれを金に入れ替える朝鮮流女だけを商品としか考えていない下種極まりない商売。
    貢物としか位置付けていなかった朝鮮中国の生き様そのものである。
    目の前で何が金になるか、金のために何が使えるか、そうだ手っ取り早く女が使えると、それだけしか考えていない朝鮮中国の女を人格どころか貢物としか考えていない人権侵害の典型である。
    こいつらの本性のそのままの、そのままの正体。

    私はあれらを見ていていつも思う、が北朝鮮でよく話題にされて出てくるが正にあの朝鮮労働党の幹部連中の前で踊らされて貢物にされている女らと全く同じ光景に見える。

    誰を指名するのかを選ぶのがあの選挙?と称する全国からの女の査定の人気投票、ストリップ劇場で行儀の悪い客が踊り子の体にちょっと触れると、客はチップを渡し、客はもっともっととチップをはずんで踊り子に渡す。

    見てるとAKBらもやってることは全く同じで、体に触る(握手)と、握手するとそれによって金をせしめる。
    やってることは、ストリップ劇場の女らと全く同じである。
    それを平気な顔をしてあのプロデュース会社ら、秋元らは何の抵抗もなく女を目利きの女衒のように集めそこから貢物で高く売れそうなものをただ選んで売り物(女を=芸術でなどではなくて)として客にどうですか?いくらで買いますか?と出しているだけ。
    典型的人権侵害である。

    テレビや芸能関係者は、こういうプロダクションの企画、構成について、こういうプレゼン・ショー形式について、「すごい」と言って、秋元らを褒め称えるが、私に言わせれば、あれほど卑劣な男の眼だけを狙った女だけを商品にする人権侵害をやっている連中都しか見えていない。
    奴ららの持つそのわれわれ日本人にはわからないどこか普通ではない生き物に見える。

    あの北朝鮮のあの喜び組のあの連中のやってることとどこが違うのかと思うが。

    日本で起きている朝鮮民族がほぼほぼ経営しているストリップ劇場、戦後キャバレーや劇場でよくやりだしたあの水着まがいの衣服で踊っていたOSKだとか日劇だとか、宝塚だとか、足を振り上げて踊るショーダンサーの、女を貢物にして、売り物としてのただ金を卑劣に稼ぐ、女性を女性とも思わないただの貢物で、一体この女はいくらになるのかだけがやつらの狙いの原点であり、人権侵害の典型野郎としか見えていない。

    喜び組のあの扱いと、こいつら今日本でやっている秋元なにがしかPDが行っている商売って、あれと何にも変わらない、ただの女を見せるだけの、客がどれかを指さしてどの女が貢物にいいですかを見せて商売にしているだけの、ただのそこらへんの裏通りの中で看板だけけばけばさせて、でも見せはどこか汗臭い路地の中にあり、奥にひっそりと引っ込んでやっていた、隠れるように商売をやっていたあのストリップショー劇場と何ら意味的には変わらない。

    なぜそういう見方で見えてしまうのかは簡単である。
    昔の世界の映画を思い出してもらえればよくわかるが、比べてみればもう朝鮮民族が金になると付け込んでここまで日本でやってきたショービジネスというもののその中身がいかに卑劣で下種で、日ごろ偉そうにやれ人権だとか差別で被害を受け唯、これを全面で出してくるこの民族が世界ではどこもやらないことをこいつら日本にまで引っ張り込んできて朝鮮での解釈、女は基本奴隷であり商品であり貢物だという認識、これを全面で出してやりだした。その典型が、朝鮮民族が日本でやりだしたおニャン子、モー娘、AKB現象である。
    日本人には絶対にできない発想である。
    女を貢物にできるというその感覚がそもそもわからん。日本人には。

    女を貢物にしか考えていない、その視点、狙いが、欧米の映画との比較でそのことがわかる。
    はっきりとわかる。

    欧米の映画での踊るシーンというのは皆さんも思い出せばわかるが、ほぼほぼ総て男性女性が一緒に混合で踊る。
    ウエストサイド物語でも、ドレミの詩でも、ほか多くのミュージカル映画、ショーにおいても、踊り手は、そこには、男性と女性が一緒に混ざり合って踊る。
    日本の今のおニャン子でもモー娘でもAKBでも、皆女だけで踊ってるでしょう?
    貢物になるからです。

    つまり男は貢物とは奴ら思ってもいない。

    欧米各国のこういうショーでは男も女も混ざって一緒に踊っている。
    南北朝鮮での、朝鮮半島民族と、現在の日本でやっている日本人と思わされている朝鮮民族がやっているこれらショービジネスは、女を商品の目玉にしての、男への貢物扱いでやっている状況。
    日本人は、そんなことは絶対にやらない。

    日本人は、芸術は、つまりこんな下種な女を商品にした貢物ではないのだ。

    朝鮮民族は芸術というしつらえの粗末な構成で金さえ稼げれば何でもよくて、そこに女を貢物で商品に陳列に出してきて、でそこで芸術という名のストリップショーまがいの衣装を着けたストリップショーをやっているだけ。

    奴ら朝鮮民族は日本人とはそこが全く違っていて、第一日本人は、女を、商品として大勢を一緒に陳列に出してほら見てくれ値段をつけてくれまがいの、商品の貢物の対象になどこんなのとなど日本人は絶対にしない。
    つまり女を、貢物の商品でどれだけの金で売れるのか、この女でいくら稼げるのかなどという発想からはほど遠いところからの発想なのだ。
    女を貢物だというこいつら朝鮮民族の発想からは全く違うところから出て居るのだ。
    日本人が視点に置くのは、芸術そのものを見て評価がそこから始まるのだ。

    女の貢物の価値を査定、決めるのが芸術などではない。

    松田聖子が本人が精いっぱい色気さえ見せてマドンナに似せてやれば、きっとアメリカの男は私になびくと、朝鮮で身についた感覚、女を前面にさえ出せば、アメリカで絶対に売れると思い込み渡米したが、アメリカは芸術を見たいのに女の貢物を求めてるわけではないときっぱりとはねつけられて、散々な目にあい帰国した。

    歌と踊りを、女の貢物としての魅力が第一と考えていた聖子は、そこが朝鮮民族感覚と勘違いしていて、日本では女を出して貢げることがそこが価値だと教えられていたが、だからそこさえ出せば、欧米のものと競えば行けると思い込んでこれはアメリカでも同じだと思って望んでみたら、女の貢物の価値では、色気だけでは通用しないことを目に見えて思い知らされた。

    朝鮮民族は女を出せば価値がもらえると、貢物に見せかけて相手を惑わせられると、朝鮮や朝鮮民族が仕切ってしまった日本の国内ではそれが行けただろうが、貢物だけの価値だけで芸術が語れないことを、芸術の世界には入れないことを、思い知らされたことだろう。

    あの盲目の若者ピアノ奏者、偉大な世界大会で優勝し彼を思わず抱きしめた世界的権威の音楽家、朝鮮民族にすればああいう感じのことなどは何とも触りたくもないのだろう。

    秋元はこういう盲目のこの若者へと、まず絶対に触ってこない世界だろう。
    そこに女の貢物が、売る商品の価値を探せないだろうし、彼の商品はただ一点そこにしかないのだから、芸術の名のもとにただ女を貢物として価値がどれだけの値段で売れるかだけしか思ってもいないし絶対に触ってこない世界だろう。
    っていない。
    朝鮮民族は、生きた時から親も祖先も、女は常に貢物の発想で、どれだけ媚を売るかで価値が認められると、高く売れると思い込んでの行動に徹する。
    其れさえあれば間違いないと、自分の、そもそも女としての人間のその生命体からくる価値、この一番大事なもの、人間の価値が何処にあり本当の売り物は何かという部分をはき違え、本来の人間の価値など初めから棄てて居て持ってもいないのだ。
    男に近づけば、貢物に見える風体貢物にしてやれるという媚、これだけで幸せになれると、つまり他力本願で自分の人生を頼った相手への人任せで行けばいいと思い込んでいる、それでいけると思い込んだ生き物。

    奴隷制度で、奴隷が長いと、貢物とされ続けてきた歴史が長いと、代々何処まで行っても、被害者だ、これしてくれ、あれしてくれ、子々孫々までその根性というか、とにかく人に何かをしてもらうんだという発想、人になんとかしてもらうという発想しか出なくなるんだねえ。

    そこを知っている悪賢い朝鮮民族がそこに付け込んで女を貢物にしてそこから搾り取るというもう女衒そのままの朝鮮そのままの行為を祖国同様にこいつらは日本でもやり続けている。

    まず発想の初点がそこから出て居る。
    朝鮮半島の女は、何処まで行ってもとにかくもう根っこから、女はそもそも奴隷の貢物としての価値にしかないと、そうとしか自分を見つめられないのだ。
    だから周りや他人にとにかくたかる、被害ぶって兎に角周りからとれるものはとっていく。
    獲るためには何でもする。土下座(まあ朝鮮の土下座と日本民族の土下座は根本から意味が違う=日本人の土下座は自分のふがいなさを自分で責めて、自分に対して自分に対して情けない気持ち十分で相手に対して頭を下げる、だが、朝鮮民族の土下座というのは、相手に向けて頭を体ごと下げるさせる行為、正確には、相手に向けて命令で下げさせる仕草)してでも奪いに行く。

    秋元らこういう連中は、舞踏会で踊るような内容のものには絶対に手を付けてこない。
    女を貢物として客が価値を付けないからだ。つまり芸術の範疇としてみてる。客が、女を貢物で見ているわけではないから、これは商品価値をこいつらは見いだせないのだ。だから手を付けない。

    これは女を貢物対象でのいわゆる女を見せる、そして貢物で売る値段を決めるものではないからだ。
    舞踏の踊りそのものを商品にして売っているのだ。女を売ってるわけではない。そこがこいつらには一切手を付ける要素がないのだ。
    だから奴らは間違っても貢ぐ女を扱うもの以外の商品は、一切扱わない。

    今度の愛知のイベントは、
    子の下種朝鮮民族が芸術の名のもとにやろうとやったがこの増本らが狙って商売をやってるそういう発想と行為面の津田らの連中の狙いは全く同じで芸術の名のもとに片方は女を貢物で商品価値を作る津田らは芸術という名のもとに反日のプロパガンダそのものでやった。

    朝鮮民族の発想というのは表で歌って要るものはそれは周りの目をごまかすためのものがほとんどであり本当の狙いは相手をどう錯覚させまちがわせるかだけが狙いなのである。

    嘘とでっち上げという内容と女を貢ぐこの意識、発想は全く同じところから出て居る朝鮮民族の原点であろう。

    こんなことでしか生きていけない哀れな獣たちの生き物である。
    嘘が脳の中で浮き沈みしながら浮いてきたらすぐに使い、脳はこの使い方で常に混濁し、騙くらかすことにだけ長けていて、狙うものには本能のみで奪いに生きている。朝鮮民族はいずれ世界中からは人間扱いされなくなるだろう。
    ★奴らが信じて決して疑わない価値あるものだと思い込んでいる貢物の女だけを身にまとって抱えて、その姿で世界を追い出され追い出されて荒野を原野を放浪すればいい。

    【これは芸術です!】って、
    【貢物の女は芸術です!】って、
    【買ってください!】って。

    一寸つけ加えれば、
    私の叔父さんらや一緒に田舎で当時住んでいた戦地から帰還した人たちの口からは、
    【お国のために我々は戦った!】
    【天皇陛下のために命をささげて戦った】と、
    こういう反り返ったようなこういう文言を言う人はただに一人もいなかった。
    ただ普通に、国が大変だからお役に立ちたいとただそれだけだったと語っていた。
    何処かの安っぽい朝鮮人作家が知りもせずに書いたような、物語を作ったかのような、三文映画や作家の書いた本のように、肩ひじ張ってのもう気が血走っての、
    【私は国家国民のために戦ってまいります!!】などというような、そんな粋がっての発言など聞いたこともない。
    ただ黙々と、
    【お国のために自分は行きたい、そう思って戦地に行った】と、ただそれぐらいの思いだったと
    、何とか日本が勝ちたい、自分はそこの力になりたいと、私の親類の叔父さんやほかの働いていた人らもほとんど皆そんなレベルだった。
    皆がそう言っていた。

    もう行かされる、殺されに行く、こんな残酷なことを国は自分にするのかとか、これは大変だなどという意識は、当時の若者は、余り抱いている若者はいないぐらい少なかったと思う。第一周りの叔父さんらでそんな人いなかったし。戦地にあっちこっちで死ぬ思いをして帰ってきてさえ、笑いながら普通にしゃべり、もう同じ軍の中で体罰がすごかっただとかよく小説映画で出てくるあんなシーンなど私の叔父さんらの中でだれからも聞いたことがない。
    そら決められた規則を破ったりをやった部下の兵隊には、規律のために怒鳴りつけて怒ったことはあるといっていたが、。
    兵舎の中での生活が、地獄だっただとか、そんなことは聞いたこともなかったし、言ってもいなかった。

    食料や水の補給もままならず、虫に取りつかれる進軍と退却、もう目が眩むほどだったと、灼熱の照りつける太陽の下、倒れそうな部下が次々と蚊やヒルなどの虫に蝕まれ倒れてマラリアの熱で死んでいくその状態で、それでも部隊を引っ張っていくことはつらかったと、ビルマ戦線は地獄だったと、そこは叔父さんが語っていたことを思い出すぐらい。

    戦地に行った人大勢が全部が言っていたが、彼ら兵隊にとって、皆が皆天皇陛下という存在は、怖いという存在など全くもっていなくて、ただただ尊敬し奉るという存在だったと、陛下はもう何物にも代えがたい存在でそんな一言で言葉で言えるような存在ではなかったと戦後になってもそんなことを彼らは私の家で語って皆で和やかに笑って騒いでいた。

    ★その天皇陛下に向けて今回のことは、もうどんな謝罪があっても絶対に許せぬ。

  7. 仲井 より:

    南朝鮮でのアンケート調査という日本でもよくやっているいつもの朝鮮民族がやる特に好きな己の方向性にもっていく怪しき出どころの調査が出ている。

    日本製品不買運動についての是々非々について、賛成及びもうすでにやっているという者も含めて6割強のものがこれに賛成しているという結果。
    あそこの国民って約5000万人ぐらいらしい。
    つまり3000万人ぐらいが賛成で、2000万人ぐらいが反対または別に?というレベルのようだ。
    よって、単純に可能性とすれば、南朝鮮において、現状北朝鮮地域支持者及び北朝鮮地域がそもそも祖先のいてた故郷を北朝鮮方面に持つ家系、こういう者らがこのぐらいの人数が現存していて、南北に分裂する前の朝鮮での元々南朝鮮側に居てた国民が、今も約2000万人ぐらいのようだ。

    半島が旧ソ連であったロシアと朝鮮との当時のあの南北戦争での、互いの欲と卑劣な強欲での思惑で始まった奪い合いでのその結果が、今の南北の現状を作り、そういう歴史を踏んでの南北に分かれた折の、ここまでの戦後70年以上の間の朝鮮半島での彼らの思うことは我々日本人には見ていても到底わからないが、ただ一つ言えることはこの朝鮮半島という地域は、もう人間が係る地域ではないと思ったほうがいい。

    獣同士でいろいろやってくれればいいんで、結果などに関知などせずに、人間のいてるところではないので、言葉も食事も通じないし、人間がそこに入っても鞭でシバキ回して言うことを利かせることもできないし、そうかといって頭を撫でてやっても奴らはその手を食いついて噛みついて骨ごと喰いに来ようとくるし、もう放置、いや、放棄すればいい。

    日本国内に不法に入ってきたこの生き物は、現状日本に2000万以上存在している。
    まあここの人にもそんなはずはないというような意見もいただいてはいるが私は今でもこの数値はまずまだ少ないのではと思っている。
    それは選挙の得票数のその中身の配分の票分けで見れば、その検証で(我が流だが)そこらの想定が成り立ってくる。
    私は実は、これら生き物は、実態は北海道から沖縄まで日本列島には、本当はもっと居てて、何故なら、皆さんも毎日テレビは見てると思うが、
    テレビで見ていても、その画面に映る者の9割ほどが、実は日本民族では無いように見えるし、スポーツにおいてもこの分野でも9割ほどが実は日本民族では無いように見えてるし、私は田舎を出てからこれまで15回ぐらい引っ越しているが、私は大阪に住んだ時からでも、大阪でだけでも11回ほど引っ越しをやってるが、
    住んでいた集合住宅での一つの会での住居が向かい合わせで20戸あったとすればそのうちでおよそ半分はまず日本民族ではなさそうという連中が大体であった。

    別に朝鮮民族の多い地域と言われてるような地域では無くてごく普通に住宅地であり普通の日本人が住んでいるだろうと思える住居地域でも現実はそうであった。

    だから私の子供の学校でもクラスの生徒の民族的配分は大体4;6ぐらいの朝鮮民族が4での学校が数か所あったし、この割合で、日本民族が多い学校でさえ日本人7割ぐらいだろうと、3;7の割合ぐらいであった。
    教師に至っては大体7割8割が朝鮮民族の現場。
    運動部門の講師だとか監督・顧問・コーチに至っては、もう100%といってもいいぐらいのそれほど日本人のこういう者は見ていない。
    私の子供は学校がやるクラブ活動と称する運動にも一切行かせていないし、学校の運動関係はさせてもいない。
    ただ子供みんなを近くのスイミングで気分転換の遊びだけのスイミングクラブには0歳児からすべてをやらせていただけ。
    それも競技練習などではなくて、リラックスだけの目的、ただ自由にそのプールで遊ぶだけのただ時間を一時間・二時間ほどそこで水に浮いて過ごし、日頃のストレスの解消にそこに行かせていた。

    朝鮮民族指導者のとてつもない指導の感覚が私はそれを子供に受けさせることはまず許容できなかったし、第一そいつらの事自体が何処からきてるのかも自分では隠すし、信じられないし、こいつらの言うことなど信用など鼻からしなかった。

    まあ多くの地域を引っ越すことで回ってきたが、地域での、同じマンションや集合住宅及び近所及び学校、地域において、多くのスポーツに朝から朝練のようにやってる生徒ら、他生徒を集めてのスポーツクラブ(水泳、野球、サッカー、陸上他)に入っての訓練生ら、及び地域のママさんが集まっての学校が勧めるママさんバレー他、地域のスポーツイベントら、まあそこらじゅうで見てきたが、多くのコーチも監督も、また参加している生徒も親らも、まあこれらをそう流しで見渡しても、日本民族などほとんど見たことがない。

    引っ越しで住宅選びで現地を訪れたマンションや集合住宅でも、空き家視察で、そこのエレベーターに乗ると、ニンニクがプンプンしていたりがよくあり、もう反吐が出て即刻でその住居はやめて違う住居を探しに行ったりしてきた。
    地域で集会などがあり、そこに集まるものらが食事ということになるが、もう見ていて呆れるというか人間がものを食べている風景には見えないということがよくあった。
    者は口にほおばって食べるしくちゃくちゃ音をさせて食べるしそして一番日本人との違いが分かるものがそこでよくわかったが、
    こいつらって本当に食べ方が汚いなあと思ってみていたが、何処がそうなのかその訳が分かった。
    家ではそんなことありえないのでそいつらと食事をして始めて解ったが、
    なんでこいつら食べ方が汚く見えるのかが、日本人との、人間とのその差が分かったことが、
    こいつらって食べ物を口に入れたら兎に角物凄い速さで口に入れたものを噛むのだ。

    口に入れた食物を、もうものすごい速さで噛む。
    テレビで皆さんも見ていてください。
    よくわかりますから。
    これは人それぞれによっての癖という者ではなくてあの民族が持つ特性のものと思います。

    何処の外国でも、食事において、口に入れた食べ物を、食事をするときに、食べ物を下顎で迎えに行って、あれだけの”ものすごい速さ”で物を噛んで食べる民族は、あの半島の民族以外では多分見当たらない。
    それも不思議なのは、日本に居てるあの民族のものがそれをやっている。
    朝鮮でのバラエティー絵も食事のシーンは結構出てきたりするがでもあれだけの速さで物を噛んで食べるものはあまり見ていない。
    だが日本に居てるこの民族の連中はそれをやっている。
    そのわけははっきりしていて多分北朝鮮地域の朝鮮民族はこういう食べ方をしないのかとも思っている。

    日本に居てる朝鮮民族でも、その多くが実は南朝鮮出身のものが多くて、それでこういう汚い食べ方を普通にしているのだろう。
    本人らは幼いころから親も代々そうやって食べていたので彼ら朝鮮民族の南から来たものにとったらあれが普通なんだろう。

    つまり南朝鮮地域出身の朝鮮民族は、祖先からこういうがさつ極まりない食べ方をしているのだろう。
    そのことが日本にわたってきた朝鮮民族の中では、そこが教育されずにそのまま日本でああいう状況でやっているのだろう。朝鮮半島人も実は南北の地域の出身地のこのことで、二通りあるということがこういうシーンを見ていてそこがよくわかってくる。

    中居、さんま、辛坊、紳助、東野、浜田、ほか多くのお笑い芸人、多くの報道のキャスターら、タレント俳優、スポーツ選手ら、女子の、舞台で踊って歌っているAKBら他多くの一連のグループ、嵐、トキオ、多くのポップ歌手ら、この連中の、ものを食べるときのシーンを見てみてください。

    今度テレビで見てみてください。

    兎に角食べ物を食べるところで、大声で奇声を発するし、気が狂ってるのかと思う程マナーも悪すぎるし、食べ方も汚いし。兎に角生き物が獲物をむさぼってるような食べ方、とにかく噛む速度が半端ではない速さで噛む。
    獣はハイエナでもアザラシでもチーターでも狐でもイタチでもネズミでも、ウサギでも、とにかく早く噛む。

    獣は、皆そうなんだ、こいつら本当にいったいどっちに属するのかと聞きたいぐらい。

    食べ方で南北朝鮮のどっちから来たものかが、何か少しは区別がつ区ような気がする。
    南北朝鮮のどっちからきている連中かということが。

    ★付け加えて書いてみるが、
    大阪朝日放送の夕方のキャストの中の番組で、食レポ(現地収録したものを夕方5時台に流す)があって、或る小静かな雰囲気をたたえた小料理屋さんへ、吉本興行のお笑い芸人と、朝日放送の女子アナが二人で小料理屋のおかみさんに案内されて庭が見渡せるお座敷に入って、そこで出される料理を食べるというコーナーがあった。

    そこで出された料理を食べる前から、まあ出さなくてもいい場違いな奇声を出していたんだが、奇声を上げていたんだが、吉本のその芸人はそこから、もう信じられない言葉を発した。

    お店の季節の懐石料理を、そいつが口に一口料理を入れて、飲み込んだ後に、

    【これ、うっまいわー!わー!これやったら、わし、これをバケツに入れても、これ全部、バケツごと全部食べれるでえ!】と、
    大声で、そこらじゅうに聞こえるように叫んだ。

    横の女子アナはそれをにこにこ笑いながら食事の説明をおかみさんに聞きだしだしたが、おかみさんの表情は、尋常ではなかった。
    これらをカットもせずに、お店に失礼だとか料理を冒涜するなだとか、そういって怒ることもなく、普通にテレビのレポとして流すことが大丈夫だと思うこの感覚、たぶんテレビ局はあのお店にこの料理のお代は支払っていないはず。
    日本人であれば、絶対に許せなくて、こんな暴言を吐いた芸人はわたしがテレビ局員だったなら、永久的にテレビ局出演から追放するが、今後追放してもいいぐらいな状況になるが、朝日放送のその時のコメンテーターらもスタジオの連中もそれを腹を抱えて大笑いをやっていた。

    今回の津田があの芸術祭とかいう者をやる前にどこかの東何とかと事前にしゃべっている動画が流れていたがあの時のあの津田も東坊も桁桁笑いながらやっていた。
    天皇陛下の肖像のお写真を燃やし脚で踏みつけるシーンをやることをこれを笑っているこの連中、朝日放送のこのキャストに居てた時の連中もまったく人間の心というか人間のここまでは入るなという誇りの部分など、こういう朝鮮民族のそれも食事であれだけ汚らしい食べ方をやる連中も今回の津田らも同類の南朝鮮からの入ってきた連中としか思えない。
    北朝鮮と中国から資金が出てその背景を拝みながらの姑息な日本への薄汚い工作の数々を辞めないこいつら南朝鮮奴隷の連中ら。

    こいつらバカだねえ。
    中國の命令に従っていたらそれがうまくいったら自分らがいい目を味わえるとでも思ってるのかねえ。
    間違いなしに殺される運命杯の一番に自分らなのにさ。

    中国やロシアから見たら世界中でどの国が一番欲しいかといえば、それは日本国家だろうねえ。
    これほど完成された国家はないので、国民性からも朝鮮民族さえ日本からいなくなってすぐに出ていけば日本ほど世界中から日本が自分の国になったらと思う国は、地球上のすべての国がそう思ってるのではなかろうか。

    我々日本人はそういう国に居てることをありがたく思うと同時にこの朝鮮民族の違法連中を一日もここの地域地域から出ていかすように個人個人が動くことも大事だが学校で動くこともできるし、軍備も整え、あらゆる法律あらゆる世論でもってこんな連中を、反日の薄汚い工作に明け暮れている連中を、国会からも学校からも地域からもテレビ新聞の世界からも、自治体からも公務員の世界からも一斉に血液検査で一日も早く追い出すべきである。
    日本人の感覚をこいつらに教えられないし、細胞が違うんだから教えられない、こいつらとは分離分割し、早い目に日本の地から足を洗って朝鮮半島に祖国に向けて早急に出発してもらいたい。

    日本は増便増便で手配をして、数日間で数千万の朝鮮民族を日本から脱出させればいい。
    反日なんだから祖国へ帰れ!

トップへ戻る