橋下徹「個人の肖像を燃やすような展示は民間の美術館であったとしてもあってはならない!」(橋下徹・櫻井よしこ激論!日韓問題、N国党とあの議員、そして表現の不自由展問題)

8/11 フジ系 日曜朝の報道番組に生出演
「櫻井よしこ・橋下徹のダブル論客が“日本の課題”を一刀両断する!」

愛知トリエンナーレ・表現の不自由展問題

地上波がなぜか触れない
「昭和天皇の肖像を燃やしてその灰を踏みつける映像展示」
に橋下さんが言及しました!

必見です!

(※動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…iPhoneでは再生にdailymotionアプリが必要な場合があります)

<<下に続く>>


最後のオチが橋下さんらしい(笑)



(出典:https://twitter.com/hashimoto_lo/status/1160397207922565120)


(出典:https://twitter.com/hiroyoshimura/status/1160403480843919360)

吉村さんが哀れだって。 pic.twitter.com/bfKTVOyZHj— ヨッティ (@ztb023061) 2019年8...
(略)8月3日、現代アートの大規模な祭典「あいちトリエンナーレ2019」の一環として公開されていた「表現の不自由展・その後」という展示が、地元の河村たかし名古屋市長や現役閣僚を含む各方面からの批判を受け、…

新刊!8/8発売!

トランプに学ぶ 現状打破の鉄則
橋下 徹
プレジデント社
7/30  橋下さんがBS報道番組に生出演しました! 結構話題になった動画です。まだの方は是非! (※冒頭やや切れて動画は途中...

大反響!12万部突破!

橋下さんの公式メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonで公式メルマガのバックナンバーを販売しています!

販売中メルマガ一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

【amazon Kindle Unlimited】月々980円で書籍も雑誌もマンガも読み放題!PCでもスマホでもタブレットでも読める。(初めての方)30日間無料お試し実施中!

コメント

  1. 京都の住人 より:

    サンデーモーニングに逆オファー掛けて下さい(笑)

  2. 椿 より:

    お金の無い貧乏人を集めて、
    アルバイトさせているだけです。

    戦後一貫して反日教育をしてきた結果、
    日本への抗議デモに参加する人はいるし、
    ましてや、失業率が増大している韓国で、
    わずかな賃金で時給500円くらいでも、喜んで参加するんですよ。

    さらに、ムンジェイン政権から優遇されている企業や会社の連中は、
    否応無しに召集されるでしょうしね。

    死ぬまで日本不買運動していればいいわ。
    日本は何も困ら無い。韓国製で代替でき無いものは何も無い❗️

    100歩譲って、たとえ日本側に損害があったとしても、
    『損切り』してでも、韓国とは未来永劫【絶縁】するべき❗️

    付き合い続けると、子孫に大きな禍根を残すし、被害は甚大です❗️

  3. 仲井 より:

    日本での報道が、南朝鮮のそのままの要求をさも自分らの事のように報道し続けているテレビ局新聞社、こいつら本当は朝鮮民族だろうがと思うのは、まあここは置いておいて、

    南朝鮮が狙っていたのは謝罪要求などではない、南朝鮮も日本のテレビ局新聞社も、ここは初めからこの意味を解っていて、日本での報道を常に謝罪が足りないだのことあるごとに謝罪謝罪と大きく報道で出し続けてきた。

    でも南朝鮮はそんなことをはじめから要求などしていなくて、ただ表ではこの言葉を使うが、奴らにはその先のもっと大きな内容を日本国家に要求で突き付けていたのだ。

    日本の政治家や外務省が、本当は南朝鮮が何を要求しているのかを、ここの部分をここを解ってからは隠蔽し、日本国民にそこを一切隠し騙し、常に金をその見返りとして渡し、また重ねて日本国内での朝鮮民族への優遇制度の行政サービスを毎年のように次から次へと加算しそれで対応を重ねてきた。
    莫大な予算を投入して。

    南朝鮮が思う狙いの肝心な要求を、日本のこういう日本の朝鮮民族議員の政治家連中が、そこを隠し新聞社もテレビ局もそれのほうが都合がよくて、隠すことに全面バックアップで、日本国民にはそれを一切曲げて錯覚させて伝え、隠してきたのだ。

    南朝鮮が狙ってたのは何かを隠して、それを表で日本の国民にはそこを出せないためにそれで裏でまあまあといつも裏で南朝鮮と手を打って莫大な額の税金を南朝鮮に渡しやってきたのが、その手引きと手先で動いたのが日本の外務省と朝鮮民族で作る日韓議連である。

    あえてその意味を隠して、朝鮮は、謝罪要求という文言で表向き日本国民向けで統一して日本国内でもそれで報道し続けてきた。

    だから日本人から見れば

    ★【日本の政権は何度でも謝罪をし、しかもこれまで賠償もやってきたではないか、これでもまだ文句があるのか、これ以上まだ延々と日本に対して朝鮮は謝罪と賠償を要求するのか!いったいいつまで謝罪をし続けろというのか!もう何度も謝っただろうが、いい加減にしろ!】という結論、解釈を、日本国民も常にそう思ってしまう。

    ★謝罪要求が止まらないと、こいつらいったいいつまで要求し続けるのかと、終わりがないじゃあないかと、日本人ならそう思っているだろうが、実はここがまず間違いだということに気づくべきである。
    朝鮮民族はいつまでも要求するのは奴らにすれば当たり前だというのが認識なのだ。
    朝鮮民族だから。
    奴隷制度が存在した朝鮮民族の感覚ではそんなこといつまでも要求して当たり前なのだ。

    日本国家国民を朝鮮国家の奴隷だと思ってるんだから。
    奴隷には何時まで経っても要求し続けて何が悪いんだというのが朝鮮民族の普通の感覚なのだ。
    だから何度謝ろうが謝罪をしようがそれはただ単に今日の一日のことでしかなくとぇあしたはまた謝罪して何かを持って来いというレベルの認識。
    奴隷には何時までも要求し続けてやるというのが朝鮮民族の解釈。
    相手は奴隷なんだから何を要求仕様が何をさせようがなんで文句があるのかという感覚でしか朝鮮民族にはそれでしかないのだ。

    南朝鮮は日本に対しての、ここまでやってきていた謝罪要求など、ただの一点の仕草だけであり、初めから、謝罪の要求がすべてなどということなど考えてもいないし、そんな考えなど初めから一切していないつもりなのだ。

    そもそもそれを要求して、この日本とあの終戦後以降付き合おうと朝鮮民族が考えて始めたことではないので。
    初めから日本を朝鮮が支配する奴隷国家にするのが目的だったんだから。

    彼等はまずは事実として、日本が朝鮮民族に朝鮮国家に悪いことをしたというここのこのことを、とにかく何が何でも認めさせるというここの部分にこだわり、そこを何が何でも文面で残したかった。

    証拠として、結果愚かな日本の政府、日本の外務省が、日本が、事実有りもしないことにまんまと言い回しに乗せられ南朝鮮に事実を事実でないものにまで認めて頭を下げ(朝鮮民族の前で平身低頭頭を下げてしまった)謝罪をし、後には最悪だったあの河野談話や村山総理に文言でそれが確定した事実だと一旦認めてしまい、無いものを有ったと認めさせられてしまった。

    ここからこの内容は、ガラッと南朝鮮は態度を変え、これで今後はもう日本は我々朝鮮人よりも身分が下の民族になったと、朝鮮民族が日本民族の上に立ったと、実はここが南朝鮮の最大の狙いだったのだ。

    なんとしてでも自分ら朝鮮人の前で土下座まがいに頭を下げさせ、その行為を日本という国のトップらにさせることでそれを今後朝鮮政府は最大使おうと狙ったのだ。

    朝鮮民族は本当の狙いは朝鮮民族の前でまずは事実を認めさせ、それで頭を朝鮮民族の前で下げさせて、それを最大狙っていたのだ。

    日本民族が、それが一人の国民であろうが国のトップであろうが、自分以外の人に対して、何処かの相手の前で頭を会釈代わりにでも頭を下げたりするのはただの挨拶でありそれで身分が上下など何の関係もないが、謝罪なりで思わずちょっと”頭を下げる”だとか、国家国民に対して”頭を下げる”というこの行為を普通にやるが、この意味は、朝鮮民族が思うこの意味は、
    【自分の前で相手が、しかも国のトップや政府関係者が頭を下げる】というこのことのこの意味は、朝鮮民族にすればもう絶対的立場が上に立てたことを意味し、もう雲の上の話程に意味が違っていて、それは頭を下げたほうは今後一切、その相手に対して、朝鮮流では、自分は貴方様に今後一切絶対服従をするという意味になる。

    ここの部分を日本の外務省及び日本の歴代の政権側や日韓議連の国会議員団はその瞬間には全く気づいてもいなくて第一この感覚を理解できなかったのか、いや愚かすぎたのか、それとも裏からのキックバックがあったのか、女でも抱かせてもらったのか、余りにも朝鮮人の狙いを気づけずに、甘かったのか、兎に角彼らは金を渡し、頭さえ下げておけば朝鮮人とはそれでうまくいくと思っていたのだろう。
    あの民族を相手にして、もう甘すぎる対応と認識である。

    もう手のうちに入れられてしまい、奴隷のように、朝鮮民族の思う壺になっていたわけだ。

    朝鮮半島を訪れるたびに、常に朝鮮の関係者にひたすら頭を下げ続け、それで国交をスムースにと、これでいけると思い込んでいたようで、だが朝鮮の受け取り方は、自分らの前で日本の政権も外務省も皆我々の前で服従する仕草つまり頭を下げたではないかと、これはお前ら今後日本は、朝鮮に絶対服従する意味だったはずだよな!という解釈をしていた。

    そこに両国関係者同士には、受け取り方で、もの凄い勘違いの誤差があった。
    まさに朝鮮流の手玉に取られた卑劣外交の罠に、まんまとはめられたわけだ。

    南朝鮮は悪賢く本当の中身を出さずに、其れとグルで活動中の日本での報道は、常にただ謝罪しろと言ってくるとだけ報道し続け、奴隷云々の服従しろ云々など一切伝えず、日本人は要求すればすぐに謝るし贖罪の意識の強い民族だとわかっていて、この一番有効な誰にも非難されにくい文言、悪いと思うなら”謝れ”常に”謝れ”と、文言の”謝罪という言葉を日本向けでこの言葉をつけて要求を重ねてきた。

    彼らの本当の意味は、
    【謝る=常に言うことを聞け、従え、常に朝鮮に従属しろ、従え服従しろ、お前(日本人、日本国家)は永遠に下僕で朝鮮を下になど見るな、俺たちのほうが身分は上だ、朝鮮民族を間違っても蔑むな!許さぬ!、お前たち日本人は、朝鮮に対して、奴隷のように尽くすから許してくださいという態度で示せと、日本側は頭を下げて我々の前で頭を下げて態度で示した】と、
    【だから身分は俺たち朝鮮民族が上だ】と。
    そういう意味に解釈しているのだ。

    奴らの狙いは謝罪などほんの小さなことであり、そんなのは至極当然だとの思いを持ち、当たり前で、実はそこから先のほうが、ここから先の【日本の南朝鮮に対する態度】、ここが南朝鮮は、最大重要地点に置いていたのだ。

    ★それがそもそものやつら朝鮮民族の本来の狙いだったのに、日本の政府関係者は一度きちんと謝ればそれで済むと、日本人であればそうなんだが、朝鮮民族は一度自分に謝った者はそれ以降、自分に対しては服従し、奴隷と同じ扱いを受けても仕方がないという認識、ここが、これがが実は朝鮮民族の本当の狙いだったのだ。

    そこに全く気づけていなかったのが日本の歴代の外務省の官僚も、政府関係者も日本国民もだ。
    日本に有る朝鮮民族がやるテレビ局新聞社はそのことの認識は初めから持っていてだから日ごろあれだけ偉そうな文言で政府や日本国民に向けてそう言う傲慢な態度を続けてきていたのだ。
    まだその認識は変わっていないようで常に身分が俺たちのほうが上だという思いの物言いで傲慢な朝鮮流の朝鮮民族態度を崩していない。
    朝日新聞も毎日新聞も読売新聞も、まったく同じように朝鮮流文言で傲慢な態度で日本国民を見下げてやっている。
    自らは日本の国籍を騙し取った時点で奴隷から抜けていると思ってるようだが、これら新聞テレビ局は日本人から見ればいつまでたっても奴隷の姿を消せずにその汚い姿を晒したままである。自分らはぬいぐるみで隠せていると思い込んでいるようだが皆見えている。

    奴隷だった身分を入れ替えたいのだろうが、朝鮮民族奴隷の姿は隠してもいつまでたってもやっぱり奴隷のそぶりは抜けきれないようだ。

    朝鮮民族に対して一度でも頭を下げてしまえば、それ以降はもう犬や豚以下の、奴隷以下の扱いに代り、対応は豹変して見る見るうちに命令調な物言いに代り要求はエスカレートする。

    ★(維新など潰してやるからな!と街頭演説の現場で叫んだ読売新聞の記者など、その朝鮮民族の姿の典型であり、朝鮮民族そのもの=人間の常識というものを傲慢という態度が常識に代るこの朝鮮民族の意識、日本人の人間の認識など、こんな朝鮮民族生き物の獣らには理解できないのだろう)

    アフリカのサバンナでのハイエナが仲間内で争い、一度力関係で負けてしまえばそのハイエナの一生の運命は、子供も持てず、死ぬまで負けた相手のハイエナのその奴隷として死ぬまで絶対服従で働かされる。

    つまり朝鮮民族というのは、人間という生き物ではなくて、そんな高尚なものなどではないのだ。
    ハイエナの世界と全く同じ。

    奴らはたまたま人間の皮をかぶっているだけの、中身はぬいぐるみの、中はハイエナと同じ獣なのだ。

    朝鮮が、日本のトップ及び外務省が、日本国民を代表する形で我が国が国民を代表して朝鮮に対して頭を下げ(朝鮮の長い歴史の中で朝鮮に対してほかの国が頭を下げてきたのは歴史上はじめてであったと思う、他の国から謝らせたというこの事実、朝鮮という国を認め、日本のトップが頭を下げた、朝鮮の要求を一つの国に認めさせたなど、この国にとってはまあ初めてであり、朝鮮民族は初めて自分らよりも目下で見下げられる国ができたと、もう雲の上に立ったほどに小躍りして喜んだことだろう)させた。

    このことであの国はこれで日本を牛耳れると、もう命令通りにあの国を操れると、日本国民を奴隷としてこれから未来永劫朝鮮が、過去に中國・明という国に従属し奴隷のように扱われてきていた時と同じように、朝鮮が今度は日本という国を従えた、今度はこの朝鮮が日本という国を日本国民を奴隷のように扱えると、認識はもうほとんどがそう思い込んで朝鮮という民族はスタートしたのだ。

    この時に、日本が頭を下げたということは韓国に絶対服従するはずだよなと、この朝鮮の本来の狙いに、これに日本は十分に応えていないじゃあないかと、そう言ってるのが今の韓国であり、というのが今の韓国が思う日本のその後の態度に見え、朝鮮に服従するはずだったよな!と、頭をお前ら下げただろうがと、絶対服従にと、全面命令にも従いお前らは奴隷のはずだろうが、何を俺たちよりも偉そうにしてるんだと、
    朝鮮にすればこんな風に今のこの時代でも日本を見て、そう見えているのであろう。

    こいつら朝鮮民族はそれだけ(他の国のトップが朝鮮に頭を下げたこと)が奴らの誇りであり、其れしかない民族であり、もうすでに人間ではないのでそう思い込んでるのだろう。

    自分達が中國・明からやられていた絶対服従という屈辱を受けさせられ、辱められ、奴隷扱いされていた世界から日本という見下げられる国家が出てきてようやくそのどん底の身分から抜けて、そこに日本という奴隷にできる敗戦国家の日本が居てると、この機に日本を一気に従属国家として朝鮮が従え、これで自分らは奴隷から抜け出せた、身分が高くなった、これからは日本が我々朝鮮の奴隷になる番だと、その割にお前ら日本の態度は何だ!と朝鮮民族はそう思っている。

    これが、本当の南朝鮮の要求している内容、狙っていた内容なのである。

    日本が南朝鮮が狙っていた本当の要求の中身の状況、日本は一向にやっていないじゃあないかと、奴隷らしくいうことを聞かないじゃあないかと、
    完全なる日本を服従させる状況に日本はやっていないではないかと、
    まだそこに到達していないので、奴らは今回でも暴れまくって、ああいう運動を国家を上げてやっているのだ。

    日本は、朝鮮、南朝鮮に対して土下座並みのそもそも頭を下げただろうが!と、
    お前ら日本は朝鮮の奴隷なんだよと、朝鮮の奴隷になってるんだから、お前ら言うことを聞け!と。
    これが朝鮮民族が当時考えていた姿でありそれに日本がそうならなかったから奴らはそこを文句をいつまでも言ってきている。

    奴隷になればそれで済む話。

    ここはもう笑ってしまう程に愚か。

    寄って日本はこんな朝鮮になどいくら謝罪をやったとしてもそれが目的ではなくて日本国民日本国家を、奴隷化するのがそもそもの狙いだったのだからそこに行くまで朝鮮民族は絶対にやめない。

    謝罪をやっても解決などしない。

    奴らの目的は日本を朝鮮の奴隷国家にしたいだけであり、朝鮮からすれば頭を下げたんだから、そもそもそうなるはずだったのに今もなっていないので怒っているのであって、謝罪などは毎日毎秒せよというのが朝鮮の狙いであり認識。
    謝罪などで終わるなどというものは一切ない。

    朝鮮の本来の目的は日本を朝鮮の奴隷国家にしたいだけである、だから日本からの謝罪などは全く関係ない。

    それに気づけなかった歴代の日本の政治家が、この朝鮮半島民族の持つ特異性、歴史に刻まれた奴隷意識、被害意識、妬み意識、この民族の日本人からすれば信じがたいほどの異様すぎる思考迷路、それに異常なまでの卑劣さ、朝鮮半島民族が存在るしているこの地域、この国の、この民族の狡猾さ、卑劣さを、日本人は全く間違え勘違いし、甘く見ていたわけだ。

    併合もしてきたし、一時的には日本は南朝鮮をどれだけ発展させたかを終戦後に日本はここを彼らは理解してくれるだろうとの思いも日本政府にはあっただろうが、南朝鮮はそういう部分は日本民族は奴隷扱いなんだからそんなことはやって当たり前だと、奴隷がご主人様に貢ぐのなど当たり前だと、何の感謝の感覚も認識もない、奴隷にさせて何が悪いのだという認識、奴隷にお礼など言えるかというレベル、当たり前であり、なのに戦後のここまでの日本の態度が気に入らないというここの部分がやつらには絶対に動かせないのだろう。

    それは、
    南朝鮮は日本が敗戦になりもう日本は負け犬になり米国の下僕になったと、米国が抜けた後はもう朝鮮民族が日本を奴隷扱いでやればいいと、朝鮮のほうが立場が上になったのだから(これこそ朝鮮民族だけが持つ身分制度の奴隷制度からくる異常な身分で区分けする上下関係意識)日本は今後朝鮮にはすべてひれ伏せと、朝鮮が要求したら土下座をして要求にそのまま答えろと、まちがっても朝鮮民族に対して偉そうな態度朝鮮民族に対しては必ず命令された通りに動けと、こういう解釈認識で日本で終戦後は過ごしだした。

    米軍が占領時期には朝鮮民族が作った日本共産党が、日本国内で好き勝手を行っても一切手を出すな、俺たちが主人でお前らは奴隷だと、日本国内は朝鮮民族が支配した国家だと、終戦後は日本の都会の一等地を奪い放題で奪い取った。

    日本で大手といわれる不動産会社も、実は朝鮮民族がトップであり、多くが実はこの終戦の時期に日本でぶらついていた愚連隊の違法移民の朝鮮民族が日本の都心の一等地を焼け野原所帯の都心で、暴力で強奪して奪い取った土地を元手に日本で大手不動産事業者となっている。

    まあ言えば泥棒が日本で大手不動産会社として存在しているという異様な状況が今存在しているのが日本だ。

    日本は朝鮮民族に頭を下げたではないかと、慰安婦の件でも、頭を下げたではないかと、つまりお前ら日本人は朝鮮民族に従う下僕だと認めたわけだと朝鮮民族は解釈している。

    まあ日本人には考えられないが奴隷制度が数百年も続いた朝鮮では、頭を下げたほうが奴隷扱いを受けるというこの内容が、朝鮮では今の南朝鮮韓国でも今のこの時代でもそれが通用している国家民族。

    だから朝鮮民族は絶対に相手に頭を下げない。
    だから下げさせるために狂暴な暴力をふるってでも土下座を強要するのだ。
    日本人は相手から要求されない状態で土下座をするが朝鮮は言うことを利かせるために土下座をさせる。
    意味が全く違うし獣があの従属をする態度で示す相手に対して自分の一番弱い部分の腹を上に見せて寝っ転がるあの服従のしぐさ、あの状態を人間に強要するのが朝鮮、つまりこの奴隷制度からいつまでたっても抜けられない民族が朝鮮という獣の民族の世界なのだ。

    どちらかがどちらかを必ず従属させるというこのことを絶対に必要な社会が、朝鮮民族の社会だ。

    奴隷制度が、厳然と今のこんな現代でさえ存在している。
    其れなのに日本のテレビ新聞は人権侵害だの差別だなどといって朝鮮人テレビが大声で叫んでいる。
    お前の国の同胞に向けてお前ら朝鮮に向けて言え!って。
    日本にそんな日本人はそんな差別などするわけがないだろうが!って、
    朝鮮人が日本人に化けて日本の中で差も日本人がやってるかに見せて差別行為を平気でやってるだけ。

    日本人は朝鮮民族に対して敬えと、お前ら日本民族は、朝鮮民族の奴隷なんだからと、一生日本があり続ける限りお前らは朝鮮人の命令に従い絶対服従で従えと、頭を下げたではないかと、日本人は奴隷として生きて行けと奴らは思っているのだ。

    お前らよりも俺たち朝鮮人のほうがご主人であり、お前ら日本人は奴隷だと。
    日本人は、人間などではなくてただの奴隷であり、犬豚のような身分のものだという認識。

    日本民族、日本国民が、ここで一つ押さえておかないといけないことは、
    ★ここまで日本に対して延々とやってきている奴らからの人間とも思えないようなあらゆる要求内容、

    南朝鮮が要求してきて叫んでいるものは、デモや反日、不買運動にまで行きつくこれらの事のその元になっているもの、その元になっている原点、それは、今も声高に叫んでいる謝罪要求というものは、南朝鮮は初めから実はこの【謝罪】というものなどを本当は要求をしていないのだ。
    日本人が思う、彼らがやってきている謝罪要求と思い込んでいるもの、これは実はその意味が本質全く違うのだ。
    謝罪をせよと言ってるわけではないのだ。

    日本人に対して奴ら朝鮮民族はこういっているのだ。
    【日本人は、朝鮮民族の奴隷になってるはずなのに、なぜ言うことを聞かぬ!】と怒っているのだ。

    だからこれはどんな謝罪をやろうが、いつまでたっても絶対に終わりなどない。
    奴隷であり続けろと言ってるだけなんだから終わりなど初めから無いのだ。
    こんなものは終わるはずもない。

    だから徹底して規制也報復也虫なり全てを対応して朝鮮に対して日本はお前らこそ奴隷だっただろうがと見せつけてやればいい。
    己の国歌、朝鮮民族自体が世界中からの奴隷だったことに、国家ごと分解して消滅して破滅してから、奴らも自らの存在が自分らこそやっぱり奴隷だったと気づく日が来るだろうから。

    ★ここを日本人は、よく認識しておくことだ。
    日本からの、援助も対策も対応もまったく必要もない。
    金融から物資からすべて止めてしまえばいい。
    人の往来も一切止めてしまえばいい。

    自らで自らの能力に気づくまで、あんな民族あんな国は、日本は放棄すればいい。

    同時に日本に存在している反日工作の朝鮮民族を、遺伝子判別した上で、日本に居てる連中数百万人をまとめて一気に朝鮮に四の五の言わせずに、強制送還すればいい。

    終戦時期のように、日本に居てる朝鮮人奴隷は、引き受けない、受け取らないなどと朝鮮政府が言ってきたら、受け取らないと言えば、道先案内人のない船に乗せて、日本海から強制的にどこにでも好きなところに行けと言って追い出せばいいし、日本列島内から引き離した海上の海へ追い出せばいい。
    日本に居てて日本国民にとって安全を脅かすこんな反日の朝鮮民族の連中は、居ててこれほど害悪な連中はいないので、即刻で追い出せばいい。

トップへ戻る