やっぱり!そりゃ離党する訳だ「野党候補の調整、加速で一致 野田氏と小沢氏」

先日、突然、維新離党を発表した参院選候補者を記事にしました。
「民進・野田幹事長と自由・小沢代表が会談」の翌日、元生活の武藤優子氏が維新離党を発表

案の定でしたね…
野党候補の調整、加速で一致 野田氏と小沢氏:朝日新聞デジタル

 民進党の野田佳彦幹事長は2日夜、東京都内で自由党の小沢一郎代表と再び会談し、次期衆院選に向けて選挙区のすみ分けなど、野党候補の調整を急ぐことで一致した。野田氏は自由、社民両党との調整を急ぎ、その後に共産党とも協議する考えを示した。

 会談後、両者は別々に記者団に対応。野田氏は「自由党とはしっかりすみ分けを含めて協力の協議を加速する」と、実務者協議を急ぐ考えを示した。小沢氏も「安倍政権打倒のために候補者調整を加速し、折に触れまた一緒に一杯やろうと話した」と関係改善をアピールした。小沢氏はこれまで、共産党との共闘に否定的な連合や民進執行部の定まらない選挙対応を批判。連合との関係含めて民進が次期衆院選の共闘にどう臨むのか確認のための幹事長・書記局長会談を共産、社民両党と共に求めていた。

 野田氏は「用件はなくても会って小沢氏と様々な議論をしていきたい」と話し、候補者調整は「自由、社民とは特に加速しなければならない。そのうえで共産党とも一生懸命やりたい」と、分けて対応する考えを示した。小沢氏は、連合や共産党については「特別話すことでもない」と会談で触れなかったと明かした。これまで4野党全体で調整してきたやり方が変わる可能性がある。

 野田氏は、1日夜には支持母体の連合の神津里季生会長とも会談。出席者は「お互い色々なものをはき出した」と関係修復を強調。連合幹部は「関係は良好だ」と自信を見せた。

元「生活」の彼女は、「自由」に復党すれば、民進と喧嘩しないで選挙に出られる可能性があるんですから…

そりゃあ…ですよね…

参院選で、見事、落選させた茨城の有権者は見る目があった、と言う事ですね。

次回の選挙もしっかり見ていて欲しいと思います。

自由党には入らないと言ってますが…
https://twitter.com/55yuko55ibaraki/status/793584293511520257

因みに、民進の衆議院茨城小選挙区で公認内定が出ていないのは、2区4区7区。
2区は自民・額賀氏が盤石。7区も厳しい。4区が本命かな?!

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

コメント

  1. 京都の住人 より:

    野田氏には小沢氏が最後の力を振り絞ってあがいているのを哀れだと思い感じることがないのかと思うと、宇宙人が先日「野田さんが幹事長で大丈夫ですか?」と言ったこと、あのときは意味がもうひとつわからなかったのですが、なかなか的を得た突っ込みであったことが理解でき感心しています。揚げ足とりやレッテル貼に終始し続ける野党って、もはや大阪では庶民の政治意識が高くて通用しないのですが、全国的にはまだまだ政権移譲まで持っていけると読んでいるのでしょうか?両名は❗すでに過去の人になってるのに(笑)

トップへ戻る