【堺市長選】共産「自民と力を合わせたい」自民と共闘、都構想反対の現職を支持

記事をシェアして頂けると嬉しいです

民主党も支持を決めたようです。
民主、堺市長選で現職推薦=大阪都構想に反対(時事通信 9/3)

ホンマ、でたらめもいいとこですね…

(引用)
共産、堺市長選では自民と共闘 都構想反対の現職を支持

 参院選で自共対決を掲げて躍進した共産党が、堺市長選(15日告示、29日投開票)では一転、日本維新の会がめざす大阪都構想に反対する立場から、自民とともに現職市長を支援する「一点共闘」を進めている。市田忠義書記局長は2日の記者会見で「都構想は堺市を壊す。政治的立場の違いはあっても力を合わせたい」と話した。

 共産は堺市長選で独自候補の擁立を見送り、都構想に反対する現職の竹山修身市長(63)を「実質的に推薦する立場で全力を挙げる」(市田氏)との構えだ。2日の会見でも、「維新による堺市乗っ取りを許すのか、市の自治と自由を守るのか」と訴えた。

 共産は2011年の大阪市長選でも、大阪府知事からのくら替えをめざした維新の橋下徹氏の当選を阻止しようと、告示直前に候補者の擁立を取り下げ、自民、民主が推す現職の支援に回った。竹山氏は公共事業の見送りなど政策面でも共産に近く、共産系の堺市の職員労働組合も支援に力を入れる。

 一方、自民党は大阪府連レベルで竹山氏の推薦を決めている。これに対し、維新の松井一郎幹事長は1日、市長選に擁立した元堺市議の西林克敏氏(43)の事務所開きで「共産党公認、自民党推薦みたいじゃないか。一緒に戦える気持ちが分からん」とあいさつし、自共の「共闘」を批判した。(朝日新聞 9/2)

橋下代表 ・・ありゃ~ 自民党と民主党と共産党が手を組んじゃった! 動画(Youtube)

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る