【堺市長選】共産党・市田書記局長が勝利宣言

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ニュースで投票に行った有権者の声を紹介していましたが、「都構想が良く分からない」と言う声が聞かれました…
竹山氏を共産党が強力に支援していた事も、(案の定)分からなかった様ですね…
「報道ステーション」でも、竹山氏に関して共産党の「きょ」の字も出ませんでしたね…

(引用)
府民・市民の共同の勝利 堺市長選 市田書記局長がコメント
 日本共産党の市田忠義書記局長は29日夜、党本部で記者会見し、堺市長選での竹山修身氏の再選について、「自由と自治の伝統が脈打つ堺市民の良識の勝利であり、『堺を守れ』の府民・市民の共同の勝利です」と述べ、次のようにコメントしました。

 一、今回の選挙は、「堺のことは堺の市民が決める。堺市を守り発展させるのか、つぶすのか」を最大の争点にしてたたかわれました。日本共産党は、「維新の会」が狙う「堺市つぶし」「堺市のっとり」を許さぬ立場から竹山氏を自主的に支持し、幅広い市民のみなさんと共同を広げ、力をあわせて勝利に全力をあげました。

 一、竹山氏は、「維新」が狙う「大阪都」構想にきっぱり反対し、「堺はひとつ、堺をなくすな、堺のことは堺で決める」と市民に訴え、市民目線で練り上げた「堺・3つの挑戦」((1)子育てのまち堺(2)歴史文化のまち堺(3)ものづくりのまち堺)のまちづくりのあり方を示して選挙をたたかい、「維新」の卑劣な攻撃を打ち破り、広範な市民の支持を集めて勝利しました。

 今回の勝利は、堺の市民の勝利であると同時に、「維新」がすすめる「都」構想の破綻を示すものです。また、「構造改革」の推進、憲法改悪など自民党よりさらに「右翼」的立場にたつ「維新」への都議選、参院選につづく審判でもあり、今回の結果はきわめて大きな意義をもつものです。

 一、わが党は、引き続き府民のみなさんとの共同を広げ、「維新」が進めようとしている「都」構想を許さず、地方自治と市民の暮らしを守るために全力をあげるものです。(しんぶん赤旗 9/30)

関連記事:「共産ノリノリ、竹山氏応援全開」

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る