橋下氏と仲直りした丸山穂高議員。しかし「離党は撤回しない」・・・

丸山穂高議員の選挙区(大阪19区)内から選出の維新・土井達也府議
土井達也 公式Webサイト

その11/10のブログ
ここに、今回の騒動での丸山議員とやり取りが記されています

丸山ほだか氏より連絡があった 11/5(日)に橋下元代表、松井代表に謝罪したと: 土井達也 つれづれ日誌

10月下旬、衆院選で丸山氏が当選してすぐ、Twitterで橋下氏と丸山氏のバトルが始まった。

「まずは、謝罪せよ」

これが、私の丸山氏への言葉だった。

どんなに橋下氏に事実誤認があろうと、その原因を作ったのは君のツイッターの言葉からだと。

「いや、謝りませんよ」と、丸山氏は言い続けた。そして、その後の橋下氏の事実誤認に対して抗議してくれとあったが、順番が違う、筋が違う、そんな道理はないと断った。

それに、「いや、謝りませんよ」という言葉から、丸山氏は確信犯的に維新を辞めるのではないのかとの思いに至り、単独の行動なのか、複数の行動なのか、市議や町議をどれだけ連れて行くのか等々、調べなければならないことは山盛あって、抗議してくれとは一体何を言ってんねんという状況だった。

とにかく、この地は、過去に、裏切りがあった地であるので、深く読み切る癖が身に染みている。これは、私の経験上、やむを得ないことである。

その後も、橋下氏の強烈なTwitterが続き、10月26日(木)の全体会議を経てからの橋下氏のTwitterは事実誤認が多く、丸山氏は離党会見を行うし、もう何が事実かも分からず。その後は、もはや論ずるに非ずとなってしまった。

それでも、解決に向けては、引き金をひいた丸山氏からの謝罪がないと始まらないと考えていた。

それが、今夜、11月5日(日)に今井府議同席のもと電話にて橋下元代表にも松井代表にも詫びたとの話が、丸山氏からあった。橋下氏のネット動画での発言とも合致する。

しかし、離党はすると。離党については、もう自己責任だ。選挙後すぐの離党はブサイクすぎて、しかも、橋下氏もネット動画で謝罪をしており、有権者の理解は得られないと思うが、自らの道を歩めば良い。

結局、解決には至らない訳であるが、

丸山氏が筋を通したならば、次の問題は、橋下氏の事実誤認部分だ。この関空を含む大阪最南端最西端の大阪19選挙区の地域の認識が無茶苦茶だ。そもそも、一般論として過去からの歴史を振り返っても、大阪府の中で、本当にいい加減に扱われてきた地域だ。北高南低という言葉が表すように。これだけ事実誤認をいい加減にされると、ホントに、地元議員として立つ瀬が無い。あれだけ記載してるのだから、せめて、地元の今井府議には事実確認を行って頂きたかった。

ネットでの記載は、このあたりで終えます。

事実誤認部分などは別の方法にて、橋下前代表に指摘させて頂きます。


昨日、丸山議員が無所属での活動をほのめかすツイート


松井代表が会見で「本人次第」と言ってましたが、これでも残らないなら仕方が無い感じがします・・・

松井知事囲み会見「(希望:玉木氏) 改革派官僚の過去と民進党での振る舞いどっちが本物か?(丸山議員)残るかどうかは本人次第」 2017.11.10

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 琴姫七変化 より:

    丸山氏が離党を撤回しないのは意地があるのだろうが、意地をはる意味があるのだろうか。
    無所属では国会において大した仕事はできない。
    ただ衆議院議員として在籍しているに過ぎない。それが支援してくれた有権者が願うことだろうか。
    橋下氏と仲直りしたのなら丸山氏も離党を取り下げて維新に帰るべきだ。
    人生いろいろなことがあるよ。
    確かに選挙区で勝利しているけれど、有権者は「維新の丸山穂高」に期待して投票したはずだ。有権者を第一に考えて、自分の意地は呑み込んでほしい。

  2. 都構想まで維新支持 より:

    丸山議員が離党撤回するには、維新幹部(松井代表か馬場幹事長)が公式に顧問橋下徹へ抗議表明するしか無かったでしょ。それももう時既に遅し。

    今回の騒動で維新支持者が二分して離れた原因は橋下徹の暴言じゃない。
    組織メンバーを人格攻撃してくる創業者に対して、組織内の誰も抗議、諫言しなかったことなんだよ。
    仮に橋下さんがTwitterの発言を謝罪・撤回しても関係ない。そこが問題じゃない。

    多分、丸山議員が離党を考えたのは橋下さんが日本維新の顧問を辞めると呟いて、すぐに松井代表が大阪維新の顧問就任してもらったと呟いたとき。
    その後のぶら下がりとかで「いちびり」「ちょけた」と突き放したことで完全に気持ちが切れたと思う。(自分ならここで見限る)

    この騒動で丸山おかしいと思ってる人は議員は政党の構成要因(執行部とは上司部下の関係だから例のアレは言葉遣いが悪いとなる)だからと思ってるんだろうけど、
    維新(組織)がおかしいと思ってる人は、まず議員ありきで思想集約の器として政治力学を強めるために政党があるに過ぎないと思ってる。
    だから丸山議員の発端のツイッターも何の問題もないし、逆に謝ったら政党上位(まるで共産党社会)の価値観を肯定することになり、それこそ政治家として終わり。

    丸山議員を元々離党する気あったんだろうとか軽く考えてる人はここをよく理解して欲しい。

  3. 京都の住人 より:

    政党の構成要件?どこでもいつでも、あのでんがなまんがなの物言いはあかんのとちがいますかね?丸山代議士には可哀想なことでしたが、松井知事に、5年は対で話してないとまで言われては、甘え口上でしたとの言い訳も通用しないし…若い丸山代議士には足立代議士のように、第三者の立場から己の行いをジャッジ出来る目線を
    培ってもらいたいものです。

トップへ戻る