維新・松野代表「橋下氏本人に確認したい」そして「民主と合流に意欲」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

維新分裂問題、松野代表「橋下氏本人に確認したい」(TBS NEWSi:会見動画有)

(引用)
 維新の党を離党した大阪市の橋下市長が地域政党「大阪維新の会」を国政政党にする方針を示したことを受けて、維新の党の松野代表は「本人に確認したい」と述べ、橋下氏に直接会って真意を確かめる考えを示しました。

 「大変驚いています。ご本人に確認したいと思い、今連絡を取っているところです。(橋下の発言に)党を割らないという話も入っていたので、寝耳に水でびっくりしているというのが本音です」(維新の党 松野頼久代表)

 維新の党の松野代表は、「党を割らない」と言っていた橋下氏が一転、「大阪維新の会」を国政政党にすると表明したことについて、橋下氏に直接会って真意を確める考えを示したうえで、「簡単に党を割らないでもらいたい」と述べました。

 一方で、松野氏は近く、民主党の岡田代表と党首会談を行い、野党再編について話し合う考えも示していて、橋下氏に近い大阪系の議員の反発を招く可能性もあります。(引用終わり)

橋下さんは・・・
橋下氏「松野氏許せないですよ」 幹事長続投に怒り 新党代表は松井氏で調整 20人超参加へ(産経WEST)

読むと・・・
27日の記者会見で「党を割らない」と言明していた橋下氏がすぐに翻意した一因は「橋下、松井両氏の離党後も松野氏が柿沢幹事長を続投させたことだった」という。

??記者会見で、橋下さん、「柿沢幹事長は辞任しない」って言ってましたよね??
何で??

私は、(再度書きますが)これだと思うんですけどね・・・
(橋下・松井離党表明の夜)「維新・松野代表、江田氏と民主・岡田代表が会談」

そして、その翌日(28日)
主・岡田代表:参院選「維新と統一候補」視野(毎日新聞)

(ここからは推測です)
これで、「民主党が割れての野党再編」が無くなった・・・と言うか、
次期選挙では、民主と維新が合流して戦う。それに松野・江田両氏が合意した。

もともと、都構想否決から、松野・江田両氏は、橋下さんから離れることを考えていた。

そうなると受け皿は民主。
安保法制で、執行部が民主寄りだったのも納得。
衆院では、なかなか対案を提出せず、「政府の暴走演出」を後押し・・・

しかし、参院で片山氏らが頑張って、安保法制を進めてしまいそうな状況になった・・・

また、それを頓挫させるための、柿沢幹事長の不可解な行動だったのでは・・・
だから、内輪もめをズルズル引き伸ばした。

業を煮やした、橋下・松井両氏は、離党で早期決着を図る。
そして同時に、松野・江田両氏の出方を見た。

ここまで書いて思ったけど、
橋下さんが「柿沢幹事長は辞任しない」と言っても、あの場面、
喧嘩両成敗じゃないが、トップのリーダーシップで柿沢幹事長も処分しないと、多くの議員の不満は収まらない・・・
(「泣いて馬謖を斬る」ほどの立派な話じゃないですよね(^^ゞ)

本気で党をまとめるつもりが、まだがあるのか?
試したのかもしれないですね・・・

(追記)

だそうです・・・(^_^;)
勘ぐり過ぎたようですm(__)m

産経さん、しっかりしてくださいね!

その他、関連報道
維新・松野代表が民主と合流に意欲 野党再編を呼び掛け(東京新聞)

維新・松野代表、野党再編巡り岡田氏と協議へ (日経)

維新・松野氏、民主との合流協議加速 「強い野党必要」(朝日新聞)

民主・維新が年内の合流視野 橋下新党、10月発足目指す(中日新聞)

関連
(維新スピリッツについて)「柿沢幹事長『薄い』。松野代表『忘れてしまっている』。江田氏『違う方向に行っている』」馬場国対委員長(辛坊ズーム)

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る