松井知事「大阪で臨時の党大会を開く。松野さんも出席して、そこで過半数の議決をとればいい」

松井氏“通帳引き渡さない”(NHK:動画有)

(引用)
 維新の党の松野代表が、近く新党を結成する大阪市の橋下市長側に対し、党の銀行口座の預金通帳などの引き渡しを求めていることについて、大阪府の松井知事は21日、引き渡しはできないという考えを示しました。
 
 維新の党では、橋下市長が近く結成する新党への対応をめぐって、執行部側と新党側の議員の間で対立が深まっていて、松野代表は、橋下氏側が保管している、国からの政党助成金が振り込まれる党の銀行口座の預金通帳と印鑑の引き渡しを求めています。

 これについて、先に橋下市長とともに維新の党を離党した大阪府の松井知事は21日、記者団に対し、「応じるとか応じないという話ではない。正規のルールに基づいて物事を決めるために、今月24日に大阪で臨時の党大会を開く。松野代表も出席して、そこで過半数の議決をとればいい」と述べ、引き渡しはできないという考えを示しました。(引用終わり)

NHK・・・
松井知事は、「通帳は引き渡さない」とは、一言も言ってないんですけど・・・(-“-)

松井氏「訴えたらええやん」「こちら側も弁護士ばかりだ」 法廷闘争辞さない構え(産経WEST)

関連
維新の党・松野氏「お金は、僕らもどうでもいいと思っている・・・」 2015.10.20記者会見
維新の党「(下地議員ら)中間派」数人 近く離党へ

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る